任天堂法務部。 戰無不克的任天堂「東半球最強法務部」,可能來自於任天堂對旗下角色的愛

請手下留情!任天堂「最強法務部」與同人遊戲的愛恨情仇

任天堂法務部

マリオシリーズやポケモンシリーズ・・・ 任天堂のゲームにお世話になった方々は多いのではないでしょうか? 僕は小学生の頃、人生ではじめて買ってもらったゲーム「ゲームボーイカラー」を手にした時のワクワクを今でも良く覚えています。 あの頃は、寝る間も惜しんで、そしてお母さんに怒られながらも、布団の中で隠れてゲームをしていました。 実は、僕が任天堂のゲームが夢中になっていた間に、任天堂の法務部が熱い戦いを繰り広げていたとは、当時幼かった僕は知り良しもありませんでした。 ですが、現在、任天堂の法務部が注目されている事を知り、そして、任天堂法務部最強伝説が繰り広げられていたようなので一覧にまとめてみました。 スポンサーリンク 目次• 任天堂法務部最強伝説とは 任天堂の法務部が、これまで数々の裁判を勝ってきた事から、いつしか任天堂の法務部が最強だと話題になるように。 そして、その圧倒的な勝率は、もはや伝説に。 ・・・なっているかは分かりませんが、任天堂法務部最強伝説がまことしやかにささやかれている事は間違いありません。 naver. しかし、任天堂法務部は訴えを跳ね除け、裁判に勝訴。 それだけでなく、任天堂法務部はキングコングの映画のリメイク権を取得していなかった事を指摘。 名誉毀損で逆に訴え、訴訟してきたアメリカのユニバーサル社が、160万ドルの賠償金を支払う事になったのです。 恐るべし任天堂法務部。 そして、この話には、まだオチがあります。 なんと、任天堂側についていた弁護士の名前がジョン・カービィ。 笑 「星の〜」は僕も大好きで良くやっていたゲームの1つですね。 凄腕弁護士だった彼は、キングコングのゲームがドンキーコングのパクリである事を認めさせるにいたりました。 amazon. 笑 ドンキーコングがキングコングのパクリだったら、世の中のゴリラキャラは全部、キングコングのパクリになってしまいそうです。 訴えをおこしたのは、超能力者ユリ・ゲラー氏。 スプーン曲げが出来る本物の超能力者である!?と日本で大きく話題になっていました。 そんな、ユリ・ゲラー氏。 来日した時に見たユンゲラーのポケモンカードを見て驚愕。 「自分のイメージと名前を任天堂が勝手に使っている!」 「自分のイメージが下がっているのではないか!?」と。 結果、ユリ・ゲラー氏は敗訴。 またも、任天堂法務部が最強の名を世間に示す事になったのです。 ユンゲラーというポケモンによって、知名度が上がる事にはなっても、ユリ・ゲラー氏に不利益な事はないような気がしますけどね。 当時、みんなポケモンカード持ってましたからね。 放課後に学校でポケモンカードで遊ぶ事が日常でした。 何気なく「ポケモンカード」と検索してみましたが、今もまだ発売されているんですね。 僕がやっていたポケモンは「赤」「緑」「金」「クリスタル」とかでしたが、今はサン&ムーンって言うんですね。 さすがに、もう追い付けていないですね。 ユリ・ゲラー氏の件ですが、「あなたは超能力を使えますか?」と言って勝訴したという話はデマですね。 日本で使用されている名称に米国法は適用できないため、米国では提訴自体が棄却され裁判に至っていません。 それ以後、日本で提訴されることを警戒してかユンゲラーは使用されなくなり、2008年のアニメエキスポでアニメポケモンの監督をした日高政光氏はインタビューに対し、ユリ・ゲラー氏との合意に至っていないので使用できないでいると回答しています。 2018年現在の状況は不明ですが、ポケモンGO等で使用されているので合意が得られたのかもしれません。 参考リンクとして日高氏インタビューの書き出しを載せておきますので、Google翻訳などを使用して読んでみて下さい。

