ベース ボール スレッド。 【通販モノタロウ】

テーブルソースレッドの製作: 井戸掘り(打ち抜き)報告

ベース ボール スレッド

中学軟式野球チーム 西名古屋ベースボールクラブ 西名古屋ベースボールクラブのホームページにようこそお越しくださいました。 西名古屋ベースボールクラブは2007年に創設、名古屋市中村区、万場大橋 庄内川左岸 グラウンドを中心に活躍している 中学軟式野球クラブチームです。 お知らせ 2020. 21 2020年度、新入部員募集を終了させていただきます。 ありがとうございました。 2019. 15 愛知ジュニアリーグ優勝しました!応援ありがとうございました!! 2019. 18 12月29日に新入部員体験会を行います。 2019. 20 とを更新しました。 2018. 10 を更新しました。 2018. 03 2017. 26 2017. 25 とを更新しました。 2016. 01 2月21日に新中学生に向けた合同練習会を開催します。 2015. 15 とを更新しました。 2015. 24 2015. 09 2014. 28 2014. 07 文武両道を応援します。 2014. 30 2014. 10 トップページ写真を差し替えました。 2014年6月14日の集合写真です。 2014. 24 新入生募集随時受付中です。 野球好きな中学生は要チェック! 2014. 20 西名古屋ベースボールクラブホームページアップしました。 中学野球 新入生随時募集!まずは見学だけでもOK!! 2020年度、新入部員募集は締め切らせていただきました。 ご応募ありがとうございました。 西名古屋ベースボールクラブでは、中学生の生徒を随時募集中です。 1年生、2年生であれば中途でも大丈夫です。 ほぼ毎週土日祝日は練習していますので、前もってご連絡を頂いた上、見学、体験に来てください。 新規入部をお考えの父兄の皆さんへ 野球を始めるきっかけは人それぞれです。 人生の早い時期に野球を始める子もいれば、中学や高校からという子もいます。 ぜひ私たちにお子さんをお預けください。 野球を通じて学ぶことはいっぱいあります。 精神や体の鍛練はもちろん、辛いことも苦しいことも、勝つ喜びも負ける悔しさも、全部ひっくるめて「野球は面白い!」と子供達に思ってもらえることが私たち監督、コーチ陣の願いです。

