ホテル 人気ランキング。 名古屋市の人気ホテルランキングTOP10 ユーザーが選んだホテルは?

絶対失敗しない!【沖縄 ホテル選び】おすすめ人気リゾートホテルランキング!

ホテル 人気ランキング

日本のホテル業界ランキング ホテル業界への転職を検討されている方の多くは、企業ごとの年収や勤続年数を気にしていることでしょう。 ブラック企業が多いイメージのあるホテル業界ですが、企業ごとに年収や勤続年数に特徴があり、働き手はその方針を理解しておく必要があります。 まずはホテル業界内の平均年収ランキングと、勤続年数ランキングから確認していきましょう。 平均年収ランキング ホテル業界内での平均年収ランキングは以下の通りです。 1位:阪急阪神ホールディングス 平均年収 896万円 2位:西武ホールディングス 平均年収 790万円 3位:東京急行電鉄 平均年収 753万円 4位:京王電鉄 平均年収 732万円 5位:ホテルオークラ 平均年収 634万円 ホテルマンの平均年収は一般的に300万円前後とされているため、上記の年収がいかに高い金額かがおわかりただけるのではないでしょうか。 なぜ鉄道グループのホテルが上位にランクインしているのかというと、鉄道会社はリゾート開発を行なっている企業が多いので、その一環として建てられたホテルが多く、単価が大きいのだと考えられています。 就職、転職希望者は他の業界の平均年収をチェックしていると思いますが、業界全体の順位ではおおよそ中ほどに位置しています。 勤続年数ランキング 勤続年数が短いと言われるホテル業界ですが、ランキングは以下のようになっており、企業ごとの特徴が明確に現れています。 1位:相鉄ホールディングス 平均勤続年数25. 2年 2位:オリエンタルランド 平均勤務年数19. 8年 3位:ホテルニューグランド 平均勤続年数19. 4年 4位:阪急阪神ホールディングス 平均勤続年数19. 0年 5位:藤田観光 平均勤続年数18. 6年 「宿泊・飲食サービスは3年以内の離職率が52. 3%」というデータもありますが、ランキング上位に位置している企業では安定した働き方ができると言えそうです。 関連相談• 外資系のホテル業界ランキング ホテル業界への就職、転職を希望している方は、外資系のホテル業界についても分析しておきましょう。 特にホテル業界は日系企業と外資系企業の違いが顕著とされ、比較検討をすることで志望企業を効率良く絞り込むことができるでしょう。 平均年収ランキング 残念ながら、日系企業のように明確な平均年収ランキングは公開されておらず、明確に「外資系企業良い」、「日系企業が良い」という結論を出すことができません。 ただし、リッツカールトン、コンラッド、フォーシーズンズ、ヒルトンなどの誰もが一度は聞いたことがあるような外資系企業では、出来高制で年収が決まるとされています。 勤続年数ランキング 勤続年数についても平均年収と同様に、明確な数値は公表されていません。 ただし、詳しくは後述しますが、外資系企業の多くはそもそも正社員としての登用を実績を加味して行う傾向にあるため、日本のランキング上位の企業のような安定した働き方を提案していることは稀と言えるでしょう。 外資系ホテルと日本のホテルの違いをさらに詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。 ホテル業界の人気就職ランキング! ここからは、多くの働き手が憧れるホテル業界の人気企業を紹介していきます。 「働きがい」や「給与」などそれぞれに条件が異なるため、今回は実績を元に各企業の規模を解説します。 ホテル業界 就職ランキング 1位:西武ホールディングス 売上高1751億円 2位:リゾートトラスト 売上高1204億円 3位:東京急行電鉄 売上高960億円 4位:京王電鉄 売上高697億円 5位:ホテルオークラ 売上高686億円 「景気に左右されやすい」とされるホテル業界ですが、このくらいの規模の売上を確率している企業であれば、安心して働くことができるでしょう。 ホテル業界への転職については、下記リンクをご覧ください。 詳しくは下記リンクをご覧ください。 ホテル業界の特徴について ホテル業界に限ったことではありませんが、転職や就職を希望する以上は企業の特徴を深く理解しておく必要があります。 ここからは日系ホテルの特徴として「3社が合同で経営を行っている」という点について、また外資系ホテルの特徴として「ユーザーに提案している価格帯と期待されるサービスレベル」についてを解説していきます。 