剣盾 トレース。 【ポケモン剣盾】ポリゴン2を一撃で倒せる技(一撃必殺以外)

ポケモン剣盾の化石ポケモンの厳選!復元の組み合わせと入手方法も紹介!|ポケモニット

剣盾 トレース

1.ロンドン(ガラル地方北部) まずは何といっても奥の方に見えるビル群、これは世界第 2の都市のロンドンで間違いありません!一つ一つ細かく見ていきましょうか 1. 1 バッキンガム宮殿 中央に見える壁に囲まれて庭園が広がっている施設はバッキンガム宮殿をモデルにしています。 バッキンガム宮殿はロンドン中心部に位置していて日本でいういわゆる皇居にあたるものですね。 ロンドンの有名な観光地スポットの一つで宮殿の外周護衛を担当する近衛兵の交代儀式を見物できることでも有名です。 XYでもいわゆるベルサイユ宮殿において謎のギャルゲーイベントがあったので、ソード&シールドでもそれを意識したイベントが期待されますね。 物語ではになるのでしょうか? 1. 2 バッキンガム宮殿の左上に見える時計台はいわゆるを表しています。 イギリスの国会議事堂がこの中に入っていますね。 このはというロンドンの中心部を流れる河川の左岸に位置しています。 PVでも河に架かる橋の向こう側にありましたね! 1. 3 ロンドンアイ の川を挟んで対岸にあるのがロンドンアイといわれる観覧車です。 このロンドンアイも有名な観光スポットですね。 BWでも観覧車イベントがありましたが果たした今作でも見ることはできるのか…期待です! 1. 4 バッキンガム宮殿の右側にあるスタジアムのようなものはイギリスで最も大きいスタジアムであるでしょう。 PVにもその様子が描かれているようにサッカースタジアムとして使われたり、かの有名な の伝説的なライブもここで行われていたりします。 ラプソディーの最初と最後のシーンでフレディーが熱唱していたあの場所です。 のライブ映像はこちら 1. 5 中心部にそびえたつ前衛的なビルは…? 私自身これには見当もつかず調べてみたのですが完全に一致するものは見つかりませんでした。 おそらくによるオリジナルデザインでしょう。 一応候補としてはイギリスで最も高いビルである「ザ・シャード」か、デザインが特徴的な「ガーキン」でしょうか。 ちなみにこのタケノコ型のガーキンという建物、新宿にあるタワーに似てますね(笑)そしてこのビルの奥にも高層ビルが並んでいるのが分かります。 ロンドン中心部の東側は「シ」と呼ばれるイギリス経済、すなわち世界経済の中心地ともいえる場所ですね。 ーのような景色がみられるのが楽しみです。 PVではそのような描写は見られず中世に建てられたような茶色い建物ばかりが写っていましたが、ロンドンはビルが乱立している町ではなく東側の「シ」を除けば低い建物が並んでいます。 伝統的に中世からの中心部であるロンドンの中央部から西側では、その昔ながらの景観が維持されるように高いビルを建設しないようにしているのです。 これはの中心部であるパリを模したーにも同様のことが言えます。 こそありますが、そのほかでは7~8階建ての建物で町全体が構成されています 1. 6 ロンドン以南の謎の氷山 宮殿の手前には氷山が連なっていますがロンドンの北側は実は平野が広がっており、ガラル地方は実際の島とは大きく違います。 ゲームの都合か、もしくはと呼ばれる土地の貧しさを表現して氷山にしているんですかね。 確かに仮にバッキンガム宮殿をとするならがただの平原だとねえ、わくわくしませんから(笑)そしてこれは勝手な推測ですが、産業が発展した裕福な北側と、伝統を守り続けるも貧乏な南側のはざまに横たわるこの氷山は、伝統と革新の拒絶や資本主義社会が生み出した経済的な貧富の差などを対比し、象徴しているのかもしれかもしれませんね。 ちなみにイギリスの緯度は北海道より高く、一見するととても寒いように思うかもしれませんが、海流の影響でそれほど寒くはありません。 