毛穴ケア 敏感肌。 敏感肌さんが安心して使えるおすすめ洗顔料16選

毛穴の開きはなぜ起こる?毛穴が目立つ肌を引きしめる方法

毛穴ケア 敏感肌

女子にとってクレンジングは重要です。 メイク汚れが肌に残っているとニキビや吹き出物などの肌荒れの原因になります。 しかし、洗浄力が強すぎるとかえって肌に必要な潤いまでも落としてしまい、乾燥してしまう敏感肌の方もいます。 そこで敏感肌の方におすすめのクレンジングをご紹介します。 肌になじませるだけでメイクを浮かせるジェルタイプや水のように優しく使えるウォータータイプ、肌へのテクスチャーが柔らかいミルクタイプなど様々なタイプがあります。 さらに1本5役で便利なものから、クレンジングだけでなく保湿ケアや美白ケアができるものまであります。 そんな色々なクレンジングの中から敏感肌におすすめのクレンジングを15選ご紹介いたします。 「クレンジング後の肌のつっぱり感が気になる」「肌に必要なものまで落としてしまっていないか心配」そんな声に応えるクレンジングクリームです。 汚れだけを見極めて落とし、潤いを残してメイクをオフします。 保湿成分「ヒアルロン酸Na」「セラミドネットワーク成分」などの配合により、つっぱらないで潤う洗いあがりを実感できます。 テクスチャーにもこだわっていて、クリームからオイル状に変化して肌になじんでいく心地良さが好評です。 これで日中ダメージをリセットし、化粧水や保湿液もオルビスでそろえればスキンケアは完璧です。 コスメ オイルクレンジングやミルククレンジングなど、昨今さまざまなクレンジング商品が発売されており、その種類の多さからどれを選んだらいいのかわからない…とお悩みの方も多いのではないでしょうか? クレンジングも種類によってさまざまな特性があり、メリットデメリットを知らずに使い続けていたら肌トラブルが悪化してしまった、なんてことにもなりかねません。 今回は各クレンジング剤の特徴や選び方についての解説と、口コミでも人気の高いクレンジング15商品をさまざまな角度からご紹介します。 長年愛され続けているロングセラー商品から、最近話題のクレンジングバームに水クレンジングまで紹介していますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてくださいね。 コスメ 毎日のスキンケアで欠かすことができないクレンジング。 しっかりとメイクを落とさないでいると、肌トラブルの原因になってしまいます。 でも、強いクレンジングでゴシゴシこすってしまうと、肌を傷めることにもなりかねません。 特に、肌が乾燥しがちな乾燥肌の人は、クレンジングでさらに乾燥を引き起こしがちで悩んでしまう人も多いようです。 そんな時におすすめなのが、肌のうるおいをしっかりと保ちながら、メイクや肌の汚れを綺麗に落とすことができるクレンジング!いろいろなところから敏感肌や乾燥肌の人にもぴったりのクレンジングが発売されています。 自分の肌に合ったクレンジングを正しく使用して、美しい肌を手に入れましょう。 今回は、阿、乾燥肌の人にもおすすめのクレンジングから人気の15選を紹介します。 コスメ 季節の変わり目にいつもの化粧水を使うと肌がヒリヒリする、乾燥しやすくなったという場合、敏感肌のサインかもしれません。 敏感肌の場合、肌本来が持っているバリア機能が低下しているため、潤いを保持する力が弱く、乾燥しやすく、ストレスなどの外部刺激に弱いのです。 そして、そのような敏感肌をそのままにしておくと肌荒れを起こしやすく、エイジングサインも出やすくなります。 そんな敏感肌の方におすすめの敏感肌用専用化粧水があります。 しかし、一言に敏感肌用といっても色々な種類があるため、どれを選んでいいかわからないという方も多いでしょう。 