テラル 株式 会社。 テラ(株)【2191】:株式/株価

テラル株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

テラル 株式 会社

会社概要 テラ 2191 の会社概要。 社名:テラ 代表者:平 智之 資本金:2,722,438千円 上場市場:東証JASDAQ(スタンダード) 上場年月日:2009年3月26日 単元株数:100 平均年齢:39. 20歳 平均年収:5,690千円 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

テラドローン株式会社|terradrone japan

テラル 株式 会社

会社概要 テラ 2191 の会社概要。 社名:テラ 代表者:平 智之 資本金:2,722,438千円 上場市場:東証JASDAQ(スタンダード) 上場年月日:2009年3月26日 単元株数:100 平均年齢:39. 20歳 平均年収:5,690千円 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

テラドローン株式会社|terradrone japan

テラル 株式 会社

概要 (大正7年)菅田義三郎が広島県福山市笠岡町に菅平商会機械部を創業。 ポンプの製造、販売、内外産業機械の販売を開始する。 (昭和30年)に社名を株式会社極東機械製作所と改称し、商標を「キョクトウ」に統一すると同時に送風機の製作を始める。 また、ポンプのユニット化の先駆けとなった、業界初の給水装置ユニットや消火ポンプユニットなど開発する。 (昭和63年)株式会社テラルキョクトウに社名変更しロゴもデザインされた。 その後、環境に重点を置いた機器の開発に取り組み、生ごみ処理機、ろ過装置、屋上緑化なども手掛ける。 2000年代に入ると、株式会社、松下電器産業株式会社(現:株式会社)のポンプ、設備関連の事業撤退により、関連会社を譲受、事業を拡大していく。 そして(平成20年)社名をテラル株式会社に改称し、ロゴデザインも変更。 同時にグループ関連会社も「テラル~」と頭にテラルを付け名称を統一した。 社名にあるテラル(TERAL)とは・大地を意味するテラ(TERRA)と、よみがえる・回復するという意味のラリー(RALLY)とを組み合わせた造語で、地球環境を守りたいということから名付けられた。 (大正7年) - 広島県福山市で菅田義三郎が菅平商会機械部を創業。 ポンプの製造、販売。 内外産業機械の販売を開始• (昭和13年) - 広島県福山市沖野上町(現光南町)に工場を移転し拡大• (昭和30年) - 株式会社極東機械製作所に社名変更。 商標を「キョクトウ」とし、送風機の製作開始• (昭和33年) - より合理化モデル工場として指定を受ける• (昭和40年) - アメリカ フランクリン社と技術提携• (昭和41年) - アメリカ デミング社と技術提携• (昭和42年) - 広島県福山市御幸町に本社と主力工場を移転。 業界随一の規模と最新設備を誇る近代工場が完成• (昭和46年) - ポンプ、送風機に加え全熱交換器を開発• (昭和49年) - 消火ポンプユニットを開発、現在の市場の主流に「ユニット化」の先鞭をつける• (昭和50年) - 業界初の給水装置ユニットを開発• (昭和51年) - 極東サービス株式会社(現:テラルテクノサービス株式会社)を設立• (昭和56年) - スウェーデン フリクト社と業務提携• (昭和60年) - 滋賀県琵琶湖研究所とともに「成層破壊による水質改善」に取り組む• (昭和62年) - 総合研究所を完成• (昭和63年) - 埼玉工場を完成。 関西水圏環境研究機構の支援を始める。 株式会社テラルキョクトウに社名変更• (平成元年) - 中小企業研究センター賞受賞• (平成2年) - 株式会社テラル化成(現:テラル化成株式会社)を設立。 年商200億突破• (平成3年) - TERAL THAI CO,LTD を設立• (平成5年) - 株式会社テラル電装(現:テラル電装株式会社)を設立。 生環境フォーラム'93を全国で開催• (平成6年) - 株式会社テラル環境システム(現:テラルテクノサービス株式会社)を設立• (平成7年) - TERAL THAI CO,LTD、アユタヤ新工場完成。 香港 天日龍(香港)有限公司を設立• (平成9年) - に自社ビル、テラル後楽ビル東京支社新設• (平成10年) - テラルサービスとテラル環境システムが合併し、テラルテクノサービス(現:テラルテクノサービス株式会社)になる。 テラル株式会社がISO9001認証を取得• (平成11年) - テラル電装株式会社がISO9001認証を取得• (平成12年) - テラル化成株式会社がISO9001認証を取得• (平成15年) - 三菱電機株式会社から子会社 多久電機株式会社(現:テラル多久株式会社)の全株式を譲受• (平成16年) - 株式会社栗田電機製作所(現:テラルクリタ株式会社)と資本提携• (平成17年) - 積水アクアシステム株式会社よりディスポーザー事業を譲渡• (平成18年) - 松下電器産業株式会社(現:パナソニック株式会社)から子会社 株式会社シントー(旧:テラルシントー株式会社)の全株式を譲受。 上海 泰拉尓通用機械(上海)有限公司の新工場完成。 大型送風機専用の駅家工場完成• (平成20年) - 松下電工株式会社(現:株式会社)より設備ポンプ事業を譲受。 テラル株式会社に社名変更。 認証を取得• (平成22年) - グループ会社のテラルシントー株式会社の全事業を譲受し統合.

次の