台湾 感染 者 数。 新型コロナウイルスで台湾旅行大丈夫?対策や感染者数の最新情報!|好好日めも

外務省 海外安全ホームページ|各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況

台湾 感染 者 数

海軍の補給艦「磐石」 1月20日、市で働く国籍の55歳女性がで入国する際に発熱があると自訴したため、すぐに病院で隔離された。 21日に感染を確認。 同月11日から症状があったという。 1月24日、を訪れていた50代の中国人女性と50代の台湾人男性の感染が確認された。 1月26日、50代の台湾人女性の感染が確認された。 1月27日、新たに50代の台湾人女性の感染が確認された。 患者は2019年10月より武漢市で働き、1月20日に台湾に帰った。 武漢市にいた期間に市場や生きた動物に接触したことがないという。 1月28日、22日に武漢市から台湾に観光に来て、25日に発熱症状があった70代女性2人と、台湾で5人目の感染者とともに暮らしていた50代男性の感染が確認された。 1月30日、女性1人の感染が確認された。 武漢市で働いた台湾人男性の妻である。 翌日に夫の感染も確認された。 2月4日、武漢からチャーター機で帰った247人のうち、1人の感染が確認された。 2月5日、台湾政府は住民に対して、への渡航中止を勧告した。 2月6日、新たに2人の武漢での居住歴がある台湾人の感染が確認された。 同日夜、1月22日 - 2月1日に香港経由でイタリアに旅行に行ったことがある50代台湾人夫婦および1月21日 - 24日に家族とともにマカオに旅行に行った40代台湾人女性の感染が確認された。 2月8日と9日、旅行から帰国した夫婦の20代息子2人の感染が確認された。 2月15日夕方、台湾中部で出国したことがない60代男性が死亡、翌日に感染が確認された。 また、この男性の親族の50代男性の感染も確認された。 2月17日、死亡男性の親族である80代女性と30代男性の感染が確認された。 2月19日、死亡男性の親族である60歳女性の感染が確認された。 2月20日、台湾北部在住の60代女性の感染が確認された。 2月21日、前日に感染が確認された女性の40代娘と20代孫娘の感染が確認された。 2月23日、台湾北部在住の80男性とその息子である50代男性の2人の感染が確認された。 2月24日、前日に感染が確認された2人の家族である男女2人の感染が確認された。 2月25日、23日と24日に感染が確認された一家のうち、さらなる1人の感染が確認された。 2月26日、外国人看護師1人の感染が確認された。 2月28日、2月17日〜22日にへの団体ツアーに参加した北部在住の30代男性と海外渡航歴のない50代女性の感染が確認された。 2月29日、前日に感染が確認された50代女性が訪れた台湾北部の病院の看護師3人と清掃スタッフ1人、・団体旅行から帰った60代女性の感染が確認された。 3月1日、で帰国した70代女性の感染が確認された。 当該患者は船内で1度陽性反応が出ており、日本の病院に入院したが、25日にウイルスの陰性反応が2回出たので、退院し台湾に帰った。 3月2日、感染者の親族である20代女性1人の感染が確認された。 3月3日、感染者と同じだった入院者の親族である50代女性の感染が確認された。 3月5日、国内接触者である50代女性と旅行から帰国した30代男性の感染が確認された。 3月6日、感染者1人と同じ病室を利用していた50代女性の感染が確認された。 3月10日、国内接触者である20代男性とから帰国した30代男性の感染が確認された。 3月11日、から帰国した30代女性の感染が確認された。 3月12日、・旅行から経由で帰国した40代女性の感染が確認された。 3月13日、米国から来た友人と国内で会った50代男性の感染が確認された。 3月14日、を訪れていた30代男性、・への旅行からトルコ経由で帰国した30代男性、とへの出張から帰国した30代男性の感染が確認された。 3月15日、タイとを訪れていた30代男性、エジプトに参加した50代男性、トルコ団体旅行に参加した40代男性と70代女性、留学先のから帰国した20代女性、への家族旅行から帰国した10代男性の感染が確認された。 3月16日、・・への旅行から帰国した20代女性、・への団体旅行に参加した50代女性、フィリピンから帰国した60代女性、エジプト団体旅行に参加した50代男性、留学先のスペインから帰国した20代男性、トルコ団体旅行に参加した50代女性と60代男性の感染が確認された。 3月17日、トルコ団体旅行に参加した4人、エジプト団体旅行に参加した60代男性、オーストリア・チェコへの団体旅行に参加した70代女性、への旅行から帰国した30代男性、ドイツ旅行から帰国した20代男性、への旅行から帰国した30代女性、チェコとを訪れていた60代女性の感染が確認された。 3月18日、海外旅行から帰国した21人と国内接触者2人の感染が確認された。 3月19日、エジプト団体旅行に参加した70代男性、アメリカ出張に帰国した50代女性、国内接触者である男子、オーストリア・チェコへの団体旅行に参加した40代男女2人、留学先のフランスとスペインから帰国した20代男性2人、15日に入国した50代男性の感染が確認された。 3月20日、海外入国者24人と国内接触者3人の感染が確認された。 同日、1人が死亡。 3月21日、海外入国者18人の感染が確認された。 3月22日、海外入国者13人と国内接触者3人の感染が確認された。 3月23日、海外入国者25人と国内接触者1人の感染が確認された。 3月24日、海外入国者20人と国内接触者1人の感染が確認された。 3月25日、海外帰国者19人の感染が確認された。 3月26日、海外入国者15人と国内接触者2人の感染が確認された。 3月27日、から入国した7人、から入国した6人など、海外帰国者15人の感染が確認された。 3月28日、海外入国者14人と国内接触者2人の感染が確認された。 3月29日、海外入国者14人と国内接触者1人の感染が確認された。 3月30日、イギリスから帰国した2人、米国から帰国した3人、フィリピンから帰国した1人、国内接触者である10歳未満の男の子の感染が確認された。 同日、40代男性ツアーガイドを含む3人の死亡が確認された。 3月31日、海外入国者14人と国内接触者2人の感染が確認された。 4月20日前後、の「 ()」に乗務していた軍人ら27人の感染が確認された。 5月2日、セネガルから帰国した夫婦および、日本やオーストラリアを旅行していた海外入国者の3名の感染が確認された。 5月3日、磐石乗務の713名全員の検査結果が判明し、新たに4名の感染が確認され数日間続いた0確診(新規発症者ゼロ)が途絶えた(本土感染者ゼロは継続中)。 5月29日、ロシアから日本経由で帰国した96人の帰国者から1人の感染が確認された。 6月15日、2日前にバングラディシュから帰国した夫婦2人の感染が確認された。 6月18日、15日の感染者と同じ便でバングラディシュから帰国した別の乗客1人の感染が確認された。 政府の対応 [ ] 詳細は「」を参照 2020年1月2日の段階でCDC()は専門家会議を招集。 台湾政府政権中枢(および与党民進党)には元々医療従事者が多く、2003年の流行時に衛生署(衛生福利部の前身)署長を務めるなど公衆衛生の専門家でもあるの や、の らが(中央感染症指揮センター)で指揮官を務める衛生福利部部長の(歯科医)を後方支援している。 陳其邁が省庁を横断する調整に奔走し、工場自動化の専門家でもある部長により1か月弱でマスクの国内での大量生産を実現した。 また、流通面でも蔡英文が就任直後からIT担当閣僚として抜擢していた民間人の(オードリー・タン)によるマスク店頭在庫のオンライン可視化により非感染の市民の不便を極力減らすように努めたことなども併せて 、中国政府が実態を公表する前後から比較的迅速な初動で被害拡大防止と混乱の最小化を推進している。 2003年の時も含めて長らくWHO参加を閉ざされてきたが、グローバル規模での感染拡大や日米欧各国によるWHOへの参加働きかけを受けて 、2020年2月中旬からオブザーバーという形ではあるが参加が実現している。 2月2日、部長の ()はと見做すことでイタリアとベトナムに台湾との航空便を停止させたとしてWHOに抗議した。 また、中央感染症指揮センターは高校生以下の冬休みを当初予定されていた11日から25日に延長することを発表した。 2月4日、香港のクルーズ船運営会社・ドリームクルーズは、所属のクルーズ船「」がに入港するも、乗客の下船が認められなかったため、既に香港へ回航したと公表した。 1月19日 - 24日に当該クルーズ船を利用した中国人3人が帰国後、2月3日に感染が確認されたため、台湾当局は下船許可を下さなかった。 2月6日、台湾政府は中国人の入境を全面禁止とした。 また、各国、地域を運航するクルーズ船の寄港も禁じた。 (沈栄津の行政院副院長転任に伴い昇格。 ) () 経済学者 無 財政学教授 部長 - 為替介入。 