逆 イールド カーブ。 「逆イールド」は景気後退のサイン!ついに来た逆イールドで株価暴落:コラム

逆イールドのリセッション警告、もう古い-市場は来年の正常化見込む

逆 イールド カーブ

現在の日本は人手不足といわれるほどの、売り手市場である。 だが 2019年中に転職を終えといたほうが良さそうだというのが今回の主張です。 まず会社に不当な扱いをされていると今少しでも感じるなら、好景気が保たれてるうちに転職しておいたほうがいい。 それが2019年度までかもしれないという話です。 その根拠は株式相場の 逆イールドカーブという指標にあります。 どういうものかというと、 国の債権を短期で償還する2年国債、5年で償還の5年国債、10年で償還の10年国債などがあります。 これらの国債には利息が付きます。 ふつうは当然長期の国債の方が利息が高いのです。 まぁ長くお金を貸すことになるのだからリスクが高くなるし当然ですね。 しかしこれが逆転する現象があります。 それが逆イールドカーブといいます。 逆イールドカーブ=市場全体が不況が来ることを予測しているとき それが先ほど書いた逆イールドカーブ。 一例として5年国債の利率が10年国債の利率を上回るという現象。 なぜこれが起きるかというと、この例でいうと「5年は好景気のままだが、10年後は景気悪くなっている」と市場全体が想定するために発生するわけです。 ちょっと説明していきましょう。 「5年は好景気のままだが、10年後は景気悪くなっている」としたらあなたは5年間束縛される国債と10年間束縛される国債のどちらを買いらいですか?どちらが不況の影響を受けずにすむでしょうか。 ふつうに考えて5年の国債ですよね。 だって不況突入前に資金の束縛が解かれるわけですから。 その結果、 5年国債は人気なり買われ、みんなが欲しがるから値段があがり利息は下がる。 10年国債は人気が下がり売れない。 その分値段が下がり利息があがります。 こういった理由で逆イールドカーブが発生します。 そしてこの逆イールドカーブが米国債券で2018年11月に発生したのです。 そして過去をふりかえるとこの逆イールドカーブは発生から1~2年で不景気に突入しています。 つまり最短で2019年11月以降から不景気になる可能性が、わりとあるのです。 もっというと、不景気というのはリーマンショックのように一気にくるパターンもあれば、市場の購買マインド悪化によってじわじわと不景気になるパターンもあります。 いずれも何がきっかけとなって不景気に 突入するかはわかりませんが、念頭において早めに行動するのが良いでしょう。 不況は避けられない。 それが景気循環。 景気循環はご存知でしょうか。 これも株式相場に投資をしている方ならご存知の概念です。 好況と不況でどのセクター(ジャンル)に投資したらよいかを考える概念です。 四季のように景気は移ろいます。 (引用 ) 好景気と不況はセットのようなもので、ずーっと好景気ではいられないということです。 つまり不況の発生は避けられないということです。 2012年12月ごろからのアベノミクス好景気がはじまり、そろそろ7年が経ちます。 これは極めて長い好景気で戦後3番目の長さです。 いつ好景気が終わってもおかしくないのです。 リーマンショックはアメリカのリーマンブラザーズの破綻が原因でした。 その影響で日本も不況に突入しました。 先程アメリカの国債が逆イールドカーブになったと書きました。 つまり不況のサインの一つがアメリカに出ているのです。 アメリカの景気が悪化すれば、日本も大幅に影響を受けます。 アメリカの経済状況も注視しつつ、影響前に動いたほうが利口だなと思うのです まとめ 私自身、転職を考えたりしているので市況はとても気になります。 市況の悪化の前に動きたいところですね。 アメリカ経済が逆イールドカーブで黄色信号が灯り始めました。 身の振り方をしっかりと整理して、認識しときましょう。

次の

米国債イールドカーブ(逆イールド)の個人的整理(2020/2)

