里芋 ゆで 時間。 里芋のベストな茹で時間は何分?電子レンジでの茹で方は?

きぬかつぎのレシピ/作り方:白ごはん.com

里芋 ゆで 時間

料理が趣味でよく料理本やネットのレシピを見ながら作るのですが、意外とレシピに書いてなくて、毎回「どうだったけなぁ」と悩むのが 食材のゆで方です。 レシピに具体的なゆで時間を書かないのは、食材の大きさや形によって変わってくるので一概には言えないからだと思いますが、 「さっとゆでて」とか 「しんなりするまで」が大体どれぐらいの時間を指すのかぐらいは知っておきたいところです。 料理のたびに慌ててネットで検索するのが面倒なので、いっそ自分のブログでまとめてみることにしました。 なるべく個人のブログなどではなく公式サイトを参照しています。 また、野菜の場合などは切り方によってゆで時間も当然変わってくるので、ゆで方以外の情報も含めて引用しています。 じゃがいも 水から入れて、沸騰したら火を中火~弱火くらいまで落としてコトコトと煮ます 10分~15分ほどして、じゃがいもの真ん中に、竹串をさし、串がスッと入る状態になればOKです from「」 じゃがいもの泥汚れをきれいに洗います。 皮付きのじゃがいもを、鍋に重ならないように入れ、水分が減っても大丈夫なように、かなり多めの水を入れて強火にかけます。 表面に大きめの泡がボコッと出てき始めたら沸騰寸前です。 弱火にして、小さな泡が出ている状態にします。 じゃがいもの皮の表面が割れて、竹串がスッとささるまで30-40分かけてじっくりゆでます。 じゃがいもの大きさ次第では1時間くらいかかります。 皮が割れてなくても、抵抗なく竹串がささればOKです。 from「」• ニンジン ニンジンは根菜なので、水から茹で始めます。 煮込み料理の場合もそうです。 それは、沸騰している中に投入すると、表面と芯の部分で火の通る時間に差が出てしまい、煮崩れを起こしやすくなるからです。 なので、完全に溶けてしまうくらい煮込む場合はあまり気にしなくても大丈夫です。 また、薄くスライスした物や千切りにしたものはこの温度差が出来ないうえ、一気に火を通す方が良いので、沸騰している湯の中に投入し、さっと茹で上げるようにします。 from「」 にんじんは皮むき器で皮をむき、そのまま皮むき器で縦長の薄切りにする。 ざるに入れて1の湯に入れ、1~2分間ゆでて水けをきり、器に盛る。 from「」• 大根 鍋にたっぷりの水を入れ、切った大根と米(ひとつかみ)を加えて、約20分下ゆでする。 大根がやわらかくなれば、水にさらしておく。 from「」 大根は幅3~4cmの輪切りにする。 皮を厚めにむいて面取りをし、片側に十字の切り込みを入れる。 鍋にたっぷりの水、お米を入れ、大根を加えて中火にかける。 くつくつ煮たってきたら、吹きこぼれない程度の火加減で15~20分ゆで、そのまま10分くらい置く。 from「」• (5)(4)のカブにラップをかけ、電子レンジで加熱する。 600ワットの場合は1分10秒~1分20秒、1000ワットの場合は、50秒~1分加熱して出来上がり from「」 皮をむいて4等分にしたものをさらに3等分して 12等分 ゆで時間は1分、ざるにあげて冷まします。 from「」• ゴボウ ゴボウはタワシできれいに水洗いし、長さ4cmの細切りにして水に放つ。 熱湯に酢、塩、水気をきったゴボウを加え、3~4分ゆでる。 ザルに上げて水気をきり、熱いうちに<下味>のボウルに加えて混ぜ合わせ、冷ます。 from「」 1.ゴボウはよく洗い、皮をむかずに5cm位に切り分ける。 根元の太い部分は4等分、先の細い部分は2等分に縦に切る。 ボウルに酢少々(分量外)を入れ、ゴボウを入れて10分程度アク抜きをする。 ゴボウを取り出し水気を切る。 from「」• レンコン 1.レンコンを皮を剥き、スライスする スライスする厚さは好みで2m位から3m位が良いのではないでしょうか。 2.酢水に浸す 茹でる場合も、切ったレンコンは酢水またはレモン水に5分以上浸して色止めします。 3.茹でる スライスして色止めしたレンコンを、沸騰している湯(塩は入れなくても大丈夫です。 入れても問題はありません。 )に投入し、2分~3分茹でます。 4.そのまま冷ます 茹であがったらザルに揚げ、そのまま冷まします。 急ぐ場合は冷水にさらしても良いですが、水っぽくなってしまわないよう、冷えたらすぐに揚げ、よく水気をキッチンペーパーなどで吸いとるようにしましょう。 from「」 1.レンコンは皮をむき、両端を切る. 水1リットルに酢小さじ1を加えたものに2~3分漬ける. 酢は変色(黒くなる)を防ぐ. 2.鍋に水1リットルと酢小さじ1を加えたものを煮立たせ、レンコンを入れる. 5~6分ゆでる. 3.レンコンを取り出し、少し冷ます. from「」• 里芋 里芋は、ゆでたり煮たりするとぬめりが出て、汁がにごったりとろとろになったりするので、火にかける前に塩をふってもむ。 塩の分量は里芋5~6個の場合、大さじ2程度。 その後鍋に入れて、たっぷりの水を加えて強火にかけ、ブクブクと泡が出てくるまでゆでる。 水にとってさっと洗ってぬめりを取る。 from「」 1.里芋はきれいに水洗いして水気を拭き取り、上下を切り落とし、縦に厚めに皮をむく。 大きい場合は、横半分に切る。 塩でもみ、ぬめりが出ればサッと水洗いする。 鍋に1の里芋、タップリの水を入れて強火にかけ、煮立てば中火で5~6分下ゆでする。 水に取ってぬめりを洗い流し、水気をきる。 from「」• サツマイモ 1.さつまいもは水で洗って厚めに皮をむき、1. 5cm角に切って水にさらす。 水が濁ったら、一度水を替え、水けをきる。 2.なべにさつまいも、たっぷりの水を入れて煮立て、中火で6~7分間ゆでる。 竹ぐしを刺してみてスーッと通ったら、ざるに上げ、ゆで汁を捨ててなべに戻し入れる。 from「」 2.さつまいも・トマト・たまねぎは約1cm角に切ります。 3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、さつまいもは約3分間、はパッケージに書かれたゆで方に従ってゆで、ざるにあげます。 from「」 次回は 「葉菜のゆで方」をまとめます。 Mako81.

