ひぐらしのなく頃にパチンコ。 【新感覚スペックを網羅せよ!】Pひぐらしのなく頃に~廻~319ver.

【新感覚スペックを網羅せよ!】Pひぐらしのなく頃に~廻~319ver.

ひぐらしのなく頃にパチンコ

主なリーチは上記の5種類。 予告のポイントで挙げた演出や、後述するリーチのチャンスアップによって信頼度が変化。 これら以外には「ノーマルリーチビタ止まり」「いきなり真・身隠しモード」「小当りアイキャッチからの突然大当り」「全回転リーチ」などから大当りに繋がることも。 特に覚えておいていただきたいのは、下記のように「L5発症」の有無は発展リーチの示唆をしているだけということだ。 シャッターが出現する場合もあるが、これが梨花なら閉まれば擬似3濃厚で擬似なしや擬似2でSPに行けば大当り濃厚だ。 通常擬似連はレナが画面を割ってから発生するパターンが基本だが、園崎家ステージなどでズレ目が発生してからというパターンもある。 フレデリカ擬似連は基本的に擬似2or擬似3で終了するが、擬似連なしで図柄テンパイした場合は嘘だ擬似連発生となり信頼度大幅アップ。 嘘だ擬似連はレナver. だとあまり期待は持てない。 しかし、雅覚醒リーチに対応している雅ver. だと大チャンス。 雅覚醒せずなら大当り濃厚だ。 変動開始時に暗転と共に「ひぐらしのなく頃に」というタイトルと共に発生するアイキャッチは、基本的にフレデリカ擬似連に移行or何も移行せずという2種類のパターンが存在。 擬似2or擬似3で発生した場合は演出後に保留表示が消えればオープニング予告、消えなければとおりゃんせ(雅登場)予告に移行する為、保留表示が消えることを祈ろう。 右下のタイトルは「通常」「解」「礼」「背景に梨花」「背景にステージ対応キャラ」を確認しており、「礼」や背景に梨花が出現すると少し期待。 擬似なしの変動開始時に「礼」や梨花が出現したにも関わらずフレデリカ擬似連が発生しないパターンならチャンス、擬似2や擬似3で「礼」や梨花が出現した場合は実戦上期待しても良い。 9で発生する小当り用に出現するが、普段右上に小さく表示されている図柄が止まってなければ羽入が出現し、そのまま大当りへつながる模様。 リーチ後にボタンが出現すると擬似連or背景予告or次回予告が出現する。 白ボタンでは圧倒的に背景予告が出現することが多いが、赤ボタンだと次回予告の出現期待度大幅アップ。 後者で背景予告が出現した場合でも部活メンバー集合ではないパターンの場合もある点に注意。 次回予告は「雅覚醒」「キャラ後半(各キャラの名称)」「罪滅し」の3パターンを確認。 演出中のナレーションで発展先は示唆しているようなので、先に察知することも可能だ。 また、擬似3後のリーチで盤面ランプが消灯する演出が発生しなければボタン出現濃厚 雅図柄停止の場合はこの限りではない となるが、発生してしまうとボタン予告を否定する。 できれば擬似3後はランプ消灯が発生しない方が望ましいぞ。 7〜47. 7〜26. 3〜76. 2〜44. 9〜25. 4〜49.

