マイペイ す リボ。 三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボで安全かつ手数料を最小限に年会費割引とポイント2倍特典をゲットする方法

マイ・ペイすリボはデメリットばかり?解約せず実質一括払いで年会費を無料や半額にする方法

マイペイ す リボ

まあ、便利なシステムだと言えなくもありませんが・・・。 でも、あくまでリボ払いですので、当然リスクもありますよ。 マイ・ペイすリボでは支払い額で決めた金額だけを毎月支払う マイ・ペイすリボでは、5,000円を最低額として(ゴールドカードなどは最低10,000円という場合も)、「毎月の支払い額」を自分で設定。 その設定金額を超えた分の支払いは、次の月以降に持ち越されます。 たとえば、毎月の支払い額を10,000円に設定してあった場合に、その月の支払いが15,000円だったなら、5,000円が未払い分として繰り越しに。 そして未払い残高には、「利息(手数料)」がかかってしまいます。 少額ならたいしたことはないと思われるかもしれませんが、毎月未払いの繰り越しが行われると、雪だるま式に未払い額と、それにかかる手数料が増えていき危険です。 マイ・ペイすリボは手数料の利率が15. 0%と高額 マイ・ペイすリボの具体的な数値データは、次のとおり。 マイ・ペイすリボのメリットとデメリット 要素 メリット デメリット 金銭面 年会費が安くなる 獲得ポイントが増える 金利手数料が高い 生活面 毎月の支払い額を一定にできる 借入残高がわかりにくくなる 金銭感覚が狂う では、メリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。 マイ・ペイすリボは手数料がネック!油断していると破産までありうる 上にも書いたとおり、マイ・ペイすリボは手数料が高額です。 さらに、借入残高が増えるほど、支払いが長期化し、返済増額が増えるようになっています。 たとえば、元利定率払いで「20万円」を借り、毎月の返済額を「1万円」に設定した場合、全額返済に24回かかり、手数料は「31,581円」。 これを、見ると破産なんて大げさだ、と思われるでしょう。 しかしこれは、最初に大きな買い物をした後、一切クレジットカードを使わなかったという想定の話です。 実際は、公共料金の支払いや買い物などで毎月カードを使うはずです。 もしも設定額1万円のうち、毎月平均7,000円は何かに使い、返済額が3,000円にしかならなかったら、支払い総額は次のようになります。 支払い回数145回、手数料「232,704円」。 最初に借りた金額を、手数料が上回ってしまいました。 マイ・ペイすリボを使うと、毎月ちゃんと返済している気分になり、借入残高の把握がおろそかになりがちです。 さらに、手元にお金が無くても買い物が出来るため、金銭感覚がおかしくなる人が多くいます。 こうした事が重なると、借入残高が増え、手数料の支払いだけで毎月の設定額を超えてしまう場合も。 こうなると、いくらたっても借金は減らず、ひたすら増え続ける事になります。 マイ・ペイすリボで年会費を安く出来る マイ・ペイすリボは、年会費を安くし獲得ポイントを増やせるというのが利点です。 しかしすべてのクレジットカードにこのメリットがあるわけではありません。 実はマイ・ペイすリボは、「三井住友カード株式会社」「三井住友トラスト・カード株式会社」「九州カード株式会社」「株式会社ペルソナ」など、さまざまなクレジットカード会社で利用できます。 マイ・ペイすリボで年会費を安くできるのは主に、「三井住友カード株式会社」と「三井住友トラスト・カード株式会社」です。 カードの種類によって、「年会費無料」「年会費半額」「年会費割引」の3パターンがあります。 三井住友トラスト・カード株式会社の年会費割引 値下げ額 カードの種類 無料 三井住友トラストVISAカード、三井住友トラストVISA.Aカード、三井住友トラストVISAレディースカード、三井住友トラストVISAポイントクラブカード、三井住友トラストマスターカード、三井住友トラストバーチャルカード 半額 三井住友トラストVISAゴールドカード、ロードサービスVISAゴールドカード、三井住友トラストVISAヤングゴールドカード、三井住友トラストVISAエグゼクティブカード、ロードサービスVISAカード、三井住友トラストマスターゴールドカード 年会費が安いクレジットカードの場合、マイ・ペイすリボで無料になり、年会費が高い場合は半額になるというように設定されています。 実はプラチナカードは、マイ・ペイすリボの割引の適用外なんです・・・ マイ・ペイすリボでの年会費割引特典が使いにくく改悪 まず、マイ・ペイすリボ自体は別に改悪されていません。 マイ・ペイすリボに付いている、「年会費割引特典」が改悪対象です。 ただし、すべてのクレジットカード会社で改悪されるわけではなく、あくまで「三井住友カード株式会社」の発行しているクレジットカードが対象となります。 現在のところ、マイ・ペイすリボに登録しておけば、リボ払いをしていなくても(カード自体は年に1回使わなくてはいけない)、年会費割引の特典を受けることができます。 しかし、「2021年2月」の分から、実際にリボ払いの手数料を払った実績がなければ特典を受けられない、と条件が改悪。 しかし2021年2月以降は、リボ払いをしなければいけいため、デメリットが大きくなっています。 1度でもリボ払いを使うと、ズルズルと借入額を増やしてしまうケースが良くありますので、マイ・ペイすリボによる年会費割引は使わないほうが無難。

