やさしい 夜遊び 桑田 佳祐。 「桑田佳祐のやさしい夜遊び」真夏の夜の納涼生歌スペシャル・セットリスト

桑田佳祐のやさしい夜遊び『桑田佳祐が選ぶ、2019年邦楽シングルベスト20』選ばれた曲の一覧

やさしい 夜遊び 桑田 佳祐

爆笑問題のお二人がTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』の中で桑田佳祐さんのラジオ『桑田佳祐のやさしい夜遊び』の鈴木雅之さんゲスト回についてトーク。 その素晴らしさを話していました。 祝!1111回!今夜23時の「桑田佳祐のやさしい夜遊び」は1111回目の放送!ゲストに、なんと!鈴木雅之さんを迎え、「夜遊び1111回記念!ソウルメイト鈴木雅之を迎えて…佳祐・マーチン人生の入魂ソング特集!」を生放送でお送りします! — サザンオールスターズ official sasfannet (太田光)ねえ。 この間な、桑田さんの『やさしい夜遊び』に鈴木マーチンがゲストに来て。 鈴木雅之さん、生歌でこれ(『Love is over』)を歌いましたね。 かっこよかったね! (田中裕二)本当にかっこよかったね。 (太田光)で、最初に『ランナウェイ』を歌うんですよ。 2人で! (田中裕二)『ランナウェイ』。 これはもう本当、すっごい! (太田光)すごかったよね! (田中裕二)かっこいい! (太田光)かっこいい。 (田中裕二)いや、いま普通に鈴木雅之さんがパッと『ランナウェイ』を歌うだけでも、俺らにしちゃあもう大感動なんだけど、そこに桑田さんが入ってきて。 (太田光)で、またあの2人の関係が、要は素人時代、アマチュア時代からの…… (田中裕二)知り合いだからね。 そっからの歴史があって、同い年で。 で、最後に『いとしのエリー』を2人で歌うという。 (田中裕二)本当にすごいね。 素晴らしいね。 (太田光)素晴らしかったよね。 ジンと来たよね。 (田中裕二)ジンと来たし、なんかもっと聞きたいな。 ああいうのを、延々と聞いてみたいね。 いろんな曲をリクエストしたいよね。 「これ歌って! じゃあ次、これ!」って。 延々とやってほしいよね。 (太田光)俺はあれ、ずっとラジオを録音してるから。 聞いていて、「ああ、これいいな!」と思って。 でも別にさ、いまさらお前にさ、そんなことを言いたくないじゃん? 気持ち悪いしさ。 (田中裕二)うん。 (太田光)俺、お前と仲良くなんかしたくねえから。 (田中裕二)(笑) (太田光)でも、さすがにあれは…… (田中裕二)さすがにね(笑)。 あれはさすがに聞かせてくれたね。 (太田光)さすがに、「ちょっとこれ、ウーチャカ(田中)に……」って(笑)。 (田中裕二)(笑) (太田光)「教えなきゃ」って思って。 (田中裕二)さすがにウーチャカを思い出すぐらいね。 (太田光)『タイタンライブ』の前日ね。 (田中裕二)前日ですよ。 ネタ作りの時ですよ。 (太田光)「ちょっとこれ、聞いてごらん」っつって(笑)。 (田中裕二)聞かせてくれました。 (太田光)2人きりで聞いたよね。 久しぶりにね。 (田中裕二)聞きましたね。 ありゃよかったね。 (太田光)「いいねえ」っつってね。 しばらくネタ作りを中断して。 (田中裕二)聞いてましたね。 (太田光)「いいよね」って。 (田中裕二)「これだよね」なんてね。 「やっぱ音楽でしょ!」って(笑)。 (太田光)「やっぱ音楽には敵わないな」って言ったよね。 なんか大学時代を思い出したね。 あの時ね。 2人で聞いてさ。 「ほら、これ!」って。 (田中裕二)そう。 もうひとつのウォークマンをね、ひとつのヘッドホンで片っぽずつで聞いてた時代みたいですよ。 (太田光)あの時代に戻ったね。 一瞬ね。 『タイタンライブ』の前日にね。 ネタ作らなきゃいけないのに。 (田中裕二)「高畑のネタ、どうしようか?」って言ってるのにね(笑)。 (太田光)(爆笑) (田中裕二)「どうしようか?」ってね。 (太田光)本当、音楽って我々を救ってくれるよね。 (田中裕二)そうですね。 <書き起こしおわり>.

