今夜 ロマンス 劇場。 『今夜、ロマンス劇場で』の奥に秘められた映画や映画史の哀しみ

今夜、ロマンス劇場で(映画)ネタバレとあらすじ!結末とキャストも

今夜 ロマンス 劇場

病室の老人:加藤剛 「今夜、ロマンス劇場で」あらすじとネタバレ 映画「お転婆姫と三獣士」。 モノクロ映画のお姫様・美雪は毎日パーティー三昧の暮らしにうんざりし、夜中にこっそりと城を抜け出した。 美雪は獣の森で遭遇した陽気な三獣士・狸吉、虎右衛門、鳩三郎をお供にし、外の世界に出かけることになる。 ・現代。 老人の牧野は病院で入院生活を送っていた。 牧野の孫は毎日お見舞いにはやってくるが、牧野が転んでも手すら貸さない「冷たい孫」だと看護師たちの間で噂になっていた。 そんなある日、検診にやってきた看護師の吉川は、 牧野が昔に書いた 『映画の脚本』を発見する。 牧野は若かりし頃映画の助監督として働いており、脚本の内容を知りたいという吉川に牧野は静かに読み始めた…。 ・昭和35年。 映画会社の京映で助監督をしている牧野健司は、いつか監督としてデビューすることを夢見て仕事に励んでいた。 健司はその日も忙しく走り回っていたが、「ハンサムガイ」シリーズがヒットしていた大スター・俊藤龍之介にペンキをかけてしまう。 俊藤のピンクのスーツは一瞬で台無しになってしまったが、健司が土下座をして謝ると俊藤は許してくれた。 その後、健司の友でライバル・伸太郎が落ち込んでいる健司を飲みに誘うが、健司は誘いを断って馴染みの映画館・ロマンス劇場に向かった。 健司はお金にがめつい劇場の館主・本多に毎回お金を払い、閉館後の劇場で廃棄予定のモノクロ映画をこっそり観させてもらっていた。 健司はお気に入りのB級映画「お転婆姫と三獣士」を毎日のようにくり返し見ており、主人公のお姫様・美雪に密かに思いを寄せていた。 しかし、映画を観ていた健司の前に本多が現れ、「これ明日売るからな」と告げられて健司はショックを受ける。 やがて健司が見納めとなる映画を噛みしめるように観ていると、突然雷による停電が起きて劇場は真っ暗になった。 そして停電が復旧すると映画の中の存在だった『モノクロの美雪』が健司の前に現れ、驚いた健司が近づこうとすると床に落ちていた空き瓶で殴られてしまった。 スポンサーリンク 美雪は牢獄のような薄気味悪い健司の家を見て驚いていたが、やがて健司が「どうしてこっちの世界に?」と質問すると、美雪は「あっちの世界は退屈でな」と答えた。 そして健司に『今日からお前はわたしのしもべだ』と言い始め、映画と自分の存在を理解している美雪は「明日はお前の仕事場を案内しろ」と言った。 わたしたちは作られた存在で、人を楽しませるために生まれてきた。 そうだろ? よくご存じで。 映画が作られているところを見てみたい。 翌日、不思議な同居生活が始まった健司はリヤカーに美雪を乗せ、上から毛布をかけて撮影所まで連れて行った。 健司たちは途中で京映の社長令嬢・塔子に毛布をめくられそうになるが、健司はとっさに「これは猛獣なんです」と言ってごまかした。 やがて美雪はメイク室で撮影用の衣装と化粧品を健司から渡され、化粧をした美雪を見た健司はその美しさに心を奪われた。 その後、美雪は健司が徹夜して作ったセットをペンキまみれにしたり、そこに現れたハンサムガイな大スター・俊藤を傘で殴ったりした。 さらに、美雪は慌てふためく健司をよそに本番中に乱入して撮影を止め、そこにいた伸太郎が『健司の女っす』と言うと健司は仲間たちからボコボコにされた。 その後も美雪は健司が殴られている間に本物の「ダイナマイト」を手に取り、適当に投げると「俊藤の撮影用のスモーク」の中にダイナマイトが紛れ込んでしまった。 何も知らない健司はスモークを抱えて俊藤に謝りに行ったが、本番が始まると 踊っていた俊藤は 爆発で吹き飛び、健司は警察に連行されて「爆弾魔」扱いされた。 やがて健司は行く先々で騒動ばかり巻き起こす美雪にうんざりし、『もうこれ以上、僕に付きまとわないでください!』と言い放った。 その後、美雪は撮影所に来る途中でなくした「お守り」を1人で探しに行ったが、突然大雨が降ってきた。 すると、ふてくされていた健司は美雪が心配になり、傘を持って美雪を追いかけて行った。 