スプラッシュ マウンテン 工事。 ディズニー「スプラッシュ・マウンテン」題材変更! 『プリンセスと魔法のキス』に(クランクイン!)

スプラッシュマウンテン休止の理由はなぜ?期間はいつまでなのか

スプラッシュ マウンテン 工事

新しいものが好きだ。 家電製品はピカピカだし、服はシワもなければシミひとつないし、本はインクの匂いが封じ込められている。 アトラクションだって最初にできたときはピカピカだ。 建物も新品。 施設は壁も天井も床も真っ白(あるいはテーマランドに合わせたカラー)、乗り物も新品、それからコスチュームも全部新品、使用するもの全てが新しい。 あの新鮮な気分は一度体験してみないと分からない。 (何度も体験している人もいるけど、僕は一度でいいと思っている) 数十億、数百億円をかけた買い物に付き合うというのは実に面白い。 僕のグループは7月27日開始。 トレーナーが1人、トレーニー(受ける人)が6人。 2週間(10日間)の長いトレーニングだ。 基本的にディズニーのアトラクションキャストは、マンツーマンでトレーニングを行う。 たまに、一人のトレーナーに二人の新人(トレーニー)がつくことがある。 2人持ちと呼ばれる。 今回は6人持ちだったのでそれも驚きだった。 こんな長いトレーニングを受けたことがない。 (基本、アトラクションキャストのトレーニングは3or4日間) オープニングキャストのトレーニングは、この6名単位で順次日程を組まれ、進められてきた。 異動して来てから知ったのだが、スプラッシュのキャストは、元々勤務していた部署から移ってきた 異動組と、今回のオープンに伴って採用された 新規組に分かれていた。 新規組の早い人たちは5月くらいから現場に配属されて、トレーニング終了後は本格的に始動するまで他のアトラクションに行って勤務していた。 僕ら異動組はキャスト経験者なので、新規組の後で投入されたというわけだ。 トレーニングは私服(スーツ)で受ける。 まだコスチュームがなかったからだ。 スプラッシュのコスチュームはまだ完成しておらず、トレーニング中にサンプルの写真を見せてもらった。 某リード二名が着用した見本の写真を見せてもらったが、映りが悪くて色やデザインがよく分からなかった。 トレーニングで知った、スプラッシュのキャストは「きこり」という衝撃の事実 1日目から座学のトレーニングが始まった。 場所は、今は無きトレーニングセンター。 ウエスタンリバー鉄道の車庫の隣に立っていた、プレハブのような建物だ。 まずは一緒にトレーニングを受けるメンバーの自己紹介から。 そしてトレーナーは、最後に勤務していたのがメインストリートハウスの、ヒデト氏だ。 もちろん彼とは初対面である。 ヒデト氏は以前ビッグサンダーで勤務していたこともあったので、ロミさんとカナさんは旧知の仲らしく話が弾んでいた。 なので、僕とミチさん、O君、M君は蚊帳の外な雰囲気でトレーニングは始まった。 O君とM君は、今はもう存在しないミート・ザ・ワールドという日本をテーマにしたアトラクションから異動してきた。 二人とも土日キャストだ。 アトラクションの概略から説明を受ける。 パークのアトラクションや施設には、独自のバックグラウンドストーリーがある。 どの施設にも物語の設定があるのだ。 クリッターカントリーは小動物の郷(くに)という設定だ。 小さな動物たちが住む田舎であり、ランドデザインはアメリカ南部をモチーフに形作られている。 まさにディズニー映画 『南部の唄』の世界そのものだ。 スプラッシュ・マウンテンの世界観は、『南部の唄』のアニメパートに登場する三匹のキャラクターの物語を抜粋して作られている。 残念ながらこの映画のビデオは内容が人種差別的表現を含むため、今は一般発売はされていない。 で、肝心のストーリーだが、超ざっくりと説明しておこう。 昔々、クリッターカントリーには人間が住んでおらず、小動物たちだけが仲良く暮らしていた。 その小動物の郷へいつの頃からか人間たちがやって来て、急流下りを楽しむようになった、というもの。 (正式なストーリーは別にあるので、ご自身でお調べ下さい) 後からやって来た人間である我々キャストはどんな設定なのか。 ヒデト氏に聞いてみる。 ヒデト氏「 きこりです」 は? 僕らは拍子抜けした。 きこりって、あのきこり? ヒデト氏「はい。 そのきこりです」 意味が分からん(笑)。 当時のキャストの誰かが、きこりって言うと テレビCMで「大きくなれよ〜」って言うウインナーのCMがあったけど、あれってきこりだよね?と言い出して、みんなそのイメージが出来上がってしまったようで、あのCMしか思い出せないって言っていた。 しかし出来上がったコスチュームを着てしばらくする頃には、まあ間違っていないような気がしてくるから慣れというものは恐ろしい。 ビッグサンダー出身の二人は難なく理解していたようだ。 やはりジェットコースター系アトラクション経験者は理解が早い。 