イオン 銀行 ダイレクト。 イオン銀行ダイレクト ログインはこちら

イオン銀行ダイレクトの仕組みと賢いはじめ方を知ろう!

イオン 銀行 ダイレクト

イオン銀行もそうですが、銀行にかかる一般的な手数料としては「振込手数料」と「ATM利用手数料」の2種類に大別されます。 (ATMが使えない銀行も一部存在しますが) まず振込手数料ですが、自行(同じ銀行の口座)宛てと他行(他の銀行の口座)宛てで手数料が変わるという場合が多く、 更に多くの場合は振込む金額が3万円未満か3万円以上かでも手数料が変わってきます。 振込手数料については、 ネットから振込み<ATMから振込み<窓口で振込みの順で手数料が高くなる傾向にあります。 つまり、ネットで使えるように手続きをしておけば後々お得になるのです。 ATM手数料については、一般的に銀行内<コンビニ、平日の日中<それ以外で手数料が高くなります。 ただし、振込手数料も同様ですが銀行によっては所定の条件(口座に入っている金額などが一例)を満たすと 場所や時間を問わずに手数料が0円になることもありますので、イオン銀行の手数料を公式HPで一度詳しく見てみて下さい。 イオン銀行ダイレクトへログイン 各銀行のネットバンキングにログインしようとすると、最近やれワンタイムパスワードだセキュリティソフトの導入だと かなりの注意喚起を促されるようになりました。 うるさいなぁと思って読み流す人がほとんどだと思いますが、各ネットバンキングがこれほどまでに注意を促すのには理由があります。 以前から、公式っぽく見せた偽サイトでパスワード等を抜き取るなどのネットバンキング被害が相次いでいましたが、 最近のネットバンキング被害はもっとタチの悪いやりかたで、なんと公式サイトにアクセスしているのに情報が抜き取られてしまうんです。 どういうことかというと、まず普通っぽく見える一般サイトにウィルスを仕込んでおきます。 そのウィルスが入った状態でネットバンキングのページを開くと、『パスワードの確認』などを名目に パスワードや秘密の質問を入力させるポップアップが表示されるというのが最近の被害の一例です。 自分が普段から使っているURLにアクセスしてまさか情報を抜き取られるとは思いませんから、本当にこれはタチが悪いです。 ユーザーの増加に比例して、ネットバンキング被害は年々件数や被害額が増えてきています。 ネットバンキングを使っているのなら、あなたの身近にあるもの、起こり得るものだと再認識しておくべきでしょう。 スポンサーリンク サイト内オススメ記事•

次の

イオン銀行とオリックス銀行の金利を比較!メリットが多いのは?