そして健司は美雪が探していたお守り(オカリナ)を発見し、言い過ぎてしまったことを美雪に謝った。 やがて健司がお守りを渡すとぴたりと雨がやみ、空に大きな虹がかかった。 健司は虹を初めて見た美雪に説明し、「また一緒に見たい」と美雪に言った。 虹は幸運の象徴で、空に2本架かったら願い事が叶うって言われているんですよ。 それは見てみたいものだな。 じゃあいつか…そんな時が来たら、この場所で一緒に見ましょうね。 考えといてやる。 そんな中、京映の社長・成瀬は若手にチャンスを与えるため、健司や伸太郎たちは脚本を書くことになった。 採用されれば映画監督デビューとなる話だったが、「若手に機会を与えたい」と言い出したのは社長令嬢の塔子だった。 塔子は助監督として働く健司をいつも応援しており、密かに恋心を抱いていた。 監督になれる機会が巡って来た健司だったが、いざという時に何も思いつかなかった。 すると、健司はロマンス劇場の館主で健司の良き理解者・本多に相談し、健司は本多のおかげで何を書くべきか分かった。 (ちゃっかりお金は取られた) 浮浪者、紳士、詩人、夢想家、孤独な人。 皆いつでもロマンスと冒険にあこがれているんだ。 もし本当のロマンスに巡り逢えたら… きっとこの世界も、映画みたいに輝いて見えるんだろうな。 そして健司は出逢うはずのなかった美雪とのロマンスを書き始め、2人はシナリオハンティング(書く前に舞台となる場所を訪れてイメージを膨らませる)に出かけていろんな体験をした。 健司はかき氷を「あーん」したが「あーん」してもらえず、王子様のようにひざまずいてバラを渡すが受け取ってもらえず、キスシーンでは電話ボックスのガラス越しのキスもかわされ、結局手をつなぐことすら出来なかった。 その後、どんな話を書いているのか聞かれた健司は、美雪に『僕はあなたのことを映画にしたいんです』と言った。 まだ決められなくて…」と答えた。 そんな中、健司と美雪の関係を気にしていた塔子は、直接美雪に会いに行った。 やがて塔子の気持ちに気がついた美雪が「健司とは遠い親戚だ」と伝えると、恋愛に奥手な塔子は少し安心した。 翌日、健司は社長に脚本が気にいられて撮影の準備を進めることになり、「結末だけ考え直す」との条件付きで監督デビューが決まった。 その夜、健司はお気に入りの場所に美雪を連れ出し、2人はその川で幻想的な光を放つたくさんのホタルを見た。 すると健司は「ずっと僕の隣にいてくれますか?」とプロポーズのような告白をしたが、黙り込んだ美雪は大きな秘密を抱えていた。 わたしは…お前に触れることができない。 この世界に来る代償だ。 わたしは、人のぬくもりに触れたら消えてしまう。 そういうことだから、お前の隣にずっといることはできないと思う。 どうして、そんな危険を冒してまでこの世界に? 逢いたかったんだ…お前に。 やがて「お転婆姫と三獣士」は誰からも必要とされなくなって廃棄予定となるが、健司はそんな時に映画と美雪を見つけて毎日のようにくり返し見始めた。 しかし映画は突然「売られる」ことになり、美雪は健司に逢えなくなると知ってひと目逢いたくなった。 逢って最後に言いたかった。 見つけてくれて、ありがとうって。 いりません、そんな言葉。 僕はこれからも… 無理だ。 だってわたしたちは触れ合うことができない。 それに、わたしには色がないんだ。 だからお前と生きることなんてできやしない。 そして美雪は「さあ、そろそろ帰るぞしもべ」と言って立ち上がったが、健司は呆然としてしばらくその場から動くことができなかった。 その後、美雪の秘密を知った健司が落ち込んでいると、健司に思いを寄せている塔子が健司に告白した。 同じ頃、美雪は健司の 服のポケットから 『指輪』を見つけ、美雪は健司の言葉(ずっと僕の隣にいてくれますか?)を思い出しながら撮影所に向かった。 美雪が撮影所で健司を見つけると、健司は美雪のことや塔子に告白されたことを伸太郎に相談していた。 塔子さん振ったら一生監督になんかなれねぇぞ。 お前の脚本だって絶対ボツだし。 うちの会社じゃ生きていけねぇよ。 伸太郎…好きな人にさ、触れずに生きていけるとおもうか? は?そんなん無理に決まってんだろ。 