ミュンヘン オリンピック 事件。 ミュンヘンで銃乱射、少なくとも9人死亡、容疑者は自殺(動画・画像)【UPDATE】

ミュンヘンオリンピック事件

ミュンヘン オリンピック 事件

開会式に、選手宣誓だけでなく審判宣誓も行うようになったのも、この大会からである。 日本男子体操が最も強さを誇った大会でもある。 全8種目24個のメダルのうち、16個を日本が獲得。 団体では、ローマ・東京・メキシコに続いて4連覇。 個人総合と鉄棒と平行棒では金銀銅メダル独占。 鉄棒金メダルの塚原光男が開発した「月面宙返り」が、以後世界の体操界で長年使用される革命的な技となる。 日本男子バレーボールは大会前から日本国内の話題をさらい、テレビ番組「ミュンヘンへの道」なども放送されていた。 準決勝の対ブルガリア戦でセットカウント0-2からの奇跡の逆転劇を演じ、金メダルを獲得。 北京オリンピックでマイケル・フェルプスが8個の金メダルを獲得するまでは1大会での最多金メダル記録だった。 男子バスケットボール決勝(アメリカ対ソ連)では、この種目の採用以来無敗を誇ったアメリカが終了間際に逆転され初めて敗れる波乱。 ソ連が逆転に成功した、試合時間残り3秒からのプレイの中断と再開及びそのやり直し(タイムを戻してのリプレイ)という一連の処置を不服としたアメリカチームは、表彰式の出場と銀メダルの受取を拒否した。 銅8個) 加藤喜代美(レスリングフリースタイル52kg級) 柳田英明(レスリングフリースタイル57kg級) 田口信教(競泳男子100m平泳ぎ) 青木まゆみ(競泳女子100mバタフライ) 川口孝夫(柔道軽量級) 野村豊和(柔道軽中量級) 関根忍(柔道中量級) 中山彰規(体操男子つり輪) 塚原光男(体操男子鉄棒) 加藤澤男(体操男子個人総合、平行棒) 岡村輝一・笠松茂・加藤澤男・監物永三・塚原光男・中山彰規(体操男子団体総合) 大古誠司・木村憲治・佐藤哲夫・嶋岡健治・中村祐造・西本哲雄・猫田勝敏・野口泰弘・深尾吉英・南将之・森田淳悟・横田忠義(バレーボール男子)•