次の

黎明期の野球をとことん再現「ヴィンテージ・ベース・ボール」の世界

ベース ボール スレッド

テーブルソースレッド Table Saw Sled の製作 このような物を製作しました。 額縁を作るために「留め切り治具」45度カット用JIG「 」を参照下さい。 も作りましたが、簡易マイターゲージよりも簡単に直角に正確に切るJIGが欲しくなり作りました。 ネットで色々調べて見ると Table Saw Sledと言う物があると分かりました。 日曜大工が盛んなアメリカではキットとしても販売されているようです。 英語が良く分からないので、写真で雰囲気だけしか理解出来ませんが、私なりに解釈して真似て作って見ました。 学生時代に英語を8年間も勉強したのに何と言う体たらく・・・・・・ 何はともかく、工作機械・道具ですから精度が命です。 精度が出ていなければ作った物も当然精度は期待出来ません。 そこでゼロクリアランスJIG を目指しました。 しかし、製作中にテーブルソーの片方にもスロットバーを埋め込んだため、2本のスロットバーともUHMWポリエチレンのバーに変更しました。 優柔不断です。 フェンスの加工 ラワン材30mmを加工するために「押しブロック」を作りました。 掃除機のホースの近くにある小さな押し棒では力が伝えにくいためです。 このくらいの板になると押すときにかなり力が必要です。 次々にJIGが必要となり中々本体の製作に入れません。 電動の鉋を持っていないので、手鉋とガラス板に貼ったヤスリで平面出しを根気強く行いました。 物差しを当てて光が漏れなくなるまで、かなり時間が掛かりました。 ベースの前方に取り付け予定のフェンスは、以前製作した額縁のかんざし掘り用JIGを使い45度にカットしました。 スロットバーの取り付け溝を掘りました。 スレッドベースの位置決めを正確にするため二本の内一本だけ埋め込みとしました。 4mm程度です。 掘っている途中ですが、毛羽立っていない方は、あらかじめカッターナイフで切り込みを入れている方です。 次にTボルトが入る細長い溝を4本掘りました。 ベース裏側のベニアが少しささくれてしまいましたが、取り敢えず瞬間接着剤で補修です。 あとでニスを塗って固めようと思います。 ベースにメジャーを埋め込むために0. 3mmの溝を掘って置きました。 スレッドベースにフェンスを取り付ける前の表と裏側です。 前方のフェンスをコーススレッドで留めています。 ビスの本数が多かったかも・・・・ ビス穴の皿をもむのにBOSCHバッテリードライバーGSR-PRODRIVEを使いましたが、回転がゆっくりなので深く掘り過ぎることも無く非常に快適でした。 前方のフェンス完成です。 鋸刃でスレッドベースに切り込みを 入れました。 ベースにメジャーを埋め込む予定の部分とフェンス設置予定の部分ですが、墨線との誤差は0. 5mm以内でまずまず合格です。 次にメインのフェンスを取り付けます。 ここが、このTable Saw Sled製作の最大の難関です。 曲尺、三角定規を使ってフェンスの位置を慎重に決めます。 丸鋸のアサリは2mmです。 厚さが2mmの30cm物差しが丁度鋸刃の切り込み部に入りました。 30cm物差しを基準に慎重に慎重にかなり時間を掛けて位置決めをしました。 位置決めが決まりフェンスの取り付けです。 年期物のドリルスタンドを使い穴あけをしてコーススレッド3. ドリルスタンドの固定にスレッドベースは表裏逆ですが、細長くあけた穴にノブボルトを入れ固定して使いました。 非常に便利に使えました。 メジャーテーフ゜の貼り付け あらかじめ掘っていた溝にメジャーテーフ゜を貼り付けます。 掘った鋸溝を基準に左右に正メモリテーフ゜と逆メモリテーフ゜を貼ります。 メジャーテーフ゜を仮留めし150mmにセットして、151mmの板を切って見てキッチリ150mmに切れるか確認です。 ノギスで測定しキッチリ150mmで切れたことを確認してから本格的に貼り付けました。 完成です。 試し切りです。 小さなかまぼこの板を45度に設定して切って見ました。 トラッククランプ オフ・コーポレーションで購入 を使って簡単に固定出来ます。 トラッククランプでは、ある程度厚みがある角材等は固定出来ないので、穴あきのステンレス板で作って見ました。 まだまだ改良の余地があります。 永遠に改良は続きます。 追記 穴あきのステンレス板では強度が不足のため作り直しました。 ホールドダウンクランプの製作 手持ち5mmのアルミ板を使用することにしました。 取り敢えず紙で色々作って見て良さそうな紙形に合わせ1個作って見ました。 上手く行くとは思っていなかったのでこの最初の1個の製作過程写真はありません。 この5mmのアルミ板は先日作ったばかりのテーブルソースレッドを使い切断しました。 思ったより調子良さそうなので後2個同じように作りました。 以下製作過程です。 ボルトを通す6mmの長穴をあけるために始めにドリルで穴あけです。 尚、ドリルスタンドの刃抜け部分がかなりあり、前々から気になり仕方ありませんでした。 意を決して刃抜け部分のドリル刃を購入しました。 黒っぽいのが購入したものです。 次にトリマーをセットし6mmのエンドミル4枚刃で長穴にしました。 エンドミルはシャフト径6mmでトリマーに取り付け木工のストレートビット代わりにも使用出来ます。 しかも、さすが4枚刃切り口がきれいです。 バイスに挟んで、ハンマーで引っ叩き形を作りましたが、アルミ板も5mmとなると真ん中の長穴部分は簡単でしたが、端っこは中々上手く行きませんでした。 やっと完成、3個揃い踏みでございます。 4つ突起が出ているノブは以前オフコで購入したものですが、オレンジ色の部品が付いたノブは、ホームセンターをうろうろしていて見つけたものです。 中にナットを入れてオレンジ部分に穴をあけて貫通させています。 最大55mm程度まで固定出来ます。 2012. 9更新 一回り大きなホールドダウンクランプを製作しました。 作り方は保々同じです。 左二個が今回作ったものです。 70mmまで固定出来ます。 今までの物は、下駄を履かせても70mmは無理です。 高さよりも長さが後2cm程度欲しい時が多々あったので作りました。 T-スロットへの固定方法も若干変更しました。 100mmのボルトの頭を半分程度削り、T-スロットナットをねじ込みました。 オフ・コで購入したT-ボルトは50.8mmしかありません。 今回足部分には、幅を少し広げたので手持ちの熱収縮チューブが入りません。 仕方なく、液体ゴムを浸け塗りして見ました。 チョット強度が心配です。 2011. 1更新 シナ合板を塗装しました。 使った塗料は、アサヒペンの1液型ウレタンニス 着色ニス・マホガニー です。 結局5回程塗りました。 塗装は難しいと改めて実感したのであります。 薄め過ぎると、垂れるし、濃すぎるとハケ目がどうしても消えません。 外気温は10度前後でしたが、30%程度が丁度良いような気がしました。 体得した塗り方 ・ハケが命、十分しごいて抜け毛を完全に取除く。 (私は目の細かい櫛で毛を捌きましたが、どうしても安いハケは毛が抜けます。 ) ・大き目のハケに、垂れる寸前程度たっぷり塗料を含ませる。 ・精神を集中しゆっくりハケを進める。 ・端っこに近づいたらハケをゆっくり上げる。 垂れ防止 ・ハケを返して同じところを二度塗りしない。 ・全部塗り終わった後、失敗箇所を見つけても絶対修正しない。 ・小さい虫やゴミが付着しても、そのままにして一晩乾燥させた後、軽くサンドペーパーを掛ける方が上手く修正できるようです。 但し、塗った直後1~2分以内なら、ピンセットの先を針先見たいに尖らしたものを用意 して慎重に取除くのはOKです。 ともかく、塗装は塗料の薄め方に有り・・・・・と実感しました。

