レビー 小 体型 認知 症 突然 死。 レビー小体型認知症の薬と治療方法(幻視やパーキンソン病との関連性)

【はじめての方へ】レビー小体型認知症とは?症状の特徴や治療について|LIFULL介護(旧HOME'S介護)

レビー 小 体型 認知 症 突然 死

レビー小体型認知症は、比較的新しい類型の認知症です。 しかし、決して数が少ないわけではなく、診断される方は増えてきています。 このページではレビー小体型認知症の特徴や、治療法などについて解説します。 【目次】 レビー小体型認知症とは? レビー小体型認知症はかつてパーキンソン病の症状だと考えられていましたが、小阪憲司医師により発見され、1996年に診断基準が確立された認知症です。 認知症全体の約2割がレビー小体型認知症とされ、女性よりも男性に発症が多い傾向があります。 レビー小体型認知症が起こるしくみ レビー小体型認知症はレビー小体という変性した細胞が、脳の大脳皮質や脳幹部に生じ、その影響で脳神経細胞が破壊され生じる認知症です。 なぜこうしたレビー小体が生じるのかはまだわかっていません。 また、他の認知症と比較すると進行が速いのが特徴です。 脳にレビー小体が生じることにより引き起こされる病気には、他にパーキンソン症候群があり、併発が多くみられます。 そのため、レビー小体型認知症への治療・対応と並行し、パーキンソン症候群への治療・対応も必要となります。 発症は高齢者が多いですが、若いときにパーキンソン症候群を発症し、レビー小体型認知症へ移行していくこともあります。 症状と進行 レビー小体型認知症においては、他の認知症類型と同じく物忘れなどの記憶障害や、時間や場所、人の認識がうまくできなくなる見当識障害、ものごとを計画立てて行うことが難しくなる実行機能障害などの症状もみられますが、以下のような レビー小体型認知症に特有の症状がみられます。 パーキンソン症状• レム睡眠行動障害• 自律神経症状• 認知機能や意識レベルの極端な変動• 抗精神病薬薬剤の過敏症 個人差がありますが、おおむね以下のような経過で症状が表れ進行していきます。 初期 初期から認知機能の低下がみられることは少なく、以下のような特有の症状から表れはじめます。 パーキンソン症状 下記のようなパーキンソン症候群に特有の症状が先行して表れます。 手足がふるえる(振戦)• 動きが遅くなる(無動)• 筋肉が硬くなる(固縮)・無表情• 姿勢のバランスが悪くなる(姿勢反射障害・前かがみ歩行)• 歩幅が小さくなり、歩き始めの足が出しづらくなる一方、歩行し始めると突進してしまう 幻視 視覚を司る後頭葉が障害を受け、存在しないものが見えてしまう症状です。 そのため、以下の例のような行動に出てしまう場合もあります。 レビー小体型認知症の方は、レム睡眠時に大声を出す、暴れるなど、寝ぼけているとはいえない程度の異常な行動がみられることがあります。 自律神経症状 自律神経のバランスが崩れ、立ちくらみや寝汗、頻尿や便秘、動悸やだるさなど、多様な身体の不調が生じてきます。 レム睡眠障害での不眠や自律神経症状による不調から抑うつ状態になることもあります。 また、このような症状に周囲が困惑し混乱する時期でもあります。 中期 初期症状の変動が大きくなり、改善と悪化の波を繰り返しながら、徐々に症状が強まっていきます。 また、記憶障害や見当識障害など、認知機能の低下もみられはじめます。 このころから進行が早まってきます。 認知機能、意識レベルの変動 レビー小体型認知症は日によって調子の波が大きく、一日のうちでも変動し、特に夕方に悪化する傾向があります。 自律神経症状も加わり、食後に急に無動状態になったり、夕方に幻視を頻繁にみることもよくあります。 抗精神病薬薬剤への過敏性 認知機能の低下に対する抗認知症薬、パーキンソン症状に対する抗パーキンソン薬などの投薬治療が行われますが、抗精神病薬に対する過敏性があり、人により薬の副作用が出ることもあります。 量や種類を変更したときなどに症状が悪化する場合もあります。 後期 パーキンソン症状が強くなり、ちょっとしたきっかけで転倒や転落などの危険性があります。 自律神経症状によるふらつきや立ちくらみにも注意が必要で、身体介護の必要な場面が増えてきます。 また、飲食物を飲み込む嚥下機能の低下も生じやすく、むせて誤嚥性肺炎を引き起こす可能性も高まります。 誤診されやすい病気 レビー小体型認知症は、以下のような違う病気や他類型の認知症と診断されることもあります。 パーキンソン病 レビー小体型認知症とパーキンソン病が併発しているのに、パーキンソン病だけが診断される。 