布団 ランドリー。 布団・羽毛布団洗濯でおすすめの方法は?自宅・コインランドリーからクリーニングまで|ベルメゾン 暮らしのコラム

コインランドリーで布団の乾燥のみでも大丈夫!上手な使い方

布団 ランドリー

コインランドリーを活用して、クリーニング代を節約 以前、娘が敷布団を汚してしまいました。 そのときは梅雨真っ只中なので当然外は大雨。 汚れたダブルの敷布団をどうするか、以下の3択で迷いました。 クリーニング:3000~5000円はかかる上に日数も必要• 買い替え:安価な布団はたくさん売っているが、捨てる手間もかかる• コインランドリー:ダブルの敷布団が本当に洗えるのか疑問。 傷みも心配 いろいろと悩みましたが、コインランドリーで布団が丸洗いできるならラッキー! と思って初挑戦してみました。 薄手の掛け布団や毛布は洗濯したことがあっても、敷布団は初めての経験。 しかもダブルです。 こんな大きなものが入るのかと心配でしたが、意外とすっぽり簡単に入りました。 ちなみにコインランドリーの容量は、20キログラムでは我が家のダブルの敷布団は入らず、30キログラムのタイプにはすっぽりと収めることができました。 洗濯料金は、1100円+乾燥料金600円 約40分 =合計1700円。 これはかなりお得だなと感じました。 しかも丸洗いなので気持ちがいい! シングルで化繊の敷布団なら乾燥時間はもっと短くて済むと思います。 コインランドリーで布団を洗う際のやり方と注意点 布団は丸めて縛っておくと、形が崩れにくい ただし、コインランドリーを使用するうえでの注意点もあります。 キルティングのない布団は中身がバラバラになるので使用できません。 素材が綿や毛100%素材のものは使用できません。 布団の取扱い表示、コインランドリーでの注意書きに沿って利用する。 中身を偏りをなくすため、必ず布団をロール状に丸めて、さらに2~3カ所ひもで縛っておく。 今回洗った敷布団はもう10年以上使っているものだったので、買い替えることも覚悟でのコインランドリー初挑戦でした。 しかし、意外と簡単に、しかも格安で丸洗いできてよかったです。 毛布や夏用の掛け布団は、自宅の洗濯機でも十分洗えますが、大物はコインランドリーを利用して洗えば、家計にも優しいですね。 高級な布団だと、コインランドリーで洗ったら傷むのではという不安もあると思います。 その場合はクリーニングを利用したほうが無難でしょう。 小さな子どものいる家族には特に便利なコインランドリー コインランドリーは、冬や季節の変わりめにこたつ布団やカーペットを洗うのにも役立っています。 子どもが小さいと食べこぼし等でこたつやカーペットは不潔になりがちですが、定期的に丸洗いできるので便利です。 コインランドリーを利用するようになってからは、子どもたちが食べこぼしをしても「洗えば済む」と思えるようになり、精神的にも楽になりました。 これらのものを洗うのに、以前はクリーニングを利用していましたが、コインランドリーだとそれぞれ1500円程度で済みます。 毎日利用するものほど、1~2時間で洗濯が完了するのもありがたいなと感じます。 梅雨時期に増えやすいというダニの駆除にもなり、「布団を洗う」というきっかけをくれた娘にむしろ感謝しています。 おかげさまで 家計も布団もすっきりきれいに暮らせる術をまた一つ、身に付けることができました。 コインランドリー使用にも、注意が必要なものとは? 昔からある、キルティングされていない真綿の敷布団は、コインランドリーでは使用できません。 縮んだり、中身がバラバラになったり、古い物は表面の生地が破けたりするケースがあります。 一般的に「打ち直し」に適する布団はコインランドリーには適しません。 「打ち直し」とは? 長年使用して硬くなったお布団を機械で解きほぐしゴミ・塵などを取り除き、弾力を回復させることでふっくらとよみがえらせるという方法です。 この種の布団は避けたほうがいいでしょう。 【関連記事をチェック!】•

次の

コインランドリーで布団を丸洗い!乾燥のみでも使える?