0を発表する CECC指揮官の陳時中 (2020年4月27日) マスク工場を視察した 新副総統の頼清徳 (2020年6月12日) マスク [ ] 「」も参照 1月24日、台湾政府は1か月間フェイスマスクの輸出を一時的に禁止することを発表した (4月13日に禁輸措置を6月末まで延長 )。 国内でのマスク生産能力は3月前半に日産1,000万枚に 、4月6日に日産1,500万枚に 、4月下旬には日産1,700万枚に到達、5月中に1,900万枚を目指している。 経済部は5月17日、国民用の備蓄が累計1億枚に、生産量も直近で日産2,000万枚(6月末で同2,500万枚見込み)に達したため輸出解禁の見通しを初めて示した。 『マスク実名制1. 0』 2月3日より政府はマスク配給制度を導入し、国民に国民健康保険証の提示を義務付けた。 また、外国人登録証明書の所持者や有効な入国許可を持つ者にもこの制度が与えられた。 奇数番号の身分証明書を持つ者は、月曜日、水曜日、金曜日にマスクを購入することが許可され、偶数番号の身分証明書を持つ者は、火曜日、木曜日、土曜日にマスクを購入することが許可された。 なお、日曜日は誰でもマスクを購入することができる。 大人は1回につき2枚、子供は4枚を購入することが許可されていたが、最後の購入から最低7日が経過しなければ購入することが出来ないという制限があった。 13歳未満の子供の制限は2月27日に取り消された。 3月5日、成人は一週つき3枚のマスクを購入することが許可され、子供の割り当ては5枚に引き上げられた。 『マスク実名制2. 0』 3月12日、成人用マスクはオンライン注文が可能となった。 子供用は4月15日から可能となるが、同23日からは購入可能な保険証を16歳以下のものに制限する。 4月9日、1人当たりのマスク購入制限を成人は2週間に9枚(子供は10枚)および曜日ごとの購入制限を緩和。 『マスク実名制3. 『マスク実名制4. 0』 4月27日、マスク増産により海外支援の余裕が生じたため、一般市民からの海外への寄贈(相手国の指定は不可)申し込みをアプリで可能とした。 IC健保カード EMask(マスクオンライン購入) ポータル画面 他 [ ] が2020年3月4日から同月末まで体温計の輸出規制を実施。 移動規制 [ ] 台北捷運改札口での体温監視 (2020年4月18日。 ) 市内バスを含む公共交通でも マスク着用が義務化 (台中市、2020年4月) 自社キャラクターのを 用いた高雄捷運の啓発ポスター (2020年5月1日) 台鉄の改札口 (基隆市、2020年4月15日) 校門で学生の体温測定を実施 (高雄市内、2020年2月24日) 台湾では、2020年3月14日現在、のほとんどの国から台湾に帰国した者、および中国、香港、マカオ、ドバイを経由して移住した者は、14日間自宅で検疫する必要がある。 3月17日現在、この国で許可されている外国人、つまり、外国人登録証明書を保持している、または緊急の外交、ビジネス、またはその他の特別な任務にある者は、公的検疫センターの部屋を借りることができる。 交通機関 は4月1日より違反者への罰則を伴う国内公共交通機関でのマスク着用を義務化を開始、各交通機関で順次導入される。 長距離バス大手は乗客への体温測定を行い発熱者の乗車を拒否する措置を2月初頭から独自に実施。 は2月29日より主要駅へのサーモグラフィーを設置、体温37. 5度以上の旅客には耳測定を複数回行い、38度を超過すると乗車を拒否する措置を実施。 台北捷運では5月7日より各車両の混雑具合を4段階の色で区分し、直近の列車の区分をホームの発車標や自社スマートフォンアプリ「台北捷運GO」で知らせるシステムをに先行導入した。 でも同日より台北駅での実施を始め 、4月1日より34駅に拡大し、30日までに駅員を配置する全192駅で実施する(無人駅の47駅については4月10日ごろからボランティアスタッフを派遣し対応する)。 も3月17日よりの捷運駅などにサーモグラフィーを設置、レベル3の国家からの渡航者(台湾人含む)に対して耳測定での体温測定を複数回行い、38度を超えた旅客について乗車を拒否する措置を実施。 も18日よりサーモグラフィーを設置、37. 5度以上の乗客に対し複数回の耳測定を行い38度を超過する者に対し拒否する措置を開始した。 高雄捷運は4月6日より 体温が基準を超えるとゲートが開かない機構を自動改札機に導入した。 でも3月初頭より段階的に同様の措置を開始し、4月6日より全駅に拡大する。 また、過度の混雑を避けるため期間中の自由席を廃止する。 営業規制 [ ] 空間内での『社会的距離(ソーシャルディスタンス)』を保つことが難しいダンスホール(舞庁)や従業員が客元で接待する形式のバー(酒店)などに対し4月9日より営業停止の措置を開始した。 やでは営業を認める代わりにKTV(カラオケ店)、サウナ、通常のバー(酒吧)、ゲームセンターなどナイトライフの8業種を対象に入場時の検温および身分証と連絡先を開示させる実名制を採用した。 「」も参照 国外旅行の警告 [ ] 台湾は、新型コロナウイルスの流行により、旅行についてレベル3の警告を世界中のすべての国や地域に出している。 1月24日、は、中国への観光ツアーを当面停止するよう旅行会社に通知した。 台湾当局は2020年2月から中国への旅行を一時停止した。 禁止期間は4月まで延長され 、香港とマカオにまで拡大された。 台湾は、台湾の台湾のすべての港へのクルーズ船の入港を禁止することも発表した。 2020年2月23日、台湾は、病院で働いている重要な医師がレベル3の旅行の警告の下に置かれた地域に旅行することを禁止した。 その制度は6月30日まで実施される。 3月16日、7月まで中等教育学校以下の教師と生徒が海外旅行を禁止されたと発表した。 3月19日以降、外国人は台湾への入国が禁止された。 ただし、有効な外国人住民証明書、外交証明書、またはその他の公式文書および特別許可を保持する者などは例外。 3月4日より桃園・高雄両空港から入国する利用者のうち、レベル3国家からの渡航者には公共交通機関ではなく防疫タクシーでの移動に制限し 、11日からは公共交通を利用した違反該当者に対する罰金を10万ニュー台湾ドルから100万ニュー台湾ドルへ引き上げている。 レベル 内容 含まれる国と地域 Level 1: 警戒 到着時に必要な現地の予防措置に従う 14日間の自己検疫 が到着時に必要 なし Level 2: 警報 到着時に必要なさらなる保護対策 14日間の自己検疫 が到着時に必要 なし Level 3: 警告 全ての必須でない旅行を禁止 14日間の自己検疫 が到着時に必要 グローバル 出口戦略 [ ] 観客入場初日となったとの試合(2020年5月8日) 国内の各学校は1月末の旧正月休みを延長する形で休校期間を拡大したが、登校時の検温や各学校へのマスクや消毒液の配布などの対策を講じ 、感染者が出た場合の学級閉鎖基準(教員、生徒の感染者が1人以上でクラス閉鎖、2人以上は学校閉鎖)を設けたうえで高校以下の公立学校は2月25日より授業を一律で再開した。 休校期間延長中は12歳以下の子をもつ保護者が防疫介護休暇(防疫照顧假)を最大2週間取得できるようによる救済措置(雇用主が休暇を拒否したり不当な処分を下すことを禁止)が実施されていた。 4月26日に国内新規感染者ゼロの日が14日間連続となり、緩和の可能性を示唆したものの科学的な見地に基づいて実施すると述べるにとどまった。 国内感染ゼロが26日目となった5月7日、営業規制が続いているバー(酒店)やダンスホールについては『座席にパーティションを設けるなど施設内での社交距離の確保』、『マスク着用と入店時の体温測定、店内で消毒・洗面施設完備』、『実名制』、『消防安全検査および建築物の安全検査に合格していること』の4つの前提条件と事業者および地方政府の管理能力を判断したうえで「屋内100人、屋外500人」の上限を緩和する方針を公表した。 5月8日に上限1,000人で観客入場を解禁した(台湾プロ野球)を無事に終えたCECC指揮官の陳時中も2,000人への拡大を示唆し 、15日からは上限の2,000人への拡大、スタジアム内飲食解禁(持ち込みは禁止のまま)、家族同士であれば社交距離の緩和などが実施された。 国内感染ゼロが27日目となった5月9日、CECCの張上淳(専門家諮問チーム召集人)は「ウイルスの潜伏期間とされる14日の倍の日数である連続28日間国内の市中感染者ゼロが続く場合、『かなり安全』」との認識を示した。 6月7日、ウイルスの潜伏期間とされる14日の4倍の日数である連続56日間国内の市中感染者ゼロが続いたことで、各交通機関では入場時のマスク着用と検温義務を維持したものの、入場後については社交距離を維持していればマスク不着用も可能となり、台鉄や高鉄での車内飲食が条件付きで解禁された。 また屋外1メートル、屋内1. 5メートルの社交距離維持が確保できれば野球などのイベントでも人数制限が撤廃された。 WHOと台湾政府の攻防 [ ] (WHO)と台湾政府の対立は単に台湾の参加可否だけではなく、中国寄りの姿勢を指摘されるWHOの対応が原因で防疫実務にも及ぶようになった。 以下両者の言動を時系列で示す。 CECCを二級に昇格 WHO、1回目の緊急委員会に台湾招待せず。 一方で「技術面では緊密に協力」と主張。 