ディスカバーマイケル。 ウラカタ:あふれる魅力、1年間の特番で NHKFM「ディスカバー・マイケル」プロデューサー 中田淳子さん

MEDIA

ディスカバーマイケル

特定のアーティストを1年がかりでというのは、ちょっと記憶にないボリュームだけれど、マイケルならばそれも可能。 MCが日本人きってのマイケル研究家・西寺郷太氏ということもあって、毎回興味深く聞いている。 9月23日放送分のゲストはA. C-Zの戸塚祥太さん。 マイケルへの思いを非常に熱っぽく語っていたのが印象的だった。 その一部をここに書き起こしておく。 (マイケルを知ったきっかけは) 「I'll Be There」とかは中学生のときから聞いていたけれど、マイケルの映像はなかったんです。 はじめて僕が映像を観たのが「ライヴ・イン・ブカレスト」だと思うんですけど、あれを観て「なんだこれは!」と思って。 観たのはハワイのジャニーさんの家です。 17歳、18歳のころですね。 家の中にホームシアターみたいなのがあって、マイケルのDVDがずらっとおいてあって。 ジャニーさんが「ああそれはヒガシくんのだよ」とか言って、そのときのジュニアの仲間と観ていたんです。 C-Zのメンバー、Hey! Say! JUMPのメンバーもいたかな。 みんな大興奮ですよ。 PVとかもそのときずらっと観ました。 勉強会のように。 10代の男の子もとりこにしちゃうインパクトが「すごい!」と思いました。 単純にすごいなカッコイイなと惹きつけられました。 めちゃくちゃ直で影響を受けましたね。 スポンサーリンク という話に続いて、戸塚さんの選んだマイケルの曲が、次の3曲。 「Smooth Criminal」Michael Jackson 「Don't Stop 'Til You Get Enough」Michael Jackson 「Jam」Michael Jackson そのあと A. C-Z「Moonlight Walker」のオンエア。 戸塚祥太さん、西寺郷太さんによる 「People Of The World」のスタジオ・ライヴなどがあり、番組はエンディングへ、 スポンサーリンク (戸塚さんにとってマイケルとは) 僕にとってのマイケル・ジャクソンは不滅ですね。 自分自身、何か新しい作品に取り組むときとか、やはりどこかで、マイケル・ジャクソンの存在というのは精神的な支えと言うか、それくらいのレベルで影響があることなので。 マイケルも逆境の中、すべてを打ち砕いて勝ってきた。 それには血がにじむような努力があってと。 そのストイックさは、自分が負けそうになったときに「ダメだよ、こんなんじゃ」「もっと頑張れ」と言われているような気がして、それで頑張るというところもあるので。 マイケルの存在はでかいです。 そして番組の最後に戸塚さんが選んだ曲。 「I'll Be There」The Jackson 5 <了> bakoji.

