介護事務 需要。 介護事務とは?資格の取り方・仕事内容について分かりやすく解説

介護事務の需要は多いの?今からでも仕事はある?

介護事務 需要

介護事務管理士は、 医療機関、福祉施設など介護サービスをおこなう事業所で、受付・会計、レセプト業務などを担当する事務スタッフとしての能力を証明する資格です。 試験に合格すれば、介護施設の受付や会計だけでなく、介護レセプトを作成するスキルがあることを証明できることで、介護事務のスペシャリストとして活躍が期待されます。 書類整理や勤怠管理など、地道な事務の仕事に対して、まじめに意欲的に取り組める人におすすめの資格といえます。 全国の福祉業界で認知され、有資格者は全国で活躍しています。 受験資格 ・受験資格は問いません。 誰でも受験できます。 試験科目 (学科試験) 1. レセプト点検問題 1問 2. 試験会場 ・全国の指定会場で実施されます。 そのため暗記する必要がありませんので、初めて勉強して介護事務にチャレンジする人でも受験しやすいと思います。 また、誰でも受験できる資格試験でありながら、半数ちかくの受験者が合格していることから、それほど難しい試験ではありません。 このことから、実技試験のハードルが高く、ここをいかに突破するかが鍵になります。 その中でも実技試験のレセプト作成で、決められた時間内でレセプト作成・点検の問題をクリアしなければならないので、必ず事前に問題の数をこなして慣れておかねばなりません。 難易度は「D」評価ですが、何も準備せずに合格できるほど甘い試験ではないことを忘れないでください。 この試験合格のポイントは、事前にできるだけ多くのレセプトを書いて練習しておくことです。 レセプトをたくさん書くことで、サービス提供票の読み取り方やレセプト作成上のポイントが理解でき、コツをつかむことができます。 特に、サービス提供票の内容から介護報酬を計算するスキルは専門性が高く、介護事務管理士の資格取得者は、介護福祉関係では高く評価されます。 介護サービスを提供する事業所での介護事務管理士の仕事は、レセプト作成と点検以外にも、介護に要する費用の請求や、ケアマネジャーの業務のサポートなど多岐にわたります。 また、介護サービス利用者に対する接遇力が求められ、ケアプランの内容をきちんと理解し、正確に介護報酬を計算する知識とスキルも大切です。 そのため将来を見据えれば、介護事務系の資格を訪問介護員(ホームヘルパー)2級などの資格と合せて取得できれば、いろいろな面で優遇される可能性が高くなるでしょう。 高齢化により介護サービスを必要する人の数は今後ますます増えてきます。 そういう状況の下では介護は質と量のどちらも確保することが必要になります。 こうした中ではケアマネージャーの心理的負荷を減らしてケアプラン作成業務に集中させなければならなくなります。 ここで非常に有用な働きをすることができるのが介護事務管理士です。 そういうことからも介護事務管理士の需要が増すことは間違いありません。 介護事務管理士を受験する人は30代がもっとも多く、次いで40代ですが、子育てなどをしながら安定的に働きたいというニーズに応えてくれる資格であるからこそのことだと思います。 通信講座 - スクール 過去問 教材 売れ筋教材 - 問い合わせ先 JSMA 技能認定振興協会事務局 〒108-8210 東京都港区港南1-7-18 A-PLACE品川東6F TEL:03-5715-3533.