日系ホテルの特徴とは 一個人として日系ホテルを利用する際には、ホテルのフロントやドアマンなどのサービス業務の担当者としか顔を合わせませんが、実は日系ホテルは3社で経営を行っています。 外資系企業では不動産を所有する一社がホテルの運営と経営管理を行うことも珍しくありませんが、日系のホテルでは不動産分野と経営分野、ホテルの運営分野をそれぞれの企業が分担して担っています。 そして、就職や転職の際にホテル業界を志望する場合には、ホテルの運営を行う企業に属することがほとんどです。 ホテル業界に就職してから、「人を集める施設に興味があった」と気づくことも珍しくありませんので、日系企業を志望する際には本当にサービスが好きなのかを検討する必要があるでしょう。 また、日系のホテルでは運営が直営方式であることが多く、ハウスキーピングまで自前でやっているところも多いです。 外資系ホテルの特徴とは 同じホテル業界でも、外形企業のホテルは、「よほどサービスが好きでないと務まらない」と言われるほど厳しい環境です。 日系ホテルと比較すると「ラグジュアリーブランドが多い」、「正規雇用を求めない」という点に特徴があり、安定を求める労働力を欲していません。 日本では結果というよりも、 結果を出すまでの過程で努力できたかどうか、成長できたかどうかを重視する傾向にありますが、外資系では 成果を残せるかどうかが重要視される傾向にあります。 結果が伴わなければリストラされることもあるので、常にスキルを身に着ける、出世する、自分の目的のために経験が要る、といった方にはおすすめかもしれません。 一見厳しそうに見えるかもしれませんが、身に付けられるスキルは本物であるため、ホテル業界でキャリアを形成したい、厳しい環境でスキルを磨きたいといった考え方ができるかどうかが、成功のカギとなります。 関連相談• ホテル業界の現状や動向とは エントリーシートや面接への対応として、ホテル業界の現状と動向についても、自分なりの分析をしておきましょう。 2020年に開催されることが決まっている東京オリンピックが、企業の将来を決めると言っても過言ではないでしょう。 東京オリンピックでの英語を活かした仕事についての詳細は、下記リンクよりご覧ください。 2020年以降の経営を安定させる目的があることももちろんですが、オリンピック以降の訪日外国人の増加が日本の経済を回復させる原動力と考えられているため、多くの企業が躍起になっているわけです。 ここ数年間の訪日外国人の数が2,400万人ほどとされているのに対して、東京オリンピック開催時には4,000万人の訪日を見込んでいるため、東京都心を中心にホテルの開業ラッシュが相次いでいます。 ホテル業界の今後の動向 ホテル業界の今後の動向は、働き手に十分な待遇を準備し、ユーザーに安定したサービスを提供できるかどうかがカギを握っています。 前述の通り2020年の東京オリンピックは、ホテル業界のあり方が変わる契機となります。 外資系企業が日本市場に流れ込むことも考えられ、サービスの質が経営に直結することとなるでしょう。 ホテル業界の今後の動向についての詳細は、下記リンクよりご覧ください。 ホテル業界への転職はエージェントを利用しよう ホテル業界への転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。 転職エージェントには企業ページにない非公開求人があったり、職種や年代によって得意・不得意があったりします。 専門職の方におすすめな転職エージェント• ビズリーチは、ハイクラス人材の転職特化している転職エージェントです。 ホテル業界では高い技術が求められますので、ビズリーチなどのハイクラスの求人を取り扱っている転職エージェントがおすすめになります。 総合職の方におすすめな転職エージェント• リクルートエージェントは、業界最大級の取り扱い求人数で幅広い職種・業種の紹介先を保有しています。 大手企業や東証一部上場企業からの求人数が多いため、転職者の8割が登録している転職エージェントになります。 dodaは、リクルートエージェントに次ぐ業界第2位の求人数を取り扱っており、どのような職種でも対応できる総合型の転職エージェントとなります。 またイベントなどの会社により、企業の方と直接話をできる機会を作っていることなどを理由に、利用者満足度業界1位を獲得しています。

