ローカル グループ ポリシー コマンド。 gpupdateでグループポリシーの適用を強制する:Tech TIPS

gpupdateでグループポリシーの適用を強制する:Tech TIPS

ローカル グループ ポリシー コマンド

実は、あります。 でも、コマンドプロンプト CMD. exe を管理者権限で実行しているという前提です。 これは、実は、レジストリに書いているだけなんです。 以下の様な、xxx. reg というファイルを作成します。 Windows Registry Editor Version 5. dword:00000001が、有効という意味です。 0 は、無効です。 この xxx. reg をコマンドラインで読ませるには、 reg import xxx. reg とやるだけです。 これらを、消したい場合は、 yyy. reg を Windows Registry Editor Version 5. reg これで、消えます。

次の

ローカルグループポリシーエディタを開くコマンド

ローカル グループ ポリシー コマンド

2.名前欄に「regedit」と入力し「OK」をクリックします。 3.「ユーザーアカウント制御」が表示されるので「はい」をクリックします。 4.「レジストリエディタ」が起動するので画面左側のキーを次の順番で開きます。 6.「Camera」を右クリックし「新規 N 」-「DWORD 32ビット 値」を選択します。 7.作成された値の名前に「AllowCamera」と入力します。 8.作成した「AllowCamera」を右クリックし「修正」をクリックします。 9.「値のデータ」欄に「0」または「1」を入力し「OK」をクリックします。 このプロパティ設定を有効にするか、構成しなかった場合、カメラ デバイスは有効になります。 このポリシー設定を無効にした場合、カメラ デバイスは無効になります。 ローカルグループポリシー設定手順 1.「スタート」を右クリックし「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 2.名前欄に「gpedit. msc」と入力し「OK」をクリックします。 3.「ローカルグループポリシーエディタ」が起動するので次の順番で開きます。 5.「有効」または「無効」を選択し「OK」をクリックします。

次の

Windows10 リモートデスクトップを有効(許可)にする4つの設定(Windowsの設定から/コントロールパネル/レジストリ/ローカルグループポリシー)

ローカル グループ ポリシー コマンド

2.名前欄に「regedit」と入力し「OK」をクリックします。 3.「ユーザーアカウント制御」が表示されるので「はい」をクリックします。 4.「レジストリエディタ」が起動するので画面左側のキーを次の順番で開きます。 6.「Camera」を右クリックし「新規 N 」-「DWORD 32ビット 値」を選択します。 7.作成された値の名前に「AllowCamera」と入力します。 8.作成した「AllowCamera」を右クリックし「修正」をクリックします。 9.「値のデータ」欄に「0」または「1」を入力し「OK」をクリックします。 このプロパティ設定を有効にするか、構成しなかった場合、カメラ デバイスは有効になります。 このポリシー設定を無効にした場合、カメラ デバイスは無効になります。 ローカルグループポリシー設定手順 1.「スタート」を右クリックし「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 2.名前欄に「gpedit. msc」と入力し「OK」をクリックします。 3.「ローカルグループポリシーエディタ」が起動するので次の順番で開きます。 5.「有効」または「無効」を選択し「OK」をクリックします。

次の