八坂 神社 招き猫。 八坂神社(昔は祇園社)

鹿角八坂神社は人気の縁結びスポット!かわいい御朱印を求めて鹿角市に全国から参拝者が!|鹿角求人&ローカルメディア『スコップ』

八坂 神社 招き猫

ねこれくと 招き猫 難波八坂神社 おまねきさん 難波 八坂神社のおまねきさん 八阪 訂正 難波の八阪神社は「八坂」ではなく「八阪」でした。 なお、京都の八坂神社は八坂です。 (2012年4月1日) 『アッ、ない!』 大坂の招き猫名所ということで有名な「難波のおまねきさん」こと難波八阪神社ですが、久しぶりに行ってみると何と招き猫の姿がない!。 それどころか、かつての「おまねきさん」の面影さえもないのです。 残念ながら、朝のお努めの時間のため詳しいことをうかがうことはできませんでした。 隣の喫茶店で朝食を食べながら、店長にそのことをきいてもわからないということでした。 ただ最近、宮司がかわったということでした。 後日、電話でうかがってみると、昨年の4月からなくなったということです。 やはり喫茶店できいたとおり宮司がかわり、その方の方針でなくなったようです。 いろいろな本で紹介された「まねきねこ奉納台」(猫塚)をはじめ、本殿の中にあった寄進された多くの木彫り招き猫、招き猫の看板など招き猫に関するものはもとより、絵馬所、お守り授与所もなくなってしまいました。 先の木彫りの招き猫も社務所の2名の方にうかがいましたがどうなったかわからないそうです。 授与品であった大小の張り子の招き猫(高崎張り子)、桝に入った招き猫、まねきねこおみくじなどはもう手に入らなくなってしまいました。 ただ金銀の招き猫だけは現在でも社務所で授与しているということでした。 すっきりしてしまった境内は何となく、なにわ商人の活気に欠け、そしてわかりやすい「境内巡回の手引き」をだして庶民の「おまねきさん」を全面に出していたころに比べ縁遠くなってしまったような気がしました。 境内のあちこちにあった「キティちゃんお守り、まだ少しあります」の張り紙が何となくむなしく見えました。 これはかつて日本招き猫倶楽部の会報「福の素」に投稿したレポートです。 1998年の9月に発行された17号に掲載されたものなのでこの年の春に行ったときのものです。 八坂神社に最初に行ったときの事情はちょっと秘密ですが、1990年ころだったはずです。 残念ながら写真などは残っていません。 次に行ったのは1992年の春です。 翌年の春にももう一度行っています。 そして4度目に行ったのが上のレポートにもある1998年でした。 電話で聞いたように1997年4月にがらっと変わったということです。 HP『招猫倶楽部』の物草さんが平成9(1997)年3月に訪問記を書いていますが、同じ年の8月に行ったときにはもうなくなっていますので、この事実とも一致します。 下の写真は難波八坂神社のパンフレットです。 はっきりと「なんばのおまねきさん」を謳っています。 八坂神社のパンフレット(赤い4枚は古いパンフレットで左から純に1〜4ページにあたる。 現在は配布されていない。 カラー版は新しいパンフレット) 画像をクリックすると大きな画像を見ることができます。 