犬にポカリ。 【獣医師監修】犬の熱中症対策や水分補給にスポーツドリンクは有効?

犬にポカリをあげても大丈夫!犬にポカリを飲ませるメリットと注意点

犬にポカリ

こんな時は脱水に注意! 夏場は人間でも沢山汗をかきますし、はぁはぁしている愛犬を見れば、脱水しているのでは?と心配して、早めにいろいろ対策を取られると思います。 脱水症状のチェックのしかた 皮膚の張り 犬の肩付近、皮膚がたるんだところをつまんでから、はなします。 脱水症状をおこしていない、健康な犬であれば、皮膚はすぐに戻りますが、脱水症状をおこしている犬の場合、戻りが遅くなります。 歯茎の色 歯茎を指で白くなるまで押します。 指を離してすぐにピンク色に戻れば正常ですが、なかなか戻らない場合には脱水が疑われます。 歯茎のネバつき 歯茎がねばついている場合にも脱水症状が考えられます。 つるっとしていれば問題はありません。 また、いつもに比べて明らかに元気がない場合、脱水症状を疑ってみてください。 いつもよりも目が落ちくぼんでいる場合も、脱水が考えられます。 冬場に脱水がおこる原因 冬の乾燥した外気が体内の水分を奪っていきます。 冬場はとても空気が乾燥する季節。 気温が下がると気づかない間に、体内の水分が奪われていきます。 室内で飼われる犬が多くなってきたため 昔と違い、今は完全室内で飼われる犬が増えてきました。 室内、しかも人間と一緒となると、人間の体温に合わせたエアコンが効いた室内に、犬達もいることになります。 こたつやホットカーペットの上で一日過ごすと、水分が蒸散します。 冬の乾燥肌はこのようなことが原因になっていることが多いです。 家屋の密閉性が高まったため 昔の日本家屋などと違って、今の住宅は気密性が高くなっています。 気密性の高い室内でエアコンを使うので、乾燥が更にひどくなっています。 また、ふすま、たたみなどは、適度に水分を出し入れする機能もありましたが、今、そういった昔ながらの日本家屋に使われていたものが使われなくなったことも原因とされています。 こんなワンコは冬場の脱水に要注意 シニアの犬たち シニアのワンコたちが、食欲が落ちてきた時は要注意です。 食事からもある程度の水分をとっていますので、その食事の量が減れば、必然的に摂取する水の量も減る事になります。 また、動くことがおっくうになり、水場まで自発的に水を飲みに行かなくなる場合も多くなります。 ファンヒーターやこたつなど暖房器具を陣取る犬たち 犬が寒さに強い・・・というのは迷信?と思われるほど、寒がりのワンコは多いですよね。 特に小型犬はこたつの中にもぐりっぱなし、ホットカーペットから動かない、ファンヒーターの前を占拠・・・なんて子も多いかと思います。 こういった子たちも、脱水になりやすいですので、注意してあげましょう。 正しいポカリスエットの与え方 脱水症状が疑われた時に、水を与えなくては・・と思われる方が多いと思いますが、汗、嘔吐、下痢などで水分が失われている場合には、体内から水と一緒に、ナトリウムなどの電解質が失われています。 そこへ、水だけを与えてしまうと、体内の電解質のバランスが更に狂いますので、逆に症状を悪化させてしまいます。 脱水が疑われる場合には、ポカリスエットなどの電解質を含んだものをあげると効果的です。 犬にポカリスエットを与える時の注意点 必ず薄める事! ポカリスエットの原料を見てみましょう。 果糖ぶどう糖液糖• 酸味料• 塩化K• 乳酸Ca• 調味料(アミノ酸)• 塩化Mg• 酸化防止剤(ビタミンC) 原材料は、入っている量が多い物から書かれています。 つまり、ポカリスエットの場合、砂糖、加糖ぶどう糖液糖と、糖分が一番多いことになりますね。 ポカリスエットは、人間用の飲み物ですので、人間の体にあわせて作られています。 犬は人間ほど糖分を必要としませんので、このまま与えてしまうと、かなりな糖分の取り過ぎになってしまいます。 ポカリスエットを犬に与える時には、必ず3-4倍に薄めてあげるようにしましょう。 量を少な目に。 脱水しているから、いっぺんに沢山飲ませなきゃ!