カードリーダー 高速。 サンディスク エクストリーム プロ® CFexpress® カードリーダー

高速なSDカードリーダーはUHS

カードリーダー 高速

送料無料!!! 送料及び下記のご案内をご確認の上、ご入札お願い致します。 離島地域を除く九州、四国、本州まで送料無料。 梱包は簡易包装ですので、箱の角落ち等はご了承願います。 0 データ転送 高速通信規格「USB3. 0」 に対応したハブ&カードリーダーライターなので、 USB3. 0対応のUSBメモリは勿論のこと、 カメラで撮影した写真や音楽、動画などの 大きなサイズのファイルも、 最大5Gbps(理論値)の速度で 読み書きすることができます。 USB3. 0は下位互換性があるため、 USB2. 1にも対応しています。 セルフパワーに対応してるので、 付属ケーブルを1本、パソコンのUSB3. 0端子に 接続するだけ。 【本体サイズ】:約7. 5cm 【スロット数】:7 【ハブ】:3つ USB 3. 0 ハブ 【対応機種】:USB3. 0端子搭載デバイス。 XDカード未対応。 生産国:中国。

次の

【楽天市場】SDカードリーダー USB3.0 高速メモリカードリーダライタ SD SDXC SDHC Micro SD MMC RS

カードリーダー 高速

この記事の目次• Satechi UHS-II・USB-C SDカードリーダーの特徴 最近は4K動画を撮影したり、カメラの性能アップによる連写することが多くなり以前に比べて写真や動画のデータ量が増えています。 USB-Cに対応した、 、で使えるだけでなく、でも使うことができます。 Canon:EOS R• Nikon:D850、C780• 富士フイルム:GGFX 50S、GFX 50R、X-H1、X-T1、X-T2、X-T3、 X-T4、X-Pro 2、X-Pro 3• FUJIFILMのX-T3は上位モデルでありながらもそんなに高価でもないですし画質も綺麗なので個人的にはおすすめです。 スポンサーリンク Satechi UHS-II・USB-C SDカードリーダー レビュー 外観デザイン SDカードリーダーなどの周辺機器のパッケージは適当なものに入っていることが多いですが「」はしっかりとデザインされたパッケージとなっています。 Satechi UHS-II SDカードリーダー(USB-C)のパッケージ パッケージは開封してしまえばどうでもいい事ではありますが、やっぱり安心感がありますね。 Satechi UHS-II SDカードリーダー(USB-C)外観デザイン アルミ製の筐体を採用しているので高級感のあるスタイルとなっています。 ケーブルは一体型となっているので購入してすぐに使うことができます。 アルミの筐体で質感が高い 端子はUSB Type-Cに対応しているので、MacBook ProやMacBook Airなど最新のパソコンで使うことが可能となっています。 USB-C端子に対応している SDカードだけではなくマイクロSDカードにも対応していて、同時に読み込みが可能となっています。 SDカードとMicroSDカードに対応 CFカードを使うことはできませんが、最近の一眼レフカメラやミラーレスカメラがSDカードを採用していることが多いので特に問題はないでしょう。 使えるカードを限定しているおかげで本体サイズも小さくて持ち運びしやすいというメリットがありますね。 はアルミニウム素材を採用した筐体なので、やとの組み合わせはなかなかいい感じとなります。 MacBook Proとの組み合わせ 本体サイズも小さいのでどこにでも気軽に持ち運びができるのがいいですよね。 僕はいつもリュックの中に忍ばせています。