やがて2人の会話を聞いていた美雪はその場から立ち去り、健司のためを思って家を出て行った。 雨の中、行く当てがない美雪は電話ボックスで雨宿りしていたが、そこに偶然ロマンス劇場の館主・本多が現れて美雪を劇場に連れていった。 そして本多は何も言わずに劇場の空き部屋を提供し、困っていた美雪に「自由に使っていいよ」と言った。 本多が美雪を受け入れた理由は『自身にも同じ経験』があり、本多はその女性との写真を劇場の壁に飾っていた。 男の視線は常に未来。 好きな女との未来を見つめて生きるものさ。 下を向いてたら今しか見えないぜ。 その帰り道、健司と美雪は別々の場所で空に 2本架かった 『大きな虹』を見た。 すると、健司は美雪と初めて虹を見た場所に走ったが、すでに美雪は去ったあとだった。 やがて健司は劇場に向かったが、本多は「お前にはもう会わないって言ってるよ」と言った。 その後、健司の脚本を読んだ塔子は、健司は美雪のことが大好きなことを理解した。 すると塔子は健司を呼び出し、『わたしが入り込む隙間なんてどこにもない』と言って健司の背中を押した。 そして健司は塔子に深々と頭を下げ、部屋を飛び出してロマンス劇場へ走った。 健司が劇場にたどり着くと、健司の覚悟を感じた本多は劇場を「貸し切り」にして客を帰らせた。 帰りましょう。 無理だ。 わたしはお前に何もしてやれない。 苦しんでる時、お前に触れてやることすらできない。 皆が当たり前にしていることを、わたしは何もしてやれない。 お前はもっと、普通の恋をするべきだ。 その方がいいに決まってる。 でも僕は…あなたじゃなきゃダメなんです。 他の人じゃ、意味がないんです。 どんな映画より、誰よりも、あなたのことが大好きなんです。 すると、美雪は初めて「健司」と呼び、 『最後に一度だけ抱きしめて…』と言った。 スポンサーリンク 「今夜、ロマンス劇場で」結末 ・現代 看護師の吉川は涙を流しながら「彼女は消えちゃったの?」と牧野(牧野健司)に聞いたが、牧野は『ここまでなんだ』と静かに答えた。 結局この話が映画になることはなく、結末がないことを聞かされた吉川は「続き書いてよ」と健司にお願いした。 左手の薬指に指輪をした美雪は消えることも年を取ることもなく、ずっと健司の隣にいた。 そして残された時間が少ない健司が「結末」を書くことを美雪に告げると、美雪は「幸せな結末がいいな」と言った。 もう決めたんです。 たとえこの世界の人じゃなくても、 白黒でも、触れられなくても、僕はやっぱりあなたといたいんです。 でも… でもじゃありません。 たまには僕のわがままも聞いてくださいよ。 僕が幸せにします。 だからもう、そんな顔しないでください。 じゃあ、ずっと一緒にいてやるか。 それから月日は流れ、健司が働いていた京映が倒産して健司の映画が撮影されることはなかった。 やがて健司は「ロマンス劇場」の館主・本多の後を継ぐことになり、大好きなロマンス劇場で働き始めた。 美雪は劇場にお弁当を届け、2人は手を繋げない代わりにハンカチの両端を持って一緒に歩いた。 さらに時が過ぎ、健司はどんどん年を取るが美雪はずっと変わらなかった。 そしてロマンス劇場は閉館を余儀なくされ、体を壊した健司は入院生活を送ることになった。 その後、病院から連絡を受けた美雪は、すぐに健司のもとに駆けつけた。 健司は薄れゆく意識の中、美雪に「泣かないで…」とつぶやくと返事をしなくなった。 健司…見つけてくれてありがとう。 たくさんわがまま聞いてくれて、ずっと隣にいてくれてありがとう。 最後にもうひとつだけ、わがまま言っていい? 触れたい。 お前のぬくもりを感じてみたい。 いいよね? そして美雪は健司の手を握り、 胸に顔を寄せて 『こんなに温かいんだな…』と言った。 すると、健司は美雪の手を握り返して天国へ旅立ち、美雪もゆっくりとその姿を消した。 翌朝、看護師の吉川は健司が書き上げた原稿・「今夜、ロマンス劇場で」を見つけて結末を読んだ。 そこは美雪がかつていたモノクロ映画の世界。 若かりし頃の健司が仲間たちに見守られる中、健司はお姫様の美雪にひざまずいて一輪のバラを渡した。 するとその世界に 『色』が現れ、健司と美雪がキスをすると観客たちは祝福の拍手を送った。 スポンサーリンク.

