毎日 新聞 旅行 大阪。 大阪の2高校八重山への修学旅行中止 新型インフルエンザ

公益財団法人 毎日新聞大阪社会事業団

毎日 新聞 旅行 大阪

新型コロナウイルス感染症による医療崩壊を防ぐため、医療支援募金の受け付けを開始します。 自治体を通じて、マスクや消毒液、防護服など医療資材購入等に活用していただく他、最前線で未知のウイルスに立ち向かっている医療従事者への広範な支援に役立てます。 「コロナ対策医療支援金」と明記して郵便振替か現金書留でお送りください。 振込手数料はご負担をお願いします。 物品はお受けできません。 紙面掲載で匿名を希望される方はその旨を明記してください。 〒530-8251(住所不要)毎日新聞大阪社会事業団(郵便振替00970・9・12891) 感染の拡大は続いており、混雑時の郵便局利用はくれぐれもお控えいただきますようお願い申しあげます。 毎日新聞大阪社会事業団の公募助成金の審査会が1月30日に開かれ、次の14団体に総額205万円を贈ることが決まりました。 うち2018年度からの継続が144人、新規は55人です。 学校別では高校生83人、短大・大学・大学院生96人、専修学校生20人です。 月額2万円を3カ月ごとにまとめて給付します。 毎日希望奨学金は2011年5月に創設し、2011年度は156人に総額3,744万円。 2012年度は188人(当初は191人、退学や休学等で188人に)に総額4,554万円。 2013年度は240人(当初は241人、休学等で240人に)に総額5,766万円。 2014年度214人(当初は215人、退学で214人)に総額5,154万円。 2015年度215人(当初は217人、退学で215人)に総額5,184万円。 2016年度は192人(当初は194人、退学で192人)の総額4,626万円。 2017年度は194人に総額4,656万円。 2018年度は202人(当初は203人、休学等で202人に)の総額4,860万円を給付しました。 2011年4月からの奨学金給付総額は3億8,544万円になりました。 この奨学金は趣旨に賛同いただいた読者や団体からの寄付をもとに運営しています。 引き続き募金にご協力をお願いいたします。

次の

毎日新聞旅行(大阪)|登山ツアー、海外登山、趣味の旅、ウォーク

毎日 新聞 旅行 大阪

業界への影響必至 計580人分キャンセル「死活問題」と危機感 兵庫県や大阪府で感染が拡大している新型インフルエンザの影響で、府内の高等学校2校が八重山への修学旅行を中止したことが18日分かった。 キャンセル数は生徒580人、計1740泊。 八重山への修学旅行は関西圏からの入り込みが最も多く、今後の影響拡大が懸念される。 業界は「一瞬にしてゼロになる。 大打撃だ」と頭を抱え、「1日も早く沈静化してほしい」と一刻も早い終息を願う。 八重山教育旅行誘致委員会も18日、実態把握に乗り出した。 キャンセルしたのは大阪府内の公立高校と私立高校の2校。 公立高校は330人が19日から南の美ら花ホテルミヤヒラに3泊、私立高校は計250人が24日から市内の2宿泊施設に3泊する予定だった。 両校とも臨時休校措置を受け、キャンセルした。 ミヤヒラによると、18日午前、学校の会議で中止を決定したとの連絡があった。 美ら花グループ最高経営責任者 CEO の宮平康弘氏は「一瞬にしてゼロになった。 今後は第2、3のキャンセルが出てくるのではないか。 バスや船も関連するだけに影響は相当大きいが、打つ手がない」と困惑気味。 「夏の観光シーズンに影響が出ないよう、1日も早く終息することを願い、期待するしかない」と話した。 別の業者も「早く終息しないと死活問題になる」と危機感を募らせている。 八重山教育旅行誘致委員会 事務局・八重山ビジターズビューロー によると、08年度の修学旅行は119校1万7518人。 最も多い関西地方では大阪府から34校 6013人 、兵庫県から8校 1742人 が訪れている。 タグ: , ,.

次の

『日本の旅 関西を歩く 大阪市、オオサカガーデンシティの毎日新聞大阪本社、キヤノンプラザ梅田』キタ(大阪駅・梅田)(大阪)の旅行記・ブログ by さすらいおじさんさん【フォートラベル】

毎日 新聞 旅行 大阪

新型コロナウイルス感染症による医療崩壊を防ぐため、医療支援募金の受け付けを開始します。 自治体を通じて、マスクや消毒液、防護服など医療資材購入等に活用していただく他、最前線で未知のウイルスに立ち向かっている医療従事者への広範な支援に役立てます。 「コロナ対策医療支援金」と明記して郵便振替か現金書留でお送りください。 振込手数料はご負担をお願いします。 物品はお受けできません。 紙面掲載で匿名を希望される方はその旨を明記してください。 〒530-8251(住所不要)毎日新聞大阪社会事業団(郵便振替00970・9・12891) 感染の拡大は続いており、混雑時の郵便局利用はくれぐれもお控えいただきますようお願い申しあげます。 毎日新聞大阪社会事業団の公募助成金の審査会が1月30日に開かれ、次の14団体に総額205万円を贈ることが決まりました。 うち2018年度からの継続が144人、新規は55人です。 学校別では高校生83人、短大・大学・大学院生96人、専修学校生20人です。 月額2万円を3カ月ごとにまとめて給付します。 毎日希望奨学金は2011年5月に創設し、2011年度は156人に総額3,744万円。 2012年度は188人(当初は191人、退学や休学等で188人に)に総額4,554万円。 2013年度は240人(当初は241人、休学等で240人に)に総額5,766万円。 2014年度214人(当初は215人、退学で214人)に総額5,154万円。 2015年度215人(当初は217人、退学で215人)に総額5,184万円。 2016年度は192人(当初は194人、退学で192人)の総額4,626万円。 2017年度は194人に総額4,656万円。 2018年度は202人(当初は203人、休学等で202人に)の総額4,860万円を給付しました。 2011年4月からの奨学金給付総額は3億8,544万円になりました。 この奨学金は趣旨に賛同いただいた読者や団体からの寄付をもとに運営しています。 引き続き募金にご協力をお願いいたします。

次の