次の

QuickFileDealer ー USB3.0カードリーダー ファイル転送高速化アプリ

カードリーダー 高速

SDカードリーダーとは? By: SDカードリーダーは、主にSDカードに保存した写真や動画のデータを転送する際に使用するアイテム。 SDカードリーダーを接続したスマホやパソコンの画面で、SDカード内に保存した画像などのデータが閲覧できるようになります。 また、機器の内蔵ストレージにデータを転送して保存できるのも特徴です。 SDカードリーダーは、ほかの機器に直接つないで使用するのが一般的。 優先で接続するモデルは、ワイヤレス転送に比べて通信環境による影響がなく、転送可能なファイル形式も限定されません。 そのため、データをスムーズに転送することが可能です。 SDカードリーダーの選び方 接続方法で選ぶ USB By: USBは、「ユニバーサル・シリアル・バス」の英字から頭文字を取ったもので、パソコンとほかの機器との間でデータをやり取りする際によく用いられる規格です。 USBで接続するタイプのSDカードリーダーは、接続したい機器のUSBポートに差し込んで手軽に使えます。 また、SDカードリーダーに実装されるUSB規格には複数の種類があり、それぞれ転送速度が異なるため、大きいデータを転送したい方は要チェック。 具体的には、「USB 2. 0」であれば480Mbps、「USB 3. 1 Gen 1 USB 3. 0 」であれば約10倍の5Gbps、最新規格の「USB 3. 1 Gen 2」であれば10Gbpsの転送速度を備えています。 高速でデータを転送したいなら、USB 3. 1 Gen 2に対応したモデルを選ぶのがおすすめ。 ただし、USB 3. 1 Gen 2規格の利用には「USB Type-C」と呼ばれる端子が必要なので、所有しているデバイスが対応しているかどうかも確認しておきましょう。 Lightning By: Lightningコネクタは、主にiPhoneやiPadなどApple社のデバイスで採用されている規格。 iPhoneではSDカードなどを直接使用できないため、外部ストレージとして利用する際に便利です。 基本的に、Apple社のデバイスを使用している方が対象の規格なので、該当する方はぜひチェックしてみてください。 Wi-Fi By: Wi-Fiは、スマホやパソコンとSDカードリーダーの間で、ワイヤレスにデータを送受信できる規格。 Wi-Fiを利用してデータ転送できるモデルはラインナップが少ないものの、複数端末と接続したり、モバイルバッテリーとしての機能を備えていたりと、ほかにはない便利な機能が魅力です。 ただし、USBなどの有線で接続するタイプと比べて、価格が高い傾向にあるのは難点。 予算よりも機能性を重視する方におすすめです。 対応メディアで選ぶ SDカードには、記録可能容量に応じた3種類の規格が存在します。 2GB以下のSD・4〜32GBのSDHC・64GB以上のSDXCに分かれますが、上位規格に対する互換性がないので要注意。 例えば、SDHCまでしかサポートしないSDカードリーダーでは、SDXCの読み込みはできません。 また、SDカードリーダーにはSDカード以外の記録メディアにも対応したモデルもラインナップされています。 対応メディアの例としては、スマホやアクションカメラで用いられる「microSD」のほか、ミドルクラス以上の一眼カメラで採用される「コンパクトフラッシュ」や「CFexpress」など。 SDカードリーダーがほかの記録メディアにも対応していれば、1台でさまざまなデータの転送や管理を容易に行えるようになります。 転送速度で選ぶ By: 転送速度もSDカードリーダーを選ぶ際には重要なポイント。 転送速度が遅いSDカードリーダーでは、扱うデータ容量が大きい際にストレスを感じる場合があります。 特に、SDカードのなかでも大容量なSDHCやSDXCといったモデルを使用する場合、「UHSスピードクラス」と呼ばれる規格の有無をチェックしましょう。 UHSスピードクラスは、SDHCやSDXCで謳われている最低転送速度を保証する指標です。 動画ファイルのような大容量のデータを転送したい場合は、規格に対応したモデルを選びましょう。 なお、転送速度は遅くなるものの、UHSスピードクラスに非対応のカードリーダーのなかにも、SDHCやSDXCを使用できるモデルが存在します。 携帯性で選ぶ By: SDカードリーダーを外出先でも頻繁に活用したい場合は、スティックタイプのモノがおすすめです。 小型軽量なモデルが多く、収納や持ち運びが簡単。 また、ケーブルもないのでカフェなどスペースの限られた場所でも手軽に使用できます。 ただし、スティックタイプのモノは、隣接しているポートを塞いでしまう場合があるため、複数の周辺機器を使用する場合にはあまり向きません。 SDカードリーダーと同時に、外付けHDDなどの機器もパソコンに接続したい場合は、ほかのポートに干渉しにくいケーブルタイプのモノを選ぶようにしましょう。 SDカードリーダーのおすすめモデル トランセンド Transcend USB 3. 