と思われるかもしれませんが、それも逆効果になる場合があります。 小型犬でしたら、薄めたポカリスエットを大さじ1杯くらいずつ、1-2時間おきにあげます。 まとめ 夏場だけではなく、冬場にもおこりやすい脱水症状。 人間と違って犬の場合、発見が遅れがちです。 脱水になる前に、気を付けて水分を多めにとらせる、室温をあまり高くしない、暖房器具に長時間あたらせない、などの対策をとるようにしましょう。 また、軽度の脱水症状であれば、薄めたポカリスエットを与えることで、状態がよくなると思います。 重度の場合には、もちろん、すぐに動物病院に行ってくださいね。 夏の脱水症状(熱中症)についてもそうですが 冬の脱水症状については特に、飼い主さんのケアや観察不足から起こることが大半です。 食事の際や就寝前後の水分補給、室内の温度や湿度には気を使ってあげたいものです。 しかし、何かの異変が起こったり、嘔吐や下痢があり水分を摂らせるのがベストと判断される場合には、水だけを大量に摂るよりは人間でいう「ポカリ」的なものを摂らせる方がいいでしょう。 人間用のポカリスエットを薄めなくても、今ではペットスエットという製品が作られています。 ペット向けに開発されていますので、より安全ではないでしょうか? 成分は 果糖ぶどう糖液糖・食塩・ラクトスクロース・塩化K・香料・パントテン酸Ca・保存料(安息香酸Na)・クエン酸・クエン酸Na・甘味料(アセスルファムK) 500mlで180円前後ぐらい、賞味期限は製造日より24ヶ月と保存もきくので、ホームセンターやペットショップ等で見かけたら、万が一の時のために備蓄しておくのもいいのではないでしょうか? 冬は乾燥から、夏は特に熱中症などの心配もあり水分補給には気を使っています。 水道水が定番ですが、水分を取りたがらない時は野菜スープやスキムミルクを薄く溶かしたもの、無調整豆乳などを与え、なるべく多く取ってもらうようにしているけれど飲みたくない時は全く飲んでくれないものです。 愛犬は薬の影響もあって今は水をよく飲んでくれていますが、それでも脱水の症状はあります。 皮膚が乾燥気味でフケもあり、口内のネバつきもあります。 元気もあり調子も良いのは幸いですが、ただ水分を取ればいいというわけではないようです。 治療のために皮下点滴を入れたことがあります。 調整されたものなのでさすがに吸収も早く、必要なところに行き渡るので皮膚の乾燥が改善されていました。 ポカリは水道水と違い体内に吸収されやすいので、点滴のように効果も高いと思います。 人間用では薄める必要がありますが、今は犬用のポカリやアミノ酸の含まれる水もあるのでそちらを与えた方が心配ないかと思います。 冬は人間も犬も水を飲む回数がうんと減りますよね。 人間も犬も知らず知らずのうちに脱水症状を引き起こしてしまっていることがあります。 人間は不調を感じて自分で対処することができますが、犬は「あ、脱水症状だ!」なんて自覚できません。 普段から水を飲む回数や量が少ない犬は注意が必要ですし、シニアになると水を飲む回数も量も自然と減りますし、手足が不自由になり水を飲みたくても自ら飲めない子もいますから十分な注意が必要ですよね。 ポカリスエットですが、この記事にも書かれているように人間用の飲み物ですし、人間のカラダに合わせて作られています。 犬にとっては糖分が高すぎますし、ポカリスエットを与えるときは「数倍に薄めてあげましょう」と獣医さんからも指導されるものです。 【PET SWEAT】ってご存知でしょうか。 アース・バイオケミカル株式会社の商品なのですが、大塚製薬株式会社やアース製薬株式会社などと同じ大塚グループの企業商品です。 ペットスウェットは、ペットの体液に近い電解質組織で水分とミネラルを素早く補給することができます。 皮膚や被毛の健康サポートに良いパントテン酸Caを配合し、お腹の環境を整えてくれるラクトスクロースも配合されています。 ヨーグルト風味なので美味しく飲んでくれると思います。 クランベリー抽出物が配合されたゼリータイプもあります。 