イオン 銀行 ダイレクト

その時に、書類のやり取りで手間がかかったり、 窓口やATMに並んで時間がかかったりということも多いはずです。 そんな時は、ネットの環境があればどこでも銀行取引できて、振込や口座振替の申込ができるネットバンキングが大変便利です。 イオン銀行もネット銀行として、様々な取引がネット上からできますが、何より分かりやすく安全なネットバンキングができる他、アプリなども充実しています。 楽しくネットバンキングを行うなら、イオン銀行ダイレクトを使ってみてはいかがでしょうか。 では、イオン銀行ダイレクトの特徴を確認してみましょう! 目次• イオン銀行ダイレクトとは? 通常の銀行は、平日日中しかやっていなく店頭やATMに行く時間がなかなか取れない!という場合もありますよね。 イオン銀行ダイレクトは、パソコンやスマホを使ったオンラインバンキングで時間や場所をきにせず銀行のサービスを利用できる、インターネットバンキングになります。 いつでもどこでも好きな時に、残高や入金明細を確認でき、イオン銀行ATMと同一手数料で、振込もできます。 また、インターネットバンキングで、各種手続きの申込や口座振替の申込などもできます。 その為、 店舗へ行って手続きに並ぶ必要もなく、効率的に銀行取引を行えるので大変便利です。 イオン銀行ダイレクトの登録とはじめ方 イオン銀行ダイレクトによる取引を始めるには、まずネットバンキングの登録が必要になります。 まずログイン画面から、契約者IDと口座開設時に申込書に記入したログインパスワードを入力します。 契約者IDとは、イオンバンクカードなら裏面、イオンカードセレクトなら、イオン銀行ダイレクトカードの裏面に記載されています。 つづいて、同様にカードの裏面を確認しながら、画面に指示された確認番号を入力し、新しいログインパスワードと取引パスワード、代表メールアドレスを設定します。 そして振込限度額と、通常使い出ない端末からログインする場合に必要となる合言葉の設定を行っていきます。 合言葉は3つ登録することになるので、忘れないようにしてください。 すべての登録が終われば、イオン銀行ダイレクトを始めることができます。 イオン銀行ダイレクトでは、ワンタイムパスワードでセキュリティ対策を! ネットバンキングを利用するときに、確認番号を見ながらログインするのが面倒だなと思う方も少なくないはずです。 そんな方は、セキュリティ対策を兼ね備えたイオン銀行ダイレクト時にワンタイムパスワードの利用がおすすめです。 「お客さま情報・各種設定」の「ワンタイプパスワード切替」を選んでいただき、認証方式変更を「ワンタイムパスワード」設定のうえメールを登録し、最後に確認番号と取引パスワードの入力を行うことで、ワンタイムパスワードを利用することができるようになります。 ワンタイムパスワードなら、メールで1回限りのパスワードを受信する仕組みなので、確認番号よりは強化されたセキュリティである他、確認番号カードを持ち歩かずにできるので、利便性も兼ね備えています。 快適なイオン銀行ダイレクトを、ワンタイムパスワードでより安全に利用してみましょう。 イオン銀行ダイレクトをより安全に! ネットバンキングで心配になるのは、不正利用などされないかどうかで、なによりセキュリティ対策がしっかりしているか確認した方が賢明です。 イオン銀行ダイレクトでは、 暗号化技術として事実上の世界標準である128 最大256 bitSSLにより通信データを暗号化して、大切な情報の漏えい・盗聴・改ざんを防いでくれています。 イオン銀行は、EV-SSLサーバー証明書を取得し、正規のホームページであることが一目でわかる環境が整っている他、セキュリティソフトの無償提供を行ってくれているので不正送金やウィルスをブロックしてくれるので、安心です。 また、ソフトウェアキーボードで画面上の文字・数字ボタンをマウスでクリックすることで、操作履歴がパソコンに残らない仕組みが整っていて、スパイウェアによる情報漏えいを防いでくれます。 この他、イオン銀行ではフィッシング詐欺サイト閉鎖サービスを実施してくれているので、お客さまが偽サイトにアクセスしないようにと、万が一の場合の備えもしっかりしています。 イオン銀行ダイレクトで、安心のネットバンキング取引を始めてみてはいかがでしょうか。 イオン銀行ダイレクトの振込限度額とは? イオン銀行ダイレクトとして、 ネットバンキング振込限度額は1日の合計振込限度額が1,000万円、1回の振込限度額は1,000万円となっています。 ATMからの振込限度額は、ICチップ取引で最大で200万円となっているため、イオン銀行ダイレクトの方が、はるかに高額な振込みに対応しています。 しかし、その反面不正利用された場合に心配になる方もいるかと思います。 その場合は、ログイン後の「お客さま情報・各種設定」から「振込限度額変更」を選択し、希望する振込限度額を設定するようにしてください。 現在の設定から、減額する場合は即時反映され、増額する場合は変更後の翌日に振込限度額が変更されます。 もしもの場合に備えて、あらかじめ振込限度額を低く設定しておき、高額な振込みをする場合に振込限度額を変更するという、ご自身でできるセキュリティ対策もしてみてはいかがでしょうか。 イオン銀行ダイレクトの便利なアプリとは? イオン銀行ダイレクトに関するアプリとして、 スマホが簡単に通帳になる「通帳アプリ」があります。 通帳アプリなら、契約者IDとログインパスワード登録後は、指紋認証またはアプリ専用のパスワードのみで簡単にログインできるので、確認番号カードやワンタイムパスワードの入力の手間を省きながら、すぐに「預金残高」「入金明細」が確認できます。 イオン銀行には通帳がないのですが、通帳アプリで外出先で預金残高などをさくっと確認したい場合に、重要なセキュリティパスワードや番号を入力することなく、アプリから簡単に確認できるのはうれしいですよね。 月ごとの入手金明細表示や通帳バージョンでの表示など用途に合わせて閲覧もできるので、通帳代わりに使えるアプリとして便利です。 イオン銀行の通帳アプリで、きちんとお金の管理をしていきましょう。 イオン銀行ダイレクトと連携も可能な家計簿アプリ「カケイブ」! イオン銀行の「カケイブ」アプリなら、レシート撮影で、自動で費目の入力などが完了し、自分で入力する手間が省けて、簡単に家計簿がつけられます。 また、様々なパターンで収支グラフを作成してくれる他、節約術など暮らしのヒントを毎日更新してくれるので、楽しい自分に合ったポイントで家計の管理ができるようになります。 また、ポイントくじもあるので、電子マネーWAONポイントが貯まって、使えば使うほどお得なアプリとなっています。 イオン銀行の口座と連携させることで、手元にある現金だけでなく資産の全体を把握できるので、資産管理にも抜群です。 イオン銀行ダイレクトと一緒に、イオン銀行の「カケイブ」アプリを通して、効率的かつ賢いお金の管理を始めてみましょう。 イオン銀行ダイレクトのまとめ イオン銀行ダイレクトは、以上のように簡単にそしてより安全に、ネットバンキングを始める仕組みが備わっています。 イオン銀行では各アプリも充実しているので、操作も簡単ですし、WAONポイントも貯められる楽しい機能も付いています。 また、イオン銀行には各取引のキャンペーンが随時展開しているので、イオン銀行ダイレクトを通して、金利が優遇されたり、ポイント付与されたりとお得な情報も満載で、イオンならでは特典は大変魅力的です。 ネットバンキングをするならイオン銀行ダイレクトを検討してみてはいかがでしょうか。

次の

イオン銀行ダイレクトの初期設定は早めにしましょう!

