ワイモバ。 後悔しないためのワイモバイルのキャンペーン攻略情報

ソフトバンクとワイモバイルを比較(2020年7月新プラン)!料金や家族割・家族通話の違いなどを理解して、乗り換え準備を!|ワイモバイル大百科

ワイモバ

トップ画像引用元: ワイモバイル学割の内容を徹底解説【2020年】 画像引用元: ワイモバイルでは、学割のキャンペーンとして「ワイモバ学割」を実施しており、学生なら毎月の料金をお得にすることができます。 ここでは、学割特典の内容や対象となる人の条件について解説をしていきます。 まずは、2020年のワイモバイルの学割の内容について見ていきましょう。 ワイモバ学割でマチ付き1,000円割引 2020年のワイモバイルの学割「ワイモバ学割」では、 対象回線から1年間毎月1,000円割引されます。 ワイモバ学割の適用条件を満たした当月から割引は適用され、当月を1ヶ月目として最大13ヶ月間の割引となっています。 なお、申し込み当月の割引については日割り計算が適用されるので、1,000円の割引が満額適用されるのは、2〜13ヶ月目のちょうど12ヶ月間となります。 さらに、ワイモバイルが行なっている他の割引とも併用が可能です。 対象回線から1年間毎月1,000円割引• ワイモバ学割は家族も割引が受けられる ワイモバ学割の適用条件 画像引用元: 1年間にわたって月額料金が1,000円割引されるお得なワイモバ学割ですが、割引が適用される条件について見ていきましょう。 先ほど説明をしたように、学生本人だけでなく、学生の家族も割引が適用されるようになっています。 本人と家族で適用の条件が少し違っているので、ここでは本人の学割と家族の学割と2つに分けて解説をしていきます。 ワイモバ学割の適用条件(本人) まずは本人にワイモバ学割適用条件について解説していきます。 本人の学割が適用されるのは、次の条件を満たした場合となります。 契約時点で契約者または利用者が5〜18歳• 新規(MNP・番号移行含む)またはPHSからの契約変更での契約• 契約時点で5〜18歳であれば良いので、契約をしてから割引期間内に誕生日を迎えて19歳になったとしても割引は継続します。 逆に言えば19歳の誕生日を迎える前に契約をしてしまえば、ワイモバ学割の割引は適用されるので、19歳の誕生日が近い人は早めに契約をしておきましょう。 新規契約・PHSからの契約変更 また、新規でワイモバイルの契約をすることが条件となっています。 MNP(他社からの乗り換え)やソフトバンクからの番号移行も対象となります。 すでにワイモバイルの契約をしている場合に、プラン変更や機種変更では学割を受けることはできないので注意が必要です。 端末購入については条件ではないので、SIMのみの契約でも新規契約であれば学割は適用されます。 スマホベーシックプランSは対象外となり、学割の割引を受けられないので注意しましょう。 ワイモバ学割の適用条件(家族) 続いて、家族の学割の適用条件について見ていきましょう。 基本的には、本人の学割と条件は変わりません。 家族の学割が適用されるにも、新規契約と割引対象のプランへの加入が必須となります。 ワイモバ学割を申し込んでいる回線と同じグループの家族割に加入• 新規(MNP・番号移行含む)またはPHSからの契約変更での契約• この家族の判定は、ワイモバイルの家族割引サービスによって判定される仕組みになっています。 なので、学割の適用されている学生の回線が家族割グループになります。 学割の受付期間内に本人と家族がそれぞれ新規契約をして、家族割引に加入した場合に学生の家族にも学割が適用されます。 ワイモバイルの家族割引とは? ワイモバイルでは、家族割として親回線1回線に対して、子回線を最大9回線まで登録することができます。 家族割サービスでは、この 子回線に対して毎月500円ずつ割引されます。 ワイモバ学割申し込み回線が親回線でも子回線でも関係なく、家族割グループに入っている他の家族回線に対して割引が適用される仕組みとなっています。 本人も家族も学割も新規契約が条件となるので、家族まとめてワイモバイルに乗り換える場合には、非常に大きな割引となります。 ワイモバ学割の受付期間 ワイモバイルでの2020年版の学割は、2019年11月29日からすでに受付を開始しており、 受付期間は2020年6月1日までとなっています。 