それゆえ雪もあまり降りません。 また緯度が高いので日が出ている時間は短く夏もそれほど暑くないです。 住みやすさでいえば抜群なので、留学するならイギリスにしましょう!ご飯もおいしいしおすすめです 2.ロンドン以南 2. 1 ウォーリック城 氷山の南側にある灰色の城はおそらくウォーリック城だと思われます。 ウォーリック城は 11世紀にフランスからの侵略者ウィリアム征服王によって建設された城で、かの有名なにおいて要塞として強化され以降も軍事拠点として使用されてきました。 城の外壁はチェスのルークに見られような典型的な外見をしていますね。 イギリスの有名な観光地の一つですぐそばに流れる河に入って涼むこともできます。 もしかしたらそんなイベントがあるかも…?それか城の外観的にも悪の組織のアジトとかになるのかも…またよく見てみると城の中に庭園のようなものも見えますね。 これはピーコックガーデンという広大な庭園がモデルとなっていて、そこではを見ることができます。 新種のがそこで出たらスパチャください 笑 2. 2 ウォーリック城の右上、氷山の下側にある城のモデルはだと思われます。 はの北西にあり、を征服した王によって建てられました。 のモデルにもなっています。 3 キングスリン ウォーリック城の左側にある岩で囲まれた港町はキングスリンでしょう。 中世までは重要な港町として使われていたようです。 なぜ岩場に閉じ込められたような形状になっているのかとても気になる… 2. 4 海辺に面していてやジムがあるこの町はサッカーファンにはご存知の港町のです。 かの世界的なロックバンドであるの発症の地でもあります。 はにある小さなバーで演奏してその名を広めていきました。 イギリスといえばやはり UKロック!それまでの音楽とは全く異なる体系の音楽を体現したはやはり外せない要素だと思います。 BW2で登場したなんかが出演してくれたりしたら胸熱ですね! 2. 5 こちらもサッカーファンにはおなじみ。 私はユナイテッド派です 聞いてない ちなみにこの土地は「乳房のような丘」という意味があるらしい 聞いてない なお世界で最初の実用的なを用いた鉄道は実はとを往復したものでした。 よく見るとこの2点はゲーム内でも直線的な道路になっており、いわゆる今作での廃人道路になると期待されます。 自転車という原始的な輸送車と世界初の鉄道である鉄道。 これは果たしてただの偶然の一致なのでしょうか…。 が各地を往来していることからもガラル地方と鉄道は何かしらの関係があるとみていいですね。 6 リーズ の下側にあるの褐色の壁で囲まれた要塞は第 3の都市であるリーズをおそらくモデルとしています。 モダンでロマンチックな町並みでリーズのタウンホールには印象的な時計台もあります。 最初はの都市であると迷いましたが、後述するとの位置関係を考えるとリーズという結論になりました。 7 ガラル地方下部にはいくつかの湖があります。 これはイギリスでは有名なと呼ばれるエリアでイギリス有数のリゾート地として知られています。 そしてイギリスといえばですよね。 厳密には場所は違うのですが、もしかしたらを模したが現れたりするかも…しれない例えばとかその進化系とか… 3.その他妄想 以上の考察からすると、ガラル地方は直感的には島全体を表しているが、実は以南を地方の舞台として設定しているかもしれませんね。 なので正確には舞台は「」といえるかもしれませんね。 地理的な面での妄想としては、イギリスとフランスはトンネルによってつながれており、という特急が通っています。 距離にすると約 50キロでだいたいと同じですね。 に行けたり…したらもうこれはに圧倒的感謝ですね。 あとはじつはに行けたり北極に行けたりは…まあ考えないでおきましょう。 