うつ病 ぼんやりとしているなどの意識レベルの低下や変動から診断される。 その他の精神疾患 幻視とそこからくる異常な言動により診断される。 アルツハイマー病 認知機能の低下により診断される。 上記のような診断が誤診の場合、適切な対応が遅れるだけではなく、時として、下記の例のように症状の悪化を招いてしまうこともあります。 抗精神病薬を増量して処方・投与 これではご本人にもご家族にも辛い結果となります。 誤診を防ぐため、レビー小体型認知症が疑われる場合は認知症に詳しい専門医を選び、周囲の方はご本人に表れた特徴的な症状をしっかり伝えましょう。 診断と治療 診断 レビー小体型認知症は他の認知症と違い、脳の萎縮や死滅が目立たないため、MRIやCTによる画像診断では判断できないことがほとんどです。 認知症の診断では、症状の原因が認知症によるものかどうか、認知機能、記憶、実行機能などについて、口頭質問や、文字・図形・絵などを描いて検査する神経心理学検査が実施されます。 この中で、レビー小体型認知症では記憶や計算機能などの課題よりも、時計を描画するなど、視覚を使う課題がうまくできない傾向がでます。 MIBG心筋シンチグラフィという、自律神経機能を計測する検査も行われることがあります。 幻視やレム睡眠障害、パーキンソン症状など、日常で表れる特有の症状の存在が診断の大きなポイントになります。 正しい診断のために、周囲の方は、 ご本人の症状を把握し医療側に伝えることが大切です。 治療 薬 認知機能の低下についてはアルツハイマー病と同じく、症状の進行を抑えるため抗認知症薬(アリセプトなど)が処方されます。 パーキンソン症状については抗パーキンソン薬が処方されます。 しかし、薬剤への過敏性があるため、薬剤が副作用を起こさず適切な効果を現す量の調整は非常に難しく、信頼できる医師・看護師・薬剤師等との密な連携が重要です。 服薬して体調はどうか、薬剤の量を変更したら症状にどんな変化があったかなど、薬剤の影響を想定しつつ状況を観察し、医師に報告してください。 リハビリテーション 動作に支障が出るパーキンソン症状には、運動療法が効果的とされています。 理学療法士などのサポートを受けながら、散歩など日常的な運動に取り組みましょう。 レビー小体型認知症の人への対応 環境整備 前かがみ歩行、小刻み歩行やバランスの悪さなどにより、転倒リスクが高まります。 レビー小体型認知症の症状の進行は比較的緩やかですが、転倒し骨折などして身体機能の制限を受けると、認知症の症状の進行が急激に進む危険性もあります。 屋内での段差の除去や、適切な手すりの設置など、転倒や転落を防ぐ対策が有効です。 ご本人への対応 対応の基本はアルツハイマー型認知症の方への対応と共通していますが、レビー小体型認知症の特徴的な症状への対応のポイントと具体例は以下のとおりです。 幻視があるとき 周囲を驚かせる幻視を訴えることもありますが、ご本人にははっきりと見えています。 否定したり無視したりせず、 ご本人が安心することを大切に対応します。 例:「そこに怪しい人影がいる」と訴える 「そんな人いないわよ!」と否定する。 「私も見回りしてみますね」など、本人が落ち着ける声をかける。 レム睡眠障害があるとき 夜中に様子が変わったご本人を目の当たりにすると家族は驚くかもしれませんが、レム睡眠は長時間継続しないものです。 ご本人の安全を確認しながら、しばらく静かに様子を見守ると、自然とノンレム睡眠に移行し穏やかになります。 例:夜中に突然大声を上げ起きて歩き回る 「しっかりしてよ!」と起こす。 あらかじめ、ベッドから落ちても大事故にならないように低床にしておいたり、転倒しないように通路の障害物をどけておく。 症状が出たら、外に出ないように見守りながら、再び眠るまで待つ。 認知機能や意識レベルが下がったとき 認知機能や意識レベルは、多くの場合、それぞれに一定の変動周期がみられます。 無理に活動させたり起こしたりせず、状態が良いときに行うようにしましょう。 例:昨日はリハビリができたのに今日は指示通り動かない 「しっかりがんばって!」と励ます。 どんな周期で意識が清明になるかデータをつけ、意識がはっきりしていそうなときにリハビリ時間を設定する。 レビー小体型認知症とともに生きるには、適切な薬の調整、リハビリテーション、転倒予防などとともに、周囲の方がご本人の状態を詳細に把握することが大切です。 医師や専門職としっかり連携を取り、ご本人が安全に、安心して生活できる環境を構築していきましょう。 イラスト:安里 南美.