次の

オリンピックの悲劇トップ10!オリンピックを取り巻く【悪夢】

ミュンヘン オリンピック 事件

犯行グループの一人 平和の象徴ともいえるスポーツの祭典・オリンピック。 オリンピックの父、 ピエール・ド・クーベルタンは「スポーツを通じて平和な世界の実現に寄与する」という目的で近代オリンピックをつくりあげ、その精神はオリンピック憲章にも明記されている。 オリンピックのシンボルマークにしても、 「フェアプレー精神を培い、各国の選手が手を取り合って世界平和を目指す」というコンセプトでデザインされたものだ。 実際に競技を見ていても国籍や人種、宗教などの垣根を越え、選手たちがお互いの健闘を讃えあったり、懸命な姿に拍手を送ったりと素晴らしい光景が多く見られる。 しかし…そんなオリンピックが、ときとして悲惨な事件の舞台となることもある。 今回は、 「オリンピック最大の悲劇」と呼ばれる、ある事件の雑学を紹介しよう。 テロ事件の現場・イスラエル選手宿舎 1972年9月5日、 オリンピック選手村にテロリストが立てこもり、人質11名・警官1名の計12名を殺害しする事件が発生した。 イスラエルのパレスチナ問題から発展した前代未聞のこの出来事は、 オリンピック最大の悲劇といわれている。 民族意識の違いから、長きに渡って争ってきた両国の火花が、オリンピック開催地であった西ドイツを巻き込む騒ぎとなったのだ。 以下、時系列にその経緯を追っていこう。 午前4時40分頃 パレスチナのテロ組織 「黒い九月」のメンバー8人がイスラエル選手団の宿舎に侵入。 その際、レスリング選手とコーチの 2名を殺害し、 9名を人質に取り立てこもる。 このとき実は、犯人グループが選手村のフェンスを乗り越えて侵入する様子を、電話線の整備に訪れていた郵便局員が目撃している。 しかし選手村にはこのようにして、遊びに抜け出したあと、コッソリ朝帰りする選手も珍しくなかったといい、郵便局員は気にも留めなかったという。 なんともずさんな警備体制だな…。 犯人グループは自動小銃や手榴弾をスポーツバッグに入れて侵入するという役者っぷり。 選手たちが朝帰りをしている事情も周知していたのだろうな…。 このあと警察官が庭先に投げ捨てられたレスリングコーチの亡きがらを発見し、事件が発覚。 犯人グループとの交渉が進められることになる。 午前8時40分頃 犯人グループが イスラエルに収監されているパレスチナ過激派を含む234名の解放を要求。 西ドイツ政府はイスラエルに交渉をするが、イスラエルはこれを拒否する。 ドラマなんかで「我々はテロには屈しない!」というシーンがあるがまさかそんな感じなのか…。 たしかにテロリストの仲間234人が野に放たれるのは恐ろしいが、 解放しなければ9人が死んでしまうかもしれない…。 うわー…そりゃジレンマっすわ…。 イスラエル側は代案として特殊部隊を事件解決に向かわせようとするが、西ドイツでは他国の軍隊の介入が規制されていたため、これも実現されなかった。 その後も西ドイツ政府は「イスラエルとは依然交渉中だ」と誤魔化し、犯人グループとの交渉を続けるも人質の解放にはいたらず。 事態は 武力による自力解決しか残されていない状況となってしまった。 午後5時頃 オリンピック関係者が宿舎内への潜入に成功。 犯人グループの人数が確認できたため、西ドイツ政府は 突入作戦を企てる。 …しかし、事件の経過は朝方から常に実況中継されていたため、突入作戦も 犯人グループに筒抜け。 こうして作戦は断念せざるを得なくなる。 …え、マヌケすぎないか? マスコミ、全部そのまんま報道してたんっすか?!さすがにあきれてものも言えないっすわ…。 午後10時頃 結局、犯人グループは エジプトのカイロに脱出することを要求し、この条件で西ドイツ政府と合意にいたる。 …といってもこの合意は、 おびき出した犯人グループの狙撃作戦を決行するためのもので、エジプトへの入国についても「許可が出た」と、西ドイツ政府は犯人グループに嘘をついていた。 作戦が成功していればまだよかったのだが…。 午後10時30分頃 犯人グループはエジプトに向かうため、 選手村からヘリに乗り、西ドイツの空軍基地に移動。 しかし、基地にて脱出用の航空機に乗り込んだ際、案内役の警官が誰一人として乗っていなかったため、犯人グループが不審に思い、作戦がバレてしまうことに。 実は西ドイツ政府も機内で犯人グループに抵抗するため、事前に警官を待機させていたが、なんと 全員が職務を放棄し、逃げ出してしまっていたのだ。 なんでも犯人グループが自動小銃などの装備を有しているのに対し、待機させられた警官たちは 拳銃しか持たず、しかも特殊な訓練など受けていない一般警察官だったという。 そりゃあ逃げ出したくもなるわな…。 同時に狙撃も行われたのだが、これも失敗してしまう。 というか以下が狙撃時の条件なのだが…、これを見れば成功するほうがおかしい作戦であることがわかる。 狙撃を担当したのも一般警察官。 そのなかでは射撃の成績が良いという程度• 狙撃銃にはスコープが付いておらず、現場の照明も不十分。 暗がりの中で作戦が決行された• 狙撃銃がオートマチックタイプではなく、一度外せば装填に時間がかかる• 犯人グループを乗せたヘリが予定していた場所に着陸しなかった• 犯人グループは全員で8人なのに、政府は5人だと勘違いしていた 用意が不十分すぎる…。 こうして作戦が失敗すると、事態は銃撃戦に進展。 人質9名・犯人グループ5名・警察官1名が死亡し、終結を迎える。 しかしオリンピックにまつわるテロ事件は 決してこの一度だけではない。 行事が大きくなればそれだけテロのリスクも高まるということか…。 1996年 アトランタオリンピック 開催中に会場近くの公園が爆破され、 2名が死亡・100名以上が負傷した。 被害者の数でいえばミュンヘンオリンピック以上ではないか…。 その後、首謀者の逮捕まで7年を要する。 犯人は元軍人であるエリック・ルドルフ。 テロリストというよりも、 とても偏った思想の持ち主だったという。 危険なのはテロリストだけではないということだな…。 2014年 ソチオリンピック 開催の前年までに相次いで オリンピックを意識したと思われる爆破テロが発生。 その影響もあって4万人の警官や軍隊を集める危機管理体制が作られることになった。 もはやオリンピックのテロ騒ぎは昔のものでもなく、現代にも危険は付き物である。

次の

【五輪デー】史上最悪の悲劇・ミュンヘンオリンピック事件

ミュンヘン オリンピック 事件

ドイツ南部のミュンヘンので7月22日夜銃乱射事件が発生し、少なくともした。 容疑者は複数とみられ、現在逃走中で、警察が行方を追っている。 ショッピングセンターの買い物客や店員は命からがら避難し、ミュンヘンは市内が封鎖されて当局が容疑者の捜索をしている。 地元警察によると、銃撃犯は1人以上がで、目撃者によると、3人の銃撃犯がという。 警察は、今回の銃撃は「テロである」と。 によると、今回の銃撃は、地元時間の午後6時、「ミュンヘン・オリンピア・ショッピングモール」内のマクドナルドの店内で発生した。 その後、1人の銃撃犯が近くの地下鉄の駅に移ったという。 「大量の発砲音が聞こえました。 何発あったのか言えないくらいです」と、ショッピングモールの従業員はロイターに語った。 従業員たちは貯蔵庫の中に避難したという。 「外にいた人たちがみんな店内に雪崩れ込み、大ケガをした人が1人、地面に倒れているのを見ました。 彼は間違いなく亡くなっていると思います」.

次の