正直言うと、僕にとってはスプラッシュの各ポジションの職責の説明をされても、何が何だかさっぱりだ。 具体的に何をやるのか、全然イメージできていなかった。 「僕らなんてミートですよ、ミート」 休憩中に、O君が自虐的なコメントを放つ。 そう、O君もM君もトレーニング内容がピンときていないようだった。 のちに自分が教える立場になって実感したことだが、実際に運営されている状態を見ながら作業内容の説明をするのは、割と簡単だ。 目の前で別のキャストがやっているゲスト対応を見せながら、こうやってやるんだよ、と言えばいい。 しかし、まだ目の前にないものを説明するのは至難の技だ。 イメージできない作業手順を教えるヒデト氏がいかに苦心していたか、何年も経ってから痛いほど理解できた。 霧の中をさまよっているみたいで、先行きの困難さを感じさせた。 ただそれでも、新しい体験をするんだというワクワクする気分が先に立ち、不安は全くない。 僕自身は逆に緊張感がなく、眠気に襲われてウトウトするほどだった(おかげでヒデト氏からは、後々何度もトレーニング中に寝てましたよね、と責められるハメになった)。 スプラッシュマウンテン内部へ、ヘルメットをかぶり入っていく 初日のトレーニング中に、ひょっとしたらスプラッシュの内部へ入れるかもしれないという話になり、期待感が膨れ上がる。 ちょっとだけ中を覗けるチャンスが訪れた。 部屋にこもって説明を聞いていた午前から一転、午後はクリッターカントリーへ向かう。 まだ工事中のため、内部へ入るにはヘルメットを着用しなければならない。 ただしヘルメットが人数分用意できるか、などという理由もあり、入れるか不明な状態だった。 やきもきする中、どうやら短時間なら入れそうだとなり、いよいよ初めて中へ行けることになった。 見慣れたパレード倉庫の前(ホーンテッドマンション裏)からスプラッシュの建物裏側へ。 近付くとそこには普通の工事現場が広がっていた。 建設が進む敷地内は鉄パイプで組まれた背の高い柵で囲われていて、建築資材が広い場所に隙間なく置かれていた。 柵の一部に隙間ができていて、狭い通用路がまっすぐ伸びていた。 みんなで一列になって入っていく。 奥に建物が見えてきた。 建物の手前の壁に鉄のドアがあり、ドアストッパーで開放されていた。 さっそく内部へ。 中は、明るい灰色のコンクリートで覆われた狭い空間だった。 入るとすぐ足元に水路が走っていたが、コンクリートの水路内に水は、ない。 すぐ手前に、水路の向こう岸へ渡るための細長い板がかけられていた。 反対岸へ渡る。 幅30センチくらいの板を慎重に踏みしめる。 意外としっかりしていた。 その空間の奥左側へ、水路は続いていた。 水路と壁との隙間が1メートルもない狭い道があり、通り抜けると、急に装飾された世界に突入する。 壁は洞窟風のゴツゴツした岩だらけのデザイン。 最初に見た時はここが館内のどこなのか、さっぱり分からなかった。 「ここがアンロード(降り場)ですね」 ヒデト氏が言った。 静かな、暗い内部を進んで行く。 降り場には人がおらず動くものもない。 中央の広い場所、手すりが並ぶあたりに足場が組んである。 何が未完成なのか、見ても分からない。 乗り場は右側にあるようで、そちらの方向を覗くように見るヒデト氏。 どうやら今は作業中で行けないらしい。 「うーん、今日は行けないみたいですね。 ロード(乗り場)はまた今度にしましょう」 僕らはそのまま出口通路を通って、屋外へ向かう。 出口通路を通り外に出る。 出口周辺も工事中でまだ全然完成していない。 地面は砂利だらけでスタンプドコンクリートはまだ張られておらず、工事車両が堂々と駐車していた。 クリッターカントリーの地面を覚えている方は思い出して欲しいのだが、他のエリアとは異なり、表面がデコボコしている。 よく見ると、小動物の足跡があちこちにつけられている。 これを スタンプドコンクリートという。 まだ未完成の地面は、10センチくらいの高さの仕切りが複雑な形に走り、中に砂利が敷かれている。 作成途中の地面を慎重にまたぎながら、砂利を踏んで進む。 出口を出たすぐの場所には、砂利の上に 電熱線がくねくね走っていた。 クリッターカントリーの地面の、特定の部分には 床暖房が入っている。 この床暖房を、 ロードヒーティングと呼ぶ。 と言ってもエリア内のごく一部に設置され、暖房というほどあったかくなるわけではなく、冷たくない程度に放熱する。 冬季に、スタンプドコンクリートはデコボコがあるため、凹みに残った雨水が凍結した際ゲストが転倒しないよう、凍結防止用に導入されたものだ。 僕は電熱線を踏まないように、注意して歩く。 次に、僕らは滝壺の方へ向かって行った。 橋の下をくぐる。 建築資材がそこら中の地面に置かれていて、歩ける場所も狭い。 道端をふちどる岩も、今はただの針金でかたどられた塊でしかない。 あと2ヶ月でオープンだ。 本当に、間に合うのだろうか。