次の

これが正解!三井住友カードのマイペイすリボ手数料を最小に抑える方法

マイペイ す リボ

マイ・ペイすリボとは? マイ・ペイすリボとは、三井住友カードのリボ払いの支払い方法ですが、では、マイ・ペイすリボに登録をすることで、年会費の優遇(年会費無料、年会費割引)を受けることができるようになります。 また、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)のマイ・ペイすリボは、毎月指定した金額を支払うリボ払いのサービスではありますが、マイ・ペイすリボの設定金額をクレジットカードの利用限度額と同額にすることで、常に1回払いで利用することができます。 そのため、仮にマイ・ペイすリボに登録をしたとしても、リボ払い手数料を1円も支払うことなく、年会費の優遇だけを受けることができるのです。 ただ、マイ・ペイすリボの利用は、年会費優遇のメリットだけではなく、もう1つ大きな特徴があります。 それが、「マイ・ペイすリボでポイント還元率を2倍~3倍にできる」ことです。 マイ・ペイすリボでポイント還元率を2倍~3倍にする裏技とは? マイ・ペイすリボの登録は、年会費の優遇(年会費無料、年会費割引)だけではなく、ポイントがアップするという特徴があります。 マイ・ペイすリボは、リボ払い手数料が発生する月は、全ての利用金額に対してポイントが2倍、又は3倍になります。 また、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)では、リボ払い時の初回支払いには手数料がかからず、2回目以降に手数料がかかるようになります。 そのため、マイ・ペイすリボに登録をして、1回目の支払いでほぼ全額を支払う設定にし、あえて2回目にほんの少しだけの金額を残す設定にすると、三井住友カード(旧三井住友VISAカード)に支払うリボ払い手数料よりも、受け取るポイント還元率のほうが多くなるのです。 上記例では、買い物代金31,000円に対してポイントが2倍になりますので、トータル62ポイント(310円相当)を受け取ることができます。 リボ払いの手数料については、翌々月に支払いをした1,000円に対して15%の手数料がかかりますので、30日間の利息は12円~13円前後となります。 マイ・ペイすリボの裏技で効率よくポイントを貯めるには? では、マイ・ペイすリボに登録後にリボ払い手数料がある場合には、+1ポイントが付与されるクレジットカードです。 これは、三井住友カードでも三井住友カード デビュープラスでも、三井住友カード アミティエでも三井住友カード ゴールドでも同じで、リボ払いの請求がある月はポイントが2倍になります。 さらに、マイ・ペイすリボ専用のエブリプラスなら、リボ払いの請求がある月は+2ポイントとなりますので、ポイント還元率が3倍にもなります。 しかも、エブリプラスは年会費無料で取得することができますので、非常にお得なクレジットカードなのです。 新たにが開始されました。 リボ払い手数料よりもポイント還元のほうが多くなる仕組み 一般的にリボ払いというと、「手数料が高い」「支払いが厳しくなる」といったネガティブなイメージがありますが、リボ払いを利用することでポイントが2倍~3倍になるのであれば、たとえリボ払いの手数料を支払ったとしても、かなり得をすることになるのです。 たとえば、1万円を15%の手数料で30日間利用したとしても、1日あたり4. 1円の手数料です。 仮に10万円の買い物をして、マイ・ペイすリボで翌月に9万円を支払い、翌々月に1万円を支払うと、受け取るポイントは200ポイント(1,000円相当)で、支払う手数料は123円ほどとなります。 仮に同じ条件で、エブリプラスならポイントが3倍になりますので、300ポイント(1,500円相当)を受け取ることになるのです。 支払い回数が多くなると逆に損をすることも!? ただ、マイ・ペイすリボで毎月5千円の支払いで20回支払う場合、あるいは毎月1万円の支払いで10回支払う場合などは、受け取るポイントよりもリボ払いの手数料のほうが多くなります。 マイ・ペイすリボでポイントを貯めるには、1回目の支払いでほぼ全額を支払い、2回目で残りを支払うことで、手数料よりも受け取るポイントのほうが多くなるのです。 マイ・ペイすリボの裏技はエブリプラスがおすすめ! 三井住友カード(旧三井住友VISAカード)のマイ・ペイすリボは、リボ払いの手数料が1円でも発生した場合には、ポイントが2倍、又は3倍になるクレジットカードです。 また、マイ・ペイすリボはいつでも好きな時に支払い金額を増やしたり、減らしたりすることができますので、マイ・ペイすリボを上手に活用することで、ポイントをどんどん貯めることができるようになります。 三井住友カード(旧三井住友VISAカード)は、マイ・ペイすリボの登録で年会費の優遇が受けられますので、賢く活用することが重要なのです。 そこで、マイ・ペイすリボの裏技を最もお得に利用するならポイントが3倍になるエブリプラスがおすすめです。 エブリプラスは年会費無料でポイント3倍のお得なクレジットカード エブリプラスは年会費無料でポイントが3倍になりますので、他のクレジットカードで裏技を利用するよりもエブリプラスで裏技を利用するほうがお得です。 エブリプラスは、マイ・ペイすリボの裏技と最も相性が良いクレジットカードとなりますので、もっとお得にポイントを貯めたいという方はエブリプラスがおすすめです。

