なか ちょん。 サミット

『トトロハウス』ソウル(韓国)の旅行記・ブログ by なかちょんさん【フォートラベル】

なか ちょん

編集中… 暫し待たれよ! って誰も見てないだろうし、 大丈夫だよなwwwww 少しずつ編集していきたいと思っております。 また、まだ編集中のため僕の趣味などは好きなものタグを見て下さい。 ・基本はjigtwiからのツイート。 たまにkeitai webやPSPったーなどからも。 ・「お気に入り」に入れてあるツイートは、面白かったものや、それこそ気に入ったツイート、メモなど多種多様なので、悪しからず。 またTLに流れてきた気にいった画像もすぐにお気に入り行きになるのがほとんどなので、その画像について詳しくない、また知らない場合が御座います。 御了承下さい。 ・リフォローは基本100%致しますが、明らかに合わない人はリムーブ、またはブロック致しますのでこれまた御了承下さい。 ・よくTLをリツイートで埋めてしまいますが、そこは承知の上でフォローを願います。 電車乗ったりするのは好きですが、知識については皆無なので、お間違えのないよう宣しくお願い致します。 ・また中の人は高校2年生の男子で御座います。 「お前年下だろ、敬語使えや力ス」という方はリプを下さると助かります。 また、まだ会話をあまりしていない場合かつ相手様の年齢が分からない場合は基本敬語で接します。 「夕メでいいよ!」というお方がいらっしゃれば、リプを飛ばして下さると助かります。 ・ちなみに自分は絡んで下さるととても喜びます!どんどん絡んで下さって結講です! また正式な名前は中chonですが 読みはなかちょん 、面倒だと思いますので、平仮名でなかちょんや、なかちゃん、なかちんと好きに呼んで下さって結講です! 呼んでもらったことのある名前をピックアップ致しました。

次の

肺がん 人気ブログランキング

なか ちょん

クチコミ 0件• Q&A回答 0件• 35,672アクセス• いってきましたCity Beautificationの街、フランスのリヨン(Lyon。 ベルギーのブリュッセル空港から、Brusses Airlinesで2時間半ほどでLyon空港に到着。 そこからバスにのり、40分ぐらい(多分)で、Lyonの街に入る。 街の建物がきれいなのか、ライトアップの方法がきれいなのか、多分、両方なのだが、夜のリヨンの街はとてもきれい。 なにがきれいかというと、建物自体がライトアップされる照明が多く、古い歴史のある建物が、夜の街の中ではっきりと存在感をかもし出しているところか。 で、今回、Lyonのクラブにも行ってきた。 金曜日の夜だったので、どこのクラブも人がたくさん。 最初に行った店は、サルサのイベントだったようで、ラテンのリズムでペアになって踊っている人が多く見られる。 で、みんなノリがすごくいい。 カメラを向けると、笑顔!笑顔!笑顔! 曲はフランス語でない(多分スペイン語)が多かった様子。 ジプシーキングスなんかもかかっていて、早いカウントで手を打つ手拍子とか、巻き舌で奇声をあげたりとか、なんか、なんでもありってかんじ。 でも、最初の店は2時で閉店。 次の店に向かう。 途中なかなかみつからず、やっと見つかった店は、満員で入れなかったり、オトコが好きなオトコ向けの店だったり、1時間ほど夜中のLyonの街を彷徨う。 結局、川に浮かべた船自体がクラブになっているところにたどり着く。 ここは、さっきと曲の雰囲気が違い、英語の歌が多い。 しかも、DJは日本人だった。 かなり古そうな船に、こんなにたくさん人が入って、飛んだりはねたりして沈んだりしないかという不安もあったが、とりあえず、飲みまくり、踊りまくり、楽しむ。 それにしても、ゆれる.... 何人かの人と話をしたが、英語で会話するのは、結構むずかしい。 今度来るときまでに、フランス語を勉強しておこう。 冗談抜きで、そのノリ、俺の友達に似てるんだけど...ま、まさか... ということで、そういうノリ、大好きです。 人生、騒いでナンボです。 おとなしくしているよりかは、騒いだほうが、なにか起こります。 と、ちょっと脱線してしまいましたが、リヨンの船のクラブのこと、ちょっと思い出してみると... 混んでる。 踊るところが狭い。 船の中、全体を1とすると、2分の1がバーのカウンター、4分の1がDJスペース、残り4分の1がダンスフロア。 (かなりアバウト) で、船の前後方向を向いて立つと、右と左に、座席がある。 映画館みたいなイス...だったような。 年齢層は、結構、若いかも。 10代っぽい人が多いような... でも、20、30、40、50も、いたとおもう。 曲は、ロックとかポップスが多いかな。 あ、でも、HIPHOPとかHouseとかテクノも流れてたような...それって、全部? レゲエは無かったね。 ということで、今月末からまたリヨンに行くんで、多分、再度、船のクラブに行くと思う。 では、shimaさんの香港滞在記を楽しみにしてます。 あと、blogにも来てくださいね。 livedoor. 今日の香港は曇り。 風も強いので、流石にプール好き白人達も水着で寛ぐことはできません。 リヨンの船のクラブの解説を有難うございます。 すごい狭そう、でも窒息しそうな感じがなんとも堪りません。 ところで、元来レゲェってす〜〜〜〜っごく緩いところが良いのに、最近の東京では奇妙な踊りになってしまって、オバサンはついていけません。 もう家で茶でも飲んでろ!と言われているみたいでシャクです。 が、ハシタナイと思う気持ちは重要だなぁとオババは自分に言い聞かせるのでした。 話は戻して、ヨーロッパのクラブで好きなのは、なんともいえないあの緩さです。 頑張って踊らなくてもワイワイ騒いじゃえば良いのだよ的いい加減さがたまらない。 月末のリヨン旅行記も楽しみにしています。 今のところ香港では私の遊び心を擽る店は発見されておりません。 残念・・・・。 おっと、昼になりました。 それではランチしに街にくりだすとするかー! それでは。 Blogも拝見、お気に入りに追加させて頂ました。

