な なれ ん 転生 の 実。 海外の反応 第7話 アニオリ回だったが、ちゃんと伏線入れてくるの凄い!【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】

転生小説一覧(2ページ目)

な なれ ん 転生 の 実

未だ一方的な進化である「転生進化」。 今までは基本的に進化後が上位互換だったため、退化はそこまで必要とされていませんでした。 しかし環境は変わるもの。 この記事では、今までと最近の傾向から、転生退化の実装について考えていきます。 一方的な進化である「転生進化」。 覚醒進化や究極進化と違い、退化させることは出来ません。 今までは基本的に転生進化が最も強力な形態であることや、転生モンスターにアシスト進化が存在しなかあったため、不都合はありませんでした。 しかしそれは過去の話。 今回のイベントでは、オリジナルキャラ以外では初の転生進化可能なキャラが登場。 が影響しているのかもしれません。

次の

野人転生(1) (電撃コミックスNEXT)

な なれ ん 転生 の 実

ある日、優秀だけど肝心な所が抜けている主人公は同僚と飲みに行った。 酔っぱらった同僚を仕方無く家に運び、自分は飲みたらない酒を買い求めに行ったその帰り道、街灯の下に静かに佇む妹的存在兼ストーカーな少女と出逢い、そして、満月の夜に主人公は殺される事となった。 どうしようもないバッド・エンドだ。 しかしこの話はそこから始まりを告げる。 殺された主人公がなんと、ゴブリンに転生してしまったのだ。 普通ならパニックになる所だろうがしかし切り替えが非常に早い主人公はそれでも生きていく事を決意。 そして何故か持ち越してしまった能力と知識を駆使し、弱肉強食な世界で力強く生きていくのであった。 しかし彼はまだ知らない。 全てはとある存在によって監視されているという事を……。 普通とはちょっと違った物語を目指します。 主人公の能力は基本チート性能ですが、前作程では無いと思われます。 あと日記帳風? で気楽に書かせてもらうので、説明不足な所も多々あるでしょうが納得して下さい。 不定期更新、更新遅進です。 話数は少ないですが、その割には文量が多いので暇なら読んでやって下さい。 (初投稿です。 誤字脱字や内容の食い違い・感想あればお願いします!) ・R15は念のためです ・少しずつですがまとめていこうと思います。 おかしな点などあれば教えて下さい。 ・これからの登場人物名を募集してます。 よければお願いします! 提案して頂いた名前がわかってしまうといけないのでご返事できませんが、ホントにありがとうございます フィオレンツァは前世で日本人だった記憶を持つ伯爵令嬢。 しかしこれといった知識もチートもなく、名ばかり伯爵家で貧乏な実家の行く末を案じる毎日。 そんな時、国王の三人の王子のうち第一王子と第二王子の妃を決めるために選ばれた貴族令嬢が王宮に半年間の教育を受ける話を聞く。 最初は自分には関係のない話だと思うが、その教育係の女性が遠縁で、しかも後継者を探していると知る。 これは高給の職を得るチャンス!フィオレンツァは領地を離れ、王宮付き教育係の後継者候補として王宮に行くことになる。 真面目で機転の利くフィオレンツァは妃候補の令嬢たちからも一目置かれる存在になり、王宮付き教師としての道を順調に歩んでいくかと思われたが…。 転生先は、乙女ゲームの悪役令嬢でした——。 あの日、わたくしは激昂していた。 婚約者である第1王子が、お茶会でわたくしではない他の令嬢に親しげに微笑みかけていたのだ。 家で暴れたわたくしは、自らが割った花瓶で足を滑らせて頭をしたたかに打ちつけ、意識を失った。 目を覚ますと、わたくしの中には前世の記憶が混在していた。 卒業パーティーでの婚約破棄&王都追放&実家の取り潰しという悪役令嬢定番3点セットを回避するため、社交界から逃げたわたくしは、王都の下町で、メンチカツを始めとするB級グルメに出会ったのだったーー。 特別になることを望む『平凡』な大学生・弥登陽斗はある日突然亡くなる。 神様に『特別』になりたい願いを叶えてやると言われ、生まれ変わった先は異世界の第7皇子!? しかも母親はなんだかさびれた離宮に追いやられているし、騎士団に入っている兄はなかなか会うことができない。 それでも穏やかな日々。 そんな生活も母の死を境に変わっていく。 なぜか絡んでくる異母兄弟をあしらいつつ、兄の元で剣に魔法に、いろいろと学んでいくことに。 