世帯 あたり の 自家用 車 が 多い 都 道府県。 信号機数の都道府県ランキング

都道府県別自動車保有数: SHINOblog

世帯 あたり の 自家用 車 が 多い 都 道府県

詳細は「」を参照 20世紀に入り、フォード・モデルT(販売1908年 - 1927年)の発売からでの普及が始まり、その後でも比較的廉価な車が発売された。 後には戦時中に兵器製造に従事していた各企業による自動車生産が始まり、特にのの産物である(1938年 - 2003年)は量産記録を打ち立てた。 1970年代には日本においても大衆車が普及しの海外輸出も始まり生産台数を伸ばし始め、同時にやなどでも自動車生産が始まった。 以下で述べる生産台数はメーカー国籍別ではなく、地理的に生産された国での数値である。 自動車の生産台数は1950年には約1058万台 で、その約8割は第二次世界大戦による戦災を逃れた米国によるものであった。 の地元であり、また後に日・独などのメーカーが進出した米国は、その後半世紀にわたり世界で最大の生産国であった。 60年代には・・・などの生産が立ち上がり、1960年の生産台数は1649万台となった。 70年代には日本における自動車の増産も始まり、1970年の生産台数は2942万台、1980年には3856万台 、90年代には韓国ついででの生産が増加し、1990年4855万台、2000年には約5837万台 、2010年には7758万台 2013年には8730万台 と増加し続けている。 2018年には1億台に達するとの予測も出ている。 日本における自動車生産は第二次世界大戦前は主に米国企業によるいわゆるの、戦後には戦災で破綻した物流システムを整えるべくトラックやバスの生産が優先された。 乗用車の生産台数がトラック・バスを追い抜いたのは1968年であった。 1960年の世界の生産台数は1649万台であったが、日本の生産台数は約76万台(内訳、乗用車17万台、トラック59万台、バス8千台)であった。 1960年当時には、それまで三輪車や二輪車を生産していた鈴木自動車、富士重工、ダイハツ、東洋工業、本田などの企業が四輪車の生産に乗り出していた。 「マイカー元年」と言われた1966年には229万台 (内、乗用車98万台 )でその内輸出は約26万台であった。 1980年には約1千万台に達し米国を上回った。 1980年の日本の自動車輸出台数は597万台であった。 1991年には過去最高の約1325万台を生産したが、以降は1千万台前後で推移している。 輸出は1985年がピークで673万台であった。 2009年には中国が1379万台で2位日本の793万台を大きく引き離し世界最大の自動車生産国となった。 2013年は中国が2212万台、米国1105万台、日本963万台、572万台、韓国452万台、388万台、374万台、305万台、253万台、238万台、218万台となっている。 自動車メーカーの国籍はともあれ、中国で突出した台数が生産されている。 2013年の自動車生産台数の4台に1台は中国で生産された。 その他の地域で約百万台規模の生産のある国は、113万台、121万台である。 の一員であるでは約50万台の生産があった。 自動車保有(普及)台数 第二次世界大戦による大量破壊の翌年の1946年における自動車登録台数は約5千万台 で、1955年に1億台を超え、1967年には2億台、1979年には4億台、1986年には5億台となり、24年後の2010年には10億台を超えた。 この間に各国で・の主体がから自動車へと転換し、総人口の増加、自動車普及率の向上とも相まって自動車登録台数が飛躍的に増加していった。 登録台数 ・自動車保有率の推移 年度 登録台数 1台あたりの 人口 備考 1945 0. 5億台 23. 5億人 47 人口は による。 1955 1億台 27. 7億人 27. 7 1960 30億人 24. 4 1967 2億台 34. 2億人 17. 1 1966年の人口値 1979 4億台 44. 5億人 11. 1 1980年の人口値 1986 5億台 48. 6億人 9. 7 1985年の人口値 2002 8億台 62. 4億人 7. 7 2010 10億台 69億人 6. 9 2030 20億台 83億人 4. 2 17億台とする予測もある。 その場合4. 9人に1台。 1台あたりの人口の数値は1960年と2002年のもの以外は登録台数の有効桁数を一桁で計算しているので、大まかな数値である。 0-10 20世紀末からは中国の経済成長に伴い、中国での自動車生産も始まり21世紀初頭には米国に次ぐ自動車保有国となった。 2010年の中国の自動車登録台数は前年比27. 中国に並ぶ人口大国のインドでも経済成長が著しく大きく登録者台数を伸ばしているが自動車保有台数は中国の約3分の1である。 中国についで増加台数の多い国はブラジルで2010年には250万台増加した。 2012年末における世界の乗用車、トラック・バスを含む四輪車保有台数は約11億台で、6. 3人に1台の保有率となっている。 