未 界 域 オルフェ ゴール。 2019/10~オルフェゴール

未開 域 オルフェ ゴール

未 界 域 オルフェ ゴール

どうも、スタッフIです。 今回はタイトル通り『未界域』の謎を追ってみたいと思います。 その強さの謎を追い、私は『EXTRA PACK 2019』を買った…… まず『未界域』モンスターは以下の共通効果を持っています。 1 :手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。 それが「(同名カード)」以外だった場合、 さらに手札から「(同名カード)」1体を特殊召喚し、 自分はデッキから1枚ドローする。 この共通効果が非常に強力で手札を相手にランダムに選ばせてそれを捨て、 それが効果を発動したカードと同名のカードでなければ手札から特殊召喚して1枚ドローできます。 捨てられた手札の損失をドローという形で回復できるわけです。 この効果は1ターンに1度の制約がないので 手札に別の同名モンスターがあれば再度発動を狙うことができます。 捨てたくない魔法・罠があった場合でも事前に発動しておいたり、 場に伏せておくことで捨てられるのを回避することが可能です。 他にも『未界域』のモンスターは2の効果で『手札から捨てられた場合』に発動できる誘発効果を持っています。 こちらは1ターンに1度の制約がありますが1の効果とバッチリ噛み合っていて扱いやすく、 またどんな方法で捨てられてもいいので『暗黒界の取引』や『手札抹殺』、 『トレード・イン』などで捨てられても発動することができます。 ここからはこの未界域と相性のいいカードを紹介します。 暗黒界 カードの効果で手札から捨てられると効果が出るモンスターの代表格ですね。 未界域の効果で捨てられた場合でもしっかり効果が発動します。 暗黒界の龍神グラファなら場の暗黒界を手札に戻すことで特殊召喚することができ、 他の未界域がいれば再度手札に戻した暗黒界たちの効果の発動を狙うことができます。 未界域との組み合わせは日本海外問わずその強さが認知されていろいろな場所で活躍していますね。 オルフェゴール オルフェゴール自体には捨てられた場合に発動する効果などはありませんが 捨てられたオルフェゴールを墓地から除外することでさらに展開をすることができます。 オルフェゴールモンスターの効果発動後は闇属性モンスターしか特殊召喚できませんが 未界域はすべて闇属性で統一されているのでその影響を受けません。 自身の効果で特殊召喚された未界域モンスターとオルフェゴールモンスターをリンク素材にすれば キーカードのガラテアをリンク召喚することができ、その後もラスティ・バルディッシュのリンク素材や シンクロ素材として使用したりできるので無駄がありません。 他にも召喚権を使わずに盤面にモンスターを並べることができるという性質から モンスターを展開することが重要なデッキでは出張で採用されることもありますね。 共通効果でも固有効果でも特殊召喚が狙えるジャッカロープやツチノコ、 他の未界域を手札に連れてくるネッシーなどが出張で採用されるのをよく見かけます。 以上の4点でしょうか。 単体で使用してもアドバンテージを獲得しやすく、墓地を利用したりするテーマと組み合わせることでさらに強い噛み合いを発揮できるというわけです。 さて、ここまでざっくりと語りましたが未界域というテーマに興味を持っていただけましたか? 現在のトーナメント環境でも一定の結果を上げているテーマですが他のデッキとの組み合わせ次第でまだまだ輝く可能性を秘めています。 そんな人気テーマ、もちろん当店でも展開中です! 人気の未確認生物を捕まえに、みなさんもカードラボ名駅4F店に足を踏み入れてみませんか? 全種確保! と思っていましたがビッグフットが現在脱走中です…… 現在高額の懸賞金をかけていますので捕獲したお客様がいらっしゃいましたら是非当店へお持ち寄りください。 皆様の御来店をお待ちしてます!.