次の

レビー小体型認知症の薬と治療方法(幻視やパーキンソン病との関連性)

レビー 小 体型 認知 症 突然 死

レビー小体型認知症の基礎知識 POINT レビー小体型認知症とは レビー小体型認知症は進行性の認知症の一種で、認知症症状に加えてパーキンソン症候群の症状を示す病気です。 脳の細胞に異常な物質ができてしまうことが原因と考えられています。 診断を確定するために、頭部CT検査・頭部MRI検査・SPECT・心筋シンチグラフィーなどを行います。 現在、根本的な治療はありませんが、パーキンソン病の治療とアルツハイマー病の治療を組み合わせて行うことが多いです。 新しいことを覚えられない・同じことを何度も繰り返す・年月日などの時間感覚があやふやになるといった症状がある場合は医療機関にかかって下さい。 その際は神経内科・認知症専門外来を設けている医療機関にかかることをおすすめします。 進行するの症状• の症状• 手足が震える(振戦)• 動きが遅くなる(無動)• 筋肉が硬くなる(固縮)• 体のバランスが悪くなる(姿勢反射障害)• 無表情• 抑うつ• 不眠 など• その他に、以下のような症状が起こる• 認知機能が変化する(日から週の単位で、調子の良いときと悪いときがある)• 幻視の例• いないはずの人が見える• 小人や動物が見える• 妄想の例• 自宅にいるのに、夕方になると「家に帰る」という• 引退したのにまだ働いていると思っている• まだ戦争が続いていると思っている など• 睡眠中の異常行動• 大声で寝言を言ったり、叫び声をあげる• 眠ったまま起き上がって歩きまわる• 自律神経症状• 尿失禁• 立ちくらみ• 失神 は、一定の年齢になると多くの方が心配される疾患の一つでしょう。 「どのような基準を満たしたら」という明確な(唯一の)基準があるわけではありません。 また、加齢に伴う体の機能の変化という意味では、筋力が衰えたり骨が弱くなったりするのと同様に、脳の機能が変化していくことにも、病気ではなく自然現象と呼べる範囲があります。 「」は病気の名前ではなく、ある程度以上に脳の機能が低下した状態を指すというだけの用語です。 病気が原因でになる方もいれば、正常の老化現象の一環としてに至る方もいます。 したがって、ここで大切なのはその方の認知力の低下が病気なのかどうかということではなく、いずれの場合であっても、そのような方が生活しやすい環境を整える必要があるということと、例えばのようなものであれば、進行のスピードを緩める目的で治療薬を内服するということです。 らしさは周囲の方が気付くことができても、それがレビー小体型のかどうかの判断は慣れない方には難しいことがあります。 手足の震えや幻視(見えないはずのものが見える)といった症状が特徴的ですが、原因が何であれ、かなと思ったら、まずはお近くの神経内科クリニックを受診されることをお勧めします。 専門外来を設けている医療機関も中にはあり、そのようなところも良いでしょう。 そのような医療機関では、長谷川式スケールと呼ばれるような一定の質問を行って認知力の程度を確認したり、日常生活にどのような支障が出ているかをご家族から確認したりします。 それと同時に、を引き起こしている病気(やなど)がないかの確認も行います。 これらが原因のだとすると、内服薬や手術で認知力が大幅に改善する可能性があるためです。 こういった病気を除外するためと、そしてレビー小体型のものかどうかを判断するために頭部CTやMRI、血液検査を行います。 レビー小体型認知症でお困りの方 と診断がついた場合の治療なのですが、残念ながら低下した認知力を改善させる、または根治させる治療は現時点ではありません。 の方でも、他の種類の(など)を併発している場合があり、の種類によって治療法が少しずつ変わってきます。 典型的なものであれば一般内科で診断が十分可能なこともあります。 しかしながら、このように複数種類のが重なっている場合などは特にどの種類のか判断が難しい場合というのが少なからずあり、そのようなときには先述の専門外来であったり、神経内科専門医であったりの診察を検討されるのも良いでしょう。 特に診断が難しい場合には、脳血流SPECTと呼ばれる特殊な検査を行うこともあります。 の型・原因が判明すれば、その後の治療は専門外来である必要は必ずしもなく、高血圧など他の目的で通っている外来で一緒に処方を出してもらうという形が一般的です。 現在の日本の医療体制では、「普段の通院は近所のかかりつけ医、入院や専門の診察は地域の総合病院」といった分業と、医療機関同士の連携が重視されています。 重症の患者さんや一時的に専門医の診察が必要な方が安心していつでも総合病院にかかれるように、総合病院でなくとも診療が行える病状の方は、できるだけ地域のクリニックを受診してもらうことで、住み分けを行うという形です。 これには、地元に自分のかかりつけ医(主治医)を作ることで、その人の病状全体が把握できるというメリットもあり、必要あればその都度、病気ごとに専門の医師や医療機関と連携して診療を行います。

