犬 いちご 寿命。 犬はいちごを食べても平気?与え方のポイントや注意点 [犬] All About

チワワの寿命は10歳から15歳。室内飼いと外飼いかで差が出る

犬 いちご 寿命

この記事の内容• 犬と猫の平均寿命の表 犬と猫、ともに平均寿命が伸びています!犬は雑種犬の方が長生きで、猫はオスよりメスの方が長生きというデータ結果です。 イヌ 純血種 雑種 12. 8歳 14. 2歳 ネコ オス メス 11歳 12. 9歳 (2014年時点 犬・純血種12. 8歳 ・雑種14. 2歳 猫・オス11歳メス12. 9歳) 長寿犬ギネス記録1位〜8位• 1位 「マギー」30歳 2016年4月17日没 牧畜犬 オーストラリアン・ケルピー (オーストラリア)• 2位 「ブルーイ」29歳 1939年11月没 牧牛犬 オーストラリア・キャトル・ドッグ (オーストラリア)• 3位 「ブッチ」28歳 200年没 狩猟犬 ビーグル• 4位 「タフィー」27歳と317日 没不明 牧羊犬 ウェルシュ・シープドッグ(イギリス)• 5位 「ブランブル」27歳と211日 2003年没 牧羊犬 ボーダーコリー• 6位 「アジュタント」27歳 1963年没 狩猟犬 ラブラドール・レトリバー• 7位 「Buksi」(ハンガリー語です。 なんと読むのかわかりません><)没不明 雑種• 8位 「プースケ」26歳8ヶ月 2011年没 日本の雑種 30年近く生きた犬たちばかりですね。 昨年亡くなったマギーは、毎日農場を見回り、たくさんの猫や鳥たちの友達がいました。 人間もそうですが、自分を必要としてくれる場所…働く場所があるというのは、長寿と大きく関係しているのでしょうね。 スポンサードサーチ 犬の寿命を延ばす秘訣・コツ 仕事を任せる 長寿犬のギネス記録でもそうですが、仕事を持っている犬は長生きです。 犬も、仕事を持つ事に喜びを感じるんですね!盲導犬は、人の目となり、人の為に働きます。 人に尽くすことが嬉しくて、仕事があることが嬉しくて、大切にされるので実はとても長生きなんです。 やりがい・生きがい・喜びを与える やりがいや生きがい、喜び…具体的には何をどうしたら、犬はやりがいや生きがいを感じるのか?ちょっとコレ、悩んじゃいませんか? 犬のやりがいって、なんだろう…。 喋ってくれたらわかりやすいんですけど、なんせ、犬は喋ってくれません。 …きっと、人と共に生活する時のルールとか、社会性を身につける事。 ルールを守り、人間に誉めてもらうこと。 甘やかして可愛がるだけではなく、生活のリズムを整え、一緒に生きる上でのルールを教えてあげて、それに従って生きることで、人間も嬉しいし、人間が嬉しいと、犬は喜びを感じるんだと思います。 充分な運動・お散歩 やっぱり、運動は大事ですよね。 お散歩で様々な刺激をうけ、いろんな経験をすることで、犬も成長します。 脳の活性化にもなりますしね!