次の

【ひぐらしのなく頃に】実はパチンコより先に登場していた?!パチスロひぐらしのなく頃にをご紹介

ひぐらしのなく頃にパチンコ

CRひぐらしのなく頃に頂(2013年7月) 2スペック同時販売。 確変タイプ。 枠はD-BURNING枠。 52 【確変】75%次回まで 【時短回数】通常大当たり後0or10or20or30回 【平均連荘数】4. 8 【確変】71%次回まで 【時短回数】通常大当たり後0or10or20or30回 【平均連荘数】3. 6回 シリーズ第一弾にしてひぐらしシリーズ最高傑作とも思われる機種。 潜伏確変(疑心暗鬼モード)を搭載しており、大当たり後に確変か通常かがわからない場合があり、プレイヤーをドキドキさせました。 確変中の大当りは73%が16R1870個と出玉力もあり、一撃の夢が見れるのも魅力的でしたね。 1球に運命を委ねる 大当り開始前の「運命分岐ゾーン」は、作品とパチンコを上手くリンクさせた秀逸な演出で、この斬新なゲーム性は多くのファンを魅了しました。 自分のタイミングで玉を打ち、玉がゲートを通過した瞬間に確変か通常かのジャッジが下ります。 確変の場合はそのままアタッカーが開放され、スムーズに大当たりに移行する為、ストレスなく消化できるのが特徴的でした。 CRひぐらしのなく頃に~叫~(2017年6月) 2スペック同時販売。 V確STタイプで登場。 3 【確変】特図1:55%、特図2:100%(130回まで) 【時短回数】大当たり後100or130回 ST含む) 【平均連荘数】2. 継続率が65%上限の内規の時代の機械で、最大獲得出玉が2240個と多く、継続率を落とした分、出玉に振った機械となりました。 演出は金系の予告がバンバン外れるなど、なかなかのバランスでしたが、当たるときは確定系の演出が絡むことが多いので、ある意味分かりやすい仕様でした(笑) また、枠が独特なフォルムで、便器やトイレなどと言われてもいたような・・・。 キーポイント演出 大当たりに絡む重要演出をいくつか紹介します。 「雛見沢症候群L5発症」・・・お当たりの半分近くはこの演出を経由するので、最重要予告となっています。 (信頼度約36. 71%) 「歪み予告」・・・画面が歪み、そこからフリーズするとL5発症へ 「突フリーズ予告」・・・画面がブラックアウトし、L5発症へ 「運命の日モード」・・・赤ふすま演出から突入する信頼度高めのモードとなっています。 (信頼度約25. 11%) 「嘘だ!!連続予告」・・・1回で終わることは無く、3連で大チャンスとなっています(信頼度約72. 86%)。 2回で終わった場合は大当たり濃厚。 「次回予告」・・・ノーマルルーチ中ボタン予告から発展します。 (信頼度約65. 3%) 「発狂予告赤以上」・・・狂気文字が画面を覆う演出(赤文字:信頼度約29. 17%、金文字:信頼度約45. 47%) Pひぐらしのなく頃に~廻~319ver. 4回 シリーズ第三弾は、枠上部に竜宮レナを連想させる巨大鉈を搭載した枠で登場。 この鉈がどう演出にリンクしていくのか・・・?!と思いましたが、この鉈、動きもしなければ、光ったりもしません。 ただの飾りだったようです。 納品時に非常に邪魔だったという話も聞いたり、必要なかったのかもしれませんね。 7を引くゲーム性で、突破率は約50%。 また、残保留ではなく、時短中に大当りを引いた場合は、「真・身隠しモード」には行かず、「絆結びRUSH」へと突入する。 7%にもなり、爆発力はかなりのものとなります。 転落抽選に当選してしまった場合でも、再度「真・身隠しモード」に突入する為、まだチャンスが残されているというのも面白かったですね。 しかし、「絆結びRUSH」に突入するには時短内で当てる必要があり、体験出来ずに終わったユーザーも多く、コアなファン以外からはあまり受け入れられませんでした。 自分好みの演出バランスで楽しめる! 本機はシリーズ初となるカスタマイズ機能を搭載していて、モードは「ノーマルモード」、「先読み控えめモード」、「プレミアムモード」の3種類から選べるようになっています。 「先読み控えめモード」は基本的に先読み演出が発生せず、発生した場合は大当たり濃厚となるので、ガセ先読みが嫌な人はこちらのモードがおすすめとなっています。 「プレミアムモード」では、あらゆるタイミングでプレミア演出が発生する可能性がある為、弱い演出でガッカリしていたところから、いきなり大当たり濃厚といったケーズも見られます。 オリジナルキャラクターも登場!! 『ひぐらしのなく頃に』では珍しい眼鏡キャラ「西園寺 雅」。 パチンコオリジナルのキャラクターであり、原作には一切登場しません。 覚醒すると眼鏡を外し、薙刀を持って戦います。 その強さは、雛見沢最強であり、世界最強とのことです(笑)。 圭一たちとの関係性などは実際に遊技して確かめてみてくださいね。 Pひぐらしのなく頃に~廻~219ver. (2020年3月) Pひぐらしのなく頃に~廻~319ver. のスペック違いで登場。 1回 筐体側面の絵が竜宮レナから園崎姉妹に変更になっています。 初当たりが軽くなった分、連荘率が少しだけ下がっていますが、そこまで大きな違いはありません。 パチンコでも怖い?!歴代機種を紹介まとめ 以上がパチンコ『ひぐらしのなく頃に』の全機種になります。 シリーズでいうと3シリーズ出ていて、スペックも確変機、VST機、1種2種混合機と全て違う仕様となっています。 演出は萌え要素とホラー要素をしっかりと使い分けていて、確変中のレナの登場などは、下手なホラーよりよっぽど怖いと思います。 是非、興味を持たれた方は、実際に遊技してみてください。

