勘のいいガキは嫌いだよ。 記憶に残る名セリフ!? 「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」パロディイラスト特集

「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」コピペネタまとめ

勘のいいガキは嫌いだよ

概要 ショウ・タッカーとは、の『』の登場人物である。 『』のセリフが有名。 人物 原作第5話 2巻 に登場。 の権威として有名なで、銘は『 綴命 ていめい 』。 列車ジャック事件を解決したことで、がに見返りとして、生体錬成に詳しいの紹介を頼んだ際に、タッカーが紹介されることとなった。 痩せ気味でやや小柄、気弱で優しそうな顔をしており、性格も真面目で控えめである。 登場時点から2年前に妻に逃げられ、娘のと大型犬のアレキサンダーと暮らしていた。 2年前に『 人語を理解する合成獣』を錬成し、国家資格を取得。 その後はなかなか研究成果が振るわず、翌年の査定では厳しい結果に終わり、資格剥奪の瀬戸際に立たされる。 エルリック兄弟に自身の研究室にある蔵書を公開し、兄弟も蔵書の閲覧と、その息抜きにニーナとアレキサンダーの相手をしていた。 その後、再び『人語を理解する合成獣』の錬成に成功。 成果を兄弟たちに披露するも、 その正体に兄弟が気付き、二人の逆鱗に触れることになる。 更に2年前に妻に逃げられたのではなく、妻を合成獣に錬成して国家資格を得たことも見抜かれてしまった。 人道に有るまじき行為として資格を剥奪され、自宅に拘留されていたが、国家錬金術師殺しのによって殺害されてしまった。 ではアルを怒らせるシーンがカットされ、オリジナル描写としてエドに殴られた後に(国家錬金術師の証)を蹴り飛ばされそれを這い進んで拾い上げるタッカーの姿が描かれ国家錬金術師の権威に執着し続けて人としての道徳を失っていた部分を強調されている。 やらかした行動こそそのものだが、 後になればなるほどより高度かつ非人道的な技術で作られた合成獣が沢山登場する しかも時系列で考えれば資格の取得より前)ことを考えると、彼でさえ作中の世界観では止まりの人物であった。 実際、からも「」「放っておいてもいい」などと言われていた。 また2017年12月に公開された実写映画版の入場者特典として観客に配布される「0巻」では国家資格を取得する前の彼が登場している。 実は資格を取得する以前にもことが判明するが、いずれも不合格の結果に終わっていた。 そんな中、不遇な彼を励ますために妻が言った「なんでも言ってね、力になるから」という言葉を 歪んだ形で捉えてしまうという、彼が狂気に目覚めるまでの経緯が描かれた。 2003年テレビアニメ版 序盤の展開はシャッフルされており、エドが試験を受験する前(リオール大暴動事件の2年前)にタッカー邸で研究資料を閲覧し、していたことになっている。 また、査定の評価が芳しくなかったのに国家錬金術師の資格を剥奪されていないことについて、原作ではなんの説明もなかったが、本作では准将が手を回して査定を通したと説明されている。 上記は殆ど原作と同じと言えるが、エドに全てを見抜かれた後にアルに「ニーナとの生活を守るために査定を通らなければならなかったのではないのか」と聞かれた際は「キメラを作るのに理由などない、そこに可能性があったから試した」と平然と発言しニーナを元に戻そうとしたエドに 「母親のようにしないようになっ!」と憎々しげに吐き捨てるなど半ば精神的に追い詰められ狂気に駆られるままに家族を犠牲にした原作に比べ、 明確な意思を以て家族を犠牲にしているのでより性質が悪くなっている。 