甲田 まひる wiki。 MAPPYって実際には何者なのかをチェック!親や本名はどう?|話題に困る日々が無くなるブログ

甲田まひる(Mappy)の高校はどこ?出身地や経歴は?両親や兄弟は?

甲田 まひる wiki

概要 [ ] (即興)のラップバトルで、チャレンジャーが「モンスター」と呼ばれる強豪ラッパーと戦う番組『』の、スピンオフ企画である。 タイトル通り、日本全国の高校生ラッパーがチャレンジャーとなり、「ハイスクールモンスター」とフリースタイル対決を行う。 ルール [ ] 『フリースタイルダンジョン』と同様のルール• 3ラウンド勝負で、2ラウンド先取で勝利。 ジャッジは5人の審査員の票による方式。 判定が審査員満場一致になると「クリティカルヒット」となり、その時点で勝利が確定する。 相手への過度なボディタッチは減点対象となる。 チャレンジャーが全ラウンドの先攻・後攻を選択できる。 チャレンジャーが勝利した場合は賞金を獲得。 さらに、賞金の増額をかけて次のモンスターと対決できる権利を得る。 ドロップアウトして、賞金を確定してもよい。 チャレンジャーが敗北した場合は、それまで獲得した賞金は全て没収となる。 『フリースタイルダンジョン』と異なるルール• バトルの尺は「8小節2ターン」で固定。 チャレンジャーが勝利した場合の賞金額は下表の通り。 獲得賞金リスト 1st BATTLE 01万円 2nd BATTLE 03万円 3rd BATTLE 06万円 4th BATTLE 10万円 FINAL BATTLE 30万円• チャレンジャーがラスボスに勝利し完全制覇した場合は、賞金のほかに、本家『フリースタイルダンジョン』への出場権を獲得する。 出演 [ ] メインMC・オーガナイザー [ ]• 進行 [ ]• BULL ナレーション [ ]• DJ [ ]• DJ KOTA ハイスクールモンスター [ ]• MCリトル• S-kaine チャレンジャーを迎え撃つ凄腕高校生ラッパー。 ラスボス [ ]• Fuma no KTR 最終戦のみに登場するモンスター。 審査員 [ ]• - 当番組での審査員長的な立場。 甲田まひる - ジャズピアニスト。 - 『フリースタイルダンジョン』の2代目モンスター。 - 『フリースタイルダンジョン』の初代モンスター。 ゲスト審査員 [ ]• Ry-lax - Rec1 スタッフ [ ] Rec1の時点のスタッフ。 企画協力:• 構成:カツオ• TD:日高朋弘• CAM:根本聡• VE:塙健志• 照明:菊池潤、安次嶺宏• 美術:村上輝彦• デザイン:秋元博• 美術進行:野末晃子• 特効:吉川剛史• 大道具:安藤朋希• 大道具操作:和田幸政• メイク:MARVEE• MA:平久保多香子()• 音効:高島慎太郎• CG:大森清一郎• 宣伝:野村智寿、藤澤明日香(AbemaTV)• アートディレクター:古田島央(AbemaTV)• クリエイティブディレクター:中山駿(AbemaTV)• 技術協力:METASIX、エスユー、ザ・チューブ• PA:flagship• 美術協力:、DADA、ワンダーライト、東京特殊効果• 撮影協力:ATOM TOKYO• 協力: 株 グランドマスター• 企画協力:• 監修:36()• AD:矢野清楓、松山健二、小澤友美、横山渚• AP:寄元沙織• ディレクター:吉田真人、伊藤竜太、肥後智一• 演出:岡田純一()• プロデューサー:橋本達也(AbemaTV)、新納愛(AbemaTV)、山口一美()、坂井良美(MMJ)• 制作:AbemaTV、 関連項目 [ ]• - 出演者が当番組を観覧している。 外部リンク [ ]•

次の

甲田まひる(Mappy)の高校はどこ?出身地や経歴は?両親や兄弟は?