大獅子殿もインパクトがありますが、大獅子殿の中の招き猫や授与品の招き猫などやはり難波の八阪神社は招き猫が目立ちました。 本殿の中にも奉納された木彫りの多数の招き猫があります。 木彫りの招き猫達はなぜかあまりかわいくないのです。 顔が平面的で何か人の顔を思わせる感じがしますし、どこか最近の大陸風な顔立ちにも見えます。 これだけ大きなしかも多数の招き猫はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか。 写真を見ると招き猫だけでなく獅子?などもあります。 奉納品なので捨てられたというより焼かれてしまったのでしょうか? 大獅子殿 1992 大獅子殿の中の招き猫 1993 おまねきさんの看板 1992 本殿の梁の招き猫 1993 本殿内の奉納品の招き猫 1992 ちょっと平面的な顔 本殿右手にはお守り授与所がありました。 ここで授与される招き猫は大小の高崎張り子の招き猫です。 それ以外に金銀招き猫、枡に入った「まねきます」(正式な名称はわからないが、物草氏は訪問記でそうよんでいる)、招き鈴など実に品数豊富です。 また、お守りや絵馬も実に数多くあります。 特に苦手な教科の克服祈願の絵馬は他では見かけません。 招き猫奉納台 本殿の正面、荒神社の横にあります。 豪徳寺に比べるとバラエティに富んでいます。 自分のうちで使っていた物が使命を果たして奉納されたように思われます。 いかにも庶民あるいは商人の町という感じです。 奉納品には金銀招き猫や「まねきます」はありますが、主授与品の高崎産はありません。 張り子なので風雨に弱いため別にお焚き上げされているのかもしれません。 1年後に撮影したものを見ても招き猫はあまり変わっていませんが、奉納台の位置は少し移動しています。 これは奉納台にキャスターが付いていて移動できるためと思われます。 奉納台の横には民俗学者永野忠信氏による招き猫の解説があります。 下の左は「まねきねこおみくじ」で社殿の賽銭箱の近くにあったと記憶しています。 右のおみくじの布の中におみくじと「おまねき祈願」と称するお守りが入っています。 お守りの中には右手上げの銀色の招き猫が入っています。 左手上げの金猫が入ったものが存在するのかどうかはわかりません。 下の右は「まねきます」で枡の中に右手上げの白猫が入っています。 実は授与の時点で白黒の斑猫に変わっていたのですが、見本に出ていた古いタイプの方をもらってきました。 ちなみに新旧タイプとも右手上げと左手上げがありました。 (これらも招猫倶楽部で画像を見ることができます) まねきねこおみくじ 「まねきます」旧版 もう神社には『おまねきさん』の面影も残っていません。 11月3日の例祭もなくなってしまったのでしょうか。 でも何かかつての面影の撤去し忘れが残っているのではないかと思いつつもう一度だけ行ってみようかなと思っています。 その際にはぜひ『おまねきさん』の歴史も調べてみようかと思っています。 2003年3月23日 なお、文中に何回も出てくる物草さんの『招猫倶楽部』は下のバナーをクリックすると見ることができます。 八阪神社訪問記は「招猫訪問部」にあります。