11億台の内訳は乗用車が7億7332万台、トラック・バスが3億4123万台で、乗用車の普及率は9. 1人に1台となっている。 自動車の普及の著しい北アメリカ、西ヨーロッパ、日本、では乗用車の普及率は約2人に1台であるが、米国に次ぐ自動車保有国である中国では人口あたりの乗用車保有率は約26人あたり1台である。 自動車の地域別保有台数を以下の表で示す。 なおICCTの2013年の報告書では自動車をLight-duty(軽量車両)とHeavy-duty(重量車両)に2分して集計している。 米国の環境庁()によるLight-dutyの分類は車重8500(約3. 8トン)以下の自動車であり 、ほぼ日本で普通免許で運転できる自動車に相当する。 Heavy-dutyはバスや大型トラックといった業務用の車両と見なせる。 前述した日本自動車工業会による乗用車とトラック・バスとの分類とは異なることに留意。 4億台があった。 これに続くのが国土面積や人口で比較にならないが中国と日本である。 次は日本より人口が1割強多く最大の国土を持つで保有台数は約4千万台であった。 2030年にかけては、EU27カ国および米国では2-3割の増加でそれぞれ3. 5億台、3. 0億台、中国は約3倍の2. 2億台、インドは約6倍の1. 2億台となると推定されている。 ついでロシア87百万台、2010年比微減となると予想される日本の73百万台、1. 8倍の53百万台となるブラジルなどが続く。 経済成長の著しい韓国では2030年には普及率が日本など自動車先進国と並び倍増の4千万台となると予想されている。 自動車社会ロサンゼルスの現状 最多の保有台数(全4輪車1台あたり1. 2人)である米国のなかでも保有率が高いのがである。 なお米国の普及率を乗用車のみでみると1台あたり2. 6人と他の自動車普及国がほぼ2. 0人かそれ以下であるのに対して普及率が低くでている。 これは米国では乗用車に分類されないと呼ばれるトラックが自家用として広く普及しているためである。 自動車社会であるは、面積がの約4. 6倍の約1万平方キロで、人口は東京都の約4分の3の約1千万人 で、約700万台(2008年末)の登録車両がある。 運転出来ない若年層を考慮すると平均ではほぼ1人に1台の状態である。 これにより街自体が人の移動を車によるものとの前提で開発され、広大な駐車場を備えたやが近郊のを駆逐していき、ちょっとした買い物でも車で移動せざるを得ない状態になっている。 1990年代には地下鉄()の開業が始まったが、整備状況は限られている。 ロサンゼルス郡では網(Freeway)も張り巡らされており、多くの一般道も片側3車線前後であるが、朝夕の通勤退社時には高速一般道ともに大きく渋滞している。 ではガソリン価格は米国平均よりも高く、もより厳しい独自のものを設定しており、より小型の車やハイブリッドカーが選択される傾向が他州よりも強い。 日本の自動車保有台数 日本には1898年(明治31年)ごろから自動車が輸入されはじめ、が成立した1919年(大正8年)には自動車台数は5000台に達していた。 のを挟んで急増し、1926年(大正15年)で3万2000台に達し、1932年(昭和7年)には10万台を越えた。 1945年(昭和20年)における二輪車・小型特殊車両を除いた自動車保有台数は、14万台弱、保有率は0. 9万台、1955年(昭和30年)には92. 2万台となる。 1956年(昭和31年)には戦後の復興を遂げ「もはや戦後ではない」といわれるようになり、前年1955年にはが「国民車構想」を発表した。 1958年(昭和33年)にが発売され60年代前半には各社から軽自動車が発売された。 1960年(昭和35年)は230万台、1965年(昭和40年)には724万台となり、わずか10年間で約8倍に急増した。 1966年(昭和41年)は「マイカー元年」と呼ばれ・などの大衆車が発売され自動車が普及し始めた。 1966年(昭和41年)のトラック・バスなどの大型車も含めた自動車保有台数は約884万台で、翌1967年には1095万台、1971年(昭和46年)に2045万台、1982年(昭和57年)に4130万台、1997年(平成10年)に6984万台となった以降は微増となり 2004年以降は7500万台前後で推移し、2014年は2輪車を除いた保有台数は7721万台、保有率は60. この保有台数は国別では米国、中国に次ぐ3番目で、人口あたりの保有台数では米国や西ヨーロッパ諸国とほぼ同率である。 2030年にかけては海外では引き続き増加していくが、日本では微減すると予想されている。 60年代後半からの急激な自動車の増加に対して道路整備は立ち遅れ、各地で交通渋滞や交通事故の増加が問題となった。 また排気ガスによる大気汚染も70年代に深刻化した。 日本においては1970年代から高速道路(高規格幹線道路)の整備が始まったが、急増する保有台数に追いついておらず、日本の高速道路の整備状況は米国とはもちろん、ドイツ、フランス、中国、イギリス、韓国よりも低い水準である。 