次の

今夜、ロマンス劇場で

今夜 ロマンス 劇場

病室の老人:加藤剛 「今夜、ロマンス劇場で」あらすじとネタバレ 映画「お転婆姫と三獣士」。 モノクロ映画のお姫様・美雪は毎日パーティー三昧の暮らしにうんざりし、夜中にこっそりと城を抜け出した。 美雪は獣の森で遭遇した陽気な三獣士・狸吉、虎右衛門、鳩三郎をお供にし、外の世界に出かけることになる。 ・現代。 老人の牧野は病院で入院生活を送っていた。 牧野の孫は毎日お見舞いにはやってくるが、牧野が転んでも手すら貸さない「冷たい孫」だと看護師たちの間で噂になっていた。 そんなある日、検診にやってきた看護師の吉川は、 牧野が昔に書いた 『映画の脚本』を発見する。 牧野は若かりし頃映画の助監督として働いており、脚本の内容を知りたいという吉川に牧野は静かに読み始めた…。 ・昭和35年。 映画会社の京映で助監督をしている牧野健司は、いつか監督としてデビューすることを夢見て仕事に励んでいた。 健司はその日も忙しく走り回っていたが、「ハンサムガイ」シリーズがヒットしていた大スター・俊藤龍之介にペンキをかけてしまう。 俊藤のピンクのスーツは一瞬で台無しになってしまったが、健司が土下座をして謝ると俊藤は許してくれた。 その後、健司の友でライバル・伸太郎が落ち込んでいる健司を飲みに誘うが、健司は誘いを断って馴染みの映画館・ロマンス劇場に向かった。 健司はお金にがめつい劇場の館主・本多に毎回お金を払い、閉館後の劇場で廃棄予定のモノクロ映画をこっそり観させてもらっていた。 健司はお気に入りのB級映画「お転婆姫と三獣士」を毎日のようにくり返し見ており、主人公のお姫様・美雪に密かに思いを寄せていた。 しかし、映画を観ていた健司の前に本多が現れ、「これ明日売るからな」と告げられて健司はショックを受ける。 やがて健司が見納めとなる映画を噛みしめるように観ていると、突然雷による停電が起きて劇場は真っ暗になった。 そして停電が復旧すると映画の中の存在だった『モノクロの美雪』が健司の前に現れ、驚いた健司が近づこうとすると床に落ちていた空き瓶で殴られてしまった。 スポンサーリンク 美雪は牢獄のような薄気味悪い健司の家を見て驚いていたが、やがて健司が「どうしてこっちの世界に?」と質問すると、美雪は「あっちの世界は退屈でな」と答えた。 そして健司に『今日からお前はわたしのしもべだ』と言い始め、映画と自分の存在を理解している美雪は「明日はお前の仕事場を案内しろ」と言った。 わたしたちは作られた存在で、人を楽しませるために生まれてきた。 そうだろ? よくご存じで。 映画が作られているところを見てみたい。 翌日、不思議な同居生活が始まった健司はリヤカーに美雪を乗せ、上から毛布をかけて撮影所まで連れて行った。 健司たちは途中で京映の社長令嬢・塔子に毛布をめくられそうになるが、健司はとっさに「これは猛獣なんです」と言ってごまかした。 やがて美雪はメイク室で撮影用の衣装と化粧品を健司から渡され、化粧をした美雪を見た健司はその美しさに心を奪われた。 その後、美雪は健司が徹夜して作ったセットをペンキまみれにしたり、そこに現れたハンサムガイな大スター・俊藤を傘で殴ったりした。 さらに、美雪は慌てふためく健司をよそに本番中に乱入して撮影を止め、そこにいた伸太郎が『健司の女っす』と言うと健司は仲間たちからボコボコにされた。 その後も美雪は健司が殴られている間に本物の「ダイナマイト」を手に取り、適当に投げると「俊藤の撮影用のスモーク」の中にダイナマイトが紛れ込んでしまった。 何も知らない健司はスモークを抱えて俊藤に謝りに行ったが、本番が始まると 踊っていた俊藤は 爆発で吹き飛び、健司は警察に連行されて「爆弾魔」扱いされた。 やがて健司は行く先々で騒動ばかり巻き起こす美雪にうんざりし、『もうこれ以上、僕に付きまとわないでください!』と言い放った。 その後、美雪は撮影所に来る途中でなくした「お守り」を1人で探しに行ったが、突然大雨が降ってきた。 すると、ふてくされていた健司は美雪が心配になり、傘を持って美雪を追いかけて行った。 そして健司は美雪が探していたお守り(オカリナ)を発見し、言い過ぎてしまったことを美雪に謝った。 