そこで、おすすめの敏感肌用化粧水を15選ご紹介します。 ご自分の肌質に合うものを探す参考にしてみてください。 コスメ シミやそばかす、小じわなどの気になる肌を綺麗に見せてくれるのがファンデーション。 吹き出物やニキビなどの肌トラブルもしっかりカバーしてくれる、敏感肌の女性にも心強い存在ですよね。 ところがファンデーションは、肌に密着するものであり肌への負担が気になるものでもあります。 特に肌トラブルを抱えている際には、隠したいけど塗るのも躊躇してしまうもの。 そんな女性におすすめなのが、肌に優しいファンデーション! 天然成分をメインに作られていて、メイク落としではなく石けんでオフできるのが特徴です。 肌に優しいだけでなく、スキンケア効果があるもの、日焼け止め効果の高いもの、美白効果があるものなどが豊富に販売されています。 これさえ読めば、お気に入りのファンデーションがきっとみつかりますよ。 コスメ ファンデーションの前にぬる化粧下地は、女性にはとても重要です。 下地の仕上がりによってファンデーションや化粧のりが変わってくるということもあります。 テカリを抑えるためだけに厚塗りしすぎると、肌の呼吸ができなくなり、肌トラブルの原因になることもあります。 こちらでは、成分や素材にこだわり、できるだけ自然素材の物を使用した化粧下地をご紹介しています。 紫外線カットや美容効果も期待でき、クレンジングも不要で石けんがあれば落ちてしまうという、優れもののの下地も登場します。 1本で4役も5役も担ってくれるクリームもあります。 そんなに多岐に活躍するのに、どれも付け心地や伸びが良く、べたつきはないというので、リピーターも続出の化粧下地ばかりです。 ぜひ参考にしてください。 コスメ 花王の基礎化粧品シリーズの一つであるキュレルシリーズ。 乾燥性敏感肌の人に向けた商品が中心であり、刺激の少なさと高い保湿力を誇るのが特徴です。 寒い時期を中心に肌トラブルの原因となることが多い乾燥性敏感肌は、肌の乾燥によって外部の刺激からの保護力を弱めて荒れてしまうことも。 キュレルでは、肌の角層にあって潤いをコントロールするセラミドという細胞の働きをサポートする成分を配合して乾燥を防ぐ商品が多く販売されています。 今回は、そんなキュレルの商品の中から特におすすめの15商品をピックアップして紹介していきます。 一般の化粧水や乳液で肌がピリピリしてしまうなどのトラブルを抱えた人はぜひ参考にしてみてください。

次の

敏感肌・乾燥肌のための毛穴スキンケアランキングBEST10

毛穴ケア 敏感肌

ほおや鼻などの、気になる毛穴の開き。 角栓ができたりファンデーションが毛穴落ちしたりすると、より目立ったりすることも...。 毛穴の開きは女性にとって大きな悩みですよね。 毛穴が開く原因と対策を知って、接近戦でも自信がもてる肌を目指しましょう。 毛穴はなぜ、開いてしまうの? 毛穴は、肌の奥から伸びる体毛を包む毛包管が、肌表面で開いたもの。 毛穴には、皮脂を分泌する皮脂腺がもれなく付随しています。 顔は特に毛穴の数が多く、毛包管も皮脂腺も大きいのが特徴。 では、毛穴はどうして開いてしまうのでしょうか。 皮脂の過剰分泌 皮脂の分泌量は思春期から増え始め、20代前半でピークになります。 また、気温の上昇や偏った食生活など、さまざまな要因が重なって皮脂の分泌量が過剰になることも。 すると、皮脂によって毛穴の出口が押し広げられてしまうのです。 皮脂は本来、汗と混ざり合って皮脂膜になり、肌の乾燥を防いでくれるもの。 ところが過剰に分泌されると、ベタつきやニキビなど、肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。 