みしまチャンネル。 宝島社の公式サイト 宝島チャンネル

【非公開+削除】山チャンネルに責任!花へのコメントは何て言った?

みしまチャンネル

で演説を行う水島(写真中央)。 (昭和43年)、卒業。 (昭和47年)、専修卒業。 その後、のとして200本以上のなどののを手がけ 、後ににも進出。 日本国内においてに関する番組を放送してきた「」を主宰。 (平成16年)、株式会社を設立。 午前6時より、Ch. 767にて放送開始。 (平成19年)、の正確な検証と真実を全世界に伝える映画として『 第1部「七人の死刑囚」』を製作。 同年、にの全面撤回を求める抗議書を提出。 (平成20年)夏、「の完全虚構論を緻密に論証する」機会として模擬法廷を開く予定をしていた が、開催には至らなかった。 同年9月11日、チャンネル桜の経営悪化に伴い、寄付を募る「日本文化チャンネル桜二千人委員会」を設立。 日本と台湾の両国の視聴者や番組出演者を含めた約1万300人により集団訴訟を起こすも1月、最高裁判所で敗訴確定。 (平成22年)、の国民運動団体「」を結成。 を会長とし 、自らはに就任。 (平成24年)午前8時ごろ、の沖海上で戦没者の慰霊祭を行った後、船から海に飛び降り魚釣島海岸まで泳ぎ、上陸を敢行した。 その後、の鈴木章浩、議員の和田有一朗、議会議員の、ら他9人の日本人が続いて上陸した。 その後、灯台付近でを掲げる、灯台の骨組みに日の丸を張るなどの行為を行った。 の呼びかけで、午前10時までに全員が島を離れた。 この節のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2013年7月) 出身。 高校時代は柔道部。 大学で空手部に入り、たまたま全学連の左翼と喧嘩している風景がNHKのテレビで流れた。 生前の評論家、と交流が深く思想の共通点はスペインの哲学者の実存主義がベースになっている。 また、のを政治活動の核にしている。 的な考えを基軸にし、的な考え方を一貫して非難するが、に代表される戦後の保守思想の歪みについても批判的であり、新しい保守の潮流の可能性についての主張を主に展開する。 また、保守思想とは「所詮、世の中、うまくいかないもんだからね、でもなあ、少しずつでも、お互い助け合って、ちっとは生きやすい世間をぼちぼち作っていこうや、それにしても、ご先祖さんは大変で、偉かったんだねえ、こうしてなんとかここまでやってきたけれど、まあ、生きるってことはお互い、何だか辛えもんだよな、ほんと哀しいもんだよなあ、でもね、あんたがいるから、俺らあ、何とかやっているよ」といったものだという風に表現している。 座右の銘は、自身の尊敬するの作家の「DURCHHALTEN=持ちこたえること」。 「パンダ物語」について [ ] に批判的で的な言動で知られる水島であるが、10周年記念作品であるにとして携わっていたため、の視聴者等に派の疑惑を持たれた。 その事について水島は、当時は仕事としてなんでも書いていたであり、後半の時点では中国への強い批判的感情は持っていなかったと答えた。 中国に訪れたのも、パンダ物語の撮影時が初めての事であった。 撮影開始2週間後に、中国人スタッフが日本人と同等の給料を求める理由でを始めた。 仕方なく条件を飲んだ結果、予算が元の5億円から8億円にまで膨れ上がり、日本の撮影スタッフ全員反中感情を持って日本に帰ってきたと述べた。 監督はの前にが務めていたが、主演のへの暴力行為疑惑で途中降板となった。 小林よしのりとの対立 [ ] 意見対立が原因での漫画に登場した事がある。 かつて小林は、チャンネル桜の支持者であり、自ら司会を務める番組も受け持つなど、思想上の細かい相違はあれど、一時的には和解状態に至ったこともあった。 しかし、皇室問題や原発を巡る言説の相違がきっかけとなり、小林は一方的な降板を宣言し、両者の亀裂は決定的なものとなった [ ]。 皇室問題については、一貫して伝統重視の立場を取っている。 政治的位置付け [ ] のやの、()のやのオマーン・トリビューン()をはじめ、各国のメディアからは活動家(right-wing)として紹介されている。 水島自身は右翼である事を否定しており、(平成27年)2月にで行われたの会見では、「Right-wing()」ではなく「Conservative()」と形容される事については肯定すると述べた。 また、日本外国特派員協会の記者が日本の保守派を右翼・者という形で非難しているとし、「残念であり、怒りすら覚える」、「真実を伝えていただきたい」、「大変悲しんでいる」と述べた。 また映画南京の真実の製作資金の私的流用の疑惑が指摘されたが本人は番組でデマだとして否定している [ ]。 米議会演説 安倍が2015年(平成27年)4月26日から5月2日にかけて訪米し、における演説を行った事により、構造から固着していたに転機が訪れたとしており、の崩壊が始まったと述べた。 安倍談話 (平成27年)に発表されたについて、「政治工学的には渾身の談話」、「戦後政治家として最大限為し得る談話」と肯定的に評した一方で、本質は戦後レジームを肯定し父祖を切り捨てたものでもあると否定的に評した。 