失われた水分と必須アミノ酸を素早く補給することができる【アミノペッツ】という商品もありますし、ペット用の天然水(深井戸水を使用したナチュラルミネラルウォーター)もあります。 人間用のポカリスエットを与える理由が「電解質が含まれているから」ということなのであれば、ペットの体液に近い電解質組織で水分とミネラルを素早く補給することができるペットスウェットの方が私は断然おすすめです。 それ以上に重要なことは「水分(水)をこまめに補給してあげる」ということだと思います。 あまり水を飲んでくれないときには、ドッグフード(カリカリタイプ)をお湯でふやかして与えることでも水分補給になります。 ポカリスエットやペットスウェットは水を飲んでくれないとき、脱水症状になってしまったときなどの応急処置として飲ませてあげて病院へ行く、などの利用が良いのではないかと思います。 ポカリスエットやペットスウェットを与えることがないように水分(水)をこまめに補給してあげることが最も重要です。 あまり水を飲まない子やシニア犬の場合は、まずは獣医さんに相談してみましょう。 ポカリスエットやペットスウェットは糖分が高いですし、与えなければならないものではないですし、できることならば与えない方が良いものだと思います。 与えることがないように飼い主さんがしっかりと管理してあげれば済みます。 うちの子は、フィラリア検査の血液数値で毎回獣医さんに、脱水症状を起こしやすいから気をつけてあげてくださいね、と言われていたのですが、まさかポカリスエットが対処法として効果的とは驚きでした。 ポカリスエットといえばしっかりした塩分を感じるイメージでしたので4倍に薄めて大さじ1杯を1時間おき、というのを知り安心しました。 ポカリスエットの他にも様々なメーカーからスポーツドリンクがでていますが、やはりポカリスエットの成分が一番バランスが良いのでしょうか。 それから脱水症状のチェック方法なども丁寧に解説してあってとても有難いです。 つい暑い夏に限ったことだと思いがちですが、冬にも気をつけることを再認識できてとてもよかったです。 この記事を読んで冬場に脱水症状を起こしてしまう可能性がある事を知りました。 脱水症状は本当に怖いです。 私の体験談になってしまいますが、以前ウイルス性胃腸炎にかかってしまった時に嘔吐と下痢が酷く脱水症状を起こしてしまった事がります。 朝目が覚めると体を起こそうとしても力が入らなく、ベッドから起き上がる事が出来ませんでした。 暫くたって体が動ける様になっても体中がしびれてしまい歩く事さえできない状態です。 その時は、友人に頼んで病院に連れて行って貰いましたが、病院の先生に「脱水症状を起こして命を失ってしまう可能性もあるから気を付けて下さい」と言われ本当に恐ろしくなりました。 私達人間の場合は助けを呼ぶ事が出来ますが、わんこさん達の場合言葉を発する事が出来ないので飼い主さんが気を付けなくてはいけません。 夏場は、水分不足に注意をしていますが、冬場は水分不足をあまり気にしていない飼い主さんも多いかと思います。 わんこさんの冬場の脱水症状についてこの記事を見るまで知らなかったので、この記事を読んで本当に良かったと思います。 夏場だけでなく、冬場も常にポカリスウェットを常備しておくようにしたいと思いました。 ワンコに脱水症状があるのは知っていましたが、ポカリスエットを飲ませても大丈夫ということに驚きました。 確かに、汗をかかないワンコはハァハァいうことで体温調節をしているのですが、それでもやっぱり暑い時はキツイんだろうなと思うほどぐったりすることもあります。 かといって、人間のように「お水飲みなさい」といってもほんの一口、二口を飲んでも水分補給にはなりませんよね。 もっと飲みなさいっていっても分かるはずもなく。 ちょっと心配なのは匂いに敏感なワンコが薄めたポカリスエットを飲んでくれるのかどうか気になるところですが、 ちょうど暑くなってきた今日この頃なので、ぜひうちのワンコでも試してみたいと思います。 きちんとワンコ用に脱水症状の時はOS-1のような水分、塩分補給のドリンクなどがあればいいですね。 これからの季節、ワンコの体温管理&調節こまめに気をつけて上げたいと思います。

