大塚 あき お。 大塚明夫とは (オオツカアキオとは) [単語記事]

大塚 明夫

大塚 あき お

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 時代、と4回戦で対戦し、3-2で八千代東を下した。 この試合後、八千代東のエースだった恩田寿之(のち、)から千羽鶴を手渡された。 しかし5回戦でに敗れ、甲子園行きはならなかった。 大塚は後年、「これが僕の高校時代の一番の思い出です」と話している()。 所属の強豪校・に入学。 硬式野球部で活躍する。 卒業後は、・に進む。 にてから2位指名を受けて入団。 背番号は、のメジャー移籍後空き番号となっていた 11を自ら希望して継承した。 近鉄時代 [ ] から50試合以上に登板し、リリーフばかりの登板で100奪三振を超えるなど、主にセットアップとして活躍した。 にはに代わるクローザーとしてパ・リーグ新記録の35を挙げてに輝く。 には故障でシーズンの半分を棒に振るも、その後も不動のクローザーとして活躍。 は39試合に登板して1勝3敗24セーブ、防御率2. 38の成績を残し、最下位に沈んだチームの中で奮闘した。 は、開幕戦からセーブを挙げるも3点差の場面を1点差まで詰め寄られ、その後も不安定な投球が続いて中継ぎへ降格し、更に二軍へ降格する屈辱を味わう。 しかしシーズン後半には復調し、9月には自身2度目の月間MVPを受賞する活躍を見せ、シーズン終盤三つ巴という混戦をチームが抜け出すのに大きく貢献し、最終成績は48試合で2勝5敗26セーブ防御率4. 02と安定感を欠いたものの近鉄は12年ぶりのリーグ優勝を果たした。 当時、自身のニックネームを公募するという企画があり、背番号11にちなみ「鉄人11号」という候補などあったが、意に合うものがなく企画を白紙にした。 と対戦したは球団にとって最後の日本シリーズとなり、自身は第2戦と第5戦に登板。 第2戦でセーブを挙げたが、このセーブが近鉄の投手で日本シリーズで最後にセーブを挙げた投手となり、第5戦の登板は大塚が最後に登板し、チームはその第5戦で敗れ日本一を逃した。 そして2004年シーズン終了後にと合併して消滅したため、大塚が日本シリーズで近鉄で最後に登板した投手となった。 は開幕直前に脇腹痛で出遅れたこともあり、41試合と前年より少し登板数は少なくなったが、2勝1敗22セーブ防御率1. 28と安定感抜群の投球内容を見せた。 シーズン終了後、でのメジャーリーグ移籍を目指して入札を募集したがメジャーからの入札はなかった。 大塚はポスティングにかけられた時点で余剰戦力になったはずであると主張し、を希望する。 中日時代 [ ] 2002年オフにでへ移籍。 は、退団したに代わってクローザーを務め、1勝3敗17セーブ防御率2. 09の成績を挙げ、でも力を見せつけた。 シーズン途中にを 晶文から 晶則に変更(登録名を変えたのは、「晶文」では「あきのり」とあまり読んでもらえなかったため)。 シーズンオフに再びポスティングでの移籍を目指した。 パドレス時代 [ ] が30万ドルで落札し、2年契約で同球団に入団。 4月6日の対戦でメジャーデビュー。 最初は敗戦処理としてのスタートだったが、4月に初勝利と初セーブを挙げると以降はセットアッパーとして定着。 6月11日の対戦では、8回と9回を投げて打者6人を完璧に抑え、とも対戦した。 9月にはの選出する「お買い得だったFA選手ベスト10」の6位にランクインした。 最終的に日本人選手シーズン最多記録となる73試合に登板し 、リリーフ投手中リーグ3位の防御率1. 75と同5位の奪三振率10. 13、2位の被打率. 199を記録し、リーグ最多の34を達成した。 はアウェイで0勝8敗、防御率6. 92、WHIP2. 08と打ち込まれ前年より成績を下げたが、ホームでは防御率1. 23、WHIP0. 95と好投しチーム7年ぶりの地区優勝に貢献した。 レンジャーズ時代 [ ] 1月4日に、、とのトレードによりビリー・キリアン、と共にへ移籍。 開幕前には3月に開催されたのに選出された。 抑えとして5試合に登板し、日本代表の優勝に貢献した。 特に決勝戦では8回裏1死で1点差に迫られた直後という厳しい場面からの登板となったが、わずか4球で2アウトを取り、1点差に追い詰められていた日本代表を救った。 味方が4点を追加した後の9回を1失点で切り抜け、WBC初の投手となった。 レギュラーシーズンではクローザーを務めていたの不調に伴い、クローザーに抜擢。 メジャー屈指の投手有利の球場であったをホームとしていた前年と変わり、メジャー屈指の打者有利の球場であるをホームとすることとなったが、ホームでは防御率1. 67、WHIP0. 99と好投した。 9月3日の対戦では以来日本人メジャーリーガー2人目となる30セーブを達成。 その後は頭痛により19日から登板がなくシーズンを終了したが、最終的にリリーフ投手中リーグ7位の与四球率1. 66と安定した制球力で2勝4敗32セーブ、リリーフ投手中リーグ8位の防御率2. 11、同8位のWHIP1. 07の成績を残した。 レンジャーズ時代(2007年) はの加入により再びとして起用されることになった。 6月20日の対戦ではがメジャーリーグ史上5人目となる通算600号本塁打を放ち、ブルペンで投球練習をしていた大塚がそれを捕球し、ソーサ本人に手渡した。 その後も好投を続けていたが、7月9日に右肘を痛め(DL)入りし、そのままシーズンを終える。 オフには球団側から契約延長の申し出がなくFAとなった。 レンジャーズ退団後 [ ] 1月9日にを受け、その後リハビリを続けていたが、1月22日に3度目の肘の手術を行った。 その後も現役復帰へ向けてリハビリを続け、5月20日にはで始球式に出席し、の発案によりのチャリティーの一環としてホフマンと共にサイン会を行った。 6月にはこの年に初参加したで投手兼コーチとして実戦復帰することとなったが 、登板機会はなかった。 8月には、の青少年育成活動の一環として行われた中学生チームによる日米親善試合で、が総監督を務めるアメリカ代表チームで投手コーチを務めた。 右肘の状態が上向かないため左投げにも挑戦していたが、は再び右投げ一本での現役復帰を目指した。 独立リーグ・信濃時代 [ ] 5月にであるのへ入団することが決定。 登録名も本名に戻すことになった。 にで記者会見を行い、正式に入団した。 だが、6月下旬の練習中に遠投した際に右肩を痛め、シーズン終了まで登板することなくシーズンを終えた。 に同年限りで辞任したにかわる信濃グランセローズの新監督に就任することが発表された。 は投手コーチを兼ね監督兼選手として信濃に所属。 7月21日の試合後に、ベンチ前で行ったミーティングで、3選手を平手打ちしたとして 、7月24日に7試合の出場停止処分を受ける。 9月15日の戦()で実に7年2ヶ月ぶりとなる公式戦登板を果たし 、打者1人を空振り三振に抑え、現役引退を表明した。 現役引退後 [ ] は古巣の中日で二軍投手コーチを務める。 背番号は74。 には、春季キャンプで一軍投手陣を指導していた。 1月に腰のを除去する手術を受けた一軍投手コーチ・の長期休養に伴う措置で、本来の担当である二軍投手コーチには、前年に現役を引退したばかりのが編成部員との兼務扱いで就任した。 なお、近藤が現場復帰を果たした2月23日以降は、再び二軍の投手陣を指導している。 9月26日にの日本代表コーチを務めることが発表された。 は「派遣コーチ」の肩書となり、中日在籍のままでパドレスの3Aチームにコーチ派遣される。 また、北米担当の国際渉外担当として、長年渉外担当として在籍していたの退団で手薄になっていた北米における選手調査も任される。 プレースタイル [ ] ボールの出どころの見えにくいフォームから最速96mph(約154. 特にスライダーはから「球が消える」と評された他、からは「他の球種が必要ないほどのスライダーだ」と評された。 人物 [ ] この選手の人物像に関する文献やが必要です。 ためにご協力をお願いします。 ( 2011年6月) 近鉄在籍時のが 11であったのは、大塚の尊敬する選手がであり野茂と同じ背番号を希望したため (大塚がメジャーリーガーとしてのキャリアをスタートした際の背番号 16も、野茂がでメジャーリーガーとしてのキャリアをスタートした際の背番号である)。 、レンジャーズでの背番号 40は「四球ゼロ」及び「試合が締まる」を意味している。 中日移籍後も近鉄時代の先輩であるから譲り受けた(製の)を使用していた。 中日には1年しかいなかったにもかかわらず、中日の選手たちとの交流は続いている。 とはメル友。 日米野球で日本に凱旋した際には「対戦したい選手は仲の良い」と言っていた。 も大塚を師匠のように慕い、「2004年のリーグ優勝に大きく貢献できたのは大塚さんのおかげ」とも言っている。 このようなこともあり、中日からポスティング移籍をする際にはメジャー移籍か中日残留かで随分と迷いがあったという。 しかしその背中を押してくれたのが自分を一番必要としているはずの、当時新監督として中日に来たであり、「自分が一番後悔しないように道を選ばなくちゃいけないぞ」といわれ、メジャー移籍を決断したという。 パドレス時代には抑えたときの口癖である「ヨッシャー! 」がチームメイトに流行し、その後、実況アナウンサーまでもが「ヨッシャー! 」を使用するようになり、では大塚が最後の打者を打ち取るとバックスクリーンの大型ビジョンに「YOSSHAA! 」と表示された。 2005年8月に開設したブログでは、通常1S、2S……と表記するセーブ数の記録を1Y、2Y……(Yは「ヨッシャー! 」の略)と表している。 日本代表として第1回大会への出場が決まった際には、アメリカ国内で放送されたESPNのWBC関連のコマーシャルに日本代表として出演した(台詞は全くなし)。 当時のパドレスのクローザーだったとは親交が深く、パドレス時代にはシーズン中に病院や孤児院への慰問を共同で行うなどもしていた。 移籍後は、登板の際に流す入場曲はホフマンのトレードマークとも言えるの『ヘルズ・ベルズ』を使用していた(ホフマンにの際に連絡を入れて決勝のみの使用を当初は許可してもらったが、その後さらに話をしてレギュラーシーズン中の使用を快諾してもらったそうである)。 また、決勝戦はパドレスの本拠地であるで行われたため、観戦していたパドレスファンは曲を聴いて大いに盛り上がった。 2004年にはホフマンとと共にパドレスの球団CMに出演。 ホフマンとピービーから自身の入場テーマ曲を決めてはどうかと勧められた大塚が、和服を着た女性の三味線演奏をバックにの「LOVEマシーン」を歌うというコミカルな内容であった。 また、サンディエゴの害虫駆除会社のCMにも出演し、この時は食事中に害虫を見つけた大塚が「なんじゃこりゃ!? 」と驚いた後にバットでその害虫を叩く(勢い余ってテーブルごと破壊する)というものであった。 野球のワールドカップ(現実世界のワールド・ベースボール・クラシックに相当)などを舞台にした、NHKのテレビアニメ『』において、に代わって第5シリーズの野球監修を務めていた。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 52 0 0 0 0 4 5 7 --. 444 333 82. 2 44 2 46 5 1 127 5 1 22 19 2. 07 1. 09 49 0 0 0 0 3 2 35 --. 600 235 55. 1 43 5 25 4 3 74 5 2 19 13 2. 11 1. 23 25 0 0 0 0 1 4 6 --. 200 125 29. 2 24 1 10 2 2 32 0 0 12 9 2. 73 1. 15 39 0 0 0 0 1 3 24 --. 250 166 41. 2 31 3 13 1 0 49 4 0 11 11 2. 38 1. 06 48 0 0 0 0 2 5 26 --. 286 228 56. 0 42 7 15 2 0 82 5 1 25 25 4. 02 1. 02 41 0 0 0 0 2 1 22 --. 667 153 42. 1 22 4 3 0 0 54 1 0 7 6 1. 28 0. 59 51 0 0 0 0 1 3 17 --. 250 164 43. 0 31 4 5 0 1 56 0 1 10 10 2. 09 0. 84 73 0 0 0 0 7 2 2 34. 778 312 77. 1 56 6 26 6 0 87 0 0 16 15 1. 75 1. 06 66 0 0 0 0 2 8 1 22. 200 276 62. 2 55 3 34 8 2 60 1 0 28 25 3. 59 1. 42 63 0 0 0 0 2 4 32 7. 333 232 59. 2 53 3 11 0 0 47 3 0 17 14 2. 11 1. 07 34 0 0 0 0 2 1 4 11. 667 131 32. 1 26 0 9 1 0 23 0 0 10 9 2. 51 1. 08 :7年 305 0 0 0 0 14 23 137 --. 378 1404 350. 2 237 26 117 14 7 474 20 5 106 93 2. 39 1. 01 :4年 236 0 0 0 0 13 15 39 74. 464 951 232. 0 190 12 80 15 2 217 4 0 71 63 2. 44 1. 各年度の 太字はリーグ最高 WBCでの投手成績 [ ] 年 度 登 板 先 発 勝 利 敗 戦 セ | ブ 打 者 投 球 回 被 安 打 被 本 塁 打 与 四 球 敬 遠 与 死 球 奪 三 振 暴 投 ボ | ク 失 点 自 責 点 防 御 率 5 0 0 0 1 21 5. 2 2 0 0 0 2 8 1 0 1 1 1. 59 独立リーグでの投手成績 [ ] 1 0 0 0 0 ---- 0. 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0. 00 0. 00 通算:1年 1 0 0 0 0 ---- 0. 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0. 00 0. 00 タイトル [ ] NPB• :1回 (1998年) 表彰 [ ] NPB• :2回 (投手部門:1998年6月、2001年9月)• :1回 (1998年)• :1回 (1998年) その他• 市民栄誉賞 (2006年) 記録 [ ] NPB初記録• 初登板:1997年5月13日、対7回戦()、6回表に2番手で救援登板、2回無失点• 初奪三振:同上、6回表にから• 出場:1回 (1998年) 背番号 [ ]• 11 (1997年 - 2002年、2013年 - 2014年)• 64 (2003年)• 16 (2004年 - 2005年)• 40 (2006年 - 2007年)• 74 (2015年 - 2017年) 登録名 [ ]• 大塚 晶文 (おおつか あきのり、1997年 - 2003年6月17日、2013年6月8日 - )• 大塚 晶則 (おおつか あきのり、2003年6月18日 - 2007年) 代表歴 [ ]• コーチ歴 [ ]• 関連情報 [ ] 著書 [ ]• 『約束のマウンド』(、2007年4月) 脚注 [ ] []• MLB日本人選手記録ライブラリ. の2014年2月22日時点におけるアーカイブ。 Web 2011年1月12日. 2011年2月27日閲覧。 日刊スポーツ、2011年5月21日。 日刊スポーツ、2011年6月2日。 スポニチ、2012年8月23日。 時事通信 2013年5月23日. 2013年5月24日閲覧。 [ ]• 信濃グランセローズ・公式サイト 2013年12月3日. 2014年4月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年12月4日閲覧。 [ ]BCリーグ公式サイト• 2014年9月15日, at the. 2014年9月15日, at the. 中日ドラゴンズ・公式サイト 2013年10月3日. 2013年10月3日閲覧。 2016年1月29日, at the. - スポーツ報知(2016年1月16日) [ ]• 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2016年9月26日 2016年10月2日閲覧• 2017年9月5日. 2018年2月10日閲覧。 2018年1月5日. 2018年2月10日閲覧。 、『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2005』、2005年、404頁。。 大塚晶則の2年目『月刊スラッガー』2005年11月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-11、58-59頁。 2017年12月4日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、、、、、•