その他 [ ]• 日本はすべきとしている。 を認める改正に反対。 受け入れに反対。 及びに反対。 選択的制度導入に反対。 への参加に反対。 TV出演 [ ]• 桜プロジェクト(キャスターとして毎週木曜日 20:00 - 21:30、およびゲストとして不定期出演)• 報道ワイド日本 Weekend(毎週金曜日 20:00 - 21:00 コーナー・コラム出演)• 日本よ、今... 「闘論!倒論!討論!」(司会兼パネリスト 毎週土曜日 20:00 - 23:00)• - 「激論! 田母神問題と自衛隊」 (2008年11月27日、) 主な作品 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年1月) 映画 [ ]• 『』()脚本• 『』()監督・脚本• 『』()監督・脚本• 『』第1部「七人の死刑囚」()監督・脚本• 『』第3部(シリーズ第2弾)「支那事変と中国共産党」(2017年)監督・脚本 テレビ [ ]• 泣きべそ・ほほえみ・六本木 10月~12月、NETテレビ-テレビ朝日の旧称 助監督• 「いのちの絶唱」(1月~4月、日本テレビ)演出• 火曜劇場 「」(10月~1月、日本テレビ)演出• 火曜劇場 「愛と死の絶唱」(4月~1979年7月、日本テレビ)演出• 火曜劇場 「甦える日日」(10月~1月、日本テレビ)演出• 「ガラスの動物園」(1980年、フジテレビ• 土曜ナナハン 学園危機一髪 「UFO・翔んだ!」(1980年、フジテレビ 演出• 「海峡に女の唄がきこえる」(1981年、日本テレビ)プロデュサー• (、)• 「」(1981年、日本テレビ)脚本• グランド劇場「」(4月~10月、)演出・脚本• 水曜劇場「」(1982年4月~9月、日本テレビ)脚本• 「」(1983年4月~9月、日本テレビ)脚本• グランド劇場 (10月~3月、日本テレビ)演出・脚本• 「かまきり」(1984年7月、日本テレビ)演出・監督• 「3 ぐうたらママ怒る」(1984年10月、フジテレビ)• 「気がつけば騎手の女房」(1985年11月、フジテレビ)脚本• 火曜サスペンス劇場 「真夜中の白い少女 」(1月、日本テレビ)演出・監督• グランド劇場 「」 1986年4月~8月、日本テレビ)脚本• 「二十歳の時」(1986年6月、フジテレビ)脚本・演出• 金曜女のドラマスペシャル「はるちゃん 待ちくたびれた女」(2月、フジテレビ)脚本・演出・監督• 熱中時代スペシャル「帰って来た北野広大」(1987年4月、日本テレビ)脚本• 10 ドラマスペシャル 「車椅子の花嫁」(1987年8月、日本テレビ)監督• 「美少女学園」(1987年11月~1988年4月、テレビ朝日)脚本• 「不倫のマドンナたち」(1987年12月、TBS 演出・監督• 「東京女タクシードライバー 1 」(1988年3月、TBS 脚本• 火曜サスペンス劇場 「狙われた白衣の天使」(1988年4月、日本テレビ 脚本・演出・監督• 24時間テレビ ドラマスペシャル 「二十歳もっと生きたい」(1988年8月、日本テレビ)脚本・演出• 「ラストバラードは君に」(1988年11月、TBS)脚本• 男と女のミステリー 「彼らのいちばん危険な夜」(1988年12月、フジテレビ)脚本・プロデューサー・監督• 「お舅さん改造講座」(1988年11月、TBS)脚本• 傑作 意地悪ばあさん・抱腹絶倒! 意地悪ギャグ決定版(1月、フジテレビ)脚本・演出• 「」(1月、日本テレビ)脚本・演出• 土曜ドラマスペシャル「パパはパパでも代理パパ」(1989年4月、TBS 脚本• 24時間テレビ ドラマスペシャル「叫んでも…聞こえない!」(1989年8月、日本テレビ 演出・監督• 「おしえてあげたい!」(1989年4月~5月、TBS)演出• 「パパはビデオ監督」(1989年8月、全国朝日放送)脚本• 「おびえた天使」(1990年3月、テレビ東京)脚本• 春のスペシャル「裕弥ちゃん生き抜いてくれ!父が肝臓をあげる!」(1990年4月、日本テレビ 脚本・演出• 木曜ゴールデンドラマ「娘からの宿題」(1990年3月、読売テレビ)脚本• 水曜グランドロマン 「死刑囚からの恋歌」(2月、日本テレビ)脚本・監督• アメリカンファミリードラマスペシャル「アトランタホテル物語」(1991年3月、テレビ東京)脚本・演出・監督• 「遠くまでいくんだ」(1991年9月、TBS)企画・脚本・演出・監督• フィリッピーナを愛した男たち(、フジテレビ)脚本・監督• ベトナム難民少女 女医になるまでの哀しくも美しい10年(、テレビ朝日)監督• (・フジテレビ)• (、フジテレビ)演出・脚本• 特攻証言集・國破れても國は滅びず (8月16日、フジテレビ)構成・監督• 元特攻隊教官・らの証言を聞きながら、末期に活動したを描いたドキュメンタリー 著作 [ ] 共著 [ ]• 、・水島総「戦線後方記録映画「南京」から見えるもの」『南京「事件」研究の最前線 日本「南京」学会年報』編、、2008年5月、平成20年版「最終完結版」。 