復讐 の カルテット 最終 回。 復讐のカルテットの感想や評価は面白いと評判?口コミと視聴率からリサーチ|ドラマーチ!

バベル韓国ドラマの最終回をネタバレ!結末で犯人のドロドロ復讐劇はエンドか?|ドラマーチ!

復讐 の カルテット 最終 回

その夜、すずめは家森が受け取った手紙を読んでいます。 そこにはカルテットドーナッツホールの演奏は酷いという内容のものでした。 4人の演奏は煙突から出た煙のようなもので、才能がなく、4人の演奏は価値もなく意味もなく、記憶にも残らないものだと。 なぜ、煙のくせになんのためにやっているのだろうと。 手紙の主は5年前に奏者を辞めたのだという。 自分が煙だということに気付きスパッと演奏を辞めたのでした。 もう一度、お店を訪ねたのは4人にどうして辞めないのか、続ける意味があるのかを話を聞きたかったのだと。 (教えてください。 価値があると思いますか?将来があると思いますか?なぜ辞めないんですか?教えてください。 お願いします。 ) … 「ミステリーストリングスナイト」の演奏日。 すでにマスコミが会場に集まっているようです。 4人が車を降りると早速騒ぎに…。 その夜。 谷村大二郎と谷村多可美もコンサート会場にやって来ます。 するとアポロのチョコを落とした男性を呼び止めてアポロを手渡すのでした。 すると、来杉有朱(吉岡里帆)が超イケメンの金持ちの外国人を連れて会場に入って来ました。 アリスちゃんは婚約指輪を見せて「人生、チョロかった〜!あははは!!」と笑顔で去って行きます。 …楽屋。 すずめは真紀に「真紀さん、1曲目ってわざとこの曲を選んだんですか?」と聞きます。 「ん?好きな曲だからだよ。 」 「真紀さんを疑ってきた人、別の意味を取りそう。 …なんでこの曲にしたの?」 「…こぼれたのかな。 内緒ね。 」 「うん。 」 すずめの持つ楽譜には「死と乙女」というタイトルが書かれています。 アリスちゃん…最後の最後までヤバい。 てか金持ちのイケメンと結婚って、そりゃ「チョロかった〜」って大笑いするわなー。 開幕前。 4人は緊張を隠すことができません。 会場は満員御礼となっています。 ライトが暗くなります。 そして、中央にスポットが当てられて4人は演奏を開始するのでした。 (真紀:みんなを裏切って..。 ) (すずめ:裏切ってないよ。 人を好きになるってことは絶対に裏切らないから。 ) (別府:僕たちの名前はカルテットドーナッツホールです。 穴がないとダメなんです。 僕はみなさんのちゃんとしてないのが好きなんです。 ) (真紀:しっかりと3流の自覚を持ってプロの仕事を、カルテットドーナッツホールの力を見せつけてやりましょう。 ) …. みんな、それぞれの思いを抱きながら演奏が続きます。 すると、そこに空き缶が投げ込まれます。 (別府:あ、音楽を一生やっていきたい感じですか?) 4人がカラオケで音楽を演奏することが楽しいという思いを語り合ったシーンが。 4人はそのまま演奏を続け、最後まで演奏をやりきったのでした。 静まり返った会場。 すると会場は拍手で埋まります。 そして、ドラゴンクエストの序曲を演奏します。 会場の客は帰っていくもの、そのまま留まる者に別れ、残った観客は拍手をして演奏を盛り上げています。 … 別荘。 レモン付きの唐揚げを囲んで4人で夕食を食べています。 カルテットドーナッツホールは初遠征をすることが決まったようです。 みんなはパセリを避けて唐揚げを自分の小皿に乗せレモンをそれぞれ掛けています。 それを見た家森は「君たち.. 、見て。 見て〜、こい、こいなんだろう?」と言います。 「すずめ:パセリ。 」 「家森:そう、パセリ。 」 「別府:あんまり好きじゃないんですよね。 」 すると真紀が「.. 家森さんが言ってるのは好き嫌いじゃないと思います。 家森さんが言ってるのはパセリを見ましたかってこと。 パセリ、確認しましたか?」と。 「家森:パセリがある時と、ない時。 ないと寂しいでしょ?この子達言ってるよね、ここにいるよって。 」 「すずめ:どうすればよかったんですか?」 「家森:心で言うの。 」 「真紀:センキュー、パセリ。 」 「家森:センキュー、パセリ。 食べなくてもいいの、ここにパセリがいることを忘れないで。 」 「すずめ:あ、パセリ、ありますね。 」 「別府:パセリ、綺麗ですね。 」 「すずめと別府:センキュー、パセリ。 」 するとすずめは唐揚げにレモンを思いっきりかけるのでした。 … 4人はカルテットドーナッツホールの車に乗り込み別荘を出発します。 別荘には「for SALE」の文字が…。 … 4人が乗ったカルテットドーナッツホールの車はガス欠に。 4人は走って遠征先の会場に向かっています。 「あ…違う、あっちでした。 」 「道迷ったね。 」 「間に合わないかも。 」 すずめは笑いながら「みぞみぞして来ました。 」と…。 スポンサードリンク カルテット 最終回 感想 カルテット、最終回も面白かったですね。 真紀が最終的にカルテットドーナッツホールに戻って来て4人で再び音楽をすることになったのは、本当に良かった。 このコンサートをきっかけに趣味ではなく夢が実現…するにはまだまだ先のことになりそうですが、その一歩は確実に踏み出したのかなと思います。 真紀は免許証の不正取得などの罪で起訴されたものの執行猶予処分で普通の生活に戻ることが許されましたが、そこに待っていたのはマスコミの異常なまでの個人情報の露出でした。 しかし、4人の絆があったからこそ、真紀が再びカルテットドーナッツホールに戻ってくることができた。 こんなすごい事件があっても4人の絆が引き裂かれることがなかったのですから、これから何があってもこの4人の関係が壊れることはないのかもしれませんね。 コンサートで真紀が選曲した「死と乙女」はシューベルトの楽曲で、病の床に伏す乙女と死神の対話を描いた作品で、乙女は死を嫌がり死神に帰ってくれと懇願するが死神は乙女に「私はおまえを苦しめるために来たのではない。 お前に安息を与えに来たのだ」と。 「死」は恐ろしい苦痛ではなく永遠の安息として描かれ、「死」も一つの永遠の安息として描かれている…というなかなか深い意味があるようです。 なぜ、真紀がこの楽曲を選んだのか。 その謎が明かされることはありませんでしたが、まだある真紀のなんらかの秘密がすずめだけに明かされたのかもしれません。 また、カルテットドーナッツホールで音楽を奏でることが真紀にとっても安息だったのかもしれません。 真紀はすずめに「こぼれたのかな。 」と答えましたがこれって「9話で好きはこぼれるもの、こぼれたものが嘘なわけない。 」とすずめに言われてましたがそれに対しての答えだったのかもしれません。 真紀は自分の人生は嘘だらけであることを認めています。 しかし、ここだけは譲ることができない、本当の好きという感情があったのかもしれません。 最後の最後まで謎の多いドラマでしたが、こんなに面白いドラマは久しぶりだったように感じます。 最後の締めにレモンと唐揚げが再登場したのも良かったですね。 そこにパセリが加わるとは…。

