コロナ ウィルス 血液 型。 衝撃!血液型別の病気リスクや免疫力、寿命の違いとは??

コロナウイルス重症化と血液型について(どうしてA型はO型に比べて重症化しやすいのか?)

コロナ ウィルス 血液 型

ノルウイルスに感染しない血液型があります。 ABO式血液型とは異なる形式の血液型と関係しています。 唾液でABO式血液型を判定できない人は感染しません。 今回は以下で分かりやすく、その仕組みをご説明しましょう。 ノロウイルス(悪の戦士)と腸細胞(城)の攻防 消化管のウイルスにはIgAでミサイル攻撃。 新顔は狙えません。 ウイルスは遺伝情報(DNAまたはRNA が甲冑(蛋白質・糖蛋白・酵素)を纏った戦士です。 腸細胞は、城壁(リン脂質二重膜)、掘(粘液)に囲まれた城で す。 堀には、跳ね上がり式の橋が城門に続いています。 橋・城門は、感染の足場・受容体に相当し、突入経路(侵入経路)となります。 橋・城門はヒトの遺伝因子(遺伝子・表現型)が関係しています。 城からの防御の攻撃には矢(飛び道具)としてインターフェロンなどのサイトカインがあります。 また、以前に感染した場合は、免疫系が産生した飛び道具の抗体も武器となります。 抗体は一種の誘導ミサイルですが、新顔の戦士を攻撃できません。 血中の抗体を調べると以前に感染したかどうかを調べる手段となります。 消化管感染の場合だと、騎兵隊に相当する貪食細胞が、血液や間質と違って消化管細胞(城)を巡る戦闘には直接参加できません。 消化管細胞(城)越えて、粘膜下に侵襲すると戦闘に参加します。 粘膜下には貪食細胞以外にミサイル(抗体)を作るリンパ球も控えています。 ノロウイルスは降りた状態の跳ね上がり式の橋を渡って城門から城(腸細胞)へ突入(侵入)します。 ノロウイルス感染成立と血液型の関係を調べる方法ノロウイルスの場合、食べ物や指に付着したウイルスが口から入れば感染成立に必要なウイルス数が少ないので発病する可能性が高いです。 同じ物を食べて発病したりしなかったりする事が経験的に知られていますが、これは遺伝因子が感染成立(発病)に関係する可能性があります。 ノロウイルスが突入する際の、跳ね上がり式の橋と城門は限定されている可能性を示唆しています。 ボランティアにノロウイルスを飲んでもらって、感染成立(発病)の有無と血液型に関係する遺伝因子(遺伝子・遺伝型)、血液型(表現型)を調べる方法があります。 使用するウイルス以外については推定できません。 ノロウイルスに対する抗体と血液型に関係する遺伝因子(遺伝子・遺伝型)、血液型(表現型)を調べる方法があります。 不特定多数のノロウイルスについての傾向を分析できます。 ただし抗体なので発症したかどうかは不明です。

