競馬 サロン。 瀧川競馬塾オンラインサロンについて|瀧川競馬塾

初来場のメンバーも大満足!荒れるレースを「選ぶ」技術も皆で学びましょう!/先週末(6/20~6/21)の亀谷サロンダイジェスト

競馬 サロン

2 反則級!現役馬や厩舎事情を知り尽くしている 僕は今年の8月までトップ騎手として活躍していました。 僕の現役時代走っていた馬たちばかりが現役で走っているので、馬の特徴やコース適正まで知り尽くしています。 馬によってはどれほど近走成績が良くても内ラチに頼らないと走らない馬や競馬場によって別馬になってしまう馬、特定の条件でのみ激走する馬なども多く存在するため、馬の特徴を知り尽くしている僕は非常に有利です。 さらに馬の管理をする厩舎や厩務員の特徴、勝負度が高い調教パターンなど競馬場外での調整段階のことまで熟知しています。 僕のオンラインサロンではこの反則級の情報を踏まえて、皆様に情報提供しますので楽しみにしていてください。 3 競馬を誰よりも研究した騎手による分析力 騎手の予想は当たるのか?といえば、全員の予想が当たるわけではありませんが、騎手はレース前に勝つ可能性が一番高い馬を予想して展開予想をします。 一流であればあるほど、レース前の予想を行うのです。 僕は現役時代誰よりもレースを見ました。 僕の現役時代の成績を見ていただければ分かるのですが、僕の勝ち鞍の約半数がテン乗り(初騎乗の馬のこと)という年もありました。 これは騎乗していない馬のことや、南関東競馬以外の競争馬の情報も調べて馬の特徴を把握していたからであり、人脈や縁故もなかった僕が最年少でリーディングをとれたのも、この分析力がすべてであったと思います。 僕は15歳から競馬学校に通い、競馬や馬のことについて勉強をしてきましたが、競馬界はコネで出世が左右されるほど閉鎖的なところです。 縁故関係に競馬関係者がいない僕がなぜ史上最年少で川崎のリーディングに輝くことができたのかというと、だれよりもレースに集中し結果を出したからです。 競馬に関して誰よりも分析にかけた僕のプロの予想力をあなたに提供いたします。 4 より競馬を深く知れる環境へ このオンラインサロンに参加するだけで競馬をより深く知ることができる環境を提供します。 オンラインサロンのメンバー限定で飲み会やセミナーを開催して、オフライン上でも交流を持ちたいと考えています。 もちろん予想だけを見たい人にもオススメですが、競馬のレース以外のことでも僕の経験を活かした価値を提供することができます。 若駒の作り方も知っているので、一口馬主をやっている人であれば参考になるアドバイスをすることができますし、これから地方競馬の馬主になりたいと考えている人であればおすすめの厩舎を紹介することもできます。 同じ競馬を愛する人として、ただのオンラインサロンではなく僕とつながることで、無限の可能性を秘めたオンラインサロンにしていきます! 「反則級の予想力」本物の競馬力をあなたに!競馬予想は次の領域へ 皆さんこんにちは。 瀧川です。 「もう絶対に競馬で負けたくない」 「競馬初心者で競馬が全くわからない」 「競馬予想ではなく本物の情報が欲しい」 「とにかく競馬で勝ちたい!お金を儲けたい!」etc… とにかく競馬が大好きな皆様!僕にお任せください! 競馬が好きな人、単純にお金が好きで競馬をやっている人、これから競馬を始めたい方! とにかく競馬を愛する皆様に今回オンラインサロンという形で、僕の持っている競馬力の全てを提供いたします。 