イオン 銀行 ダイレクト

到着したパスワードカードを使って、振込、定期預金の中途解約、外貨預金の中途解約、住所変更等、厳重な本人認証が必要な取引が始められます。 ご住所が異なりパスワードカードが配達できなかった場合は、すべてのお取引がご利用いただけなくなりますのでご注意ください。 パスワードカード(スマホアプリ版)のページをご覧いただき、三井住友銀行アプリをダウンロードしてください。 お客さまの情報の取扱について 私どもは個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)に基づき、お客さまの個人情報を、預金や融資業務のほか、銀行が営むことができる業務およびこれらに付随する業務において、下記利用目的で利用いたします。 金融商品やサービスの申込受付、資格等の確認、継続的なお取引における管理、融資取引やリスク商品等の適合性の判断、金融商品やサービスの研究や開発、各種ご提案、お取引の解約や事後管理、権利の行使や義務の履行、与信業務における個人情報機関の利用、委託業務の遂行等、お客さまとのお取引を適切かつ円滑に履行するため。 なお、個人信用情報機関より提供をうけた個人信用情報、ならびに金融分野における個人情報保護に関するガイドラインに定められた機微(センシティブ)情報は、銀行法施行規則等に基づき限定されている目的以外では利用いたしません。 SMBCダイレクト(インターネットバンキング)のご利用は、日本国内在住の個人のお客さまに限らせていただきます。 1 申込代表口座は普通預金口座となります。 ただし、電話投票制度専用口座(競馬、競輪、競艇等)については、申込代表口座()としては登録できません。 2 1日あたりの振込上限金額は0円以上1,000万円以内、1万円単位でご登録いただけます。 利用開始時は、100万円に設定されております。 サービス開始後、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)等から変更することもできます。 3 サービス利用口座について• 以下の口座等、一部口座の種類等によっては、サービス利用口座にご登録いただけない口座がございますので、あらかじめご了承ください。 非居住者預金・証書式定期預金・納税準備預金・財形預金・通知預金・通帳式外貨預金 他SMBCダイレクト(インターネットバンキング)での外貨預金取引はステートメント方式(預金残高や取引内容の明細を定期的に郵便でお届けする方式)となりますので、通帳式の外貨預金口座は登録できません。 通帳式の外貨預金口座をお持ちのお客さまはステートメント方式への切替が必要となりますので、お取引店にお問い合わせください。 以下の場合等一部の口座はサービス利用口座として自動的に登録されます。 申込代表口座 自動的にサービス利用口座となる口座 総合口座普通預金 その総合口座に預け入れされているすべての預金口座(定期・りぼん等) 投資信託口座の預金決済口座 その投資信託口座 カードローン決済口座 そのカードローン口座 住宅ローンの返済用口座 その住宅ローン口座• 申込代表口座保有店を含め 最大3ヵ店まで追加できます。 その場合、 取引店ごとに1口座の普通預金口座が必要となりますので、必ず追加登録手続をしてください(その取引店に普通預金口座がない場合、手続前に新規で普通預金口座を開設していただく必要があります)。 パスワードカードはお届けいたしません。 パスワードカード(スマホアプリ版)のページをご覧いただき、三井住友銀行アプリをダウンロードしてください。 パスワードカード(スマホアプリ版)をご利用いただけない方は、インターネットからパスワードカードを発行いただくことも可能です。 その場合、お手続後、約1週間〜10日間で郵送でお届けのご住所にお送りします。 安全のため、 パスワードカードはご利用いただけない状態で発行されます。 パスワードカードを有効にするためには、お届けのお電話による有効化の手続が必要ですので、あらかじめご了承ください。 パスワードカードが必要な取引 振込、定期預金の中途解約等 はパスワードカードがご利用いただけるようになった後にお取引ができるようになります)。 なお、残高照会や投資信託、外資預金のお申込などのお取引は申込手続が完了した時点ですべてご利用可能です。 SMBCダイレクト(インターネットバンキング)をご利用いただくには以下のブラウザをご利用ください。 ご利用推奨ブラウザ Windowsをご利用の場合 Macintoshをご利用の場合 Internet Explorer9以上、Microsoft Edge 最新版 Google Chrome 最新版 FireFox 最新版 Safari 最新版• 上記以外のブラウザをご利用の場合、一部、正しく動作しない可能性がございますので、あらかじめご了承ください。 モバイルバンキングをご利用いただくには、NTTドコモの<iモード>、auの<EZweb>、ソフトバンクの<Yahoo! ケータイ>いずれかのお申込が必要となります。

次の