やがて健司がお守りを渡すとぴたりと雨がやみ、空に大きな虹がかかった。 健司は虹を初めて見た美雪に説明し、「また一緒に見たい」と美雪に言った。 虹は幸運の象徴で、空に2本架かったら願い事が叶うって言われているんですよ。 それは見てみたいものだな。 じゃあいつか…そんな時が来たら、この場所で一緒に見ましょうね。 考えといてやる。 そんな中、京映の社長・成瀬は若手にチャンスを与えるため、健司や伸太郎たちは脚本を書くことになった。 採用されれば映画監督デビューとなる話だったが、「若手に機会を与えたい」と言い出したのは社長令嬢の塔子だった。 塔子は助監督として働く健司をいつも応援しており、密かに恋心を抱いていた。 監督になれる機会が巡って来た健司だったが、いざという時に何も思いつかなかった。 すると、健司はロマンス劇場の館主で健司の良き理解者・本多に相談し、健司は本多のおかげで何を書くべきか分かった。 (ちゃっかりお金は取られた) 浮浪者、紳士、詩人、夢想家、孤独な人。 皆いつでもロマンスと冒険にあこがれているんだ。 もし本当のロマンスに巡り逢えたら… きっとこの世界も、映画みたいに輝いて見えるんだろうな。 そして健司は出逢うはずのなかった美雪とのロマンスを書き始め、2人はシナリオハンティング(書く前に舞台となる場所を訪れてイメージを膨らませる)に出かけていろんな体験をした。 健司はかき氷を「あーん」したが「あーん」してもらえず、王子様のようにひざまずいてバラを渡すが受け取ってもらえず、キスシーンでは電話ボックスのガラス越しのキスもかわされ、結局手をつなぐことすら出来なかった。 その後、どんな話を書いているのか聞かれた健司は、美雪に『僕はあなたのことを映画にしたいんです』と言った。 まだ決められなくて…」と答えた。 そんな中、健司と美雪の関係を気にしていた塔子は、直接美雪に会いに行った。 やがて塔子の気持ちに気がついた美雪が「健司とは遠い親戚だ」と伝えると、恋愛に奥手な塔子は少し安心した。 翌日、健司は社長に脚本が気にいられて撮影の準備を進めることになり、「結末だけ考え直す」との条件付きで監督デビューが決まった。 その夜、健司はお気に入りの場所に美雪を連れ出し、2人はその川で幻想的な光を放つたくさんのホタルを見た。 すると健司は「ずっと僕の隣にいてくれますか?」とプロポーズのような告白をしたが、黙り込んだ美雪は大きな秘密を抱えていた。 わたしは…お前に触れることができない。 この世界に来る代償だ。 わたしは、人のぬくもりに触れたら消えてしまう。 そういうことだから、お前の隣にずっといることはできないと思う。 どうして、そんな危険を冒してまでこの世界に? 逢いたかったんだ…お前に。 やがて「お転婆姫と三獣士」は誰からも必要とされなくなって廃棄予定となるが、健司はそんな時に映画と美雪を見つけて毎日のようにくり返し見始めた。 しかし映画は突然「売られる」ことになり、美雪は健司に逢えなくなると知ってひと目逢いたくなった。 逢って最後に言いたかった。 見つけてくれて、ありがとうって。 いりません、そんな言葉。 僕はこれからも… 無理だ。 だってわたしたちは触れ合うことができない。 それに、わたしには色がないんだ。 だからお前と生きることなんてできやしない。 そして美雪は「さあ、そろそろ帰るぞしもべ」と言って立ち上がったが、健司は呆然としてしばらくその場から動くことができなかった。 その後、美雪の秘密を知った健司が落ち込んでいると、健司に思いを寄せている塔子が健司に告白した。 同じ頃、美雪は健司の 服のポケットから 『指輪』を見つけ、美雪は健司の言葉(ずっと僕の隣にいてくれますか?)を思い出しながら撮影所に向かった。 美雪が撮影所で健司を見つけると、健司は美雪のことや塔子に告白されたことを伸太郎に相談していた。 塔子さん振ったら一生監督になんかなれねぇぞ。 お前の脚本だって絶対ボツだし。 うちの会社じゃ生きていけねぇよ。 伸太郎…好きな人にさ、触れずに生きていけるとおもうか? は?そんなん無理に決まってんだろ。 やがて2人の会話を聞いていた美雪はその場から立ち去り、健司のためを思って家を出て行った。 