次の

レビー小体型認知症の基礎知識

レビー 小 体型 認知 症 突然 死

離れて住む両親 義母が認知症になり、同居を開始したエピソード 私は夫と結婚し、東京都の足立区に家を建てて住んでいました。 夫の母親は東京都の立川市に一人で住んでおり、同じ東京都でも距離は遠く、頻繁に会うことはありません。 それでも、毎月1回は顔を出すよう心掛け、あまり疎遠にならないよう努めました。 私たちの息子・娘も連れていくと大変喜んでくれ、行くたびにオモチャを買ってもらったりしており、息子も娘も本当におじいちゃん・おばあちゃんに懐いていました。 義父の急逝とうつ病 そんな中、夫の父親が肺炎を重篤化させ、急逝しました。 義母も当時は、非常に落ち込んで、元気がなさそうな様子でした。 心配で仕方ないので、尋ねる回数を増やし、最低でも1月に2回は訪ねるように心がけました。 そんな甲斐もあってか、ちょうど義父が亡くなってから半年ほど経過したころ、徐々に元気を取り戻していきました。 独り暮らしもそれなりに慣れてきていた様子でしたが、それも束の間のことでした。 一人での生活は刺激もなく、料理を作ることも少なくなり、だんだんと、お惣菜を買ってくるような生活に移行していたようです。 そいった生活で、痩せこけて、心なしか、笑顔も減ってしまった様な気がしていました。 義母は若い時にうつ病と診断されていましたので、うつ病がまた出てきていたのでしょうか。 レビー小体型認知症の宣告 夫の妹と協力をして、できるだけ、独りになる時間を少なくしようということになりましたが、数か月経ったある日の事です。 義妹から連絡が入り、鍋を空焚きし、焦がしていたそうです。 びっくりしましたが、その時は深く考えませんでした。 ただ、また数日後に義妹から連絡が入り、真冬なのに窓を開けっぱなしで寝ていたそうで、それが原因か、体調を崩し、肺炎で入院までしました。 義父も肺炎がきっかけで入院し、結果、この世を去る事になりましたので、私たち家族はみな心配で仕方ありません。 後日、不安を感じながら、訪ねると、私たちの娘の顔を見て、義妹の名前を呼びました。 訪問介護を頼んでいたので、近所にある介護事業所を訪ね、その話をしたところ、担当のケアマネさんから言われたのは、認知症の疑いがあるかもしれないとの事です。 脳裏をよぎっていた事を改めてケアマネさんに言われ、後日、専門の病院に連れて行ったら、やはり認知症で、「レビー小体型認知症」との事でした。 突然レビー小体型認知症と言われても、初めて聞いたフレーズでどんな認知症かもわかりません。 調べてみると、アルツハイマー型認知症の次に多い症例のようです。 そもそも、男性に起こることが多いらしいので、何故、女性である義母が?と、思いました。 ・問いかけをしても、声に応じなくなることが増える。 ・常識的な行動が出来なくなったり、取り乱したりすることが増える。 ・譫妄・幻視等、見えるはずのないものが見えるようになる。 ・聞こえるはずのない声が聞こえるようになる。 ・アルツハイマーと同じように、判断力・注意力・気力の低下が見られる。 ・短期記憶能力の低下を起こす。 ・日時・場所等の区別がつかなくなる。 ・表情のこわばり・手足の震えがある。 ・筋肉の収縮により、歩行がおぼつかず、引きずるように歩いたり、転倒が増える。 ・発声量の低下 夫と話し合い、同居介護を選択 レビー小体型認知症と診断され、今のまま、自宅で独り暮らしをしてもらう事で、もし、火事でおこしたら、義母だけではなく、ご近所様にも迷惑を掛けることにもなってしまいます。 夫は、義母を自宅に呼ぶことを私に提案しました。 正直、突然すぎて戸惑いはありましたが、息子・娘も喜んでいるし、その場の雰囲気で、納得し、同居を始めることになりました。 ただ、私たちの家は1階がリビングや浴室等で2階・3階が寝室・子供部屋といった作りです。 一緒に住み始め、レビー小体型認知症のパーキンソン症状によって、歩行が上手く行かない事を実感したり、不自由を感じていました。 仕方ないので、近所の工務店に頼み、階段の昇降機をつけてもらいましたが、その際。 階段についていた手すりが邪魔で撤去しなくてはならない事態に遭遇しました。 下の子は3歳で、手すりを持ちながら階段の上り下りをさせていたので、子供も戸惑っていましたし、何より、心配性な私は、手に何か持ちながら階段を上り下りさせるのも危険で、気が気では無かったです。 その後、義母の介護をきっかけに、私がやっていたパートもほとんど出来なくなり、結局、辞めることになりました。 一緒に住めることを喜んでいた子供たちも、おばあちゃんの笑顔のない表情や、びっくりするような行動があったため、次第に近づかなくなってしまいました。 まだ、説明をしても、しっかり理解できないので、複雑な気持ちです。 階段から転落 しばらくして、リビングで洗濯物を畳んでいると、上の方で大きな音がしたので、慌てて見に行きました。 すると、義母が、階段の踊り場部分でしりもちをついて倒れこんでいます。 慌てて、検査をしに近所の総合病院へ連れていくと、幸い、打撲程度の怪我ですみました。 今、思うと、パーキンソン症状により、昇降機を使わなければいけない事や、そもそも、使い方が判らなくなってしまったのかもしれません。 同居し、6か月で有料老人ホームを探すことに たびたび、手を焼いていた私に、夫は有料老人ホームを探すよう提案しました。 私自身もそのほうが、みんなの為になると思い、夫の休みを使い、有料老人ホーム探しをすることになりました。 しかし、介護施設のことはほとんど無知でしたので、おばさんの有料老人ホーム探しを手伝った友人に話してみると、「ブライトシニアの住まいさがし」という雑誌を出している、介護施設の紹介専門会社を頼りに探したことを聞きました。 さっそく電話をし、施設探しを手伝ってもらい、自宅のある東京都足立区からも比較的行きやすい埼玉県越谷市にある介護付有料老人ホームに入居を決意しました。 義母は、有料老人ホームに入居することを激しく抵抗したので、結果的には半ば無理矢理の様なかたちでの入居でしたが、何とか、有料老人ホームに入居してもらうことが出来ました。 入居後、息子・娘を連れていくと、い毎回ではないですが、体調がいい時は時折、優しい笑顔で子供たちに接していて、そこで初めて入居したことの意義を大きく実感しました。 今思うと、同居から半年で昇降機に使った費用は決して安い金額(150万円もしました)でないですが、義母・私たち・子供たちにとって、高い勉強料でしたが、代わりに安心感を得ることが出来ました。

次の