次の

犬用のスポーツドリンクを作ろう。おいしい自家製スポーツドリンクの作り方を教えます。

犬にポカリ

しかし、だからと言って安心してはいけない。 ここでは、放っておくと危険な吐き方を紹介していこう。 吐くという行為には2つの種類がある。 1つは『 嘔吐』もうひとつは『 吐出』。 『嘔吐』は食べたものが胃までいって、何かしらの原因で吐くことで、 食べてから吐くまでにタイムラグがある。 タイムラグは病気の症状や、飲み込むものによって変わってくる。 一方、『吐出』とは食べたものが胃までいかず、食道の段階で吐く、即ち 食べてすぐに吐くということ。 原因は食道のトラブル、食道炎や食道拡張症などがあげられる。 吐出は100%病気。 嘔吐の場合も病気の可能性は高いが、ただ食べ過ぎただけ、など他の理由も考えられる。 嘔吐の場合は判断が難しいが、吐いた後の食欲、飲む水の量などで総合的に危険かを判断する。 特に確認しなければいけないことは、1日に何回吐いたか。 1日に2回以上吐いた場合は危険。 最悪の場合は、次の日に死んでしまうこともある。 吐きすぎるとエネルギーを使うし、脱水症状も起こすので、症状が悪化する可能性があることも理由のひとつ。 さらに、水を飲むたび、 ゴハンを食べるたびに吐く場合はあきらかに異常がある。 また、嘔吐物を箸などでかきわけて何を吐いているかを確認することで危険かどうかわかる時もある。 確認するポイントは異物が入っていないか? 消化状態はどうか?(朝食べたものをそのまま吐いているとおかしい)。 また、 血がついている場合も胃潰瘍などの病気の可能性がある。 この場合、一部に血がついている時は、吐く際に食道が切れただけの可能性もあるが、全体に血がにじんでいると危険だ。 他にも 色がおかしい(黄色っぽい、食べさせたものと違う色など)、 明らかな異臭がする場合は危険な嘔吐と言えるだろう。 一方、様子を見ても良い「吐く」も紹介しておく。 1日に1回しか吐いておらず、その後も元気で、ゴハンも食べる。 そして、その後、食事しても水を飲んでも吐かないのなら、特に心配する必要はない。 ただ、体調は変化するもの。 今日は1回しか吐かなくても次の日に何度も吐いてしまうことがないとは言えない。 明日、かかりつけの動物病院が休診日ではないか? 自分は仕事か? など生活環境から判断して、もし次の日に何かの理由で動物病院に行けないのなら受診しておいた方がよい。 よく考えて最善の行動をとってあげよう。 また、日本犬だからこの病気が多いというのはなく、 どの病気でもかかる可能性がある。 少しでも心配なことがあれば診察を受けよう。 ただ、吐く様子や頻度、嘔吐物をぱっと見ただけで診断を下すのは獣医師でも難しい。 吐いたという症状だけで、どこに原因があるかを見分けるのは難しい。 何を吐いたか、後の行動や様子、全身の状態、起こっている症状、検査などから総合的に判断しなければいけない。 吐き気は病気のひとつの症状にすぎないのだ。 診察方法としては、まず問診、触診(異物がないか? お腹にしこりがないか? 腹痛がないか? 熱がないか?など)そしてしこりがあればレントゲンやエコー検査を受ける。 問診、触診で理由がわからない場合は血液検査や超音波検査、バリウム検査などを行うこともあるが、診察の順序などはその先生によって違う。 もし、その場で原因がわからなくても吐き気をとめる注射や薬は処方されるだろう。 動物病院で受診しなければいけない愛犬の状態の目安は、最初に述べた危険な嘔吐に加え、 吐いた後元気がない、食欲がない、下痢をともなっているなどがあげられる。 診察を受けるか迷った場合は、動物病院に行く前に電話して相談するのもおすすめだ。 その時、 口の粘膜の色は? 動けている? 目が泳いでいないか? など簡単な症状を伝えるとよい。 受診する時は、いつごろから吐きだしたか? だんだん体調が悪くなって吐いたのか、急に吐いたのか?時々吐くのであれば何時頃が多いのか? 食べてから吐くまでの時間は? また、色やにおいはどうなのか? などを正確に伝えられるようにしておこう。 特に飼い主が仕事などの理由で、代理人がつれてくるのであれば、しっかりと症状を代理人に伝えておくか、事前に動物病院に電話して伝えよう。 また、 嘔吐物の一部を診察の時に一緒に持って行くと、吐いた原因がわかるきっかけになることもある。 まとめ 愛犬が吐いた時、少しでも異変を感じたら様子を見るということはできるだけ避け、動物病院へ行って診察を受けることをおすすめする。 特に、1日に2回以上吐いている場合は非常に危ないので、できるだけはやく診察を受けよう。 場合によっては命にも関わることもある。 もし、事情があって診察に行けない場合、吐いた後、水やゴハンをだすと食べるけどまた吐くという場合は 絶食、絶水をしよう。 吐くことが続くと脱水症状や疲れがでるので病気を悪化させることもある。 一口に吐くと言ってもその裏には、色々な原因がある。 一番大切なのは、犬の吐き気を甘く見ないこと。 大切な命を守るために、吐いた後は愛犬の様子と嘔吐物を観察して適切な判断をとってあげよう。 64『様子を見る?どれとも受診?どう診断すればいい?柴犬が吐く理由を探る!』より抜粋。