僕は今年の8月(2019年8月)まで南関東競馬の現役のトップ騎手として活躍していました。 バリバリの現役だった僕がなぜ引退したのかというと「競馬界は単純な実力の世界ではない」ということが一つの理由です。 現役の時から様々な公営競技の方と交友がありましたが、競馬ほど人間が絡む公営競技はありません。 一頭に対し、馬主、調教師、厩務員、騎手、様々な人間が関わります。 僕は実際にレースを行う騎手でしたが、騎手であった僕の立場から見ても競馬界は複雑でとても一般のファンに公開される情報だけで生き残れるものではありません。 一つこれだけは言えるのは「情報の格差は確実にあります」 その情報の格差を埋めるべく僕のオンラインサロンを利用してください。 今回のオンラインサロンは、今までお世話になった人に迷惑の掛からないギリギリのラインまで突っ込んで僕の知りえる事の全てをメンバーに提供いたします。 ですので今回のオンラインサロンを運営する以上、当然不都合不利益になる方も中にはいます。 考えられるところで言えば予想会社や専門誌・評論家など、今回のオンラインサロンについておそらく多方面から様々な声が上がるでしょう。 もしかしたら必死になって潰しに来るかもしれません。 でもどうかその声に惑わされないでください。 今までその人たちの情報で本当の競馬について知れたとこがありましたか? 安定して勝ち続けることができましたか? その人たちはどこまで競馬のことを知っているのですか? なにより 命を懸けて馬に乗ってたことはあるのでしょうか? 僕は僕に託してくれる関係者全ての気持ちを乗せて競馬に命がけで乗ってきました。 今回のオンラインサロンに関しても僕は命がけです。 今度はオンラインサロンに参加したあなたの期待を乗せて、命がけの覚悟で情報を提供します。 サロンメンバー限定オフ会 オンラインサロンのメンバーだけで限定のオフ会を開催します。 決済に関する質問 Q銀行振り込みしたが、申し込みとは違う名前で振り込んでしまった Aその場合は、申し込みしたお名前とメールアドレス、振り込み名義人をカタカナで教えて下さい。 Qクレジットカード決済15分割で申し込んだが、途中に残りの金額を一括払いにすることは可能か? A可能です。 その場合はお客様のプラン名とメールアドレス、電話番号をラインアットへご連絡下さい。 残額をお調べします。 Q途中、プランの格上げは可能か? A可能ですが、ラインアットに現在のプラン名とお名前、メールアドレスを連絡下さい。 Q決済完了メールが届いてメンバー登録しようとしたができない Aユーザー名、パスワードは半角英数字で入力して下さい。 配信に関する質問 Q予想配信方法は? Aサイトにて公開します。 公開後、メールもしくはラインで告知します。 Q予想配信時間は? A前日や当日など。 地方競馬はレース30分前まで。 Q海外にいるためサイトが見れない A海外の方はメールで予想を配信します。 日本の方はサイトで公開します。 Q地方競馬予想はどこのですか? A主に南関競馬となります。 Qネットで買えない地方競馬は予想しますか? A基本的に予想するのはネットで購入できるレースです。 稀にネットで買えないレースもあるかもしれません。 (例えば、即PATでは買えるレースは決まっています。 僕はspat4を使って地方競馬は買っています。 そのspat4で買えるレースを予想配信します。 spat4の申し込み方法などはこちらではお答えできません。 ご自身でお調べ下さい。