次の

血液型がA型の人は新型コロナウイルスに感染しやすい、という論文を考える

コロナ ウィルス 血液 型

血糖値が下がり過ぎると昏睡状態に 1型糖尿病は、自己免疫の異常ですい臓の一部の細胞が破壊され、血糖値を下げる「インスリン」ができなくなる病気だ。 肥満や生活習慣などが原因で発症する2型糖尿病とは違い、1型は発症の原因が不明で、現在の医学では一生治らないとされている。 生きていくためにはインスリンを体内に補充することで血糖値をコントロールしていくしかない。 香さんは、毎日何度も血糖値を測定し、インスリンの量を細かく調整している。 しかし、意識が朦朧として上手く立ち上がることができないことも。 これはインスリンで血糖値が下がり過ぎたことが原因で、意識障害を起こし、昏睡状態に陥る場合もある。 そんな香さんを今さらに不安に陥れているのが「新型コロナウイルス」だ。 大阪で感染者が出るたびに危機感を募らせている。 「不安や。 」(夫・和之さん) 「不安やな。 早く治療法が開発されたらいいなって、ほんまに早く!って思います。 助かる人も増えてくるやろうし。 」(滝谷香さん) WHOなどの調査では致死率9.2%に 新型コロナウイルスの感染が拡大した中国で、WHO(世界保健機関)などが行った調査の報告書が公表された。 中国で感染が確認された約5万6000人のデータを分析していて、その結果、全体の致死率は3.8%だったが、糖尿病を抱える人は致死率9.2%で、持病の中では心臓病の13.2%に次いで2番目に高い数字となった。 日本でも厚生労働省は1型・2型共に糖尿病の患者は重症化するリスクが高いとしている。 「亡くなっている人が日本でもだんだん増えてきているじゃないですか。 治療方法が見つかっていない、1型糖尿病を持っている、もしなったら死んでしまうやん、というのが一番が怖い。 」(滝谷香さん) なぜ糖尿病患者は重症化のリスク高い? なぜ、糖尿病の患者は新型コロナウイルスに感染すると重症化してしまうのか。 自らも1型糖尿病を患っている大阪医療センターの加藤研医師は、専門医の立場から2つの理由を挙げた。 1つ目は「糖尿病患者は既に臓器や血管が弱っていること」、2つ目に「感染することで血糖値のコントロールがさらに難しくなること」だという。 「重篤な病気になると、ストレスに対処するホルモンが沢山出ます。 そうすると、そういったホルモンは血糖値をどんどん上げようとするので、血糖値が高すぎて昏睡状態、かなり命の危険がある状態になるということです。 血糖コントロールが悪い状態の患者さんが多い1型糖尿病の方が、かかってしまうとより重症になる可能性はありますね。 」(大阪医療センター 加藤研医師) さらに、血糖値が高い糖尿病患者は、感染症にかかりやすいと加藤医師は指摘する。 「血液中の白血球、要するにばい菌やウイルスと戦う部分の活動性が、血糖値が高いと下がると言われています。 免疫力が下がっているのであらゆる病気にかかりやすい。 」(大阪医療センター 加藤研医師) 感染リスクあっても仕事を休むわけには… 実は、夫の和之さんも同じ1型糖尿病だ。 パチンコ店でアルバイトとして働いていて、年収は約210万円。 4年前、香さんの障害基礎年金が国から打ち切られ、一家の家計を支えるのは和之さんの収入だ。 毎月の医療費はインスリン代など2人で約6万円。 苦しい生活の中、感染のリスクがあるからといって、仕事を休むわけにもいかない。 「主人の仕事はサービス業やし、人とかかわる仕事なので、色んな人いてはるから心配は心配。 マスクはしてるよとは言ってるけど。 でも仕事に行ってもらわないと…生活費もいるわけやし。 1型糖尿病じゃなくても他に持病がある方はいてはるし、その辺もうちょっと目を向けて欲しいなって。 」(滝谷香さん) 和之さんはこれまで清掃会社など10店舗以上の面接を受けたが、病気が原因で断られ、ようやく採用してもらえたのが今働くパチンコ店だという。 「(Q感染の可能性もあるが?)たぶん大丈夫です。 アルコール消毒をこまめにするとか。 自分自身もお客様も一緒にやってこられているので、大丈夫だとは思います。 (Q働かないといけない?)そうですね、なかなか…。 」(夫・和之さん) 日本で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、重症化するリスクが高いとされ、感染する不安を抱える人達がいる。 こうした人達のことを国は本当に守ることができているのだろうか。