肌の乾燥 肌のいちばん外側にある角層から水分が失われると、紫外線や雑菌などの外的刺激から肌を守る「バリア機能」が低下。 すると肌はバリア機能を整えるために、皮脂を過剰に分泌させて、毛穴の開きにつながることも。 肌のたるみ 本来は丸い形をしている毛穴ですが、肌がたるんでしまうと、ほおの毛穴がタテに伸びて目立つように。 たるみにともなう毛穴の開きは、しずくのような形が特徴。 ほおを指でピッと引っ張ると毛穴が目立たなくなる場合は、たるみが原因かもしれません。 毛穴の開きを目立たせないための対策とは? 一度開いてしまった毛穴でも、あきらめずにケアして目立たなくしたいですよね。 洗顔と保湿を基本に、原因別の対策を取り入れてみましょう。 スキンケアで過剰な皮脂を抑える 過剰に分泌された皮脂は、その日のうちに取り除くことが大切。 朝と夜、洗顔料をよく泡立てて、皮脂汚れをすっきりと洗い流しましょう。 ただし1日に何度も洗ったり、ゴシゴシ肌をこするように洗ったりするのは厳禁。 肌が乾燥し、過剰な皮脂分泌につながれば、毛穴の目立ちを引き起こしてしまいます。 うるおいを守って汚れをすっきりと落とす洗顔のコツは、たっぷりの泡。 泡が汚れを包み込むことで、肌をこすらずに落とすことができますよ。 水かぬるま湯を少しずつ加えながら、手を逆さにしても泡が落ちないくらいまでよく泡立てましょう。 毛穴の奥から汚れをすっきり取り除くクレンジングオイル 「」 軽い使い心地のクレンジングオイル。 毛穴の奥まで瞬時に入り込み、メイクや汚れをしっかり絡めてすっきり落としてくれます。 マツエクにも対応しています。 肌をしっかり保湿する 乾燥を防いで角層のバリア機能を保つには、ていねいな保湿ケアが大切。 毎日のスキンケアでは、化粧水と乳液を順に肌になじませ、水分と油分のバランスを整えましょう。 それでも乾燥が気になる時は、美容液やクリームなどをプラスするのもおすすめです。 一方で皮脂が多い人は、ベタつきが気になって化粧水だけでケアを済ませたり、乳液の量を減らしたりと、自己流スキンケアをしている人もいるのでは? 化粧水と乳液はどちらもきちんと使用量を守ることで、うるおいバランスの整った健やかな肌が続きます。 ベタつきが気になる人は、さっぱりタイプの乳液を選んでみましょう。 「さっぱり」と「しっとり」の違いは、肌につけた時の感触なんですよ。 保湿効果に差はないので、お好みのタイプを選びましょう。 うるおいを与えて毛穴の目立たない肌に整えるシリーズ 「」シリーズ 水分をたっぷりと補給するのに、ベタつき感のない化粧水。 皮脂と水分のバランスを整え、毛穴が目立たないほどなめらかな肌へ。 表皮を支える真皮の主な構成成分は、弾力のある線維状のタンパク質・コラーゲン。 年齢を重ねるとともにコラーゲンが減少したり、紫外線によって変性したりすると、弾力が失われて肌がたるむようになります。 化粧水や乳液が浸透するのは、表皮の最も外側にある角層まで。 真皮には浸透しません。 そこでおすすめしたいのが、皮下組織の下にある表情筋のエクササイズ。 表情筋がやせてしまうと、皮下脂肪が支えられずたるみにつながってしまいます。 ですが、表情筋は身体の筋肉と同じように、日ごろからよく動かすことで鍛えることができますよ。 肌にハリを与えながら、豊かな表情も引き出してくれます。 朝晩のスキンケアにプラスしたい表情筋のエクササイズは、顔の筋肉を意識しながら、「リ・フ・ト・ア・(ッ)・プ」と発音するだけの簡単なもの。 鏡を見ながら、最初と最後は笑顔で行いましょう。 唇を強く横に引いて「リ」と発音し、10秒間キープします。 唇をすぼめて前に突き出しながら「フ」と発音し、10秒間キープします。 