医療 費 控除 金額 計算 シミュレーター。 医療費控除による税還付

税金計算機

医療 費 控除 金額 計算 シミュレーター

医療費控除の申告に必要な書類。 税務署や役所でセットにして配布していることも 【目次】 そもそも医療費控除とは? 医療費控除とは、1月1日から12月31日まで本人あるいは家族のために医療費を支払った場合、一定金額のを受けられることをいいます。 単身赴任のお父さんも、下宿をしている大学生の子どもも、生活費を仕送りしている両親もみんなの医療費を合算できると覚えておきましょう。 医療費控除の対象になる医療費って何? 医療費の中にも、医療費控除の対象になるものとならないものがあります。 【参考】 医療費控除は、1年間の家族全員の医療費が対象になるので、離れて暮らす家族が病院に行った時はもちろん、薬局で薬を買ったり、歯医者さんに行った時も 必ずレシートを取っておくようにしましょう。 また 交通費はノートやレポート用紙に記録を残しておくとよいでしょう。 【参考】 2018年に提出する確定申告から、明細書だけで、領収書やレシートの提出はいらなくなりました。 2020年も同様になります。 ただ、提出を求められた時には、出せるように5年間は領収書とレシート、交通費のメモを取っておきましょう。 明細書は健康保険組合などから届くでも大丈夫です。 医療費通知が届かない場合は、以下の記事を参照にしてみてください。 【関連記事をチェック!】 セルフメディケーション税制 ふくれあがる国の医療費を削減するための、医療費控除の特例です。 健康に気をつかい、ちょっとした病気なら自分で手当てしましょう!ということです。 2017年1月1日から2021年12月31日までの間に会社や自治体の健康診断やインフルエンザの予防接種などを受けている人が、薬局で自分や家族のためにスイッチOTC医薬品を買い、年間1万2000円を超えると8万8000円までが医療費控除の対象になります。 スイッチOTC医薬品とは、お医者さんから処方されていたお薬が、薬局で買えるようになったもの。 おなじみの風邪薬や、湿布薬、水虫の薬などが対象商品になっています。 こちらの申告は、お薬の領収書や、健康診断や予防接種を受けたことが確認できる書類が必要です。 普通の医療費控除と、セルフメディケーション税制は、重複しては使えません。 どちらかを選ぶことになります。 【参考】 医療費控除額の計算方法は? 医療費控除額の計算方法は、下記の通りです。 (1)まず、「保険金等で補てんされた金額」とあるように、医療費から差し引かなくてはいけないお金があります。 具体的には、以下のようなものがあります。 ・(出産手当金は引かなくてもいいです) ・ ・生命保険や、損害保険の支払い保険金 ・医療費の補てんを目的としてもらう損害賠償金 (2)そして、最後に10万円もしくは総所得の5%のいずれか低いほうを引きます。 「なぜ10万円もしくは総所得の5%のいずれか低いほうを引かなくてはいけないの?」という質問をよく頂きますが、「医療費がたくさんかかった人は、大変でしょうから税金を少なくします」というのがこの医療費控除、そのたくさんというところを10万円と決めているわけです。 ところが、所得が1000万円の人の10万円と、所得が100万円の人の10万円とでは、重みが違います。 そこで、所得の5%とすれば、100万円の人は5万円を超えれば所得控除が受けられて、税金を少なくすることができるのです。 【参考】 医療費50万円と20万円の場合、還付金額はいくら? では、実際にどれくらい税金が戻るのか計算してみましょう。 しかし、出産育児一時金や保険会社からの保険金を引くと、残りは7万円。 10万円引いたら、 医療費控除額はゼロとなります。 当然、戻ってくる税金もありません。 保険金などの補てんはないのでそこから、10万円を引くと、 医療費控除額は10万円になります。 山田さんのほうが医療費はたくさんかかっていますが、補てんをされているので結局控除はゼロ。 還付金はありません。 では医療費控除額が10万円になった木村さんは一体いくらお金が戻ってくるのでしょうか? よく「10万円を引いた残りの控除額が戻ってくる」と思っている人がいるのですが、木村さんの場合は10万円がそのまま戻ってくるのではなく、木村さんの所得に応じて戻ってくる額が変わります。 同じ控除額でも税金をいっぱい払っている人はそれだけ還付金も多く、少ない人は還付金も少ないということになります。 対象になるものとならないものや計算方法、申告に必要な書類など、医療費控除について少しでもわからないことがあれば、税務署に問い合わせてみましょう。 【参考】 医療費控除を申告すると住民税も安くなる もう1つ、お金は戻ってきませんが。 住民税の税率は、所得に関係なく10%です。 住民税の手続きは、確定申告をするだけで特に必要ありません。 などで所得税が全額還付かほぼゼロになっている人も、住民税が安くなることもありますので、確定申告しておくといいかもしれませんね。