次の

カルテット最終回ネタバレ考察と感想!1曲目や帽子の女の意味は?

復讐 の カルテット 最終 回

もくじ• 「瓔珞」第70話 最終回 来世への誓い 輝発那拉 ホイファナラ皇后は「火事の大混乱の中で私の身を案じましたか」と 乾隆帝 けんりゅうていに聞く。 返事を待たず、もう我慢できないと取り乱した皇后は、いかに自分が乾隆帝のことを想い行動したか語る。 その点、 瓔珞 えいらくは己のことしか考えず乾隆帝を利用しているだけだと批難した。 乾隆帝が皇后を連行するように言うと、取り乱し短剣を振りかざして、近づくなとわめく。 富察 ふちゃ皇后より、 高貴妃 こうきひより、 純妃 じゅんひより、どの 妃嬪 ひひんよりも陛下のことを思っている、涙ながらに皇后は言う。 だが乾隆帝は、文一つで輝発那拉皇后が杭州の軍を動かしたことを指摘。 皇后は、それだけでなく随行している杭州の役人も手の内のものだと話す。 力をつけるため役人たちの弱みを握り言うことを聞くように長年恐れさせてきたのだと。 そして乾隆帝の死後、政権を操るつもりでいたと白状する。 だが愛するゆえに殺せなかった。 皇后はそう言うと、短剣で自らの髪を切る。 満州族は国葬でのみ髪を切る、正気の沙汰とは思えない行動だった。 乾隆帝は皇后を紫禁城に返すよう命じる。 そして 和親王 わしんのう 弘昼 こうちゅうも連行された。 皇后が落とした短剣を拾った 珍児 ちんじは 袁春望 えんしゅんぼうに襲いかかる。 十数年も騙されていたと知ったからだ。 だが袁春望に返り討ちにされ短剣が刺さり死ぬ。 袁春望は逆らえず罪を犯したが、関わった役人の名前を言うので許してほしいと平伏する。 瓔珞は笑い出し「策を弄した張本人がなにを」と言った。 瓔珞は過去に袁春望が話したことを思い出し、探らせるため小全子を 太行 たいこう山に行かせていた。 太行山と聞いた皇太后は人払いをする。 瓔珞は暴露する。 袁春望は、 銭 せん氏が 匪賊 ひぞくをひきつけた時、先帝が隠れた農家の娘が産んだ子供だと。 そして自分だけが恵まれない憎しみから皇太后と乾隆帝を殺そうと策を弄した。 関係がないはずの皇太后は様子がおかしい。 瓔珞は第5皇子に手を出したことを批難する。 す り替えられた虫は、 埋葬虫 しでんむしと言い、それは死体を喰らい血や肉を見ると猛毒を発する。 瓔珞は第5皇子を助けるため手を噛まれ毒に侵されていた。 解毒薬はない。 皇太后は先帝に落とし種がいるなどありえないと言う。 くだらぬ嘘を信じて、普通の幸せを捨て太監に身を落とした、そう皇太后が憐れむと、袁春望は半狂乱に。 乾隆帝は肉削ぎの刑をと命じるが、皇太后は慌てて止める。 誰も口にはしないが袁春望は先帝の子らしい。 紫禁城に戻り 葉天士 ようてんしの診察を受ける瓔珞。 だが手の施しようがないという。 乾隆帝は埋葬虫について調べるように戦地の 傅恒 ふこうに命じていた。 乾隆帝が政務で側を離れると、瓔珞は吐血し気を失う。 瓔珞が目覚めると 海蘭察 はいらんちゃが来ている。 海蘭察が解毒薬を持ち帰り瓔珞の命は助かった。 だが様子がおかしい。 傅恒は解毒薬を作る草を取るため 瘴気 しょうきの深い場所に入り、瘴気に侵されたまま無理をして戦に向かい死んだと話す。 一気に決着をつけるため離脱することが出来なかった、病気であろうとも勝利を求められる。 海蘭察は傅恒の最後の問いを瓔珞に聞かせる。 「魏瓔珞、私は生涯をかけて君を守り抜いた。 来世では私を守ってくれるか。 」 瓔珞は一人になると、「わかったわ、約束する」と呟いた。 皇后は位を剥奪された。 皇后が1人で食事をしているところへ、瓔珞がやってくる。 皇后は、なぜ乾隆帝に取りなし軽い処分になるよう配慮したのかと聞く。 瓔珞は、 辛者庫 しんじゃこで行き倒れたとき救われたことがあるから、と答えた。 皇后は、瓔珞が袁春望の策略に気づいていたと指摘する。 理由は和親王を殺すためだ。 姉の復讐を24年間1日たりとも忘れていなかったのだろうと。 