インテル 2ch。 UEFAチャンピオンズリーグ 2009

インテル® Core™ i9 プロセッサー・ファミリー

インテル 2ch

70 GHz 2. 90 GHz 3. 90 GHz 3. 90 GHz 3. 80 GHz 3. 30 GHz 2. 80 GHz 3. 80 GHz 3. 70 GHz 3. 70 GHz 3. 60 GHz 2. 60 GHz 2. 60 GHz 2. 60 GHz 3. 50 GHz 2. 50 GHz 3. 30 GHz 3. 30 GHz 2. 30 GHz 3. 20 GHz 2. 20 GHz 3. 80 GHz 2. 80 GHz 3. 80 GHz 3. 80 GHz 3. 30 GHz 2. 70 GHz 2. 70 GHz 3. 70 GHz 3. 50 GHz 3. 30 GHz 2. 30 GHz 2. 40 GHz 3. 50 GHz 2. 40 GHz 3. 30 GHz 3. 20 GHz 2. 10 GHz 2. 00 GHz 1. 90 GHz 1. インテル製品は随時、製造ライフサイクル、仕様、および製品の説明が予告なく変更される場合があります。 ここに記載された情報は「現状」のまま提供されるものであり、インテルは情報の正確性、または製品の機能、利用可能性、機能性、記載された製品の互換性についていかなる表明も保証もいたしません。 特定の製品やシステムの詳細については、各システムベンダーにお問い合わせください。 インテルの分類は参考のために提供されており、輸出規制品目分類番号 ECCN、Export Control Classification Number および米国関税分類番号 HTS、Harmonized Tariff Schedule により構成されています。 インテルの分類の取り扱いについては、インテルによらず、適切な ECCN または HTS について表明または保証を行うことを意味するものではありません。 輸入業者または輸出業者は、取引の正確な分類を決定する責任を負うものとします。 製品の特性や機能の公式の定義については、データシートを参照してください。 ご利用のシステムにこの機能が搭載されているかどうか、あるいは機能の互換性に関してシステム仕様 マザーボード、プロセッサー、チップセット、電源、HDD、グラフィックス・コントローラー、メモリー、BIOS、ドライバー、仮想マシンモニター - VMM、プラットフォーム・ソフトウェア、およびオペレーティング・システム を参照するには、システムベンダーにご確認ください。 機能、パフォーマンス、この機能のその他の利点は、システム構成により異なります。 システムおよび最大 TDP は最悪の状況をベースにしています。 「発表済み」 SKUs はまだ使用できません。 販売開始については、発売日を参照ください。

次の

インテルのCEOさん、偶然にも持ち株の半数を売却済みであることが判明←あっ…(察し)

インテル 2ch

70 GHz 2. 90 GHz 3. 90 GHz 3. 90 GHz 3. 80 GHz 3. 30 GHz 2. 80 GHz 3. 80 GHz 3. 70 GHz 3. 70 GHz 3. 60 GHz 2. 60 GHz 2. 60 GHz 2. 60 GHz 3. 50 GHz 2. 50 GHz 3. 30 GHz 3. 30 GHz 2. 30 GHz 3. 20 GHz 2. 20 GHz 3. 80 GHz 2. 80 GHz 3. 80 GHz 3. 80 GHz 3. 30 GHz 2. 70 GHz 2. 70 GHz 3. 70 GHz 3. 50 GHz 3. 30 GHz 2. 30 GHz 2. 40 GHz 3. 50 GHz 2. 40 GHz 3. 30 GHz 3. 20 GHz 2. 10 GHz 2. 00 GHz 1. 90 GHz 1. インテル製品は随時、製造ライフサイクル、仕様、および製品の説明が予告なく変更される場合があります。 ここに記載された情報は「現状」のまま提供されるものであり、インテルは情報の正確性、または製品の機能、利用可能性、機能性、記載された製品の互換性についていかなる表明も保証もいたしません。 特定の製品やシステムの詳細については、各システムベンダーにお問い合わせください。 インテルの分類は参考のために提供されており、輸出規制品目分類番号 ECCN、Export Control Classification Number および米国関税分類番号 HTS、Harmonized Tariff Schedule により構成されています。 インテルの分類の取り扱いについては、インテルによらず、適切な ECCN または HTS について表明または保証を行うことを意味するものではありません。 輸入業者または輸出業者は、取引の正確な分類を決定する責任を負うものとします。 製品の特性や機能の公式の定義については、データシートを参照してください。 ご利用のシステムにこの機能が搭載されているかどうか、あるいは機能の互換性に関してシステム仕様 マザーボード、プロセッサー、チップセット、電源、HDD、グラフィックス・コントローラー、メモリー、BIOS、ドライバー、仮想マシンモニター - VMM、プラットフォーム・ソフトウェア、およびオペレーティング・システム を参照するには、システムベンダーにご確認ください。 機能、パフォーマンス、この機能のその他の利点は、システム構成により異なります。 システムおよび最大 TDP は最悪の状況をベースにしています。 「発表済み」 SKUs はまだ使用できません。 販売開始については、発売日を参照ください。

次の

インテルのCEOさん、偶然にも持ち株の半数を売却済みであることが判明←あっ…(察し)

インテル 2ch

コメント一覧 5• 名無しさん• 2020年05月17日 11:21• >国内企業を復活させれば良いだけ。 復活させても日本人がトップになればまた同じ道をたどる 酒飲みと接待と媚売りと押し売りと部下の奴隷化で出世する国の企業が世界で戦えるわけないでしょ• 名無しさん• 2020年05月17日 12:26• 工場の誘致に成功した場合、「大量の雇用が確保できる」と見せかけて日本得意のロボット化によるフルオートメーションでローコストで大量生産って落ちなんじゃないの? あと、ステッパー作ってる日本企業いくつかあるから工場建てるとソッチの商売も捗るね ちな高機能のステッパーって1台2桁億(前に見たNikonの最新機が50億円)だから経済効果はでかい• 名無しさん• 2020年05月17日 19:38• 頭おかしいんじゃないの? どこかの国みたいに簡単にはいそうですかで半導体誘致できると思ってるのか? 観光業に投資した方がまだマシだわ• 名無しさん• 2020年05月17日 20:17• 貶すことしか出来ない奴らばかりだな• 名無しさん• 2020年05月17日 21:33• 国益になる挑戦だと思うし、俺は応援するけどな 失敗する事だけ考えても仕方ないだろうに.

次の