1月28日 「 中国国外への外国人退避は推奨しない」 (テドロス)「中国政府には能力があると確信している」 (1月26日) 中国本土からの渡航者を全面的に入境禁止 1月30日 緊急事態宣言も「中国への渡航規制は不要」。 (テドロス)「中国に感謝しなければいけない」。 テ「中国は並外れた措置取った」 WHO、2回目の緊急委員会に台湾を招待せず 2月3日 「各国の渡航制限は不必要」 台湾政府、マスク配給制実施を決定 2月4日 「 マスクは不要」 (1月24日) マスク禁輸措置 2月6日 マスク実名制開始。 中国在住の中国人の入境を全面的に禁止 (2月10日)5路線の航空直行便を除き、海・空の両岸路線運航停止 2月17日 (テドロス)「 全面的な防疫措置は不要」 (1月15日)新型肺炎を法定伝染病に指定。 3月11日 パンデミック宣言(一般人のマスク着用は言及せず) (3月12日)マスク実名制2. 0(ネット予約受付)施行 3月28日 ()事務局長補佐が香港記者による台湾の加盟問題の質問を一方的に遮断。 4月8日 (テドロス)「 過去3ヶ月台湾から人身攻撃を受けた」 (4月14日)在米台湾人、に「Taiwan Can Help」の広告。 4月11日 WHO「台湾からのメールで人から人へ感染」はなかった。 CECC陳時中「隔離治療がどのような状況で必要となるかは公共衛生の専門家や医師であれば誰でもわかる。 これを警告と呼ばず、何を警告と呼ぶのか」 4月15日 「 台湾とは交流維持している」 「2009年から2019年まで 187回の参加申請のうち認められたのは57回にすぎない」 5月4日 「(台湾の参加は事務局の権限ではなく) 加盟国が決める」 「WHO事務局長には権限ある」 5月18日 この日開催された 総会の招待状は台湾側に届かず、外交部長の呉釗燮が遺憾の意を表明。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 衛生福利部疾病管制署• Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering CSSE at. Arcgis. com. 2020年5月10日閲覧。 2020年5月11日閲覧 疾病管制署• ETtoday新聞雲, 2020年1月21日. 時事通信, 2019-01-24. 疾病管制署, 2020-01-27. 衛生福利部疾病管制署, 2020-01-28. 衛生福利部疾病管制署, 2020-01-31. www. cna. com. , 2020-02-06. www. cdc. gov. tw, 2020年2月6日. www. cdc. gov. tw, 2020年2月6日. www. cdc. gov. tw, 2020年2月8日. www. cdc. gov. tw, 2020-02-09. NHKニュース, 2020-2-16. www. cdc. gov. tw, 2020年2月16日. www. cdc. gov. tw, 2020-02-17. www. cdc. gov. tw, 2020-02-19. www. cdc. gov. tw, 2020-02-19. www. cdc. gov. tw, 2020-02-21. www. cdc. gov. tw, 2020-02-23. www. cdc. gov. www. cdc. gov. tw, 2020-02-25. www. cdc. gov. tw, 2020-02-26. www. cdc. gov. tw, 2020-02-28. www. cdc. gov. tw, 2020-02-29. www. cdc. gov. tw, 2020-03-01. www. cdc. gov. tw, 2020-03-02. www. cdc. gov. tw, 2020-03-03. www. cdc. gov. tw, 2020-03-05. www. cdc. gov. tw, 2020-03-06. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-10. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-11. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-12. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-13. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-14. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-15. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-16. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-17. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-18. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-19. www. cdc. gov. tw 2020年3月20日. 2020年3月21日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月20日. 2020年3月21日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月21日. 2020年3月21日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月22日. 2020年3月23日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月24日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月25日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月26日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月27日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月28日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月29日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月30日. 2020年3月31日閲覧。 Storm. mg 2020年3月30日. www. storm. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月31日. 2020年3月31日閲覧。 Rti 中央廣播電臺 2020年4月21日. 2020年4月21日閲覧。 2020年5月2日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月3日 自由時報• 2020年5月29日 中央社フォーカス台湾• 2020年6月15日 中央社フォーカス台湾• 2020年6月18日 中央社フォーカス台湾• 2020-03-04 フォーカス台湾• 2020-03-02 台湾国際放送• 2020年3月7日 自由時報• 2020年2月29日 AERAdot. 2020年2月6日 NNA ASIA• 2020年2月9日 産経新聞• 2020年2月16日 フォーカス台湾• 2020年2月10日• 2020年3月25日 フォーカス台湾• , 2020-02-02. 中央社フォーカス台湾, 2020-02-02. 中華民国外交部, 2020-02-05. , 2020-02-06. 2020年5月19日 今周刊• 2020年5月19日 中央社フォーカス台湾• 2003年4月11日 自由時報• 2003年5月4日 財團法人台灣新世紀文教基金會• 2018年11月7日 風傳媒• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年3月6日 NNA ASIA• 2020年2月20日 華視• 2020年2月5日 三立新聞網• 2020年4月14日 ワイズニュース• 李伯璋 2003年5月. 中国語. 科學發展 365期 : 頁4. 