ドッグランで思いっきり人間とおもちゃで遊ぶのもいいし、犬同士で走り回るのも、きっと、楽しいはず! そうは言っても、ドッグランにそうそう連れて行ってあげられない…という方が多いと思うので、やっぱり、お散歩は超大切ですね。 飼い主さんと一緒にお散歩に出かけることを一番の楽しみにしている犬たち。 お散歩に行く時の、喜びの表情はなんとも言えない可愛さですね。 喜びを全身で表してくれる犬って、本当に愛しいです!なかなかお散歩に時間を取れない…という事もあるけれど…できるだけ散歩には多くの時間をとってあげたいですね。 上質のタンパク質を摂る 犬は、タンパク質が大事らしいです。 手作りごはんも、ドッグフードも、犬の体質にあった、上質のタンパク質で、いつまでも健康で元気でいて欲しいです! 口腔内を清潔にする 歯を磨く習慣のないワンちゃんも多いと思います。 我が家のワンちゃんたちも、歯を磨く習慣、実はありません〜>< 歯を磨こうとすると、嫌がったり、遊びだ〜!とじゃれついたりして、なかなか磨かしてくれません。 お口の中を清潔にすることは、感染症などの病気も防ぐことになるらしいですよ。 だから、やっぱり、大変だけど歯磨きはしなきゃ…ですね。 頑張って愛犬たちの為に、歯磨きします!飼い主がやらなきゃ、誰もやってくれませんものね。 あ、でも、頑張りすぎは禁物なので、歯磨きガムなどや、サプリメントなんかの便利なアイテムを使って、頑張りすぎずに頑張ります〜。 犬同士が見つめ合うと、威嚇行為になるらしいのですが、人と見つめ合うのは、愛があるって事なんですって。 だから、1日に何度でも目を合わして見つめ合ってOK!たくさん見つめ合う方が、お互い、愛情ホルモンがいっぱい出て癒されるんですって。 触れ合う 見つめ合うと出て来る愛情ホルモンオキシトシン。 触れ合いも、もちろん、オキシトシンがいっぱい出てきます!科学的にも証明されているので、触れ合うべし!ですね〜。 話かけたり、撫でてあげたり、お膝の上に乗せてあげたり。 毎日のブラッシングとか、それこそ、歯磨きなんかも、触れ合いですよね。 触れあえば触れ合うほど、信頼関係も深まり、なににも負けない絆が生まれます。 犬が見つめてくれたら、必ず感謝の言葉をかけ、犬が喜ぶ場所を撫でてあげると良いでしょう! 安心させて十分な睡眠を取らせてあげる 生きとし生けるもの、安心してぐっすり眠れるって、大事ですよね。 犬も同じです。 安心できる場所なら、仰向けにひっくり返ってお腹を見せてぐっすり眠ります^^ その犬の性格によっても眠り方は違うので、仰向けにお腹を見せて眠らないからといって、安心できないのではないかと心配する必要はありません^^ 安心してOKだよ〜って愛情を注ぎ、落ち着いて優しく接していれば、犬は安心できるので、大丈夫! 深夜までTVがついている部屋で寝かせるよりも、やっぱり、静かな部屋で眠らせて上げるほうがいいようです。 人間の生活環境に合わせてOKですが、飼い主側が、メリハリある生活リズムを心がければ、犬の環境もおのずと変わります。 そうすれば、安心して落ち着いた生活ができるので、犬も人も、長生きできるってわけですね!.