次の

ディスカバー・マイケル ▽夏休みスペシャル MJサークル 第1回 20190811 by Nitesearchin59

ディスカバーマイケル

西寺郷太がパーソナリティを務めるラジオ番組『ディスカバー・マイケル』(NHK-FM)の9月22日放送回にA. C-Z・戸塚祥太がゲスト出演し、「マイケル愛」を語った。 この日は「郷太先生の音楽講座スペシャル」と題し、西寺が普段から交流のある戸塚とともにマイケル・ジャクソンの楽曲についてトーク。 戸塚がマイケルにハマッたきっかけや受けた影響などについて言及した。 ジャニーズのショーの中にはマイケルからインスパイアを受けたと思われる演出やポージング、パフォーマンスがふんだんに盛り込まれている。 そんなジャニーズの中でも、戸塚はマイケル好きとして有名だ。 戸塚がマイケルのパフォーマンスを初めて目にしたのは、『ライブ・イン・ブカレスト』のDVDだったという。 同番組では「ハワイのジャニーさん家でみんなで見てたんですよ。 C-Zのメンバーもいましたし、Hey! Say! JUMPのメンバーもいたかな。 みんな大興奮でしたね」と興奮気味に語り、「めちゃくちゃ直で影響受けました」と続ける。 その言葉の通り、戸塚のダンスのいたるところで、その影響が垣間見える。 ぜひ、A. C-ZのMVを細かい部分まで注意して見てみてほしい。 戸塚に注目していると、明らかにマイケルを意識しているようなキャッチーなフリーのポージングが多数見つけられるはずだ。 また、以前出演した『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)では、ハットとサングラスを身につけ「ポーゥ! マイケル・ジャクソンですね」とお気に入りのサングラスをご機嫌に紹介したことも。 パフォーマンス面だけでなく、ファッションにおいてもマイケルの影響を受けているのが分かる。 また、戸塚だけでなくA. C-Z全員がマイケルに何かと縁がある。 番組内でも語られたようにマイケルの振付師だったトラヴィス・ペインが曲の振付をしたり、メンバーの五関晃一がダンスを褒められたり、同じくマイケルの振付師であるヴィンセント・パターソンからダンスを教わったり……。 2015年に放送された『ABChanZOO』(テレビ東京系)でも、「A. C-Z全員がマイケルの影響を受けているのでは?」と感じたことがあった。 マダム・タッソー東京でクイズを行なった際、「展示されているマイケル・ジャクソンはどんなポーズ?」という出題があった。 「Black Or White」のポーズ、とヒントが出されると細かなディテールは異なるものの、全員がほぼ同じポーズを回答。 普段からマイケルに触れていることが顕になった瞬間であった。

次の

ディスカバー・マイケル ▽夏休みスペシャル MJサークル 第1回 20190811 by Nitesearchin59

ディスカバーマイケル

西寺郷太がパーソナリティを務めるラジオ番組『ディスカバー・マイケル』(NHK-FM)の9月22日放送回にA. C-Z・戸塚祥太がゲスト出演し、「マイケル愛」を語った。 この日は「郷太先生の音楽講座スペシャル」と題し、西寺が普段から交流のある戸塚とともにマイケル・ジャクソンの楽曲についてトーク。 戸塚がマイケルにハマッたきっかけや受けた影響などについて言及した。 ジャニーズのショーの中にはマイケルからインスパイアを受けたと思われる演出やポージング、パフォーマンスがふんだんに盛り込まれている。 そんなジャニーズの中でも、戸塚はマイケル好きとして有名だ。 戸塚がマイケルのパフォーマンスを初めて目にしたのは、『ライブ・イン・ブカレスト』のDVDだったという。 同番組では「ハワイのジャニーさん家でみんなで見てたんですよ。 C-Zのメンバーもいましたし、Hey! Say! JUMPのメンバーもいたかな。 みんな大興奮でしたね」と興奮気味に語り、「めちゃくちゃ直で影響受けました」と続ける。 その言葉の通り、戸塚のダンスのいたるところで、その影響が垣間見える。 ぜひ、A. C-ZのMVを細かい部分まで注意して見てみてほしい。 戸塚に注目していると、明らかにマイケルを意識しているようなキャッチーなフリーのポージングが多数見つけられるはずだ。 また、以前出演した『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)では、ハットとサングラスを身につけ「ポーゥ! マイケル・ジャクソンですね」とお気に入りのサングラスをご機嫌に紹介したことも。 パフォーマンス面だけでなく、ファッションにおいてもマイケルの影響を受けているのが分かる。 また、戸塚だけでなくA. C-Z全員がマイケルに何かと縁がある。 番組内でも語られたようにマイケルの振付師だったトラヴィス・ペインが曲の振付をしたり、メンバーの五関晃一がダンスを褒められたり、同じくマイケルの振付師であるヴィンセント・パターソンからダンスを教わったり……。 2015年に放送された『ABChanZOO』(テレビ東京系)でも、「A. C-Z全員がマイケルの影響を受けているのでは?」と感じたことがあった。 マダム・タッソー東京でクイズを行なった際、「展示されているマイケル・ジャクソンはどんなポーズ?」という出題があった。 「Black Or White」のポーズ、とヒントが出されると細かなディテールは異なるものの、全員がほぼ同じポーズを回答。 普段からマイケルに触れていることが顕になった瞬間であった。

次の