うざい 先輩 漫画。 後輩の自宅で先輩が見た「ある物」 理由を聞いてみると…?『先輩がうざい後輩の話』

[しろまんた] 先輩がうざい後輩の話 第01

うざい 先輩 漫画

登場人物 [ ] 作品登場順。 声は単行本発売記念PVの。 五十嵐 双葉(いがらし ふたば) 声 - 本作の主人公。 入社3年目の22歳でいつも絡んでくる先輩の武田をうざがっているが、内心頼りにしている。 髪は長髪で緑色(地毛)。 雪国出身で、小中は地元の学校に通っていたが、高校は本人の希望での高校に進学(中学・高校在学中はどちらも美術部所属)、短大卒業後今の会社に入社した。 入社当時は髪をおろしていたが今はにしており、会社以外では髪をおろしている。 私服でもスーツでも黒のを着用している。 性格は少々気が強い。 小学生の頃からあまり変わらない小柄な体格を気にしており、スタイルの良い桜井や夏美を羨ましがる。 作中ではよく猫のイメージで描写される。 誕生日は武田と同じ。 祖父には溺愛されているが、本人はうざがっている。 作中のイメージカラーは緑。 極度のの持ち主。 超甘党で、好きな飲み物は。 外食が多いが、料理は得意である。 ホラーとブラックコーヒーなどの苦いものが大の苦手。 左利き(4話では右手で箸を持っている)。 武田 晴海(たけだ はるみ) 声 - 五十嵐の会社の先輩。 社員からの信頼も厚く頼りになるがガサツで鈍感。 五十嵐にはうざがられている。 作中ではよく熊のイメージで描写される。 学生時代にを経験し、を所持している。 がっちりとした体格をしており、第36話では8つに割れたとと背筋を披露している。 誕生日は五十嵐と同じ3月9日。 作中のイメージカラーは紫。 甘いものは苦手で(極端に甘いものが苦手なだけであり、双葉のつくったクッキーや、抹茶味のチョコレート、土産の饅頭は普通に食べている)好きな飲み物は。 桜井 桃子(さくらい とうこ) 声 - 五十嵐の会社の先輩で風間と同期。 スタイル抜群で愛想もよく、男性陣から人気がある。 基本的にスーツはを履いているが、夏の間はを履く。 五十嵐の事は後輩ということもあり、よく相談に乗っている。 作中のイメージカラーはピンク。 好きなお菓子はで、が苦手。 密かに風間に好意を寄せている。 右目の下にホクロがある。 風間 蒼太(かざま そうた) 声 - 五十嵐の会社の先輩。 いつも気だるげで表情があまり変化しない。 五十嵐に1度だけ満面の笑みを見せている(ただし作中では読者に見えないよう描かれている)。 作中のイメージカラーは青。 学生時代はバスケ部所属。 手先が器用でが得意。 桃子に想いを寄せている。 好きな食べ物はと。 虫が苦手でカブトムシを見せられただけで失神するほど。 趣味はゲーム。 お酒は飲めるが、ワインは苦手。 黒部 夏美(くろべ なつみ) 声- 五十嵐の中学からの親友。 初対面ではお互いを「五十嵐」、「夏美ちゃん」と呼んでいたが、五十嵐がいじめられているのを助けたことで、お互いを呼び捨てで呼ぶ中になる。 誕生日は五十嵐より後になる。 中学時代は五十嵐の後押しもあり、陸上部所属。 ゲームの腕は一級品で、学生時代はよく学校をサボってに通っており、五十嵐が中学転校初日に出会った時もサボってゲームセンターへ行っていた。 