次の

【TDL】「スプラッシュ・マウンテン」のポイント解説! 速度・高さ・角度は?USJと比較 その他情報も

スプラッシュ マウンテン 工事

米国のディズニーランド・パーク&リゾートは現地時間25日、カリフォルニアのディズニーランド・パークと、フロリダの・ワールド・リゾート/マジックキングダム・パークの両方にあるアトラクション「スプラッシュ・マウンテン」をリニューアルする、と発表した。 スプラッシュ・マウンテンは、ディズニーの名作映画『南部の唄』(1946年)のキャラクターたちや名曲が登場するライドアトラクション。 丸太ボートに乗って色鮮やかな入り江を進むと、のんびり屋のブレア・ラビットと一緒に、笑いの国を探す旅へ。 100体以上の動物がオーディオ・アニマトロニクスで歌ったり、おしゃべりしたり。 その中には、ブレア・ベアとブレア・フォックスの姿も。 最後は、ビル5階に相当する高さから滝つぼへとダイビング。 「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」や、「エブリバディーズ・ゴッタ・ラフィング・プレイス」などの曲も長年親しまれてきた。 今回、発表されたリニューアルは、アトラクションのテーマを、アニメーション映画『プリンセスと魔法のキス(原題:The Princess and the Frog. )』(2009年)に変更するというもの。 『プリンセスと魔法のキス』は、米南部のニューオーリンズに住む、自分のレストランを持もつことを夢見てがんばる女の子、ティアナが主人公。 ある夜、プリンセスのドレスを着きたティアナの前に一匹のカエルが現れ、自分は呪いによってカエルに姿を変かえられた王子だと告げる。 そして、プリンセスのキスで呪いが解けると言われ、勇気をふりしぼってキスするが、ティアナまでカエルになってしまう…、というおはなし。 新しいスプラッシュ・マウンテンでは、『プリンセスと魔法のキス』を彩る音楽もフィーチャーされる。 ウォルト・ディズニー自身が手がけた、ディズニーランド(=カリフォルニアのディズニーランド・パーク)には、19世紀のニューオーリンズの街をテーマとしたテーマランド「ニューオーリンズ・スクエア」があり、ニューオーリンズに住む少女の物語とパークをリンクさせるのは「自然なこと」で、かつスプラッシュ・マウンテンのリニューアルは、今の時代「特に重要」と告げている。 アトラクションの詳細やオープン日は、追って発表となる。 なお、カリフォルニアのディズニーランド(ディズニーランド・パーク、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク)の再開予定は7月17日と発表されていたが、州政府によるテーマパーク再開のためのガイドラインの承認が遅れており、延期となっている。 フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、ディズニー・スプリングスが5月20日から再開。 マジックキングダム・パーク、ディズニー・アニマルキングダムは7月11日から、ディズニー・ハリウッド・スタジオ、エプコットは7月15日からそれぞれ再開予定。 また、各地のディズニーパークで建設中の新しいアトラクションは、工事等がストップしている影響で、計画に遅れが生じている。