唇をすぼめて下あごを引いて「ト」と発音し、10秒間キープします。 口を大きく開けて「ア」と発音し、10秒間キープします。 唇をすぼめて前に突き出し「プ」と発音します。 最後に、口角を強く横に引いて笑顔をつくり、10秒間キープします。 毛穴開き対策の化粧品を取り入れてみる 毎日のスキンケアや表情筋エクササイズに加えて、毛穴の開きを目立たなくする化粧品をプラスするのもおすすめ。 収れん化粧水 収れん化粧水とは、ひんやりとした使い心地で肌を引きしめてくれる化粧水のこと。 皮脂をコントロールしながらキメを整えるので、毛穴開きに悩んでいる方にぴったりです。 収れん化粧水は、一般的な化粧水として知られる「柔軟化粧水」とは役割も使い方も異なります。 柔軟化粧水は、肌に水分を行き渡らせてやわらかくほぐし、後につける化粧品の浸透をサポート。 一方の収れん化粧水は、化粧水・乳液のうるおい効果をぐんぐん肌に閉じ込めて、毛穴を引きしめる働きがあるので、乳液の後に使用しましょう。 収れん化粧水を使う時は、コットンに500円硬貨よりもやや多めにたっぷりとり、肌がひんやりするまでリズミカルにパッティング。 下から上へ風を送るように、顔全体で100回のパッティングが目安です。 毛穴の開きや皮脂が気になるところは、特に入念に行いましょう。 毛穴をキュッ!と引き締める収れん化粧水 「」 美容成分を含んだジェリーがミストになってシュッ! 皮脂や汗によるベタつきを抑え、ひんやりとみずみずしい肌に整えてくれる収れん化粧水。 !」なんて経験がある人も多いはず。 そんな時は、毛穴補正効果のある部分用下地が役立ちますよ。 小鼻やTゾーン、ほおなど毛穴の開きが気になる部分に、指でくるくるとすりこむようになじませてから、顔全体に化粧下地を使用します。 化粧下地も、毛穴を補正しながら化粧崩れを防いでくれるタイプがおすすめ。 ついついパパっと終わらせてしまいがちなベースメイクですが、ひと手間をプラスすることで、毛穴の開きが気にならない肌に。 毛穴の開きやテカリを抑える 「」 「ダイヤエリア」といわれる額・目尻・鼻先を結ぶゾーンの毛穴の開きやテカリを、透明感の続くフラットな状態にしてくれる部分用下地。 なめらかな肌に仕上げます。 身体の内面から!インナーケアで毛穴の開きを防ごう 毛穴の開きの原因となる過剰な皮脂をコントロールするには、毎日の食生活も大切。 そのポイントを紹介しますね。 皮脂分泌を抑えるビタミンB2・B6 ビタミンB2とビタミンB6は、皮脂の分泌が気になる人におすすめの栄養素。 牛や豚のレバーやバナナ、納豆、牛乳などに多く含まれています。 調理いらずで食べられる納豆や牛乳、バナナは、毎日手軽に取り入れられそうですね。 ターンオーバーをサポートするビタミンA ターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)がスムーズだと、古い角質などの汚れが毛穴に詰まりにくくなります。 こうした栄養素を、毎日の食事で積極的に取り入れてみましょう。 糖質・脂質は控えめに 一方、甘いものや糖質、脂質の取りすぎは皮脂の分泌を増やしてしまいます。 毛穴が気になる時は、スイーツや揚げ物などをなるべく控えめにしたいですね。 資生堂の公式サイト「ワタシプラス」では、毛穴対策におすすめのレシピを紹介中。 身近な食材で簡単につくることができるレシピが満載なので、ぜひチェックしてくみてださいね。 また、個人によりその効果は異なります。 ご自身の責任においてご利用ください。

次の

角栓が気になる乾燥肌・脂性肌のための毛穴対策|年齢に負けないスキンケアコラム

毛穴ケア 敏感肌

