テイル ウィンド。 テイルウィンド (TAILWIND)

ナイキ エアテイルウィンドとは?初のナイキエアを搭載した歴史あるシューズ

テイル ウィンド

地域から愛される英会話教室を目指しています。 小さな子供たちは音楽やリズムに合わせて、英語に慣れるレッスンを、 小学生にもなると英語でのコミュニケーションはお手の物!という子どもたちも 大勢います!(笑) 子ども達が自分から英語を学びたい!と思えるように 多くのカリキュラムやイベントを自分たちで企画しています! 私たちが目指している教育は、言葉を通じて世界とつながることの 楽しさや嬉しさを感じ、自分の想いや価値観を世界へ発信できる「真の国際人」の 育成を目指しています。 国内であれば、屋久島でのネイチャー体験イベント。 たくさんの自然に囲まれながら、外国人講師や普段は別の教室に通っている仲間と コミュニケーションをとれる機会になります。 また、国外だと、グアムでの「チャレンジ研修」やサンフランシスコでの「社会科見学」など 普段の旅行ではなかなかできない体験を企画しています。 子ども達が小さいうちからこのような アウトプットの場を提供することで世界に羽ばたくための力を養います。 その時々で子どもたちの興味があるものは変わっていきます。 「宇宙」「動物」など・・・ただ、私たち大人が考える普通では子どもたちは すぐに飽きてしまいます。 そのため、黄色のロケットやピンク色の像など子どもたちが見ていて 楽しいものは何かを考え、テキストの中に組み込むことで飽きずに 英語を続けていけると私たちは考えています。 留学に行く目的は多種多様です。 「英語力を磨きたい」「自分を変えたい」 「昇進・昇格のためにTOEIC〇〇点あげたい!」 それぞれのお客様のニーズに合わせてお話をしていくことが大切です。 また、ハンディキャップのあるお子さんにもWEBレッスンを行っています。 その他にも、子ども達が様々な面から英語や異文化に触れられる きっかけ作りを行っています。 設立 2012年 資本金 900万円 従業員数 131名 売上高 16億6400万円(2019年4月時点) 代表者 田中 守 事業所 本社:埼玉(大宮) 事業所:神奈川(厚木)、千葉(千葉)、栃木(宇都宮)、 茨城(水戸) 、新潟(長岡)、福島(郡山) 【WEB開催】 5月に開催予定の説明会はすべて、WEB説明会として行うことになりました。 ただ、会場での説明会と内容は変わりません。 リクナビ上の「説明会・面接画面」からご予約いただいた方に 視聴URLをご案内しています。

次の

Office Tailwind

テイル ウィンド

交通手段 京浜急行 羽田空港国際線ターミナル駅 モノレール 羽田空港国際線ターミナル駅 羽田空港第3ターミナル駅(京急)から187m 営業時間・ 定休日 営業時間 朝食 6:00~10:00 ランチ 11:00~15:00(L. 14:30) ディナー 17:00~23:00(L. 22:30) ルームサービス 17:30~23:00(L. 22:30) 日曜営業 定休日 無休 営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。 新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。 ご来店時は事前に店舗にご確認ください。 予算 (口コミ集計) [夜] ¥5,000~¥5,999 [昼] ¥1,000~¥1,999 支払い方法 カード可 (Diners、JCB) 席・設備 席数 116席 個室 有 (30人以上可) 禁煙・喫煙 全席禁煙 駐車場 有 近隣に羽田空港国際線旅客ターミナルの駐車場(有料) 空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり 携帯電話 docomo、au、SoftBank メニュー ドリンク 日本酒あり、ワインあり 特徴・関連情報 利用シーン | | こんな時によく使われます。 ロケーション 夜景が見える、ホテルのレストラン お子様連れ 子供可 ホームページ オープン日 2014年9月30日 備考 朝食ブッフェからランチ、スイーツ、アラカルトまで時間帯により和洋イタリアンなど多彩なメニューを用意するオールデイダイニング。 夜はバータイム有。 初投稿者 最近の編集者• テイルウィンド 関連ランキング:洋食 羽田空港第3ターミナル駅(京急)、羽田空港第3ターミナル駅(東京モノレール).