次の

福を呼ぶ「黒い招き猫」 最古の招き猫伝説の寺 京都

八坂 神社 招き猫

「浅草に住むある老婆が、貧しさから 可愛がっていた猫を手放した。 すると夢枕にその猫が立ち、『自分の姿を人形にしたら福徳を授かる』と話した。 縁結びのご利益をしっかりいただいて、運気をアップさせたいですね。 view point 1 招き猫の石像 拝殿左側にある招き猫の石像。 二匹並んで右手を上げている姿が可愛らしい。 優しくなでると福が招かれるそうだ。 ケータイの待ち受けにして宝くじに当選したとか、何かと景気のいい噂も多く聞かれる。 view point 2 猫グッズだらけの境内 拝殿の右手を高く上げた招き猫をはじめ、境内はネコ関係の人形・置物・グッズであふれている。 女性の参拝者が多く、神社のわりに親しみやすいポップな印象。 ネコ好きはのんびりと時間を過ごそう。 〈DATA〉 住所:東京都台東区今戸1-5-22 交通:各線「浅草駅」から徒歩15分 大物のサポートが欲しいなら! 豪徳寺(ごうとくじ) 有力者とのご縁を結ぶパワースポット 小田急線のユーザーには 「駅名」としてもおなじみの 豪徳寺は、 招き猫にゆかりの深いお寺として知られています。 それは、江戸時代のこんな話に由来します。 「ある武士が鷹狩の帰りに寺の前を通りかかると、寺の中から 住職の飼い猫が手招きをしていた。 それを不思議に思った武士は、寺に立ち寄り休憩をとることにした。 すると程なく天候が悪化し、雷雨が降り出した。 『猫のおかげでずぶ濡れにならずに済んだ』と喜んだ武士は、自分が彦根藩主・井伊直孝であることを明かし、そのときの縁がきっかけで後に豪徳寺は井伊家の菩提寺になった」 井伊家は徳川家の直参で、江戸幕府の 譜代大名筆頭。 今でいえば 重要閣僚クラスの家柄です。 当時この寺はとても荒廃していて、この一匹の猫が結んだ井伊家との縁と、その後の多額の寄進がなければ、現在のような立派な伽藍をもつ寺に生まれ変わることはなかったといわれています。 現代でも、仕事のチャンス、立身出世、お金の工面などなど、 有力者からのサポートが欲しくなる場面は多々ありますよね。 そんなときにこのお寺を訪ねてみたら、 開運の招き猫のご利益をいただけるかもしれません。 view point 1 招福殿(招猫殿) 正面の仏殿向かって左側にあるお堂。 招福観世音菩薩と招福猫児(まねぎねこ)を祀る。 横にある奉納所には、参拝者から納められた数多くの招き猫が並ぶ。 願いが叶ったら納める風習とのことで、ご利益の確かさがうかがえる。 view point 2 三重塔 山門抜けて左側にある三重塔。 2006年に完成した新しい建造物だが、十二支の中にネコが入っていたり、装飾の中に「リアルな」彫刻のネコがいるなど、遊び心にあふれている。 ネコ好きはぜひチェックしたい。 〈DATA〉 住所:東京都世田谷区豪徳寺2-24-7 交通:東急世田谷線「宮の坂駅」から徒歩5分、小田急線「豪徳寺駅」から徒歩10分 お金のピンチにも効く!? 自性院(じしょういん) 「ピンチなとき」訪ねたいパワースポット 落合南長崎の駅を降りて、新青梅街道を哲学堂公園の方向に少し進みます。 程なく右カーブに差し掛かる手前に「自性院会館・ 猫地蔵堂 入口」の白い看板が見え、その傍らでは 大きな招き猫の石像が出迎えてくれます。 この寺院と猫との関わりは、戦国武将で江戸城の築城でも有名な 太田道灌のエピソードに由来します。 「ある合戦の際、緒戦に敗れて道に迷った太田道灌の前に 一匹の黒猫が現れ、自性院の境内に招き入れた。 これにより命拾いをした道灌は、その後劣勢を挽回することに成功し、大勝利をおさめることができた」 その後、幸運をもたらしてくれた黒猫に感謝した道灌が、自性院に 「猫地蔵」を奉納したのが猫地蔵堂の起こりといわれているそうです。 太田道灌の 大ピンチを救った招き猫ということで、 お金のピンチにもご利益があるかもしれませんね。 view point 1 猫地蔵堂 境内にある猫地蔵堂。 一年に一度、節分の日に御開帳される。 ネコ好きなら、金運アップ、開運招福の願いを込めて、お気に入りの一品を手に入れたい。 〈DATA〉 住所:東京都新宿区西落合1-11-23 交通:都営地下鉄大江戸線「落合南長崎駅」から徒歩2分 参拝の心得 1. 身近な神様・仏様も大切に 初めて訪ねる神社仏閣の神様・仏様はもちろん、氏神(うじがみ)・産土神(うぶすながみ)など、身近な神社仏閣、神様・仏様も大切にしましょう。 礼法・マナーを守りましょう 拝殿の前で長い時間お願いごとをしたい場合などは、少し横にずれるなど、他の参拝者のことも気遣いましょう。 謙虚な気持ちを大切に お願いごとをする前に、まず「感謝の言葉」を述べましょう。 また願いが叶った場合には、「お礼参り」をするようにしましょう。