次の

マイ・ペイすリボ臨時増額手続きの手順と手数料を1円にするための考え方~カードが届いたその日からできるボーナスポイント獲得の準備

マイペイ す リボ

・ 三井住友カードとは マイ・ペイすリボを提供する三井住友カードは、創業40年以上の三井住友カードが発行する老舗クレジットカードだ。 国内外で利用できる日本初のVISAカードとして誕生し、会員数は2,400万人以上を誇る。 その歴史から信頼性やステータス性が高いクレジットカードとして有名なため、ビジネスシーンやプライベートでも一目置かれることだろう。 「三井住友カード(クラシック)」「三井住友カード デビュープラス」「三井住友カード ゴールド」「三井住友カード プラチナ」など、ニーズに合わせた幅広いカードを展開しており、自分にぴったりな一枚を見つけられるはずだ。 カードによって内容は異なるが、国内・海外旅行傷害保険や盗難保険など、付帯サービスが充実している点も大きなメリットである。 通常の1回払いであれば、利用した金額を全て翌月に支払うことになる。 しかし、 マイ・ペイすリボは利用した金額よりも毎月の支払金額を少なくすることができるのだ。 例えば毎月1万円支払うよう設定した場合、10万円利用しても翌月に支払うのは1万円のみとなる。 そして、利用金額を完済できるまで毎月決まった金額を支払い続けることになるのだ。 手数料が発生する 毎月決まった金額のみを支払うマイ・ペイすリボは、家計の負担を軽減できるためお得に感じられるかもしれない。 しかし、 リボ払いの最大のデメリットである「手数料」が発生することを見逃してはならない。 本来であれば一括で支払うべきところを、長い時間をかけて支払うことになるので、カード会社への借金を返済していくイメージに近い。 一度設定すると毎月一定の金額しか返済できないため、カードを使う度に手数料の負担は重くのしかかってくる。 マイ・ペイすリボを設定する際は、手数料を念頭に置いて慎重に検討すべきであると言えよう。 支払いは月5,000円から マイ・ペイすリボの支払い金額は、 毎月最低5,000円からとなる。 月の支払いを500円や1,000円といった少額には設定できないので注意しよう。 例えば 毎月の支払い金額を1万円に設定し、実際に利用した金額が8,000円であった場合、翌月に8,000円を一括で支払うことになる。 実際に利用した金額が2万円になった場合は、翌月に1万円のみ支払って残りはそれ以降に支払うことになる。 全ての支払いがリボ払いになる マイ・ペイすリボは、一度設定するとそれ以降の支払いが全てリボ払いとなってしまう。 1,000円分の買い物は一括で、5万円分の買い物はリボ払いでといったような使い分けができないのだ。 なお、マイ・ペイすリボに設定していない三井住友カードであれば、買い物の度に支払い方法を選択することができる。 1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなど状況に応じて支払い方法を選択したい場合は、マイ・ペイすリボはおすすめできない。 分割払いとの違い 利用金額を複数回に分けて支払うと聞くと、分割払いが思い出されるかもしれない。 しかし、分割払いとリボ払いは全く異なる支払い方法だ。 まず、 分割払いは3回や12回といったように、指定した回数で利用金額を支払っていくことになる。 12万円の買い物を3回払いにすれば1回あたり4万円、12回払いにすれば1万円というように、支払い金額も支払い回数によって変動する。 一方 、リボ払いは毎月の支払い金額が一定で支払い回数に指定がない。 12万円の買い物でも30万円の買い物でも、毎月の支払い金額を1万円にしていれば1万円を払い続けることになるのだ。 また、金利手数料の面でも違いが見られる。 