布団 ランドリー

家族みんなの分を洗濯するとなると、何度も何度も洗濯機を回すことに…。 しかし、コインランドリーでは、何台も洗濯機が並んでいるので、使用状況次第では 一度で洗濯できてしまうこともあります。 また、自宅で洗濯するとふんわり感がなくなってしまうという悩みも、コインランドリーで洗濯することによって解消されます。 確かにクリーニングでは値段が高くついてしまいがちですが、 コインランドリーではお金の面での心配は少ないでしょう。 毎日使うものですから、きれいに越したことはありません。 コインランドリーで洗うだけでもダニ対策になります。 コインランドリーで布団を洗う方法 布団をロール状にする 洗う前に、まず布団をくるくると巻いてロール状にし、小さくします。 2〜3か所ひもで縛っておくと型崩れ防止になり、中綿の寄りも防ぐことができます。 大きめの洗濯機を選ぶ 次に使用する洗濯機を選びましょう。 布団がぎりぎり入るような小さめの洗濯機は料金が安いですが、脱水がうまくできず乾燥に時間がかかってしまうことがあるので、 布団を入れた時に上に十分な余裕のある大きさのものを選びます。 布団を入れたらふたを閉め、お金を投入します。 自動で洗剤が出てくるタイプでないときは、 ダメージが少なめのおしゃれ着洗い用洗剤を使用しましょう。 洗濯機が動き始めたら、うまい具合に布団が回転しているか、しっかり洗えているかをしばらく確認します。 乾燥がポイント 布団洗いの重要なポイントが乾燥になります。 乾燥機でしっかり乾燥させる 洗い終わった布団を、大きめの乾燥機に移します。 ここでも、小さめの乾燥機に入れてしまうと乾燥に時間がかかり、 生乾きになって変な臭いやカビの原因になることがあります。 目安としては、 布団が乾燥機の3分の1くらいのものがベスト。 最低でも1時間かける また、温度設定ができる場合は 高温に設定し、最低でも1時間は乾燥時間を取りましょう。 布団の表面が温かいと、それで十分乾いたと思いがちですが、布団の中は意外に生乾きだったりしますので、最低でも1時間は必要です。 夏場の熱い日差しが期待できる時期であれば、乾燥時間を少し短くして 家で天日干ししてもOK。 とにかくしっかり布団全体を乾かすことが大切です。 コインランドリーで洗えない布団 コインランドリーで布団を洗う際の注意点がいくつかあります。 コインランドリーは便利ですが、洗える布団と洗えない布団があります。 では、コインランドリーで洗うことができない布団についてご紹介していきます。 和布団 まずは、和布団(綿)です。 和布団とは、旅館などで多く使われている布団で、中が綿になっています。 コインランドリーで洗うと綿が固まってしまうので使用できません。 クリーニングに出すことをオススメします。 羊毛布団 次に、羊毛布団。 こちらは コインランドリーで洗うと縮んでしまいます。 ただし、 手洗いなら洗うことは可能ですので、クリーニングまたは、自分で洗うならお風呂場で踏み洗いを。 キルティング加工されていない布団 そしてもう一つは、キルティング加工されていない布団です。 キルティング加工というのは布団の中に敷居のような加工があるもの。 しかし、これがない布団は 洗うと中綿が寄ってしまい、使用できなくなります。 コインランドリーにもっていく前に必ずチェックしましょう。 コインランドリー以外で布団を洗う クリーニングか自宅で洗う方法になります。 まずは布団の洗濯表示のタグを確認して、そもそも水洗いOKなのかどうかを確認しましょう。 水洗い表示が?になっているものは自宅では洗えませんので、クリーニングに出しましょう。 洗濯機で洗う方法 洗濯機で洗う場合は、布団のサイズと洗濯機の容量を確認しましょう。 無理矢理使うと洗濯機の故障にもつながります。 基本的には洗濯機の取扱説明書をよく確認して使用しましょう。 まず、洗濯機の中に水を張ります。 その中に液体洗剤を入れ、溶かしておきます。 布団を寝具用の大きいネットに入れ、洗います。 この時、 なるべく中の空気を抜いて小さくするのがポイントです。 洗い終わったら放置せず、すぐに干します。 お風呂で踏み洗いする方法 洗濯機に入らない大きさの布団は浴槽で洗います。 最初に、布団を四つ折りにします。 そこに直接シャワーをかけて表面の汚れやほこりをしっかり洗い流します。 この予洗いが終わったら、浴槽の半分くらいに水またはぬるま湯を張り、液体洗剤を溶かします。 浴槽に布団を入れ、布団全体を軽く押し洗いしたら、水を入れ替えます。 これを真水で2〜3回繰り返すとすすぎは終了です。 その後、浴槽に1時間ほど放置して水が大体抜けたら、干場に持っていき干します。 乾くのには相当な時間がかかるので、 天気が悪い日は避けるのが無難です。 宅配クリーニングに頼む方法 布団を洗うのはかなり面倒ですよね。 水を含むと重くなりますし、運搬も大変です。 そこでオススメなのが、宅配クリーニングです。 自宅に集荷にきてもらい送ると、洗濯された状態で布団が家に送られてきます。 布団クリーニングならカジタクがオススメ! カジタクでは布団クリーニングを行っています。 カジタクのオススメポイント!• 安心の イオングループが運営。 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!• たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!•