また女子に人気で、には同級生の女子からチョコを大量にもらっていた。 長身で桜井と同じくらいにスタイルがよく、作中でもナンパされているシーンがある。 中のイメージカラーは黄色。 いつも五十嵐にちょっかいをかけているが、内心気にかけておりよくアドバイスをしている。 好きなお菓子は。 五十嵐が武田を気にかけていることを理解しており、さりげなくアドバイスを送る。 口髭を生やしており、目が描かれていない。 おじいちゃん 五十嵐の祖父。 本名不明。 よくをかけている。 髪は五十嵐と同じ長髪で緑色(地毛)。 五十嵐を溺愛しており、五十嵐が東京の高校へ行った際には、こっそり隣の部屋に引越しをしていたほど。 男の影を見つけると心配で直接会いに来たりしている。 五十嵐本人には若干うざがられている。 武田と同じくらい体格ががっちりしている。 初対面の武田には警戒心を持っていたが、すぐに打ち解けた。 大石(おおいし) 風間の同僚であり友達。 名前をあまり覚えられておらず、よく「小石」と間違えられる。 土方(ひじかた) 風間の同僚であり友達。 容貌は悪くないがナンパする度に女性に断られている(この行為を同僚に「いつもの」と揶揄されている)。 桜井 優人(さくらい ゆうと) 桃子の弟。 目元は桃子に似ており、左目の下にホクロがある。 高校入学を機に姉のいる町へ引っ越してきた。 地図アプリを使ってもよく道に迷う。 バスケ所属だが運動は苦手。 夏美に好意を寄せていて、告白するも夏美の表情は曇っていた。 月城 モナ(つきしろ もな) 桃子の同僚であり友人。 掴み所の無い飄々とした雰囲気を漂わせた女性で、常語と謙譲語が入り交じった独特な口調で話す。 かぶ吉(かぶきち) 五十嵐が公園で見つけたカブトムシ。 なぜか五十嵐に懐いており飼うことになった。 五十嵐に懐く前は月城に懐いていたようで、五十嵐が飼い始めてからも、たまに家を抜け出して会いに行ってる模様。 書誌情報 [ ]• 『先輩がうざい後輩の話』、既刊4巻(2019年9月25日現在)• 2018年4月5日初版発行(3月28日発売)、• 2018年10月1日初版発行(9月10日発売)、• 2019年2月25日初版発行(2月25日発売)、• 2019年9月25日初版発行(9月25日発売)、 未収録 [ ]• 特別描き下ろし『先輩がうざい後輩の話』(『』2018年6月号、pp. 40-41) 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• コミックナタリー 2018年3月28日• コミックナタリー 2018年7月6日. 2018年9月14日閲覧。 コミックナタリー 2018年8月23日• コミックナタリー 2018年9月13日. 2018年9月14日閲覧。 コミックナタリー 2019年2月22日. 2019年3月6日閲覧。 単行本4巻、p. 単行本4巻、キャラクター紹介より• 日本語 , 2019年9月20日閲覧。 初対面の五十嵐が13歳と言った際に「私より年上」と発言したため。 入部理由はただ走るのが好きだったから• そのせいで五十嵐は転校初日に大遅刻をした。 外部リンク [ ]•