ベースとなる伝承はタイトルにソード、シールドを冠していることからやはりまずは物語が一つ連想されるでしょう。 物語は簡単に言えば王となる器のある人間しかぬけないという聖剣を抜いたアーサーが王となり、を統一した後妻となる女性と結婚したり円卓の騎士を結成し、様々な冒険譚やンスを展開するというものです。 円卓の騎士とは机を円形にすることで座る位置による格差をなくし全員が平等であることを象徴したものです。 円卓の騎士には一般的には 12人の騎士が座ります。 あれ…?ジムリーダーと四天王の人数を合わせると…。 (25人だったり諸説あります)また騎士といえば十字軍で活躍したなんかも有名ですよね。 は都市伝説愛好者御用達のと密接な関わりがあるのでの格好のネタになると思います。 ストーリーは今回は「伝統と革新」がテーマになるようですね。 非常に抽象的なテーマですがやはりの起源となったイギリスを舞台としてこのテーマを扱うからこそ意味があるのでしょう。 ゲーフリがどのように対比を表現し、どう結論付けるのか見ものですね 誰目線だよ 他にもロンドンと言えばミステリー小説が盛んな地域です。 シャーロックホームズやワトソン、宿敵モリアーなど様々挙げることができます。 トマスモアやなど世界史に表れる多くの有名な人物が処刑たロンドン塔という場所も有名な観光スポットになっていたりするので、新作にはホラー要素にも十分に期待ですね。

次の

日付変更バグの方法

剣盾 トレース

特性 効果 持っているメモリで自分のタイプが変わる。 物理攻撃は頭の氷がみがわりになるが姿も変わる。 氷はあられが降ると元に戻る。 天気があられのときHPを少しずつ回復する。 臭いにおいを放つことによって攻撃したときに相手をひるませることがある。 厚い脂肪で守られているのでほのおタイプとこおりタイプの技のダメージを半減させる。 技を出す順番がかならず最後になる。 いちばん最後に技を出すと技の威力が上がる。 能力の変化が逆転して上がるときに下がり下がるときに上がる。 天気が雨のとき少しずつHPを回復する。 登場したとき天気を雨にする。 戦闘で相手を逃げられなくする。 自分と味方へのメンタル攻撃を防ぐことができる。 登場したとき威嚇して相手を萎縮させ相手の攻撃を下げてしまう。 急所に攻撃が当たると怒りくるって攻撃力が最大になる。 反動を受ける技を出してもHPが減らない。 変化技を先制で出すことができる。 状態異常の味方をたまに治してあげる。 てもちのいちばんうしろにいるポケモンになりきってとうじょうしてあいてをばかす。 効果がいまひとつの技を通常の威力で出すことができる。 なみのりかダイビングをすると獲物をくわえてくる。 ダメージを受けると獲物を吐き出して攻撃。 すべての音技がみずタイプになる。 天気が雨のとき状態異常が治る。 登場したときエレキフィールドをはりめぐらせる。 すべての技を相手に接触しないで出すことができる。 登場したとき相手の持ち物を見通すことができる。 こうげきでじぶんにふれたあいてのすばやさをさげる。 力自慢のハサミを持っているので相手に攻撃を下げられない。 かがくへんかガスのポケモンが場にいるとすべてのポケモンの特性の効果が消えたり発動しなくなる。 相手の影を踏み逃げたり交代できなくする。 毎ターン素早さが上がる。 相手に接触する技の威力が高くなる。 相手の特性にジャマされることなく相手に技を出すことができる。 能力を下げられると特攻がぐーんと上がる。 硬い甲羅に守られて相手の攻撃が急所に当たらない。 持っていた道具がなくなると素早さが上がる。 目の前のポケモンに変身してしまう。 相手の技を受けても一撃で倒されることがない。 一撃必殺技も効かない。 あごが頑丈で噛む技の威力が高くなる。 天気が雨の時やみずタイプの技でHPが回復しはれの時やほのおタイプの技で減ってしまう。 