次の

コインランドリーの使い方で布団の洗い方のコツやオススメ方法

布団 ランドリー

コインランドリー料金は高い?|布団やカーペットは洗える?おすすめの使い方まとめ コインランドリーを使ってみたいけど• ダイヤクリーニング今本店には3つの容量の洗濯機を置いています。 12kgタイプ 600円 17kgタイプ 800円 25kgタイプ 1,200円 大きさによってお値段違います。 1度に洗える量が違いますからね。 洗濯物の重さってなかなかわかりにくいと思うのですが、目安となるいい情報を見つけました! パナソニックさんのサイトにあったのですが、コチラです。 スマホで見ると小さくて見えないと思いますので、パナソニックさんのサイトで確認してみてください。 (出典:) 家庭用洗濯機もコインランドリーも同じですが、洗濯機の 容量以上の洗濯物を詰め込むと、汚れが落ちにくくなったり、一度落ちた汚れが再付着しやすいので気をつけてくださいね。 乾燥機の料金 続いてコインランドリー乾燥機の料金です。 乾燥機の料金の説明をする前に、知っておいて頂きたいことがあります。 「そんなの当たり前でしょ」と言われる方も多いとは思いますが一応。 基本の豆知識 あなたのご自宅の洗濯機の容量は何kgですか? もしからしたら、よくわからないという方もいらっしゃるかもしれませんね。 一般的に、1日1人あたり約1. 5kgの洗濯物が出ると言われています。 なので、家族4人だと1. 洗濯機を作っているメーカーは4人家族を想定して、6kgとか7kgの洗濯機を作っています。 おうちの洗濯機を見ていただいたら、6kg~8kgの洗濯機が多いのではないでしょうか。 洗濯については、「乾いた状態での重さ」は何となくわかりますね。 では、乾燥機の容量についてはどうでしょう? 家庭用のドラム式洗濯機は、だいたい乾燥機能もついていますよね。 ということは、例えば家庭用の洗濯機で 洗濯容量7kg、乾燥容量5kgとなっている洗濯機で7kgの洗濯物を入れて、そのまま乾燥させると容量オーバーです。 乾燥までするなら、乾燥の容量である5kgを基準にしなければなりません。 つまり乾燥まで考えるなら、5kgの洗濯物しか入れられないということです。 さて、話を戻して乾燥機の料金です。 これも今本店を例にしてご案内しますね。 乾燥機も大きさが2種類ありまして 13kgタイプ 12分 100円 25kgタイプ 9分 100円 となっています。 乾燥機の料金ってわかりにくいです。 12分100円って言われても・・・じゃ、100円でどんだけのものが乾くの? という感じですよね。 もちろん乾かす洗濯物の生地の種類によって必要な乾燥時間はかわるので、実際のところ使ってみないとわからないというところはあります。 とはいえ、だいたいの目安を知りたい方もいらっしゃると思いますので、ここでは乾燥にかかる時間、料金の目安をお伝えします。 どうせなら目いっぱい使いたいですね。 (ジーンズなど厚手の生地のものは50分くらいかかります。 ) 13kgタイプの乾燥機を使って 300円が目安です。 どうでもいいのですが、先日私がワイシャツ10枚をコインランドリーで洗濯して乾燥させたときには100円で完全に乾きました。 いかがでしょうか? 一番多いシチュエーションで、家で洗って乾燥機だけ使う場合には、1回300円を目安にしていただければOKです。 300円で乾いてないなと思ったときは、100円ずつ追加していきましょう。 