次の

桑田佳祐 5月9日の『桑田佳祐のやさしい夜遊び』は原由子をゲストに迎えて弾き語りライブを生放送

やさしい 夜遊び 桑田 佳祐

~これって、どうなのよ!?あなたが不条理に思うこと~ 桑 「田中マー君が、ヤンキースに7年で161億円で移籍。 スゴイですね。 東京都知事選、色んな方が出ています。 本日メールが読まれた方には、ドクダミ茶をプレゼント。 」 原稿にカフカという言葉があり、イマイチ分からなかった桑田さん...。 桑)「バカだと思ってバカにしやがってコノヤロ。 説明されたんですけど、いまだにカフカが分からない。 」 桑)「今日、東京は暖かな1日だった。 明日から又寒くなる。 ノロウィルスに感染している奴がいますから。 みんな気を付けてください。 良く手洗いしなければいけない。 」 最近何をしているか...。 桑)「今日、撮影をした。 何の撮影か言えないけど、髪を切られた。 昨日髪を切ったのに、何故か今日、変だったのか直されてしまった。 最近、髪の毛が大事になってきている。 」 桑)「原さんが、横浜市立横浜吉田中学校の校歌を作詞作曲した。 原さんの母校が統合して、依頼を受けて作った。 」 桑)「私はデモテープを作って、今スタジオに入ったりしている。 仮タイトルに "イノセノカバン" とかつけている。 昨日作った曲の仮タイトルは "僕は100%パパの子だ" という曲。 何がどの曲だか分からなくなる。 仮タイトルが強すぎて。 」 『Like a Rolling Stone』 ボブ・ディラン ON AIR! 桑 「ダーハラ、僕が曲紹介したら曲かけるようにね。 いつも俺がしゃべってる間にお前かけちゃうから。 」 桑)「これは1965年の曲。 ロックの当たり年だと言われている。 ビートルズの『Help! 』とかある。 ヘッドフォンで久しぶりに聴いたら、 結構コード間違ってたり、ラフ。 チューニングも合ってなかったり。 」 海外の大物アーティストの来日が控えているが、 チケットが高くてなかなか行けないというメールに...。 桑)「俺は行くぞ。 エリックプラクトンは、キーボードの人が新顔。 全部偽物なんです。 みんな70過ぎてますから、ダミーがいっぱいいる。 こないだのポールも、全部原曲のキーで歌ったが、71歳がそんなコト ある訳ないじゃないですか。 偽物です。 騙されてるだけです。 本物が来ません。 そんなコトはない。 こないだ来たのは、日本向けのポール。 」 桑)「ボブ・ディランはZeppでやる。 偽物です。 チケット代も高い。 行きたいなと思ってる。 デュランは、最初に来た時も見て、何度も見ている。 必ずガッカリするが、何故か来るたびに行きたくなる。 前に見た時も、 ディランの横で立って、8ミリをずっと取ってたり、日本人の女の子がステージに 上がったりして、不思議なステージだと思ったが、しばらくすると又見たくなる。 そういう意味で、クラプトンやポールは安定感ある。 」 本日のお題 映画館での携帯の着信音についてのメールに...。 桑)「ファンの方から写真を撮ってもいいですかと言われて、いいですよ。 と言うんですが、最近、スマホで動画になる。 ホントね。 あと海で、僕も海に犬を連れて行くんですけど、リードを付けないで 砂浜で犬を放し飼いにしている飼い主がいる。 そういうのもどうなのよ?と、 思う時があるので、気を付けていただきたいと思う。 」 女子って小柄な方が可愛くて得?...。 桑)「背の高い女の子だって可愛い。 和田アキ子とか。 誰にも悩みはある。 何故私だけがとみんな思っている。 お前が産んだから小さいんだろ。 と思ったんですけど。 色んなコンプレックスが誰にでもある。 」 飲酒運転による人身事故...。 桑)「それは絶対ダメ。 ちょっとの量でも、お酒アウトです。 過去にも、事故や被害にあった方、沢山出てますから。 」 桑)「お酒と言えば、久しぶりに合コンやって、若い子と飲みまして、楽しかった。 双子のモデル可愛かった。 」 やたらとギターを買うサラリーマンの旦那...。 桑)「男ってそう。 俺もそうだけど。 車とかフィギュアとか。 俺なんかこの歳で、 サーフボードとか、上手くもないのに見ると欲しくなっちゃったりして。 買いませんけど、ハマっちゃうと止まらない時ってある。 新しいものが欲しくなって、恋して、又目移りしちゃう。 」 街頭インタビューは、自由が丘駅からでした。 桑)「ハラダね、君がしゃべるとね、声が聞こえなくなるのよ、さっきから。 ヘッドフォン。 」と、今日は不具合が気になるご様子の桑田さん。 アルバム全曲聴きコーナー 桑)「ハラダ君さ、君がしゃべると、声が途切れちゃうのよなんか。 僕がしゃべってる声が。 なんとかして欲しい。 」 「EXTENSIONS」 MANHATTAN TRANSFER ON AIR! 本日のお題 ルックスが良いと、世の中得するコトだらけですね。 というメールに...。 桑)「お前もブサイクなのか。 俺と同じか。 どうでしょうね。 僕もルックスで 得をしたことが無いから分からない。 それぞれに年取ると、イイ顔になってきたな とか言いますけど。 自分で顔は作ってくもんだと言われますけど。 前奏のハーモニカが終わり、「歌います。 ココに出ます。 こんなトコで本気にならなくてもイイんですけど。 その前に、ハーモニカが 下手なんですけど。 隠れた名曲だと思って持ってまいりました。 」と桑田さん。 先程のメールの質問の答え...。 桑 「そんなコトないでしょ。 好きなものは自然にすればイイでしょ。 その後、現実にどうするかと言うコトで、色々考えなくちゃいけない。 大変なんだよ、キム。 体裁とか世間体とか色々あって。 」 桑 「あの、トークバック直しておいてくれる。 来週までに。 ハラダが話すとさ、俺の声、自分で聞こえなくなっちゃうんだけど。 "結婚しててキャバクラに行くのは有り?風俗は有り?浮気とは何?" です。 「なんだよコレ、ハラダ。 バカじゃないのホントに。 」と、 来週のテーマに、文句を言っていた桑田さんでしたっ 笑.