受付期間を1日でも過ぎてしまうと、一切学割の申し込みはできないので注意しましょう。 特に学割期間の終了間際となると、ショップは混雑しやすくなります。 学割を使ってワイモバイルの契約をしようと考えている人は、なるべく早めに申し込みをすることをおすすめします。 ワイモバ学割に申し込む際の注意点 ワイモバ学割の条件や受付期間について見てきましたが、ここから申し込みをする際に注意すべき点について解説をしていきます。 契約時に本人確認書類が必要• 家族の学割には家族割の申し込みが必要 ワイモバ学割の受付期間の終了間際になって書類の忘れがないようにしっかりと確認しておきましょう。 契約時に本人確認書類が必要 学割の条件が年齢となっていることから、 契約時に年齢の確認できる書類が必要となります。 本来、新規で契約をする場合には、契約者の本人確認書類が必要となるので、持参を忘れるということはあまりないでしょう。 ただ、学割を適用する場合には、両親のどちらかの名義で契約をして、子供の名前を利用者として登録をすることで対象年齢の条件を満たすことがほとんどです。 特に2020年のワイモバ学割は対象年齢が5〜18歳と小中高生を対象としたものであり、利用者本人の名義で契約するケースは少ないでしょう。 そもそもワイモバイルでは、12歳未満は本人名義での契約自体できないようになっています。 このように、契約者と実際の利用者が異なる場合の利用者の登録にも、本人確認書類が必要となります。 健康保険証や学生証など1点あれば、登録できるので契約の際には忘れないようにしましょう。 家族の学割には家族割の申し込みが必要 学生の家族が学割で割引を受ける場合には、 家族割引サービスへの加入が必須となっています。 家族まとめてワイモバイルに乗り換えることで、同時に家族割引サービスにも加入することができ、学生以外の家族もお得に契約をすることができます。 ただ、全ての回線を同時に申し込みする必要はありません。 学割の受付期間内であれば、学生とその家族の契約時期がずれていたとしても、家族も学割が適用されるようになっています。 例えば、先に子供のスマホの契約をして後から家族の回線を追加する場合や、逆に家族の回線を契約した後に子供の回線を追加しても、後から家族の学割は適用可能です。 この場合は、 家族割に加入した時点から学割による割引もスタートします。 もし、家族割の申し込みが学割の受付期間を過ぎてしまうと、契約自体を期間内に行なっていたとしても家族の学割は適用されないので注意しましょう。 ワイモバイルの料金プラン まずワイモバイルの料金プランについて簡単におさらいしておきましょう。 ワイモバイルではデータ通信量に応じて3種類の料金プランが用意されています。 スマホ ベーシックプラン プランS プランM プランR 月額基本料金 2,680円 3,680円 4,680円 新規割り適用 6ヶ月間 1,980円 2,980円 3,980円 データ通信量 3GB 9GB 14GB データ通信量 増量オプション 4GB 12GB 17GB スマホベーシックプランSの2,680円が最安値となっており、最初の6ヶ月間は「新規割」という700円の割引があり、誰でも1,980円で利用することができます。 1番人気があるのは、月間12GBまで使えるスマホベーシックプランMです。 月額3,680円となっており、Sと比べて1,000円しか差額なくてデータが3倍も使えるのが人気の理由となっています。 また全てのプランで基本料金の中に1回10分のかけ放題が含まれているため、通話の頻度が多い人でもお得に使えるのがワイモバイルのプランの特徴です。 ワイモバ学割に加入した場合の料金シミュレーション では、ワイモバ学割で実際にどのくらいお得になるのでしょうか? 学割では月額1,000円の割引が1年間適用されます。 スマホベーシックプランMまたはRへの申し込みで割引を受けることができて、 1年間はSとMとが同じ料金で利用できます。 学割対象者(5〜18歳)が期間内にワイモバイルで新規契約をした場合の料金は、次の表のようになります。 