『1937南京の真実』水島総原作、作画、映画『南京の真実』製作委員会・製作・監修、、2008年12月。 水島総「第三の潮流の誕生は自主憲法への大河となる」『日本は憲法で滅ぶ 中国が攻めてくる!』監修、、2011年2月。 編著 [ ]• 亡国最終兵器 TPP問題の真実(2011年8月、〈チャンネル桜叢書〉、) - 著者:、、、、、、、水島総• 『核武装』が日本を救う(2011年11月、青林堂〈チャンネル桜叢書〉、) - 著者:、、、、、、、、水島総 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ,H24年12月28日• Isabel Reynolds「」『』、2007年12月14日。 2019年4月9日閲覧。 「」『』、2008年1月25日。 2019年4月9日閲覧。 の2008-02-07時点におけるアーカイブ。 ,H24年8月23日• 2012年8月29日• - J-CASTニュース・2014年1月7日• 公式アーカイブ動画。 公式アーカイブ動画。 台北タイムズ電子版 2007年1月26日号 Japanese filmmaker to deny Nanjing massacreより抜粋• ウォール・ストリート・ジャーナル電子版 2012年8月14日号 Japan's Nationalist Movement Strengthensより抜粋• ロイター電子版 2013年8月18日号 Japan nationalists return after nearing islands disputed with Chinaより抜粋• オマーン・トリビューン電子版 2013年8月19日号 Japanese nationalists return after sailing near disputed islandsより抜粋• 日本文化チャンネル桜 2015年4月10日. 2015年10月8日閲覧。 日本文化チャンネル桜 2015年5月22日. 2015年10月8日閲覧。 日本文化チャンネル桜 2015年8月21日. 2015年10月8日閲覧。 日本文化チャンネル桜 2015年8月15日. 2015年10月8日閲覧。 2013年3月10日. 2015年10月10日閲覧。 日本文化チャンネル桜 2014年4月11日. 2015年10月10日閲覧。 日本文化チャンネル桜 2012年5月18日. 2015年10月10日閲覧。 2015年10月10日閲覧。 日本文化チャンネル桜 2013年3月22日. 2015年10月10日閲覧。 2015年10月8日閲覧。 映画-Movie Walker. 2019年4月5日閲覧。 映画-Movie Walker. 2019年4月5日閲覧。 映画-Movie Walker. 2019年4月5日閲覧。 映画-Movie Walker. 2019年4月6日閲覧。 www. ch-sakura. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月8日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月8日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月8日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月8日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月8日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月8日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月8日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 放送ライブラリ公式ページ. 2019年4月5日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 放送ライブラリ公式ページ. 2019年4月5日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年6月22日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月16日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月16日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年4月6日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 テレビドラマデータベース. 2019年8月17日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (チャンネル桜)• (頑張れ日本!全国行動委員会)「パンダ物語」への関与はなかった事にされている.

