うどん バカ 一代。 手打十段 うどんバカ一代

冷凍うどんで「うどんバカ一代」釜バターうどんを再現するレシピ

うどん バカ 一代

「例えば腕立て伏せ。 いきなり100回は無理ですが、今日10回、明日15回と頑張れば、そのうちきっと100回達成できるはず!」。 そう話す同店店主の見谷章さんが目指しているのは「昨日よりもおいしいうどん」。 うどんバカを自認し日々の努力を積み上げた結果、オープンから10年経った今、客足の絶えない人気店へと成長しました。 強いだけのコシにこだわらず、舌触りや喉越し、かんだ時の弾けるような食感すべてを重視した麺はツルツルもちもち。 看板メニューの「釜バターうどん」は、一見斬新にも思えますが意外や意外。 釜出しの麺に卵とバターが濃厚に絡み、麺の魅力をより際立たせる仕上がりに感動すら覚える味わいです。 「極真空手では黒帯ですが、うどんに関してはまだまだ白帯。 うどんでも早く黒帯を締めたい」と創業当初語っていた見谷さん。 今の帯が何色かは、あなたの舌で確かめてみて!.

次の

料理メニュー : 手打十段 うどんバカ一代 (うどんばかいちだい)

うどん バカ 一代

さて本題に。 訪麺したのは朝7時過ぎ(お店は6時から営業)だったからなのか? 店の前に行列はできてませんでした。 個人的にこう言うネーミングの店って大好きなんですよね(笑)さて 暖簾をくぐりますか! 中に入ると行列!席もほぼ満席です。 知人のすすめでこの店のオススメは『釜バターうどん』とのことでした。 店内2箇所にこういったお土産のうどんも置かれてます。 ワテも最終的に買って帰りました(笑) なかなかお客さんの回転もよくそんなにまたずしてトッピングの場所へ。 しかし オススメが釜玉バターうどんですし、この後も2店舗回らないといけないので(苦笑)スルーしました。 揚げ物はこのようなものです。 個人的にもいいただけたら コロッケ、 カニクリームコロッケが食べたかったのですが次回に(笑)注文後、出来上がるまで席で待ちます。 これが釜バターうどんの小(490円)です!かなり期待がもてそうなうどんですね。 玉子を落としてからの断面写真です。 別名カルボナーラうどん!さてかき混ぜましょう。 かなりまぜまぜしました(苦笑) 熱々の麺なんで、黄身がいい感じで固まります。 いや〜美味そうです!! 美味〜〜い!衝撃の釜バターうどん!!ある意味絶品でした。 うどんはモチモチしてて、そんなに硬くないし(どっちかと言えば柔い方にはいると)超ワテごのみです。 それと、黒胡椒がまたええです。 食べ終わって店を出ても、口の中に黒胡椒が残ってます。

次の

うどんバカ一代 (高松市) 最新のレストランの口コミ(2020年)

うどん バカ 一代

今日は少し前に行ってみた、香川県高松市の有名な人気うどん屋さんのお話。 香川県には馴染みの深い私ですが、 高松市には早々来ることがないのであまりお店を開拓したこともありませんでした。 しかし、先日早朝に高松市に着かないといけない用事があり、夜間のフェリーを使って大阪から高松まで行ってきました。 早朝でなかなか開いているお店がない中、 高松駅から割と近くて朝6時から開いている、超人気うどん屋さんを発見! そこで今回は、香川県高松市にある、 『手打十段うどんバカ一代』の待ち時間の実際、おすすめメニューをご紹介します。 きっと私のように早朝にフェリーやバスが着いて時間を持て余す人もいると思うので早朝の行列やおすすめの時間帯もお伝えします! Contents• 『手打十段うどんバカ一代』の人気No. うどんの上に卵のバターと黒胡椒がたっぷり。 組み合わせ的にはちょっとカルボナーラっぽいのかな? まろやかな味でちょっとアクセントも効いていて大人気の一品です。 私がお店に行った時にも、おそらく8割以上のお客さんは釜バターを注文していました。 (ちなみに釜バターは他のうどんよりちょっとだけ時間がかかります) しかし! 半分うどん県の血が流れている私としては、 久々のさぬきうどんはもう少し定番のものを食べたい!っていう気持ちと シンプルに早朝のフェリーで寒い思いをしたのでかけうどんをチョイスしてみました。 ということで、今回は肉うどんです。 ) もちろん、お肉の旨味もたっぷり入ったおだしになっています。 肉うどんのだしってなんであんなにおいしいんですかねー。 1の釜バターもおいしいんだろうけど、普通のうどんメニューもぜひ食べてほしいなーと思いました。 ちなみにサイドメニューも結構あって、 80円ぐらいで巻きずしとかいなりずしとか、1個からでも食べられます。 何気に朝焼けに映し出された笑顔がかわいいですね。 私はフェリーを下りてJR高松駅に着いたのが5時半過ぎだったのでそれでも開いているお店はないかなーと検索。 …が、しかし! 地図上では近そうに見えても、歩くと結構遠い(笑) あんまり地図をよく見ずに、まぁ30分ちょっと歩いたら着くかなと思って歩いたのですが、早朝なせいもあってお店も開いてないのでひたすら歩くだけの時間はちょっと長く感じましたね。 列はお店の前に収まる程度の長さだし、回転も悪くないのですが、オープン直後は最初の集団が一斉に食べ始めて終わるのを待たないといけないので、結局20分ぐらいは並んだかな… しかし、食べ終わって6時40分ぐらいに出てきたときには… そうです、まったく行列はなくなっていました。 なのでオープンを狙うのであれば6時より少し早めに来て1巡目に入るのがおすすめだし、 そうでなければ6時半とか、オープン直後のお客さんが少し落ち着く時間がおすすめです。 オープン直後は店内も慌ただしくて、何となくゆっくり食べにくい感じだったので、個人的にはちょっと落ち着いてからの方がおすすめです。 (あくまで、この日の混み具合ですので、ご参考程度に…) それと、歩くの得意じゃない方は高松駅周辺のネットカフェとかで時間つぶして、近くまで電車で来ることをおすすめします。 ことでんの「瓦町駅」からなら10分もかからないです。 ちなみに早朝ランニングとかロードバイクの方が結構食べに来てましたね。 皆さん朝早くから運動しててびっくり。 香川県高松市にある『手打十段うどんバカ一代』は釜バター以外のうどんももちろん絶品で、早朝から開いているので夜行の交通機関を利用する方にはかなりおすすめのお店でした。 待ち時間を考えると、特にオープン1番にこだわらない方は、若干ゆっくりめの方が空いているかもしれないです。 高松に訪れる機会があれば、ぜひ食べてみてくださいね。 それでは、また。

次の