次の

戰無不克的任天堂「東半球最強法務部」,可能來自於任天堂對旗下角色的愛

任天堂法務部

再度勝利!任天堂最強法務部與 MariCar的三年爭訟完結篇 文、圖 ImageDJ典匠資訊 你聽過任天堂法務部只勝不敗的神奇傳說嗎?在智慧財產權保護的議題上,社會大眾普遍不認為小蝦米足以抵抗大鯨魚,甚至會有少部分的人認為堂堂跨國大企業藉侵權官司獲得的龐大利益令人不以為然。 然而我們不能忽略的情況是,儘管在某些社會公認明顯侵權的案例發生時,智慧財產權人在維護其權益時卻也耗時費力。 有著「最強法務部」稱號的任天堂Nintendo耗時三年,終於在近日與MariCar的侵權官司中取得了勝利。 MariCar 曾經風靡一時,是赴日旅客們躍躍欲試的新潮體驗。 想像著駕駛紅色卡丁車、身著瑪莉歐的cosplay服裝奔馳於日本東京街頭的公路上,怎麼想都令人感到興奮。 MariCar/來源:典匠創意王 不過,這場纏訟了三年的侵權官司卻也並非一開始就無往不利。 2016年,Maricar藉由大家對於瑪莉歐賽車遊戲的喜愛,以「真人版瑪莉歐賽車體驗活動」為賣點,開發出了以身著瑪莉歐服裝駕駛紅色卡丁車的商業模型。 起初任天堂要求日本特許廳(相當於我國智財局)撤銷MariCar公司的註冊商標,然而日本當局起初不認為Maricar 「マリカー」會造成Mario Kart 「マリオカート」商標上的誤判,因而駁回其申請。 隨後,任天堂公司即向MariCar公司提出告訴。 控告案由為其違反「不正競爭防止法」並向MariCar公司請求損害賠償。 違法原因除了名稱相似、未經授權租借瑪莉歐賽車角色服裝外,最重要的是利用真人版瑪莉歐賽車的概念獲取利益,誤使消費者以為其為任天堂公司的關係活動。 2018年 9月東京法院令MariCar公司須停止租借與瑪莉歐賽車遊戲人物形象近似的服裝並負擔要價一千萬日幣的賠償費用。 然而,Maricar並未因此服氣而敗下陣來。 他持續上訴,並譏諷似的推出了貼滿「任天堂な無関係」標語的紅色卡丁車,移去了備受爭議的瑪莉歐特色人物改以「超級英雄」系列為主,持續營業。 2019年5月東京智財高等法院判決MariCar公司在上訴期間仍持續對任天堂造成的損害,因此將賠償金額從一千萬日幣提高到五千萬日幣,這樣的結果反應著日本當局為防止企業品牌間不當競爭的正向影響力,也彰顯了該國在智慧財產權保護上的重視。 在日本以守法制著稱的社會環境裡,終究還是出現了像是maricar侵權任天堂的爭議事件。 藉由國際案例,身在臺灣的我們必須時時警醒自己的是,縱然站在巨人的肩膀上可以獲得寶貴的經驗與知識,但是當你的創意來源為竊取他人智慧財產的重要積累時,就如同踩著別人的背作為自己成功踏腳石,理想上你輸給了自己,畢竟創意的比拚從來不是比誰偷來的最獨特有趣。 現實而言,你輸給了金錢與時間,畢竟耗時多年的纏訟與和解金要價不斐! 任天堂與MariCar侵權訴訟流程圖/來源:ImageDJ典匠資訊 資料來源: 洪偲瑜(2019)。 〈從任天堂真人瑪莉歐賽車案談日本不正競爭防止法對於品牌的保護〉。 資訊工業策進會科技法律研究所,取自: 遊戲基地(2020)。 〈最強法務部任天堂再次勝訴,長達三年多的《瑪利歐賽車》專利訴訟案告一段落〉。 Linetoday,取自: Rick(2019)。 〈被任天堂告的日本道路自駕卡丁車 MariCar 這次又搬出新把戲啦!〉。 Mobile01,取自:.

次の

任天堂法務部最強伝説をまとめてみた

任天堂法務部

但其實並非所有案件都能輕易取勝,他們也曾面臨過十分棘手的難題,例如關於任天堂主機Wii的體感手把技術侵權官司,雙方僵持了長達 7 年之久才終於完結過程相當坎坷,任天堂曾一度敗訴,面臨賠償原告 1,000 萬美元的侵權費用,可最終法務部仍然找到漏洞扭轉乾坤。 眾所周知,在 Wii 主機正值巔峰的那個年代,幾乎人人都為體感遊戲狂熱著。 然而任天堂卻在這個階段被 iLife 起訴,理由是該公司懷疑自己用來預防嬰兒、老人跌倒事故的專利,被任天堂放入了 Wii 手把中,並以此欲向 任天堂索賠每台 Wii 4 美元的侵權費,共計 3,600 萬台主機約 1. 44 億美元。 任天堂遭遇此事件後開始收集證據,否認自己侵權行為,官司打了四年之久,但結果不盡人意。 最終任天堂被陪審團認定敗訴,賠償 iLife 共計 1,000 萬美元侵權費。 對此任天堂當然無法認可,第一時間提出上訴,然而這流程一走便又是三年。 三年後的今天,根據國外媒體的報導稱,上訴的聯邦法院已經對此案重新審判,推翻了四年前的賠償判決。 法院方面表示「 原告 iLife Technologies 宣稱任天堂侵犯的專利是無效的。 」iLife 公司的侵權理由不成立,他們使用了不被允許的方式來掩蓋專利概念。 至此,一場長達7年之久的侵權案終於由任天堂獲勝,不愧是人稱最強的法務部。

次の