次の

東京ホテルランキング ベスト20! / 東京ホテル宿泊コンシェルジュが厳選した、本当にオススメの東京ホテル

ホテル 人気ランキング

東京ステーションホテルが、東京ホテルランキング第1位! 元JTB宿泊予約担当の父のDNAを受け継ぐ私・東京ホテル 宿泊コンシェルジュのラッキーマンが、実際に宿泊した・・・などを中心に、・・・・・などの温泉宿や海外のホテルまで、宿泊客の目線でチェック、ランキングしていますので是非、参考にしてみてくださいませ!(写真は東京ステーションホテルの客室です。 ) 洗い場付バスルームの高級ホテル、デリバリーロボットのいる高級ホテル、ロフトルームのある高級ホテル、客室檜風呂のある東京高級ホテル、貸切風呂のある高級ホテル、エッグベネディクトが大人気のホテル、など、最新の東京の高級ホテルは、「」ページでどうぞ! 目次 東京ホテル宿泊コンシェルジュが選ぶ 東京ホテルランキング ベスト20! (写真上) それでは、 東京ホテル宿泊コンシェルジュが選ぶ 東京ホテルランキングをみていきましょう! 東京ホテルランキング ベスト20 第1位: 東京のホテルで第1位に選んだのが、東京駅ビル内にある東京ステーションホテル。 東京でも第1位ですが、私が宿泊した全国のホテルの中でも第1位に挙げる超オススメホテルです。 ・・・ 私のブログでもホテルの、、、を紹介しています。 ブログには載せてませんが、宿泊したクイーンルームも快適でしたよ。 (、) 第2位:アンダーズ東京 虎ノ門ヒルズの最上階を含む47〜52Fに2014. 6月にオープンしたハイアット系の豪華ホテル。 ハイアット系ホテルの中でも接客力は頭一つ抜けている感じです。 高層階にある客室からの眺めがオススメですよ。 51Fロビーフロアにある宿泊者専用ラウンジも特長的です。 私のブログでも宿泊者専用ラウンジや、レストラン、ロビーフロア、ペストリーショップなどを紹介しています。 ( ) 第3位:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 東京ステーションホテル、アンダーズ東京のオープン前までは東京ホテルランキング第1位にランキングしていた、JR品川駅直結のオススメホテル。 客室は富士山側、東京タワー側、品川インターシティ側、レインボーブリッジ側の4種類の景色が客室によって愉しめるのが特長です。 ホテルマンの接客力も高いですよ。 レストラン チャイナ・シャドーからの眺めもオススメです。 (、 ) 第4位:アマン東京 東京駅丸の内北口から徒歩約5分、地下鉄大手町駅 地下通路直結、2014. 12月にオープンした、アマン初の都市型ホテル。 ロビーラウンジが広々としているのも特長的ですよ!( ) 第5位:帝国ホテル東京 ホテルマンの接客・もてなし力は、1890年開業の歴史が物語る通り、ズバ抜けているものがあります。 やはり、快適なホテルを選ぶなら、帝国ホテル東京をチョイスすればまず、間違いなくですね! ホテルには室内プール、サウナ、フィットネスセンターやビジネスセンターなどを完備しています。 インペリアルフロアの客室にはゲストアテンダントが付き、滞在中身の回りのお世話をしてくれるのも、さすがは帝国ホテルです。 (、) 第6位:ホテルオークラ東京 帝国ホテル東京と並び、ホテルマンの接客力は非常に高いホテルオークラ東京。 現在はリニューアルした別館で営業中です。 2019年春には新本館がオープン予定で、建物は地上38階、地下6階となり、ホテルオークラ建築の基本「日本の伝統美」を継承しつつ、設備面では最新機能を導入。 約550室の客室となる見込みです。 非常に楽しみですね!(、) 第7位:ホテル龍名館お茶の水本店 到着の早い宿泊客のためにシャワーブースを完備していたり、チェックイン時にはティーカウンターで淹れたてのお茶も振る舞うなど、接客もてなし力の高いオススメホテル。 全9室なのでゆったりできますよ。 宿泊者限定のライブラリースペース、お茶をテーマにしたレストランも完備しています。 朝食は隠れ家的旅館の和朝食をコンセプトにしていて、部屋で愉しめるスタイルとなっています。 (、) 第8位:ザ・キャピトルホテル東急 地下鉄 国会議事堂前・溜池山王駅直結のオススメホテル。 洗い場付きバスルームもありますよ。 雑誌「BRUTUS(ブルータス)」の日本一の「手みやげ」は、どれだ!?で紹介されたのが、ザ・キャピトルホテル東急・「ORIGAMI」のバナナブレッドです!完熟バナナをたっぷり2本使用した、しっとりとしたバナナブレッドですよ!1日限定30本となっています。 (、) 第9位:ザ・ゲートホテル雷門 東京スカイツリーが一望できる客室や、洗い場が独立したバスルームのある客室があるのが特長のオススメホテル。 テラスやレストランからの東京スカイツリーの眺めも最高ですよ。 2017. 1朝食ビュッフェの驚きメニュー」では、東京スカイツリーが一望のザ・ゲートホテル雷門・レストランの朝食ビュッフェが登場!カリーベネディクト、養蜂園直送の巣蜜などが紹介されました。 (、 ) 第10位:ザ・プリンス パークタワー東京 芸能人の挙式・披露宴が行われることも多い人気ホテルです。 プール、フィットネス、エステに加え、天然温泉の大浴場も完備。 30代OLが選ぶホテル朝食ランキング第2位になったのが、レストラン・ブリーズ・ヴェールの究極の玉子焼きのついた、オシャレで豪華な朝食です。 客室の中で人気No. 1のビューバスの角部屋ダブルルームのバスルームからは、部屋によって東京タワーもすぐ近くに眺めることができますよ。 これがこのホテルの最大の特長です。 ( 、) 第11位:コンラッド東京 コンラッド東京のスパ&フィットネスは、東京のホテルで最大級の広さがあり、スパ、プール、ジム、エアロビクススタジオ、サウナなどがあります。 30代OLが選ぶホテル朝食ランキング第1位になったのが、レストラン・セリーズのイングリッシュ・ブレックファーストです。 イングリッシュマフィンにポーチドエッグをのせたエッグベネディクトもあって、オススメですよ。 DVDプレーヤー、ダブルシンクレインシャワー、アイロン、アイロン台、ミニバー、コーヒーメーカーなどを完備しています。 (、 ) 第12位:ホテル龍名館東京 東京駅八重洲北口から徒歩約3分の場所にある好アクセスホテル。 龍名館100年以上の和の伝統を受け継いだホテルで、日本の伝統色・江戸紫をベースに、モダンで落ち着いた客室になっています。 バス・トイレ・洗面台が別々になっている客室もありますよ。 (、 ) 第13位:東急ステイ青山プレミア 客室にミニキッチン(シングルを除く)、IHヒーター(シングルを除く)、洗濯乾燥機、ズボンプレッサー、電子レンジなどを完備しているのが特長なホテル。 長期滞在にもオススメですよ。 (、 ) 第14位:ホテルトラスティ東京ベイサイド ゆりかもめ国際展示場正門駅から徒歩約5分、お台場で遊ぶには最適なホテル。 コストパフォーマンスが非常に高く、ホテルトラスティでもトップクラスの接客力とオシャレな客室はオススメです。 無料のランドリーも特長ですよ。 (、 ) 第15位:庭のホテル東京 外国人宿泊客の多い庭のホテル東京は、モダンと和が調和する雰囲気の良いホテル。 マッサージチェアのあるリフレッシュラウンジやコインランドリー、ビジネスコーナー、ワークアウトルームなども完備。 各客室には壁掛け式TVや障子のデザインなども採り入れた、ゆっくりくつろげる部屋になっています。 (、) 第16位:ヒルトン東京お台場 台場駅直結の人気ホテル。 全室にバルコニーを完備し、レンボーブリッジ、東京スカイツリー、東京タワーなどの眺めを堪能できますよ。 屋内プール、屋外ジェットバスなども完備。 プライベートガーデンにジェットバスが付いたスイートルームからみる東京の夜景は超オススメですよ。 4月にホテル雅叙園東京へリブランド。 和室、和洋室、洋室タイプがあり、和室には檜のジェットバス付浴槽、スーチームサウナ、テレビを完備。 和洋室の大理石のバスルームにはジェットバス、スチームサウナも完備しています。 (、 ) 第18位:二子玉川エクセルホテル東急 高層ビルの28〜30Fにホテルの客室があり、乾燥機付き洗濯機や電子レンジのある部屋や、ベランダのある部屋、富士山や多摩川が望める部屋なども完備しています。 大浴場があるのもホテルの特長です。 (、 ) 第19位:ホテルニューオータニ東京 ザ・メイン、ガーデンタワーの2つの建物に分かれるホテルニューオータニ東京。 ガーデンタワーの客室からは東京の眺めも堪能できますよ。 ザ・メインの11F、12Fにある のスタイリッシュな客室もオススメです。 (、 ) 第20位:CLASKA これぞデザイナーズ!っていう感じのオシャレなデザイナーズホテル。 プライベートテラスのある部屋や、CDプレイヤー・iPodドックのある部屋、CD・ブルーレイプレイヤーのある部屋、ONKYOシアターシステム完備の部屋、CD・DVDプレイヤー内蔵テレビのある部屋などがあり、「どう暮らすか」という視点を大切にしているオススメホテルです。 ( ).

