ほたて 貝柱。 [北海道の魚屋が伝授]貝ほたてから貝柱を取る簡単な捌き方と料理と栄養

[北海道の魚屋が伝授]貝ほたてから貝柱を取る簡単な捌き方と料理と栄養

ほたて 貝柱

コストコ|刺身用ほたて貝柱(冷凍)|3,180円 こちらがコストコの冷凍魚介コーナーで販売されている 『刺身用ほたて貝柱(FROZEN PEELED SCALLOP)』(品番95120)。 1kg入って、お値段は3,180円(税込、税別2,944円)です。 100gあたり318円という計算ですね。 加工者は枝幸漁業協同組合で、北海道・オホーツク海で獲れたほたての貝柱を急速冷凍したもの。 サイズは「4S」(1kgあたり51~60粒)となっています。 実際に数えてみると、56粒入っていました。 ちなみに、コストコでは解凍済みの(100gあたり348円)も販売されています。 それと比べると、本品のほうがコスパが優秀! ただし、解凍に失敗すると台無しです。 そこで、おいしくいただくための上手な解凍方法を紹介しましょう。 ほたて貝柱を上手に解凍する方法 ほたて貝柱は、できるだけ低い温度で解凍することが、おいしくいただく秘訣。 そこでおすすめなのが、氷と塩を使った方法です。 ボウルに氷を入れたら、塩を小さじ1杯程度振りかけ、そこに凍った貝柱を投入します。 ボウルにラップを掛けて、常温で2~3時間おいておきましょう。 数時間経つと、氷がだいぶ溶け、貝柱が水に浸った状態になります。 解凍された貝柱を取り出し、キッチンペーパーなどで水分を取り、お皿に盛り付けましょう。 塩を使いましたが、小さじ1杯程度の量なので、貝柱がしょっぱくなったりはしません。 比較用に、冷蔵庫での解凍も行いました。 保冷バッグに凍った貝柱を入れ、冷蔵庫に半日ほど置いたもの。 プリッと感は弱めで、柔らかめの歯ごたえになりますね。 また、かすかではありますが、くさみを感じてしまいます。 氷+塩による解凍には一歩及ばない感じですね~。 プリッとした歯ごたえと上品な甘みを楽しめる 氷と塩で上手に解凍したほたて貝柱。 シンプルに醤油とわさびでいただくと、プリッとして、弾力性のある歯ごたえ。 そして舌触りはねっとり。 上品な甘さがあって、くさみは感じません。 醤油につけると、特にほたての甘みが際立ちますね~。 寿司にしてもおいしいですよ。 今回は軍艦巻の上にタネをのせました。 酢飯とほたて貝柱の甘さの相性は抜群。 海苔の香りも加わって、大変満足度の高い味わいです。 カルパッチョもおすすめ。 ソースは粒マスタードとオリーブオイル、塩、レモン、はちみつ少々を混ぜ合わせたもので、付け合せの野菜にもよく合います。 レモンをたっぷり使うと、さっぱりとしておいしく仕上がりますよ。 * * * 冷凍の『刺身用ほたて貝柱』はコスパの点で優秀。 1kgと量はありますが、冷凍なので急いで使い切る必要はなく、じっくり時間をかけて楽しめます。 上手に解凍するにはちょっと手間がかかりますが、その甲斐は十分にありますよ~。

次の

【楽天市場】【7月1日24時間限定!最大23倍ポイント祭】 最安値に挑戦!店長暴走の衝撃大特価!更に2個で300円OFFクーポン付き! ホタテ 貝柱 1kg 訳あり(割れ 欠け サイズ不揃い) ほたて貝柱 ホタテ貝柱 ほたて 帆立 [送料無料]:港ダイニングしおそう

ほたて 貝柱

ほたての殻の外し方は? ほたての殻むきは、コツをつかめば簡単です。 ほたての貝殻がしっかり閉じているのは、中にある貝柱と貝殻がつながっているから。 つまり、殻むきをするときは、このつながっている「貝柱と貝殻を切り離す」ことがポイントです。 では、さっそく詳しい手順を見ていきましょう。 ひとつは丸みを帯び、もうひとつは平らになっています。 最初は、平らなほうを下にして手にもってください。 (ほたての殻むき用のナイフもありますが、一般のご家庭では洋食用ナイフなどで代用してください。 ) 小刻みにナイフを動かし、貝の真ん中あたりにある「貝柱と貝殻のつながっている部分」を切り離してください。 するとびっくりするほど簡単に貝殻がはずれます。 黒い部分がありますが、これはウロ(中腸線)といい、食べることができませんので、取り除いてください。 そのままお刺身はもちろん、焼いて、煮て、さまざまなお料理につかえますよ 冷凍ほたて貝柱を上手に解凍するには? 冷凍ほたて貝柱は、冷蔵庫に移し、半日ほどかけてゆっくりと解凍してください。 解凍を急ぐなら、ポリ袋に入れて口をしっかり閉じ、流水にあてるか、直接塩水に浸します。 真水に浸すと水っぽくなるので、注意して下さい。 ちょっとだけ手間はかかりますが、とっておきの解凍方法はこちら。 ボールに氷を入れ、塩を小さじ1杯ふりかけ、この中にカチカチに凍った冷凍ほたて貝柱を入れます。 ラップをして、このまま常温で解凍すると、生ほたて貝柱と間違えるほど美味しく解凍できます。 ポイントは氷で冷やしながら0度近くで解凍し、ほたてが水っぽくならないように氷に塩を振りかけておくことです。