コインランドリーで布団は洗えますか? コインランドリーで布団は洗えますか?というお問い合わせをよくいただきます。 そんなときは、こうお答えしています。 綿布団や羊毛布団はコインランドリーで洗わないほうがいいです。 これらの布団を洗濯機でまわすと、綿が寄って戻らなくなります。 敷布団も洗濯できません。 水を含んで重くなるので、洗濯機自体が回らなくなる可能性があります。 こたつ布団はコインランドリーOKです。 25kgの洗濯機なら1度に2枚洗えます。 乾燥は25kgの乾燥機で700円~800円で乾燥できます。 綿布団や羊毛布団、敷布団を洗濯したいときは、 クリーニングに出してください。 羽毛布団は? さて、布団の中でもよく聞かれるのが羽毛布団についてです。 羽毛布団はコインランドリーで洗えるのか?ということですね。 結論は 洗うことはできますが、おすすめできません ということになります。 羽毛布団はとにかく乾燥させるのが難しいのです。 表面は乾いたと思っても、中の羽毛は完全に乾いていないことが多いです。 我々プロがやっても、2時間くらいかけて乾燥させるのですが、30分ごとに裏返したりしながら乾燥させます。 乾燥機にかけた後も陰干しをします。 コインランドリーで乾燥させようと思うと、2時間以上は必要ですし、それでも中まで乾燥できているかどうかはわかりません。 羽毛は水鳥という動物の毛ですから、完全に乾燥しないまま、しまってしまうと悪臭の原因になってしまいます。 羽毛布団はコインランドリーではなく、 クリーニングを強くおすすめします。 カーペットは洗える? 布団とともに、よくお問い合わせいただくのがカーペットはコインランドリーで洗えるかということ。 残念ながらカーペットはコインランドリーでは洗えません。 敷布団と同じで重さで洗濯機がまわらなくなってしまうんです。 コインランドリーを使うときのコツと注意点 注意点 雨の日が続いたときには重宝するコインランドリーですが、ちょっとしたコツと注意点をお伝えします。 洗濯機も乾燥機もそうなのですが、利用されている方を見ていると、あきらかに容量オーバーなほど、パンパンに詰め込む方がいらっしゃいます。 確かに洗濯料金は安くなるのですが、、、 ご想像通り、汚れは落ちません。 コインランドリーは洗濯機の水量に合わせて洗剤を自動投入しています。 洗濯物の量が多くても少なくても、投入される洗剤の量は同じです。 したがって、詰め込みすぎると、洗剤が適正量になりませんので汚れ落ちが悪くなります。 じゃあ、洗剤を足せばいいじゃないか!ということで自分で洗剤を持ってきて足される方もいらっしゃるのですが、、、 洗剤をいくら足しても、洗濯物に対して水の量が少ないので、一度落とした汚れが再付着することが多いのです。 結局、綺麗になりません。 コインランドリーに持ってきて洗濯する意味ないですよね。 乾燥機も容量オーバーして詰め込みすぎると、まわりは乾いても、洗濯物の中心部が乾きにくくなります。 生乾きのいや~な臭いの原因にもなります。 洗濯機も乾燥機も容量オーバーしない!というのは注意しておきたいですね。 コツ コインランドリーを効率的に使うコツは、容量ギリギリで使うということです。 乾燥機を使うときに、洗濯物が少ないほど早く乾くかというと、そんなことはありません。 洗濯機を使うときに、洗濯物が少ないほど綺麗に洗えるかというと、そんなことはありません。 先ほども少し書きましたが、毛布を乾燥させるときに、2枚乾燥させるのも、5枚乾燥させるのも、かかる時間は変わらないんですね。 