次の

Relux Ranking

ホテル 人気ランキング

日本のホテル業界ランキング ホテル業界への転職を検討されている方の多くは、企業ごとの年収や勤続年数を気にしていることでしょう。 ブラック企業が多いイメージのあるホテル業界ですが、企業ごとに年収や勤続年数に特徴があり、働き手はその方針を理解しておく必要があります。 まずはホテル業界内の平均年収ランキングと、勤続年数ランキングから確認していきましょう。 平均年収ランキング ホテル業界内での平均年収ランキングは以下の通りです。 1位:阪急阪神ホールディングス 平均年収 896万円 2位:西武ホールディングス 平均年収 790万円 3位:東京急行電鉄 平均年収 753万円 4位:京王電鉄 平均年収 732万円 5位:ホテルオークラ 平均年収 634万円 ホテルマンの平均年収は一般的に300万円前後とされているため、上記の年収がいかに高い金額かがおわかりただけるのではないでしょうか。 なぜ鉄道グループのホテルが上位にランクインしているのかというと、鉄道会社はリゾート開発を行なっている企業が多いので、その一環として建てられたホテルが多く、単価が大きいのだと考えられています。 就職、転職希望者は他の業界の平均年収をチェックしていると思いますが、業界全体の順位ではおおよそ中ほどに位置しています。 勤続年数ランキング 勤続年数が短いと言われるホテル業界ですが、ランキングは以下のようになっており、企業ごとの特徴が明確に現れています。 1位:相鉄ホールディングス 平均勤続年数25. 2年 2位:オリエンタルランド 平均勤務年数19. 8年 3位:ホテルニューグランド 平均勤続年数19. 4年 4位:阪急阪神ホールディングス 平均勤続年数19. 0年 5位:藤田観光 平均勤続年数18. 6年 「宿泊・飲食サービスは3年以内の離職率が52. 3%」というデータもありますが、ランキング上位に位置している企業では安定した働き方ができると言えそうです。 関連相談• 外資系のホテル業界ランキング ホテル業界への就職、転職を希望している方は、外資系のホテル業界についても分析しておきましょう。 特にホテル業界は日系企業と外資系企業の違いが顕著とされ、比較検討をすることで志望企業を効率良く絞り込むことができるでしょう。 平均年収ランキング 残念ながら、日系企業のように明確な平均年収ランキングは公開されておらず、明確に「外資系企業良い」、「日系企業が良い」という結論を出すことができません。 ただし、リッツカールトン、コンラッド、フォーシーズンズ、ヒルトンなどの誰もが一度は聞いたことがあるような外資系企業では、出来高制で年収が決まるとされています。 勤続年数ランキング 勤続年数についても平均年収と同様に、明確な数値は公表されていません。 ただし、詳しくは後述しますが、外資系企業の多くはそもそも正社員としての登用を実績を加味して行う傾向にあるため、日本のランキング上位の企業のような安定した働き方を提案していることは稀と言えるでしょう。 外資系ホテルと日本のホテルの違いをさらに詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。 ホテル業界の人気就職ランキング! ここからは、多くの働き手が憧れるホテル業界の人気企業を紹介していきます。 「働きがい」や「給与」などそれぞれに条件が異なるため、今回は実績を元に各企業の規模を解説します。 ホテル業界 就職ランキング 1位:西武ホールディングス 売上高1751億円 2位:リゾートトラスト 売上高1204億円 3位:東京急行電鉄 売上高960億円 4位:京王電鉄 売上高697億円 5位:ホテルオークラ 売上高686億円 「景気に左右されやすい」とされるホテル業界ですが、このくらいの規模の売上を確率している企業であれば、安心して働くことができるでしょう。 ホテル業界への転職については、下記リンクをご覧ください。 詳しくは下記リンクをご覧ください。 ホテル業界の特徴について ホテル業界に限ったことではありませんが、転職や就職を希望する以上は企業の特徴を深く理解しておく必要があります。 ここからは日系ホテルの特徴として「3社が合同で経営を行っている」という点について、また外資系ホテルの特徴として「ユーザーに提案している価格帯と期待されるサービスレベル」についてを解説していきます。 