次の

KYT 鹿児島読売TV

みしまチャンネル

だーしま動画チャンネルが誕生するきっかけをお話ししよう。 話は1985年までさかのぼる だーしまパパ 1985年9月13日生まれ丑年のA型 乙女座 埼玉県川越市生まれ茨城県育ち 工作が好きでNHKのわくわくさんを神だと思っていた。 再放送を録画したウルトラセブン、仮面ライダーV3のビデオを見るのが大好きで、これをきっかけにヒーローに憧れる。 保育園の頃はそこそこモテた。 家庭の事情で小1〜3までに2度の転校を経験する。 当時 大流行していたミニ四駆を始める。 『造る』事が大好きだっただーしま少年にはピッタリな趣味だ。 数年後ミニ四駆ブームも終わり次にきたのはハイパーヨーヨー! ブームに乗り始めるも技がうまく出来ずに挫折しすぐに辞めてしまう。 ROCKとの出会い 小6の頃、当時TVでゴールデンタイムには沢山の音楽番組があった。 だーしま少年もそんな音楽番組から流れてくるJ-POPを聴いて育った。 この頃のJ-POPはSMAP、V6やTOKIO、KinKi Kidsなどのジャニーズ系と安室奈美恵や華原朋美、globeといった小室ファミリーが大ヒットを連発していた時代。 そんな中、だーしま少年が好きだった歌手は河村隆一さん! そう、LUNA SEAのボーカルRYUICHIさんである。 だーしま少年はLUNA SEAのRYUICHIを知らずに河村隆一の曲を聞いていたのだ。 1997年 冬 河村隆一さんのソロアルバムを購入するためにCDショップへ 特設コーナーが設けられており目当てのCDはすぐに見つける事が出来た。 しかしその特設コーナーに見慣れないジャケットのCDがあった。 だーしま少年は母に尋ねた 『これ誰?なんで河村隆一コーナーに置いてあるの?』 すると母はこう答えた 『知らないの?河村隆一ってバンドやってんだよ』 これがLUNA SEAとだーしま少年の出会いである。 しかし当時のだーしま少年は ??? 『バンドってなんだ!?』 バンドと言う言葉も知らないだーしま少年だったが なんだか無性に興味が湧いてきたのだ。 河村隆一さんのソロアルバムを買うついでに隣に置いてあったLUNA SEAのアルバムを購入 このアルバムを聴いた瞬間だーしま少年の体に電気が流れた ビビビ LOVEを歌う河村隆一とは真逆!今まで聴いた事のないダークで刃物の様な鋭さを持つ楽曲 心臓に突き刺さる重低音 これをきっかけにV-ROCKに目覚める。 幼馴染に勧められてX JAPANに出会いギタリストhideさんの音楽、奇抜なファッションに魅了される。 当時、番組のインタビューで hide『前に道のあることを なぞってもONE and ONLYにはなれない』 人のマネをしているだけじゃダメなんだ!と、この頃からオリジナリティーを追求する様になった。 音楽性、ファッション、あらゆる事に影響を受けた。 ギターを始めたのもこの頃だ。 映像編集に興味を持ったのは中学生の頃、大好きなバンドのミュージックビデオがきっかけだった。 だーしま少年はただ見るだけじゃ満足出来ず 自分でも作ってみたい と思うのだ しかしまだまだパソコンも一家に一台なんて時代でもなく当然家にもなかった。 そもそも動画を編集する手段が分からなかったのだ。 そこでだーしま少年は閃いた! ダビング機能を使おう! 当時DVDが登場していたがまだまだVHS時代! ビデオをダビングするにはビデオデッキが2台あれば出来た。 