HPが半分になると危険を回避するため手持ちに引っ込んでしまう。 相手の持つ危険な技を察知することができる。 フィールドの状態にあわせてポケモンのタイプが変わる。 ゴーストタイプのポケモンにノーマルタイプとかくとうタイプの技を当てることができる。 相手の攻撃でHPが半分になると特攻が上がる。 吸盤で地面に張り付きポケモンを入れ替えさせる技や道具が効かなくなる。 強運を持っているため相手の急所に攻撃が当たりやすい。 味方が道具を使うと自分の持っている道具を味方に渡す。 HPが多いときは群れて強くなる。 HPの残りが少なくなると群れは散り散りになってしまう。 相手を緊張させてきのみを食べられなくさせる。 HPが少なくなったら食べるきのみをHP半分の時に食べてしまう。 相手より先に行動できることがある。 物理技でダメージを受けると防御が下がり素早さがぐーんと上がる。 とうじょうしたときにグラスフィールドをはりめぐらせる。 相手の技や特性で能力を下げられない。 HPが減ったときみずタイプの技の威力が上がる。 こおりのりんぷんに守られて特殊攻撃で受けるダメージが半減する。 攻撃は上がるが最初に選んだ技しか出せなくなる。 状態異常になると根性をだして攻撃が上がる。 エレキフィールドのときすばやさが2ばいになる。 登場したときにサイコフィールドをはりめぐらせる。 手持ちに引っ込むとHPが少し回復する。 接触する技で攻撃してきたポケモンと特性を入れ替える。 攻撃を受けたとき自分に触れた相手をざらざらの肌でキズつける。 天気が晴れると特攻が上がるが毎ターンHPが減る。 硬い殻に守られ相手の攻撃が急所に当たらない。 攻撃を受けると防御が上がる。 相手を倒すと自信がついて攻撃が上がる。 手持ちにひっこむと状態異常が治る。 あたりを湿らせることによってじばくなどの爆発する技をだれも使えなくなる。 使ったきのみを何回も作りだす。 柔軟な体によってまひ状態にならない。 熟成させることできのみの効果が倍になる。 みずタイプほのおタイプの技を受けると素早さがぐぐーんと上がる。 相手に威圧感をあたえこちらにむかって先制技を出せないようにする。 はがねタイプのポケモンをじりょくでひきつけてにげられなくする。 白い煙に守られて相手に能力を下げられない。 自分がなってしまったどくやまひややけどを相手にうつす。 HPが減ったときくさタイプの技の威力が上がる。 味方のポケモンは眠らなくなる。 天気が雨のとき素早さが上がる。 自分に対するほのおタイプの技の威力を下げる。 やけどしない。 連続技を使うといつも最高回数出すことができる。 相手の技を引き受ける特性や技の影響を無視できる。 相手の技を引き受ける特性や技の影響を無視できる。 反動でダメージを受ける技の威力が上がる。 攻撃を急所に当てると威力がさらに上がる。 登場したとき天気をすなあらしにする。 天気がすなあらしのとき素早さが上がる。 砂あらしのとき回避率が上がる。 天気がすなあらしのときいわタイプとじめんタイプとはがねタイプの威力が上がる。 攻撃を受けると砂あらしを起こす。 相手の壁や身代わりをすりぬけて攻撃できる。 鋭い目のおかげで命中率を下げられない。 あくタイプの攻撃を受けると正義感で攻撃が上がる。 鍛えられた精神によって相手の攻撃にひるまない。 静電気を体にまとい触った相手をまひさせることがある。 くさタイプの技を受けるとダメージを受けずに攻撃が上がる。 ポケモンがひんしになるたびに特攻が上がる。 あいてのとくせいにじゃまされずあいてにわざをだすことができる。 耐熱の体によってほのおタイプの技の威力を半減させる。 相手の防御と特防を比べて低いほうの能力にあわせて自分の攻撃か特攻を上げる。 体の皮を脱ぎ捨てることで状態異常を治すことがある。 