次の

訪問看護事務の仕事内容とは?メリット・デメリット

介護事務 需要

介護施設・事業所における電話応対• 利用者さん・ご家族へサービス案内や入退所手続きを行う窓口対応• 運営のサポート• ケアマネジャーの業務サポート などが挙げられます。 介護報酬請求や介護保険に関する知識に加え、パソコンスキルやコミュニケーションスキルも求められる職種です。 どんな場所で活躍できる? 介護事務の勤務先は基本的に介護施設や介護事業所などが挙げられますが、スキルを活かせる職場はそれだけに限りません。 また、介護事務を経験することで利用者さんからの請求に関する質問に答えられるようになったり、こなせる仕事の幅を現場以外にも広げたりできます。 そのため、近年では介護事務のスキルを磨きたいという現場職員も増えてきているようです。 介護事務で活かせる主な資格 資格を持っていなくても、介護事務として働くことはできます。 ただし、業務の中で専門知識を求められることも多いため、介護事務の資格を取得しておくのをおすすめします。 介護事務の資格を持っていれば、よりよい条件で就業できたり応募できる求人が増えたり、いいことも多いゴン。 2000年(平成12年)に 日本で最初の介護事務資格としてスタートしました。 有資格者数が多く、認知度も高い資格といえるでしょう。 請求業務に加え、「サービス事業所の受付や会計などに関する知識があること」を証明する資格となります。 合格者には認定合格証が交付される 受験料 6500円(税込) 参考: 学科試験の出題範囲は、介護保険制度や介護報酬請求についての知識が問われる「法規」と、介護給付単位数の算定や介護報酬明細書の作成、介護用語についての知識が問われる「介護請求事務」です。 実技試験では、介護給付明細書を作成するために必要な知識(居宅サービス・施設サービス)が問われる、レセプト点検問題とレセプト作成を行います。 取得すれば、請求業務に加えて、「コミュニケーションや社会福祉、介護技術などに関する幅広い知識とスキル」があることの証明となります。 コミュニケーションや介護・福祉、介護事務などの幅広い知識を問われるため、しっかりと対策しておきましょう。 ーーーーー介護求人をお探しの方へーーーー ー 一般の事務職とは何が違うの? 介護事務と企業で働く一般事務との大きな違いは、ずばり 業務内容の幅や求められる専門知識にあります。 また、決算期や提供しているサービスによっても繁忙期が異なります。 一方、介護事務の主な業務内容は、 どの職場でも「請求業務」で変わりません。 また、どの施設・事業所でも、「国保連への介護報酬の請求は毎月1日から10日までの間」と決められているため、繁忙期は月初で固定となります。 介護報酬請求に関する専門知識があれば、どの職場でもすぐに活躍できる可能性が高いと言えるね。 医療事務との違いは、患者(利用者)さんの応対頻度 介護事務と似ている職種としては、一般事務のほかにも「 医療事務」が挙げられます。 医療事務は、病院や診療所、クリニックで働く専門性の高い事務職です。 医療保険制度の知識が求められ、どの職場でも「診療報酬請求(レセプト)業務」が欠かせないという、 専門知識が求められる点は介護事務と似ています。 そんな医療事務と介護事務との大きな違いは、「 患者(利用者)さんの応対頻度」。 医療事務はレセプト業務のほかに、患者さんの受付・会計業務、医師や看護師といった医療スタッフとの橋渡しをする応対業務も多く行います。 一方、介護事務では介護報酬請求業務がメインとなるため、利用者さんと直接やり取りをする機会はそれほど多くありません。 関わる人が限られているため、 コツコツと事務作業に集中できる仕事といえます。 介護事務に向いているのはどんな人? 介護事務になりたいと思っていても、自分が向いているかどうか気になる人もいるのではいないでしょうか。 下記では、介護事務に向いている人の特徴を紹介します。 就業前に知識がなくても、仕事をしながら覚えられればOKなので、請求業務に抵抗感がなく、しっかり学ぼうという意欲のある人は向いているでしょう。 さらに、 介護保険制度の情報も随時把握しておく必要があります。 介護保険制度は3年ごとに改正されますが、その改正内容が介護報酬請求業務に関わることもあるからです。 たとえば、利用者さんの自己負担額。 介護保険制度当初の自己負担額は共通して1割でしたが、平成27年度の改正で所得によって1割または2割負担となりました。 さらに平成30年度の改正では、所得によって2割から3割負担へと変更されています。 介護保険制度の改正内容を正しく理解し、業務に反映することも、介護事務に求められるスキルです。 パソコンスキルがある 介護事務は、ワードやエクセル、介護会計ソフトなどパソコンを使用する機会が多い職種。 そのため、ある程度のパソコンスキルが求めらます。 長時間の事務作業が苦にならない 介護事務の仕事内容は基本的にデスクワークです。 長い時間いすに座って、コツコツと事務作業をする必要があるので、長時間の作業でもストレスを感じずに行える人が向いているでしょう。 自分でミスに気づけ正確な事務作業ができる 介護事務のメインの仕事である請求業務では、国保連に対して正しい金額を請求する必要があります。 正しい金額でなければ、不備とみなされて受け付けてもらえない場合も。 誤った金額を請求し、支払われた場合には、返金が求められたり、施設や事業所が処分を受けたりすることもあります。 小さなミスでも重大な事態に陥る可能性があるため、非常に正確な数字管理が求められる仕事です。 自らミスに気づき、責任感を持って作業に取り組める人が向いているでしょう。 厚労省のデータから見る、介護事務の給料 厚生労働省の「」によれば、常勤の介護事務の月給は 平均で304,740円。 日給にすると 9,270円、時給にすると 1,099円という結果になりました。 しかし日給または時給で考えると、介護職員よりも低いという結果になっています。 編集者より 介護事務は 体力や介護スキルがなくても、介護・福祉業界に貢献できる仕事です。 体力的な理由で、現場の介護職から介護事務へ転身する人もいます。 介護の専門知識を活かして介護・福祉業界で活躍したい方は、ぜひ介護事務をめざしてみてはいかがでしょうか。