次の

里芋のベストな茹で時間は何分?電子レンジでの茹で方は?

里芋 ゆで 時間

里芋の下処理は? 里芋の下処理というと、 洗うことと 皮むきですよね。 里芋の皮を剥くときヌルヌルしたり、手がかゆいので、結構面倒ではないですか。 その手のかゆみの原因は シュウ酸カルシウムという成分です。 里芋が濡れることでかゆくなるので、洗ったらキチンペーパーでしっかり拭くなどしておくといいですよ。 里芋は特に小さいと剥きにくいですし、数が多いと私もよく飽きています。 そんなちょっと面倒なかわむきをしなくてもいいとなると、里芋がお料理に出てくる回数もどんどん増えてきそうですね。 お鍋で皮ごと茹でると、つるっと簡単に里芋の皮むきができたりしますが、そんな皮むきが電子レンジでもできる方法をご紹介します。 里芋をお鍋で皮ごと茹でる方法もとっても便利です。 レンジを使った皮のむき方はとっても簡単です。 下処理する里芋の量は5個くらいとします。 洗い方は後で皮を剥くので手で洗ってもたわしを使ってもどちらでも大丈夫です。 レンジから里芋を出すときは 熱いのでやけどに気を付けましょう。 里芋は熱い方が 剥きやすいのですが、このときも やけどに気を付けてくださいね。 実際私がアツアツでやってしまってやけどしました。 キッチンペーパーなどに包んで里芋の実がむぎゅっと上にでてくるようにするときれいに剥けますよ。 加熱する時間は、 里芋の量や大きさに合わせて 調節をしてください。 3~4cmの小さい里芋だと、3分加熱しただけで中までしっかり加熱できました。 間違って、10分加熱したら、水分がほとんど飛んで食べられない状態になってしまいました。 大きい里芋で中まで加熱しようと思ったら、加熱時間は 1個約2分だと考えて 5個だと10分ほど加熱ですが、少しずつ、様子を見て加熱するのがいいかもしれません。 一度取り出して竹串を刺してみて硬いなら、加熱時間を少しずつ延長してみてください。 このように電子レンジだとお湯を沸かす 必要もなくできるので 時短になって助かりますよね。 皮むきをしたら、もちろんそのまま煮物など味付けをして、お料理に使えます。 余った場合は冷蔵庫でも保存できますが、 冷凍保存が長期間保存ができて、味もそれほど落ちないのでおすすめです。 冷凍保存した里芋は 凍ったまま煮物やお味噌汁に使えてとっても便利ですよ! 里芋にも茹でて冷凍したり、いろんな保存の仕方があります。 里芋の保存方法はこちらをご覧ください。 その方法は上記の通り、レンジで3分ほど加熱して、粗熱を取ったら密閉袋に入れて冷凍保存します。 使うときは、冷凍庫から出したら、ラップで包んでレンジで短めに 1,2分加熱します。 皮つきで冷凍してもおいしく食べられますよ。 個人的には、里芋をお味噌汁に入れるのが好きで、皮を剥いて冷凍するときは半分や2cmほどの厚さに輪切りにしておきます。 凍ったまま使えて、型崩れもしにくく食べやすいのでおすすめです。 スポンサーリンク 里芋のあく抜きは必要? ごぼうやレンコンなど野菜によってはあく抜きが必要ですが、「里芋はあく抜きが必要なの?あく抜きの方法は?」って疑問に思ったことありませんか? 里芋には「あく」というより、あの独特なぬめりがありますよね。 含め煮などを作るときに、そのぬめりが 味を悪くしたり、ぬめりのせいで味が うまく染みこまないと言われ、あく抜きよりもそのぬめりを取ることをします。 ぬめりの取り方は、皮を剥いた里芋をボウルに入れて、塩をまぶして軽く手で揉みます。 その後、水洗い、できれば、その後軽く下茹でして一度茹でこぼしをして、ザルに挙げたら完成です。 あとは煮物などに味付けをして使いましょう。 ちなみに里芋をゆでるのは水からです。 ただこのぬめりには ムチンやガラクタンといった栄養成分がたっぷり含まれています。 どちらも 食物繊維でガラクタンは血中の脂質を減らし、動脈硬化を防いだり、 脳細胞を活性化して ボケや老化を防ぎます。 ムチンは消化を助けて 肝臓や腎臓を丈夫に保つ働きがあります。 ですので、気になるようであれば、ぬめりを取って処理するのもいいと思いますが、そうでない場合はせっかくの優れた栄養分を落としてしまうのはとてももったいないので、できればそのまま食べましょう。 ごぼうもあく抜きや下処理が必要です。 ごぼうの下処理の方法や保存法はこちらをご覧ください。 面倒と思っていた皮むきがなくなれば里芋の食卓への登場回数もこれから多くなりそうですよね。 電子レンジの皮むきと一緒に里芋の冷凍方法もおすすめですので、ぜひ使ってみてださい。 スポンサーリンク•