道具を持っていない場合1回目に投げて失敗したモンスターボールを拾ってくる。 HPが半分以下になると姿が変化する。 のうりょくへんかがいつもの2ばいになる。 技の追加効果はなくなるがそのぶん高い威力で技を出すことができる。 物理攻撃の威力が2倍になる。 でんきタイプの技を受けるとダメージを受けずに回復する。 こんらん状態のときは回避率がアップする。 みずタイプの技を受けるとダメージを受けずに回復する。 自分とおなじタイプの技の威力が上がる。 威力が低い技の威力を高くして攻撃できる。 パンチを使う技の威力が上がる。 自分に触った相手に鉄のトゲでダメージをあたえる。 あいてのとくせいにじゃまされずあいてにわざをだすことができる。 味方の攻撃を読み取って技を回避する。 でんきタイプの技を受けるとダメージを受けずに素早さが上がる。 相手の能力の変化を無視して攻撃ができる。 天の恵みのおかげで技の追加効果がでやすい。 性別が同じだと闘争心を燃やして強くなる。 性別が違うと弱くなる。 触るだけで相手をどく状態にすることがある。 自分に触った相手をどく状態にすることがある。 相手に倒されたときHPの残りのぶんだけ相手にダメージをあたえる。 登場したとき相手の特性をトレースして同じ特性になる。 鈍感なのでメロメロやちょうはつ状態にならない。 技を出すと次のターンは休んでしまう。 野生のポケモンから必ず逃げられる。 HPが半分になるとあわてて逃げ出して手持ちに引っ込んでしまう。 攻撃で自分に触れた相手の素早さを下げる。 やけど状態になったとき特殊技の威力が上がる。 粘着質の体に道具がくっついているため相手に道具を奪われない。 ノーガード戦法によってお互いの出す技がかならず当たるようになる。 あらゆる天気の影響がなくなってしまう。 攻撃を受けると相手の技をかなしばり状態にすることがある。 効果バツグンになってしまう攻撃の威力を弱めることができる。 はがねタイプの技の威力が上がる。 味方の鋼タイプの攻撃の威力が上がる。 体を被う化けの皮で1回攻撃を防ぐことができる。 自分も味方もどくの状態異常を受けなくなる。 あたりを明るくすることで野生のポケモンに遭遇しやすくなる。 味方の特殊技の威力を上げる。 防御を下げる効果を受けない。 攻撃技を出すとブレードフォルムに技キングシールドを出すとシールドフォルムに変化する。 状態異常になると素早さが上がる。 ねむり状態になっても2倍の早さで目覚めることができる。 HPが満タンだとひこうタイプの技を先制で出すことができる。 ターンの終わりにまんぷくもよう はらぺこもよう まんぷくもよう……と交互に姿を変える。 ターンの終わりにまんぷくもようはらぺこもうまんぷくもよう……と交互に姿を変える。 登場したときに敵と味方のひかりのかべ リフレクター オーロラベールの効果が消える。 自分の攻撃が高くなるが命中率が下がる。 交代で出てきた相手に2倍のダメージで攻撃できる。 隣にいるだけで技の威力が上がる。 音技の威力が上がる。 受けた音技のダメージは半分になる。 回復技を先制で出すことができる。 登場したときに天気を晴れにする。 どく状態の相手を攻撃するとかならず急所に当たる。 あくタイプとゴーストタイプとむしタイプの技を受けるとびびって素早さが上がる。 でんきタイプの技を自分に寄せ付けダメージを受けずに特攻が上がる。 あいてからうけるぶつりわざのダメージがはんぶんになる。 HPがまんたんのときにうけるダメージがすくなくなる。 効果バツグンになってしまう攻撃の威力を弱めることができる。 ノーマルタイプの技がフェアリータイプになる。 威力が少し上がる。 相手に接触する技なら守りの効果を無視して攻撃することができる。 持っている道具を使うことができない。 複眼を持っているため技の命中率が上がる。 