次の

犬はいちごを食べていい?へたは大丈夫?適量や与え方の注意点を解説

犬 いちご 寿命

いちごをあげるときには 必ずヘタを取り除くようにしましょう。 いちご自体、消化があまりよくありませんが、ヘタの部分はさらに消化がむずかしいためそのままあげると消化不良を起こしてしまいます。 まだ子犬の場合には消化器官が未発達のために胃腸の働きがまだ弱いので、なおさら注意が必要です。 いちごのヘタには特に毒になるような成分が含まれているというわけではありませんが、ヘタは固くて食べづらいので、おいしく食べさせてあげるためにもしっかりとヘタを取り除きましょう。 ヘタを取る際には手でもぎ取ったり、包丁で切ったりするのも良いですが、 「ヘタ取り器」を使うのがおすすめです。 手や包丁では取り切れない固いヘタまで簡単に取り除くことができますよ。 犬にとってもいちごは甘くておいしい果物ですが、消化があまりよくありません。 いちごを食べることでのメリットはいくつかありますが、デメリットもいくつかあります。 基本的にいちごは犬にとって食べる必要がないものです。 あげるときにはできるだけ 小さく切り分けてあげるようにしましょう。 人間からするといちごは決して大きくないので、ついついそのままあげたくなってしまいますが、このあげ方は非常に危険です。 特にトイプードルやチワワなどの小型犬にあげる際には注意が必要です。 小型犬は中型犬や大型犬よりも食道が細いため、 のどに引っ掛かりやすくなってしまいます。 のどに引っかかってしまうと、窒息の原因になるので注意しましょう。 そして消化不良を引き起こすことで、下痢や嘔吐の症状が出てしまうことがあるので、あわせて注意をすること。 下痢や嘔吐をしてしまうと、脱水症状などほかの症状も引き起こしてしまう可能性があるので気を付けるようにしてください。 いちごのヘタの取り方は前述しましたが、「もっと簡単に手軽なと方法で取りたい!」と思いますよね。 そんな方にぴったりなのが ストローを使った方法です。 やり方はとっても簡単! いちごにストローを刺すだけで、きれいにヘタを取ることができます。 詳しくやり方をみていきましょう。 細めのストローを用意する• いちごの先端からストローを刺す• ヘタが持ち上がれば成功 本当に簡単ですね! ポイントは 「細めのストローを用意すること」。 太いストローを使ってしまうと、芯だけでなくいちごの果肉まで削ってしまいます。 「いちごは食べさせてあげたいけど、ヘタや固い芯を取るのがめんどくさい。 」と感じる方にぜひおすすめの方法です。 簡単に実践できるので、一度試してみてくださいね。 いちごを使った加工品には、いちごジャムやいちごヨーグルト、いちご大福やショートケーキなどおいしいものが多いですよね。 しかし、加工品は人間用に作られているので、犬にとっては糖質も資質も過剰摂取になってしまいます。 いちごを使った加工品は犬にとっては危険だと覚えておきましょう。 今回は犬にとって危険な加工品を3つ紹介します。 いちごジャム• いちごヨーグルト• いちご大福 それぞれ見ていきましょう。 商品によっては増粘剤や着色料を添加しているため避けるようにしましょう。 また大量に食べると 下痢を引き起こす原因にもなります。 また砂糖が多く含まれるので、 肥満を引き起こしてしまう可能性もあります。 いちごはおいしいだけでなく、栄養価も高く犬の体にとってもいい果物でもあります。 いちごには多くの栄養価が含まれていますが、今回は• ビタミンC• アントシアニン• ペクチン の3つをご紹介します。 ビタミンCが不足すると胃癌・口腔癌・肺癌のリスクが高まるという研究結果もあるようです。 ビタミンCとの相性も良く、組み合わさることでより高い抗酸化作用を発揮します。 しかし大量に摂取すると下痢を引き起こす危険も。 メリットもたくさんあるいちごですが、あげる際には適量を意識しましょう。 以上のように、犬にいちごをあげてもいいのかということを中心に、犬といちごについて説明してきましたがいかがだったでしょうか。 今回の記事をおさらいすると、• 犬にいちごを与えてもOK• 固くて食べづらいヘタは必ず取って与える• そのままの大きさでは窒息する可能性や、消化不良を引き起こす可能性があるので小さく切って与える• ヘタを取る際にはストローを使うと簡単• 本来犬にはいちごは不要なので、あげすぎないように注意する• 一日に20g 一粒 を目安に与える• 適量のいちごを食べるだけではキシリトール中毒にはならない• アレルギー症状が出る可能性があるので、はじめてあげるときには一口ずつ• 糖尿病の犬にはあげないこと• ジャムやヨーグルトなどの加工品には砂糖が多く含まれるので、肥満の原因にもなるの避けること• ビタミンCやアントシアニン、ペクチンなど犬にとってもうれしい栄養が豊富 ということでした。 いちごは犬にとっては特別必要なものではありません。 しかしメリットも多く、おやつ代わりにあげると喜んで食べてくれるでしょう。 ペット同伴OKのいちご狩り農園もあるので、いちごがおいしい時期には大好きなワンちゃんといちごを楽しんでみてはいかがでしょうか。 いちごを食べさせていいのかなと悩んでいる方や、いちごをあげる際に何に気を付けたらいいのかわからないとお悩みの方はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!.