次の

[しろまんた] 先輩がうざい後輩の話 全04巻

うざい 先輩 漫画

この際だから分かんないところ聞いておこう と、相談する相手すら分からない新人には非常にありがたいと思います! まさに「頼れる先輩!」 仕事は「お願いするもの」と思っている。 先輩が直接仕事を依頼することがあります。 その時も後輩の状況をみて「今時間大丈夫?これお願いしてもいいかな?」とあくまでも 「お願いする立場」という事を分かっています。 仕事完了すると「ありがとうございます」と感謝の気持ちも忘れません。 このような態度をとると後輩も気持ちよく感じ、次へのモチベーションアップや先輩への好感度も上がることでしょう。 仕事を一から丁寧に教えてくれたり、分からないことは分かるまで説明してくれる いい先輩は「後輩は全く仕事を理解していない」という事も分かっていますし、「これくらい出来て当たり前だろ」という事は良い意味で期待していません。 なので仕事を教えるときは手取り足取り教えてくれます。 そして、「分からなそう」と感じたらどこが分からないかを聞いてさらに丁寧に教えてくれます。 私の場合は1回で出来るようになるのを期待していないので、3回目までは以前教えたことを責めず、同じように説明をします。 職場で良好な関係を気づけば、後輩も頑張ってくれます! うざい、ダメな先輩の例 常に上から目線。 後輩を見下す。 「これやっといて」と仕事を頼む先輩。 「そんなことも出来ないのか」とバカにする先輩。 このような先輩は後輩から尊敬はされませんし、後輩は「ハズレくじを引いた」と思うでしょう。 年もそんなに離れてもいなければ、役職もついていない人に見下されるのは、後輩が納得できるものではありません。 そんな先輩は仮に上司になったとしても嫌われます。 後輩は先輩の仕事をして当然と思っている。 後輩は職場での戦力として一番下なので、雑用係をよくやらされます。 例えば書類を配布する雑用があったとします。 先輩が後輩から書類を受け取るとき、うざい先輩は何も言いません。 「やって当たり前」と思っているので、ありがたさなど微塵も感じません。 そういった事に感謝することはありません。 それは「自分も同じだから」後輩も同じ目に遭えってことなんでしょうかね。 後輩の言い分を聞かず、後輩へのコミュニケーションが一方通行。 うざい先輩は後輩の言い分を聞きません。 とりあえずマニュアル通りにやればそれでいい。 後輩はそのマニュアルの読み方すら分かっていないのに。 後輩が何か聞こうとすると「言い訳するな」と一蹴。 分からないというと「自分で調べろ」「前も教えただろ」と言って教えません。 そんな完璧が欲しいなら上司と相談して次はロボットを採用するように頼んで欲しい。 自分の価値観や仕事観、こだわりを押し付けてくる。 後輩は後輩なりに自分の仕事のやり方を持っています。 もちろんそれが悪ければ注意しなければいけません。 ただ、本当にどうでもいい価値観を押し付けるのは大変よろしくありません。 恐らく押し付けられている後輩は何一つ納得していません。 表の背景の色なんて見やすければなんでもいいじゃん。 お酒の徳利の注ぎ口は使うもんだろ。 そこまで言うなら先輩が仕事を代わりましょう。 こんな奴と仲良くしなくていいってのは、社会人のいいところだね! 「こんな先輩には絶対なりたくない」と反面教師とする 後輩も、いづれ新人が入れば先輩になります。 そんな時に、うざい先輩と同じことをしますか? 「自分が嫌なことは人にしない」と考えているならば、先輩のモノマネは出来ないはずです。 「先輩のような先輩にはならない!」を目標にして後輩を迎える準備をしましょう! 仕事に影響が出るなら上司に相談する 今の時代、上司はパワハラなどに神経を尖らせています。 しかしながら同じ役職の近い先輩は管理職ではないのでパワハラに対して疎いです。 仕事を教えてもらえない、自分の仕事に影響が出るほど無視される場合は上司に相談してみましょう。 上司に相談すれば何かしらの解決策を提示してもらえるはずです!.