雨の中、行く当てがない美雪は電話ボックスで雨宿りしていたが、そこに偶然ロマンス劇場の館主・本多が現れて美雪を劇場に連れていった。 そして本多は何も言わずに劇場の空き部屋を提供し、困っていた美雪に「自由に使っていいよ」と言った。 本多が美雪を受け入れた理由は『自身にも同じ経験』があり、本多はその女性との写真を劇場の壁に飾っていた。 男の視線は常に未来。 好きな女との未来を見つめて生きるものさ。 下を向いてたら今しか見えないぜ。 その帰り道、健司と美雪は別々の場所で空に 2本架かった 『大きな虹』を見た。 すると、健司は美雪と初めて虹を見た場所に走ったが、すでに美雪は去ったあとだった。 やがて健司は劇場に向かったが、本多は「お前にはもう会わないって言ってるよ」と言った。 その後、健司の脚本を読んだ塔子は、健司は美雪のことが大好きなことを理解した。 すると塔子は健司を呼び出し、『わたしが入り込む隙間なんてどこにもない』と言って健司の背中を押した。 そして健司は塔子に深々と頭を下げ、部屋を飛び出してロマンス劇場へ走った。 健司が劇場にたどり着くと、健司の覚悟を感じた本多は劇場を「貸し切り」にして客を帰らせた。 帰りましょう。 無理だ。 わたしはお前に何もしてやれない。 苦しんでる時、お前に触れてやることすらできない。 皆が当たり前にしていることを、わたしは何もしてやれない。 お前はもっと、普通の恋をするべきだ。 その方がいいに決まってる。 でも僕は…あなたじゃなきゃダメなんです。 他の人じゃ、意味がないんです。 どんな映画より、誰よりも、あなたのことが大好きなんです。 すると、美雪は初めて「健司」と呼び、 『最後に一度だけ抱きしめて…』と言った。 スポンサーリンク 「今夜、ロマンス劇場で」結末 ・現代 看護師の吉川は涙を流しながら「彼女は消えちゃったの?」と牧野(牧野健司)に聞いたが、牧野は『ここまでなんだ』と静かに答えた。 結局この話が映画になることはなく、結末がないことを聞かされた吉川は「続き書いてよ」と健司にお願いした。 左手の薬指に指輪をした美雪は消えることも年を取ることもなく、ずっと健司の隣にいた。 そして残された時間が少ない健司が「結末」を書くことを美雪に告げると、美雪は「幸せな結末がいいな」と言った。 もう決めたんです。 たとえこの世界の人じゃなくても、 白黒でも、触れられなくても、僕はやっぱりあなたといたいんです。 でも… でもじゃありません。 たまには僕のわがままも聞いてくださいよ。 僕が幸せにします。 だからもう、そんな顔しないでください。 じゃあ、ずっと一緒にいてやるか。 それから月日は流れ、健司が働いていた京映が倒産して健司の映画が撮影されることはなかった。 やがて健司は「ロマンス劇場」の館主・本多の後を継ぐことになり、大好きなロマンス劇場で働き始めた。 美雪は劇場にお弁当を届け、2人は手を繋げない代わりにハンカチの両端を持って一緒に歩いた。 さらに時が過ぎ、健司はどんどん年を取るが美雪はずっと変わらなかった。 そしてロマンス劇場は閉館を余儀なくされ、体を壊した健司は入院生活を送ることになった。 その後、病院から連絡を受けた美雪は、すぐに健司のもとに駆けつけた。 健司は薄れゆく意識の中、美雪に「泣かないで…」とつぶやくと返事をしなくなった。 健司…見つけてくれてありがとう。 たくさんわがまま聞いてくれて、ずっと隣にいてくれてありがとう。 最後にもうひとつだけ、わがまま言っていい? 触れたい。 お前のぬくもりを感じてみたい。 いいよね? そして美雪は健司の手を握り、 胸に顔を寄せて 『こんなに温かいんだな…』と言った。 すると、健司は美雪の手を握り返して天国へ旅立ち、美雪もゆっくりとその姿を消した。 翌朝、看護師の吉川は健司が書き上げた原稿・「今夜、ロマンス劇場で」を見つけて結末を読んだ。 そこは美雪がかつていたモノクロ映画の世界。 若かりし頃の健司が仲間たちに見守られる中、健司はお姫様の美雪にひざまずいて一輪のバラを渡した。 するとその世界に 『色』が現れ、健司と美雪がキスをすると観客たちは祝福の拍手を送った。 スポンサーリンク.