次の

スプラッシュ・マウンテン

スプラッシュ マウンテン 工事

クリッターカントリーの人気アトラクション「スプラッシュマウンテン」。 TDLの絶叫系アトラクションとして高い人気を誇っています。 クリッターカントリーに足を踏み入れると、ディズニー作品ではあまり見かけたことのないウサギやキツネ、クマなどのキャラクターが出迎えてくれます。 また、「スプラッシュマウンテン」には軽快なテーマミュージックが流れています。 これらのキャラクターや音楽が、アトラクションのために作られたオリジナルキャラやBGMだと思っている方も多いのではないでしょうか。 実はこれらのキャラクターや音楽は、ある作品からとったものなのです。 流れている曲は、古いディズニー映画『 南部の唄(うた)』(1946年)の主題曲です。 曲名は「 Zip-a-Dee-Doo-Dah(ジッパ・ディー・ドゥー・ダー)」といって、1947年アカデミー賞の歌曲賞を受賞している曲です。 ジョニーはアトランタから南部の農場へ引越してきましたが、仕事の都合で父親はアトランタに戻らなくてはならず、母親と2人で寂しい思いをしていました。 そんな彼のさびしい心の隙間を埋めてくれたのは、農園で働く黒人のリーマスおじさんが話してくれるおとぎ話でした。 おとぎ話に登場するのは、とても賢いうさぎどん。 それに、意地悪なきつねどんやくまどん。 リーマスおじさんは楽しいおとぎ話を通じて、いつも大切なことを子どもたちに教えてくれるのです。 ジョニーは農園で友達になった黒人の少年トビーや、近くに住んでいる少女ジニーと共に、リーマスおじさんのお話に夢中になりますが、ジョニーのお母さんはというと、ジョニーが黒人のリーマスおじさんと親しくなるのを快く思っていませんでした。 そんなある日、ジョニーの誕生日パーティーがありました。 ジニーは精一杯おめかしをして出かけようとしましたが、せっかくのドレスを意地の悪い兄弟に泥まみれにされてしまいます。 それを見たジョニーは意地悪な兄弟を相手に大げんかを始めますが、あわや殴られそうになった瞬間、リーマスおじさんが止めに入ります。 すっかりしょげてしまったジョニーとジニー。 リーマスおじさんはまたおとぎ話を話して聞かせます。 そのおかげで元気を取り戻した2人でしたが、誕生日パーティーをすっぽかしてしまったことでお母さんはカンカン。 リーマスおじさんに「二度と息子に近づかないで」と言い放ちます。 リーマスおじさんは「アトランタに行く」と言い残して、ひとりで農園を出ていってしまいました。 大好きなおじさんを追いかけようとしたジョニーは、誤ってあばれ牛にぶつかり、卒倒してしまいます。 ベッドで苦しみ続けているジョニー。 お母さんが話しかけても目覚めません。 早く目覚めるようにと皆がお祈りをしているところに、アトランタにいたはずのお父さんがリーマスおじさんと共に帰ってきました。 でもジョニーはお父さんの呼びかけにも反応しません。 うわごとの様に「リーマスおじさん、帰ってきて」と繰り返すばかり・・・。 そしてついに、リーマスおじさんが部屋へと呼ばれます。 誰の声にも反応しないジョニーの枕元で、リーマスおじさんがうさぎどんの話を始めました。 「うさぎどんは家に帰ってきた。 」 リーマスおじさんの手を握りながら目覚めるジョニー。 