瓔珞は何も言わない。 海蘭察は牢の中の和親王に毒酒を運ぶ。 これを飲めば紫禁城に帰れると。 病死扱いとして処分されるらしい。 瓔珞は皇貴妃となった。 終わった… 途中からもう涙でまえが見えなくなって…えぎゅぅ… 傅恒の最後の言葉が単純な愛の言葉ではなかったところにもう泣けてきちゃってだめでした。 感動をありがとう。 確実に今年のNo. 1作品だし、今後これ以上の作品出てくるのか?ってくらい面白かった。 はーとうとう見終わってしまった悲しいよ。 12月からチャンネル銀河で放送されるので、また人気が広まると思います! 次は、瓔珞の攻守交代バージョンを見ていこうかな。 瓔珞の番外編「金枝玉葉」がNetflixで配信中 初月無料 「瓔珞」50話から最終話までのまとめ 短時間で知りたい人用 まずは、瓔珞と敵対している妃嬪たちが今後どうなっていくのか。 と言っても、ほぼほぼもう雑魚しか残っていないんですけどね。 とりあえず、52話まではネタバレ感想書いているので、その続きあの辺りから始めます! 純貴妃の最期 純貴妃は意外にあっけなく退場していきます。 経緯はこんな感じ… 純貴妃は瓔珞を始末するため愉妃に手を汚させようとします。 愉妃は突然体調不良を起こした息子は瓔珞の宮にしかないトリカブトを食べたと主張し、乾隆帝に瓔珞を罰するよう訴えます。 これは太医もぐる。 危うく策略にはまりそうになった瓔珞ですが、袁春望がすぐに葉天士を呼んできて適切な治療をしたため、原因はトリカブトではなく大量に食べた人参だったことがわかります。 そして、太医が愉妃に命じられたと白状し、愉妃は純貴妃に命じられたと主張したため、純貴妃は純答応に格下げされます。 さらに!純貴妃の侍女・玉壺を拷問し、家族を人質にして脅すことで、「純貴妃は皇后の息子を死に至らしめた火事の要因を作った」と乾隆帝に白状させます。 裏で操っていたのは皇后なのにね。 その晩、幽閉されていた純答応のところにやってきた皇后は、瓔珞がこのために妃嬪になったと教え、恨みを晴らすべく彼女を殺しました。 退場! 愉妃は裏切り者? 一度は瓔珞と打ち解けたかのように見せかけて、純貴妃の命令で策略にはめようとした愉妃。 息子を守るために何でもしていたように見えますが、実はすべて純貴妃への報復だった様子。 皇后が自害する要因を作ったのが純貴妃だという話を、愉妃は瓔珞から聞きます。 それを聞いた彼女は瓔珞の復讐を手助けするために、純貴妃の側についたと。 最終的に彼女は紫禁城を追い出されます、でもそれが幸せなのかもね。 爾晴さん もっと上手に立ち回ればいいのに、青蓮を妓楼に売って間接的に殺してしまったことで、傅恒との仲が決定的に壊れてしまった爾晴さん。 実は爾晴、息子を火事で亡くした富察皇后を見舞った時に、乾隆帝と寝て子供が出来たという話をしていたのです。 皇后の自害を後押しする形になってしまった…許さん…。 どうにも八方塞がりということで、乾隆帝に直訴しに紫禁城へ行きます。 紫禁城へやってきた爾晴を、瓔珞は皇后の位牌の前に連れていきます。 そして自害しろと毒薬を渡し、爾晴は死にます。 でもこれによって順調だった乾隆帝との仲がこじれてしまうんだよ… 嫻妃・皇后 恨みに突き動かされ暗躍してきた皇后ですが、一度は瓔珞と条件付きの平和協定を結びます。 しかしそれを崩したのは袁春望。 彼は瓔珞のことを許したと見せかけて近づき、今度は皇后に従順だと思わせておきながら影では色々と悪巧みをしています。 袁春望の策略により、皇后は弘昼と手を組み謀反を起こすことに… ここから最終回に繋がります。 最終回 第70話 の大体のあらすじ 皇后は謀反を起こし失敗、弘昼も捕らえられます。 乾隆帝はその罪を咎めようとしますが、すべての罪は袁春望にあると瓔珞が証言したことで皇后は助かり、その経緯で袁春望が先帝の子供ではないことが明らかに。 復讐のために動いていた袁春望は、それを聞いて気が狂ってしまいます。 最終的に、瓔珞は皇貴妃に封じられました。 めでたしめでたし….