最後はキメラになってしまった娘と共にに連行されてしまう 但し、ニーナはの錬金術で脱出した後に、によって殺害される。 後に研究所で 顔面が逆さまになったキメラに変身して、彷徨うことになる。 最終的にはニーナの肉体は作り出せたものの魂の入ってない人形同然だったため。 以後はそのまま姿を消した。 原作・FAにおいては序盤で退場するが、2003年アニメ版では 物語の最後まで生存している。 実写版 2016年5月24日に実写版映画製作が発表され、配役が明かされる。 当初タッカー役はほぼそのままなくらいそっくりな氏が筆頭候補とされていたが、実際にはよりによって 氏に決定。 それを受けて(にてだったこともあって)早速 でと絡めた大喜利が始まってしまった。 結果エド役となった氏. 他キャストの配役に対する不満や、実写化反対の声は収束を迎えた……。 なんてことにはならず、むしろ大喜利が 完全に脱線どころか暴走を始め、ハガレンのキャラや場面に番組出演者のセリフや企画をあてはめたもの(例えばというセリフにエドが腕を失ったシーンを掛け合わせ「 ケツの肉をもってかれた」など)から、番組がきっかけで一躍有名となった局のマスコットをアルフォンスのようにの魂を憑依させたものやキメラ扱いしたもの、終いには「アルのアクターはヤスケンにやらせよう」「キメラの代わりに」「やの出番はまだか」と 最早「ハガレン実写化」ではなく「どうでしょうとのタイアップ展開」扱いされるようになってしまった(ちなみに何の因果かハガレン原作者の氏もれっきとした道民である)。 肝心の映画本編では主な行動は前半は原作・FAや旧アニメ版と変わらないものの、、終盤ではエドに賢者の石に関する残酷な秘密を教えたあとで彼をアルとと共に殺害しようとするなど、 原作以上の外道として描かれている。 そのためかちゃっかりにも載っているのだが、上記のようにタッカーがそもそもそこまで重要なキャラでないことを抜きにしても他のメンバーに比べ衣装が然程世界観に馴染んでおらず、またウィッグなども特にないため大泉氏のもじゃもじゃパーマヘアがほぼそのままになっており、 役者の個性が全面に押し出されているのに対しキャラの要素が辛うじて眼鏡くらいしかない状態になっている。 そうした周囲とのギャップの強さもあって「 他の面々が無理して痛いコスプレしてる中完全にプライベートの私服状態」「 雑コラ感丸出し」と言われるほどに良くも悪くも浮いてしまっており、終いには「 」とまで言われている。 また、第9巻では死亡していないが昇天させられ、生存が判明した第10巻でに戻されている)が、こいつだけは に落ちている(や、殺人狂ののようなですらしているにもかかわらず、である)。 おまけ4コマ「もしエドの方が肉体を失っていたら」では鎧(オーガヘッド)になったエドに 「タッカーテメーコノヤロー」とフルボッコにされ、手足が機械鎧になったアルが マジ泣きしながら止めに入っている。 なお大泉氏は「どうでしょう」にて、これが採用の決め手になったのではないかとも言われている。 ただしこの件について「映画本編では原作のシリアスな雰囲気と展開に合わせてまじめに決めようとせず いつも通りボヤくようなノリでやってほしい」と間違った方向と意味で期待され、そして図らずも大泉がそれに応えているような状態だったこともあり、上記の「大泉洋役の大泉洋」を始め変なウケをとっている(ついでに言うと劇中を持つシーンもあるが、これにかつて「 ピストル大泉」と言い間違えたことを混ぜ合わせネタにされている)。 関連タグ -中の人繋がり。 彼もまたベクトルは違えど自身の研究の為に他者の命を踏みにじったマッドサイエンティストである。 詳細はリンクを参照。 関連記事 親記事.