次の

やきとん あさちゃん 大塚店

大塚 あき お

特色 独特の低い声質で知られる。 から映画のをはじめとして、、での出演作品も多数。 デビュー作は『』のシルバー。 吹き替えにおいては数多くの作品に出演。 初のゴールデンタイムでの主役の吹き替えは『』のである。 、、を専属、やドルフ・ラングレン、、などの吹き替えを数多く担当している。 『』の放送開始予告にはセガールの出演した映画の映像が使われているが、その流用された映像の吹き替えも大塚が担当した。 、と並んでとの両方を吹き替えた経験もある。 、で開催された第5回東京アニメアワードで、声優賞(『』)を受賞。 また、2015年に第九回にて富山敬賞を受賞。 2015年3月26日、自身初めての全編、著作『声優魂』をより出版。 帯には「声優だけは やめておけ。 」というキャッチコピーが書かれている。 『声優魂』出版後、その内容を受けて、本気で声優を目指している若者に向けた少人数制の特別講義が企画され、同年9月、星海社が運営するウェブサイト「ジセダイ」上にて「ジセダイクリエイティブ」と題されサイト上にて参加者を募集。 10月に開催された vol. 15にて、講師に大塚と納谷僚介()の2名を迎え、1日1回限りの講義が行われた。 このの模様は書籍化され、2016年6月、大塚の2冊目の著作『大塚明夫の声優塾』として出版された。 2017年1月7日、のHPにてしたことを発表した。 1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ! 声優総選挙! 3時間SP』で第10位に選ばれる。 人物 にあったで生まれ、小学校に行く時にに転居。 『』「進藤晶子のえ、それってどういうこと? 」での、との対談にて、「いい声優は、いい役者でもあるはずです」と語っている。 また、本人は吹き替えという仕事があることを光栄に思っており、「世の中にもっと吹き替えが浸透してほしい」と語ったこともある。 顔出しNGの声優ではなく、2015年11月16日放送のバラエティ番組『』でのが「いま、会いたい人」として大塚の名を挙げたものの出演はなく、その理由を日本テレビ側が「顔出しNGのため来られませんでした」とスタッフが説明したことについても、大塚は「え? 私は別に顔出しNGではないのだが… まいっか! 」と明確に否定している。 「『特技は』とプロフィールにあるが、やっていたのは若いころだけ」と『』で語った。 ・・のを取得している。 自動車はマニュアル車が好きで、イタリア車を保有していると『』のインタビューで語ったところがある。 関連人物 父との関係 役者として活動する前の明夫は父の周夫とはうまくいっておらず、「誰が役者になんかなるか! 」と息巻いて、大学を中退した。 23歳まではトレーラーの運転手に就職していた。 しかしそのころ、好きになった女性に「男の人は夢があるほうが素敵」と言われ、交際を断られたという過去がある。 そして明夫は「役者になってやる」と発奮する。 最初は主宰のの入所試験に臨み、受験者1000人中6人まで選考に残ったが、塾長の仲代の方針でその年は女性しか取らないということで落選。 次に父から学費17万を借りて、の養成所である文学座演劇研究所に入所するも、研修生には残れず1年で卒業。 その後、主宰のに入団する。 しかし生活が苦しく、父から声優の仕事を紹介され 、現在に至っている。 後年周夫は「感性に生きる仕事を選んでくれたことは嬉しい」と語った。 頑固者の父との関係はなかなか難しいものがあったと回想している。 しかし、父同様に役者の道に進み、さらに声を中心とする声優業が中心となったことで、次第にしっくりいくようになったと語る。 「弟は役者ではないので、『未だに親父と何を話していいか分からない』とよく言っている」とのことである。 以前は周夫との共演は「あ、親父がクレジットに出てる。 やだなあ」と照れていたが、お互い元気な内に何か芝居を創りたいとも語っていた。 周夫に「(財産もないし)何も遺してやれなくてごめんなぁ」と言われた際に、「俳優として一番大切なものを遺してもらった」と返した。 周夫がそれは何かと問うと「血だ」と答え、それに感動したと、周夫は後年インタビューなどで度々口にしていた。 幼少時代は、周夫が『・』での声を演じていたことで「小ねずみ男」「ねずみ小僧」などとあだ名され、いびられたことがあり、このことを友達に明かしたことを後悔したという。 また、明夫が赤ん坊のころに、母親が不在で周夫が今日中に読まないといけない台本を読んでいたという際に、明夫が大泣きしたため、「うるさい」との理由で押し入れに閉じ込められたことがあったとも語っている。 このエピソードを明夫自身は「(役者としての父親が)そうするのも無理は無い」とし、「役者になっていなかったら(父親の)そういった心境も理解できなかっただろう」という趣旨のコメントした。 『』のオーディオコメンタリーでは周夫の演じたねずみ男を真似て自己紹介し、から「それはお父さんの役じゃないですか」とツッコミを受ける一幕を見せた。 その後、『』に『鬼太郎』のキャラクターがゲスト出演した際には、明夫がねずみ男を演じている。 周夫とは共演の機会が多く、初共演を果たしたのは『』で、の吹き替えを担当し、周夫がの吹き替えを担当したときである。 また、『』では、とという親子役を親子で演じている。 また『』のと前述のビッグ・ボス、『』のゼアノートなど同一人物の壮年期と老年期、『』のヨミのようにシリーズこそ違うが、1つの役を親子2代で演じた例もある。 また、『』を飛行機の機内で上映することになっていた際、予算の都合上で吹き替えを担当した声優が呼べず、若い者を起用しようということになり、「自分の息子なら文句ないだろう」として、明夫がの吹き替えを担当したことがあるという。 しかし吹き替えを担当した際、明夫の耳にはその場にいないはずである周夫の「違うなぁ」という声が聞こえてきたという。 2015年1月25日放送のテレビ東京系で放送されたバラエティ番組『SMAPの中間管理職・稲垣&草彅コンビ初MC「1位じゃなくっていいじゃない」』で、ナレーターとして父の周夫と一緒に自身の名前を連ねたが、事実上これが最後の親子共演となった。 その後、2015年5月4日より父が長年演じていた『』の山田先生(山田伝蔵)を引き継ぐことになった。 その後も先述した『妖怪ウォッチ』での『鬼太郎』のねずみ男、リブート版『』のブラック魔王、『』シリーズのマスター・ゼアノートなど、周夫がかつて演じた役を引き継いでいる。 また、2018年の映画『』の日本語吹き替え版では、前述のの「そっくりさん」俳優であるの吹き替えを周夫に近づけた声色で担当した。 その他の引き継ぎ この他、死去したや、、から持ち役の一部を引き継いでいる。 また、の病気療養中、持ち役の一部を代演している。 交友関係 声優のはの同級生 であり、俳優のは国立市立第七小学校・ の後輩にあたる。 作品との関わり シリーズ ゲームの『メタルギアソリッド』シリーズでは、主人公の声優をずっと務めているため、かなり思い入れがあるとで語っている。 