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年3月19日• 2020年5月18日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月16日 Taiwan Today• 2003年5月14日 自由時報• 2020年3月4日 中央社フォーカス台湾• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年2月17日 Taiwan Today• 2020年2月27日 風傳媒• 2003年8月21日 台灣蘋果日報• 2020年6月19日 聯合報• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年3月17日 ワイズニュース• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年4月15日 新頭殼newtalk• 2002年11月5日 台中市政府• 2003年5月13日• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年3月10日 自由時報• 2003年1月22日 自由時報• 2020年2月2日 台灣蘋果日報• 2020年2月6日. 2020年2月10日閲覧。 Reuters. 2020年1月27日. 2020年2月10日閲覧。 2020年4月14日 フォーカス台湾• 2020年3月9日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月5日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月28日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月18日 中央社フォーカス台湾• Ku, Chuan; Kao, Evelyn 2020年2月3日. Central News Agency. 2020年2月25日閲覧。 Lin, Liang-sheng 2020年2月10日. Taipei Times. 2020年2月25日閲覧。 Chen, Wei-ting; Mazzetta, Matthew 2020年2月5日. Central News Agency. 2020年2月25日閲覧。 Chang, Ming-hsuan; Kao, Evelyn 2020年2月25日. Central News Agency. 2020年2月25日閲覧。 Wu, Hsin-yun; Hau, Hsueh-ching; Chen, Chi-feng; Ku, Chuan; Yeh, Joseph 2020年2月6日. Central News Agency. 2020年2月25日閲覧。 Chen, Wei-ting; Yeh, Joseph 2020年3月2日. Central News Agency. 2020年3月2日閲覧。 Ku, Chuan; Chang, Ming-hsuan; Yeh, Joseph 2020年3月12日. Central News Agency. 2020年3月12日閲覧。 2020年4月14日 フォーカス台湾• 2020年3月30日 フォーカス台湾• 2020年4月21日 Taiwan Today• 2020年4月27日 中央社フォーカス台湾• 2020年03月05日 更生日報]• 2020年5月1日 中央社フォーカス台湾• The New York Times 2020年3月18日. 2020年3月閲覧。 Taiwan Today 18 March 2020• 2020年4月6日 中央社フォーカス台湾• 2020年2月5日 ETToday東森新聞• 2020年2月29日 台湾国際放送• 2020年5月8日 自由時報• 2020年2月29日 フォーカス台湾• 2020年3月27日• 2020年3月17日 TVBS• 2020年3月18日• 東森電視 Youtube. 2020年4月6日. 2020年3月24日 フォーカス台湾• 2020年4月10日• 2020年4月12日 風傳媒• 2020年4月13日 自由時報• 疾病管制署(CDC). 2020年3月20日. 2020年3月15日閲覧。 時事通信, 2019-01-24. Wang, Shu-fen; Ko, Lin 2020年1月30日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Lee, Hsin-Yin 2020年2月10日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Wang, Shu-fen; Chang, Yi-ching 2020年2月6日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Centers for Disease Control Taiwan 2020年2月6日. 2020年2月閲覧。 Chen, Wei-ting; Chen, Yun-yu; Yeh, Joseph 2020年2月23日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Chen, Wei-ting; Chiang, Yi-ching 2020年2月24日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Lee, I-chia 2020年2月27日. Taipei Times. 2020年2月27日閲覧。 Wang, Hung-kuo; Ko, Lin; Hsu, Elizabeth 2020年3月16日. Central News Agency. 2020年3月16日閲覧。 2020年3月閲覧。 2020年3月4日 台湾国際放送• (CDC). 2020年3月閲覧。 2020年2月1日 Taiwan Today• 2020年2月5日 NNA ASIA• 2020年4月27日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月9日 台湾国際放送• 2020年5月14日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月9日 台湾国際放送• 2020年6月7日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月16日 中央社フォーカス台湾• (繁体字中国語). 衛生福利部. 2019年12月31日. 衛生福利部. Facebook 2020年1月2日. 2020年5月9日閲覧。 2020年1月6日 中国時報• 2020年1月21日 疾病管制署• 2020年4月5日• 2020年01月24日 時事通信• 2020年1月25日 中国網• 2020年1月24日 中央社フォーカス台湾• 2020年1月28日 人民網• 2020年1月31日 日本経済新聞• 2020年1月31日 時事通信• 2020年1月30日 中央社フォーカス台湾• 2020年2月4日 ロイター• 2020年02月05日 日本台湾交流協会• 2020年2月5日 神戸新聞• 2020年1月21日 聯合報• 2020年3月12日 毎日新聞• 2020年03月31日 BBC• 2020年4月9日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月22日 ジャパン• NHK. 2020年4月11日. の2020年5月6日時点におけるアーカイブ。 2020年5月5日閲覧。 2020年4月18日 日本経済新聞• 2020年4月15日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月5日 日本経済新聞• 2020年5月5日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月18日 中央社フォーカス台湾 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (SARS-CoV-2) - のウイルスについて解説。 (COVID-19) - 感染症について解説。 (SARS)• (MERS)• 外部リンク [ ]•

次の

台湾、コロナ封じ込め成功 新規感染者ゼロも引き締め:時事ドットコム

台湾 感染 者 数

今日のの衛生部の記者会見です。 確診済みの台湾人は前日23人は本は8人でした。 8人は校内クラスター観戦です。 元記事: 台湾人の反応 g8429310 民進党が崩壊。 ht95032 意外と増えないね、幸いなことに。 syk1104 良い危険〜。 john0601 ええ、大丈夫、めちゃ増えると思ったわ。 OBassO 校内集団感染はやばいだろ。 検査まだだし。 HyperPoro リスクが高い…海外7件って。 KLGlikeshit 大流行の恐れ。 andy87115 何も問題ありません。 hunder31 予想よりも少ない台湾。 shh kevin9841 泣く。 shlee わかりました、皆さん台湾に来てください。 ローソン ゴッドブレス台湾。 ワンラブをプッシュ 安心! dean1990 幸いなことに。 leo755269 16,000人の検査を待つ時間がかかりますから・・・今後は確実に大流行。 StevenAn ドライ、7ケース、ありがとう!!