次の

韓国ドラマ|復讐のカルテットのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

復讐 の カルテット 最終 回

また、TSUTAYA TVは30日間の無料会員登録期間があり、無料期間で解約すれば料金は一切かかりません。 愛の選択 ~産婦人科の女医~• ぼくら特殊発掘捜査隊 無くなった黄金佛像を探せ! なども見放題で視聴可能です! また、イ・ジェジン(FTISLAND)の出演ドラマ• キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~ や、チョ・ユヌ出演作品、• 美男<イケメン>ラーメン店• 花郎<ファラン> などもTSUTAYA TVでは見放題で視聴可能です! 他にもTSUTAYA TVでは人気ドラマや映画が楽しめます! 「復讐のカルテット(原題:姉は生きている 」以外にもこれだけドラマ出演者の関連作品が見放題で視聴できるのは嬉しいですね! また、TSUTAYA TVは30日間の無料会員登録期間があり、無料期間で解約すれば料金は一切かかりません。 すると下記のように名前、メールアドレス、クレジットカード情報を入力する画面が出てきます。 これらの個人情報を記入し、「会員登録する」ボタンをクリックします。 すると「入力内容確認」の画面に移るので、記載いN誤りがなければ、「この内容で申し込む」をクリックします。 2人は新婚旅行へ向かう中、交通事故に巻き込まれてしまう。 そしてジェイルは帰らぬ人になってしまうのだった。 奇しくもこの事故により、救助車の到着が遅れ母親を亡くしたドゥルレ(チャン・ソヒ)と、火事で娘を亡くしたウニャン(オ・ユナ)。 警察署で顔を合わせたハリをあわせた3人は、事故現場から走り去ったひとりの女性を捜しはじめる。 その女性とは、ある事件の濡れ衣を着せられたダリ(ダソム)だった。 ダリはお金に困り、恋人のギチャンから品種改良したカモミールの研究資料を奪い、コンリョングループに売りつけようとしていた。 そしてその事故を起こしてしまう・・・。 復讐のカルテット 韓国ドラマ の感想や評価は? 韓国ドラマは「そんな奴いないでしょ! 」と思うくらいぶっ飛んでるキャラクターが登場しますが、この作品は特にそうでした。 とはいえ、ドロドロ復讐劇は好きなので、最後まで飽きる事なく楽しめました。 テンポが速かったので、途中の中弛みもなく一気に見終わりました。 愛する人を失うと、人間どうなるか分かりませんね。 設定としては他人事ではないので、感情移入すると疲れるでしょう。

次の