プランM 初月 2〜 7ヶ月目 8〜 13ヶ月目 14ヶ月目 以降 基本料金 日割り 3,680円 新規割 - -700円 - - ワイモバ学割 日割り -1,000円 - 月額料金 日割り 1,980円 2,680円 3,680円 スマホベーシックプランSでは割引が適用されないので注意しましょう。 学割が適用されることで、最初の1年間に関してはSとMとで料金の差がなくなります。 「あまりデータ容量は使わないかな」という人でも、スマホベーシックプランMにしておいて損はないでしょう。 また、契約後のプラン変更も可能なので、4GBも使わないようであれば、その時点でSに変更することもできます。 ただし、 プラン変更をしてしまうと学割の1,000円割引も同時に終了となることに注意しましょう。 月額1,000円の割引が1年間適用• 人気のスマホベーシックプランMは1,980円から ワイモバイルの学割は家族でもっとお得に! 画像引用元: 料金シミュレーションで見てきたように、学生1人の契約でもワイモバ学割によって十分お得な料金になります。 しかし、ワイモバ学割は 「家族割引」または「おうち割光セット」とも併用ができるキャンペーンとなっています。 これにより、家族でワイモバイルに乗り換えることで、さらにお得にスマホを持つことができます。 ワイモバ学割を最大限に活用してお得に契約するには、家族まとめての乗り換えがおすすめです。 ワイモバ学割と併用可能な割引サービス 「家族割引」または「おうち割光セット」はワイモバ学割と併用が可能です。 どちらも月額500円が永年割引となります。 「家族割引」の場合は、家族で2回線以上ワイモバイルの契約がある場合に、2回線目以降で割引が適用されます。 また「おうち割光セット」は、自宅のインターネット回線がソフトバンク光やSoftBank Airを利用している場合に受けられるセット割になっています。 ただし、家族割引とおうち割光セットの2つは併用することができません。 どちらも対象となる場合には、 おうち割光セット>家族割引の優先順位で適用されます。 いずれも世帯まるごとワイモバイルに乗り換えることで適用される割引になるので、これを活用することでさらにワイモバ学割がお得になります。 家族でワイモバ学割に加入した場合の料金シミュレーション では、家族でワイモバイルに乗り換えた場合に、実際にどのくらいの金額になるのか料金のシミュレーションをしていきましょう。 今回は家族3人(内1人学生)で家族割引に加入して、ワイモバイルに乗り換えた場合の料金について見ていきます。 全員がスマホベーシックプランMに加入した場合の料金は以下の通りになります。 また家族割引が適用される子回線に関しては、半年間は月額1,480円となります。 1,480円で12GB使えるというのは、他の格安SIMにもないような破格の金額となっています。 もし、同じ契約を学割期間後にした場合、つまり通常時に契約したとすると、次のような金額になります。 これでも大手キャリアに比べれば安いのですが、学割の金額を見た後だとちょっと物足りなくも感じてしまいます。 2020年のワイモバイルの学割の特徴は、一緒に契約をした家族にも同じ金額の割引が適用されることです。 家族でワイモバイルに乗り換える 回線数が多ければ多いほどお得感が増すようになっています。 もし、学割を使ってワイモバイルに乗り換えるなら、迷っている家族も一緒に乗り換えてしまった方がお得にできます。 SIMのみの契約でも割引の対象となるので、最近新しいスマホを買ってしまったという人でも、スマホはそのままでワイモバイルのSIMに変えればグッと料金を抑えられます。 ぜひこのタイミングにワイモバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか? ワイモバイルの学割を使うなら家族まとめて乗り換えが1番お得! 、ワイモバイルの学割は1人でもお得になるのはもちろんなのですが、 家族も一緒にワイモバイルに乗り換えることでもっとお得になるキャンペーンとなっています。 毎年学割シーズンは1番お得に契約できる期間と言われていますが、割引額の大きさは今年も健在です。 学割は期間限定のキャンペーンになっていますので、ワイモバイルへの乗り換えを検討している方はぜひこの期間を利用してお得にワイモバイルに乗り換えをしましょう!.

