ハーレー プライマリー オイル。 プライマリーオイル一覧表

ハーレーのプライマリーオイルについて

ハーレー プライマリー オイル

ハーレーこだわりの部品に使われるオイル ハーレーがこだわり抜いた部品として活用されているのがプライマリーで、プライマリーにもエンジンやトランスミッションとは異なる独自のプライマリーオイルが使われています。 プライマリーチェーンやスプロケットの摩擦を防ぐ潤滑油としての役割以外にも、クラッチを効率良く冷やす役割も果たします。 プライマリーのオイル交換をする際には、ミッションオイルの取り換えをする時に合わせると良いでしょう。 交換時期の目安は、エンジンオイルを2回目に交換した時が丁度良いタイミングになります。 例えばエンジンオイルを3千キロごとに交換するという場合には、6千キロに達した時に2回目のオイルを交換しているはずです。 この時に合わせてプライマリーオイルも交換するようにすると丁度良いと考えてください。 プライマリーオイルの交換方法 まずはハーレーを平らな地面に置いて左側にあるプライマリーカバーの下にあるプラグを緩めると古い廃油が流れてきます。 しっかりと廃油受けなどを使って入れるようにして周囲にこぼれることがないよう細心の注意をはらってください。 廃油のチェックも確実に行うようにして異物が混入していないかを見て下さい。 もしも鉄粉のような異物が確認できた場合にはエンジンの故障も疑ってチェックを行うか、できればプロに依頼して確認してもらうことをおすすめします。 廃油がしっかり抜けたら、Oリングを付けてスレッドシーラントで漏れ予防対策を確実に行ないプラグは元通り取り付けしてください。 プラグの形状が回せば回すほど中にねじ込まれるようになっているため、奥に入れ過ぎないように気を付けましょう。 新しいプライマリーオイルを注入する際には、プライマリーカバーを取り外してみるとOリングとガスケットが存在しているのがわかります。 見た感じで劣化が激しい場合には交換することになりますが、このまま使用しても問題ないと判断できる場合には特に交換をしなくても大丈夫です。 プライマリーオイルを注入する際にはかなり難しく、丁寧な作業が必要になります。 慎重にゆっくりと入れるのがコツで、できるだけ先が細い漏斗を使用すると入れやすくなるでしょう。 なお、プライマリーオイルの正確な適量を確認するためにも車体をジャッキで上げてからまっすぐに保ちましょう。 この状態でプライマリーケース下の外側部分にオイルがひたひたになっていれば丁度良いくらいです。 大体プライマリーオイル1本くらいが丁度良いと考えられますが、しっかり目視で確認しながら適量を入れましょう。 適量のオイルが入ったらプライマリーカバーを元に戻して交換作業は完了します。 なお、廃油については各自治体のルールに従って処分してください。

次の

ハーレーのオイル交換時期っていつ?