兄と兄の部下との新たな日常に、以前とはまた違った幸せを感じていた。 日常を壊し、強制的に終わらせたとある不幸が起こるまでは。 神様、一つ言わせてください。 僕が言っていた特別はこういうことではないと思うんですけど!? 他サイトでも投稿しております。 途中での変更となってしまい申し訳ございません。 両親は既におらず、独身を謳歌して居た鈴木良太(すずきりょうた)会社員35。 好きな物は異世界を描いた一般人が書く小説・・・とくに「ざまぁ」を好む。 彼は信号無視の車に撥ねられ即死。 強大な力で大抵の願望は成就させることが可能だ。 彼が望んだものは……順風満帆な学園生活を送りたいというもの。 15歳であり、これから高校に入る予定であった彼にとっては至極自然な願望だった。 平凡過ぎるが。 だが、彼の考えとは裏腹に異世界の各組織は魔神討伐としての牙を剥き出しにしていた。 身にかかる火の粉は、自分自身で払わなければならない。 智司の望む、楽しい学園生活を脅かす存在はどんな者であろうと容赦はしない! 強大過ぎる力の使い方をある意味で間違えている転生魔神、相沢智司。 よろしければそちらもお楽しみください。 本編60話くらいまでのネタバレがあるかも。 「ステラ・ローレン・フォールズ、君との婚約を破棄させて貰う!」 シン、と静まり返った会場のあちこちから突き刺さる視線。 その中で私、ステラは恭しく頭を垂れた。 「謹んでその婚約破棄、お受け致します」 凛とした声が皆の耳に届き、それを聞いた者はみなその言葉を疑った。 実はこの婚約破棄の事をステラは知っていたのだ。 なぜならステラにとってこれは物語通りの展開だったから。 ここはステラが前世で気に入っていた乙女ゲームの世界にそっくりだった。 そして、ステラはそのなかで悪役令嬢として嫌われた令嬢に転生。 それでも物語通りの悪役になんてなってやるものかと奮闘するものの、強制力が働くのかやはり婚約破棄されてしまう。 落ち込むステラ。 しかし、そんなステラに一人の青年が声を掛ける。 「ステラ嬢、俺と結婚して欲しい」 大勢の前でそんなプロポーズをしてきたのは、なんと隣国の皇子で…… 勇者として召喚されたわけでもなく、神様のお告げがあったわけでもなく、トラックに轢かれたわけでもないのに、山崎健斗は突然十代半ばの少し幼い見た目の少年に転生していた。 この世界は魔法があるみたいだが、山崎健斗には魔法を使うことが出来ないみたいだった。 しかし、手に持っていたタブレットの中に入っている『アプリ』のレベルを上げることによって、魔法を使う以上のことが出来るのに気付く。 しかし、そんなに簡単にレベルは上げられるはずもなく。 レベルを上げる毎に高くなるポイント(金額)にガクブルしつつ、地道に力を付けてお金を溜める努力をする。 2019年第12回ファンタジー小説大賞「特別賞」受賞しました。 2020年1月に書籍化! 俺の名前は鬼瓦仁 おにがわらじん。 どこにでもある普通の家庭で育ち、漫画、アニメ、ゲームが大好きな会社員。 今年で32歳の俺は交通事故で死んだ。 そして気がつくと白い空間に居た。 そこで創造の女神と名乗る女を怒らせてしまうが、どうにか幾つかのスキルを貰う事に成功した。 しかし転生した場所は高原でも野原でも森の中でもなく、なにも無い荒野のど真ん中に異世界転生していた。 「ここはどこだよ!」 夢であった異世界転生。 無双してハーレム作って大富豪になって一生遊んで暮らせる!って思っていたのに荒野にとばされる始末。 あげくにステータスを見ると魔力は皆無。 仕方なくアイテムボックスを探ると入っていたのは何故か石ころだけ。 「え、なに、俺の所持品石ころだけなの? てか、なんで石ころ?」 それどころか、創造の女神ののせいで武器すら持てない始末。 もうこれ詰んでね?最初からゲームオーバーじゃね? それから五年後。 どうにか化物たちが群雄割拠する無人島から脱出することに成功した俺だったが、空腹で倒れてしまったところを一人の少女に助けてもらう。 正直、タイトルがこれだ!ってのが思い付きません。 なにか良いのがあれば感想に下さい。 実家の養鶏場を手伝いながら育ち、後継ぎになることを夢見ていていた梨花。 結局、できちゃった婚を果たした元ヤンの兄(改心済)が後を継ぐことになり、進路に迷っていた矢先、運悪く事故死してしまう。 転生した先は、ゲームのようなファンタジーな世界。 しかし、実家は養鶏場ならぬ、養コカトリス場だった……! 「やった! 