風邪 早く治す 方法。 子供の風邪を早く治す方法!回復を早める食べ物とおすすめレシピ!

ポカリで風邪を早く治す方法は?!

風邪 早く治す 方法

風邪を早く治すために覚えておきたい 3つのポイント 忙しい時期に風邪をひいてしまい、仕事で迷惑をかけてしまったという経験はないでしょうか。 あるいは、楽しみだったレジャーの予定を風邪でキャンセルしてしまった、という方も多いかもしれません。 どんなに気を付けていても風邪はひいてしまうものです。 そんなときはなるべく早く風邪を治してしまう方向に気持ちをシフトするのが賢明でしょう。 今回は風邪をなるべく早く治してしまいたいときに気を付けるべきポイントについてお話しします。 風邪を早く治すカギは「睡眠」「水分」「ビタミンC」 風邪を早く治すために重要となるのは、「睡眠」「水分」「ビタミンC」の3要素です。 それぞれの重要性について以下で詳しくお話ししましょう。 ビタミンCは風邪に最も有効な栄養素 風邪を撃退するためには、必要な栄養をたくさん摂取することが非常に重要になります。 中でも風邪にもっとも有効な栄養素と考えられているのがビタミンCです。 ビタミンCを積極的にとるようしたところ、風邪の治癒が劇的に早くなったという報告例がいくつもあがっています。 ビタミンCは野菜や果物に豊富に含まれているので、食事から摂取するのも簡単でしょう。 また、手軽により多くのビタミンCをとりたければ、自費になりますがビタミンCを含む点滴もご用意しておりますので、ご相談ください。 または市販のサプリメントを食べるのもいいかもしれません。 幸いビタミンCの摂取量が多くても体に害が出ることはありませんので、ご自分に合った方法で多くのビタミンCをとるようにしてください。

次の

子供の風邪を治すコツ!間違った方法が長引かせる!?

風邪 早く治す 方法

Sponsored Link 風邪を早く治す方法は鼻水がポイント! 風邪を引くと鼻水が止まらなくなりますよね。 ティッシュで鼻をかみすぎると、しまいには段々と鼻の奥が痛くなったり、血が滲んだりすることもあります。 面倒だから、逆に鼻水を鼻の中にすすり込んでしまうこともあると思います。 でも、鼻水をかまずにすすり込んだり、無理に風邪薬で鼻水を止めたりすると、風邪の治りが遅くなるんです。 なぜなら、もともと鼻水は体の中のウイルスを外へ追い出そうとして、自然に出てくるものだからです。 そのため、風邪を引いた時は、 鼻水を出せばだすほど早く治ります。 面倒くさいけど、鼻水はティッシュで何度もかんで、ウイルスを外へ追い出しましょう。 ちなみに、鼻水の正しいかみ方のコツは、必ず鼻の片方ずつかんでください。 両方いっぺんに鼻水をかむと、耳がキーンとなって痛める恐れがあります。 また、風邪のウイルスを鼻の奥へと追い込んでしまうことになるため、風邪が悪化する恐れもあるので注意してください。 ビタミンCには体の免疫力を高める効果があります。 また、体内にビタミンCが吸収されることで、コラーゲンの生成を促す働きがあります。 つまり、ビタミンCによって生成されたコラーゲンが、風邪のウイルスで弱った細胞を修復してくれるから風邪が早く治るのです。 そのため、風邪を早く治したいなら、ビタミンCを多く含む食べ物やサプリメントで、しっかりと補給するようにしましょう。 風邪を早く治す民間療法とは? 昔から風邪を引いたら、これを食べたり飲んだりしたら治るっていう民間療法がたくさんありますよね。 例えば、ネギ湯とか、梅干しの黒焼き、陳皮(ちんぴ)などです。 特に風邪のひき始めなら、 ネギ湯 が一番効くと私も思います。 陳皮(ちんぴ)の作り方は、ミカンの皮だけを新聞紙に広げ、天日干しでカラカラ乾燥するまで干します。 カラカラになった陳皮を細かく包丁で刻み、それを鍋に入れて、水を3カップ加えて火にかけます。 そのまま水の量が大体半分くらいになるまで煮つめます。 これをマグカップに入れて、ハチミツ少しだけ加えると飲みやすくなります。 こうした民間療法というのは、即効性はあまり期待できませんが、昔から風邪が治ると言われて長く伝わっている方法なのです。 まとめ 普段、あまり風邪を引かない人が風邪を引いた場合は、たっぷりと睡眠をとって、栄養のある食べ物を食べるだけで治ってしまいます。 しかし、睡眠と栄養だけでは風邪が治るには、2日とか3日、中には1週間以上もかかることも珍しくありません。 そこで、風邪を早く治したいなら今回ご紹介した情報が参考になると思いますよ。