甲田 まひる wiki

すでにインスタグラムでは13万人超えのフォロワーをもつ17歳のファッショニスタ・甲田まひる。 実際、ピアニストとしての評価は非常に高く、音楽評論家をはじめ、音楽関係のさまざまなジャンルの専門家・150人が結集し、年に1度、その年に発表された優れた作品や人物を表彰する「第31回ミュージック・ペンクラブ音楽賞」では、「ポピュラー部門新人賞」を受賞している。 今回は音楽活動にフォーカスし、今後の活動や目標を語ってもらった。 バド・パウエルとセロニアス・モンクに衝撃を受けて、自分でコピー• 甲田 ありがとうございます。 甲田 最初に聞いたときはやっぱり驚きましたね。 作品が完成して、いろいろな人から感想が聞けて、リリースの実感はわいていたのですが、それに加えて賞という、目に見えるものをいただくのは光栄なこと。 まず、評価してくださる方がいたというのがうれしかったです。 甲田 もともとは5歳からクラシックピアノをやっていたのですが、当時習っていた先生が、クラシックをジャズとかラテンにアレンジするのが好きな方で。 それを弾いていると、クラシックに比べて楽しい気持ちになったり、響きとかコードが気持ちよくて、徐々に自分でもジャズをやりたいと思うようになりました。 甲田 お母さんもジャズを聴いたことがなかったので、一緒に図書館に行って、名盤と言われるものを借りてきて2人で聴くことから始めました。 そこでバド・パウエルとセロニアス・モンクに衝撃を受けて、自分でコピーを始めました。 クラシックとは別に、小学4年から、ジャズのレッスンにも月一で通っていました。 18歳の間にはリリースを。 ジャズとは違った音源を出したい• 甲田 いろいろなピアニストを聴いたんですが、もともとクラシックがピンとこなかったので、ビル・エヴァンスとかオスカー・ピーターソンのような、きれいな演奏にあまり惹かれなくて……。 バド・パウエルとセロニアス・モンクも、彼らの精神状態が不安定な頃に惹かれたり。 ボロボロの時代の演奏が大好きなんです(笑)。 それから、モンクはファッションもカッコいいなと思っていました。 フォローしてくれている人たちにも、自分の音楽を聴いてもらいたいと思いますか。 甲田 はい、私たちの世代はジャズを聴かない子が多いので、今回もそういう人たちに「ジャズっていいな」と思えるようなものを作りたかったんです。 だから、ジャケットを可愛らしくしたりとか、若い子向けのテイストを入れるようにしました。 甲田 最初はオリジナルを入れる予定がなかったんですけれど、収録曲にビバップ(ジャズの演奏形態の1つ)が多いなかで、自分らしいものもやらないと面白くないなと思って、急きょ作って入れさせてもらいました。 そうしたら作品のなかで、いい感じに浮いた印象になって。 それは自分が狙っていたものでもあります。 甲田 来月18歳になるので、10代の間にはリリースしたいと思っています。 実は今、ブラックミュージックとかヒップホップとか、エレクトリック調のものを作ったり演奏しているので、ジャズとは違った音源を出せるように頑張っています。 歌も歌いたいと昔から思っていましたし。 授賞式で配布された資料には、甲田について「天性のリズム感性はポップで、ヒップホップにも通じるものがある。 閉鎖的なジャズの世界にこだわらない新しい世代のピアニスト」と説明されている。 ジャズにこだわらず、自らのスタイルを常に変化させながら、これまでにない斬新な表現で新たな音楽を生み出してくれることを楽しみにしたい。 甲田まひるa. Mappy 『PLANKTON』 甲田まひるa. Mappy 『PLANKTON』 ドラムスにジャズ界の俊英、石若駿、ベースにKing Gnuのベーシスト新井和輝を迎えたデビュー作。 (提供:ソニー・ミュージックダイレクト) 作品情報.