次の

愛犬にポカリをあげて、冬場の脱水対策

犬にポカリ

com ポカリスエットには、健康な猫にとって有害な物質は含まれていません。 しかし、糖分が非常に多いため、積極的に与えることは控えた方がいいでしょう。 そもそも、イオン 電解質 をスムーズに補給するための健康飲料「ポカリスエット」は、「飲む点滴」をコンセプトに作られた飲み物です。 製造元である大塚製薬は、もともと病院などで使用する点滴液を製造していました。 医師の中には、忙しい時の水分補給や、長時間の手術を終えた時の疲労回復のために、点滴液をそのまま飲んでいた人もいたようです。 その話を聞いた大塚製薬が、自社の点滴液を飲みやすく改良したのが、ポカリスエットです。 ただ、ポカリスエットには糖分が非常に多く含まれているため、現在、人間が脱水症状を起こした時などに飲む物としては「経口補水液OS-1」が推奨されています。 経口補水液OS-1の効果 経口補水液OS-1を飲むことで、発汗などによって失われた水分を素早く補うことができます。 経口補水液OS-1は、点滴に使われる生理食塩水と同じ成分で作られています。 そのために、失われた水分を効率よく補うことができるのです。 また、カラダの中の体液には電解質(イオン)が含まれています。 この電解質は、細胞の浸透圧を調節したり、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わったりと、カラダにとって重要な役割を果たしています。 電解質も、発汗などによって体内から失われてしまいますが、経口補水液OS-1は、その電解質も効率的に補充することができるため、下痢、嘔吐などの脱水時や熱中症予防などにも効果的と考えられています。 com ポカリスエットは糖分が多く、またOS-1も人間用の電解質バランスで作られているので、猫に与えるのは適切ではありません。 そこでおすすめなのが、ペット用に必要な電解質バランスを考えて作られた製品です。 動物病院などで、「電解質サポート」などの商品名で販売されています。 これは、パウダー状の製品なので、与える際に水に溶いてあげてください。 注意点 とくに、腎臓病を患っている猫では電解質バランスに気をつける必要があります。 そのため、猫用製品などを使用する際は、まず獣医師に相談してみるといいでしょう。 もし、緊急時に猫用製品が手に入らず、人間用の製品を与える際は、2~3倍に薄めることを忘れずに。 水分補給と電解質補給に、熱中症対策や食欲が減退している時に、電解質サポート製品を上手に使って、猫の健康を守りましょう。

次の