次の

大会優勝した【未界域オルフェゴール】デッキ考察

未 界 域 オルフェ ゴール

243• 6 カテゴリー• 143• 274• 219• 219• 6 タグ• 186• 101• 1 最近の記事• 2019• 2018• 2017• 2016•

次の

「未界域」のデッキレシピと回し方を紹介します!!海外では環境入りしているテーマです!!

未 界 域 オルフェ ゴール

どうも、スタッフIです。 今回はタイトル通り『未界域』の謎を追ってみたいと思います。 その強さの謎を追い、私は『EXTRA PACK 2019』を買った…… まず『未界域』モンスターは以下の共通効果を持っています。 1 :手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。 それが「(同名カード)」以外だった場合、 さらに手札から「(同名カード)」1体を特殊召喚し、 自分はデッキから1枚ドローする。 この共通効果が非常に強力で手札を相手にランダムに選ばせてそれを捨て、 それが効果を発動したカードと同名のカードでなければ手札から特殊召喚して1枚ドローできます。 捨てられた手札の損失をドローという形で回復できるわけです。 この効果は1ターンに1度の制約がないので 手札に別の同名モンスターがあれば再度発動を狙うことができます。 捨てたくない魔法・罠があった場合でも事前に発動しておいたり、 場に伏せておくことで捨てられるのを回避することが可能です。 他にも『未界域』のモンスターは2の効果で『手札から捨てられた場合』に発動できる誘発効果を持っています。 こちらは1ターンに1度の制約がありますが1の効果とバッチリ噛み合っていて扱いやすく、 またどんな方法で捨てられてもいいので『暗黒界の取引』や『手札抹殺』、 『トレード・イン』などで捨てられても発動することができます。 ここからはこの未界域と相性のいいカードを紹介します。 暗黒界 カードの効果で手札から捨てられると効果が出るモンスターの代表格ですね。 未界域の効果で捨てられた場合でもしっかり効果が発動します。 暗黒界の龍神グラファなら場の暗黒界を手札に戻すことで特殊召喚することができ、 他の未界域がいれば再度手札に戻した暗黒界たちの効果の発動を狙うことができます。 未界域との組み合わせは日本海外問わずその強さが認知されていろいろな場所で活躍していますね。 オルフェゴール オルフェゴール自体には捨てられた場合に発動する効果などはありませんが 捨てられたオルフェゴールを墓地から除外することでさらに展開をすることができます。 オルフェゴールモンスターの効果発動後は闇属性モンスターしか特殊召喚できませんが 未界域はすべて闇属性で統一されているのでその影響を受けません。 自身の効果で特殊召喚された未界域モンスターとオルフェゴールモンスターをリンク素材にすれば キーカードのガラテアをリンク召喚することができ、その後もラスティ・バルディッシュのリンク素材や シンクロ素材として使用したりできるので無駄がありません。 他にも召喚権を使わずに盤面にモンスターを並べることができるという性質から モンスターを展開することが重要なデッキでは出張で採用されることもありますね。 共通効果でも固有効果でも特殊召喚が狙えるジャッカロープやツチノコ、 他の未界域を手札に連れてくるネッシーなどが出張で採用されるのをよく見かけます。 以上の4点でしょうか。 単体で使用してもアドバンテージを獲得しやすく、墓地を利用したりするテーマと組み合わせることでさらに強い噛み合いを発揮できるというわけです。 さて、ここまでざっくりと語りましたが未界域というテーマに興味を持っていただけましたか? 現在のトーナメント環境でも一定の結果を上げているテーマですが他のデッキとの組み合わせ次第でまだまだ輝く可能性を秘めています。 そんな人気テーマ、もちろん当店でも展開中です! 人気の未確認生物を捕まえに、みなさんもカードラボ名駅4F店に足を踏み入れてみませんか? 全種確保! と思っていましたがビッグフットが現在脱走中です…… 現在高額の懸賞金をかけていますので捕獲したお客様がいらっしゃいましたら是非当店へお持ち寄りください。 皆様の御来店をお待ちしてます!.

次の