なお二輪車では、を除く125cc超の二輪車は1966年には約88万台であったが 、2013年には125cc超が4倍の約354万台となった他、原付第一種が666万台、第二種が163万台で二輪車の合計は1182万台であった。 2013年の四輪と二輪の合計は8791万台で国民1. 4人に1台の普及率となっている。 20世紀末から日本の登録台数は頭打ちであるが、小型車、特に軽自動車がシェアを拡大してきている。 軽自動車は技術の進歩に加えて、従来の取り回しの良さと経済性で弱点が少ないことから、90年代以降着実に台数を伸ばしている。 都道府県別の自動車普及率 2013年の日本の自動車普及率は対人口では1台あたり1. 7人、乗用車に限ると2. 1人であり、これは100人あたり59. 7台、46. 6台となる。 以上は自家用、業務用、軽から大型まですべてを含む数値である。 2013年の世帯あたりの自家用乗用車(軽自動車も含む)の普及率をみると、日本平均は1世帯あたり1. 08台で各家庭にほぼ1台の割合となっている。 世帯あたりの人数は、2010年では最大が山形県の3. 16人で最低がの2. 27人で全国平均は2. 59人であった。 世帯ベースで各地域をみると保有台数の多い県は上位10地域で、福井県(1. 77台)、富山県(1. 73台)、群馬県(1. 68台)、山形県(1. 68台)、(1. 65台)、栃木県(1. 65台)、茨城県(1. 63台)、長野県(1. 59台)、福島県(1. 56台)、新潟県(1. 56台)などで、その他の大半の県で1台以上となっている。 1台を切るのは5地域のみで、少ない方から東京都(0. 48台)、大阪府(0. 68台)、神奈川県(0. 75台)、京都府(0. 86台)、兵庫県(0. 94台)と、当然ではあるが、公共輸送機関の発達したの高い(の激しい)都道府県で保有台数が少なくなっている。 なおこの5都府県に続いてすくないのが北海道(1. 008台)、千葉県(1. 02台)であった。 国土面積の約2割以上を占める広大な北海道で世帯当たりの保有数が少ないのは世帯あたりの人数が最小であることも影響している。 登録台数予測 将来の登録台数予測はいくつかの機関から出されており、2030年の自動車登録台数は17億から20億台との推定が出ている。 自動車は2030年にかけて中国、中近東、インドで大きく普及し、総普及台数は17億台に達すると見られている。 2050年には25億台となるとの予測も出されている。 二輪車も2010年の約4億台から2030年には9億台へ達すると推定されている。 仮に中国で乗用車の普及率が先進国並の2人に1台となると2012年時点の人口13. 4億人では6. 7億台となり、約6億台が増加することとなる。 これは2013年の世界の自動車生産実績8730万台の約7年分に相当し、2013年の中国の自動車生産実績2212万台の27年分である。 コトバンク. 2020年5月4日閲覧。 コトバンク. 2020年5月4日閲覧。 コトバンク. 2020年5月4日閲覧。 コトバンク. 2020年5月4日閲覧。 コトバンク. 2020年5月4日閲覧。 コトバンク. 2020年5月4日閲覧。 2020年5月4日閲覧。 2020年5月4日閲覧。 Online Etymology Dictionary. 2020年5月4日閲覧。 Online Etymology Dictionary. 2020年5月4日閲覧。 Online Etymology Dictionary. 2020年5月4日閲覧。 『角川最新国語辞典』、編、、1989年10月(原著1987年2月)、再版。 「自動車、そして人」p21 財団法人日本自動車教育振興財団 1997年10月1日第1刷• 「自動車、そして人」p122 財団法人日本自動車教育振興財団 1997年10月1日第1刷。 2016年4月19日. 2019年9月3日閲覧。 2016年6月7日. 2019年9月3日閲覧。 『』朝刊2017年8月29日(経済面)• 日本エネルギー経済研究所• DOT• 1950年から1990年までの数値は英版より。 International Organization of Motor Vehicle (OICA)• OICA• OICA• The Wall Street Journal Global Car Sales Seen Rising to 85 Million in 2014]• 68-76, 北海道大学經濟學部• 曽穎、「」『現代社会文化研究』 2007年 39巻 p. 109-124, , 新潟大学大学院現代社会文化研究科• [ リンク切れ]• 文部科学省• (OICA)• 日本自動車工業会• 特記ない限り人口は世界人口の頁より。 日本自動車工業会• 日本自動車工業会• EPA• US Census Bureau• Los Angeles Almanac• USA Today• , p. 163. , p. 172. 260—261. 日本自動車工業会• 資源エネルギー庁 エネルギー白書2006• , p. 