ハーレー プライマリー オイル

ショベルのクリアランスが広いのには理由があります。 まずパーツ精度にバラつきがあったこと。 パーツの加工技術が同時代のBMWなどに比べると低かったため、わざとクリアランスを広くとったわけです。 当時の部品でクリアランスが狭いと、エンジンが熱を持ちパーツが膨張したときにパーツ同士が干渉するリスクがあったからですね。 それ以外にも、アメリカ人はスロットルを乱暴に回す人が多いのも理由の1つかもしれません。 BMWなどでは慣らし方法も細かく指定し、ユーザーもそれを守っていたのでタイトなクリアランスで、精度の高いエンジンを作れたような気がします。 クリアランスの広さには意味があります さてクリアランスが広いことで、(現行車と違った)どんな注意点があるでしょうか? 1つ目は油圧の問題。 「アイドリング時に油圧が低い」という声を聞くことがありますが、これは日本ならではの問題です。 この油圧が上がらないことクリアランスの広さも関わっているのです。 油圧は内部に抵抗がないと上がらないのですが、クリアランスが広いためそこから油圧が抜けてしまう現象が起きます。 アイドリングを上げ、送られるオイル量が増えれば油圧が抜けることはなくなるため、アイドリングを上げさえすれば、こんな問題は起きないのですが…。 でも、「どうしてもアイドリングを下げたい」という人のために、日本ならではの工夫も可能です。 例えばロッカーシャフトのエンドプレーを締めるなどの方法でクリアランスをタイトにしてやると、低いアイドリングでも油圧を確保することはできます。 これは個々のメカニックの経験と知識に頼るところが大きく、誰にでもできるわけではありません。 あらゆるクリアランスをタイトにしてしまえば、パーツが歪んでしまうなどの問題が起きてしまいます。 エンジン内部でのオイルの流れを熟知し、各部の機能を把握した上で触ってやらないと、新たなトラブルの原因になってしまうので気をつけましょう。 パーツ間の密封性について オイル漏れが起こる理由とは? 「ショベルはオイルが漏れやすい」にまつわる話として、ガスケット素材を挙げる人もいます。 かつてはゴムとコルクが混ざったガスケットが使われており、現在はメタルガスケットのような金属素材のモノも用意されています。 「メタルガスケットにすればオイルは漏れない」と言う人もいます。 確かに金属製ガスケットのシール性は高いのですが、取り付け方法や取り付けるパーツの状態によっては柔らかい素材のガスケットの方が適していることがあるのです。 ガスケットを取り付けるパーツの接合部分に目に見えないほどの凸凹があった場合、メタルガスケットを取り付けても凸凹に合わせてなかなか変形してくれません。 接合部分が綺麗ではないパーツの場合は柔らかいガスケットを利用してあげた方が、凸凹に合わせてガスケットが変形し、シール性が高くなることもあるのです。 これは部品精度の問題にもなってきますが、一概に最新のガスケットを使えばいいわけではありません。 また古いガスケットを取り除く場合、綺麗に剥がせずカスが残ることがあります。 これをそのままにして新しいガスケットを付けてしまうと…その部分のシール性が下がってしまいます。 古いガスケットを再利用するのも、力が掛かってすでに変形しているガスケットですから、ボルトをさらにきつく締めないと以前と同じシール性にはなりません。 しかしボルトを規定値以上のトルクで締め付けると…パーツが歪んだり、ネジ穴が潰れたり、などのリスクが増してきます。 ガスケットはパーツの接合部をシールする重要なパーツです。 ケチらずに新しいものを使ってやりましょう。 こういった部分をちゃんと綺麗にしてやることが大事 ガスケットについて「素材の違いはオイル漏れの原因にはならない」と書きましたが、ガスケットのシール性がオイル漏れの原因になることは、実はあります。 本来のショベルはブリージングシステムのおかげで、エンジンの中は外気より気圧が低く、負圧になるように設計されています。 外気より気圧が低いということは、エンジンに空気が流れ込むことはあっても中から外へオイルが漏れることはないのです。 ただ、現在走っているショベルの中で、ブリージングシステムが正常に機能しているのは10台中1台程度くらいかもしれません。 この仕組みを知らずに組まれているか、知っていても機能しないような組み方をしている車両が多いのです。 ガスケットのシール性が低かったり、どこかで外気と繋がっていたり、などで負圧を維持できる仕組みになっていないと、オイル漏れのリスクは高まります。 プライマリーケースの中などは負圧を維持する圧力室の役割を担っていますから、オープンプライマリーの車両は負圧を維持できる状態ではありません。 