ひるむたびに不屈の心を燃やして素早さが上がる。 登場したときに防御が上がる。 状態異常になると不思議なウロコが反応して防御が上がる。 効果バツグンの技しか当たらない不思議な力。 はがねタイプやどくタイプもどく状態にすることができる。 登場したときに攻撃が上がる。 眠れない体質なのでねむり状態にならない。 地面から浮くことによってじめんタイプの技を受けない。 プラスかマイナスの特性を持つポケモンが仲間にいると自分の特攻が上がる。 天気が晴れのとき自分と味方の攻撃と特防の能力が上がる。 味方の草ポケモンは能力が下がらず状態異常にもならない。 こうかばつぐんになってしまうこうげきのいりょくをよわめることができる。 プレッシャーをあたえて相手の使う技のPPを多く減らす。 味方のダメージを減らすことができる。 自分の重さが2倍になる。 ヘドロ液を吸い取った相手は強烈な悪臭でダメージを受けてHPを減らす。 音を遮断することによって音の攻撃を受けない。 攻撃で自分に触れた相手をどくやまひやねむり状態にすることがある。 すなあらしやあられなどのダメージを受けない。 粉の技を受けない。 相手の弾や爆弾などの技を防ぐことができる。 どんなきのみでも食べるとHPも回復する。 自分に触った相手をやけど状態にすることがある。 接触する技を受けるとお互い3ターンたつとひんしになる。 交代すると効果はなくなる。 プラスかマイナスの特性を持つポケモンが仲間にいると自分の特攻が上がる。 マイペースなのでこんらん状態にならない。 能力を下げられると攻撃がぐーんと上がる。 技を当てた相手の道具を奪ってしまう。 攻撃以外ではダメージを受けない。 相手にだされた変化技を受けずにそのまま返すことができる。 HPが満タンのときに受けるダメージが少なくなる。 相手に触られると相手をミイラにしてしまう。 みずタイプの技を受けると防御がぐーんと上がる。 登場したときにミストフィールドをはりめぐらせる。 みずのベールを身にまといやけど状態にならない。 戦闘が終わったときあまいミツを拾うことがある。 自分が受けた能力ダウンの効果だけを跳ね返す。 変化技を受けにくい体になっている。 HPが減ったときむしタイプの技の威力が上がる。 毎ターン能力のどれかがぐーんと上がってどれかが下がる。 波動の技の威力が高くなる。 あいてのわざやとくせいでのうりょくをさげられない。 自分に触った相手をメロメロにすることがある。 体内に免疫を持っているためどく状態にならない。 HPが減ったときほのおタイプの技の威力が上がる。 相手の使った道具を拾ってくることがある。 冒険中も拾ってくる。 相手から受けた接触する技のダメージを半減するがほのおタイプの技のダメージは2倍になる。 ほのおタイプの技を受けると炎をもらい自分が出すほのおタイプの技が強くなる。 やる気をだすことによってねむり状態にならない。 ひんしになったとき触った相手にダメージをあたえる。 天気があられのとき素早さが上がる。 天気があられのとき回避率が上がる。 登場したとき天気をあられにする。 天気が晴れのとき素早さが上がる。 登場したとき相手の持つ技をひとつだけ読み取る。 みずタイプの技を自分によせつけダメージはうけずに特攻が上がる。 自分の重さが半分になる。 天気が晴れのときは状態異常にならない。 自分が出す技と同じタイプに変化する。 りんぷんに守られて技の追加効果を受けなくなる。 倒された味方の特性を受け継いで同じ特性になる。 攻撃を受けるとわたげをばらまいて自分以外のポケモンすべての素早さを下げる。 触られた相手の道具を盗んでしまう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】イギリス人のワイがガラル地方を徹底分析!ポケモン新作PVを100倍楽しもう!