経済産業省• 日本自動車工業会• 厚生労働省• 日本自動車工業会• Huffingtonpost• Focus 2 move• 小学館『デジタル大辞泉』. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。 小学館『デジタル大辞泉』. コトバンク. 2020年5月4日閲覧。 パラジウムは、プラチナと同じ白金族金属(PGM)で 自動車の排気ガス浄化触媒など工業用として用いられています。 パラジウムは、ロシアと南アフリカで8割以上の生産量を占めています。 次の図は、パラジウムの生産... 世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。 金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。 下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。 CFDの原油にはWTI原油とブレント原油があります。 WTI(West Texas Intermediate)原油は、米国産の原油のことです。 WTI原油スポットともいいます。 スポットとは、1回限りの取引... 世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。 その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり... ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。 そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。 ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。 表の「コード」は株式コード、「市... 株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。 株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

次の

都道府県データランキング

世帯 あたり の 自家用 車 が 多い 都 道府県

下記表「普及率・保有台数・世帯数」の部分をクリックすると順番を入れ替えられます。 都道府県 普及率 保有台数 世 帯 数 北 海 道 100. 1位・・・東京(45. 2位・・・大阪(65. 3位・・・神奈川(73. 4位・・・京都(83. 5位・・・兵庫 (92. 公共交通機関も充実していて、レンタカーやカーシェアリングなどのサービスも普及している事から、自動車を保有しようと考える人は少ないです。 なにより保管場所となる駐車場代の高さが所有する妨げとなっています(参考:)。 また、これらの都府県には大学が密集しているので、一人暮らしの学生が多いのも要因の1つでしょう。 【参考】日本全体の自動車保有台数の推移 昭和50年から平成27年までの日本全体の「自動車保有台数」と「世帯当たりの普及台数」の推移は以下の通りです。 (出典:自動車検査登録情報協会) ここ数年、自動車保有台数の伸び率は鈍化していますが、増加傾向に有ります。 グラフ全体で見ると、右肩上がりです。 一方、世帯当たりの普及台数は平成10年ぐらいまでは、保有台数の増加に比例して伸びていました。 しかし、それ以降は保有台数が増加しても、ほぼ一定の値を維持しています。 その主な要因は「核家族化」です。 家族構成が「3世代以上」から「2世代」へと変化し、世帯数が増加したためです。 保有台数が増えてもその分世帯数も増えているので、世帯当たりの普及台数は一定に推移するようになったんですね。

次の

自動車

世帯 あたり の 自家用 車 が 多い 都 道府県

ここから本文です。 国勢調査からわかったこと 平成22年国勢調査の結果からわかったことについて、グラフや図表を用いてライフステージ別に解説しています。 カテゴリーから探す かんたんな説明 日本には何人住んでいるの?子どもの数や年齢・都道府県別の人口について「わかった!」ことを紹介します。 最も人数が多いのは高卒?それとも大卒?10年前と比べた結果についても,図から一目でわかります。 5年前に住んでいた場所から住所を変えた人はどれくらいいるの?移動した人の割合が高いのはどこの県?国内における人の動きが見えてきます。 昼夜間人口比率が高いのはどこの県?3大都市の区でみてみると?県によって異なる通勤手段もわかります。 15歳以上で働く意欲を持つ人の割合はどれくらい?正規・非正規の職員・従業員の割合,女性の働き方についてもみていきます。 働いている人の割合が高い業種・仕事は?5年前と比べて,働いている人の割合が増えている業種・仕事にも注目です。 未婚の人は何人いるの?結婚している人の割合が未婚の人の割合を上回る年齢は?10年前,20年前と比べてみていきます。 日本の世帯の数は?1世帯あたり何人いるの?