同じくTGS2006でが大塚との対談時に「スネークの動作には大塚さんの癖、タバコを吸う所などを観察して取り入れている」と語っている。 スネーク役に抜擢された理由は、小島が『』の役を観たことが決め手と、『』第11回にて語っているが、そのほかにもう1つの理由としてメタルギアシリーズの隠れたテーマである「父を超える」に、親子で同じ職種である大塚父子がぴったり当てはまったから、ということも明かされた。 同シリーズの『』は、ソリッド・スネークの父親にあたるビッグ・ボスが再登場するので、「ビッグ・ボスの声を周夫さんにやってもらいたい」と小島は大塚との対談時に語り、実現することとなった。 また、同作ではモーションキャプチャーにも挑戦している。 『』では、「声優」というスキルを持った本人がモデルの兵士が登場する(肩書きはベテランボイスアクター)。 2月14日に開設された自身の公式ページでのコメント第一弾にもソリッド・スネークの「待たせたな」という台詞が記載された。 元々は「をする大人」に対して良い印象を持っていなかったが、本作に出会ったことがきっかけで、自身もゲーム好きになったそうである。 その後、とある日の深夜に庭に止めていたバイクを盗まれそうになるも、たまたま寝ずにテレビゲーム(『』)をやっていたために物音に気付き、泥棒を追い払うことができたという。 実写映画化が発表された12月16日の『』でのインタビューでは、「映画では、どんな俳優さんにスネークを演じてもらいたいですか?」との問いに、「演技がうまいけど、ほかの映画のキャラのイメージがついていない俳優さんが理想かな。 オールド・スネークなら、『』に出ていたがヒゲを頬まで生やしていて、かなり雰囲気ありました。 キャラクターの特性上、銃を乱射するわけにもいきませんが(笑)」とチャック・ノリスの起用を希望している。 の吹き替え スティーヴン・セガールの吹き替えは現在はテレビ、ソフト媒体を問わず一貫して吹き替えを担当しており、半ば使命感を持って務めていると語っている。 最初に務めた作品はセガールのデビュー作、『』の『』の再録で、演出家のによる抜擢であった。 当初、セガールの吹き替えは主に、、等が務めており、自分も違った持ち味でやろうと考えていた中で演出家の佐藤に「あなたの好きなように演じなさい。 評価されようとか考えずにやりなさい」と言われたことが力になりストレスを感じずにぽんと喋ったらハマったと語っている。 以後も大塚にとって『刑事ニコ』は思い入れの深い作品となったと語っている。 ほかのキャラクターを吹きかえる際は相手を恫喝する時はそういった声の出し方がセオリーを出す必要があるが、セガールの場合は「常に自分が勝つ」というシチュエーションのためにそれを一切やらなくていいため、木管楽器のようなトーンを心がけていると語っている。 また、大塚は以前合気道を習っていたが、習っていた合気道の師範は日本に滞在中のセガールも指導していたことを知り、同じ師の下で武術を習っていた共通点に非常に驚いたという。 当初は俳優のが役の声優としてキャスティングされていたが、急病のために降板。 別の役を演じるためにスタジオにいた大塚が代役に抜擢され、そのまま声優が変更されることはなく、OVA・劇場版・テレビスペシャル・テレビレギュラー放送すべてのシリーズでブラック・ジャック役をこなしている。 アニメ『』ではナレーション(=現在のブラック・ジャック)を担当(アニメの主人公=若き日のブラック・ジャックの声は)。 版『』のサントラCDでのコメントにて、代表作に『ブラック・ジャック』を挙げる際に「やりたかったな」などと冗談をほのめかしていた。 『今日からマ王!』最終話後に監督のから作品の裏話として、フォンヴォルテール卿グウェンダルの青年時の声をだめで元々と願い出たところ、一応のアフレコを希望。 そのまま、声を担当することになった。 しかし17歳前後の役に苦闘し、「声優人生最大のピンチ」と言っていたと監督に楽しげに逸話を披露している(この逸話は作品の関連書籍にも記述されており、先にこの話が出たのは関連書籍の方である [ ])。 「長年仕事をしていても滅多に出会えないホームラン級の素敵な役」 「神様ありがとう」 と絶賛している。 その理由として、普段スネークやブラック・ジャックなど闇を抱えた男を演じることが多い中、闇は無いと豪語する役であったことや、実写映画や舞台では表現しえないダイナミックな人物であることを挙げている。 また、作中一番印象的だったシーンとして「言葉による全力の戦い」である聖杯問答のシーンを挙げている。 スーパー戦隊シリーズでは悪役として度々出演している。 同作品メインライターのは、配役が決定する前から大塚で当て書きしていたと述べている。 中盤でチャンプが大破するという展開は、大塚のスケジュールの都合による。 出演 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ 1988年• (武村五郎) 1989年• (男)• (男C、反捕鯨団体職員)• (五味丘務、世話役、機長 他)• (第3作)(たてがみのジョー、ジャン 他)• (サンダー)• (隊長)• (ゴッドバブーン)• () 1990年• (キングスカッシャー)• (シュテンタイガー〈初代〉)• (1990年 - 1992年、 ムーミンパパ) - 2シリーズ• ( ネモ )• (方丈目)• (チンピラ) 1991年• (ラスト長官)• (ゲルダー)• (マッカラム) 1992年• (ジュリアーノ)• (ホーキンス)• ( 播磨灘)• ( ヨーヨー)• (ドンビーノ ) 1993年• (ワイルドホーク) 1994年• (最強男爵)• ( 国木田大哲)• (空神ウィンダム)• (サイコ妖精)• ( モンタナ・ジョーンズ) 1995年• (飛鳥友貴 )• 孔子傳(子路)• (エイバブ)• (ナレーション、ドーリアン外務次官)• (ナレーション、バーラック、主席捜査官)• (タキヤシャ)• (紫雨)• (ヴァン・クール)• (チャック) 1996年• (ミスマル・コウイチロウ)• (ワリーゾ)• ( ジェームズ・マクガイア)• (ライ、ルーク)• (ゴオウ)• (おじさん)• (ツァビデル)• (アイアン・コッパー)• (1996年 - 2017年、、)• () 1997年• (大島容一、鬼術師)• (義弟)• (千鶴の父)• (大田)• ( チョウユ 、ナレーション)• (エゼキエル)• ( バタネン藤岡)• ( エイハブ・イシュマール・アリ)• (ナイトメア)• (シルバーファントム、フランケ)• (戒) 1998年• (テンセル警備隊長)• (ナイト・オブ・ファンタム)• (ウィットニー・ハガス・マツモト)• (闇雲羅斬)• (ホーニー)• (雷泥・ザ・ブレード)• (長谷岡聖吾、船長)• (アブドラ・アバス)• (錵山将軍) 1999年• (沖克己)• (1999年 - 2001年、エリック、山男、ナレーション、コードネームG)• (ヴァルガス)• (ワイアットアープボン)• ミレニアム・カウントダウン 手塚治虫アカデミー大賞()• (ジム) 2000年• (逢魔)• (プロデューサー、室井くん、徳さん)• (堀之内レオ)• (ミック)• (2000年 - 2001年、サムソン ) - 2シリーズ• ( ブラック・ジャック )• (キャプテン・ジョーク) 2001年• ジュニア)• (藤村)• (アンディ ) 2002年• (GK )• ( )• (ヴァーチャー)• (柾木阿主沙)• ( クリストフ・バルザック )• (野村誠司 )• (ロックウェル)• (2002年 - 2005年、アンドレイ・セルゲイヴィッチ・カリーニン ) - 3シリーズ 2003年• (ホセ・ロドリゲス)• (プルートゥ)• (移動民族・冷たい火の男)• (長次郎)• (2003年 - 2007年、 シュワンヘルト・バルジ ) - 2シリーズ• (月野査問官)• ( ブラック・ジャック )• (ピエトロ王、ガミガミ魔王)• (セドリック・クラッケンソープ)• (2004年 - 2008年、 フォンヴォルテール卿グウェンダル) - 3シリーズ• (アヤカの父)• ( バトー)• (第25話ナレーション)• (オクル)• (マスター)• (族長)• (源さん)• (ミラン・コラーシュ) 2005年• ( 京楽春水)• (風の化身、魔王) 2006年• ( ミスター)• (拳聖 緒方一神斎)• (新川)• (楊 )• (アルカモネ)• () 2007年• (サンチェス)• (カーペンター先生)• (才蔵)• (サークス05)• (モリソン)• () 2008年• (須藤先輩)• (サクザ)• (源五郎)• (2008年 - 2009年、ワイザー=フレイオン) - 2シリーズ• (地陸) 2009年• (シャム)• (グレン)• (カメロン)• (デグナー)• ジャングル大帝 -勇気が未来をかえる-(第4作)(大山賢造)• ( ラディ・イェーガー )• (2009年 - 2014年、ブライアン・ホーク) - 2シリーズ 2010年• (2010年 - 2016年、岸谷森厳 ) - 4シリーズ• (2010年 - 2011年、西村宗一、ナレーション) - 2シリーズ 2011年• (参謀)• (2011年 - 2012年、 ライダー) - 2シリーズ• ( ブレイド) 2012年• (ブライアン・ジェイ)• (ハドリアヌス帝)• (2012年 - 2013年、リョウテイ、ライブベアラー)• (2012年 - 2014年、ウボォーギン 、ミザイストム=ナナ ) 2013年• ( )• ( ワムウ )• (マルコメ) 2014年• (本城作之進 )• (トースター)• (ゴメス)• (キセル男)• ( 東尾) 2015年• (天戒丸 )• ( ブリッツ・T・エイブラムス )• (新川)• (2015年 - 2020年、山田先生〈山田伝蔵〉〈2代目〉)• (ナレーション 〈ブラック・ジャック〉)• (ダンディ) 2016年• (デルザイン )• (2016年 - 2018年、狩魔豪) - 2シリーズ• (天鳥興匡)• (シートン)• 忍たま乱太郎の宇宙大冒険 with (山田先生〈山田伝蔵〉)• (ナレーション )• (髑髏の騎士 )• (校長)• (2016年 - 2019年、 エクボ 、ナレーション) - 2シリーズ 2017年• ( 黒の王 )• (ブラド)• (藤本雷堂 )• ( 樫村蔵六 )• (竜人)• (前原一朗)• (戦の神) 2018年• (ナレーション 、デュランダル)• (松葉)• (アンドレイ・カリーニン )• (ニャンコビッグ〈心の声〉 )• (二瓶鉄造 )• ( )• (ブラック・ジャック)• (チェスター・レイ・ガルフォード中将 )• (まさやん )• (迫間仁 )• (才賀善治 ) 2019年• ( 寿海 )• ( ガス )• ( 鬼島丈一 )• (2019年 - 2020年、星奈陽一 )• ( トルケル )• (ライダー)• (2019年 - 2020年、 )• ( ライオン 、ナレーション)• ( 廿六木天馬 )• ( ゴウヒン ) 2020年• (ナレーション 、リンの祖父)• (バルバロイ・バッド・バーン)• (専務)• (戒潟魁吏) 劇場アニメ 1989年• (飛行船の船長) 1991年• (アンドラゴラス)• (ブラック) 1992年• ( )• ( ドナルド・カーチス )• ( ムーミンパパ)• ( 民造) 1994年• (親方)• (ケンゾー) 1995年• ( バトー)• (神の幻影)• (米軍将校)• (クリス) 1996年• (サリーナの父)• ( ブラック・ジャック ) 1997年• (素平)• ( 倉瀬厚志) 1998年• (ノブナガ)• (御統コウイチロウ)• ( ナレーション)• (ナレーション) 2000年• ( パラダイスキング) 2001年• (ザ・犀暴愚)• (犬夜叉の父)• (ハムクック)• (医者)• ( 沙悟浄 ) 2004年• ( )• (三太郎)• (国王 ) 2005年• ( ブラック・ジャック )• ( ブラック・ジャック )• ( オマツリ男爵) 2006年• ( ツキミチル)• (京楽春水)• (粉川利美)• (暁の神将)• () 2007年• (京楽春水)• (虎杖将藍 )• (サウザー)• (サイトウ ) 2008年• ( ムシバーン )• (京楽春水)• 0( バトー) 2009年• (ガルル中尉)• (ギラーミン )• ( 、横溝重悟 ) 2011年• (ムシバーン) 2012年• ( 高雄コウジ )• (ボットバルト ) 2013年• (髑髏の騎士 )• (ウボォーギン )• (ジン )• (ライダー ) 2014年• ( ブライアン・ジェイ ) 2015年• ( ヨイショ )• (M )• (アサフ ) 2016年• (クマ先生) 2017年• (ロックウェル )• (タイトルコール)• ( ) 2018年• (ゾリア )• (オール・フォー・ワン) 2019年• (ボルボナ・フォーグナー )• (ブルドーザージョニー )• (マーシャル・D・ティーチ ) 2020年• ( 廿六木天馬 ) OVA 1988年• (シルバー)• ( キーク・キャラダイン中尉)• (柳沢美濃守吉保)• 1989年• (風是夢児〈ハッカー〉)• (やくざA)• (アイアンカイザー)• (桑原) 1990年• (豪介)• (五味丘務)• ( 犬村大角)• (大酋長)• (狐火の頭)• ( スリーピー・ジョン・エステス)• (国枝)• (小谷) 1991年• ( ジョルジュ・ガルディーノ)• (バンクマン神田、ナレーション)• (ゲイル)• ( )• (チュン・ウー・チェン)• ( ベナレス)• (沼重三) 1992年• (羅殺坊)• (ムロボ)• (ザクソン)• (小李広・花栄、シムレ教授)• (ザクソン)• (ゲイル)• (大西修五郎)• (ヨミ)• (ナレーター、 コーネリアス)• (マグマ) 1993年• (片桐智司、白鳥)• (ゴクドー)• (儀狄)• (ダマラム)• ( ) 1994年• (南部光三郎)• (青射)• (荒木政則)• KIZUNA 2(荒木政則)• (リンダマン)• (藤巻)• ( 伊能政治)• (カルディ)• ( ケネス・ギルフォード)• (鬼島藤太) 1995年• (アンドラゴラス)• (伊秋院)• (ベナレス)• ( 深町洋)• (柾木 阿主沙 樹雷)• (ウィスラー12世) 1996年• (ゲンゴーグ・アジ)• (ヴァイ・ロー)• (音井信之介)• (ゴメス)• ( ラングー)• (艦長、ドラゴン・ブラウ)• ( 国木田大哲)• (箕輪允) 1997年• (相田郷造)• (丹下国光)• ( ナレーション)• ( )• (グランナイト、ペオース)• (国王)• (バシュア)• (ウィンダム) 1998年• (ヴァイダス)• (情報屋)• (ハウンド・矢島)• ( 村田京介)• (ジャック2、ナレーション) 1999年• (緒方星也)• (グェン)• (拝錠児)• (コリンズ ) 2000年• (アモン)• ( ブラック・ジャック ) 2001年• (矢島隊長)• (鵜堂刃衛) 2002年• (グリュウ・アインソード) 2004年• (古屋敷)• (月野〈査問官〉)• (京楽春水) 2005年• (月野〈査問官〉)• (サムソン)• ( 冥王ハーデス) 2006年• ( )• (月野〈査問官〉)• (アンドレイ・セルゲイヴィッチ・カリーニン) 2007年• (相田郷造)• ( フォンヴォルテール卿グウェンダル)• ( シュワンヘルト・バルジ)• (高野長英)• (マルコ・ロンダニーニ) 2008年• (エルマー・スネル大尉)• 聖闘士星矢 冥王ハーデスエリシオン編( 冥王ハーデス)• (、、イロコィ・プリスキン) 2009年• (相田郷造)• ( ダン)• ( ミハイ) 2010年• ( リーガル・ブライアン)• (ONI司令官) 2011年• ( リーガル・ブライアン)• (西村宗一)• ( ブラック・ジャック ) 2013年• (ナレーション ) - 2019年に再編集作品『THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』テレビ放送 2017年• 天地無用! 