次の

ゼノブレイドDEプレイ日記 #2「勘の悪いガキは嫌いだよ」

勘のいいガキは嫌いだよ

概要 ショウ・タッカーとは、の『』の登場人物である。 『』のセリフが有名。 人物 原作第5話 2巻 に登場。 の権威として有名なで、銘は『 綴命 ていめい 』。 列車ジャック事件を解決したことで、がに見返りとして、生体錬成に詳しいの紹介を頼んだ際に、タッカーが紹介されることとなった。 痩せ気味でやや小柄、気弱で優しそうな顔をしており、性格も真面目で控えめである。 登場時点から2年前に妻に逃げられ、娘のと大型犬のアレキサンダーと暮らしていた。 2年前に『 人語を理解する合成獣』を錬成し、国家資格を取得。 その後はなかなか研究成果が振るわず、翌年の査定では厳しい結果に終わり、資格剥奪の瀬戸際に立たされる。 エルリック兄弟に自身の研究室にある蔵書を公開し、兄弟も蔵書の閲覧と、その息抜きにニーナとアレキサンダーの相手をしていた。 その後、再び『人語を理解する合成獣』の錬成に成功。 成果を兄弟たちに披露するも、 その正体に兄弟が気付き、二人の逆鱗に触れることになる。 更に2年前に妻に逃げられたのではなく、妻を合成獣に錬成して国家資格を得たことも見抜かれてしまった。 人道に有るまじき行為として資格を剥奪され、自宅に拘留されていたが、国家錬金術師殺しのによって殺害されてしまった。 ではアルを怒らせるシーンがカットされ、オリジナル描写としてエドに殴られた後に(国家錬金術師の証)を蹴り飛ばされそれを這い進んで拾い上げるタッカーの姿が描かれ国家錬金術師の権威に執着し続けて人としての道徳を失っていた部分を強調されている。 やらかした行動こそそのものだが、 後になればなるほどより高度かつ非人道的な技術で作られた合成獣が沢山登場する しかも時系列で考えれば資格の取得より前)ことを考えると、彼でさえ作中の世界観では止まりの人物であった。 実際、からも「」「放っておいてもいい」などと言われていた。 また2017年12月に公開された実写映画版の入場者特典として観客に配布される「0巻」では国家資格を取得する前の彼が登場している。 実は資格を取得する以前にもことが判明するが、いずれも不合格の結果に終わっていた。 そんな中、不遇な彼を励ますために妻が言った「なんでも言ってね、力になるから」という言葉を 歪んだ形で捉えてしまうという、彼が狂気に目覚めるまでの経緯が描かれた。 2003年テレビアニメ版 序盤の展開はシャッフルされており、エドが試験を受験する前(リオール大暴動事件の2年前)にタッカー邸で研究資料を閲覧し、していたことになっている。 また、査定の評価が芳しくなかったのに国家錬金術師の資格を剥奪されていないことについて、原作ではなんの説明もなかったが、本作では准将が手を回して査定を通したと説明されている。 上記は殆ど原作と同じと言えるが、エドに全てを見抜かれた後にアルに「ニーナとの生活を守るために査定を通らなければならなかったのではないのか」と聞かれた際は「キメラを作るのに理由などない、そこに可能性があったから試した」と平然と発言しニーナを元に戻そうとしたエドに 「母親のようにしないようになっ!」と憎々しげに吐き捨てるなど半ば精神的に追い詰められ狂気に駆られるままに家族を犠牲にした原作に比べ、 明確な意思を以て家族を犠牲にしているのでより性質が悪くなっている。 最後はキメラになってしまった娘と共にに連行されてしまう 但し、ニーナはの錬金術で脱出した後に、によって殺害される。 後に研究所で 顔面が逆さまになったキメラに変身して、彷徨うことになる。 最終的にはニーナの肉体は作り出せたものの魂の入ってない人形同然だったため。 以後はそのまま姿を消した。 原作・FAにおいては序盤で退場するが、2003年アニメ版では 物語の最後まで生存している。 実写版 2016年5月24日に実写版映画製作が発表され、配役が明かされる。 当初タッカー役はほぼそのままなくらいそっくりな氏が筆頭候補とされていたが、実際にはよりによって 氏に決定。 それを受けて(にてだったこともあって)早速 でと絡めた大喜利が始まってしまった。 結果エド役となった氏. 他キャストの配役に対する不満や、実写化反対の声は収束を迎えた……。 なんてことにはならず、むしろ大喜利が 完全に脱線どころか暴走を始め、ハガレンのキャラや場面に番組出演者のセリフや企画をあてはめたもの(例えばというセリフにエドが腕を失ったシーンを掛け合わせ「 ケツの肉をもってかれた」など)から、番組がきっかけで一躍有名となった局のマスコットをアルフォンスのようにの魂を憑依させたものやキメラ扱いしたもの、終いには「アルのアクターはヤスケンにやらせよう」「キメラの代わりに」「やの出番はまだか」と 最早「ハガレン実写化」ではなく「どうでしょうとのタイアップ展開」扱いされるようになってしまった(ちなみに何の因果かハガレン原作者の氏もれっきとした道民である)。 肝心の映画本編では主な行動は前半は原作・FAや旧アニメ版と変わらないものの、、終盤ではエドに賢者の石に関する残酷な秘密を教えたあとで彼をアルとと共に殺害しようとするなど、 原作以上の外道として描かれている。 そのためかちゃっかりにも載っているのだが、上記のようにタッカーがそもそもそこまで重要なキャラでないことを抜きにしても他のメンバーに比べ衣装が然程世界観に馴染んでおらず、またウィッグなども特にないため大泉氏のもじゃもじゃパーマヘアがほぼそのままになっており、 役者の個性が全面に押し出されているのに対しキャラの要素が辛うじて眼鏡くらいしかない状態になっている。 そうした周囲とのギャップの強さもあって「 他の面々が無理して痛いコスプレしてる中完全にプライベートの私服状態」「 雑コラ感丸出し」と言われるほどに良くも悪くも浮いてしまっており、終いには「 」とまで言われている。 また、第9巻では死亡していないが昇天させられ、生存が判明した第10巻でに戻されている)が、こいつだけは に落ちている(や、殺人狂ののようなですらしているにもかかわらず、である)。 おまけ4コマ「もしエドの方が肉体を失っていたら」では鎧(オーガヘッド)になったエドに 「タッカーテメーコノヤロー」とフルボッコにされ、手足が機械鎧になったアルが マジ泣きしながら止めに入っている。 なお大泉氏は「どうでしょう」にて、これが採用の決め手になったのではないかとも言われている。 ただしこの件について「映画本編では原作のシリアスな雰囲気と展開に合わせてまじめに決めようとせず いつも通りボヤくようなノリでやってほしい」と間違った方向と意味で期待され、そして図らずも大泉がそれに応えているような状態だったこともあり、上記の「大泉洋役の大泉洋」を始め変なウケをとっている(ついでに言うと劇中を持つシーンもあるが、これにかつて「 ピストル大泉」と言い間違えたことを混ぜ合わせネタにされている)。 関連タグ -中の人繋がり。 彼もまたベクトルは違えど自身の研究の為に他者の命を踏みにじったマッドサイエンティストである。 詳細はリンクを参照。 関連記事 親記事.