一人暮らし(単独世帯)について知りたい方もこちらをどうぞ。 マイホームをもっている世帯の割合は?1世帯あたりの住居の広さもわかります。 世界で最も高齢化がすすんだのはどこの国?都道府県別でみてみると?一人暮らしの高齢者にも注目です。 日本に住む外国人は何人いるの?どの国の人が多いの?外国人のいる割合が高い県,低い県がわかります。 1.平成22年10月1日現在,日本の人口は?• 1億2805万7352人,平成17年から横ばいで推移 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 2.日本に住んでいる人のうち,日本人の人口は?• 1億2535万人9千人,平成17年から横ばいで推移 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 3.子どもや高齢者の数は? 年齢区分 人口 総人口に占める割合 前回との比較 15歳未満 1680万3千人 13. 2% 4. 1%減 15歳〜64歳 8103万2千人 63. 8% 3. 6%減 65歳以上 2924万6千人 23. 0% 13. 9%増 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 4.日本は世界で何番目に人口が多い? 順位 国名 人口 1位 中国 13. 41億人 2位 インド 12. 25億人 3位 アメリカ合衆国 3. 10億人 4位 インドネシア 2. 40億人 5位 ブラジル 1. 95億人 6位 パキスタン 1. 74億人 7位 ナイジェリア 1. 58億人 8位 バングラデシュ 1. 49億人 9位 ロシア 1. 43億人 10位 日本 1. 28億人 資料:United Nations,"World Population Prospects, The 2010 Revision" による。 ただし,日本は国勢調査の結果による。 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 5.人口が多い都道府県,少ない都道府県は? 東京都,神奈川県,千葉県など9都府県で増加,38道府県で減少 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 8.前回調査(平成17年)と比べて人口増加から人口減少に転じた県は?• 栃木県・静岡県・三重県・京都府・兵庫県・岡山県の6府県 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 9.人口が多い市区町村又は少ない市区町村は? 順位 多い市区町村 少ない市区町村 市区町村名 人口 市区町村名 人口 1位 東京都特別区部 894万6千人 東京都青ヶ島村 201人 2位 横浜市 368万9千人 東京都利島村 341人 3位 大阪市 266万5千人 東京都御蔵島村 348人 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 10.人口が増加または減少している市町村の数は?• 全国1728市町村のうち,407市町村で人口が増加(全体の4分の1)• 全国1728市町村のうち,1321市町村で人口が減少(全体の4分の3) 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 11.人口増加率が高い市町村又は低い市町村は? 順位 高い市町村 低い市町村 市町村名 増加率 市町村名 増加率 1位 三重県朝日町 35. 3% 奈良県野迫川村 -29. 5% 2位 東京都御蔵島村 19. 2% 高知県大川村 -23. 6% 3位 茨城県守谷市 16. 4% 北海道占冠村 -23. 4% 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 1.高校・旧中学校又は大学・大学院が最終学歴の人は? 最終卒業学校の種類 人数 卒業者に占める割合 高校・旧制中学校 4140万人 46. 5% 大学・大学院 1771万7千人 19. 9% 詳しくは へ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】 1.5年前に住んでいた場所から住所を変えた人は?• 総人口の2割を超える者が住所を移動 注:割合は総人口から5年前の常住地が「不詳」の者を除いて算出 詳しくはへ 【移動人口の男女・年齢等集計結果(平成24年1月公表)】 2.5年前に住んでいた場所から住所を変えた人(移動人口)の割合が高い又は低い都道府県は? 移動人口は東京都が27. 5%と最も高く,秋田県が16. 0%と最も低い 詳しくはへ 【移動人口の男女・年齢等集計結果(平成24年1月公表)】 3.人口のの割合が高い都道府県又は低い都道府県は?• 転入の割合は東京都が10. 1%と最も高く,北海道が2. 8%と最も低い 詳しくはへ 【移動人口の男女・年齢等集計結果(平成24年1月公表)】 1.通勤・通学をしている人の割合の変化は?