次の

ワイモバイルの「ワイモバ学割2020」期間・適用条件と子供の年齢は?必要書類とオンライン申込み方法も解説!|ワイモバイル大百科

ワイモバ

トップ画像引用元: ワイモバイル学割の内容を徹底解説【2020年】 画像引用元: ワイモバイルでは、学割のキャンペーンとして「ワイモバ学割」を実施しており、学生なら毎月の料金をお得にすることができます。 ここでは、学割特典の内容や対象となる人の条件について解説をしていきます。 まずは、2020年のワイモバイルの学割の内容について見ていきましょう。 ワイモバ学割でマチ付き1,000円割引 2020年のワイモバイルの学割「ワイモバ学割」では、 対象回線から1年間毎月1,000円割引されます。 ワイモバ学割の適用条件を満たした当月から割引は適用され、当月を1ヶ月目として最大13ヶ月間の割引となっています。 なお、申し込み当月の割引については日割り計算が適用されるので、1,000円の割引が満額適用されるのは、2〜13ヶ月目のちょうど12ヶ月間となります。 さらに、ワイモバイルが行なっている他の割引とも併用が可能です。 対象回線から1年間毎月1,000円割引• ワイモバ学割は家族も割引が受けられる ワイモバ学割の適用条件 画像引用元: 1年間にわたって月額料金が1,000円割引されるお得なワイモバ学割ですが、割引が適用される条件について見ていきましょう。 先ほど説明をしたように、学生本人だけでなく、学生の家族も割引が適用されるようになっています。 本人と家族で適用の条件が少し違っているので、ここでは本人の学割と家族の学割と2つに分けて解説をしていきます。 ワイモバ学割の適用条件(本人) まずは本人にワイモバ学割適用条件について解説していきます。 本人の学割が適用されるのは、次の条件を満たした場合となります。 契約時点で契約者または利用者が5〜18歳• 新規(MNP・番号移行含む)またはPHSからの契約変更での契約• 契約時点で5〜18歳であれば良いので、契約をしてから割引期間内に誕生日を迎えて19歳になったとしても割引は継続します。 逆に言えば19歳の誕生日を迎える前に契約をしてしまえば、ワイモバ学割の割引は適用されるので、19歳の誕生日が近い人は早めに契約をしておきましょう。 新規契約・PHSからの契約変更 また、新規でワイモバイルの契約をすることが条件となっています。 MNP(他社からの乗り換え)やソフトバンクからの番号移行も対象となります。 すでにワイモバイルの契約をしている場合に、プラン変更や機種変更では学割を受けることはできないので注意が必要です。 端末購入については条件ではないので、SIMのみの契約でも新規契約であれば学割は適用されます。 スマホベーシックプランSは対象外となり、学割の割引を受けられないので注意しましょう。 ワイモバ学割の適用条件(家族) 続いて、家族の学割の適用条件について見ていきましょう。 基本的には、本人の学割と条件は変わりません。 家族の学割が適用されるにも、新規契約と割引対象のプランへの加入が必須となります。 ワイモバ学割を申し込んでいる回線と同じグループの家族割に加入• 新規(MNP・番号移行含む)またはPHSからの契約変更での契約• この家族の判定は、ワイモバイルの家族割引サービスによって判定される仕組みになっています。 なので、学割の適用されている学生の回線が家族割グループになります。 学割の受付期間内に本人と家族がそれぞれ新規契約をして、家族割引に加入した場合に学生の家族にも学割が適用されます。 ワイモバイルの家族割引とは? ワイモバイルでは、家族割として親回線1回線に対して、子回線を最大9回線まで登録することができます。 家族割サービスでは、この 子回線に対して毎月500円ずつ割引されます。 ワイモバ学割申し込み回線が親回線でも子回線でも関係なく、家族割グループに入っている他の家族回線に対して割引が適用される仕組みとなっています。 本人も家族も学割も新規契約が条件となるので、家族まとめてワイモバイルに乗り換える場合には、非常に大きな割引となります。 ワイモバ学割の受付期間 ワイモバイルでの2020年版の学割は、2019年11月29日からすでに受付を開始しており、 受付期間は2020年6月1日までとなっています。 