0~14. マイ・ペイすリボのメリットとデメリット メリット 手数料が発生するマイ・ペイすリボではあるが、メリットも存在する。 以下に紹介する点を踏まえて、あえてマイ・ペイすリボを選択するユーザーもいるようだ。 年会費が安くなる マイ・ペイすリボに登録した上で、年1回以上のカード利用があると年会費が安くなる特典がついている。 注意!! 改定により、2021年2月支払い分から「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上の リボ払い手数料の支払いがある事が年会費の特典条件となります。 中でも三井住友カード(クラシック)や三井住友アミティエカードの場合は、 年会費が無料になるのでお得だ。 三井住友カード ゴールドや三井住友カード プライムなどは、 年会費が半額になる。 年会費の高いゴールドカードの場合は、年間5,000円以上の割引につながることになる。 ポイントが2倍になる マイ・ペイすリボやリボ払いで支払いを行い、 手数料が発生した場合はポイントが2倍付与される。 月額の支払金額以下しか利用しなかった際は、手数料が発生しないのでポイントは通常のままだ。 ポイントをとにかく貯めていきたいという人には有効であるが、ポイントUPモールやココイコ!などポイントを効率的に貯める方法は他にもある。 よく吟味してマイ・ペイすリボの利用を検討すべきだろう。 ショッピング保険が適用される 三井住友カードでリボ払いを利用すると、 ショッピング保険が適用される。 ショッピング保険とは、クレジットカードで購入した商品が壊れてしまったり、盗難の被害にあってしまったりした場合の損害を補償してもらえるサービスだ。 これは、通常の1回払いでは適用されない保険である。 しかし、高額な家電製品などはメーカーの保証も付帯しているため、比較検討することをおすすめする。 デメリット マイ・ペイすリボにはデメリットも存在する。 メリットとデメリットをよく確認した上で、マイ・ペイすリボの利用価値があると判断した場合は活用するとよい。 リボ払いの手数料が負担になる マイ・ペイすリボの最大のデメリットは、未払い残高に対して手数料が発生することだ。 例えば、 10万円の未払い残高がある場合は月額1,250円の金利手数料が発生し、50万円の未払い残高の場合は手数料が月額6,250円となる。 初めのうちは手数料の負担も気にならないだろうが、カードを使えば使うほど未払い残高がかさんでいき、気づけば手数料で年間数万円を負担することになりかねない。 毎月支払う金額が一定であるとは言え、本来支払わなくてもよいお金を長期的に出費することになるのは痛手だ。 お金に全く余裕がないという時以外は、手数料というデメリットの方が大きく感じられるだろう。 獲得できるポイントよりも金利手数料の方が高い マイ・ペイすリボの手数料が発生した場合は、ポイントが2倍になるメリットを紹介した。 しかし、 獲得できるポイントよりも金利手数料の方が高いため、結果的に損をしてしまうことになるのだ。 ポイントが2倍になると、カード利用金額の約0. ポイントが2倍になるという理由だけでマイ・ペイすリボを選択するのは、賢明な判断とは言えないだろう。 マイ・ペイすリボの特典を手数料無料で受ける方法 マイ・ペイすリボの最大のメリットは、年会費が無料もしくは割引されることだ。 実は、この特典だけを受けて年会費を節約し、手数料は支払わなくてよい手段が存在する。 マイ・ペイすリボは、毎月の支払額以内の金額の利用であれば手数料が発生しない。 この仕組みを利用して、 マイ・ペイすリボの支払額をクレジットカードの限度額いっぱいまで引き上げればよいのだ。 クレジットカードの限度額を超えてカードを利用することはできないので、手数料の発生するリボ払いになることは一切ない。 