• 平成17年に比べ従業又は通学をする者の割合は低下• 従業も通学もしていない者の割合は上昇 詳しくはへ 【従業地・通学地による人口・産業等集計結果(平成24年6月公表)】 2.昼夜間人口比率が高い都道府県又は低い都道府県は? 注:昼夜間人口比率・・・ 順位 高い都道府県 低い都道府県 都道府県名 昼夜間人口比率 都道府県名 昼夜間人口比率 1位 東京都 118. 4 埼玉県 88. 6 2位 大阪府 104. 7 千葉県 89. 5 3位 愛知県 101. 5 奈良県 89. 9 詳しくはへ 【従業地・通学地による人口・産業等集計結果(平成24年6月公表)】 3.3大都市のなかで昼夜間人口比率が高い区又は低い区は? 都市名 高い区 低い区 区名 昼夜間人口比率 区名 昼夜間人口比率 東京都特別区部 千代田区 1738. 8 練馬区 82. 1 大阪府大阪市 中央区 591. 9 鶴見区 88. 6 愛知県名古屋市 中区 379. 1 緑区 80. 0 詳しくはへ 【従業地・通学地による人口・産業等集計結果(平成24年6月公表)】 4.通勤・通学にの都道府県別の傾向は?• 37道県において「自家用車のみ」で通勤・通学する人が半数以上• 東京都及び大阪府とその周辺の府県では「鉄道・電車」の利用者が多い 詳しくはへ 【従業地・通学地による人口・産業等集計結果(平成24年6月公表)】 1.は?前回調査(平成17年)と比べてどのように変化したのか? 性別 労働力率 前回(平成17年)との差 男性 73. 8% -1. 5ポイント 女性 49. 6% 0. 8ポイント 詳しくはへ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】 2.男女の年齢別のはどのように変化したのか?• 年齢別に分布を取ると,男性は台形型,女性はM字型• 女性の労働力率はほとんどの年齢階級で上昇 詳しくはへ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】 3. と非正規の職員・従業員として働いている人の割合は? 性別 正規の職員・従業員 労働者派遣事業所の派遣社員 パート・アルバイト・その他 男性 82. 3% 2. 5% 15. 2% 女性 45. 4% 4. 3% 50. 3% 詳しくはへ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】 4.年代別の男女の働き方は?• 男性は,20歳から59歳までの各年齢階級で「正規の職員・従業員」として働く人が半数を超えている• 女性は,20歳から34歳までの各年齢階級で「正規の職員・従業員」として働く人が半数を超えているが,40歳以上では「正規の職員・従業員」より「パート・アルバイト・その他」が多くなる 詳しくはへ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】 1.別就業者の割合の変化は?• 医療,福祉の割合が最も増加• 建設業の割合が最も低下 詳しくはへ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】 2.卸売業・小売業,製造業,医療・福祉のそれぞれについて,都道府県内で最も就業者の割合が高くなっている都道府県は? 順位 卸売業・小売業 製造業 医療・福祉 都道府県名 割合 都道府県名 割合 都道府県名 割合 1位 宮城県 18. 7% 滋賀県 26. 5% 高知県 14. 9% 2位 福岡県 18. 6% 静岡県 25. 1% 長崎県 14. 8% 3位 香川県 18. 1% 愛知県 24. 5% 鹿児島県 14. 4% 詳しくはへ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】 3.共働きの世帯は?• 夫婦ともに「就業者」の世帯は1267万6千世帯,夫婦のいる一般世帯数の45. 4% 詳しくはへ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】 4.別就業者の割合の変化は?• 専門的・技術的職業従事者,サービス職業従事者等の割合は平成7年以降一貫して上昇している• 生産工程従事者の割合は平成7年以降一貫して低下している• 販売従事者の割合は平成17年から1. 4ポイント低下している 詳しくはへ 【職業等基本集計結果(平成24年11月公表)】 1. 未婚者の数と割合は? 性別 未婚者数 15歳以上の男性・女性に占める割合 男性 1663万9千人 31. 9% 女性 1309万人 23. 3% 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 2.年齢別に見た男女のは?