次の

さなびっちさんのさなびっち競馬オンラインサロンの口コミと評判!|オンサロファン!

競馬 サロン

レーン 馬主: 有 シルクレーシング 生産:レイクヴィラファーム この馬の今回のポイントは非常に明確である。 ドバイ中止の影響が残っているかどうか。 確かにレースは行われていない。 その分の消耗はなかったと言えよう。 ただし、それ以外の負担というのは洩れなく受けているのである。 過酷な輸送に帰国後の検疫等、どう考えても通常時のレース後と同じ流れでは疲れを癒せていないのだ。 実際に今年同様にドバイへの空輸送を経験した馬達で結果を出せたのはアーモンドアイ1頭のみ。 その他の馬達はもれなく力を発揮できていなかったのだから不安は高まろうと言うもの。 正直、この馬も今回は怪しいと見ていたのだが…。 だが、その不安は見事に裏切られる。 目標がここと他のドバイ帰りの馬達(乗り込みは5月始め)よりも約1ヶ月(乗り出しは6月始め)充電期間が長く設けられたことが大きかったのか。 詳細は解らないが少なくとも外厩先でほぼいつも通りの作業が行えたことは間違いなかろう。 そうでなければ入厩後に、これだけいつもと同様のメニューを淡々とこなせるわけがない。 1週前には持ち味である追って追って伸びてくる姿を見せて先着と確りとスイッチもオン。 まず呆けていて競馬にならないということはあるまい。 ドバイ帰りも珍しく割引き不要。 好戦可能。 ルメール 馬主: 有 キャロットファーム 生産:ノーザンファーム 元々が無駄肉の付かない体質、性格的にも走る意欲に溢れているタイプで仕上がりに手間取ることはない。 この中間も4週で8本と十分過ぎるほどの乗り込み期間を確保しているとなれば、まず整っているとみて間違いなかろう。 内容にしても近2走とほぼ同様のパターン、鍛えるという観点から見ても全くケチのつけようがない。 特徴的なのは、やはり直前週の2本か。 共に2F24秒前後とトップスピードまでギアを上げてきている点。 これこそがザ角居とも言うべきスパルタメニュー。 常識的にはこれだけの強度をかけるのは週1本が限界であろう。 だが角居厩舎は平気で行ってくる。 それに耐えられるだけの基礎の構築、そしてケアが行き届いているからこそ。 まさしく厩舎独自のオリジナルメニュー。 それにこれがまた、同馬にマッチした。 前述したような性格、乗り込めば乗り込むほど不必要なほどに気合いは乗ってしまう。 その消耗を避ける意味でもガスを抜くという意味でも坂路で短い距離を全力で走らせるというのは効果覿面であった。 今回も単走ばかりの調整を見ての通り、テンションは既にMAX気配。 だが心配は無用、必殺の調整を施したことで常識の範疇に収まるのは近2走で証明済み。 大丈夫、抜かりなく仕上がる。 デムーロ 馬主: 有 サンデーレーシング 生産:ノーザンファーム この中間も昨秋に確立したパターンで順調に調整されてきている同馬。 コースで単走オンリーの調整、週末は主に解すことがメインで追い日の3本で滞りなく仕上がるスタイル。 追い日の内訳としては2週前に動作確認、1週前が本負荷、直前が消耗を避けつつフットワーク等の最終チェックといったところ。 そして解りやすいことに1週前の本負荷でどれぐらいの時計が出たかが、この馬の状態を現すバロメーターとなっていることをご存知だろうか。 調教駆けするタイプ、稽古に真面目に取り組む性格、そして他馬に影響されない単走追いと以上のことにより、現在のデキが綺麗に時計となって数値化されてしまうのだ。 では好調の目安はどれぐらいなのか。 前述したように調教は動く馬、まず5F65秒を切ってからようやく好調域突入といったところであろう。 