この仕組みを利用すると、マイ・ペイすリボの特典だけを享受できるのである。 なお、マイ・ペイすリボに登録すると買い物の度に支払い方法を選ぶことができなくなる。 購入する商品やサービスによって分割払いやボーナス払いを使い分けたい場合は、マイ・ペイすリボに登録すべきでない。 手数料が発生しないのでポイント2倍にはならない マイ・ペイすリボのメリットとして、手数料が発生したらポイントが2倍になることを解説した。 しかし、今回紹介したカードの利用限度額を毎月の支払額に設定する方法では、 手数料が発生しないのでポイント2倍の特典を受けることはできない。 しかし、手数料の方がポイントよりも高くつくので、この特典は切り捨てても問題ないだろう。 支払額を利用限度額に設定する方法 マイ・ペイすリボの支払額を変更するためには、三井住友カードの会員サイト 「Vpass」を利用する必要がある。 Vpassにログインしたら、まずは 「ご利用可能額を確認する」から現状の利用限度額を把握しよう。 確認の際にクレジットカードの有効期限と、カード裏面に記載されている3桁の番号であるセキュリティコードの入力が求められる。 スムーズに入力するためにも事前に準備しておくとよい。 入力後に 「次へ進む」をクリックすると、利用限度額が表示される。 その中の 「内リボ払い」の金額を使用することになるので、間違いのないようにメモをとっておこう。 次に、 「リボ払い&キャッシング」のページから 「マイ・ペイすリボ」へアクセスする。 その中に 「マイ・ペイすリボのお支払金額の変更」という項目があるため、申し込みボタンをクリックしよう。 次のページで「増額を申し込む」を選択し、 「毎月の最低お支払額を変更する」をクリック。 特約に同意した後、元金定額コースの金額入力フォームに「内リボ払い」でメモした金額を入力しよう。 これでリボ払いの手数料を発生させず、マイ・ペイすリボを利用できるようになる。 マイ・ペイすリボを解約する方法 マイ・ペイすリボを解約したいという場合は、Vpassから手続きを行うことができる。 Vpassにログインし、より手続きを進めていこう。 年会費の割引特典を受けられなくなるが、手数料の心配があったり、分割払いなどを選択したいという場合は解約することをおすすめする。 変更には最大2週間程度の時間を要し、手続きが完了したら通知書が送付される。 Web通知書サービスを利用している場合は、Vpass上に通知書が表示されるので確認しよう。 また、利用途中に解約した場合は、リボ払い残高を引き続きリボ払い形式で支払っていくことになるので注意しよう。 お金に困った時だけ使うのが無難 三井住友カードのリボ払いシステム「マイ・ペイすリボ」は、毎月の支払い金額を一定にできる決済方法だ。 マイ・ペイすリボに登録すると、カードの年会費の割引を受けられたり、手数料が発生した際にポイントが2倍になったりと、特典を受けることができる。 気がつけば年間数万円の手数料を支払っていたということにもなり得るため、マイ・ペイすリボの利用は慎重になるべきだろう。 なお、毎月の支払い金額をカードの利用限度額と同額にすることで、手数料を発生させないようにすることも可能である。 この手法を使えば、手数料を支払わず年会費の割引特典のみを受けることができる。 ただし、分割払いやボーナス払いを選択できなくなってしまうため、自分の利用方法に合わせて設定を検討してほしい。 マイ・ペイすリボの解約はVpass上から簡単にできる。 お金に困っており、毎月一定の金額以上は支払えないという場合以外は、マイ・ペイすリボの利用はおすすめできない。 また、お金に困って登録するという場合でも、計画的に利用しなければ手数料の負担が大きくなるため注意しよう。

次の