受付期間を1日でも過ぎてしまうと、一切学割の申し込みはできないので注意しましょう。 特に学割期間の終了間際となると、ショップは混雑しやすくなります。 学割を使ってワイモバイルの契約をしようと考えている人は、なるべく早めに申し込みをすることをおすすめします。 ワイモバ学割に申し込む際の注意点 ワイモバ学割の条件や受付期間について見てきましたが、ここから申し込みをする際に注意すべき点について解説をしていきます。 契約時に本人確認書類が必要• 家族の学割には家族割の申し込みが必要 ワイモバ学割の受付期間の終了間際になって書類の忘れがないようにしっかりと確認しておきましょう。 契約時に本人確認書類が必要 学割の条件が年齢となっていることから、 契約時に年齢の確認できる書類が必要となります。 本来、新規で契約をする場合には、契約者の本人確認書類が必要となるので、持参を忘れるということはあまりないでしょう。 ただ、学割を適用する場合には、両親のどちらかの名義で契約をして、子供の名前を利用者として登録をすることで対象年齢の条件を満たすことがほとんどです。 特に2020年のワイモバ学割は対象年齢が5〜18歳と小中高生を対象としたものであり、利用者本人の名義で契約するケースは少ないでしょう。 そもそもワイモバイルでは、12歳未満は本人名義での契約自体できないようになっています。 このように、契約者と実際の利用者が異なる場合の利用者の登録にも、本人確認書類が必要となります。 健康保険証や学生証など1点あれば、登録できるので契約の際には忘れないようにしましょう。 家族の学割には家族割の申し込みが必要 学生の家族が学割で割引を受ける場合には、 家族割引サービスへの加入が必須となっています。 家族まとめてワイモバイルに乗り換えることで、同時に家族割引サービスにも加入することができ、学生以外の家族もお得に契約をすることができます。 ただ、全ての回線を同時に申し込みする必要はありません。 学割の受付期間内であれば、学生とその家族の契約時期がずれていたとしても、家族も学割が適用されるようになっています。 例えば、先に子供のスマホの契約をして後から家族の回線を追加する場合や、逆に家族の回線を契約した後に子供の回線を追加しても、後から家族の学割は適用可能です。 この場合は、 家族割に加入した時点から学割による割引もスタートします。 もし、家族割の申し込みが学割の受付期間を過ぎてしまうと、契約自体を期間内に行なっていたとしても家族の学割は適用されないので注意しましょう。 ワイモバイルの料金プラン まずワイモバイルの料金プランについて簡単におさらいしておきましょう。 ワイモバイルではデータ通信量に応じて3種類の料金プランが用意されています。 スマホ ベーシックプラン プランS プランM プランR 月額基本料金 2,680円 3,680円 4,680円 新規割り適用 6ヶ月間 1,980円 2,980円 3,980円 データ通信量 3GB 9GB 14GB データ通信量 増量オプション 4GB 12GB 17GB スマホベーシックプランSの2,680円が最安値となっており、最初の6ヶ月間は「新規割」という700円の割引があり、誰でも1,980円で利用することができます。 1番人気があるのは、月間12GBまで使えるスマホベーシックプランMです。 月額3,680円となっており、Sと比べて1,000円しか差額なくてデータが3倍も使えるのが人気の理由となっています。 また全てのプランで基本料金の中に1回10分のかけ放題が含まれているため、通話の頻度が多い人でもお得に使えるのがワイモバイルのプランの特徴です。 ワイモバ学割に加入した場合の料金シミュレーション では、ワイモバ学割で実際にどのくらいお得になるのでしょうか? 学割では月額1,000円の割引が1年間適用されます。 スマホベーシックプランMまたはRへの申し込みで割引を受けることができて、 1年間はSとMとが同じ料金で利用できます。 学割対象者(5〜18歳)が期間内にワイモバイルで新規契約をした場合の料金は、次の表のようになります。 