ちなみに実戦でサッパリだった2走前は5F67秒台、海外帰りで本調子になかったことは明白であった。 では今回はどうなのか、何と驚きの5F63秒台である。 これは4走前のエリザベス女王杯時の1週前に叩き出した時計と同等のもの。 つまりは当時とほぼ遜色のないデキにあるということ。 唸る気合い乗りでモチベーションも文句なし。 引き続き充実期の真っ只中。 絶好調。 そして決して精神的に強い馬ではない。 否、走りに真面目過ぎると言った方が表現としては正しいか。 だからこそ極悪馬場の菊花賞を制したあと、しばらくスランプに…。 要はストレス過多、心身共に消耗しきってしまったのだ。 ただでさえ溢れんばかりのスピードで常に全力で走る。 それをあんなドロドロの馬場の中、3000メートルも走れば…。 しかも限界を越えに越えて勝ち切ってしまったのだから尚更、復活に1年近く要したのも当然と言えよう。 だからこそ同馬の調整というのは単走で折り合い優先のものばかりとなっていった。 基本的に気分を害さない程度に抑え込み、余力を残した状態で実戦へ送り出す。 そう、調整のメインはストレスを溜めないことだったはずなのだ。 だが今回は、その禁を犯してくる。 何と真逆、単走は単走でも早めからガンガン踏んでいき、これでもかと言わんばかりに攻めてきた。 あまりにも不甲斐ない近走に陣営が闘魂注入に打ってでたということであろう。 とはいえ、この馬にこの一手が打てた意味は大きい。 なぜなら、これに耐えられるだけのフレッシュな精神状態にあるということなのだから。 これなら復活もあるか、侮れず。 これを聞くと良い印象を受けないだろうが、決してそうではない。 というのも、先着した2歳馬ステラリアは稽古で抜群の伸びを見せている馬で今回の動きも通常運転に過ぎない。 それを踏まえた上で、クロノジェネシスの最終追い切りを見ると印象は変わってくるだろう。 大きく先行した僚馬2頭を目標に追われると、馬なりのままスムーズな加速を見せる。 そして、直線では終始楽な手応えで伸びており、脚色で劣っているわけでない。 先着を許した2歳馬に「お先にどうぞ」とクロノジェネシスが言っているかのような余裕のある動きと言える。 この中身が濃い稽古を実現できた最大の理由は折り合い面。 道中で無駄な力を入れずに走れたことが、スムーズな加速と最後の伸びに繋がっている。 心身ともに充実していることが現れた動きで、『今がまさに全盛期』。 そう感じざるを得ない稽古内容だった。 前走の大阪杯よりも仕上がっていると言えるだろう。 登録師や餌やり師など、ちょっとネットで調べれば罵詈雑言が溢れているぐらい。 簡単な話が外厩先の言いなり。 全てが全てというわけではないのだろうが、それでもほとんどが外厩で整って入ってきて、いざ手元にきても行うことは判を押したように同じ調整ばかりとくれば先ほどの悪名もなるほどである。 そして、これの最大の問題が調整パターンが増えていかないことであろう。 外厩に基礎を任せる厩舎など今時はたくさんある。 だが手元にいる間は色々と工夫し鍛えるもの。 だが、ここの陣営にはそれがないのだ。 前述したように入厩後の調整はいつも同じ、それでは何時までたっても引き出しは増えない。 ただ、それでも今回は頑張っている様子が窺える。 見た目通りなのだが、この馬は筋肉の鎧が厚過ぎて中々芯に響かない。 だからこそ本負荷で実戦さながらにバキバキに攻めた時にしか結果が出ていない。 要は前走のように直線でちょっと攻めた程度の5F66秒台ではスイッチが入らないのだ。 だが今回はそこを修正、5F64秒台でこれでもかと言わんばかりにイジめてきた。 すると直前で走りに軽さが出るのだから面白いもの。 少なくとも前走以上は確実。