次の

甲田光雄

甲田 まひる wiki

今後さらなる注目を集めるであろう、気鋭のアーティストの実像に迫る連載企画「Artist Profile(アーティストプロファイル)」。 連載第4回は、天才と称されたバド・パウエルをこよなく愛しまもなく17歳を迎えるジャズ・ピアニスト、甲田まひる。 デビューアルバム『PLANKTON』は、若きトップドラマー石若駿、King Gnuのベーシスト新井和輝を迎えたピアノ・トリオ作品。 自身のルーツであるビバップの名曲を中心に、甲田まひるのオリジナルも2曲収録している。 Mappyの愛称で知られる彼女は、世界中に14万人を超えるインスタグラム・フォロワーを持つファッショニスタでもある。 分野を軽々と超え、自由に羽ばたく才能はどう育まれたのか。 その生い立ちからアルバム完成に至るまでの道のりをインタビュー。 前後編の2回に渡ってお届けする。 16歳でジャズ・アルバムをリリースされるという、まずその事実に驚かされます。 甲田:本当にそうですよね、自分でも想像していなかったです。 今はやって良かったなっていう気持ちが大きいんですけど、やる前は真逆で、本当に作っていいのかなってずっと迷っていました。 ライブ経験もそれほどあるわけじゃないので。 甲田:自分のずっとやってきたビバップと、自分がやりたいことを記録したいと思っていました。 せっかく作るチャンスがあるならちゃんとやりたいと思ったし、自分の中で到達したいレベルもあるので、いろいろ考えてチャレンジして、プレッシャーや緊張感をずっと感じていましたね。 その活動と音楽は密につながっているものですか。 甲田:音楽とファッションは私の中ではすごく近くて、表現方法がふたつあるという考え方なんです。 ピアノを5歳で始めたんですけど、ヤマハのジュニア専門コース(数多くの音楽家を輩出するヤマハ音楽教室の特別コース)にいたので、コンクールや発表会に出る機会が多くて、そういう時におしゃれな服を着るのが大好きだったんです。 その頃から人前で演奏する時はファッションもこだわるっていう意識が自分の中にあって、それを将来ずっとやっていきたいと思っていました。 だからファッションの仕事をしようと思っていたわけじゃなくて、私の中では音楽とファッションは一緒のものとしてあります。 甲田:そうですね、でも周りと似たようなものは嫌だったし、よくあるクラシックの発表会っぽいドレスが嫌で、着るものには自分なりのこだわりを持っていました。 パンツスタイルの時もあったし、小物や髪型で個性を出したり、メイクしておしゃれしてピアノを弾くのがすごく楽しくて。 緊張、失敗、ヘコむ……みたいな。 甲田:私も緊張してましたよ! 舞台に上がって弾いちゃえば楽しめるんですけど、本番前は緊張しちゃってムリ。 だからテンションを上げるためにもおしゃれをするんです。 服がないと音楽もできないって感じで、私の中ではどっちも大事。 小学校の時は特に人と違う格好がしたかったです。 お母さんは、できるだけ安く買って、カッコ良く見せるっていう考えがあったので、私も小学校の高学年ぐらいから古着を着るようになって。 古着との出会いは大きかったですね。 私に合うちっちゃいサイズを見つけられるし、一点物とか、人と違うものが探せる。 個性を出すには古着がいちばん良いなって思います。 そこで人とは違う道を行くのに躊躇はなかったですか。 甲田:それはなかったですね。 特におそろいのものを持つとかは嫌でした。 でも、友達とは仲良かったです。 ふざけるのが好きで、基本的に男の子たちと遊んでいるので、ずっとくだらないことで笑いあって盛り上がって、そういう時間がいちばん好きでした。 甲田:そうなんです、いつも伴奏していました。 私の通っていた中学は合唱が強くて、すごく気合いが入っていたんです。 甲田:コンクールは課題曲と自由曲があるんですけど、自由曲を決める時、いつも私がやりたい曲が通りませんでした。 私は「親知らず子知らず」とか「野生の馬」とか、難しいけどカッコ良くて、攻めてる感じが好きだったんですけど。 私、普段からけっこうダメなところが多くて、友だちに「もう〜」って笑われちゃうんですけど、その時も一人だけ「こっちがいい!」ってずっと言ってて笑われてました。 