次の

『Lyonの夜』リヨン(フランス)の旅行記・ブログ by なかちょんさん【フォートラベル】

なか ちょん

相模原市にあった「」、横浜のなど、「ちょんの間」はなくなってきている。 過去にも取材している川崎区の「ちょんの間」が活気を戻しているという投稿があった。 投稿があったのは、2015(平成27)年10月、取材を開始したのは2016(平成28)年3月ごろ。 この記事を出すタイミングとなった5月31日時点で、警察からの摘発があったという報道があった。 過去取材時の堀之内の様子 各種報道によると、5月23日に「県警生活保安課と川崎署が、川崎市川崎区の堀之内地区で、違法風俗店『ちょんの間』4店を一斉摘発した。 同地区での取り締まりは約7年ぶりで、売春防止法違反の疑いで女2人を逮捕した」とのこと。 この記事で、摘発前の状況を知っていただけると幸いだ。 川崎市の中心地の近くに残る「ちょんの間」 堀之内地区のある場所(Googlemapより) 人通りが多く、バスやタクシーの行き交う、ターミナル駅・JR川崎駅から、市役所方面へ向かう。 そして市役所の裏手の方に向かって歩くと、堀之内地区に入る。 川崎駅 川崎市役所 そのあたりから人通りは少なくなり、代わってソープランドなどの風俗店店先に立つ、呼び込みの男性の姿のほうが目につくようになる。 平日の昼間は人通りが少ない 堀之内地区 平日の昼間でもソープランドの呼び込みが盛んだ あちこちの店舗の呼び込みの声をかわしながら歩いていると、ソープランドに混じって、小料理店や飲み屋さんが点在していることに気づく。 以前取材した「たんぼ」も飲食店の形態をとっていたが、それに似ているのだとしたらこれらが「ちょんの間」なのだろうか。 中には誰もいないので、夕方まで待つことにした。 すると中に女性の姿が見えるお店が現れ始めた。 なかには閉めきったものもあるが、女性がいるお店は、全部で10数軒ほどだ。 お店はガラス張りで、店内にはカウンターがあり、その向こうに女性が座っている。 ソープランドに混じって「ちょんの間」がある 店内にはメニューが張られているため、飲みながら話が聞けないかと思い、「飲めますか?」と女性に聞くと、「飲むだけはやっていません。 30分1万円で遊ぶ形です」といわれた。 女性層は30~50代が多いようだ。 しかし、なかにはもっと若い女性が座っているお店もある。 また店内を気にしながら、お店の前をウロウロしている男性もいるが、女性を選んでいるのだろうか? 意外と来客があるのかもしれない。

次の