剣盾 トレース

1.ロンドン(ガラル地方北部) まずは何といっても奥の方に見えるビル群、これは世界第 2の都市のロンドンで間違いありません!一つ一つ細かく見ていきましょうか 1. 1 バッキンガム宮殿 中央に見える壁に囲まれて庭園が広がっている施設はバッキンガム宮殿をモデルにしています。 バッキンガム宮殿はロンドン中心部に位置していて日本でいういわゆる皇居にあたるものですね。 ロンドンの有名な観光地スポットの一つで宮殿の外周護衛を担当する近衛兵の交代儀式を見物できることでも有名です。 XYでもいわゆるベルサイユ宮殿において謎のギャルゲーイベントがあったので、ソード&シールドでもそれを意識したイベントが期待されますね。 物語ではになるのでしょうか? 1. 2 バッキンガム宮殿の左上に見える時計台はいわゆるを表しています。 イギリスの国会議事堂がこの中に入っていますね。 このはというロンドンの中心部を流れる河川の左岸に位置しています。 PVでも河に架かる橋の向こう側にありましたね! 1. 3 ロンドンアイ の川を挟んで対岸にあるのがロンドンアイといわれる観覧車です。 このロンドンアイも有名な観光スポットですね。 BWでも観覧車イベントがありましたが果たした今作でも見ることはできるのか…期待です! 1. 4 バッキンガム宮殿の右側にあるスタジアムのようなものはイギリスで最も大きいスタジアムであるでしょう。 PVにもその様子が描かれているようにサッカースタジアムとして使われたり、かの有名な の伝説的なライブもここで行われていたりします。 ラプソディーの最初と最後のシーンでフレディーが熱唱していたあの場所です。 のライブ映像はこちら 1. 5 中心部にそびえたつ前衛的なビルは…? 私自身これには見当もつかず調べてみたのですが完全に一致するものは見つかりませんでした。 おそらくによるオリジナルデザインでしょう。 一応候補としてはイギリスで最も高いビルである「ザ・シャード」か、デザインが特徴的な「ガーキン」でしょうか。 ちなみにこのタケノコ型のガーキンという建物、新宿にあるタワーに似てますね(笑)そしてこのビルの奥にも高層ビルが並んでいるのが分かります。 ロンドン中心部の東側は「シ」と呼ばれるイギリス経済、すなわち世界経済の中心地ともいえる場所ですね。 ーのような景色がみられるのが楽しみです。 PVではそのような描写は見られず中世に建てられたような茶色い建物ばかりが写っていましたが、ロンドンはビルが乱立している町ではなく東側の「シ」を除けば低い建物が並んでいます。 伝統的に中世からの中心部であるロンドンの中央部から西側では、その昔ながらの景観が維持されるように高いビルを建設しないようにしているのです。 これはの中心部であるパリを模したーにも同様のことが言えます。 こそありますが、そのほかでは7~8階建ての建物で町全体が構成されています 1. 6 ロンドン以南の謎の氷山 宮殿の手前には氷山が連なっていますがロンドンの北側は実は平野が広がっており、ガラル地方は実際の島とは大きく違います。 ゲームの都合か、もしくはと呼ばれる土地の貧しさを表現して氷山にしているんですかね。 確かに仮にバッキンガム宮殿をとするならがただの平原だとねえ、わくわくしませんから(笑)そしてこれは勝手な推測ですが、産業が発展した裕福な北側と、伝統を守り続けるも貧乏な南側のはざまに横たわるこの氷山は、伝統と革新の拒絶や資本主義社会が生み出した経済的な貧富の差などを対比し、象徴しているのかもしれかもしれませんね。 ちなみにイギリスの緯度は北海道より高く、一見するととても寒いように思うかもしれませんが、海流の影響でそれほど寒くはありません。 それゆえ雪もあまり降りません。 また緯度が高いので日が出ている時間は短く夏もそれほど暑くないです。 住みやすさでいえば抜群なので、留学するならイギリスにしましょう!ご飯もおいしいしおすすめです 2.ロンドン以南 2. 1 ウォーリック城 氷山の南側にある灰色の城はおそらくウォーリック城だと思われます。 ウォーリック城は 11世紀にフランスからの侵略者ウィリアム征服王によって建設された城で、かの有名なにおいて要塞として強化され以降も軍事拠点として使用されてきました。 城の外壁はチェスのルークに見られような典型的な外見をしていますね。 イギリスの有名な観光地の一つですぐそばに流れる河に入って涼むこともできます。 