だったら、容量ギリギリまで使うのがお得ということです。 もう一点、乾燥が終わったら熱が取れる前に取り出してしまうのがポイントです。 乾燥直後に出せば、シャツなどもシワになりにくいです。 コインランドリーで洗濯したら泡立たないんだけど、綺麗になっているの? これもよくいただくお問い合わせです。 コインランドリーの洗濯機は洗剤が自動投入になっていますので、洗剤を入れる必要はありません。 泡立たないというのは、洗剤が汚れを吸着しているからで、ちゃんと綺麗になっていますのでご安心を。 ただ、全然泡立たない場合に考えられることは• コインランドリーのメリットとデメリット これまで、コインランドリー料金の目安や使うときの注意点などについてお伝えしてきましたが、最後にコインランドリーを使うメリットとデメリットを考えてみたいと思います。 デメリット コインランドリーのデメリットは• コインランドリー、確かに高いですね。 家族4人分の洗濯物を洗濯して完全乾燥させるには900~1,000円かかります。 1回洗濯するのに、これは高いですよね。 自宅の洗濯機で洗えば、電気代、水道代、洗剤代、あわせても1回30円もかからないと思います。 しかもコインランドリーがあるところまで持っていかないといけません。 面倒ですよね。 雨が降っても、自宅の部屋の中で干しておけば手間はかかりませんし、お金もかかりません。 一方メリットはどんなものがあるでしょうか? メリット• ふんわり感がよみがえります! ・生乾きのいやな臭いがない 雨の日に室内や軒下に洗濯物を干しても、当たり前ですがなかなか乾かず、生乾きのいやな臭いが残ることがありませんか? お風呂から上がったときに、タオルがいや~な臭いがしたら最悪ですよね。 コインランドリーで乾燥させれば、生乾きの嫌な臭いは残りません。 天日干しだけでは難しいダニ退治も、コインランドリーなら楽勝です。 ・一度にたくさんの洗濯をできる コインランドリーを使う一番のメリットはコレだと思うんですよね。 最近は、女性も仕事を持たれている方も多く、夫婦で家事の分担をしたりしている人も多いのでは? 時間がない!洗濯の時間がもったいない!という人にはコインランドリーは強い味方になってくれると思いますよ。 例えば、家族4人分を毎日洗濯する場合 1回あたりの洗濯にどれくらいの時間がかかるでしょうか? もちろん洗濯機が回っている時間は他の家事ができますが、洗い終わって干す作業、取り込む作業、アイロンがけの作業・・・ どれくらいかかるでしょうか? 毎日洗濯したとして、週に7回これらの作業をしなくてはいけませんね。 しかし、コインランドリーを使えば1回で終わります! 家族4人分の洗濯物を7日分なら 25kgの洗濯機を2台使って 25kgの乾燥機を2台使えば その1回で終わります。 乾燥機から取り出して「たたむ」という作業は必要ですが、洗濯物を1枚1枚干す作業もなければ、アイロンがけの作業もほぼ不要になります。 コインランドリーで乾燥させれば、シワになりにくいですからね。 1週間で考えれば、洗濯にかける時間が圧倒的に短くなるんです。 しかも、フワフワの気持ちいい仕上がり! 時間を効率的に使いたいという方にとっては、コインランドリーは大きなメリットになるのではないでしょうか? ダイヤクリーニング今本店は岡山市内最大級のコインランドリーです。 止めやすい大型駐車場も完備! 場所はコチラです。

次の