とにかく、やるからには絶対優勝したいと思って、やる気ない人にも「やりましょう!」って声をかけて、張り切ってました。 お兄さんとはどんな関係なんですか。 甲田:お兄ちゃんは9歳上で、昔は特に趣味の話をしたりすることはなかったし直接影響を受けたことは少ないですが、上の子がいるとやっぱり大人びるというか、いろいろなことを早くから知っていたかも。 性格が真反対で私はおしゃべりでうるさいからよくうざがられてたんですけど、お互い大人になって、最近は音楽の話とかもするようになりました。 日本のラッパー聴いたりとか。 性格も真逆なんですけど、下の子って大人びるのが早いじゃないですか。 私のほうがお喋りでうるさくて、最初はうざがられたけど(笑)、最近お互い大人になってきて、音楽の話とかもするようになりました。 甲田:これまでそんなに日本語ラップに興味なかったんですけど、色々聴くようになってハマって、それから『フリースタイルダンジョン』も時々家族で見たりしますね。 あと私、朝が弱くて、お兄ちゃんがときどき起こしにきてくれるんですけど、すごいクセのある曲を大音量で流し始めたりするんですよね。 最高です。 甲田:普段はおとなしいけど、テンションが上がるとおもしろくて、大好き。 家族みんな自由で、楽しいんですよ。 甲田:影響は受けてないですね。 小学6年生の時にインスタ(Instagram)を始めたのがきっかけなんですけど、元々年上の友達と遊ぶのが好きで、たまたまお兄ちゃんの同級生の友だちと遊んでた時に、インスタをやっている人がいて、私も遊びで登録してもらって始めてみたんです。 ちょうどその頃、古着に出会ったり、雑誌の「装苑」とかを見てモード系のコレクションを調べるようになって。 それまでずっと絵を描くのが好きで、洋服をデッサンしたり、雑誌を作ったりしてたけど、それを発信する場が出来たんです。 自分のイラストや私服の写真をアップしていたら、スナップのサイトのほうからいきなりDM(ダイレクトメール)が来て、「今度撮らせてください」と言ってくれて。 そのきっかけで撮ってもらうようになって、同時にブログを始めて、自分のファッションのことやコレクションを観た感想とかを書いていたら、そのうち呼んでもらえるようになったり。 そんな感じでファッションの仕事を始めました。 甲田:たまたまなんですけどね。 インスタって今はひとつの発信方法だけど、当時はまだ流行ってなかったので。 好奇心旺盛だったので、パソコンとかも恐れずに触ったりするからできたことかなって思います。 甲田:今はあんまり書かなくなりましたね。 ジャズに出会うまではイラストレーターになりたかったんですけど、8歳でジャズと出会って、その後本格的にジャズ・ピアニストになりたいって思ってからは、なかなか絵を描く時間がなくて。。 その中にジャズっぽい曲がけっこうあって、難しいんですけど、「私はこっちがいい!」ってそういう曲を弾きたがりました。 あと先生がクラシックの曲をラテンやジャズにアレンジしてくれて、それをアンサンブルのコンクール用に弾いたり。 その中でだんだんとジャズが好きになりました。 ピアノ曲や合唱曲、童謡など数々の名曲を発表。 甲田:それからお母さんに言ったらCDを借りてきてくれて、一緒に聴いて、マネして弾いて、もう夢中でしたね。 そういう時はロック系とかブルースっぽい曲とか、楽しくアンサンブルできる曲が多くて、そこでいろんなジャンルを自然と覚えるんですけど、そういうノリのいいものが好きでした。 あと、湯山さんの曲や先生のアレンジした曲を弾く中で、普通の和音にテンションが乗っかって鳴る、ジャズの響きが心地よく自然と惹かれていきました。 でも先生には「ちゃんとクラシックをやらないとジャズはできないよ」と言われていたので、最初はなかなか弾かせてもらえなかったけど、わからないながらも家では耳コピで弾き始めました。 甲田:やりたいと思ったことはやりますね、全然わかんないことでも。 ただ、そういうことができたのもヤマハで絶対音感を鍛えられたおかげだし、今となってはちゃんとクラシックをやったほうがいいっていう先生の言葉がすごくわかります。 後編では、デビューアルバム『PLANKTON』完成に至るまでを語ってもらった。

次の