プランM 初月 2〜 7ヶ月目 8〜 13ヶ月目 14ヶ月目 以降 基本料金 日割り 3,680円 新規割 - -700円 - - ワイモバ学割 日割り -1,000円 - 月額料金 日割り 1,980円 2,680円 3,680円 スマホベーシックプランSでは割引が適用されないので注意しましょう。 学割が適用されることで、最初の1年間に関してはSとMとで料金の差がなくなります。 「あまりデータ容量は使わないかな」という人でも、スマホベーシックプランMにしておいて損はないでしょう。 また、契約後のプラン変更も可能なので、4GBも使わないようであれば、その時点でSに変更することもできます。 ただし、 プラン変更をしてしまうと学割の1,000円割引も同時に終了となることに注意しましょう。 月額1,000円の割引が1年間適用• 人気のスマホベーシックプランMは1,980円から ワイモバイルの学割は家族でもっとお得に! 画像引用元: 料金シミュレーションで見てきたように、学生1人の契約でもワイモバ学割によって十分お得な料金になります。 しかし、ワイモバ学割は 「家族割引」または「おうち割光セット」とも併用ができるキャンペーンとなっています。 これにより、家族でワイモバイルに乗り換えることで、さらにお得にスマホを持つことができます。 ワイモバ学割を最大限に活用してお得に契約するには、家族まとめての乗り換えがおすすめです。 ワイモバ学割と併用可能な割引サービス 「家族割引」または「おうち割光セット」はワイモバ学割と併用が可能です。 どちらも月額500円が永年割引となります。 「家族割引」の場合は、家族で2回線以上ワイモバイルの契約がある場合に、2回線目以降で割引が適用されます。 また「おうち割光セット」は、自宅のインターネット回線がソフトバンク光やSoftBank Airを利用している場合に受けられるセット割になっています。 ただし、家族割引とおうち割光セットの2つは併用することができません。 どちらも対象となる場合には、 おうち割光セット>家族割引の優先順位で適用されます。 いずれも世帯まるごとワイモバイルに乗り換えることで適用される割引になるので、これを活用することでさらにワイモバ学割がお得になります。 家族でワイモバ学割に加入した場合の料金シミュレーション では、家族でワイモバイルに乗り換えた場合に、実際にどのくらいの金額になるのか料金のシミュレーションをしていきましょう。 今回は家族3人(内1人学生)で家族割引に加入して、ワイモバイルに乗り換えた場合の料金について見ていきます。 全員がスマホベーシックプランMに加入した場合の料金は以下の通りになります。 また家族割引が適用される子回線に関しては、半年間は月額1,480円となります。 1,480円で12GB使えるというのは、他の格安SIMにもないような破格の金額となっています。 もし、同じ契約を学割期間後にした場合、つまり通常時に契約したとすると、次のような金額になります。 これでも大手キャリアに比べれば安いのですが、学割の金額を見た後だとちょっと物足りなくも感じてしまいます。 2020年のワイモバイルの学割の特徴は、一緒に契約をした家族にも同じ金額の割引が適用されることです。 家族でワイモバイルに乗り換える 回線数が多ければ多いほどお得感が増すようになっています。 もし、学割を使ってワイモバイルに乗り換えるなら、迷っている家族も一緒に乗り換えてしまった方がお得にできます。 SIMのみの契約でも割引の対象となるので、最近新しいスマホを買ってしまったという人でも、スマホはそのままでワイモバイルのSIMに変えればグッと料金を抑えられます。 ぜひこのタイミングにワイモバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか? ワイモバイルの学割を使うなら家族まとめて乗り換えが1番お得! 、ワイモバイルの学割は1人でもお得になるのはもちろんなのですが、 家族も一緒にワイモバイルに乗り換えることでもっとお得になるキャンペーンとなっています。 毎年学割シーズンは1番お得に契約できる期間と言われていますが、割引額の大きさは今年も健在です。 学割は期間限定のキャンペーンになっていますので、ワイモバイルへの乗り換えを検討している方はぜひこの期間を利用してお得にワイモバイルに乗り換えをしましょう!.