目覚めた息子に、お父さんは「もうアトランタへは行かない」と約束します。 これまでどおり農場で働くことになったリーマスおじさん。 すっかり元気になったジョニーやトビー、ジニーと仲良く手をつなぎながら、今日も陽気に歌うのでした。 そこでうさぎどんは、今の暮らしを捨てて、もっと住みやすい場所を探しに行くことにしました。 家には「GONE FOR GOOD(もう帰ってこないよ)」と書かれた看板を立てて、希望を胸に意気揚々と出発です。 でもその行く手を阻むのは、いつもの通り、きつねどんとその相棒のくまどんです。 まず最初にきつねどんは、道にわなを仕掛けます。 うさぎどんはそれに引っかかって木に中吊りにされてしまいますが、そこで機転を利かせます。 近くを通りかかったくまどんに、こんな風に話しかけたのです。 「カラスがニンジン畑を荒らさないように1時間1ドルでこうしてぶら下がっているんだけど、僕はもう十分稼いだから君代わりにやらない?」 きつねどんがわなを見に戻ってくると、くまどんが代わりに罠にかかっていました・・・。 いつもうさぎどんを狙っていて、隙あらば捕まえて食べてしまおうと考えている意地悪なきつねどんたちに、うさぎどんは、「笑いの国(Laughing Place)」を見に行かないか、と持ちかけます。 3匹は旅をつづけました。 くまどんが覗いてみると、そこはハチの巣だらけの国。 またしてもくまどんをまんまと騙せたうさぎどんは大喜び。 でも調子に乗ったうさぎどんは、後ろから忍び寄ったきつねどんに気づきません。 きつねどんはハチの巣をうさぎどんにすっぽりとかぶせてしまい、とうとううさぎどんは捕まってしまいました。 いよいよ食べられそうになった時、うさぎどんはまたまた機転を利かせます。 「食べられるのはいいけれど、あのいばらの茂みにだけは投げ込まないでくれ!」 うさぎどんに意地悪をしたいきつねどんとくまどんは、それを聞いて大喜び。 うさぎどんをいばらの茂みへと投げ落とします。 でもこれはうさぎどんの策略でした。 いばらの中で生まれ育ったうさぎどんにとって、いばらの茂みは快適な世界。 大笑いしたうさぎどんは、自分にとっての「笑いの国」が、今まで住んでいたこの場所だということに気づき、また元の家で暮らすことにしました。 うさぎどんの帰還を、森のクリッターたちも大喜びで迎えます。 ジッパ・ディー・レディー号には「WELCOME HOME, BRER RABBIT」(おかえりなさい、うさぎどん)の垂れ幕が下がり、盛大なお祭りが行われたのでした。 スプラッシュマウンテンの設定 スプラッシュマウンテンの前半に延々と流れているのは、映画で使われている「Everybody has a Laughing Place」(誰にでも「笑いの国」がある)という曲。 アトラクションのスタート前には、ジョニーがリーマスおじさんにお話をせがんでいるやりとりも聞くことができます。 きつねどんやくまどんに邪魔されながらも何とか進んでいくうさぎどんですが、とうとう最後につかまってしまいます。 最大の山場は、うさぎどんがいばらの茂みに投げ込まれるシーン。 これが、スプラッシュマウンテンの名物である「水しぶきを上げながらのダイブ」になっているのです。 また、スプラッシュマウンテンにはもう一つの設定があります。 ある日のこと、密造酒を造っていたアライグマのラケッティが、誤って蒸留器を爆発させてしまいます。 