次の

データは語る!感染者数は世界第17位、死者数は第9位と世界屈指の少なさ!しかも順位は順調に低下中!人口比で言えば、いずれももっと低い順位に!安倍政権のコロナ対応は大成功!

台湾 感染 者 数

海軍の補給艦「磐石」 1月20日、市で働く国籍の55歳女性がで入国する際に発熱があると自訴したため、すぐに病院で隔離された。 21日に感染を確認。 同月11日から症状があったという。 1月24日、を訪れていた50代の中国人女性と50代の台湾人男性の感染が確認された。 1月26日、50代の台湾人女性の感染が確認された。 1月27日、新たに50代の台湾人女性の感染が確認された。 患者は2019年10月より武漢市で働き、1月20日に台湾に帰った。 武漢市にいた期間に市場や生きた動物に接触したことがないという。 1月28日、22日に武漢市から台湾に観光に来て、25日に発熱症状があった70代女性2人と、台湾で5人目の感染者とともに暮らしていた50代男性の感染が確認された。 1月30日、女性1人の感染が確認された。 武漢市で働いた台湾人男性の妻である。 翌日に夫の感染も確認された。 2月4日、武漢からチャーター機で帰った247人のうち、1人の感染が確認された。 2月5日、台湾政府は住民に対して、への渡航中止を勧告した。 2月6日、新たに2人の武漢での居住歴がある台湾人の感染が確認された。 同日夜、1月22日 - 2月1日に香港経由でイタリアに旅行に行ったことがある50代台湾人夫婦および1月21日 - 24日に家族とともにマカオに旅行に行った40代台湾人女性の感染が確認された。 2月8日と9日、旅行から帰国した夫婦の20代息子2人の感染が確認された。 2月15日夕方、台湾中部で出国したことがない60代男性が死亡、翌日に感染が確認された。 また、この男性の親族の50代男性の感染も確認された。 2月17日、死亡男性の親族である80代女性と30代男性の感染が確認された。 2月19日、死亡男性の親族である60歳女性の感染が確認された。 2月20日、台湾北部在住の60代女性の感染が確認された。 2月21日、前日に感染が確認された女性の40代娘と20代孫娘の感染が確認された。 2月23日、台湾北部在住の80男性とその息子である50代男性の2人の感染が確認された。 2月24日、前日に感染が確認された2人の家族である男女2人の感染が確認された。 2月25日、23日と24日に感染が確認された一家のうち、さらなる1人の感染が確認された。 2月26日、外国人看護師1人の感染が確認された。 2月28日、2月17日〜22日にへの団体ツアーに参加した北部在住の30代男性と海外渡航歴のない50代女性の感染が確認された。 2月29日、前日に感染が確認された50代女性が訪れた台湾北部の病院の看護師3人と清掃スタッフ1人、・団体旅行から帰った60代女性の感染が確認された。 3月1日、で帰国した70代女性の感染が確認された。 当該患者は船内で1度陽性反応が出ており、日本の病院に入院したが、25日にウイルスの陰性反応が2回出たので、退院し台湾に帰った。 3月2日、感染者の親族である20代女性1人の感染が確認された。 3月3日、感染者と同じだった入院者の親族である50代女性の感染が確認された。 3月5日、国内接触者である50代女性と旅行から帰国した30代男性の感染が確認された。 3月6日、感染者1人と同じ病室を利用していた50代女性の感染が確認された。 3月10日、国内接触者である20代男性とから帰国した30代男性の感染が確認された。 3月11日、から帰国した30代女性の感染が確認された。 3月12日、・旅行から経由で帰国した40代女性の感染が確認された。 3月13日、米国から来た友人と国内で会った50代男性の感染が確認された。 3月14日、を訪れていた30代男性、・への旅行からトルコ経由で帰国した30代男性、とへの出張から帰国した30代男性の感染が確認された。 3月15日、タイとを訪れていた30代男性、エジプトに参加した50代男性、トルコ団体旅行に参加した40代男性と70代女性、留学先のから帰国した20代女性、への家族旅行から帰国した10代男性の感染が確認された。 3月16日、・・への旅行から帰国した20代女性、・への団体旅行に参加した50代女性、フィリピンから帰国した60代女性、エジプト団体旅行に参加した50代男性、留学先のスペインから帰国した20代男性、トルコ団体旅行に参加した50代女性と60代男性の感染が確認された。 3月17日、トルコ団体旅行に参加した4人、エジプト団体旅行に参加した60代男性、オーストリア・チェコへの団体旅行に参加した70代女性、への旅行から帰国した30代男性、ドイツ旅行から帰国した20代男性、への旅行から帰国した30代女性、チェコとを訪れていた60代女性の感染が確認された。 3月18日、海外旅行から帰国した21人と国内接触者2人の感染が確認された。 3月19日、エジプト団体旅行に参加した70代男性、アメリカ出張に帰国した50代女性、国内接触者である男子、オーストリア・チェコへの団体旅行に参加した40代男女2人、留学先のフランスとスペインから帰国した20代男性2人、15日に入国した50代男性の感染が確認された。 3月20日、海外入国者24人と国内接触者3人の感染が確認された。 同日、1人が死亡。 3月21日、海外入国者18人の感染が確認された。 3月22日、海外入国者13人と国内接触者3人の感染が確認された。 3月23日、海外入国者25人と国内接触者1人の感染が確認された。 3月24日、海外入国者20人と国内接触者1人の感染が確認された。 3月25日、海外帰国者19人の感染が確認された。 3月26日、海外入国者15人と国内接触者2人の感染が確認された。 3月27日、から入国した7人、から入国した6人など、海外帰国者15人の感染が確認された。 3月28日、海外入国者14人と国内接触者2人の感染が確認された。 3月29日、海外入国者14人と国内接触者1人の感染が確認された。 3月30日、イギリスから帰国した2人、米国から帰国した3人、フィリピンから帰国した1人、国内接触者である10歳未満の男の子の感染が確認された。 同日、40代男性ツアーガイドを含む3人の死亡が確認された。 3月31日、海外入国者14人と国内接触者2人の感染が確認された。 4月20日前後、の「 ()」に乗務していた軍人ら27人の感染が確認された。 5月2日、セネガルから帰国した夫婦および、日本やオーストラリアを旅行していた海外入国者の3名の感染が確認された。 5月3日、磐石乗務の713名全員の検査結果が判明し、新たに4名の感染が確認され数日間続いた0確診(新規発症者ゼロ)が途絶えた(本土感染者ゼロは継続中)。 5月29日、ロシアから日本経由で帰国した96人の帰国者から1人の感染が確認された。 6月15日、2日前にバングラディシュから帰国した夫婦2人の感染が確認された。 6月18日、15日の感染者と同じ便でバングラディシュから帰国した別の乗客1人の感染が確認された。 政府の対応 [ ] 詳細は「」を参照 2020年1月2日の段階でCDC()は専門家会議を招集。 台湾政府政権中枢(および与党民進党)には元々医療従事者が多く、2003年の流行時に衛生署(衛生福利部の前身)署長を務めるなど公衆衛生の専門家でもあるの や、の らが(中央感染症指揮センター)で指揮官を務める衛生福利部部長の(歯科医)を後方支援している。 陳其邁が省庁を横断する調整に奔走し、工場自動化の専門家でもある部長により1か月弱でマスクの国内での大量生産を実現した。 また、流通面でも蔡英文が就任直後からIT担当閣僚として抜擢していた民間人の(オードリー・タン)によるマスク店頭在庫のオンライン可視化により非感染の市民の不便を極力減らすように努めたことなども併せて 、中国政府が実態を公表する前後から比較的迅速な初動で被害拡大防止と混乱の最小化を推進している。 2003年の時も含めて長らくWHO参加を閉ざされてきたが、グローバル規模での感染拡大や日米欧各国によるWHOへの参加働きかけを受けて 、2020年2月中旬からオブザーバーという形ではあるが参加が実現している。 2月2日、部長の ()はと見做すことでイタリアとベトナムに台湾との航空便を停止させたとしてWHOに抗議した。 また、中央感染症指揮センターは高校生以下の冬休みを当初予定されていた11日から25日に延長することを発表した。 2月4日、香港のクルーズ船運営会社・ドリームクルーズは、所属のクルーズ船「」がに入港するも、乗客の下船が認められなかったため、既に香港へ回航したと公表した。 1月19日 - 24日に当該クルーズ船を利用した中国人3人が帰国後、2月3日に感染が確認されたため、台湾当局は下船許可を下さなかった。 2月6日、台湾政府は中国人の入境を全面禁止とした。 