魎皇鬼 第四期(柾木 阿主沙 樹雷) 2019年• ( エクボ ) 2020年• (ナレーション) Webアニメ 2000年代• (2001年、 )• (2008年、ズイゾ)• (2009年、新川さん) 2010年代• (2016年、サカキ )• マウスどうぶつえん(2017年、コアラのあきお)• (2018年、バッケスホーフ)• (2019年、 ヒーロー語り )• (2019年、加納アギト ) 2020年代• (2020年、 バトー )• (2020年、範馬勇次郎 ) ゲーム 時期不明• FPS「」(日本語版男性キャラボイス、システム音声)• MMORPG「」(男性専用ボイス )• MMORPG「」(血蹄マノン、エモーション)• MMOバトルアクション「」(金田善次郎)• MMOバトルシューティング! 「」(ドラッケン)• MOアクション「」(空間条約者ガウニス)• TPS「」(アナベル・ガトー) 1992年• 3(魔界神)• (狼牙、小泉源蔵)• ( ネモ船長) - 版、版• (ブリタイ・クリダニク、ナレーション) 1993年• (アンドラゴラス)• (ガイム、ナレーション)• ナイトトラップ(シムス隊長)• ( ネモ船長) - 版、版• (ガーゴイル)• MEGA-CD (ジャグマ・ドリアン) 1994年• (ダマラム、ナレーション) 1995年• ( 香田孝志、ナレーション)• (ナレーション)• (天帝、ナレーション)• (ジェイルランス)• (スタンレー・キナバル)• 奇稲田秘録伝( 国木田大哲) 1996年• (フェイドの父)• (デヴィッド・バーナード)• (ナレーション)• ( マテリアルディフェンダー1032)• (ラシュディ、プロキオン)• (ロウ)• (元見演信)• (ゴダール)• (ジョナサン・ランバート大尉)• (ガミガミ魔王)• リグロードサーガ2(カムイ)• (レイク・ボガード、ドラゴンマスター・ダイン)• (鵜堂刃衛、式尉) 1997年• (葉隠十全)• アンダーワールド(ガラモン)• (Andrew Griffin)• (ぴぐ)• (龍蔵寺幸三)• スレイヤーズ ろいやる(フォッグ)• (グランナイト、ペオース)• (ゴダール、ザヴェル)• (リカルド・フォスター)• (ゴリアテ) 1998年• (魔王ドグー)• (アーウェン)• (ウォルダム)• (1998年 - 2019年、アナベル・ガトー、、、『THE BLUE DESTINY』タイトルコール〈F・SPIRITS・GENESIS〉、オープニングムービーナレーション〈F〉) - 14作品• (料理長)• (ぴぐ)• (御統コウイチロウ)• ( アナベル・ガトー)• (剛元 亘、才堂 不志人、宇路 達士)• (司令官ファーザー)• (五武王ワイヤー)• (緒方星也)• (ベナレス)• (ボーイ)• (アナベル・ガトー)• (八洲大騎)• (宇宙番長〈柴田明夫〉)• (コリス)• (敷島幸太郎)• 幕末浪漫第二幕 月華の剣士 〜月に咲く華、散りゆく花〜(天野漂、アナウンス)• (元見演信)• (ジャン、ウォッカ)• ( )• (スフィンクス、ナレーション) 1999年• (ガルド・バン・モルガン)• (アバタール)• 機動戦艦ナデシコ NADESICO THE MISSION(御統コウイチロウ)• (ナレーション)• (片山茂、清一、健吾の師匠)• (長官、ナレーション)• (ボージュドII世)• (グレ・ネイド)• (グレ・ネイド)• (アナベル・ガトー)• (服部半蔵)• ( 神宮寺三郎)• (デイビット・ブレナー)• (リカルド・フォスター)• (ガースン・デル・ダグート)• (炒木俊作)• (ジーク・フェルド)• (ハン・ラオタイ) 2000年• (土方竜)• ( アナベル・ガトー)• ( キョウ・アカツキ、ナレーション)• (アナベル・ガトー)• 探偵紳士DASH! ()(鬼弐丸)• (ゼメキス、ネヴィル)• (ガミガミ魔王、エスペランサ)• (風間醍醐、ワイルド醍醐)• (ドイル大佐) 2001年• (CM)• (マイク・ハーディガン少佐)• (妙見史郎)• ( グリュウ・アインソード、 グレン・クラウゼン)• 機甲兵団 J-PHOENIX( グリュウ・アインソード、 グレン・クラウゼン)• Sub Command 日本語版• ( キョウ・アカツキ、ナレーション)• (ヒメネス・ガルシア)• (アナベル・ガトー)• (レスリー)• ( ソリッド・スネーク、 )• (ハインツ・マドック)• (アヴァロン) 2002年• 鬼武者2(織田信長)• (鴉丸羅喉)• ( キョウ・アカツキ)• 機甲武装Gブレイカー 同盟の反撃( キョウ・アカツキ、ナレーション)• 機甲武装Gブレイカー レジェンド・オブ・クラウディア( キョウ・アカツキ)• 機甲兵団 J-PHOENIX BURST TACTICS( グリュウ・アインソード)• ( )• (アナベル・ガトー)• (ジェームズ・キング)• (ピエトロ王)• (ゲンバオーX)• (ハスダル・フランツ) 2003年• (古屋敷部長、OPナレーション)• (鈴木源三郎)• (ガウェイン)• Angelic Vale Progress 〜ウェスペールの迷宮〜(ガウェイン)• 鬼武者 無頼伝(織田信長)• ( アナベル・ガトー)• (吸血鬼ドラキュラ)• (吸血鬼ドラキュラ)• ( キョウ・アカツキ、キーク・キャラダイン、アナベル・ガトー、、ナレーション)• (荒山鳥人)• 勝負師伝説 哲也2 玄人頂上決戦(ドサ健)• (サムソン)• (アナベル・ガトー)• ( リーガル・ブライアン)• (ソリッド・スネーク)• (梧桐大輔)• ( レッド)• (マーシャル・D・ティーチ) 2004年• (プルートゥ、ダークプルートゥ)• 鬼武者3(織田信長)• 機甲兵団 J-PHOENIX2( グリュウ・アインソード)• ( アンセム)• (、ナレーション)• ( バトー)• (覇王ディグニス)• ( リーガル・ブライアン)• (醍醐景光)• (ガドウ)• シリーズ( おてんこさま、伯爵、リンゴ、ライマー)• (ピエトロ王、ガミガミ魔王)• ( )• (デュラン) 2005年• (役名不明)• 宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲(古野間卓、土方竜)• 宇宙戦艦ヤマト 二重銀河の崩壊(古野間卓)• (カイト・マディガン)• キングダムアンダーファイア(ジェラルド)• (グリフィン)• (本多忠勝)• ( バトー)• (、兇國日輪守我旺、魔界を統べし我旺、タイトルコール)• (パイク)• (スネーク、ピポスネーク)• (ハンク、バミリアン、ナレーション)• (スハディ・サドノ)• (儀右衛門)• (名無しの超戦士1P、源頼朝)• (クーウォン)• ( ネモ船長)• (秋葉原ヘイワード)• BLEACH アドバンス 紅に染まる尸魂界(京楽春水)• BLEACH GC 黄昏にまみえる死神(京楽春水)• (京楽春水)• (プリンス)• ( スネーク)• (武蔵坊弁慶)• (マーシャル・D・ティーチ) 2006年• ( アナベル・ガトー、御統コウイチロウ)• イーディスメモリーズ 〜新天魔界GOCV〜(ハンク、ナレーション)• (ラバン・シュリュズベリイ)• (ジオン公国軍男性オペレーター〈アナベル・ガトー〉)• ( アナベル・ガトー)• (アナベル・ガトー、ステージデモのナレーション)• ( フォンヴォルテール卿グウェンダル)• 今日からマ王! おれさまクエスト( フォンヴォルテール卿グウェンダル)• 新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(フォーティンブラス)• 戦国無双2(本多忠勝)• 戦国無双2 Empires(本多忠勝)• (ウィリアム・ラッシュ大尉)• (ヴォルグ)• (武田信玄)• (ジャッジ・ガブラス)• ( ブラック・ジャック)• (プリンス)• (京楽春水)• BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル3〜(京楽春水)• (ゴーザン)• ( ネイキッド・スネーク = )• るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 炎上! 