爆発の勢いはすさまじく、ビーバーブラザーズが建設していたダムも決壊し、あふれだした水がチカピンヒルの洞窟に中に流れ込みました。 あたり一面水浸しになってしまいましたが、洞窟の中には川ができ、滝のように流れ落ちるスリル満点のコースでクリッターたちは丸太に乗って川下りをするようになりました。 それがのちに、スプラッシュマウンテン(水しぶきの山)という人気アトラクションになった・・・という話です。 スプラッシュマウンテン周辺のキャラクターたちには、『南部の唄』に登場するキャラクター以外にも、クリッターカントリーのオリジナルキャラクターたちが存在します。 川下りの会社(スプラッシュマウンテンとカヌー)を経営しているのは、ダムを造ったビーバーの兄弟、クローレンスとブリュースター。 クリッターカントリーの様々な建造物のほとんどは、彼らの仕事です。 密造酒造りから足を洗い、今はドリンクスタンド「ラクーンサルーン」を営んでいるのが、アライグマのラケッティ。 スプラッシュマウンテンを今の姿にしてしまった張本人です。 料理上手のジャコウネズミ、サラおばあちゃんが経営しているのが「グランマ・サラのキッチン」。 二階建て構造になっている穴倉のようなお店は、ビーバーブラザーズが造りました。 店内には昔のチカピンヒルの様子やクリッターたちの暮らしぶりがわかる資料が壁いっぱいに飾られています。 彼はホタルです。 お尻がフラッシュでしょうか。 エリア内の地面には彼らの足跡がついており、辿っていくとそれぞれの住み家を見つけることができたりします。 なお、オリジナルデザインのグッズを扱う「フート&ハラー・ハイドアウト」もキャラクターの名前みたいに聞こえますが、フートとハラーはクリッター同士の合言葉のようなものだそうです。 細かい見どころがいっぱいのクリッターカントリー。 ぜひじっくりと観察してみてください。 思わぬ発見がありますよ。 というのも、この作品に対して全米黒人地位向上協会が抗議運動を起こしたため、アメリカでは再上映はおろかDVD等の販売も行われていないからです。 抗議の理由は、この作品に登場するリーマスおじさんと白人たちとの関わりが「対等すぎるから」。 時代背景を考えたときに、黒人と白人が仲良すぎるというのが問題となったのです。 誤った歴史認識を助長しかねない内容に、協会が「待った」をかけたわけです。 実際にはこの時代の黒人たちはもっと虐げられて苦しめられていたんだよ、と。 日本でも手に入るのは中古ビデオ作品ぐらいのもので、それも現存するのはごく少数。 観たくても観ることのできない作品となっています。 抗議の意図もわからなくはないのですが、作品自体はとても評価の高いものだっただけに、非常に残念です。 『南部の唄』という作品の世界観を知っているのと知らないのとでは、スプラッシュマウンテンやクリッターカントリーの見方も変わってきます。 単なる絶叫系でくくることのできない、味わい深いアトラクションなのです。 ちなみにこの『南部の唄』(「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」)のアレンジ曲が2019年放送のホンダN-WGN エヌワゴン のCMで採用されています。 お茶の間で「あれ?なんか聞いたことあるんだけど・・・」と思った人も多いのでは?.

次の