次の

思惑競馬オフレコサロン

競馬 サロン

先週は17日 水 と19日 金 に収録が行われ、まず17日はnetkeiba「血統の教室」特別編 『宝塚記念勝利ジョッキー佐藤哲三に聞く、宝塚記念の勝ち方』。 佐藤哲三さん、太組不二雄さんはリモート出演となりましたが、MCの岡部玲子さんがリアルサロンに来場。 そして19日には 『』の収録で、シルク・ホースクラブの阿部社長が来場されました。 シルクレーシングの米本社長には以前お越しいただきましたが、阿部社長は初めてのリアルサロン。 収録も含め、かなり楽しまれていたようです。 シルクホースクラブの歴史や今年のクラブ募集馬について中身の濃いお話をしていただきました。 すでに放送されている回もありますので、ぜひご覧ください。 週中のリアルサロンにも活気が戻ってきたところで、いよいよ週末。 先週もお席が限られたなかでの開放でしたが、たくさんのお申し込みをいただき、本当にありがとうございます。 おかげさまでリアルサロンは大盛況!これぞリアルサロンのリアルな活気だと改めて感じさせられました。 【6月20日 土 】 この日のアサイチ的中は亀谷から。 阪神2Rで亀SPニンギルスが6番人気2着に好走。 そしてサロンメンバーも注目の函館5R新馬戦では、新馬得点1位の血マーク馬モンファボリがレコードタイムで圧勝。 2着にはサロン1番人気 JRA6人気 のホーキーポーキー。 これ、亀谷競馬サロンに入っていたら、正直1点で獲れる馬券ですよね 笑。 新馬得点1位サロン1番人気馬ですから。 これで馬連3,180円は美味しい。 新馬得点は秋を迎える頃には、毎年のように回収率が上昇します。 なぜそうなるのかの詳しい仕組みも亀谷競馬サロンでは解説します とはいえ、現状でもこの威力。 一部の良血馬や評判だけで情報が偏よりがちな新馬ですから、客観的かつ正確な新馬得点は超強力な予想ファクターになるはずです。 ぜひ今週末も活用してみてください。 メイン近くになっても亀谷競馬サロンの予想は好調。 東京10R相模湖特別では亀SPビッククインバイオが1着に好走。 先週大穴を出したキングズベスト産駒の先行馬で、亀谷の狙い通りに勝ち切ってくれたものの、なぜか亀谷は納得がいかない様子。 どうやら相手が1番人気だったのが気に入らないようで、ただこれでも3連単配当は14,710円。 その理由も亀谷競馬サロンでは解説します メンバーはこういうの見逃さないですね~。 素晴らしい! 実際、この日も亀SPショウブが7番人気ながら3着に好走。 「ダートよりタフな芝の方が適性高い」と芝替わりのタイミングを狙っての推奨で、やはりこのあたりはさすがっす。 【6月21日 日 】 この日も亀SPがいつも通りに好調。 東京6Rでは亀SPバトーブランが2着に2馬身差をつける圧勝。 ただまたしても相手に人気馬を連れてきて、亀谷「納得いかん!」の図 笑。 リアルサロンでも皆さんと一緒に悔しがっていました。 ただ、「ならば次で!」ということでしょう。 続く東京7Rの亀SPトリッチトラッチが6番人気ながら勝利。 この日もそうでしたが、リアルサロンでは急遽亀谷の予想会が行われたりしますので、ぜひお越しくださいね。 このレースも、お越しいただいたメンバーにとってはいい軍資金稼ぎになったのではないかと思います。 お見事! 亀谷はリアルサロンだけではなく、もちろんFacebook内の予想スレッドにも度々登場で、阪神10R垂水Sでは馬場スレッドでも話題にのぼった阪神芝コースについて「サンデー系の血を持たない馬を狙いたい。 マイネルウィルトスなど」という内容を書き込み。 注目のマイネルウィルトスはきっちり3着確保も、またしても相手が人気でしたね。 さらに東京10R多摩川Sでは「1番人気は完全に中距離血統で危ない。 またこのレースは書き込みがかなり多く、リアルサロンにお越しのメンバーに、亀谷が逆取材する一幕も。 なぜ、このレースが亀谷サロンでは盛り上がるのか? それはもちろん「荒れる可能性が高い」から。 「どの馬を選ぶかと同じかそれ以上に、どのレースを選ぶかが重要」と説く亀谷。 ベテランサロンメンバーは、もちろんその大切さ。 そして「選び方」を知っています。 実際、レース前に亀谷が指摘したように1~3人気は全滅! 馬券は100万馬券越え!! 「このレースは、仮に同じメンバーで100回やっても1~5着はコロコロ変わるでしょう。 