次の

新型コロナ 血液型と感染リスクの相関関係.. 中国研究結果を韓国メディアが引用

コロナ ウィルス 血液 型

43倍にもなるという。 O型は十二指腸潰瘍のリスクを高めるSNP(遺伝配列の個人差)を持っているからだとか。 胃がんのリスク遺伝子であるPSCA遺伝子は、細胞の分裂増殖を活性化する作用がある。 PSCA遺伝子に効果によって小さながん細胞が胃の中で増殖するため、胃がんのリスクが高まる。 しかし、このPSCA遺伝子は細胞分裂を速めることで、ダメージを受けた十二指腸粘膜の修復を活性化させる作用も持っているという。 胃がんのリスクが高い人は、十二指腸潰瘍になりにくい。 十二指腸潰瘍のリスクが高い人は、胃がんになりにくい。 ちなみに日本人は、血液型にかかわらず、胃がんリスクが高く、十二指腸潰瘍のリスクが低いタイプが多いという。 その理由はイマイチよくわかっていないが。 逆に血液がサラサラなので心筋梗塞や心筋梗塞などの疾患リスクは低い。 血液型と病気の関係についての研究をみると、全体的に O型が病気に強いという結果が多いようだ。 O型でリスクの高い疾患 O型が比較的安全な疾患• 十二指腸潰瘍• 胃がん• すい臓がん• ノロウイルス• 失血死しやすい• 動脈硬化• 脳梗塞• エコノミークラス症候群• 糖尿病• なので、肺炎やノロウイルス、肺結核、梅毒などのリスクが高い。 2倍だったとか。 胃の中にピロリ菌がいる場合はさらにリスクが跳ね上がるので注意が必要だ。 A型は血液中の凝固因子が多く、たとえ出血しても血が止まりやすい。 失血死のリスクは下がるが、逆に血栓ができて血が止まってしまうリスクは高まる。 具体的にはエコノミークラス症候群、心筋梗塞、脳梗塞などに注意が必要だ。 A型でリスクの高い疾患 A型が比較的安全な疾患• ノロウイルス• 肺結核• 胃がん• 脳梗塞• 心筋梗塞• というのも、かつてコレラが大流行した際に、B型はこれらにかかっても重症化しずらく、しぶとく生き残ったから。 だけどB型は貧血になりづらく、男性はもちろん、貧血になりやすい女性でも貧血になりづらいという。 すい臓がんの初期症状は「腹痛・食欲不振・お腹のハリ・体重減少・背中の痛み」など。 だけど基本的に見つけづらいがんのひとつなので注意が必要だ。 もっともすい臓がんになりにくいO型と比べると、B型は1. 72倍もすい臓がんになりやすいという。 また、B型は口腔がんにもなりやすい。 O型と比べると1. 49倍にもなる。 B型でリスクの高い疾患 B型が比較的安全な疾患• すい臓がん• 口腔がん• 病気やウイルスに対する抵抗力が、全血液型のなかで最も弱い。 風邪、インフルエンザ、肺炎など、ウイルスが原因の疾患にかかりやすい。 82倍だったとか。 だけど、なぜかAB型がもつ抗原はノロウイルスに強いという特徴を持っている。 そのためAB型は牡蠣を食べても食中毒になりづらいかもしれない。 食べ過ぎは禁物だけど。 AB型でリスクの高い疾患 AB型が比較的安全な疾患• 風邪やインフルエンザ• 天然痘• 認知障害• コレラ• ノロウイルス 免疫力の強い血液型ランキング 血液型の違いは免疫力とも関係してくる。 A型はA抗原を持っていて、抗A抗体を作る必要がない。 そのためA型の血清の中には抗B抗体だけが存在する。 同様にB型の血清には抗A抗体がある。 A抗原とB抗原を両方もつAB型の血清には抗体がないが、A抗原もB抗原も持たないO型の結成の中にはA・B両方の抗原が存在する。 この血清中の抗原の違いが免疫力に影響を及ぼすという。 その違いをランキングにすると下記になる。 これもO型が強い抵抗力を持っているからなのだろう。 逆にAB型はO型に比べて風邪をひきやすいってことになる。 では次に、血液型と寿命に関する研究を紹介しよう。 血液型による大気汚染の影響受けやすさランキング 最新の研究によると、大気汚染の影響による心臓発作のリスクは 血液型により違いがあるという。 