京都輪廻(鵜堂刃衛) 2007年• (御統コウイチロウ)• (ジェイムズ・ガラント少佐)• (アナベル・ガトー)• (アナベル・ガトー、ナレーション)• (アナベル・ガトー)• 今日からマ王! 眞マ国の休日( フォンヴォルテール卿グウェンダル)• ( アンセム)• ( マナガリアスティノークル・ラグ・エデュライケリアス)• 戦国無双KATANA(本多忠勝)• 戦国無双2 猛将伝(本多忠勝)• (ヴォルグ)• (リーガル・ブライアン)• BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(京楽春水)• BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル4〜(京楽春水)• (ナビ音声)• (本多忠勝)• ( ネイキッド・スネーク = ビッグ・ボス、オールド・スネーク)• (グレイゴ・リグリス)• ONE PIECE ギアスピリット(マーシャル・D・ティーチ) 2008年• ( オーギ・カットラス)• ( ヒューゴー、ガブリエ・セレスタ)• (アナベル・ガトー)• (アナベル・ガトー、ナレーション)• (アナベル・ガトー)• (パラダイスキング)• (ヴォルグ)• (アナベル・ガトー)• ( ラディ・イェーガー)• (2008年 - 2018年、ソリッド・スネーク、サムライ・ゴロー) - 4作品• (ヴォルグ)• Daylight -朝に光の冠を-(フォルスラコス・レ・ヴェルトラプトル)• (ジャッジ・ガブラス)• ( リーガル・ブライアン)• (ボス)• (京楽春水)• BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル5〜(京楽春水)• (サルファ)• (本多忠勝)• ( オールド・スネーク、ソリダス・スネーク )• (シャム、佐伯)• (リチャード・ブレイク少佐)• (マーシャル・D・ティーチ)• (マーシャル・D・ティーチ) 2009年• (マリオ・アウディトーレ)• (ペグマ)• (浅見陽一郎)• 機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル(ジオン軍指揮官)• (アナベル・ガトー)• (アンセム)• (グロッケン・ウィル・デルティアナ)• (バルバザン)• スーパーストリートファイターIV(セス)• (本多忠勝)• (ガルル中尉)• ディシディア ファイナルファンタジー ユニバーサルチューニング (ジャッジ・ガブラス)• BLEACH 〜ソウル・カーニバル 2〜(京楽春水)• BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル6〜(京楽春水)• (本多忠勝)• (田宮隆造)• (レイク・ボガード、ドラゴンマスター・ダイン)• (クロムウェル・ニーソン)• ( ジオ) 2010年• (マリオ・アウディトーレ)• (カポネ)• (アナベル・ガトー)• (アナベル・ガトー)• (アナベル・ガトー)• (パン)• ( テラ=ゼアノート)• (山崎一)• (ファルツ)• スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(セス)• (岸谷森厳)• (伊佐地大督)• ( 刀儀兼久)• BLEACH ヒート・ザ・ソウル 7〜(京楽春水)• ( スネーク = ビッグ・ボス)• (ビフ、CMナレーション)• (「スネーク装備」装備時のプレイヤーの声)• ( クロムウェル・ニーソン)• (マーシャル・D・ティーチ) 2011年• (大佐)• (新川)• 戦国無双3 Empires(本多忠勝)• (本多忠勝)• 戦国無双3 Z(本多忠勝)• 戦国無双3 猛将伝(本多忠勝)• (ラディ・イェーガー)• (ジャッジ・ガブラス)• (岸谷森厳)• 二世の契り 想い出の先へ( 刀儀兼久)• BLEACH ソウル・イグニッション(京楽春水)• (本多忠勝)• (ジオ)• るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 再閃(鵜堂刃衛)• (マーシャル・D・ティーチ)• (マーシャル・D・ティーチ) 2012年• (織田信長、CMナレーション)• (アナベル・ガトー)• (クライム博士)• ( アンセム)• (本多忠勝 )• (イシュトヴァーン )• ( )• ( ライダー)• (リョウテイ)• (リョウテイ)• バカとテストと召喚獣 ポータブル(西村宗一 )• (ガルル中尉)• (セス )• (本多忠勝)• (本多忠勝)• ( ソリッド・スネーク、 ネイキッド・スネーク)• るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 完醒(鵜堂刃衛 )• (マーシャル・D・ティーチ) 2013年• ( アンセム)• (バードック)• (ワムウ )• (アナベル・ガトー)• 新・ロロナのアトリエ はじまりの物語〜アーランドの錬金術士〜( ジオ )• (冥王 ハーデス)• ( リーガル・ブライアン)• 十鬼の絆 花結綴り(徳川家康 )• (ライブベアラー)• (ガイウス・ヴァン・バエサル )• (本多忠勝)• (木刀蛇魂「ソリッド・スネーク」の声 )• メルルのアトリエ Plus 〜アーランドの錬金術士3〜(ジオ )• (マーシャル・D・ティーチ) 2014年• ウルトラストリートファイターIV(セス )• 鬼武者Soul カードラッシュ(織田信長)• (アナベル・ガトー)• (アナベル・ガトー)• クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ カスカベ映画スターズ! (パラダイスキング)• (ヨハネ)• (ヨハネ)• ( 轟雷山 旭)• 3594e -三国志英歌-( )• SKYLOCK 神々と運命の五つ子(オリエンス )• (本多忠勝 )• (本多忠勝 )• (ナレーション、預言者)• はじめの一歩(ブライアン・ホーク )• ファンタシースター ノヴァ(オルクス )• ( スネーク = ビッグ・ボス、メディック)• ONE PIECE 超グランドバトル! X(マーシャル・D・ティーチ)• ONE PIECE ワンピースキングス(マーシャル・D・ティーチ) 2015年• (武上創士郎)• (ワムウ )• (ナビゲーター)• (冥王 ハーデス)• 戦国修羅SOUL( 徳川家康 )• (本多忠勝)• 戦魂 -SENTAMA-( 織田信長 、毛利元就)• Soul Clash( 航海者クンカ)• (岸谷森厳 )• ( 御厨源一郎)• (ネファリアン)• (ガロン 、ハイドラ)• ( ガミガミ魔王 )• ( スネーク = ビッグ・ボス = ヴェノム・スネーク)• (夜の君)• RAVEN レイヴン(レフェス、ルシフェル)• ( ゴーストライダー、パニッシャー、ブレイド ) 2016年• (クマ校長 )• (神秘蒐集者アルセーヌ・ルパン)• (ウォーボーン男性)• (デルザイン)• (アナベル・ガトー)• (ヌァザ)• (アナベル・ガトー)• ( バトー)• (ダムド)• (本多忠勝)• ( アルド )• (エクストラボイス)• (シレント )• (2016年 - 2018年、イスカンダル ) - 2作品• (イスカンダル)• (語り部)• (髑髏の騎士、ナレーション)• (サウザー)• (校長 )• モブサイコ100 〜サイキックパズル〜( エクボ) 