1 Gen 1カードリーダー RDF5 低価格ながら多彩な種類の記録メディアに対応する、ケーブルタイプのSDカードリーダーです。 大容量モデルのSDXCカードやmicroSDXCカードのほか、メモリスティックやコンパクトフラッシュもサポート。 逆挿しによるピン折れを防ぐ設計なので、一眼カメラで撮影したデータのバックアップなども安心して行えます。 また、高速規格のUSB 3. 1 Gen 1やUHSスピードクラスにも対応。 本体上部にはLEDインジケーターに加えて、スタンドとしてメモや記録メディアを立て掛けられるスリットが搭載されています。 さらに、ドライバーのインストールが不要なため、パソコンのUSBポートに接続するだけですぐに使用可能なのも特徴です。 記録メディア市場で高いシェアを占める「SanDisk」が開発した、スティックタイプの高性能SDカードリーダーです。 USB 3. 1 Gen 1と組み合わせることで、SDXCカードに保存した大容量データも快適に転送できます。 軽量コンパクトな本体の上面には、アクセス状況が確認できるLEDインジケーターを搭載。 仕事で使用する画像などの大事なデータもしっかりと管理可能です。 また、下位互換性が備わっているので、UHS-Iカードや非UHSカードでも認識でき、USB 2. 0のポートでも使用できます。 多彩な端末で使用できる、4種類のコネクターを備えたSDカードリーダーです。 USB Type-AやmicroUSBに加えて、iPhoneで馴染みのあるLightningや、新型のAndroidスマホにも採用が進むUSB Type-Cなどのポートに対応するコネクターを搭載しています。 また、対応OSの種類も豊富。 WindowsやMacのほか、AndroidやiOSにおいても広いバージョンをサポートしているので、さまざまなOSの端末を併用している方におすすめです。 なお、iPhoneで使用する場合は専用アプリ「iUSB Drive」のインストールが必要。 アプリ内には、第三者によるアクセスを制限できるセキュリティ機能も搭載されています。 SDカード内に保存した画像や動画をiPhoneやiPadへ転送できる、Apple純正のSDカードリーダーです。 SDカードをリーダーに差し込むと写真アプリに「読み込む」タブが表示され、カード内の画像を一括または任意選択で転送できます。 iPhoneやiPadへ転送した画像はiCloudで自動同期されるので、ほかのApple製品でも閲覧が可能。 機器内のデータをSDカードへ転出することはできませんが、カメラで撮影した画像をiPadなどで編集したい方におすすめです。 本製品は、大容量モデルのSDXCカードにも対応。 UHS規格には非対応ですが、UHS-IやUHS-IIのSDカードも認識可能なため、データ転送に使えます。 iPad Pro向けに開発されたApple純正のSDカードリーダーです。 コネクター形状にUSB Type-Cを採用しているため、11インチや12. 9インチ(第3世代以降)のiPad Proにアダプターを使わず直接接続が可能。 また、MacBookシリーズとも共用でき、コンパクト設計なのでほかのポートを塞がず使用できます。 超高速規格のUHS-IIをサポートするのも特徴。 SDXC UHS-IIカードの転送速度を最大限に生かしてデータの転送を行えるので、一眼カメラで撮影した大量の画像をiPad Proで整理したい方にもおすすめです。 また、下位互換も備わっているため、UHS-Iや非UHSのSDカードも読み取れます。 パソコンを使わずにデータ共有ができる、Wi-Fi仕様の高性能SDカードリーダーです。 スマホに保存した画像や動画を、Wi-Fiを介してSDカードや外付けHDDなどの外部ストレージへ転送できます。 また、便利な「ダイレクトコピー機能」を搭載しているのも特徴です。 SDカード内のデータを接続した外付けHDDへ、ボタン1つで日付ごとに整理してバックアップできます。 USBケーブルでパソコンと繋げれば、USB 3. 1 Gen 1に対応するSDカードリーダーとしても使用可能。 UHS規格には非対応ですが、128GBまでのSDXCカードを認識できます。 さらに、ホテルなどの有線LANと繋げれば、簡易Wi-Fiルーターとしても活躍するアイテムです。 多彩な機能を備えた、Wi-Fi仕様の高性能SDカードリーダーです。 本機とスマホやパソコンをWi-Fiで接続することで、双方向にデータ転送が行える「ファイルハブ機能」を搭載。 SDカードに保存した画像をスマホへ転送したり、本機に接続した外付けHDDへスマホの画像を移したり、便利に活用できます。 最大5台までの端末と同時接続できるのもポイント。 11ac規格の高速Wi-Fiが利用できるので、旅先やパーティーなどで友人とのデータ共有もスムーズに行えます。 ホテルの有線LANと繋げれば、簡易Wi-Fiルーターとしても活躍。 さらに、大容量6700mAhのモバイルバッテリーとしても使用できるため、外出先でバッテリー残量を気にせずスマホを使用できます。

次の