どこかをカスタムし、ノーマルの状態を崩すということはこういったリスクがあると思ってください。 また、ブリージングシステムとは関係のない箇所からのオイル漏れもあります。 ミッション部分からのオイル漏れは、スタッドボルトに付属しているシール材が劣化しているからであって、この場合はシール材を交換すればオイル漏れは止まります。 ショベルは「オイルが漏れて当然」という話をする人もいますが、パーツの精度や組み方など、どこかに問題があるからオイルは漏れてきます。 オイルを漏れないようにすることはできるのです。 プライマリーケースは圧力室の役割も担っています オイルが漏れている車両がこれほど街中を走っているのは、ハーレーが適当に組んでも走ってしまうのが理由かもしれません。 他メーカーのバイクならエンジンがかからないような状態でも、ハーレーはエンジンがかかってしまうのです。 点火時期やカムギアのタイミングを間違えていても、シリンダーとピストンのクリアランスが広すぎていてもハーレーは走ってしまいます。 ひどい例だと、ボアが広がったシリンダーにスタンダードのピストンが入っていて、ピストンがカタカタ動く状態で走っている車両もありました。 もしハーレーがシビアに調整しないと動かないバイクだったら…今走っているショベルはもっと調子のいい車両ばかりになるでしょう。 ハーレーがタフ過ぎるのも困りモノかもしれません。 ショベルに使用するオイルとは? 粘度から純正・社外の違いまで 最後にショベルに使用するオイルについて。 「ショベルは『シングル50』のオイルを使う」と言われています。 確かに初期のショベルはシングル50が推奨されていましたが、実は70年代終わりから20W50が採用されています。 パーツのクリアランスが広いショベルでは、硬いシングル50番でないとオイルが漏れてしまうことがあったのです。 しかし、ハーレーのオイルコントロールシステムが進化し70年代の終わりには20W50を使用しても問題ないようになりました。 どちらのオイルを使用すべきかはチョークで確認することも可能です。 シングル50を使用する車両の場合、アイドリング時にチョークを引いてもアイドリングが上がることはありません。 逆にアイドリングが上がる車両の場合は20W50を使用してください。 また、シングル50は普段20W50を使用している車両にでも真夏は使用可能です。 私は、真夏はシングル50を勧めています。 ただし、シングル50は外気温が30度以上の場合に使用できるオイルですから、真夏でも北海道などに行く場合、シングル50は使ってはいけませんよ。 オイルポンプシャフトが壊れてしまうリスクがありますから。 まれにシングル60のオイルを使用する人もいますが、私なら使用しません。 硬いオイルを使えばエンジン内部の音が聞こえにくくなるため、一見異音がせず調子がよくなったような気がします。 しかし、これは硬いオイルで音を誤魔化しているだけですから、エンジンに優しいというわけではありません。 オイル粘度にも意味があるのです 次に純正と社外オイルとどう違うのか。 昔からああでもない、こうでもないと議論になってきたテーマです。 私はそれぞれのオイルの成分分析をしたわけではありませんが…。 これまでの経験の中で、10万km以上走った車両をメンテナンス担当として何度もバラしてきた経験からは、純正オイルをオススメしてきました。 オーバーホールの際、「各部がどんな状態になっているのか」を綿密に確認するとスラッジのたまり具合が、使用してきたオイルによってかなり違っているのです。 純正オイルを使用してきた車両はエンジンの中が非常に綺麗に維持されていました。 1万、2万kmで違いが出てくることはありませんが、長く乗るほどに違いは明らかになってきます。 長く大事に楽しみたいのなら、オイルくらいはいいモノを使って欲しいですね。 こういった話になると「アメリカでは、純正と社外オイルの値段はほとんど同じじゃないか」という話もでます。 市販の値段は同じかもしれませんが、恐らく仕入れ値は違うはずです。 純正と社外だと社外オイルの方が、あちらのショップでの利益率が高くなっているのでしょう。 それぞれにかけられているコストがどれだけ違うのかは実際に車両に入れ、長距離を走ればわかります。 また、価格的には純正オイルを越える高価なオイルもありますが、空冷OHVの大排気量Vツインエンジンにどこまで適しているのか、私自身が試したことがありませんので、むやみに勧めることはできません。 こういった高性能オイルについてはレースなどを走っているショップさんの方が詳しいでしょう。