好きなシーンだけをダビング機能を使って1本のビデオテープに集める事に成功したのだ! お次は音!CDコンポからビデオデッキに線を繋ぎ、映像とタイミング良く再生!それをまた別のビデオテープにダビング! こうしてだーしま少年は人生初の自作ミュージックビデオを完成させたのだ! 今で言うとMAD動画の様なものか?笑 これがだーしま少年14歳の夏 2002年 だーしま少年17歳 人生初の自分専用パソコンを手に入れる。 これをきっかけに一気にデジタル化するのであった。 しかし、当時はバンド活動をしていた事もあり、しばらくは映像制作よりもオリジナル曲の制作に使用していた。 その後バンド活動を辞めて地元の企業に就職 25歳までは特に目立った活動もしていなかった。 2010年 たまたま遊びに行った友人宅でバンドに誘われ 楽しそうだったので加入を決める。 たぶん人生最後のバンドであろう。 だが、なんだかんだで1回のライブで活動停止。 まぁみんなもういい大人だったしね。 しかしこのバンドのを制作したのがきっかけで動画制作の楽しさを再確認するのであった。 2011年 だーしまパパとママが結婚 2012年 かなとくん誕生 2013年 パパ、ママの結婚式を行う この時 披露宴で流す映像をパパが制作! この動画制作がめちゃめちゃ楽しく、終わってしまうのがとても残念だった。 2014年 友人の結婚披露宴で披露する曲と映像制作をする。 これが本格的な動画を作るきっかけになった。 余興の準備をする様子などをドキュメンタリー風に撮影、編集したのだ。 これが友人達に大好評!友人の結婚式終了後も飲みの席の様子や遊んでる様子を撮影し面白く編集して友人達に見せる。 当時はこれで十分だった。 *著作権の関係もあり当時の動画は永遠に非公開 2015年 かなとくんがたまたま見ていたYouTube動画 その動画は まえちゃんねる さんのプラレール紹介の動画でした。 それまで僕個人的にはYouTubeは企業がPRのために動画を公開する場、もしくは違法アップロードでタダで音楽聴ける無法地帯だと勝手なイメージで思っていたのですごくびっくりしたのを覚えています。 これがきっかけで遂に2015年4月5日 私達はYouTuberデビューをするのであった。 理由は単純に面白そう! 今まで仲間内で楽しんでいた動画を全世界に公開するのは少し抵抗があったが、バンド時代から有名になりたい欲があったのですぐに抵抗は無くなった。 最初はパパ1人で始める予定だったが撮影している様子を見ていたかなとくんが『一緒にやりたい』と言い出したので パパとかなとくんの2人で始める事にした。 恥ずかしながら本当にYouTubeの事を何も知らなかった当時は YouTuber なんて言葉も知らなかったし HIKAKIN さんやはじめしゃちょーさんの存在も知りませんでした。 だーしま動画チャンネル名前の由来 まえちゃんねる さんへのリスペクトで名字をもじって だーしま 他と差別化する目的で真ん中に 動画 最後はありきたりに チャンネル こんな感じで だーしま動画チャンネルはスタートしたのでした。 最後に 最後まで読んでいただきありがとうございました。 少し長くなってしまいましたが、だーしま動画チャンネルのルーツはROCKとの出会いがあったからだと私は思っています。 あの頃思い描いていた未来とは異なりますが 今は自分の想像を動画という形で表現しています。 そして私達が作った動画が世界中の方々に届き、楽しんで頂けている。 本当に幸せな事だと思っています。 ありがとうございます。