次の

【今夜、ロマンス劇場で】加藤剛さんに号泣!感想や結末(ネタバレ)、キャストや主題歌、無料動画の視聴方法を解説!

今夜 ロマンス 劇場

今夜、ロマンス劇場で|あらすじ 2018年2月に公開された綾瀬はるかと坂口健太郎のラブストーリーが話題になった「今夜、ロマンス劇場で」。 この映画のあらすじを簡単に紹介していきます。 綾瀬はるかが演じる美雪は映画「お転婆姫と三獣士」のヒロイン、坂口健太郎が演じる牧野健司は映画監督になるのが夢の助監督の青年です。 時代は1960年、映画の助監督として働く健司は監督にいろいろなことを押し付けられながらも日々、頑張っています。 健司の気分転換という名の息抜きは行きつけの映画館ロマンス座で埋もれていたフィルム作品「お転婆姫と三獣士」を観ることでした。 何度も観ているうちにヒロインの美雪に憧れのような感情を持っています。 ある日「お転婆姫と三獣士」のフィルムが売られることとなってしまい、最後の上映を観ていた健司の目の前にスクリーンからヒロインの美雪が飛び出してきて、奇妙な共同生活が始まります。 モノクロ映画から出てきた美雪は色彩豊かな世界に興味津々で健司に迷惑をかけっぱなし。 なんだかんだと言いつつも共に生活をしていくうちに惹かれあう美雪と健司ですが美雪には秘密がありました…。 というあらすじになっています。 今夜、ロマンス劇場で|ネタバレ ここからは「今夜、ロマンス劇場で」のネタバレになりますので、ラストを楽しみたい方は読まないでくださいね 笑 「今夜、ロマンス劇場で」では最初の語り部として登場する病室の加藤剛が演じる死期の近い老人がキーポイントになります。 この老人が坂口健太郎が演じた牧野健司の年老いた現在の姿になります。 となると美雪の秘密であった「こちら側(現実世界)の人間に触れてしまうと美雪はこの世界から消えてしまう」という禁を犯して健司とふれあい消えてしまったのか?と思うかもしれません。 でも、この映画の凄いところはそうした予想を裏切っているところです。 実は互いの想いを伝えあった美雪と健司は「最後に抱きしめてほしい」という美雪の願いをギリギリのところで回避。 「決して触れ合えなくても構わないから美雪と離れず暮らしていきたい」と告げ、その後も2人で月日を共にします。 よくある悲恋にせず一緒に歳を取っていく結末になるのです…が美雪は映画の中の非現実世界の住人なのでこちら側の世界では歳を取ることがありません。 いつしか恋人同士だった2人は親子に間違われ、今ではおじいさんと孫に見えるようになってしまいました…。 入院している加藤剛にはお見舞いに来る孫がいましたが、転んでも手助けすることなく病院関係者からは「冷たい孫」と噂されていましたが、その孫こそが美雪だったのです。 健司が危篤になり最期に寄り添っていた美雪…健司が息を取ると美雪も消えてしまいます。 健司が物語として話していたことは実際に自分と美雪が体験してきたことでした。 映画のラストシーンは健司が書いた物語のラストなのか、健司が最期に見た夢なのか、はたまた美雪が見た夢か…今まで映画を彩ってきたキャストがみんな参加しているダンスパーティーです。 健司と美雪がキスをするとモノクロだった世界が色鮮やかに変わっていく、とても綺麗な世界となりました… 今夜、ロマンス劇場で|映画館はニューシネマパラダイス? 映画「今夜、ロマンス劇場で」の物語の始まりであり、重要な舞台かつ鍵にもなる映画館「ロマンス劇場」。 この場所がイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」へのオマージュと言われている映画の感想も多くありました。 もともと「今夜、ロマンス劇場で」は映画館を舞台にしているのだから映画愛に溢れた作品にしたいという想いが制作時からあったようです。 1989年に公開された「ニュー・シネマ・パラダイス」も映画への愛が全編に溢れている映画になっています。 映画監督として成功をおさめた主人公が友人であり父親のように慕っていた映写技師の死の知らせを受けて自身の少年時代を回想する形で物語は進んでいきます。 村で唯一の映画館で起こる年老いた映写技師と少年だった自分の懐かしい映画館での思い出や若かりし時の恋など… ラストは映写技師の妻から遺品として受け取ったフィルムを観て涙します。 