次の

介護事務の仕事内容・なり方・給料・資格など

介護事務 需要

介護事務は、介護老人保健施設、デイサービスセンターグループホームなどの介護関連施設で、介護サービスに関する事務全般を行う仕事です。 介護保険制度に基づくサービス利用代金の計算を行う「介護報酬請求業務(レセプト作成)」のほか、受付・会計、総務、経理、さらにケアマネジャーのサポートなど、多岐に渡る業務をこなしています。 なるうえで特別に必要とされる資格等はありませんが、多くの事業所では介護職に就いている人が事務の仕事まで兼任しているのが実情です。 介護サービスの需要は今後さらに高まることが予想されるものの、「介護福祉士」や「ホームヘルパー」などの資格まで併せ持っておくことで、より仕事の幅や就職先の選択肢は広がっていくでしょう。 介護事務にとって最も重要な業務は、介護関連の事業所における介護報酬請求業務(レセプト作成)です。 介護報酬請求業務は介護保険制度に基づき利用者が負担する介護サービス代金を計算し、国や自治体に対する介護報酬を計算・請求する業務です。 介護報酬請求業務は介護施設の売上を決める業務でもあるため、介護事務は介護関連の職種の中でも重要な役割を担う職種の一つだといえるでしょう。 また介護事務は受付や労務管理、予算管理、電話対応など幅広く業務を担当します。 労務管理では労働条件通知書の作成まで任されることも少なくありません。 来客対応ではお茶出しや応接室への案内が業務として発生するため、接遇マナーも身につけていることが求められます。 08:30 出勤 出勤したらまずはパソコンの立ち上げ、メールチェックから始まります。 09:00 ミーティング(朝礼) 事業所内の他のスタッフと一緒にミーティングを行います。 ケアマネージャーや介護職員と連絡事項を確認・共有します。 10:00 介護報酬請求業務 利用者が負担する費用を算出し、自治体へ請求を出すための書類を作成します。 12:00 休憩 持参したお弁当を食べて休憩します。 13:00 関係機関への連絡 役所や病院など、地域の関連機関と連絡を取り合います。 14:00 来客・問い合わせに対応 受付業務として利用者の家族、介護サービスを検討している人、関係業者など様々な人の対応をします。 15:30 勤怠管理 施設に勤務する職員の勤怠管理を行います。 出勤状況のチェックだけでなく給与計算まで担当することもあります。 16:00 ケアマネージャーのサポート ケアマネージャーに依頼された場合、ケアプランに関する書類作成などをサポートします。 18:00 退勤 特にトラブル対応などがなければ基本は定時退社です。 月末~月初は介護報酬請求業務が発生するため、残業の可能性が高くなります。 介護事務として就業するために、学歴や卒業大学はそこまで重視されません。 学歴が全く関係ないわけではありませんが、ほとんどの現場で介護事務として求められるのは経験や知識・スキルです。 そのため技能認定振興協会の「介護事務管理士」、一般財団法人日本医療教育財団の「ケアクラーク」など資格を取得していると客観的なスキルの証明となり、就職活動では評価される可能性が高くなります。 技能認定振興協会の介護事務管理士試験の受験費用は6,500円。 一般財団法人日本医療教育財団の「ケアクラーク技能認定試験」の受験費用は6,700円です。 介護に関連する資格の種類は他にもありますが、介護事務を目指すならこれらの資格取得が転職活動では有用だといえるでしょう。 民間企業が実施している介護事務講座は、50,000円前後の費用で受講することができます。

次の