米インターマウンテンメディカルセンターの研究者が1993年~2007年の臨床データを元に調査したところ、A・B・AB型の血液型の冠動脈疾患患者は大気汚染で心臓発作を起こしやすく、O型は心臓発作のリスクが低かったという。 血液型を決定するA遺伝子とB遺伝子は、冠動脈疾患の患者の心臓発作と関連する唯一の遺伝子らしい。 O型はA・B遺伝子共に持っていないので、心臓発作のリスクが低かったのだ。 研究ではA・B・AB型が健康被害を受けるレベルのPM2. 5が含まれた大気でも、O型はへっちゃらだったとか。 O型スゴイ! というわけで、大気汚染に強い血液型ランキングはこちら。 血液型別の平均寿命 O型:86. 7歳 B型:78. 2歳 AB型:69. 5歳 A型:61. 6歳 これが本の中で紹介された、血液型と寿命の関係。 てゆーか、 A型の平均寿命が61. 6歳って…短すぎじゃないか!! この統計はアメリカ人5,000人を調査したもの。 統計学的には十分なサンプル数な気がするけど、結果にある程度の偏りが出てきてしまったのかもしれない。 ウィスバーグ博士曰く、A型は野菜や果物の消化は得意だけど、肉類は消化しにくく、脂肪としてため込みやすい体質だという。 アメリカの肉中心の食生活が、A型の平均寿命をすさまじく縮めてしまっているらしい。 まあ、アメリカの研究なので、日本人にはあまり参考にならないかもしれない。 少なくとも、A型の日本人はピザやハンバーガーばっかりのアメリカンな食生活は控えた方が良さそうだ。 次に、ヨーロッパの国々の血液型と寿命の研究について。 これはヨーロッパ31ヵ国の平均寿命と血液型の分布から、その相関関係を割り出していこうという研究での結果。 それによると、A型が多い国と少ない国との間には、特に寿命の違いは見られなかった。 だが、B型やAB型が多い国は少しだけ短命に、O型が多い国は長生きの傾向にあったという。 つまり、ヨーロッパではO型が長生きで、次にA型が普通、B型とAB型は短命であるということになる。 ヨーロッパでの血液型と寿命の関係 O型:長寿 A型:普通 B型・AB型:短命 最後に日本の血液型と寿命との関係について。 ニッセイ基礎研究所が2007年に発表したレポート「長寿科学研究からみる予防行動と健康指導の新たな視点」では、血液型と寿命の関係について1992年の研究を紹介している。 日本人のABO血液型頻度はA型4割、O型3割、B型2割、AB型1割であるが、これに対して百寿者(269名)は A型34%、O型29%、B型29%、AB型8%という調査結果がもあり、この中では B型が長寿傾向の可能性が高いといわれている 参照元:長寿科学研究からみる予防行動と健康指導の新たな視点 日本での血液型分布のパーセンテージはこうなる。 (Wikipedia調べ)• O型:29. A型:37. B型:21. AB型:9. 日本人の血液型別長生きランキング 1位:B型 2位:O型 3位:A型 4位:AB型 B型がダントツで長寿という結果に。 対してAB型は百寿者になる確率がめっちゃ低い。 もともとAB型の数が少ないので、統計に偏りがでている可能性もあるけれど。 免疫力的に見れば、O型に劣るはずのB型が長生きなのはなぜだろうか? あるいはストレスを貯めない、感じずらいB型の性格が、人間関係や仕事上のストレスが多い日本の文化を生きる上でメリットが多いのかもしれない。 血液型まとめ というわけで、血液型に関するいろんな研究を調べてみた。 疾患リスクや寿命などをまとめると、どちらかといえば O型とB型がタフで健康な血液型なようだ。 確かに血液型によって病気リスクは変わるようだけど、寿命に関しては血液型による違いは明確ではない。 住んでいる国によって大きく違うし、血液型よりも食生活や生活習慣の方が大きな影響力を持つだろう。 健康で長生きするには、自分の血液型なんか気にせずに 健康的に生活することが重要みたいだ。 おすすめ記事:.

次の