次の

貝柱(かいばしら)とは

ほたて 貝柱

貝ほたてから貝柱を簡単な剥き方 貝ほたての平たい側 茶色の殻の方 の貝柱を貝に沿って、外して片貝にします。 そして、うろ 黒い部分 をとります。 ここまでは、普通の剥き方と同じ。 貝柱だけにしたい場合は、 ヒモをつまんで、 先に、ヒモを引っ張ります。 貝柱が、まだ、 貝についたままなので、 簡単に貝柱から、ヒモを外すことができます。 こんな感じ🎵 あとは、貝に残った貝柱を外すだけ。 知らなかった方、一度ご試しあれ。 刺身にする場合、切り方によって、食感が変わるので、 次、ほたての料理方法を紹介します。 おいしい活貝ほたてご注文は にて、取り扱いしています。 貝ほたてを片貝にして、 貝柱とヒモに分けます。 片貝から、貝柱を外して、 貝柱を縦に一口大に切ります。 ヒモは、よく洗ってから、一口大に切ります。 ほたての保存方法 ほたては、以外と冷凍保存が出来ます。 生の場合だと、2、3日。 貝柱だけにして、3、4日ですが、 下処理 片貝にするか貝柱だけにして 冷凍保存すると、 1ヶ月位は、大丈夫なのです。 食べきれないときは、 冷凍保存すると良いですよ。 ほたての栄養 ほたてには、グリシン、グルタミン酸、タウリンなどの遊離アミノ酸が多く、ビタミンB群、カリウム、カルシウム、亜鉛も豊富に含まれます。 (文部科学省)より グリシン 血中コレステロール濃度の上昇を抑制し、 高血圧や脳卒中の予防に期待がもてるとされています。 また、 保湿作用、酸化防止作用があるとされ、 美肌効果もあるとされているそうです。 タウリン 血中コレステロールの低下や、高血圧の予防、疲労回復の原因となる乳酸の蓄積を抑制するなど、生命活動の維持に欠かせない重要な物質とされています。 不足すると糖代謝がうまくいかなくなり、乳酸などが溜まってしまい、疲労や筋肉痛につながるとされています。 脂質代謝もサポートし、肝臓への脂肪沈着を抑制する働きがあるとされています。 また、造血作用にも関わり、正常な赤血球を作るのに欠かせません。 カリウム ナトリウムとともに体内の浸透圧を調節し、 水分を保持する働 きがあるとされています。 腎臓でのナトリウムの再吸収を抑え、尿への排泄を促すことから、ナトリウム過剰による血圧上昇を抑えます。 また、カリウムが不足すると筋肉の動きが悪くなり、手足のしびれやけいれんを起こすことがあります。 カルシウム 骨や歯のもととなり、丈夫な体づくりには欠かせない成分です。 骨粗しょう症の予防や、ストレス・イライラを抑える作用があるとされています。 体内に含まれるカルシウムの約99%が骨や歯などに存在しています。 残り1%は、すべての細胞に分布し、血液凝固や筋肉収縮、神経の興奮の抑制や、ナトリウムを排泄して 血圧上昇を防ぐ働 きをするとされています。 亜鉛 新しく細胞を作ったり、たんぱく質の合成に必要な栄養素です。 免疫機能や神経系の維持にも働くとされるので、不足すると免疫機能が低下し、感染症にかかりやすくなることがあるそうです。 舌にある、味蕾という 味を感じる細胞を作るときにも欠かせません。 通常の食事をしている分には不足の心配はありませんが、加工食品のとりすぎや偏食があると不足することがあります。 また、薬の副作用で吸収が阻害されることもあります。 まとめ 貝ほたての剥き方、 試してみてください。 魚屋では、作業効率が求められるので、1ケース剥くのに、知ってると知らないでは、雲泥の差が生まれます。 貝ほたての簡単な剥き方で、 栄養満点な ほたてをお召し上がりください。

次の