この受け取ったフィルムが肝の部分でもあります。 今夜、ロマンス劇場ででは柄本明が演じるロマンス劇場の館主・本多正が健司のことをよく理解してくれて、美雪との恋も応援してくれます。 友人のようであり父親のようでもある関係性や古い映画館であること、フィルムが物語の鍵になることなど映画館「ロマンス劇場」の設定や関係性などが「ニュー・シネマ・パラダイス」のオマージュと言われるのも納得です。 今夜、ロマンス劇場で|バック・トゥ・ザ・フューチャーの名シーンも! バック・トゥ・ザ・フューチャーといえば車型タイムマシン「デロリアン」で本当に過去にタイムスリップしてしまった主人公が自分がいた未来へ帰ろうとするために過去で様々なことに挑戦する冒険アドベンチャーというかタイムトラベル物というか… バック・トゥ・ザ・フューチャーを知っている人からすると「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が1つのジャンルと言っても過言ではないと思います。 「今夜、ロマンス劇場で」では憧れの美雪がヒロインの「お転婆姫と三獣士」を最後に観ていた時にロマンス劇場に落雷があり、そこから美雪と健司の物語が始まっていきます。 印象的な落雷から物語が動き出す様子はまさに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の落雷に運命をかけてさらにギリギリ間に合うか?といった物語の鍵となるシーンと重なりますね。 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」では物語のクライマックスに落雷シーンがありますが、映像的にもとても綺麗で神秘的です。 「今夜、ロマンス劇場で」の落雷シーンも何かが起こる?と期待させるドキドキ感がたまらないですね。 今夜、ロマンス劇場で|ローマの休日のオマージュシーン 「今夜、ロマンス劇場で」の美雪の設定と言いますか、お姫様が逃げ出して冒険する様はまさに「ローマの休日」のオマージュシーンですよね! 美雪役の綾瀬はるかのビジュアルも物語の王女様とあってローマの休日のオードリーヘップバーンを彷彿させます。 ローマの休日の王女アンは本物の王女、今夜、ロマンス劇場での美雪はお転婆姫なのでビジュアルは甲乙つけがたい可憐さなのですが劇中の性格は… 笑 映画のレビューでも美雪の粗暴さをもう少し抑えめにしても良かったというものもありましたが、コメディエンヌとしても定評のある綾瀬はるかが演じることで個人的にはそこまで不快な印象はなかったです。 好奇心旺盛な性格の部分は共通していますしね。 時間に限りがある身分 世界 が違う2人の恋の行方を綺麗に描かれているという点もローマの休日へのオマージュを意識されられますね。 モノクロの映画から飛び出してくる美雪のハッとするような美しさがモノクロ故に印象的でもあります。 今夜、ロマンス劇場で|北村一輝が面白すぎる! 美雪と健司のラブロマンスが見どころの「今夜、ロマンス劇場で」ですが、健司の務める京瑛撮影所の看板スター・俊藤龍之介を北村一輝が演じています。 「ハンサムガイ」シリーズという人気映画の主演を務める超ポジティブで動じないキャラクターという役どころなのですが、キザさ加減も全力、笑顔も全力、これぞ昭和のスター!! というオーバーアクトを北村一輝が見事に演じています。 基本的に北村一輝という俳優はどんな役でも「本人もこういう性格なのでは?」と思わず思ってしまうような演技をすると個人的に思っているのですが 実は大好きな俳優の1人です 映画の撮影本番前には鏡で髪型をチャックし笑顔もチェックするナルシストぶりを見せてから妖怪ダンスを踊る姿は大スターそのものです 笑 妖怪ダンスシーンも白い衣装を身に纏いワイヤーにつるされて登場するなど大真面目なアクションからタップダンス、最後はカメラにウィンクを投げて終了する約1分半のダンスシーンでハンサムガイに夢中になる人が続出したそうです 笑 今回は、映画「今夜、ロマンス劇場で」でオマージュされた名作映画を解説しました。 どこに名作映画のオマージュが隠れてるかを探すだけでも面白いですし、北村一輝の演技も一見の価値ありです!.

次の