ライン グループ 通話 と は。 LINEのグループで無料通話をする方法!グループみんなで同時通話できる!

LINEグループ通話徹底解説。無料でビデオ通話も可能!できないときの対処法も紹介

ライン グループ 通話 と は

LINEグループビデオ通話の使い方!全機能を解説 ついにLINEがグループビデオ通話に対応しましたね。 音声電話ができるグループ通話じゃないですよ。 顔を見て話せるグループビデオ通話。 もちろん無料です。 ママ友会、女子会、家族会議、仕事の打ち合わせ、クラブや学校のグループでワイワイなどいろんな使いみちがあります。 ではさっそく使い方と機能を解説したいと思います。 グループビデオ電話のかけ方と出方 大前提としてあらかじめグループか複数人トークを作っておいてください。 グループ通話ができるのはそのグループだけです。 つまり誰でもかれでもビデオ通話に参加できるわけではなく、あらかじめそのグループに招待しておかなければなりません。 トーク画面上部のメニューの「招待」からできますので先に招待をしておいてください。 準備ができたらさっそくビデオ通話です。 電話のかけかた 電話アイコンをタップして、ビデオ通話をタップします。 たったこれだけです。 電話の受け方 電話を受けるのは簡単です。 通知がされるので通知をタップします。 トーク画面が開くのでビデオアイコンをタップすると通話開始です。 通知からじゃなく、友だち一覧からもどのグループ通話に招待されているか一目瞭然です。 立ち上げるとこんな感じ。 2人しか参加していませんが、下半分があなたです。 カメラの下部に名前が出るのでわかると思います。 グループ通話自体はなんと200人までできます。 ただ顔を見て話せるのは4人までです。 5人以上は右にプロフィールアイコンが並び、タップした人の顔が見れるという仕組みです。 注意!電話を切るときはちゃんとボタンを押すこと 普通の電話のように相手が切れば自動的に切れる、スリープになれば切れるということはありません。 電話を切るときはちゃんと電話を切るボタンをタップしなければずっと繋がったままです。 思いがけず相手に会話が聞かれることもありますのでちゃんと終了ボタンを押すようにします。 いろんな機能がある 基本的には上記だけでグループビデオ通話が開始されますが、いろいろ機能があります。 立ち上げたらこんな感じ。 顔を画すために下半分は表示していますが、メニューは左上のLINEアイコンだけのシンプルな画面です。 左上のLINEアイコンをタップするとメニューが立ち上がります。 左上の数字はグループの人数とそのうち参加している人数です。 右上のアイコンをタップするとカメラが閉じます。 ビデオ通話を閉じて他のメンバーを招待したり、他のアプリを使ったりできます。 さらに右上のメニューをタップするとインカメラと切り替えたり、他のメンバーを招待したりできます。 ハウリングするときは? キーンとか、ホワーンホワーンホワーン・・・と甲高い音が出るとき(ハウリングするとき)はミュートにしてみましょう。 画面下にもメニューがあり、マイクアイコンがミュート機能です。 普段は透明なアイコンですが、タップして白くなればミュート機能が有効になり、あなたの音声は相手に聞こえなくなります。 周りが騒がしいときやあなたが話さないときなどはこれを有効にしておき、余計な雑音はショットアウトしましょう。 寝起き、すっぴんなど見られたくない人は 夜に通話するときなどすっぴんで見られたくないときもあるでしょう。 また、プライベートな部屋を見られたくない人もいると思います。 そのときはカメラ機能をオフにすることもできます。 あなたのカメラ機能を無効にすることができます。 メニューのビデオカメラのアイコンをタップしましょう。 アイコンが白くなっていればカメラは無効です。 あなたは写っていませんので安心してください。 ただ、電話に出た瞬間はカメラ機能は有効になっていますので注意が必要です。 前回無効にしていても出る瞬間は有効になっていますのでカメラの穴を塞いでおくなど対処しましょう。 自撮りをデコるエフェクト機能がある ビデオ通話を10倍楽しくする新機能「スタンプ」があります。 いろいろ感情を表現できておもしろいですよ。 メニュー左下の顔のアイコンをタップします。 アイコンが出てくるので感情に合わせたアイコンをタップします。 上記は目がハートのアイコンをタップしたところです。 こんなのも。 ネットワークが不安定と表示されたら グループビデオ通話は音声、画像けっこうな通信量となります。 そのため、他のアプリが立ち上がっているとWifi環境でもすぐにネットワークが不安定ですという表示が出ます。 グループビデオ通話をしている間は極力他のアプリを立ち上げないようにしましょう。 また、それでも重いと思ったら、カメラをオフ、音声をミュートするなどすると軽くなりますので試してみてください.