だから、的中は「運」の面もあります。 ひとつだけ言えるのは、このレースで人気馬を買っている人は、永遠に勝てません。 こういうレースをコンスタントに選んで、人気薄を狙っていけば勝てる可能性が高いということです。 運を呼び込む装置、技術が馬券で勝つための秘訣です」 「亀谷競馬サロン」では「絶対に負ける方法」を避けることができますし、高配当獲得チャンスのレースを選ぶ精度が上がります。 こういう「学び」も楽しめるんですよね! 実際、亀谷競馬予想塾生のHashiさんもこのレースを勝負レースに指定。 「前日からロベルト系が好走している部分を重視して、レノーアに期待します」とのことで、このレノーアが8番人気2着に激走。 ハナ差1着のレッドレグナントをかわしていれば、パラビでの推奨買い目の単勝も的中だっただけに本人は悔しがっていましたが、それでも8番人気で2着。 素晴らしい。 サロン内でも拍手が起きていました。 そして迎えた函館、東京の両重賞…ですが、東京10レースと比べて明らかにトーンダウン。 亀谷は「勝ち馬は順当な結果が予想される」「平場だったら勝負レースには選ばない」というようなコメントで、実際函館スプリントSはダイアトニックが、ユニコーンSはカフェファラオが勝利。 ちなみにダイアトニックはシルクホースクラブ所属で、亀谷も「シルクホースクラブの阿部社長が先日このサロンに来ましたから、やっぱりパワースポットですね。 ダイアトニック強かったです」とひと言。 ユニコーンSは「カフェファラオの強さを見るレース。 馬券的にはレッチェバロックが消えることに、やや旨味を見出すレース」とのコメント。 また「レースレベルの高さに比べて賞金が安い!」とも。 カフェファラオについては「ケンタッキーダービーに行ってくれたら、日本でも馬券が買えるので楽しみ!」と、ユニコーンSよりも、今後の競馬を盛り上げるための展望に終止する有様 笑 この日の締めくくりは阪神最終。 このレースでは15番人気ながら3着に粘ったアカツキジョーを推奨しているメンバーが、なんとリアルサロンにいらして大盛り上がり。 亀谷からも称賛されていました。 また、日曜ははじめてサロンにお越しいただいた方もいらして、亀谷とサロンメンバーと談笑を楽しんでおられました。 パワースポットのおかげか 笑 、この日の馬券は絶好調! ダルマを持って亀谷とパチリ! 「オンラインサロンの書き込みも、リアルサロンも本当に素晴らしい雰囲気。 何よりメンバー同士がリスペクトしあっているのがいいし、勉強になるのがいい」とメンバー様。 これには亀谷も「やはり、メンバー様同士で会費を出し合ってサロンを作っていること。 お互いに身元を明かして責任ある議論ができるってことも大きいですよね。 こういう空間作りは、ぜひとも他の方にも真似してみてほしい。 と」答えると、他のメンバー様からは「いやいや、こんなに安い会費で作るの無理でしょう」と。 たしかに「亀谷競馬サロン」は本当に安い! よくこの値段でオンラインだけでもこれだけの空間、雰囲気、情報、ツールを作れますよね! また、リアルサロンには女性メンバーもお越しいただいております。 サロンスタッフの中にも女性スタッフがおり、女性も楽しめる空間作りを心がけております! 冒頭にも書きましたが、ようやく徐々に日常が戻ってきているのを実感しています。 今後は皆様の安全を確保しつつ、お席の全面解禁ができるよう関係各所と連携をとりつつ、努力していきます。 今しばらくお待ちください。 そして来週のリアルサロンにはインスタント・ジョンソンのじゃいさんがゲストに来てくれる予定です。 大穴予想はもちろん、昔から亀谷と親交の厚いじゃいさんですから、二人の掛け合いも楽しみです。 亀谷敬正の予想理論『血統ビーム』オフィシャルサイト。 各種予想データや連載コラム、スマート出馬表の活用法などを公開中! 亀谷敬正プロデュースの革新的な出馬表。 全レースの血統カラーリング、専門紙&スポーツ紙には掲載されないデータなどを搭載! 亀谷敬正の勝負レース 1日3~4レース 、亀スパイス 血統&馬柱の期待値が高い馬を1日5~6レース などを公開しております。 JRA全レースのブラッドバイアス、血統評価、ローテ評価、ランク指数や、重賞レースの亀谷推奨馬などの攻略データがご覧いただけます。 単行本『競馬研究所』と連動したオフィシャルサイト。 予想コラムや単行本に執筆したデータ該当馬などを提供していきます。

次の