鈴木 株式会社エクラ 商品開発担当。 元美容インストラクター。 化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ資格保持。 女性の肌悩みで年齢問わず多い「毛穴」。 毛穴トラブルは、大きく分けて「詰まり毛穴」・「たるみ毛穴」・「開き毛穴」の3つに分けられますが、どの毛穴悩みもケア方法に悩んでしまいますよね。 ましてや、敏感肌の方は一般的な毛穴ケアアイテムを使用すると肌荒れしてしまったり、そもそも肌が敏感すぎて使用できない方も多いのではないでしょうか? 筆者自身も敏感肌で詰まり毛穴に悩んでいたのですが、敏感肌から適切なケアできないからといって、放っておくとどんどん毛穴が詰まったり、目立ってきてしまうので、どうしたら良いか悩んでいました。 そこで、毛穴についてしっかりと調べ、毛穴トラブルの特徴によって原因や行うべきケア方法が違うということを再認識し、敏感肌でもできる効果的な毛穴ケア方法についてまとめてみました。 筆者自身と同じように敏感肌で毛穴悩みが尽きない方に少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。 セルフケアで改善できるのは「詰まり毛穴」 冒頭でご紹介したように、毛穴トラブルは、大きく分けて「詰まり毛穴」・「たるみ毛穴」・「開き毛穴」の3つに分けられます。 なかでもセルフケアで改善が見込めるのは、詰まり毛穴です。 詰まり毛穴は、毛穴に角栓が詰まった状態です。 この角栓は、毛穴の中に余分な皮脂が詰まったり、古い角質が溜まることにより、皮脂と古い角質が混ざりできてしまいます。 1-1. たるみ・開き毛穴はセルフケアだけでの改善は難しい 他サイトでは、たるみ毛穴・開き毛穴もセルフケアで改善できる!というようなことが書いてあったりしますが、化粧品だけではどうにもならない真皮層による影響や、元々の生まれ持った肌質などが影響している毛穴トラブルなので、正直セルフケアのみでの改善は難しいです。 本気で改善したいのであれば、皮膚科などの専門機関で、レーザー治療などの美容医療を行うことをおすすめします。 そこで、こちらの記事では主に、敏感肌で「詰まり毛穴」にお悩みの方のためのセルフケア方法、「たるみ毛穴」・「開き毛穴」の方のための美容医療についてなどご紹介しておりますので、毛穴トラブルでお悩みの方は参考にしていただけたらと思います。 敏感肌の毛穴タイプ別のケア方法 まず敏感肌は一般的な毛穴ケア方法の大半は向きません。 代表的なものでいえば、毛穴パック・ピーリング・スクラブ・毛穴吸引器などです。 これらは敏感肌以外の健康な肌状態の方であれば、適切な使用方法を行うことで毛穴改善に効果的ではあります。 しかし、敏感肌にとっては、刺激が強いケア方法になりますので、敏感肌の方で、もしもこういったケアをされている方がいるのであればいますぐ止めましょう。 敏感肌の毛穴ケアは、肌に負担をかけない方法で行う必要がありますので、毛穴トラブルで代表的な3つの毛穴タイプ別にケア方法を解説します。 2-1. 詰まり毛穴は低刺激毛穴ケア 詰まった角栓を除去しても繰り返し詰まってしまう負のループにはまっている方は、もしかすると「刺激」によって悪化させてしまっているかもしれません。 毛穴に角栓が詰まる根本原因は、炎症からくる刺激です。 肌が炎症を起こすと、壊れた組織と認識し、皮膚を剥がそうとします、そのとき発生した角質を皮脂が巻き取って角栓にしてしまうのです。 そのため詰まり毛穴に重要なのは、刺激を与えない毛穴ケアです。 毛穴トラブルの中でも正しいケアを行えば比較的改善されやすい悩みなので、肌に負担をかけない丁寧なケアを心がけましょう。 「油脂系クレンジング」で低刺激毛穴ケア 刺激を与えない毛穴ケアでおすすめなのが「油脂系クレンジング」。 