ファブリーズ w 除 菌 アルコール。 強力なアルコール除菌スプレーおすすめ5選!市販の濃度や使い方、注意点など徹底解説!

ファブリーズの「99.9%除菌・消臭」は本当? 効果を試してみた!

ファブリーズ w 除 菌 アルコール

2020 05. 25 【 アルコール(エタノール)】の濃度による殺菌(除菌・消毒)効果について 殺菌(除菌・消毒)に使用される エタノール(アルコール)の殺菌効果の至適濃度範囲(有効範囲)は、下記の通りとされています。 日本薬局方(局方): 76. 9~81. 5~71. この現状を踏まえ、東京医療保健大学大学院 神明 朱美 氏(現:城西国際大学 看護学部 助教)が医療関連感染で重要な細菌・真菌・抗酸菌の殺菌効果、および抗ウイルス効果に対するエタノール濃度の影響を検討することで有効最小濃度を確認し、エタノールの殺菌・抗ウイルスのスペクトルを明らかにした論文「殺菌・抗ウイルス効果に及ぼすエタノール濃度の影響」(2019年3月11日)を要約した結果を下記のようにまとめました。 この研究によると 濃度50%以上のエタノールに、接触時間1分間で十分な新型コロナウイルス不活性化が可能 と発表しています。 原核生物である細菌などに作用すると、タンパク質の変性や溶菌などの殺菌作用があります。 また、ヒトなどの局所作用として収れん作用が現れます。 つまり、ある程度水が存在する状況では、アルコールが膜を変性すると共に、透過したアルコールなどが菌の内圧を高め溶菌などの作用があります。 一方、高濃度ではタンパク質の構造水などの脱水作用が生じるため、変性作用が強く現れます。 論文・研究結果からの考察 あらゆる菌・ウイルスに対して、殺菌(除菌・消毒)を行うという観点では、 日本薬局方が定める76. 9~81. また濃度の高いアルコールを使い続けると、手荒れが進み菌が滞在しやすくなるため、 アルコール除菌と併用して、ハンドクリーム等でのハンドケアが大切です。 そのため、一般的にアルコール製品に記載されている濃度で、特に表記がない場合、容量パーセント濃度になります。 CHINOSHIOのクリーンローションCSは、 「アルコール63%」で手指消毒に使えます! ご購入は、ちのしおオンラインショップ「ちのしお屋」にて承っております。 9~81. また、当社以外の製品に配合された場合にも、必ずしもここに記載された働きをするとは限りません。 (その他の処方等によるため).

次の

【楽天市場】P&G ファブリーズ W除菌 無香料 アルコール成分入り つめかえ用 320ml(アルコール除菌 詰替)(4902430910279):姫路流通センター

ファブリーズ w 除 菌 アルコール

そりゃあ、あのテレビCMを見ると誰だってそう思わない?お母さん達の話を聞くと、まるで夢の除菌消臭スプレーの様に思っているのが分かります。 もちろん私の家にも幾つか常備しております。 CMは30秒から60秒で、より良いイメージをさせないといけません。 余分な説明は要りません。 それは分かっているはずなのに、本来の効果を私達が過大解釈して、勝手にイメージしてしまっている部分があります。 現在、主流の消臭スプレー、ファブリーズやリセッシュは除菌も一緒にします。 私達のイメージとして、これを使えばにおいも菌も全て「ソコから無くなる」と思っています。 しかし実際の効果と、イメージしている効果とは違っており差があるのです。 全ての種類の菌を除菌出来るわけではない ファブリーズやリセッシュなどの除菌消臭スプレーが除菌する菌は、主に大腸菌や黄色ブドウ球菌とその他になります。 では、大腸菌や黄色ブドウ球菌を殺せれば、「一般細菌はこれらの菌より弱いので、減少させられることを確認している」とされています。 またカビ、キノコ、酵母などの真菌類は除くともあります。 ちょっと大げさかなとも思いますが、HPで確認するとカビ菌などや他の細菌にも効果を発揮でき、おまけにインフルにも効果あるとか。 基本的に消毒剤や殺菌効果のある薬品は、ある程度の細菌に対しては一定の減少効果を得られるものです。 足に吹きかけても治りませんし、除菌出来たとしても、皮膚表面の有効数の減少の効果を得られる範囲です。 水虫は皮膚の中に入り込んでいますので、そこまで除菌出来ません。 マットやカーペットに付いた真菌に関しても、減少だと思っておきましょう。 表面上の真菌を殺菌したいなら、消毒用エタノールの方が殺菌力は強いです。 この検査方法は簡単に言うと、丸い小さな下敷きの上に細菌を付け、そこにスプレーして細菌の減少数を見ます。 あくまでも平らな表面上の減少数を見ているに過ぎません。 また違う対象物があったにせよ、人の体の菌については対象外なのです。 現実の生活の様にシワもあれば、裏側もある、凹みもある所での検証ではありません。 人の体には細菌が常在しているので、除菌している瞬間でも菌はそこに存在してしまうのです。 一本なんてすぐ無くなってしまいます シュッシュっとやれば全体を除菌消臭出来る!と思ってしまうようなCMの作り方なのでしょうがないと思いますが、除菌消臭出来るのは薬剤が付いた所だけです。 クッションに3、4回スプレーしても全体が除菌出来るわけではありません。 ベット全体を除菌するなら、マットから布団の裏表、枕でかなりの量を使います。 お昼前後の日が高い時、日光に一時間上あてると、結構な数の細菌を減らせる事が分かっております。 三時間もあてるとかなりの有効数を減らせると思いますが、それ以上に減らせると宣伝している除菌消臭スプレーの効果は高いでしょう。 ちなみに洗濯物で生乾きや室内干しだと少しくさく感じるというのは、細菌が少し繁殖してしまっているのです。 成分表示を詳しく書かなくてもいい どの菌に対してどのくらいの殺菌力があるのか?その成分は何か?知りたくても成分表には記載されてません。 全てを詳細に表示しなくても大丈夫な規制になっているので、ハッキリとしたことが分からないのです。 メーカーの問い合わせても、もちろん教えてくれません。 当たり前のことですが、いわゆる企業秘密です。 除菌消臭スプレーや消臭剤は雑貨品に分類されます。 表現が大きな枠組の中でも可能な為、私達もCMを過大に評価、解釈しイメージを増幅してしまっているのかもしれません。