次の

今さら聞けない!里芋の下処理やアク抜き、ぬめり取りと下茹での時間

里芋 ゆで 時間

里芋の芽には毒はないので、問題なく食べることができます。 ただし、里芋の芽の色によってはえぐみが強く、食べても美味しくないものがあります。 食用に向いている芽はどのようなものなのでしょうか?白い芽の場合は柔らかくアクが少ないので、食用におすすめです。 アクが心配な人は、白いものを選ぶと失敗がないです。 里芋から赤い芽が出ている場合は、食べることが可能です。 皮を抜いて酢水に一時間ほど浸して、アク抜きをしてから食べるようにしましょう。 一方で、 里芋から緑の芽が出ている場合は食用には向いていないので、注意が必要です。 緑の芽の場合、アク抜きをしてもえぐみが残るほどアクが強いという特徴があります。 食べると喉がイガイガしてしまう可能性があるので、避けておいたほうが無難です。 しかし、万が一食べてしまった場合でも毒性は全くないので、心配は無用です。 里芋が緑色に変色してしまう場合は、栽培中や保存している間に日光が当たることによって葉緑素ができるのが原因です。 緑色に変色していると食べられるか心配になってしまいますが、この変色の場合は問題なく食べることができます。 ジャガイモが緑色に変色している場合は毒がある可能性が高いので、食べない方がいいですが里芋の場合は食べても大丈夫です。 ただし、緑色に変色した里芋には強いえぐみがあります。 えぐみの原因がシュウ酸カルシウムです。 里芋には皮の下2〜3mmほどのところにシュウ酸カルシウムの結晶が多く作られています。 里芋の緑色の部分はシュウ酸カルシウムが多くえぐみが強いので、取り除くようにしましょう。 ただ、食べても無害になるので、心配はいりません。 【材料】• 乾燥ずいき(イモガラ) 10g• 人参 50g• 蓮根 50g• A醤油 大さじ1. A砂糖 小さじ1• ごま油 大さじ1 【手順】• 乾燥ずいきは水に10分ほど浸し手でもみ洗いをしてから水気を切ります。 鍋に乾燥水と水をいれ加熱し、沸騰してから3分ほど茹でたら水にさらします。 水気を絞り3cmほど切ります。 人参は千切り、蓮根は薄切りにします。 ボールにAを加え混ぜ合わせます。 熱したフライパンにごま油をいれ、人参蓮根をいれしんなりするまで炒めます。 ほしずいきと調味料を加え、全体に味がなじむように炒めたら完成です。

次の