今度こそ跡継ぎ……え? 姉さんが婿を取って、跡を継ぐ? 」 農家の後継不足が心配される昨今。 何故私の周りばかり、後継に恵まれているのか……。 「勤労意欲溢れる素敵なお嬢さん。 そんな貴女に御朗報です。 新規国営牧場のオーナーになってみませんか? ーー条件は、ただ一つ。 牧場でドラゴンの卵も一緒に育てることです」 ーーそして謎の牧場経営型乙女ゲームが始まった。 (解せない) 東京都は某市で運営されている、とある大学病院の一室に、原因不明の病気によって学校に通う事も出来ず、マンガやライトノベル、アニメ、ゲームといった二次元の世界が、心の拠り所となっている少年が入院していた。 そんな少年の事を偶然知る事となったのは、地球で有り余っている死者の魂を譲り受けて、生命力が不足している別の世界へと持ち帰る為に、地球へとやってきた異世界の女神であった。 少年がこの世から亡くなった直後、その魂を自身の元へと連れてきた女神は、次の人生が幸せに満ちた物になるように、希望に沿った肉体を与えて能力を付与し、さらにスキルを一つプレゼントした。 この物語は、新たな世界に転生する事となった少年が、世界の危機を救う勇者として成長したり、新たに得た土地を興して繁栄させたり、人間や妖精、獣人といった多種族の女性たちと平和な日々を送るかもしれない。 そんな可能性に満ち溢れた物語である。 気がつけば乙女ゲームとやらに転生していた前世アラサーの私。 しかもポジションはピンクの髪のおバカなヒロイン。 ……あの、乙女ゲームが好きだったのは私じゃなく、妹なんですけど。 ゴリ押ししてくる妹から話半分に聞いていただけで私は門外漢なんだってば! え?王太子?攻略対象?? 困ります、だって私、貧乏男爵家を継がなきゃならない立場ですから。 嫁になんか行ってられません、欲しいのは従順な婿様です! それにしてもこの領地、特産品が何もないな。 ここはひとつ、NGO職員として途上国支援をしてきた前世の知識を生かして、王国一の繁栄を築いてやろうじゃないの! 男爵家に引き取られたヒロインポジの元アラサー女が、恋より領地経営に情熱を注ぐお話。 ご了承下さい。 『ララ』は黒髪黒目の不吉な容姿、そして魔法が使えないことを理由に、生家であるコーネット伯爵家で虐げられていた。 14歳のある日、自殺未遂を起こしたことをきっかけに前世の記憶を思い出したララは、同じく虐げられていた6歳の異母弟と共に家から逃げ出すことを決意する。 思わぬところで最強の護衛を得つつ、逃げ出した森の中で潜伏生活がスタートする。 世間知らずでか弱い姉弟にとって、森での生活はかなり過酷……なはずが、手に入れた『スキル』のおかげで割と快適な潜伏生活を満喫する。 これは、自らと弟のために幸せな暮らしを目指す少女の成長と友情と恋の物語。 シリアスは最初だけ、あとは ほぼ ほのぼの、もふもふ、ラブラブ展開です。 いずれ「ざまぁ」あり。 《本作は「小説家になろう」でも掲載しております。 下記、リンクあり》 異世界に転生して公爵家の娘に生まれてきたエトワだが、魔力をほとんどもたずに生まれてきたため、生後0ヶ月で跡継ぎ失格の烙印を押されてしまう。 跡継ぎ失格といっても、すぐに家を追い出されたりはしないし、学校にも通わせてもらえるし、15歳までに家を出ればいいから、まあ恵まれてるよね、とのんきに暮らしていたエトワ。 だけど跡継ぎ問題を解決するために、分家から同い年の少年少女たちからその候補が選ばれることになり。 彼らには試練として、エトワ(ともたされた家宝、むしろこっちがメイン)が15歳になるまでの護衛役が命ぜられることになった。 仮の主人というか、実質、案山子みたいなものとして、彼らに護衛されることになったエトワだが、一癖ある男の子たちから、素直な女の子までいろんな子がいて、困惑しつつも彼らの成長を見守ることにするのだった。 森で魔物に襲われていたゆなは冒険者に保護されて、これからもゆなは危険に巻き込まれる可能性があるからと養子縁組で本当の家族になったのだが…実はその冒険者は公爵家の次男だった!今まで人の温もりを知らなかった女の子がグリフォンを仲間にしたり、精霊と仲良くなったり義理の父親とその周りの人に愛されながら無自覚に騒動を起こしつつ成長していく。 メンタルが弱いので厳しいご指摘はお控えいただけると嬉しいです。 こんな話、あったらなぁ…っと趣味で書いています。 細々とした設定が足りない部分が多々あると思いますが今後ともよろしくお願いします。