2017年• ( アンセム、テラ=ゼアノート)• ( 星竜馬 )• (ジャッジ・ガブラス、サラザール)• (アンドレイ・セルゲイヴィッチ・カリーニン、エルク・ドメル)• (ハンニバル)• (ナレーション)• 武器よさらば(アキラ )• (ホム)• (ガーランド )• (イスラ)• (預言者)• ( レーゲン)• (こびとさん)• (バーン会長)• (ヴァルス・アークフェル) 2018年• MIRRORS CROSSING(ペンデルトン)• (ディー)• (ナレーション)• (ネモ船長)• (マルドゥーク)• (ガミガミ魔王 )• (アンドレイ・セルゲイヴィッチ・カリーニン)• アラド戦記(ガンブレーダー)• (オール・フォー・ワン )• 世界樹の迷宮X(ミュラー )• (本多忠勝)• (マクシム・ロッツ )• ( ピピ美)• (ジョージ)• ( ベルナルド )• (ガロン)• (バーモント) 2019年• (ガルド・ゴア・ボーマン )• (マーシャル・D・ティーチ)• ( モリソン )• (男性クイックチャットボイス)• (アナベル・ガトー)• ラストイデア(バルディオス )• (アンセム)• (ジェラルト=アイスナー 、ナレーター)• (グレゴリオ・シルヴァ )• (ジエーゴ )• 幻奏喫茶アンシャンテ(淡木草庵 )• (ゾーマ)• (ダイハードマン) 2020年• ( 足立宏一 )• 僕のヒーローアカデミア One's Justice 2(オール・フォー・ワン )• (英雄王)• (髑髏の騎士) 吹き替え 担当俳優• スペシャル・コレクション「特別編」LD内インタビューおよび音声解説• (フランシスコ)• (アート・ドッジ)• (イブン)• (トニー・ラミレス)• スパイキッズシリーズ(グレゴリオ・コルテス)• (ラソーリ)• ()(ディアス)• (、)(アントニオ)• (アレハンドロ・ムリエッタ)• (エル・マリアッチ)• (ピエール・デュレイン)• (トーロップ)• (リディック)• (リディック)• (ミスター・ジョンソン)• (ヘクター・マーティン)• (ピーター・ベントン)• (アントワン・ラコンテ)• (アーデス・ベイ)• (ジャック)• (フリードリヒ・ベア)• (ソニー)• (電話の主)• (スネーク = ビッグ・ボス = ヴェノム・スネーク)• (ダルトン・ラッセル)• (フィリット司令官 )• (卿)• (ローガン)• (エルモ・マケルロイ)• (トム・カトラー)• (オデール・ロビー)• (トム・マッコート)• (ミルズ本部長)• ()(ヴァン)• (リッチー)• (ネイサン・ウエスト軍曹)• (ジャック・フライア)• (ジュールス・マンスフィールド)• (ウィリアム・アラン・ムーア大統領)• (H)• (マーキス・ウォーレン)• (エイベル・ターナー)• (クリストファー・シェルドン)• (ジャック)• (ジャック・ルーカス)• (グレゴリー・ラーキン)• (サム)• (クリストファー・デュボア)• (ベン・アーチャー)• (魔王)• (パトリック)• (テレンス社長)• ( )• (ジェームズ・ガルマン)• (ビリー)• (ニコ・トスカーニ){大塚初のセガールの吹き替え}(1988年)(テレビ朝日版)• (ジーノ・フェリーノ刑事)(1991年)(テレビ朝日版)• (オースティン・トラヴィス中佐)(1996年)(テレビ朝日版)• (デッカー)(2016年)(DVD、ブルーレイ版)• (ジョン・ハリソン)(2016年)(DVD、ブルーレイ版)• (ジャック・コール)(1996年)(テレビ朝日版)• ケイシー・ライバック シリーズ(ケイシー・ライバック)(テレビ朝日版・日本語吹替音声追加収録版ブルーレイ収録)• (1992年)• (1995年)•

次の

大塚明夫とは (オオツカアキオとは) [単語記事]

大塚 あき お

2020年4月20日、人気ゲーム実況者「2BRO」のラジオ番組に大人気声優である大塚明夫さんがゲストとして登場し、大きな話題を呼んだ。 大塚さんはラジオ開始から約25分間に渡り出演。 兄者・弟者と質問コーナーなど様々なトークテーマで盛り上がった。 とうとう本家が登場!2broRadioに大塚明夫がゲスト出演! 声優 大塚明夫が2broRadioに登場! 3人組のゲーム実況グループである「2BRO」が定期的に行っているラジオ配信「2broRadio」に、声優の大塚明夫さんがゲストとして登場した。 メンバーの弟者は、大塚さんと声が非常にそっくりであることで有名。 動画で大塚さんの代表するキャラクター「スネーク」のセリフを使って動画を盛り上げるなど「弟者のスネークネタ」は、ファンだけでなく 彼らの動画を視聴したことのない人からも「そっくり」と言わせてしまうほど。 そのため、かねてから 「いつか本物とのコラボが実現したら・・・」と、彼らの共演を待ち望んでいたファンはとても多く、今回のコラボは2BROファンにとって 「待ちに待った奇跡の神回」。 配信には沢山のファンが集まり、配信アーカイブにも感想コメントが大量に寄せられている。 「俺だよ、ワリオだよ!」父 大塚周夫さんネタも披露 出典: 「どうも皆さんおはこんばんにちは、弟者です」と、弟者に扮して登場した大塚さん。 自己紹介では 「俺だよ、ワリオだよ!」と、父親であり超大御所声優であった故 大塚周夫さんの演じていた「スーパーマリオシリーズ」ワリオのセリフを披露するというファンサービスも。 また、弟者もそれに応えるように弟者も 「名もなきねずみ」として自己紹介! そんな豪華な大塚ネタ ? のやり取りの中、それよりも 「あの大塚明夫さんが2BROの配信に出ている」ということに驚いているファンのほうが多かったようで、番組冒頭では 「ええええええ!? 」「マジか!? 」といった驚きのコメントが、ものすごい勢いでチャット欄を流れることとなった。 彼の演じてきたキャラクターたちの中で特に有名なキャラクターは、2BROの実況動画としても投稿されたことのある 「メタルギアソリッドシリーズ」の主人公であるスネーク。 兄者・弟者超緊張!大塚明夫と夢の25分間 大塚明夫 弟者を知っていた!「それほど似てないと思っていた」 出典: もともと、 ラジオ出演よりも以前に弟者のことを認知していたという大塚さん。 知人から「そういう人がいるんだよ」と弟者・2BROの存在を教えてもらったのだそう。 しかし、最初は 「へぇ~」とリアクションをしたっきり弟者の声を聞く機会はなかったという。 しばらくして、ふと2BROの動画を見たそうで、自分で認識している声と他人に聞こえている自分の声がかなり異なって聞こえることから、最初に弟者の声を聞いた大塚さんの感想は 「それほど似てないじゃん、言うほど」だったのだそうだ。 加えて 「 弟者・大塚さんの声を 並べてかけてみたら「似てんじゃん」と思うんだろうな」と語った大塚さん。 その後アーカイブを聞いたかは定かではないが、きっとアーカイブを聞いた際は「本当に似てる」と思ってくれることだろう。 弟者「笑顔でほっぺたが落ちちゃってるかも」 出典:www. irasutoya. com 特に「大塚さんと声が似ている」と言われてきた弟者は、ご本人との共演にかなり緊張気味のご様子。 兄者に「大塚さんへの質問はないか」と振られた際、かなり慌てた様子で 「聞きたいことが沢山あったはずなのに、今ぱっと出てこないことが悔やまれる」と、ガチガチになっている様子が伺えるシーンも見られた。 しかし、緊張だけでなく「初めてご本人と対談」という喜びもマックスであったようで、収録時の表情について 「人に見せられない顔をしてますよ私」 「グニャグニャになってもう・・・笑顔でほっぺたが落ちちゃってるかもしれませんね」と、喜びのあまり顔が完全に緩みきっていることを実況していた。 ラジオ内では大塚さんへの質問コーナー、そして逆に大塚さんから2BROへのリクエストなど約25分に渡る豪華トークが収録されているので、 詳しい内容は動画本編を再生し、ぜひ「大塚ボイス」をゆっくりと堪能しながらお楽しみいただきたい。 2BROのチャンネルは.

次の