また、各国、地域を運航するクルーズ船の寄港も禁じた。 (沈栄津の行政院副院長転任に伴い昇格。 ) () 経済学者 無 財政学教授 部長 - 為替介入。 0を発表する CECC指揮官の陳時中 (2020年4月27日) マスク工場を視察した 新副総統の頼清徳 (2020年6月12日) マスク [ ] 「」も参照 1月24日、台湾政府は1か月間フェイスマスクの輸出を一時的に禁止することを発表した (4月13日に禁輸措置を6月末まで延長 )。 国内でのマスク生産能力は3月前半に日産1,000万枚に 、4月6日に日産1,500万枚に 、4月下旬には日産1,700万枚に到達、5月中に1,900万枚を目指している。 経済部は5月17日、国民用の備蓄が累計1億枚に、生産量も直近で日産2,000万枚(6月末で同2,500万枚見込み)に達したため輸出解禁の見通しを初めて示した。 『マスク実名制1. 0』 2月3日より政府はマスク配給制度を導入し、国民に国民健康保険証の提示を義務付けた。 また、外国人登録証明書の所持者や有効な入国許可を持つ者にもこの制度が与えられた。 奇数番号の身分証明書を持つ者は、月曜日、水曜日、金曜日にマスクを購入することが許可され、偶数番号の身分証明書を持つ者は、火曜日、木曜日、土曜日にマスクを購入することが許可された。 なお、日曜日は誰でもマスクを購入することができる。 大人は1回につき2枚、子供は4枚を購入することが許可されていたが、最後の購入から最低7日が経過しなければ購入することが出来ないという制限があった。 13歳未満の子供の制限は2月27日に取り消された。 3月5日、成人は一週つき3枚のマスクを購入することが許可され、子供の割り当ては5枚に引き上げられた。 『マスク実名制2. 0』 3月12日、成人用マスクはオンライン注文が可能となった。 子供用は4月15日から可能となるが、同23日からは購入可能な保険証を16歳以下のものに制限する。 4月9日、1人当たりのマスク購入制限を成人は2週間に9枚(子供は10枚)および曜日ごとの購入制限を緩和。 『マスク実名制3. 『マスク実名制4. 0』 4月27日、マスク増産により海外支援の余裕が生じたため、一般市民からの海外への寄贈(相手国の指定は不可)申し込みをアプリで可能とした。 IC健保カード EMask(マスクオンライン購入) ポータル画面 他 [ ] が2020年3月4日から同月末まで体温計の輸出規制を実施。 移動規制 [ ] 台北捷運改札口での体温監視 (2020年4月18日。 ) 市内バスを含む公共交通でも マスク着用が義務化 (台中市、2020年4月) 自社キャラクターのを 用いた高雄捷運の啓発ポスター (2020年5月1日) 台鉄の改札口 (基隆市、2020年4月15日) 校門で学生の体温測定を実施 (高雄市内、2020年2月24日) 台湾では、2020年3月14日現在、のほとんどの国から台湾に帰国した者、および中国、香港、マカオ、ドバイを経由して移住した者は、14日間自宅で検疫する必要がある。 3月17日現在、この国で許可されている外国人、つまり、外国人登録証明書を保持している、または緊急の外交、ビジネス、またはその他の特別な任務にある者は、公的検疫センターの部屋を借りることができる。 交通機関 は4月1日より違反者への罰則を伴う国内公共交通機関でのマスク着用を義務化を開始、各交通機関で順次導入される。 長距離バス大手は乗客への体温測定を行い発熱者の乗車を拒否する措置を2月初頭から独自に実施。 は2月29日より主要駅へのサーモグラフィーを設置、体温37. 5度以上の旅客には耳測定を複数回行い、38度を超過すると乗車を拒否する措置を実施。 台北捷運では5月7日より各車両の混雑具合を4段階の色で区分し、直近の列車の区分をホームの発車標や自社スマートフォンアプリ「台北捷運GO」で知らせるシステムをに先行導入した。 でも同日より台北駅での実施を始め 、4月1日より34駅に拡大し、30日までに駅員を配置する全192駅で実施する(無人駅の47駅については4月10日ごろからボランティアスタッフを派遣し対応する)。 も3月17日よりの捷運駅などにサーモグラフィーを設置、レベル3の国家からの渡航者(台湾人含む)に対して耳測定での体温測定を複数回行い、38度を超えた旅客について乗車を拒否する措置を実施。 も18日よりサーモグラフィーを設置、37. 5度以上の乗客に対し複数回の耳測定を行い38度を超過する者に対し拒否する措置を開始した。 高雄捷運は4月6日より 体温が基準を超えるとゲートが開かない機構を自動改札機に導入した。 でも3月初頭より段階的に同様の措置を開始し、4月6日より全駅に拡大する。 また、過度の混雑を避けるため期間中の自由席を廃止する。 営業規制 [ ] 空間内での『社会的距離(ソーシャルディスタンス)』を保つことが難しいダンスホール(舞庁)や従業員が客元で接待する形式のバー(酒店)などに対し4月9日より営業停止の措置を開始した。 やでは営業を認める代わりにKTV(カラオケ店)、サウナ、通常のバー(酒吧)、ゲームセンターなどナイトライフの8業種を対象に入場時の検温および身分証と連絡先を開示させる実名制を採用した。 「」も参照 国外旅行の警告 [ ] 台湾は、新型コロナウイルスの流行により、旅行についてレベル3の警告を世界中のすべての国や地域に出している。 1月24日、は、中国への観光ツアーを当面停止するよう旅行会社に通知した。 台湾当局は2020年2月から中国への旅行を一時停止した。 禁止期間は4月まで延長され 、香港とマカオにまで拡大された。 台湾は、台湾の台湾のすべての港へのクルーズ船の入港を禁止することも発表した。 2020年2月23日、台湾は、病院で働いている重要な医師がレベル3の旅行の警告の下に置かれた地域に旅行することを禁止した。 その制度は6月30日まで実施される。 3月16日、7月まで中等教育学校以下の教師と生徒が海外旅行を禁止されたと発表した。 3月19日以降、外国人は台湾への入国が禁止された。 ただし、有効な外国人住民証明書、外交証明書、またはその他の公式文書および特別許可を保持する者などは例外。 3月4日より桃園・高雄両空港から入国する利用者のうち、レベル3国家からの渡航者には公共交通機関ではなく防疫タクシーでの移動に制限し 、11日からは公共交通を利用した違反該当者に対する罰金を10万ニュー台湾ドルから100万ニュー台湾ドルへ引き上げている。 レベル 内容 含まれる国と地域 Level 1: 警戒 到着時に必要な現地の予防措置に従う 14日間の自己検疫 が到着時に必要 なし Level 2: 警報 到着時に必要なさらなる保護対策 14日間の自己検疫 が到着時に必要 なし Level 3: 警告 全ての必須でない旅行を禁止 14日間の自己検疫 が到着時に必要 グローバル 出口戦略 [ ] 観客入場初日となったとの試合(2020年5月8日) 国内の各学校は1月末の旧正月休みを延長する形で休校期間を拡大したが、登校時の検温や各学校へのマスクや消毒液の配布などの対策を講じ 、感染者が出た場合の学級閉鎖基準(教員、生徒の感染者が1人以上でクラス閉鎖、2人以上は学校閉鎖)を設けたうえで高校以下の公立学校は2月25日より授業を一律で再開した。 休校期間延長中は12歳以下の子をもつ保護者が防疫介護休暇(防疫照顧假)を最大2週間取得できるようによる救済措置(雇用主が休暇を拒否したり不当な処分を下すことを禁止)が実施されていた。 4月26日に国内新規感染者ゼロの日が14日間連続となり、緩和の可能性を示唆したものの科学的な見地に基づいて実施すると述べるにとどまった。 国内感染ゼロが26日目となった5月7日、営業規制が続いているバー(酒店)やダンスホールについては『座席にパーティションを設けるなど施設内での社交距離の確保』、『マスク着用と入店時の体温測定、店内で消毒・洗面施設完備』、『実名制』、『消防安全検査および建築物の安全検査に合格していること』の4つの前提条件と事業者および地方政府の管理能力を判断したうえで「屋内100人、屋外500人」の上限を緩和する方針を公表した。 5月8日に上限1,000人で観客入場を解禁した(台湾プロ野球)を無事に終えたCECC指揮官の陳時中も2,000人への拡大を示唆し 、15日からは上限の2,000人への拡大、スタジアム内飲食解禁(持ち込みは禁止のまま)、家族同士であれば社交距離の緩和などが実施された。 国内感染ゼロが27日目となった5月9日、CECCの張上淳(専門家諮問チーム召集人)は「ウイルスの潜伏期間とされる14日の倍の日数である連続28日間国内の市中感染者ゼロが続く場合、『かなり安全』」との認識を示した。 