次の

後悔しないためのワイモバイルのキャンペーン攻略情報

ワイモバ

ソフトバンク Y!mobile事業推進本部 本部長の寺尾洋幸執行役員 ウィルコムは2010年に破綻 ただ、ウィルコムのPHSは破格の料金プランで人気となったものの、携帯電話事業者(キャリア)や競合との競争に屈し、2010年に経営破綻。 同年に支援に名乗り出たソフトバンク(SB)の子会社となった後、14年にグループ内のイー・アクセスと合併。 PHSサービスのみを残し、法人としては消滅した。 ワイモバは14年8月、イー・アクセスとウィルコムのPHSブランドを統合する形で誕生した。 寺尾氏はソフトバンクグループ(SBG)の孫正義社長からワイモバを任され、その成長を一身に担ってきた。 その後、格安SIM市場には新たなプレイヤーが次々と参入。 競争は激化の一途をたどるが、ワイモバは市場で確固たる地位を築いている。 ワイモバはなぜ、厳しい環境で生き残ることができているのか。 ウィルコムでの経験は、どのような形で今に生かされているのか。 寺尾氏に話を聞いた。 WILLCOM向けに開発され、人気を呼んだ端末「HONEY BEE」シリーズ(京セラのプレスリリースより) 前進なければ死あるのみ 「ワイモバは、回遊魚のサメやマグロと同じ。 「ウィルコム時代に人気が出たプランは、他社がこぞって取り入れ、プラスアルファを付けて展開した。 その結果ユーザーが流出し、経営が苦しくなった。 この経験から、いったん成果が出ても、陳腐化する前に次の手を打たないと競合にやられることを学んだ。 ワイモバでも気を抜くわけにはいかず、『勝った』とは一切思っていない」(寺尾氏) ワイモバ誕生後も、ブランド誕生時から続ける、データ容量をS・M・Lの3種類に絞った「スマホプラン」を他社が取り入れるケースが続出。 現時点では、14年10月にスタートした楽天のMVNO「楽天モバイル」や、14年12月に立ち上がったKDDIのサブブランドMVNO「UQ mobile」が類似した料金プランを設けている。 学割サービスにも他社が追随 17年12月には、学割サービス「タダ学割」を例年よりも一足早くスタートした。 他社からのMNP(番号ポータビリティ)などによって新規契約を結んだ5歳〜18歳のユーザーを対象に、各プランの基本料金を3カ月間無料とするもので、発表後は開始時期の早さと割引率の高さから大きな反響を呼んだ。 すると「タダ学割」開始から1週間で、UQ mobileがすぐさま同様のサービス「UQゼロ学割」を開始。 他社がワイモバの施策に追随する流れはいまも続いている。 関連記事• Y!mobileが、米Googleが提供する低価格端末「Android ONE」の新機種への対応と、学割サービス「タダ学割」を発表した。 市場でのさらなる地位確立を目指す。 ソフトバンクグループが、携帯事業会社ソフトバンクが上場準備を始めると正式発表。 大手携帯電話事業者の2017年4〜12月期の連結決算が出そろった。 決算会見では、各社の社長が楽天参入の感想や今後の戦い方についてコメント。 各社は競争激化が予測される市場でどう戦っていくのだろうか。 ユーザーを大切にする姿勢を貫き、競争が激化するMVNO市場でシェア4位に位置するmineo。 契約数は間もなく100万回線に達するというが、今後はどのような施策を展開していくのだろうか。 楽天のMVNO(仮想移動体通信事業者)で、ユーザーから高い人気を獲得している「楽天モバイル」。 Y!mobileやUQ mobileなど大手キャリアのサブブランドにどう対抗するのだろうか。

次の