次の

医療費控除とは?いくら戻る?還付金額をカンタンに計算する方法

医療 費 控除 金額 計算 シミュレーター

医療控除額がいくらになるのか? を見れば、計算式が載っていますが計算がメンドクサイので、数字を入れれば控除額をシュミレーションできる計算プログラムを作りました。 必要な情報は、• 1年で払った医療費(1月1日から12月31日までの家族全員分を合算)• 生命保険や入院・医療保険などで貰った額 ですので、ご用意ください。 またオマケとして、• 医療控除を受ける年の課税所得(扶養控除や生命保険など諸々引いた額) が分かれば、所得税と住民税がいくら安くなるのかも計算できるようにしました。 課税所得により、計算が2種に分かれるので、自分に合った方をご利用ください。 地域により異なります。 その場合、医療費負担額が少ないということで、医療費控除の対象外となります。 注)あくまでも試算ということで、正確な数字は確定申告でお確かめください。 計算式としては、 【1年で支払った医療費の総額】 ー 【保険金などで補填される金額】 — 10万円 (最高200万円) となります。 地域により異なります。 その場合、医療費負担額が少ないということで、医療費控除の対象外となります。 注)あくまでも試算ということで、正確な数字は確定申告でお確かめください。 いずれ改良したい。 とにかく、計算すると、具体的に結構税金が安くなるのが分かると思います。 手術などで数十万を払っていた場合は、かなり助かりますね。 確定申告は面倒ですが、時給換算すれば結構な高額バイトとなるので、分からないところは税務署で相談しつつ、医療費負担を軽減しましょう。 注意点は、すでに住宅控除などの他の控除で、所得税などが0円になっている場合は、戻ってくるお金は無いかもしれないということです。

次の

医療費控除でいくら返ってくる?計算方法をチェック

医療 費 控除 金額 計算 シミュレーター

まずは1年間の医療費を計算しよう 1月1日から12月31日までの1年間に、生計をひとつとする家族全員の医療費が一定金額を超えた場合に受けることができる医療費控除。 対象となるのは、基本的に病気の治療等に必要となる費用や薬代などになります。 健康増進を目的としたビタミン剤の代金や美容整形代、自己都合で発生した差額ベッド代、病院までマイカーで行ったときのガソリン代・駐車場代などは、医療費控除の対象とはなりません。 マイカーでの通院にかかるガソリン代は対象となりませんが、公共交通機関を利用しての交通費は医療費控除の対象となる点などは見落としがちではないでしょうか?医療費を計算する際は注意しましょう。 病気の治療等に必要となる費用• 治療費• 入院費• 検査費• 一部の介護費用• 交通費(タクシー代は対象外)• 健康増進を目的としたビタミン剤の代金• 美容整形代• 自己都合で発生した差額ベッド代• 病院までマイカーで行った際のガソリン代• 駐車場代• タクシー代(公共交通機関が利用できない場合は除く) 所得税率を確認 次の表からご自身の所得税率と所得控除額を確認します。 課税所得額とは「支払給与」(いわゆる給与の額面)ではありませんのでご注意ください。 それ以外の医療費から引く必要はありません。 例えば、ある病気で入院費用に10万円かかりその保険金として12万円おりた場合などは、保険金の方が医療費より多いことになりますが、ここで補てんされた金額としては10万円とするのが正しい考え方です。

次の