逆 イールド カーブ

逆イールドは「逆イールドカーブ」の略称で、「逆利回り曲線」とも呼ばれます。 逆イールドは景気後退の予兆として見られる 逆イールドは、短期金利が長期金利を上回っている状態で、将来的にが下落すると思われていることを示し、の予兆として見られるのが一般的です。 イールドとは「」という言う意味です。 米国の利上げと逆イードルの見方 通常、長期金利は短期金利を上回ることが多いので、イールドカーブはとなります。 逆イールドや順イールドはを予兆する指標として見られますので、 のにおける金利の引き上げの影響を見る際に特に注目されやすいです。 というのも、金利を引き上げるということは過熱した景気を冷やす意味を持ちますので、金利が引き上げられるとではが意識されます。 イールドカーブは金利引き上げによってリセッション入りしたかどうかを見る際に見られることが多く、金利引き上げにも関わらずイールドカーブが順イールドの形をとっていれば、景気は腰折れしていないと見るのが一般的です。 一方、イールドカーブが逆イールドの形になってしまったら、リセッションが起こりやすいとされています。 要するに、 局面において順イールドの状態であれば利上げしてもリセッション入りしたとは見ず、逆イールドの状態となればリセッション入りした、と見るのが一般的です。 参考記事(姉妹サイト「」より)• :姉妹サイト「」の解説ページ 国債の利回りの推移 日本や米国の国債のの推移は、当サイトの姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。 また、 の推移(チャート含む)も「株式マーケットデータ」で確認できます。 関連記事 姉妹サイト「」より• 金利特集 金融商品に投資する場合に必ず見ておかなければならない「金利」に関する主な記事を集めてみました(姉妹サイト含む)。 :の記事より(姉妹サイト) :の記事より(姉妹サイト) :より(姉妹サイト) :より(姉妹サイト)•

次の

逆イールドのリセッション警告、もう古い-市場は来年の正常化見込む

逆 イールド カーブ

イールドカーブ(利回り曲線)とは イールドカーブ(英語:Yield curve)とは、残存期間(までの期間)が異なるなどの()の変化を線で結んでグラフ化したものです。 グラフは、縦軸に利回り、横軸に残存期間の座標をとって示され、残存期間の長短が生み出す利回り(金利)格差である「金利の期間構造(タームストラクチャー)」を分析する際に利用するものです。 イールドとは「利回り」、カーブは「曲線」という意味なので、イールドカーブは 「利回り曲線」といいます。 イールドカーブ(利回り曲線)の見方 ー順イールドと逆イールドとはー イールドカーブ(利回り曲線)は、一般的には残存期間が短いと残存期間が長い国債の利回り(金利)の関係を分析する際に利用されることが多いです。 すなわち、との関係を分析する際に利用されることが多く、国債へのの指標として利用されたり、将来のの動向やを予測する際に利用されます。 通常、長期金利は短期金利を上回ることが多いので、イールドカーブは右上がりの曲線となります。 これを 「」と言うのですが、これは一般的には将来的に金利が上昇すると思われている場合に出る曲線とされており、景気上昇の予兆として見られることが多いです。 参考記事(姉妹サイト「」より)• イールドカーブ(利回り曲線)のフラット化とは イールドカーブ(利回り曲線)のフラット化とは、長期金利と短期金利の差が小さくなることです。 これは将来的に景気が後退していく局面や先行き不透明な状態の時に出やすい曲線とされており、イールドカーブの曲線は緩やかな傾斜を描きます。 イールドカーブ(利回り曲線)のスティープ化とは イールドカーブ(利回り曲線)のスティープ化とは、長期金利が上昇し短期金利との差が拡大することです。 これは将来的に景気が上昇していく局面で出やすい曲線とされており、イールドカーブの曲線は急な傾斜を描きます。 国債の利回りの推移 日本や米国の国債のの推移は、当サイトの姉妹サイト「」で確認できます。 また、 の推移(チャート含む)も「株式マーケットデータ」で確認できます。 関連記事 姉妹サイト「」より• 金利特集 金融商品に投資する場合に必ず見ておかなければならない「金利」に関する主な記事を集めてみました(姉妹サイト含む)。 :の記事より(姉妹サイト) :の記事より(姉妹サイト) :より(姉妹サイト) :より(姉妹サイト)•

次の