6月7日、ウイルスの潜伏期間とされる14日の4倍の日数である連続56日間国内の市中感染者ゼロが続いたことで、各交通機関では入場時のマスク着用と検温義務を維持したものの、入場後については社交距離を維持していればマスク不着用も可能となり、台鉄や高鉄での車内飲食が条件付きで解禁された。 また屋外1メートル、屋内1. 5メートルの社交距離維持が確保できれば野球などのイベントでも人数制限が撤廃された。 WHOと台湾政府の攻防 [ ] (WHO)と台湾政府の対立は単に台湾の参加可否だけではなく、中国寄りの姿勢を指摘されるWHOの対応が原因で防疫実務にも及ぶようになった。 以下両者の言動を時系列で示す。 CECCを二級に昇格 WHO、1回目の緊急委員会に台湾招待せず。 一方で「技術面では緊密に協力」と主張。 1月28日 「 中国国外への外国人退避は推奨しない」 (テドロス)「中国政府には能力があると確信している」 (1月26日) 中国本土からの渡航者を全面的に入境禁止 1月30日 緊急事態宣言も「中国への渡航規制は不要」。 (テドロス)「中国に感謝しなければいけない」。 テ「中国は並外れた措置取った」 WHO、2回目の緊急委員会に台湾を招待せず 2月3日 「各国の渡航制限は不必要」 台湾政府、マスク配給制実施を決定 2月4日 「 マスクは不要」 (1月24日) マスク禁輸措置 2月6日 マスク実名制開始。 中国在住の中国人の入境を全面的に禁止 (2月10日)5路線の航空直行便を除き、海・空の両岸路線運航停止 2月17日 (テドロス)「 全面的な防疫措置は不要」 (1月15日)新型肺炎を法定伝染病に指定。 3月11日 パンデミック宣言(一般人のマスク着用は言及せず) (3月12日)マスク実名制2. 0(ネット予約受付)施行 3月28日 ()事務局長補佐が香港記者による台湾の加盟問題の質問を一方的に遮断。 4月8日 (テドロス)「 過去3ヶ月台湾から人身攻撃を受けた」 (4月14日)在米台湾人、に「Taiwan Can Help」の広告。 4月11日 WHO「台湾からのメールで人から人へ感染」はなかった。 CECC陳時中「隔離治療がどのような状況で必要となるかは公共衛生の専門家や医師であれば誰でもわかる。 これを警告と呼ばず、何を警告と呼ぶのか」 4月15日 「 台湾とは交流維持している」 「2009年から2019年まで 187回の参加申請のうち認められたのは57回にすぎない」 5月4日 「(台湾の参加は事務局の権限ではなく) 加盟国が決める」 「WHO事務局長には権限ある」 5月18日 この日開催された 総会の招待状は台湾側に届かず、外交部長の呉釗燮が遺憾の意を表明。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 衛生福利部疾病管制署• Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering CSSE at. Arcgis. com. 2020年5月10日閲覧。 2020年5月11日閲覧 疾病管制署• ETtoday新聞雲, 2020年1月21日. 時事通信, 2019-01-24. 疾病管制署, 2020-01-27. 衛生福利部疾病管制署, 2020-01-28. 衛生福利部疾病管制署, 2020-01-31. www. cna. com. , 2020-02-06. www. cdc. gov. tw, 2020年2月6日. www. cdc. gov. tw, 2020年2月6日. www. cdc. gov. tw, 2020年2月8日. www. cdc. gov. tw, 2020-02-09. NHKニュース, 2020-2-16. www. cdc. gov. tw, 2020年2月16日. www. cdc. gov. tw, 2020-02-17. www. cdc. gov. tw, 2020-02-19. www. cdc. gov. tw, 2020-02-19. www. cdc. gov. tw, 2020-02-21. www. cdc. gov. tw, 2020-02-23. www. cdc. gov. www. cdc. gov. tw, 2020-02-25. www. cdc. gov. tw, 2020-02-26. www. cdc. gov. tw, 2020-02-28. www. cdc. gov. tw, 2020-02-29. www. cdc. gov. tw, 2020-03-01. www. cdc. gov. tw, 2020-03-02. www. cdc. gov. tw, 2020-03-03. www. cdc. gov. tw, 2020-03-05. www. cdc. gov. tw, 2020-03-06. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-10. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-11. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-12. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-13. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-14. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-15. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-16. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-17. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-18. 衛生福利部疾病管制署, 2020-03-19. www. cdc. gov. tw 2020年3月20日. 2020年3月21日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月20日. 2020年3月21日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月21日. 2020年3月21日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月22日. 2020年3月23日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月24日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月25日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月26日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月27日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月28日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月29日. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月30日. 2020年3月31日閲覧。 Storm. mg 2020年3月30日. www. storm. 2020年3月31日閲覧。 www. cdc. gov. tw 2020年3月31日. 2020年3月31日閲覧。 Rti 中央廣播電臺 2020年4月21日. 2020年4月21日閲覧。 2020年5月2日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月3日 自由時報• 2020年5月29日 中央社フォーカス台湾• 2020年6月15日 中央社フォーカス台湾• 2020年6月18日 中央社フォーカス台湾• 2020-03-04 フォーカス台湾• 2020-03-02 台湾国際放送• 2020年3月7日 自由時報• 2020年2月29日 AERAdot. 2020年2月6日 NNA ASIA• 2020年2月9日 産経新聞• 2020年2月16日 フォーカス台湾• 2020年2月10日• 2020年3月25日 フォーカス台湾• , 2020-02-02. 中央社フォーカス台湾, 2020-02-02. 中華民国外交部, 2020-02-05. , 2020-02-06. 