次の

LINEで待望の「グループ通話」が無料でできるように [LINEの使い方] All About

ライン グループ 通話 と は

LINEグループ通話ってどんなもの? グループ通話は、最大でなんと200人も同時に参加できるLINEの通話システムです。 LINEのメッセージと同じようにインターネット回線を利用するので、電話代もかからずお得。 音声のみのグループ通話だけでなく、ビデオでのグループ通話もできます。 LINE公式の紹介動画が公開されています。 みんなで顔を合わせて話したいけど集まれない…そんなときでも、グループでのビデオ通話があれば簡単に繋がることができますよ。 LINEグループでビデオ通話をしてみよう! グループ通話は誰でも無料で、複数人のトークルームでも、グループでも利用することができます。 複数人のトークルームとグループの違いはこちらの記事をご覧ください。 「LINEグループの作り方」へリンク 今回はLINEグループのメンバーと、ビデオ通話をする方法について解説します。 始め方は簡単です。 トークルーム右上にある電話のマークをタップしてください。 「音声通話」「ビデオ通話」「Live」があるので、「ビデオ通話」をタップしましょう。 タップするとすぐにビデオ通話が始まります。 グループの友だちには「グループ通話が開始しました」と通知が届き、通常のLINE通話と同じように応答することができます。 友だちがビデオ通話に出るごとに画面に顔が表示されていきます。 出典: 5人目以降は、画面右側に小さく表示されるようになります。 小さく表示された友だちは、タップしたまま大きく表示されている友だちにドラッグ・ドロップすると、大きく表示されている友だちと入れ替えることができますよ。 PCからでも簡単にグループ通話ができる! PC版LINEからでもグループでビデオ通話ができます。 トークルームの入力欄の右上部分にあるビデオカメラマークをタップするだけです。 通話画面はスマホ版と同じように操作できます。 出典: 映っている自分の顔に、ハートや汗、涙などのエフェクトを乗せて、かわいく感情を表現することができます。 出典: SNOWを筆頭に今とても流行っていて楽しい加工を、LINEのビデオ通話でも楽しめるんです。 いまやLINEがあれば何でもできる?! 便利な時代になりました。 アプリバージョンVer. 0から、ビデオ通話をしながらゲームで遊べるようになりました。 その名も「 Face Play」。 今のところ、2つのゲームが遊べます。

次の

ライングループ通話とは?人数制限・招待・音が聞こえない・できない原因など複数で音声・ビデオ通話のやり方【LINE】

ライン グループ 通話 と は

この機能を利用すれば、グループでビデオ通話や音声通話をしている最中にスマホ片手に画面をシェアしたり、YouTubeを見たりしながら、感想を言い合ったり、談笑したり、互いの場所が離れていても「LINE」を通じて、みんなで一緒にいるかのような時間を過ごせます。 また、YouTubeはスマートフォン版LINEでのみ一緒に見ることができます。 「みんなで見る」の利用方法は簡単です。 みんなで通話をしている途中に、画面右下に表示される「みんなで見る」ボタンをタップし、「画面シェア」または「YouTube」を選択します。 「画面シェア」を利用すれば、スマートフォンで見ているアプリやWebサイトをみんなで一緒に見て、コンテンツを楽しんだり、ネットショッピングをして友だちに意見を聞いたり、様々な楽しみ方ができます。 Android端末をご利用の場合は、落書きできる機能を使って共有している画面上にイラストを描くことも可能です。 また、明日から選択可能になる、YouTubeボタンからYouTubeを一緒に見るためには、見たい動画を検索して選ぶか、一緒に見たいYouTubeのURLをあらかじめコピーしてビデオ通話に参加すると自動的にコピーしたURLが通話中の画面下に表示されます。 会話の最中に話題に上った動画を検索して一緒に見たり、「面白いYouTubeがあるから一緒に見よう」と言ったコミュニケーションのきっかけづくりになります。 【「みんなで見る」の使い方】 【「画面シェア」利用想定シーン】 ・仲間と一緒にオンラインショッピングの画面を見ながら、友だちの生日プレゼントを探す 【「みんなで見る」利用想定シーン】 ・ファン同士で、好きなアーティストのLIVEやMusic VideoをYouTubeで一緒に見て盛り上がる ・友だちとYouTubeでスポーツのライブストリームやハイライトを見ながらオンライン飲み会を楽しむ 【高校生のおうち時間は、YouTube視聴やLINEのやり取りをする時間が増加】 スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」が2020年4月中旬に高校生を対象に実施した調査結果によると、在宅時間が増える傾向にある中、高校生は家でYouTubeを見る時間やLINEメッセージのやり取りをする時間が増えたという結果が出ています。 任意の人をダブルタップすれば、フォーカスして画面上に大きく表示されます。 画面下方部には選択した人以外の顔が一覧で表示し、横にスクロールすれば最大200名の参加者の顔を確認することができます。 また、ビデオ通話で利用できるエフェクトやフィルターは随時新しい内容を追加しています。 Grid viewの場合は、スマートフォン画面で最大9人分アイコンが一目で見れるように表示され、List viewは参加者のアイコンを縦型のリストで表示します。 発言している人はアイコンの周囲が緑の枠に囲まれる仕組みとなっており、大人数でも誰が発言しているのか分かりやすくなっています。 今後も「LINE」はユーザーニーズに合わせたアップデートを行い、友だちや家族などの親しい人とのコミュニケーションをコアバリューとしながらも、個々人に最適化されたコミュニケーションと情報の出会いを提供し、皆様の生活により密接な存在となることを目指します。 その方法とオンライン帰省を楽しむコツを紹介しています。

次の