• 男性は,20〜60代まで有配偶者の割合が低下し,未婚者の割合が上昇傾向にあり,また,30〜70代以上まで,有配偶者の割合が,未婚者や死別・離別者の割合より高い• 女性は,10代後半〜50代まで有配偶者の割合が低下し,10代後半〜60代前半まで未婚者の割合が上昇傾向にあり,また,70代以上で,死別・離別者の割合が,有配偶者の割合より高くなっている 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 1. 数・1世帯当たりの人員は?• 一般世帯数は5184万2千世帯,増加傾向• 1世帯当たりの人員は2. 42人,減少傾向 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 2.世帯の人員構成は?• 一人暮らし世帯()が最も多く(1678万5千世帯),3世帯に1世帯の割合• 世帯員が3人までの世帯は増加傾向,4人以上の世帯は減少傾向 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 3.1世帯当たりのが多い都道府県又は少ない都道府県は? 順位 多い都道府県 少ない都道府県 都道府県名 世帯人員 都道府県名 世帯人員 1位 山形県 2. 94人 東京都 2. 03人 2位 福井県 2. 86人 北海道 2. 21人 3位 佐賀県 2. 80人 鹿児島県 2. 27人 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 4.一般世帯のの変化は?• 単独世帯の割合が,最も多い家族類型• 夫婦と子どもから成る世帯の割合が低下傾向 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 1.に住む世帯の割合(持ち家率)は?• 9%(3159万4千世帯),前回(平成17年)より0. 2ポイント低下 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 2.持ち家に住む世帯の割合(持ち家率)が高い都道府県又は低い都道府県は? 順位 高い都道府県 低い都道府県 都道府県名 持ち家率 都道府県名 持ち家率 1位 富山県 78. 3% 東京都 46. 6% 2位 秋田県 78. 3% 沖縄県 49. 6% 3位 福井県 75. 7% 福岡県 53. 7% 注:順位は小数第二位以下の数値を考慮して決定 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 1.世界の中でみた日本の高齢者(65歳以上)人口の割合は?• 高齢化が急速に進展して,今や世界で最も高い水準 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 2.高齢者の割合が高い都道府県又は低い都道府県は? 順位 高い都道府県 低い都道府県 都道府県名 65歳以上の人口の割合 都道府県名 65歳以上の人口の割合 1位 秋田県 29. 6% 沖縄県 17. 4% 2位 島根県 29. 1% 神奈川県 20. 2% 3位 高知県 28. 8% 愛知県 20. 3% 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 1.日本に住んでいる外国人はどれくらいいるの?• 平成22年10月1日現在,164万8千人• 昭和55年より年々増加 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 2.日本に住んでいる外国人のうち,最も多い国籍は? 順位 国籍 人口 外国人人口に占める割合 1位 中国 46万人 27. 9% 2位 韓国. 朝鮮 42万3千人 25. 7% 3位 ブラジル 15万3千人 9. 3% 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 3.外国人が多い都道府県は? 順位 多い都道府県 少ない都道府県 都道府県名 人口 都道府県名 人口 1位 東京都 31万9千人 高知県 3,172人 2位 大阪府 16万5千人 秋田県 3,356人 3位 愛知県 16万人 佐賀県 3,594人 順位 外国人の割合が高い都道府県 外国人の割合が低い都道府県 都道府県名 都道府県人口に占める割合 都道府県名 都道府県人口に占める割合 1位 東京都 2. 46% 青森県 0. 27% 2位 愛知県 2. 18% 秋田県 0. 31% 3位 大阪府 1. 88% 鹿児島県 0. 32% 詳しくはへ 【人口等基本集計結果(平成23年10月公表)】 4.外国人就業者の割合が高い産業は? 順位 産業 割合 1位 製造業 33. 6% 2位 宿泊業,飲食サービス業 10. 1% 3位 卸売業,小売業 9. 7% 詳しくはへ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】 5.外国人就業者の割合を産業別,国籍別にみると?• 「ブラジル」は「製造業」が66. 1%,「アメリカ」は「教育,学習支援業」が46. 2%,「韓国,朝鮮」は日本人に近い産業別構成 詳しくはへ 【産業等基本集計結果(平成24年4月公表)】.

次の