「油脂系クレンジング」とは、油脂オイルを主成分としたオイルを使用してケアする方法です。 油脂とは、オリーブ油や馬油などの動植物の油のことです。 これらのオイルは、メイクの洗浄力は高めですが、脱脂力はさほど高くないため、お肌に低刺激です。 毛穴に詰まった角栓は角質が硬化している状態なので、角質を軟化させながら洗うことができる「油脂系クレンジング」がオススメなのです。 油脂には、肌を柔らかくする特性があるので、マカデミアナッツオイルやアボガドオイルなどが主成分のオイルを選びましょう。 油脂系クレンジングの毛穴ケア• 毛穴の気になる部分にクレンジングオイルを乗せます。 クレンジングオイルを塗布した状態で、顔に触れずに放置します。 目安は 2〜5分程度です。 特に角栓が酷い時は入浴後10分以上放置すると効果的です。 時間経過後、少量の水分を加えて乳化させた後、 32度程度のぬるま湯ですすぎ、いつも通りの洗顔を行います。 このケア方法を繰り返し行うと、肌の角栓の排出が正常化され、毛穴が改善していきます。 詰まり毛穴は、他のたるみ毛穴や開き毛穴よりもセルフケアで改善できる可能性が非常に高い毛穴トラブルです。 ご紹介した方法を面倒と感じられるかもしれませんが、まずは1ヶ月間、週1回のケアで試して見てくださいね。 2-2. たるみ毛穴は引き締めケア たるみ毛穴の根本原因は、真皮層にあるコラーゲン減少などによってハリが低下し、毛穴がたるんでしまうことです。 肌の真皮層のコラーゲン・エラスチンが影響するため、化粧品の使用など肌の表面のケアだけでは改善することが難しいです。 しかし、軽度なものであればエイジングケア化粧品で多少緩和される場合もありますが、徹底的にたるみ毛穴をケアすには、美容医療を行うことが改善への近道です。 エイジングケア化粧品を使用する たるみ毛穴は、真皮層の老化が原因のため、ハリや弾力を司る真皮層に働きかけることが重要です。 コラーゲンを増やす働きがあるレチノールや、抗酸化効果の高いビタミンC誘導体やコエンザイムQ10、真皮の再生効果のあるペプチドなどを配合した化粧品でお手入れしましょう。 たるみ毛穴初期の美容医療:みかんのようなポツポツ毛穴 比較的たるみ毛穴でも初期段階であれば、強力な保湿で肌表面をならす「ポレーション」や「導入」、表皮の入れ替えを促進する「毛穴ピーリング治療」が行われます。 たるみ毛穴中期の美容医療: たるみ毛穴、帯状毛穴が進行し涙型・楕円形 たるみ毛穴が進行してくると、毛穴が涙型や楕円形状に変化してきます。 内部コラーゲン組織の再生を促す「ジェネシス」、深部に薬剤を入れて肌にハリを出す「水光注射」が行われます。 たるみ毛穴進行型の美容医療: 表面のくすみ、皮膚の凹凸へ進行 肌表面にパッと見てわかるくらいの凹凸がある状態。 肌表面の再生を促す「フラクショナル」・「ダーマペン」、肌深部の再生を促す「フォト・リジュビネーション」などが行われます。 美容医療の治療についてはあくまで参考として捉えていただき、 実際には治療される皮膚科で適切なケア方法の提案をいただけると思うので、専門医に推奨されたケア方法を行うことがベストだと思います。 2-3. 開き毛穴は皮脂抑制ケア・レーザー治療 開き毛穴は、他の2つの毛穴トラブルよりも改善するのが難しい毛穴タイプです。 生まれつき毛穴が大きい場合などは、間違いなくスキンケアでの改善はできないので、改善したいのであれば美容医療は必須になります。 また開き毛穴によって皮脂が過剰に出てきやすいのが特徴ですが、そのまま皮脂が出ている状態で放置してしまうと、皮脂が酸化し肌に刺激になることもあるため、皮脂抑制ケアをすることも敏感肌にとって大切です。 