次の

風邪を早く治すために覚えておきたい3つのポイント|一般内科|東京都墨田区両国の湘南メディカル記念病院

風邪 早く治す 方法

子供の風邪を早く治す方法は? 風邪は発熱・鼻水・咳などの症状が出て、通常は数日で回復に向かいます。 ですが間違った処置を行うと長引くことになります。 正しい対処法で長引かせないようにしてあげましょう。 熱を無理に下げない 風邪の時に発熱するのは、体の中の免疫力がウイルスを攻撃して弱めようと戦っている証拠なのです。 せっかく戦っているのに、途中で熱を下げてしまうとウイルスが弱まるのが遅くなってしまうのです。 熱が出たからと言ってすぐに解熱剤を使うのは、治りを遅くしてしまう原因にもなります。 熱があっても比較的元気に過ごしているようなら、解熱剤を使う必要はないでしょう。 解熱剤を使うのは「一休みして体力を回復させる」必要があるときです。 ・高熱のせいで眠れない時 ・食事や水分が摂れず辛そうな時 ・高熱が3日以上続いている 以上のような場合は、解熱剤を使って一時的に体を休めるようにしましょう。 体を温める 風邪を治す早道は免疫力をあげることです。 洋服や布団で体を温めたり、温かい飲み物や食べ物を摂りましょう。 ただし子供は体温調節が未熟なので、温め過ぎると体に熱がこもり逆に疲れてしまうことがあります。 体が熱く汗をかいているようなら布団を薄くするなどして熱を逃がしましょう。 こまめな水分補給 風邪の時には食欲がなくなることがありますが、水分だけはしっかり摂らせましょう。 熱のために脱水症状をおこすことがあります。 スプーンなどを使い少しずつ、こまめにあげるといいでしょう。 湯冷まし、イオン飲料、麦茶など少し温かいものか常温のものがいいですね。 とにかく安静にする 子供は熱が出ても平気で遊んでいたりします。 真っ赤な顔をしていつも通り走りまわっている子もいます。 ですが風邪を治すには安静にすることが一番です。 外出はせず自宅で静かに過ごしましょう。 スポンサードリンク 回復を早める食べ物について 風邪のピークが過ぎてくるとだんだんと食欲が出てきます。 柔らかく消化の良いものを与えましょう。 一番いいのは、温かくて消化の良い 「おかゆ」「うどん」「スープ」などでしょう。 ビタミン豊富な「根菜(レンコン・大根・人参など)」を柔らかく煮たり、栄養価が高く消化の良い「卵」や「豆腐」をうどんに入れるのもいいですよ。 「長ネギ」や「しょうが」は体を温める効果があるので、細かく刻んだりすりおろして使いましょう。 喉が痛くて温かいものを嫌がる場合には、喉ごしがよい「ゼリー」などですっきりさせてあげるのもいいですよ。 甘みの少ないものを選びましょう。 ただし熱が高く風邪がピークの時には食欲がなくあまり食べたがらないことがあります。 食べたくないのは、体が胃腸を休ませようとしている証拠です。 無理に食べさせると胃に負担がかかり、免疫力が下がってしまうのです。 食欲がないときには無理に食べさせず、水分補給だけはしっかりしておきましょう。 風邪に負けないレシピ では回復期におすすめのレシピを紹介します。 しょうがはお子さんに合わせて少なめにしてください。 ほどよい甘みのあるスープは子供も大好きな味です。 [材料] かぼちゃ 玉ねぎ 野菜スープ(またはコンソメ) 牛乳 塩 [作り方] 1.かぼちゃの皮を取り除き一口大に切る 2.玉ねぎはスライスして少量の油で炒める 3.かぼちゃと野菜スープ(またはコンソメ)と牛乳を加えかぼちゃが柔らかくなるまで煮込む 4.かぼちゃが柔らかくなってきたらつぶす 5.塩で味を整えてできあがり まとめ 我が家の娘は風邪をひくとみかんゼリーを食べたがります。 うどんやおかゆの合間に2,3口程度を食べさせ気分をすっきりさせています。 基本は温かく柔らかいものですが、ヨーグルトやアイスなど、少量ならリフレッシュできていいのではないでしょうか。

次の