次の

犬の甲状腺機能低下症、食べてはいけないもの

犬 いちご 寿命

犬の甲状腺機能低下症には、食べてはいけないもの・注意すべき食事ポイントがあります。 このページでは、犬の甲状腺機能低下症において、与えてはいけない食べ物やドッグフードの注意点など、ご案内します。 <目次>• 犬の甲状腺機能低下症、食事が要注意な理由 甲状腺機能低下症のワンちゃんは、甲状腺ホルモンの分泌量が少ない状態にあります。 甲状腺ホルモンが不足すると、タンパク質・脂肪・糖質、といった栄養代謝のバランスが崩れてしまいます。 そのため、犬の甲状腺機能低下症では、栄養に気をつけて食事を与えなければなりません。 また、甲状腺ホルモンの分泌に悪影響を及ぼす食品成分も知らています。 これら、甲状腺にNGの食品も、犬に与える際には注意が必要です。 甲状腺機能低下症、食べてはいけないもの それでは、甲状腺機能低下症の犬が、食べてはいけないものをご案内します。 1)高脂肪の食事 甲状腺機能低下症の犬は、脂肪代謝にトラブルを抱えており、コレステロール値・中性脂肪値が高くなりやすい状態にあります。 実際に、甲状腺機能低下症と高脂血症を併発しているワンちゃんは多く、高脂肪の食事は避けなければなりません。 脂肪分の多いお肉は、甲状腺機能低下症の犬に与えないようにしましょう。 酸化した脂肪もNG また、さらに悪いものが「酸化した脂肪」です。 何度も/長時間 加熱された肉類・保存期間が長い(酸素に触れる時間が長い)脂肪を含む食品などは、甲状腺機能低下症の犬が食べてはいけません。 2)変性したタンパク質 タンパク質は、強い加熱処理・調理により、「変性」とよばれる構造変化をおこします。 変性したタンパク質は、消化が悪くなり、栄養源としての質が著しく落ちてしまいます。 甲状腺機能低下症の犬は、タンパク質の代謝にも問題を抱えています。 そのため、消化しやすい良質なタンパク質を与えることが好ましいです。 余計な加熱処理を行わず、できるだけ新鮮なお肉・魚を与えることもポイントとなります。 「犬の甲状腺機能低下症」に対応、ナチュラル療法食(ドッグフード) 控えめにすべき4つの食品 犬の甲状腺機能低下症では、与えることを控えた方がよい食品もあります。 甲状腺の機能をブロックしてしまう食品成分が幾つか知られており、下記にまとめました。 1)キャベツなどアブラナ科野菜 キャベツやブロッコリーなど、「アブラナ科」に属する野菜は、甲状腺機能低下症の犬に注意が必要です。 アブラナ科野菜に含まれる「ゴイトロゲン」という成分は、甲状腺ホルモンの分泌を阻害する、という報告があります。 ただ、甲状腺ホルモンに影響を及ぼすほどの「ゴイトロゲン」を取り入れるとなれば、相当量のキャベツ・ブロッコリーを食べることになるため、犬に多量に与え続けなければ、問題ないと考えられています。 2)大豆食品 豆腐をはじめとする大豆食品も、犬の甲状腺機能低下症では取りすぎNGです。 アブラナ科野菜とおなじく「ゴイトロゲン」が含まれている上、「ゲニステイン」と呼ばれる大豆イソフラボンも甲状腺の機能を低下させることが知られています。 また、大豆には、甲状腺ホルモンをつくるために必要なミネラルを吸着する性質もあり、その点もマイナスです。 それでも、アブラナ科野菜と同様、大豆をかなり多量・継続的に与えない限りは、甲状腺機能低下症の犬にも悪影響にはなりません。 大豆を与えるのであれば、少量にとどめるようにしましょう。 3)海藻 海藻に含まれる「ヨウ素」という成分には注意が必要です。 ヨウ素を過剰に摂取すると、甲状腺機能を低下させるリスクがあると報告されています。 ただ、海藻についても、犬にたっぷり与えた際に、甲状腺機能低下症を悪化させるかもしれない、ということなので、控えめにする程度でOKです。 4)レバー レバーにも、犬の甲状腺機能をおさえる作用があります。 そのため、甲状腺機能低下症の犬には、レバーを控えた方がよいでしょう。 犬の甲状腺機能低下症の食事ポイント 食べてはいけない・控えめにすべき食品、をふまえながら、逆に「甲状腺機能低下症の犬」に与えたい食事・栄養のポイントをご案内します。 1.良質な低脂肪 高脂血になりやすい甲状腺機能低下症のワンちゃん対策に、「低脂肪」の食事を与えることが大切です。 そして、低脂肪にとどまらず、良質な脂肪がポイントとなります。 甲状腺機能低下症の犬にやさしい、「良質な脂肪」とは、「酸化していない」「オメガ3脂肪酸が豊富」といったものになります。 できるだけフレッシュで余計な熱をかけていない、肉・魚を与えることが大切です。 2.良質なタンパク質 脂肪と同じく、良質なタンパク質を与えることも重要です。 タンパク質についても、フレッシュで加熱をひかえめにすることがポイントです。 甲状腺機能低下症の犬にとって消化しやすくアミノ酸バランスのとれたタンパク源を与えましょう。 3.腸内環境を整える食事 犬の腸内環境を整えることも大事です。 腸の力が衰え、腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、代謝への負担が大きくなります。 甲状腺機能低下症の犬にとって、腸の乱れは禁物です。 犬の腸内環境を整えるためには、消化の邪魔をせず、腸内善玉菌のエサとなり、腸の運動性をアップさせるような食事が重要です。 具体的には、「難消化性の炭水化物」に該当するような成分がポイントとなります。 「難消化性の炭水化物」は、犬の胃腸で消化吸収されきらずに腸に届き、腸内の善玉菌のエサとなり、様々な恩恵をもたらします。 そのため、難消化性の炭水化物を含む、穀物(小麦はNG)・イモ類がとても大切です。

次の