次の

「先輩がうざい後輩の話を描きました。【111】 #先輩がうざい後輩の話 」

うざい 先輩 漫画

登場人物 [ ] 作品登場順。 声は単行本発売記念PVの。 五十嵐 双葉(いがらし ふたば) 声 - 本作の主人公。 入社3年目の22歳でいつも絡んでくる先輩の武田をうざがっているが、内心頼りにしている。 髪は長髪で緑色(地毛)。 雪国出身で、小中は地元の学校に通っていたが、高校は本人の希望での高校に進学(中学・高校在学中はどちらも美術部所属)、短大卒業後今の会社に入社した。 入社当時は髪をおろしていたが今はにしており、会社以外では髪をおろしている。 私服でもスーツでも黒のを着用している。 性格は少々気が強い。 小学生の頃からあまり変わらない小柄な体格を気にしており、スタイルの良い桜井や夏美を羨ましがる。 作中ではよく猫のイメージで描写される。 誕生日は武田と同じ。 祖父には溺愛されているが、本人はうざがっている。 作中のイメージカラーは緑。 極度のの持ち主。 超甘党で、好きな飲み物は。 外食が多いが、料理は得意である。 ホラーとブラックコーヒーなどの苦いものが大の苦手。 左利き(4話では右手で箸を持っている)。 武田 晴海(たけだ はるみ) 声 - 五十嵐の会社の先輩。 社員からの信頼も厚く頼りになるがガサツで鈍感。 五十嵐にはうざがられている。 作中ではよく熊のイメージで描写される。 学生時代にを経験し、を所持している。 がっちりとした体格をしており、第36話では8つに割れたとと背筋を披露している。 誕生日は五十嵐と同じ3月9日。 作中のイメージカラーは紫。 甘いものは苦手で(極端に甘いものが苦手なだけであり、双葉のつくったクッキーや、抹茶味のチョコレート、土産の饅頭は普通に食べている)好きな飲み物は。 桜井 桃子(さくらい とうこ) 声 - 五十嵐の会社の先輩で風間と同期。 スタイル抜群で愛想もよく、男性陣から人気がある。 基本的にスーツはを履いているが、夏の間はを履く。 五十嵐の事は後輩ということもあり、よく相談に乗っている。 作中のイメージカラーはピンク。 好きなお菓子はで、が苦手。 密かに風間に好意を寄せている。 右目の下にホクロがある。 風間 蒼太(かざま そうた) 声 - 五十嵐の会社の先輩。 いつも気だるげで表情があまり変化しない。 五十嵐に1度だけ満面の笑みを見せている(ただし作中では読者に見えないよう描かれている)。 作中のイメージカラーは青。 学生時代はバスケ部所属。 手先が器用でが得意。 桃子に想いを寄せている。 好きな食べ物はと。 虫が苦手でカブトムシを見せられただけで失神するほど。 趣味はゲーム。 お酒は飲めるが、ワインは苦手。 黒部 夏美(くろべ なつみ) 声- 五十嵐の中学からの親友。 初対面ではお互いを「五十嵐」、「夏美ちゃん」と呼んでいたが、五十嵐がいじめられているのを助けたことで、お互いを呼び捨てで呼ぶ中になる。 誕生日は五十嵐より後になる。 中学時代は五十嵐の後押しもあり、陸上部所属。 ゲームの腕は一級品で、学生時代はよく学校をサボってに通っており、五十嵐が中学転校初日に出会った時もサボってゲームセンターへ行っていた。 また女子に人気で、には同級生の女子からチョコを大量にもらっていた。 長身で桜井と同じくらいにスタイルがよく、作中でもナンパされているシーンがある。 中のイメージカラーは黄色。 いつも五十嵐にちょっかいをかけているが、内心気にかけておりよくアドバイスをしている。 好きなお菓子は。 五十嵐が武田を気にかけていることを理解しており、さりげなくアドバイスを送る。 口髭を生やしており、目が描かれていない。 おじいちゃん 五十嵐の祖父。 本名不明。 よくをかけている。 髪は五十嵐と同じ長髪で緑色(地毛)。 五十嵐を溺愛しており、五十嵐が東京の高校へ行った際には、こっそり隣の部屋に引越しをしていたほど。 男の影を見つけると心配で直接会いに来たりしている。 五十嵐本人には若干うざがられている。 武田と同じくらい体格ががっちりしている。 初対面の武田には警戒心を持っていたが、すぐに打ち解けた。 大石(おおいし) 風間の同僚であり友達。 名前をあまり覚えられておらず、よく「小石」と間違えられる。 土方(ひじかた) 風間の同僚であり友達。 容貌は悪くないがナンパする度に女性に断られている(この行為を同僚に「いつもの」と揶揄されている)。 桜井 優人(さくらい ゆうと) 桃子の弟。 目元は桃子に似ており、左目の下にホクロがある。 高校入学を機に姉のいる町へ引っ越してきた。 地図アプリを使ってもよく道に迷う。 バスケ所属だが運動は苦手。 夏美に好意を寄せていて、告白するも夏美の表情は曇っていた。 月城 モナ(つきしろ もな) 桃子の同僚であり友人。 掴み所の無い飄々とした雰囲気を漂わせた女性で、常語と謙譲語が入り交じった独特な口調で話す。 かぶ吉(かぶきち) 五十嵐が公園で見つけたカブトムシ。 なぜか五十嵐に懐いており飼うことになった。 五十嵐に懐く前は月城に懐いていたようで、五十嵐が飼い始めてからも、たまに家を抜け出して会いに行ってる模様。 書誌情報 [ ]• 『先輩がうざい後輩の話』、既刊4巻(2019年9月25日現在)• 2018年4月5日初版発行(3月28日発売)、• 2018年10月1日初版発行(9月10日発売)、• 2019年2月25日初版発行(2月25日発売)、• 2019年9月25日初版発行(9月25日発売)、 未収録 [ ]• 特別描き下ろし『先輩がうざい後輩の話』(『』2018年6月号、pp. 40-41) 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• コミックナタリー 2018年3月28日• コミックナタリー 2018年7月6日. 2018年9月14日閲覧。 コミックナタリー 2018年8月23日• コミックナタリー 2018年9月13日. 2018年9月14日閲覧。 コミックナタリー 2019年2月22日. 2019年3月6日閲覧。 単行本4巻、p. 単行本4巻、キャラクター紹介より• 日本語 , 2019年9月20日閲覧。 初対面の五十嵐が13歳と言った際に「私より年上」と発言したため。 入部理由はただ走るのが好きだったから• そのせいで五十嵐は転校初日に大遅刻をした。 外部リンク [ ]•

次の