次の

【非公開+削除】山チャンネルに責任!花へのコメントは何て言った?

みしまチャンネル

テラスハウスの山チャンネルとは何? テラスハウスのスピンオフ企画である「山チャンネル」とは、MCを務める山里亮太さんが 番組の感想を述べるコーナーです。 「山チャンネルとは、 山里が住人たちについて個人的な意見や感想を述べるコーナー。 そのため、出演者が精神的に追い詰められてしまうケースもあったのです。 テラスハウスに出演していた 水越愛華さんもその1人で、山チャンネルのコメント欄を見たことで 「ショックを受けた」と明かしています。 もちろん、山里さんはテラスハウスのMCであるため、動画内での皮肉や毒舌も全ては「番組を盛り上げるため」であることは事実です。 しかし、彼の発言には 煽り要素があったことは否定できません。 事実、山チャンネル内の発言が原因で 水越さんを批判するコメントが寄せられているのです。 木村花さんの死に「責任あり」の声も 出演者への皮肉や毒舌で人気を博していた山チャンネルですが、今回の一件で 「花さんの死に責任がある」という声も散見されます。 えみかちゃんが、 「山ちゃんねるとそこに連なるコメントをみて、 自分が傷つくだけだから見ちゃだめってわかってるのに止められなくて、 ショックを受けて茫然としていたら 全然知らない駅に自分がいた」 と語っていた。 花ちゃんだけでなく、 多くのテラハ出演者が傷ついているのは番組をみてもわかった。 「見たものだけで判断して〜」云々言われるけど、 1番見たものだけで判断してるのはスタジオメンバー。 特に山ちゃん。 過去にも晒し者にさせたメンバー多々いたけど、 えみかをキャバ嬢呼ばわりして 未公開で山ちゃんねる観たえみかなメンタルズタボロになったの知ってたなら そこで対策してほしかった 山ちゃんねるも好きで毎回見てますが、 たまに言い過ぎなんじゃないかな と思う時がありました。 言葉が突き刺さる度合いは人それぞれなので、 仕事なのはわかりますが もう少し配慮して欲しいなとも思いました。 動画の内容は?山里亮太のコメントは何て言った? 問題の動画は既に非公開になっているため、現在では閲覧することが出来ません。 また、第三者による転載も確認できておらず、削除された動画の内容は分かっていません。 それゆえ、動画内で山里さんが何とコメントしていたのかも分からないのです。 ただ、削除されたと思われる動画の ワンシーンは確認できました。 そのワンシーンと、それに対する山里さんのコメントがこちらです。 山チャンネルの中で、彼は「 命よりも大切なものを失ったばっかりだけど」と発言しています。 この「命よりも大切なもの」とは、花さんが着用する コスチュームのことです。 彼女のコスチュームはボディーラインが美しく見えるようにデザインされたもので、唯一無二の特注品なのです。 命よりも大切なコスチュームを失ったことで悲嘆に暮れる花さんですが、テラスハウスのメンバーと食事に出かけたことで 気分が晴れたようです。 しかし、山里さんはその変化を見て 「ビックリ 花さん」「ご機嫌で何より」とコメントしていたのです。 こうした皮肉も山チャンネルの魅力のひとつです。 ただ、それによって傷ついていた人がいたことも事実なのです。

次の