次の

【ひぐらしのなく頃に】パチンコでも怖い?!歴代機種を紹介

ひぐらしのなく頃にパチンコ

皆さま、こんにちは。 今回は、絶賛稼働中の 『CRひぐらしのなく頃に〜叫〜』の 超チャンス演出を紹介します。 「レインボー系」 【発狂SU】 【保留予告ダイナマイトくん】 まずは レインボー演出。 パチンコやパチスロをやる方なら、「レインボー」は超チャンスというのはもちろんご存知ですよね? 本機でももちろん搭載されております! 文字や保留など様々な場所に突如レインボーが出現するため、よそ見は厳禁ですよ。 パート2. 「リーチタイトル関連」 【運命分岐リーチ(みんなの絆系その1)】 【運命分岐リーチ(疑心系その1)】 【運命分岐リーチ(疑心系その2)】 【運命分岐リーチ(みんなの絆系その2)】 2つ目は超チャンスのリーチタイトルです。 そこまでの予告煽りがあまり強くなくても、突入すれば変動の 信頼度が一気に跳ね上がります!これらのタイトルが出現した際には、ジュースでも飲みながら演出を堪能しましょう! パート3. 「羽入関連」 【メインSU予告…ステップ5】 【運命分岐ゲートチャレンジ】 【会話予告】 【身隠しモード…保健室リーチ(ベッドの下にシール)】 3つめは、 羽入関連の超チャンスパターンです。 羽入ちゃんファンの方どうですか?たまらないですよね?羽入ちゃんファン以外の方も好きになること間違いなしですね!! ちなみに、運命分岐ゲートの演出パターンは 数秒間待たないと出現しないので、はやる気持ちを抑え、一呼吸おいてから右打ちすることをオススメします! ラウンド告知の演出パターンには他にも下記のようなものがあります。 「パチパチ柄」 【リーチタイトル…金文字&背景変化】 【レンズフレア予告…シャボン玉】 【身隠しモード…ロッカーの色】 最後はDaiichiお馴染みの激アツ柄、パチパチ柄です。 みなさんご存知ですよね?(笑) Daiichiと言えばてんとう虫柄のイメージが強いかと思われますが、パチパチ柄も忘れないでください! 上の画像とシチュエーションで出現した場合は超チャンス演出となります。 まさに 脳汁パチパチの瞬間ですね!! さあ、今回紹介した超チャンス演出。 みなさん覚えてもらえたでしょうか? これを知っていれば、さまざまな場面でよりアツく楽しくプレイできるようになります! また、友達と一緒にいった時などもこれらを覚えていれば通ぶれて一目置かれること間違いなしでしょう(笑)。 なお、今回紹介させていただいた超チャンス演出は、ほんの一部となっております。

次の