2020年5月19日 今周刊• 2020年5月19日 中央社フォーカス台湾• 2003年4月11日 自由時報• 2003年5月4日 財團法人台灣新世紀文教基金會• 2018年11月7日 風傳媒• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年3月6日 NNA ASIA• 2020年2月20日 華視• 2020年2月5日 三立新聞網• 2020年4月14日 ワイズニュース• 李伯璋 2003年5月. 中国語. 科學發展 365期 : 頁4. 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年3月19日• 2020年5月18日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月16日 Taiwan Today• 2003年5月14日 自由時報• 2020年3月4日 中央社フォーカス台湾• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年2月17日 Taiwan Today• 2020年2月27日 風傳媒• 2003年8月21日 台灣蘋果日報• 2020年6月19日 聯合報• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年3月17日 ワイズニュース• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年4月15日 新頭殼newtalk• 2002年11月5日 台中市政府• 2003年5月13日• 行政院. 2020年4月17日閲覧。 2020年3月10日 自由時報• 2003年1月22日 自由時報• 2020年2月2日 台灣蘋果日報• 2020年2月6日. 2020年2月10日閲覧。 Reuters. 2020年1月27日. 2020年2月10日閲覧。 2020年4月14日 フォーカス台湾• 2020年3月9日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月5日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月28日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月18日 中央社フォーカス台湾• Ku, Chuan; Kao, Evelyn 2020年2月3日. Central News Agency. 2020年2月25日閲覧。 Lin, Liang-sheng 2020年2月10日. Taipei Times. 2020年2月25日閲覧。 Chen, Wei-ting; Mazzetta, Matthew 2020年2月5日. Central News Agency. 2020年2月25日閲覧。 Chang, Ming-hsuan; Kao, Evelyn 2020年2月25日. Central News Agency. 2020年2月25日閲覧。 Wu, Hsin-yun; Hau, Hsueh-ching; Chen, Chi-feng; Ku, Chuan; Yeh, Joseph 2020年2月6日. Central News Agency. 2020年2月25日閲覧。 Chen, Wei-ting; Yeh, Joseph 2020年3月2日. Central News Agency. 2020年3月2日閲覧。 Ku, Chuan; Chang, Ming-hsuan; Yeh, Joseph 2020年3月12日. Central News Agency. 2020年3月12日閲覧。 2020年4月14日 フォーカス台湾• 2020年3月30日 フォーカス台湾• 2020年4月21日 Taiwan Today• 2020年4月27日 中央社フォーカス台湾• 2020年03月05日 更生日報]• 2020年5月1日 中央社フォーカス台湾• The New York Times 2020年3月18日. 2020年3月閲覧。 Taiwan Today 18 March 2020• 2020年4月6日 中央社フォーカス台湾• 2020年2月5日 ETToday東森新聞• 2020年2月29日 台湾国際放送• 2020年5月8日 自由時報• 2020年2月29日 フォーカス台湾• 2020年3月27日• 2020年3月17日 TVBS• 2020年3月18日• 東森電視 Youtube. 2020年4月6日. 2020年3月24日 フォーカス台湾• 2020年4月10日• 2020年4月12日 風傳媒• 2020年4月13日 自由時報• 疾病管制署(CDC). 2020年3月20日. 2020年3月15日閲覧。 時事通信, 2019-01-24. Wang, Shu-fen; Ko, Lin 2020年1月30日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Lee, Hsin-Yin 2020年2月10日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Wang, Shu-fen; Chang, Yi-ching 2020年2月6日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Centers for Disease Control Taiwan 2020年2月6日. 2020年2月閲覧。 Chen, Wei-ting; Chen, Yun-yu; Yeh, Joseph 2020年2月23日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Chen, Wei-ting; Chiang, Yi-ching 2020年2月24日. Central News Agency. 2020年2月26日閲覧。 Lee, I-chia 2020年2月27日. Taipei Times. 2020年2月27日閲覧。 Wang, Hung-kuo; Ko, Lin; Hsu, Elizabeth 2020年3月16日. Central News Agency. 2020年3月16日閲覧。 2020年3月閲覧。 2020年3月4日 台湾国際放送• (CDC). 2020年3月閲覧。 2020年2月1日 Taiwan Today• 2020年2月5日 NNA ASIA• 2020年4月27日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月9日 台湾国際放送• 2020年5月14日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月9日 台湾国際放送• 2020年6月7日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月16日 中央社フォーカス台湾• (繁体字中国語). 衛生福利部. 2019年12月31日. 衛生福利部. Facebook 2020年1月2日. 2020年5月9日閲覧。 2020年1月6日 中国時報• 2020年1月21日 疾病管制署• 2020年4月5日• 2020年01月24日 時事通信• 2020年1月25日 中国網• 2020年1月24日 中央社フォーカス台湾• 2020年1月28日 人民網• 2020年1月31日 日本経済新聞• 2020年1月31日 時事通信• 2020年1月30日 中央社フォーカス台湾• 2020年2月4日 ロイター• 2020年02月05日 日本台湾交流協会• 2020年2月5日 神戸新聞• 2020年1月21日 聯合報• 2020年3月12日 毎日新聞• 2020年03月31日 BBC• 2020年4月9日 中央社フォーカス台湾• 2020年4月22日 ジャパン• NHK. 2020年4月11日. の2020年5月6日時点におけるアーカイブ。 2020年5月5日閲覧。 2020年4月18日 日本経済新聞• 2020年4月15日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月5日 日本経済新聞• 2020年5月5日 中央社フォーカス台湾• 2020年5月18日 中央社フォーカス台湾 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (SARS-CoV-2) - のウイルスについて解説。 (COVID-19) - 感染症について解説。 (SARS)• (MERS)• 外部リンク [ ]•

次の