次の

「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」コピペネタまとめ

勘のいいガキは嫌いだよ

「……君は、俺のことどう思ってるの?」 「え」 入野絵の顔が固まる。 ……おいおい。 「君は、俺のこと好きなんだろ?そう言うってことは。 違うの?なんか他の理由があるんじゃないの?」 入野絵は、俺から目をそらし、片手で口を抑え、「勘のいいガキは嫌いだよ」と小声で言った。 「ショウ・タッカー?!」 いや、俺、お前より年上だけど? 「バレちゃあしょうがないですね。 まあ、そうです。 私は先輩のことなんっっっっっっっとも思ってないです」 入野絵は開き直ったように、力をこめて言った。 「「っ」多すぎじゃね!?」 「むしろ、若干、苦手なかんじです」 「それって、「好き」か「嫌い」かで言ったら、「嫌い」の方だろ!」 「いや、嫌いまでいってないです。 ギリギリいってないです」 「ギリギリって、もうすぐいくだろ!」 「細かいこと気にしないほうがいいですよ。 嬉しくないですか?こんな美少女に告白されて」 「最初は嬉しかったけど、今までの会話で台無しだよ!」 入野絵は、息を整え、「先輩、 桐乃 ( きりの )先輩と幼地味なんですよね?」と聞いた。 桐乃茜 ( きりのあかね )。 俺の幼馴染だ。 そして、この学校の生徒会副会長でもある。 「そうだけど」 「小中高と同じで。 今は同じ生徒会のメンバー」 「それが、何か?」 「好きなんですよね?」 「ち、ち、ち、ちげえし」 俺は、思わず声を裏返し、どもってしまう。 「うわー。 わかりやすい動揺の仕方だ(笑)」 「俺は、別に、あいつのことなんか、なんとも思ってねえし」 「文節ごとに区切って話してますよ(笑)」 入野絵は明らかに、俺の茜への気持ちを確信していた。 「……なんだよ。 だったら、なんだっての?君に関係ないでしょ」 俺は投げやりにそう言う。 「あ、認めましたね」 「そうだよ。 俺は、あいつのことが、桐乃茜のことが好きだよ。 悪いか?」 今まで、誰にも言ったことがなかった。 俺は子どもの頃から、ずっと茜のことが好きだった。 しかし、茜が俺のことを幼馴染以上には思ってないこともわかっていた。 何度も告白しようとした。 けれど、告白してしまえば、今までの関係が崩れてしまう。 今のまま、あいつの近くにさえいれればいい。 そんな風に俺は思うようになっていた。 生徒会も茜が副会長をやることを決めたから、入っただけなのだ。 しかし、それで誰に迷惑をかけているというのか。 俺は真剣に恋をしているだけなのだ。

次の