次の

異世界転生でチートを授かった俺、最弱劣等職なのに実は最強だけど目立ちたくないのでまったりスローライフをめざす ~奴隷を買って魔法学園で底辺生活を送ってたらいつのまにか英雄視され美少女に囲まれてた件~(朝食ダンゴ)

な なれ ん 転生 の 実

フランキーがバーソロミューくまからニキュニキュの実の能力を受け継ぐ!? で"2929"に該当する一味の仲間(10人目)になりそうな存在は ワノ国にはいなさそうということで昔から噂されている バーソロミュー・くまが本当に終盤で仲間になるかもしれないと説明した。 しかしその予想を超える大胆な仮説も昔から存在している。 それは フランキーがくまのニキュニキュの実の能力を受け継ぐというもの。 少し前までだと そんなまさかと思っていたのだがレヴェリー編で明らかになった くまの姿を見るとこのまま死ぬ……というかもう 機械の部分しか機能していないのではないかとも思えた。 つまりくまがこの先もしも助からない場合 悪魔の実(ニキュニキュの実)の転生が起きることになる。 どのような条件で転生先の"実"が決まるのかは未だに不明であるがしかしフランキーの手元に渡る可能性は0%じゃないわけである。 今までのように話が進んで行くのであればそのような展開が起きる確率は限りなく低いだろうが、しかし可能性は浮上しているしその流れで 悪魔の実の八百屋が関わってくるかもしれない。 ワンピースの物語は終盤に差し掛かっているらしいのでそろそろこの辺で"八百屋"も姿を現さないと登場するタイミングがない気がする。 ただしワノ国編で現れる必要はないのでその後に色々あってルフィ達が接触することになればその時ニキュニキュの実が手に入るチャンスが出てくるだろう。 この説のポイントとしては以前の考察でも説明したように公式ガイドブック"ビブルカード"の情報が修正されることなく 325の法則が満たされることにある。 しかもニキュニキュの能力に慣れないフランキーが扱うのであれば 強すぎることも 便利すぎることにもならないはずだ。 フランキーに限らず非能力者の一味であれば誰でもいいのであるが サイボーグ繋がりということでフランキーがニキュニキュを受け継ぐのに相応しいだろう。 (メラメラの実をサボがエースから受け継いだように) なのでくまが本当に生きていると言えるのか分からない今、大穴と思われていた(自分は思っていた)この説は本当に 的を射るかもしれないのである。 近年のワンピースは昔では考えられなかったような展開がいくつも起きている。 スナッチや 鎌ぞうのように突然現れる設定もあったりと最近特に 自由度が増しているように感じる。 いやいや、これは本当にどうなるか分からないぞ…!!

次の