日系ホテルの特徴とは 一個人として日系ホテルを利用する際には、ホテルのフロントやドアマンなどのサービス業務の担当者としか顔を合わせませんが、実は日系ホテルは3社で経営を行っています。 外資系企業では不動産を所有する一社がホテルの運営と経営管理を行うことも珍しくありませんが、日系のホテルでは不動産分野と経営分野、ホテルの運営分野をそれぞれの企業が分担して担っています。 そして、就職や転職の際にホテル業界を志望する場合には、ホテルの運営を行う企業に属することがほとんどです。 ホテル業界に就職してから、「人を集める施設に興味があった」と気づくことも珍しくありませんので、日系企業を志望する際には本当にサービスが好きなのかを検討する必要があるでしょう。 また、日系のホテルでは運営が直営方式であることが多く、ハウスキーピングまで自前でやっているところも多いです。 外資系ホテルの特徴とは 同じホテル業界でも、外形企業のホテルは、「よほどサービスが好きでないと務まらない」と言われるほど厳しい環境です。 日系ホテルと比較すると「ラグジュアリーブランドが多い」、「正規雇用を求めない」という点に特徴があり、安定を求める労働力を欲していません。 日本では結果というよりも、 結果を出すまでの過程で努力できたかどうか、成長できたかどうかを重視する傾向にありますが、外資系では 成果を残せるかどうかが重要視される傾向にあります。 結果が伴わなければリストラされることもあるので、常にスキルを身に着ける、出世する、自分の目的のために経験が要る、といった方にはおすすめかもしれません。 一見厳しそうに見えるかもしれませんが、身に付けられるスキルは本物であるため、ホテル業界でキャリアを形成したい、厳しい環境でスキルを磨きたいといった考え方ができるかどうかが、成功のカギとなります。 関連相談• ホテル業界の現状や動向とは エントリーシートや面接への対応として、ホテル業界の現状と動向についても、自分なりの分析をしておきましょう。 2020年に開催されることが決まっている東京オリンピックが、企業の将来を決めると言っても過言ではないでしょう。 東京オリンピックでの英語を活かした仕事についての詳細は、下記リンクよりご覧ください。 2020年以降の経営を安定させる目的があることももちろんですが、オリンピック以降の訪日外国人の増加が日本の経済を回復させる原動力と考えられているため、多くの企業が躍起になっているわけです。 ここ数年間の訪日外国人の数が2,400万人ほどとされているのに対して、東京オリンピック開催時には4,000万人の訪日を見込んでいるため、東京都心を中心にホテルの開業ラッシュが相次いでいます。 ホテル業界の今後の動向 ホテル業界の今後の動向は、働き手に十分な待遇を準備し、ユーザーに安定したサービスを提供できるかどうかがカギを握っています。 前述の通り2020年の東京オリンピックは、ホテル業界のあり方が変わる契機となります。 外資系企業が日本市場に流れ込むことも考えられ、サービスの質が経営に直結することとなるでしょう。 ホテル業界の今後の動向についての詳細は、下記リンクよりご覧ください。 ホテル業界への転職はエージェントを利用しよう ホテル業界への転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。 転職エージェントには企業ページにない非公開求人があったり、職種や年代によって得意・不得意があったりします。 専門職の方におすすめな転職エージェント• ビズリーチは、ハイクラス人材の転職特化している転職エージェントです。 ホテル業界では高い技術が求められますので、ビズリーチなどのハイクラスの求人を取り扱っている転職エージェントがおすすめになります。 総合職の方におすすめな転職エージェント• リクルートエージェントは、業界最大級の取り扱い求人数で幅広い職種・業種の紹介先を保有しています。 大手企業や東証一部上場企業からの求人数が多いため、転職者の8割が登録している転職エージェントになります。 dodaは、リクルートエージェントに次ぐ業界第2位の求人数を取り扱っており、どのような職種でも対応できる総合型の転職エージェントとなります。 またイベントなどの会社により、企業の方と直接話をできる機会を作っていることなどを理由に、利用者満足度業界1位を獲得しています。

次の