次の

桑田佳祐、『Keep Smilin’~“出来ることから”ちょっとずつ~』始動 サザン&ソロ作品MVフルバージョン公開

やさしい 夜遊び 桑田 佳祐

爆笑問題のお二人がTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』の中で桑田佳祐さんのラジオ『桑田佳祐のやさしい夜遊び』の鈴木雅之さんゲスト回についてトーク。 その素晴らしさを話していました。 祝!1111回!今夜23時の「桑田佳祐のやさしい夜遊び」は1111回目の放送!ゲストに、なんと!鈴木雅之さんを迎え、「夜遊び1111回記念!ソウルメイト鈴木雅之を迎えて…佳祐・マーチン人生の入魂ソング特集!」を生放送でお送りします! — サザンオールスターズ official sasfannet (太田光)ねえ。 この間な、桑田さんの『やさしい夜遊び』に鈴木マーチンがゲストに来て。 鈴木雅之さん、生歌でこれ(『Love is over』)を歌いましたね。 かっこよかったね! (田中裕二)本当にかっこよかったね。 (太田光)で、最初に『ランナウェイ』を歌うんですよ。 2人で! (田中裕二)『ランナウェイ』。 これはもう本当、すっごい! (太田光)すごかったよね! (田中裕二)かっこいい! (太田光)かっこいい。 (田中裕二)いや、いま普通に鈴木雅之さんがパッと『ランナウェイ』を歌うだけでも、俺らにしちゃあもう大感動なんだけど、そこに桑田さんが入ってきて。 (太田光)で、またあの2人の関係が、要は素人時代、アマチュア時代からの…… (田中裕二)知り合いだからね。 そっからの歴史があって、同い年で。 で、最後に『いとしのエリー』を2人で歌うという。 (田中裕二)本当にすごいね。 素晴らしいね。 (太田光)素晴らしかったよね。 ジンと来たよね。 (田中裕二)ジンと来たし、なんかもっと聞きたいな。 ああいうのを、延々と聞いてみたいね。 いろんな曲をリクエストしたいよね。 「これ歌って! じゃあ次、これ!」って。 延々とやってほしいよね。 (太田光)俺はあれ、ずっとラジオを録音してるから。 聞いていて、「ああ、これいいな!」と思って。 でも別にさ、いまさらお前にさ、そんなことを言いたくないじゃん? 気持ち悪いしさ。 (田中裕二)うん。 (太田光)俺、お前と仲良くなんかしたくねえから。 (田中裕二)(笑) (太田光)でも、さすがにあれは…… (田中裕二)さすがにね(笑)。 あれはさすがに聞かせてくれたね。 (太田光)さすがに、「ちょっとこれ、ウーチャカ(田中)に……」って(笑)。 (田中裕二)(笑) (太田光)「教えなきゃ」って思って。 (田中裕二)さすがにウーチャカを思い出すぐらいね。 (太田光)『タイタンライブ』の前日ね。 (田中裕二)前日ですよ。 ネタ作りの時ですよ。 (太田光)「ちょっとこれ、聞いてごらん」っつって(笑)。 (田中裕二)聞かせてくれました。 (太田光)2人きりで聞いたよね。 久しぶりにね。 (田中裕二)聞きましたね。 ありゃよかったね。 (太田光)「いいねえ」っつってね。 しばらくネタ作りを中断して。 (田中裕二)聞いてましたね。 (太田光)「いいよね」って。 (田中裕二)「これだよね」なんてね。 「やっぱ音楽でしょ!」って(笑)。 (太田光)「やっぱ音楽には敵わないな」って言ったよね。 なんか大学時代を思い出したね。 あの時ね。 2人で聞いてさ。 「ほら、これ!」って。 (田中裕二)そう。 もうひとつのウォークマンをね、ひとつのヘッドホンで片っぽずつで聞いてた時代みたいですよ。 (太田光)あの時代に戻ったね。 一瞬ね。 『タイタンライブ』の前日にね。 ネタ作らなきゃいけないのに。 (田中裕二)「高畑のネタ、どうしようか?」って言ってるのにね(笑)。 (太田光)(爆笑) (田中裕二)「どうしようか?」ってね。 (太田光)本当、音楽って我々を救ってくれるよね。 (田中裕二)そうですね。 <書き起こしおわり>.

次の