開き毛穴タイプのケアや美容医療についてご紹介します。 開き毛穴には、レーザー治療が効果的 開き毛穴さんには、レーザー治療を行われることが多いようです。 レーザー治療とは、肌にレーザーを当てて皮膚の再構築をサポートし、毛穴を引き締めて目立たなくする方法です。 最近のレーザーには痛みの少ないものも多く、毛穴を小さくするだけでなく、肌質を改善したい人にもおすすめです。 敏感肌さんの開き毛穴ケアでおすすめは、肌へのダメージが少ない「 ヤグレーザーピーリング」。 サーマクールはレーザー光線の数十倍の強さを持つRF波(ラジオ波)の熱エネルギーで、皮膚の表面へダメージを与えることなく、皮膚内に熱エネルギーを与えます。 その熱エネルギーにより、自己コラーゲンが収縮し、皮膚が引き締まります。 その後、数カ月にわたってコラーゲンが産生・増殖され、毛穴も引き締まり、ふっくらとハリのある肌に改善されていきます。 開き毛穴タイプが行うべき皮脂抑制ケア 【日中はティッシュなどで余分な皮脂を取り除く】 顔がテカっているなと思ったら、ティッシュで抑えましょう。 あぶらとり紙などを使用してしまうと、肌に必要な皮脂まで吸収されてしまい、肌が乾燥し、乾燥することによってより過剰に皮脂が出てしまうので、ティッシュで抑えることをおすすめします。 【油分を控えたオイルフリー処方のスキンケアで保湿】 皮脂が多い肌だからといっても、保湿ケアは重要です。 しかし 油分の多いスキンケアを使用するとより肌のベタつきにつながることもあるため、オイルフリー処方のスキンケアなどがおすすめです。 【ビタミンC誘導体配合化粧品を使用する】 ビタミンC誘導体は、皮脂抑制効果がありますので、開き毛穴タイプのように皮脂が出やすい肌には特におすすめの成分です。 その他、美白効果やコラーゲン生成を助ける効果、肌のハリ・たるみ予防・抗炎症作用などの美肌効果が期待できる成分なので、ぜひ日常的に使用するスキンケアに取り入れたい成分ですね。 自分の毛穴はどのタイプかチェックしよう そもそも自分の毛穴はどのタイプかわからないという方のために、3タイプの毛穴タイプをそれぞれ写真でご紹介しながら特徴を紹介しております。 自分はどのタイプなのかをチェックしてみてくださいね。 3-1. 詰まり毛穴 角質肥厚により毛穴が詰まった状態。 毛穴の中の皮脂腺から分泌される皮脂と、古い角質が混ざって角栓(白い塊)となり毛穴に詰まる。 さらに紫外線や空気に触れやすい鼻の頭では白い塊が酸化し黒い塊になる場合もあります。 毛穴に白い塊・黒い塊が詰まっている• 小鼻の溝・鼻の頭にできている• Tゾーンやあごにできている 角栓毛穴は「刺激」で悪化します また、詰まった角栓を除去しても繰り返し詰まってしまう負のループにはまっている方は、もしかすると「刺激」によって悪化させてしまっているかもしれません。 毛穴に角栓が詰まる根本原因は、炎症からくる刺激です。 肌が炎症を起こすと、壊れた組織と認識し、皮膚を剥がそうとします、そのとき発生した角質を皮脂が巻き取って角栓にしてしますのです。 そのため、炎症を起こすきっかけとなる毛穴パックやスクラブ、自分で毛穴を絞りなどは絶対にやめましょう。 酵素洗顔などは刺激が比較的少ないことで知られていますが、タンパク質を分解する作用があり、皮膚表面もタンパク質でできているため、炎症のきっかけになるんです。 3-2. たるみ毛穴 加齢によるたるみによって毛穴が縦長のしずく型に広がった状態。 真皮の老化(コラーゲンの減少など)により、ハリの低下がおこり、毛穴を支えきれなくなり、しずく型に垂れ下がった毛穴です。 主に頬に多くみられます。 また、加齢以外にも過度なスキンケアや誤ったケアによって肌の弾力が失われ、たるみ毛穴になることもあります。 