次の

ハーレーのプライマリーオイルの交換頻度とその方法|ハーレーライフを10倍楽しむためのコラム集|GUTS CHROME

ハーレー プライマリー オイル

ハーレーの3つの交換する場所のオイルを知っておく! まず、ハーレーには3つのオイルを交換する箇所があります。 エンジンオイル• ミッションオイル• プライマリーオイル エンジンオイルについて エンジンオイルは、ハーレーの中で一番大切な箇所になります。 エンジンを冷やす役割や潤滑を行う役割があるため、高温状態でも安定して走行できるようにエンジンオイルは綺麗な状態を保っている必要があります。 もし、メンテナンスを怠ると、オーバーヒートを起こしたりしてエンジンにダメージが残りオーバーホールする必要があるほど色々な不具合を生じます。 ですので、エンジンオイルは3,000kmまたは3ヶ月に一度は交換するようにすると長く愛車を乗ることができます。 ミッションオイルについて ギアの部分に入っているオイルになります。 この部分は、5,000kmに1回や半年に1回交換するのをおすすめされており、スムーズにギアが絡み合うようにする役割があるため、2回めのオイル交換と同時にやることをおすすめします。 プライマリーオイルについて プライマリーケースの中にプライマリーチェーンという部品があり、この部分に使われるオイルになります。 主に、エンジンで生み出された力をギアに伝える役割があるため、この部分の潤滑が悪いと本来の力が発揮できないなどの不具合を生じてしまうため、8,000kmに1回や1年に1回交換するのをおすすめします。 ここまでが、ハーレーのオイル交換をする箇所になります。 では、実際に「エンジンオイル」と「ミッションオイル」と「プライマリーオイル」にどんな製品のオイルをいれるとベストなのかご紹介したいと思います。 ハーレーに使うおすすめなオイルを紹介! ハーレーのオイルには、「20W50」や「シングル50」と言った表記の書いたオイルがあります。 エンジンオイルに入れるおすすめなオイル レブテック エンジンオイル 20W-50 ゴールド ¥1,319• こちらの商品がおすすめになります。 オイル交換をする場合、純正を選べば間違いないですが、純正品と成分は同じなため、高価な純正品よりこちらの商品をおすすめします。 レブテック エンジンオイル 20W-50には2種類あり、シルバーとゴールドがあるのですが、これの違いは、 シルバーは半合成品であり、ゴールドは化学合成品となり、成分の品質に若干違いがあります。 半合成品とは、不純物が取り除かれはいますが、若干粒の大きさにムラがあり、ゴールドに比べると性能面で落ちる部分があります。 しかし、定期的にメンテナンス(3,000km1回)していれば、何の問題もありませんので、頻繁に交換したい方はこちらをおすすめします。 ミッションオイルに入れるおすすめなオイル ミッションオイルに入れるオイルには2種類の主要オイルがあります。 モーターファクトリート ランスミッションオイル 80W-90 ¥840• この2つをおすすめします。 使い分けは、上の「レブテックトランスミッションオイル 85W-140」では冬場注入する際は流動性が悪いことがあります。 これは、粘土によるもので寒いとオイルが固まってしまうため、乗り始めたら問題ないのですが、冬場によく乗る方は「モーターファクトリートランスミッションオイル 80W-90」をおすすめします。 「モーターファクトリートランスミッションオイル 80W-90」の場合、車のオイルにも使われていることがあるため、とても高性能で冬場でも問題なく安心して乗ることができます。 ですので、入れる季節によって使い分けるといいでしょう。 プライマリーオイルに入れるおすすめなオイル レブテック プライマリーオイル ¥670• こちらの商品になります。 価格も安くかつ性能面でも純正となんら変わりがないと言われている商品で、実際に使っている人もミッションの入りがスムーズになったなど、高い評価を受けている商品になります。 上記の商品が各箇所に入れるおすすめなオイルになります。 上記以外にも色々な商品があり、値段も様々なのですが、オイル交換で一番大切なのは、価格ではなく交換頻度ですので、安くても問題ありません。 ですので、ハーレーを長く大切に乗りたい方は、まめに交換してあげることがとても大切になりますので、無理に純正品を買わないくても大丈夫です。 まとめ どんなオイルを入れると良いのかお分かりいただけたでしょうか。 オイルは、とにかく交換頻度の問題ですので、上記のおすすめ商品を適切な距離または経過日数で入れ替えをしてください。 エンジンオイル ミッションオイル プライマリーオイル 3,000kmまたは3ヶ月に1回 5,000kmまたは半年に1回 8,000kmまたは1年に1回•

次の