次の

【通販モノタロウ】

ベース ボール スレッド

お気に入りの裁縫道具と一緒に。 楽しく針しごと。 ボタン付けや裾のほつれを直すような小さな針仕事があっても、ついつい後回しになってしまうことってありませんか。 そんな時も楽しく裁縫ができるような、DARUMA THREAD ダルマスレッド の道具をご紹介します。 永く愛用できそうなデザインが嬉しいシリーズです。 コロンと可愛いボールタイプの家庭用糸5色セット。 こちらはボールタイプの家庭糸30番。 どこか懐かしい雰囲気の形が可愛いですね。 水色・ブルー・ネイビーの3色の青に、黄色とキャメル色が映えるこちらの配色。 霞ヶ浦沿いのヨットハーバーをイメージしています。 ボタンつけや補修用として日々の生活に寄り添ってくれる手縫い糸です。 信頼の品質。 こだわりのデザイン。 DARUMA THREADは、明治34年から110年以上続く伝統ある糸や手芸用品のブランド。 昔から「ダルマの糸なら使って安心」という最高級品として、どこの家庭でも裁縫箱に収められているほど、信頼されてきました。 創業当時から確かな品質で製造されてきたダルマ糸は、京都紫野で丁寧に染められています。 強く、縫いやすく、美しい艶が特徴です。 パッケージも素敵なので、手芸好きな方へのプレゼントにもおすすめですよ。 組み合わせて使うと、よりかわいい。 こちらの商品は、一種類で使うのはもちろん、いくつか組み合わせるとより楽しくお使いいただけます。 お気に入りをひとつずつ、集めてみてくださいね。 好きな道具と一緒なら、いつでも楽しい裁縫が始められそうです。 日々の針仕事の時間のおともに、ぜひお使いください。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の