頬の毛穴が目立っている• 毛穴付近を指で引き上げると毛穴が目立たなくなる• 肌にハリがない 3-3. 開き毛穴 皮脂が過剰に分泌され毛穴が開いた状態。 このタイプで多いのは、生まれつき皮脂腺が大きいタイプです。 またオイリー肌の人に多く、水分不足により、水分と油分のバランスが崩れることによっても現れます。 過剰な皮脂により顔全体が皮脂に覆われている肌。 鼻周辺では角層が分厚く、硬く、あらくざらざらした手ざわりになり、不完全な角質が毛穴まわりに蓄積するため、毛穴の開きが目立ちやすい状態です。 オイリー肌である• 顔全体的に毛穴開き気味• テカリやすい 4. 毛穴についての豆知識 ご自身の肌悩みにあった毛穴ケア方法を知っていただけたと思いますので、こちらでは毛穴についての豆知識をご紹介しますね。 4-1. 毛穴の大きさの多くは遺伝的要因 実は毛穴の大小の多くは、遺伝的要因によって決まっているんです。 そのため、生まれた地域によって肌のキメの細かさも変わってくると筆者は思っています。 実際に、筆者の友人でも沖縄県の友人と、北海道の友人がいるのですが、紫外線量が多く日差しが強い沖縄県出身の友人は、肌が分厚く毛穴が開き気味で顔全体がオイリーです。 しかし、平均気温が低めの北海道出身の友人は肌が透き通ったように透明感があり、キメが細かく毛穴が全く見当たらない肌をしています。 もちろん人の生活環境やお手入れ習慣によっても変動はするとは思いますが、生まれながらの遺伝的要因は非常に強いと思います。 男性ホルモンが多いと皮脂腺が大きくなる 男性ホルモンの多さも遺伝によって決まります。 男性ホルモンが多いことで皮脂腺が大きくなると、皮脂腺の出口も大きくなり、毛穴が目立つようになるのです。 この生まれつきの毛穴の大きさは、毛穴ケア化粧品などで小さくなることはありません。 4-2. 毛穴ケアには内側からのケアも重要 毛穴の原因はそれぞれの毛穴のタイプによって異なりますが、生活習慣が原因となって毛穴が目立ってくることもあります。 不規則な生活、喫煙、極端なダイエットなどは、ホルモンバランスを崩し、毛穴の開きを加速させます。 また、日焼けは肌老化を進めるというイメージが根付いているかと思いますが、実際その通りです。 日焼けをすると、肌の肌のハリや弾力を低下させ、たるみ毛穴を招いてしまうので厳禁です。 毛穴を目立たなくするには、こうした生活習慣を見直し、体の内側からのケアも重要です。 次の章では、毛穴に効く食べ物をご紹介しています。 毛穴に効くビタミンB1・2で内側からケア 毛穴に効く食生活は、皮脂分泌を抑えるための栄養素を取るのがオススメです。 毛穴タイプを3つに分けてご紹介しましたが、どの毛穴タイプも皮脂が多いと詰まりの原因となり、余計に毛穴が目立ったり、悪化したりしますので、皮脂分泌を抑えるのに最適なビタミン B1・ 2をご紹介します。 ビタミン B1:炭水化物の代謝を助ける栄養素です。 炭水化物がきちんと代謝されないと、皮脂が過剰に分泌されるので、それを予防する効果があります。 豚ヒレ・ピーナッツ・たらこ・玄米・ごまから摂取することができます。 ビタミン B2:皮脂分泌をコントロールするのにとても有効な栄養素です。 豊富に含んでいるのは、 レバー・うなぎ・納豆・卵・ブリ・舞茸などです。 まとめ いかがでしょうか?ご自身の毛穴タイプにあった毛穴ケア方法を知ることはできましたか? 一般的に詰まり毛穴で効果的と考えられているスクラブなどや、たるみ毛穴にはマッサージなど、こういったケア方法は敏感肌の毛穴ケアには刺激が強すぎてしまいます。 敏感肌は肌のバリア機能が低下し、摩擦などの刺激に弱いので、肌に負担をかけない優しい毛穴ケアを心がけましょう。

次の