次の

ナイキ エアテイルウィンドとは?初のナイキエアを搭載した歴史あるシューズ

テイル ウィンド

テイルウィンドシステムが手掛けるオープンシステムとは、規格化された汎用型のシステムではなく、顧客の要望に応じて多種類のソフト及びハードウェアを組み合わせて構築するシステム開発業務である。 これは迎浩一朗代表自身が会社員時代に経験したオープンシステム開発技術で、コンサルティングから設計、開発、導入後の運用支援まで、顧客に寄り添いながらシステムを構築するというスタイルが顧客の満足度を上げ、確実に業績を伸ばしてきた。 一般的には、会社の規模が拡大するに伴って、社員同士の結び付きや会社への帰属意識の希薄化が顕著化してくるといわれているが、同社では「社員は皆家族」という考えのもと、全社員が交流しながら会社運営に参加できる取組や、働きやすさを実感できる会社作りを設立当初から実践し、今にいたる。 社員交流活性化を象徴する代表例が「部内活動」である。 これは社員一人ひとりが業務上の部署とは別にもう一つの「部署」を持ち、毎月1回、業務時間外に集まって活動を行うというものだ。 業務時間外の活動とはいえ、決して気楽なものではない。 「総務広報部」、「M&A事業部」、「価値創造部」など、福利厚生や制度、新規事業の創出や方針決定に関わる、責任重大な任務を帯びた部署である。 第2事業部第4システム部に所属する入社6年目の北川七生さんが昨年所属していたのは「総務広報部」。 業務上の垣根を越えたメンバーが顔を合わせてライフ・ワーク・バランスを推進すべく、アイデアを出し合ったという。 「他部署の社員と交流してみて驚かされたのが、同じ会社の人なのにこんなにも温度差があったのかということです。 性別、年齢をはじめ、一人暮らし、家族持ちなど、それぞれに事情を抱えていて色々と、考えさせられました」 部内活動を経験した北川さんは視点が多角化して色々な気付きが見えてきたという。 「当社には『架け橋BOX』という意見箱があり、社員から様々な要望が寄せられます。 これが課題を把握する上でとても役立ちました」 そう話す北川さんがまず取り組んだのが、誕生日に休暇を取得できる「バースデーホリデー」の利用促進だ。 社員一人ひとりにメールを送ったところ、その効果は上々で、さらに利用者促進を目標に今年も継続して取り組んでいるという。 入社9年目の三浦笑本部統括部長は、「総務広報部」、「M&A事業部」、「価値創造部」の3つの部内活動を掛け持ちしている。 「『M&A事業部』での業務は他社で行われている事業の買収、『価値創造部』では持株会を立ち上げました。 全て部内活動から生まれた取組です」(三浦統括部長) 部内活動の意義は、業務上の垣根を越えた社員同士の交流を生み出すことにあるが、それだけにとどまらず、ライフ・ワーク・バランスに関する多角的視野、そして提案する力をも養い、また制度や事業の見直しにも大いに貢献しているというわけだ。 同社には、育児・介護休暇はもちろんのこと、子育てをしながら責任のある立場で働き続けられる仕組みが整備されているという。 その一つに、ジョブローテーションと業務マニュアルの共有化というのがある。 社員一人ひとりの仕事が互いに見えることで、長期休暇や急な休みを取りたいという場合にも、スムーズに仕事の引継ぎができる。 「子どもが病気になって早退したり、休まなければならないことがどうしてもあります。 そんなときでも当社には、ほかのスタッフが代わりにフォローしてくれる体制があるので、安心して働けています」 と語るのは、2児の子育てをしながら働く三浦本部統括部長。 前職では結婚による転居で退職をした。 もともとエンジニアとして働くことにやりがいを感じていたので早々に再就職活動を開始し、子育てと仕事を両立できる同社に出会い、入社を決めたという。 「子育て中の私にとって、この上ない転職でした。 当社には、急な休みを快く引き受けてくれる社員の理解があるから、安心して休みを取れています」 そうした社風作りに一役買っているのが、2か月に1度の社内イベントだと話すのは、中途入社3年目で本部総務広報部に所属する秦あゆみさんだ。 イベントには家族同伴で参加する社員も珍しくないという。 「お花見、BBQ、社員旅行(年2回)、運動会、クリスマスパーティーなどがあり、社外にいる社員とも話ができるので私も欠かさず参加しています。 家族を連れてくる社員も多いので、お子さんの顔も自然と覚えますね」(秦さん) こうした交流イベントのおかげで、普段接することの少ない社員同士が語り合い、さらに社員の家族の顔まで思い浮かぶような関係が育まれ、あの子が病気なのかと顔が浮かぶようになり、そうした相互理解や、思いやりが、快く有給休暇を受け入れる社風を醸成しているのだろう。 同社社員の温かい対応に触れ、ほれ込んで転職を決めたと話す北川さん。 「当時、社外スタッフに過ぎない私にも分け隔てなく優しく接してくれたんです。 失敗しても頭ごなしに人を責めるのではなく、一緒になって改善策を考えてくれたり、ご飯に誘ってもらったりしました。 他社でも仕事をしていましたが、こんなにしてもらったことはありません」と入社経緯を語る。 現在は保険窓口の契約システムを開発する現場で、プロジェクトの進捗管理に携わる。 ほとんどの時間を顧客先で過ごすことになるが、不安や寂しさは感じないそうだ。 「業務上の課題などは、全社員が集まって行われる月1回の全体会議で解消していきます。 さらに、毎月の部内活動や社内イベントなど社員が集まる機会が用意されているので、日頃から必要なコミュニケーションは十分に取れていると感じますね」(北川さん) 同社には社員同士、さらに家族を含めて互いを気遣う社風が根付いている様子。 こうした人間関係の構築こそがライフ・ワーク・バランスの推進を支えるという好循環を生み出しているに違いない。 同社の今後の発展が楽しみだ。

次の