次の

ネコ好き必見! 金運パワースポット3選

八坂 神社 招き猫

ねこれくと 招き猫 難波八坂神社 おまねきさん 難波 八坂神社のおまねきさん 八阪 訂正 難波の八阪神社は「八坂」ではなく「八阪」でした。 なお、京都の八坂神社は八坂です。 (2012年4月1日) 『アッ、ない!』 大坂の招き猫名所ということで有名な「難波のおまねきさん」こと難波八阪神社ですが、久しぶりに行ってみると何と招き猫の姿がない!。 それどころか、かつての「おまねきさん」の面影さえもないのです。 残念ながら、朝のお努めの時間のため詳しいことをうかがうことはできませんでした。 隣の喫茶店で朝食を食べながら、店長にそのことをきいてもわからないということでした。 ただ最近、宮司がかわったということでした。 後日、電話でうかがってみると、昨年の4月からなくなったということです。 やはり喫茶店できいたとおり宮司がかわり、その方の方針でなくなったようです。 いろいろな本で紹介された「まねきねこ奉納台」(猫塚)をはじめ、本殿の中にあった寄進された多くの木彫り招き猫、招き猫の看板など招き猫に関するものはもとより、絵馬所、お守り授与所もなくなってしまいました。 先の木彫りの招き猫も社務所の2名の方にうかがいましたがどうなったかわからないそうです。 授与品であった大小の張り子の招き猫(高崎張り子)、桝に入った招き猫、まねきねこおみくじなどはもう手に入らなくなってしまいました。 ただ金銀の招き猫だけは現在でも社務所で授与しているということでした。 すっきりしてしまった境内は何となく、なにわ商人の活気に欠け、そしてわかりやすい「境内巡回の手引き」をだして庶民の「おまねきさん」を全面に出していたころに比べ縁遠くなってしまったような気がしました。 境内のあちこちにあった「キティちゃんお守り、まだ少しあります」の張り紙が何となくむなしく見えました。 これはかつて日本招き猫倶楽部の会報「福の素」に投稿したレポートです。 1998年の9月に発行された17号に掲載されたものなのでこの年の春に行ったときのものです。 八坂神社に最初に行ったときの事情はちょっと秘密ですが、1990年ころだったはずです。 残念ながら写真などは残っていません。 次に行ったのは1992年の春です。 翌年の春にももう一度行っています。 そして4度目に行ったのが上のレポートにもある1998年でした。 電話で聞いたように1997年4月にがらっと変わったということです。 HP『招猫倶楽部』の物草さんが平成9(1997)年3月に訪問記を書いていますが、同じ年の8月に行ったときにはもうなくなっていますので、この事実とも一致します。 下の写真は難波八坂神社のパンフレットです。 はっきりと「なんばのおまねきさん」を謳っています。 八坂神社のパンフレット(赤い4枚は古いパンフレットで左から純に1〜4ページにあたる。 現在は配布されていない。 カラー版は新しいパンフレット) 画像をクリックすると大きな画像を見ることができます。 大獅子殿もインパクトがありますが、大獅子殿の中の招き猫や授与品の招き猫などやはり難波の八阪神社は招き猫が目立ちました。 本殿の中にも奉納された木彫りの多数の招き猫があります。 木彫りの招き猫達はなぜかあまりかわいくないのです。 顔が平面的で何か人の顔を思わせる感じがしますし、どこか最近の大陸風な顔立ちにも見えます。 これだけ大きなしかも多数の招き猫はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか。 写真を見ると招き猫だけでなく獅子?などもあります。 奉納品なので捨てられたというより焼かれてしまったのでしょうか? 大獅子殿 1992 大獅子殿の中の招き猫 1993 おまねきさんの看板 1992 本殿の梁の招き猫 1993 本殿内の奉納品の招き猫 1992 ちょっと平面的な顔 本殿右手にはお守り授与所がありました。 ここで授与される招き猫は大小の高崎張り子の招き猫です。 それ以外に金銀招き猫、枡に入った「まねきます」(正式な名称はわからないが、物草氏は訪問記でそうよんでいる)、招き鈴など実に品数豊富です。 また、お守りや絵馬も実に数多くあります。 特に苦手な教科の克服祈願の絵馬は他では見かけません。 招き猫奉納台 本殿の正面、荒神社の横にあります。 豪徳寺に比べるとバラエティに富んでいます。 自分のうちで使っていた物が使命を果たして奉納されたように思われます。 いかにも庶民あるいは商人の町という感じです。 奉納品には金銀招き猫や「まねきます」はありますが、主授与品の高崎産はありません。 張り子なので風雨に弱いため別にお焚き上げされているのかもしれません。 1年後に撮影したものを見ても招き猫はあまり変わっていませんが、奉納台の位置は少し移動しています。 これは奉納台にキャスターが付いていて移動できるためと思われます。 奉納台の横には民俗学者永野忠信氏による招き猫の解説があります。 下の左は「まねきねこおみくじ」で社殿の賽銭箱の近くにあったと記憶しています。 右のおみくじの布の中におみくじと「おまねき祈願」と称するお守りが入っています。 お守りの中には右手上げの銀色の招き猫が入っています。 左手上げの金猫が入ったものが存在するのかどうかはわかりません。 下の右は「まねきます」で枡の中に右手上げの白猫が入っています。 実は授与の時点で白黒の斑猫に変わっていたのですが、見本に出ていた古いタイプの方をもらってきました。 ちなみに新旧タイプとも右手上げと左手上げがありました。 (これらも招猫倶楽部で画像を見ることができます) まねきねこおみくじ 「まねきます」旧版 もう神社には『おまねきさん』の面影も残っていません。 11月3日の例祭もなくなってしまったのでしょうか。 でも何かかつての面影の撤去し忘れが残っているのではないかと思いつつもう一度だけ行ってみようかなと思っています。 その際にはぜひ『おまねきさん』の歴史も調べてみようかと思っています。 2003年3月23日 なお、文中に何回も出てくる物草さんの『招猫倶楽部』は下のバナーをクリックすると見ることができます。 八阪神社訪問記は「招猫訪問部」にあります。

次の