もしかしたらそんなイベントがあるかも…?それか城の外観的にも悪の組織のアジトとかになるのかも…またよく見てみると城の中に庭園のようなものも見えますね。 これはピーコックガーデンという広大な庭園がモデルとなっていて、そこではを見ることができます。 新種のがそこで出たらスパチャください 笑 2. 2 ウォーリック城の右上、氷山の下側にある城のモデルはだと思われます。 はの北西にあり、を征服した王によって建てられました。 のモデルにもなっています。 3 キングスリン ウォーリック城の左側にある岩で囲まれた港町はキングスリンでしょう。 中世までは重要な港町として使われていたようです。 なぜ岩場に閉じ込められたような形状になっているのかとても気になる… 2. 4 海辺に面していてやジムがあるこの町はサッカーファンにはご存知の港町のです。 かの世界的なロックバンドであるの発症の地でもあります。 はにある小さなバーで演奏してその名を広めていきました。 イギリスといえばやはり UKロック!それまでの音楽とは全く異なる体系の音楽を体現したはやはり外せない要素だと思います。 BW2で登場したなんかが出演してくれたりしたら胸熱ですね! 2. 5 こちらもサッカーファンにはおなじみ。 私はユナイテッド派です 聞いてない ちなみにこの土地は「乳房のような丘」という意味があるらしい 聞いてない なお世界で最初の実用的なを用いた鉄道は実はとを往復したものでした。 よく見るとこの2点はゲーム内でも直線的な道路になっており、いわゆる今作での廃人道路になると期待されます。 自転車という原始的な輸送車と世界初の鉄道である鉄道。 これは果たしてただの偶然の一致なのでしょうか…。 が各地を往来していることからもガラル地方と鉄道は何かしらの関係があるとみていいですね。 6 リーズ の下側にあるの褐色の壁で囲まれた要塞は第 3の都市であるリーズをおそらくモデルとしています。 モダンでロマンチックな町並みでリーズのタウンホールには印象的な時計台もあります。 最初はの都市であると迷いましたが、後述するとの位置関係を考えるとリーズという結論になりました。 7 ガラル地方下部にはいくつかの湖があります。 これはイギリスでは有名なと呼ばれるエリアでイギリス有数のリゾート地として知られています。 そしてイギリスといえばですよね。 厳密には場所は違うのですが、もしかしたらを模したが現れたりするかも…しれない例えばとかその進化系とか… 3.その他妄想 以上の考察からすると、ガラル地方は直感的には島全体を表しているが、実は以南を地方の舞台として設定しているかもしれませんね。 なので正確には舞台は「」といえるかもしれませんね。 地理的な面での妄想としては、イギリスとフランスはトンネルによってつながれており、という特急が通っています。 距離にすると約 50キロでだいたいと同じですね。 に行けたり…したらもうこれはに圧倒的感謝ですね。 あとはじつはに行けたり北極に行けたりは…まあ考えないでおきましょう。 ベースとなる伝承はタイトルにソード、シールドを冠していることからやはりまずは物語が一つ連想されるでしょう。 物語は簡単に言えば王となる器のある人間しかぬけないという聖剣を抜いたアーサーが王となり、を統一した後妻となる女性と結婚したり円卓の騎士を結成し、様々な冒険譚やンスを展開するというものです。 円卓の騎士とは机を円形にすることで座る位置による格差をなくし全員が平等であることを象徴したものです。 円卓の騎士には一般的には 12人の騎士が座ります。 あれ…?ジムリーダーと四天王の人数を合わせると…。 (25人だったり諸説あります)また騎士といえば十字軍で活躍したなんかも有名ですよね。 は都市伝説愛好者御用達のと密接な関わりがあるのでの格好のネタになると思います。 ストーリーは今回は「伝統と革新」がテーマになるようですね。 非常に抽象的なテーマですがやはりの起源となったイギリスを舞台としてこのテーマを扱うからこそ意味があるのでしょう。 ゲーフリがどのように対比を表現し、どう結論付けるのか見ものですね 誰目線だよ 他にもロンドンと言えばミステリー小説が盛んな地域です。 シャーロックホームズやワトソン、宿敵モリアーなど様々挙げることができます。 トマスモアやなど世界史に表れる多くの有名な人物が処刑たロンドン塔という場所も有名な観光スポットになっていたりするので、新作にはホラー要素にも十分に期待ですね。

次の