次の

ファブリーズが危険と言われる3つの理由!リセッシュと比較してどうなのか?

ファブリーズ w 除 菌 アルコール

そりゃあ、あのテレビCMを見ると誰だってそう思わない?お母さん達の話を聞くと、まるで夢の除菌消臭スプレーの様に思っているのが分かります。 もちろん私の家にも幾つか常備しております。 CMは30秒から60秒で、より良いイメージをさせないといけません。 余分な説明は要りません。 それは分かっているはずなのに、本来の効果を私達が過大解釈して、勝手にイメージしてしまっている部分があります。 現在、主流の消臭スプレー、ファブリーズやリセッシュは除菌も一緒にします。 私達のイメージとして、これを使えばにおいも菌も全て「ソコから無くなる」と思っています。 しかし実際の効果と、イメージしている効果とは違っており差があるのです。 全ての種類の菌を除菌出来るわけではない ファブリーズやリセッシュなどの除菌消臭スプレーが除菌する菌は、主に大腸菌や黄色ブドウ球菌とその他になります。 では、大腸菌や黄色ブドウ球菌を殺せれば、「一般細菌はこれらの菌より弱いので、減少させられることを確認している」とされています。 またカビ、キノコ、酵母などの真菌類は除くともあります。 ちょっと大げさかなとも思いますが、HPで確認するとカビ菌などや他の細菌にも効果を発揮でき、おまけにインフルにも効果あるとか。 基本的に消毒剤や殺菌効果のある薬品は、ある程度の細菌に対しては一定の減少効果を得られるものです。 足に吹きかけても治りませんし、除菌出来たとしても、皮膚表面の有効数の減少の効果を得られる範囲です。 水虫は皮膚の中に入り込んでいますので、そこまで除菌出来ません。 マットやカーペットに付いた真菌に関しても、減少だと思っておきましょう。 表面上の真菌を殺菌したいなら、消毒用エタノールの方が殺菌力は強いです。 この検査方法は簡単に言うと、丸い小さな下敷きの上に細菌を付け、そこにスプレーして細菌の減少数を見ます。 あくまでも平らな表面上の減少数を見ているに過ぎません。 また違う対象物があったにせよ、人の体の菌については対象外なのです。 現実の生活の様にシワもあれば、裏側もある、凹みもある所での検証ではありません。 人の体には細菌が常在しているので、除菌している瞬間でも菌はそこに存在してしまうのです。 一本なんてすぐ無くなってしまいます シュッシュっとやれば全体を除菌消臭出来る!と思ってしまうようなCMの作り方なのでしょうがないと思いますが、除菌消臭出来るのは薬剤が付いた所だけです。 クッションに3、4回スプレーしても全体が除菌出来るわけではありません。 ベット全体を除菌するなら、マットから布団の裏表、枕でかなりの量を使います。 お昼前後の日が高い時、日光に一時間上あてると、結構な数の細菌を減らせる事が分かっております。 三時間もあてるとかなりの有効数を減らせると思いますが、それ以上に減らせると宣伝している除菌消臭スプレーの効果は高いでしょう。 ちなみに洗濯物で生乾きや室内干しだと少しくさく感じるというのは、細菌が少し繁殖してしまっているのです。 成分表示を詳しく書かなくてもいい どの菌に対してどのくらいの殺菌力があるのか?その成分は何か?知りたくても成分表には記載されてません。 全てを詳細に表示しなくても大丈夫な規制になっているので、ハッキリとしたことが分からないのです。 メーカーの問い合わせても、もちろん教えてくれません。 当たり前のことですが、いわゆる企業秘密です。 除菌消臭スプレーや消臭剤は雑貨品に分類されます。 表現が大きな枠組の中でも可能な為、私達もCMを過大に評価、解釈しイメージを増幅してしまっているのかもしれません。

次の