いつも使うps4として登録する。 PS4でダウンロード版のソフトを別のPS4内の別のアカウントで共有して遊ぶ方法

PS4でゲームやホーム画面が重い原因と軽くするための対処/設定

いつも使うps4として登録する

PS4のサブアカウント作成方法 1台のPS4で最大16人分のアカウントが作成できます。 では実際にアカウント作成方法を画像で解説していきます。 まずPS4を起動させて新しいユーザーを選んでください。 ユーザーを作成するを選んでください。 システムソフトウェア使用許諾契約を読んで、同意するを選んでください。 プレイステーションネットワークの設定を行うので次へを選んでください。 スキップする事もできるのですが、オンラインで遊ぶのなら後で必ず行う事なのでやってしまいましょう。 もし、ネットワーク機能をまったく使わない予定ならスキップしてもかまいません。 次に、アカウントを作成してくださいを選んでください。 今すぐ作成するを選んでください。 国、言語、生年月日を選んでください。 よっぽどでない限り言語は日本語で良いでしょう。 すべて入力できたら、次へを選んでください。 郵便番号、都道府県、市区町村を入力していきます。 すべて入力したら、次へを選んでください。 Eメールアドレスとパスワードを入力します。 必ず有効なEメールアドレスを入力してください。 また、このEメールアドレスとパスワードがプレイステーションネットワークにサインインする時に必要になるので、ちゃんとメモしておきましょう。 ソニーからの情報は、欲しいならチェックをつけて、いらないならチェックをつけなくても大丈夫です。 すべて入力できたら、次へを選んでください。 次にアバターを選びますが、正直どれでもOKです。 後で変更する事もできるので、気軽に選びましょう。 オンラインID、名、姓を入力します。 オンラインIDは他のプレーヤーの画面にも表示されます。 オンラインゲームにおける名前のようなものなので、慎重に決めてください。 また、すでに使われているオンラインIDは使用できません。 名と姓はぶっちゃけなんでも良いです。 次からはプライバシー設定を変更していきます。 後でも変更できるので、とりあえずそのままでも大丈夫です。 誰にも公開したくない、一人遊び専用のアカウントとして運用するのならすべて許可しないにしましょう。 次へを選んでいってください。 プレイステーションネットワークの利用規約を呼んで、同意するを選んでください。 サインイン用に入力したEメールアドレス宛に、確認のメールが送られているので、確認してから「確認が完了しました」を選んでください。 次にカバー画像や二段階認証、携帯電話やフェイスブックの登録をしていきます。 正直あとからもできるので、「あとで」で大丈夫だと思います。 気になるようでしたら、普通に入力していただいてもOKです。 次にファミリー設定を行いますが、あとで設定する事もできます。 自分用のサブアカウントならいらないのでスキップです。 OKを押してサブアカウントの作成は完了です。 思う存分にサブアカウントを楽しみましょう! PS4でアカウントを作成した時にエラーが出る場合 アカウント作成時にエラーが起こる場合があるので、その時の対処法を調べてみました。 Eメール確認でエラーが出る これは、アカウント作成時に登録したメールアドレスのメールを確認しないで同意を押すと出るエラーのようです。 登録したメールアドレスに「アカウント登録完了のお知らせ」が届いています。 メールの確認を行ってから同意してください。 もしメールが届いていない場合は、メールアドレスが間違っている可能性があるので修正してください。 サブアカウントでオンラインプレイが出来ない サブアカウントでオンラインプレイで遊ぼうとしても出来ない場合があります。 これはメインアカウントで いつも使うPS4として登録する事で、サブアカウントでもオンラインプレイが出来るようになります。 いつも使うPS4の登録方法は下の記事を参考にしてください。 PS4のサブアカウント作成方法まとめ いかがでしたか、PS4のサブアカウントの作成方法とエラーの対処法について解説しました。 サブアカウントは、PS4を起動して新しいユーザーから追加できましたね。 少々手間ではありますが、プレイステーションネットワークの設定は、どうせやらないといけないので済ませておきましょう。 実は、メインアカウントも同じ作り方をしたはずですが、忘れがちですよね 笑 サブアカウントの活用で、楽しいPS4ライフを送ってくださいね。 以上です、最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

2台のPS4で1つのゲームを共有する方法。同じソフトを2つ買わなくても大丈夫ですよ

いつも使うps4として登録する

これから説明する方法は2018年12月時点です、2019年11月にデスストランディングのダウンロード版を2台のPS4でDLCし共有できました。 今後PS4の使用条件が変更されてできなくなる可能性や手順を間違えて2つ購入してしまったなど自己責任でお願いいたします。 使用条件として同じ家であること、家族や兄弟でも別の家では共有できません。 PS4には複数のアカウントを登録するする機能があります、DLC・PS Plusはアカウント単位で管理されています。 アカウントAはPS Plusに加入していますがアカウントBは未加入です。 次がポイントです。 ダウンロードは「購入したコンテンツ」の中にあります。 購入済みのゲームで別に料金は発生しません。 これで完了です。 PS4でDLC購入した場合はの条件は以下ようになります。 一度この状態になっていれば簡単ですが手順を間違えたり同時にログインするとダウンロードしたゲームに鍵マークが付き使用できない事があります。 はじめからやり直しすれば問題ありませんが過去に一度「アカウントを確認して・・・」のようなメッセージが出たことがあります。 翌日には鍵マークが消えて使用できるようになりました、アカウントの不正アクセス防止のため一定時間アクセスを制限している可能があります。 ライセンスを確認できません。 サーバーに接続できないため、ライセンスを確認できません。 このPS4をいつも使うPS4として登録すると、サーバーに接続できない時にも・・・・ このような画面になることがありますがこれは共有している事と関係はありません、いつも使うPS4として登録していない場合にでます。 使用ルールにあっているの? ソニーのFAQをみると PS Store で購入したゲームが利用できる PS Store で購入して本体にインストールしたアプリケーションやゲームは、同じ PS4 本体を使う家族などの他のユーザーが遊ぶことができます。 購入したアカウントでサインインする必要はありません。 PS Plus が利用できる PS Plus に加入していれば、同じ PS4 本体を使う家族などの他のユーザーが、オンラインマルチプレイなどの PS Plus の特典を利用できます。 加入しているアカウントでサインインする必要はありません。 問題ないように思えます。 この方法で2年ほど使用していますがアカウントが凍結されるなどはありません。 先日、バトルフィールドV(BFV)のダウンロード版を購入しましたが2台のPS4で使用しています。

次の

2台のPS4で1本のゲームをDLC共有プレイする方法(MHW実践済)

いつも使うps4として登録する

機能画面から「設定」を選択します。 「テーマ」を選択します。 「テーマを選ぶ」を選択します。 テーマの一覧が表示されたら、設定したいテーマを選択します。 「適用する」を選択します。 対処3: ダウンロードが完了するまで待つ ゲームをダウンロードしている状態で別のゲームを起動すると、動作が重くなる場合があります。 その際は、そのダウンロードが完了するまで待ちましょう。 ダウンロードの進捗状況は、ホーム画面の「お知らせ」を選択し、「ダウンロードリスト」を開くことで確認できます。 また、ダウンロードを行う環境や時間などの都合でダウンロードを一時的に停止したい場合は、ダウンロードしているソフトを選択し、「一時停止」を選びましょう。 対処4: システムソフトウェアをアップデートする PS4本体のシステムソフトウェアアップデートを行うことでも、動作が軽くなることがあります。 もし長期間アップデートを行っていない場合は、この機会にアップデートを行いましょう。 システムソフトウェアのアップデートの最新バージョンや手順については、次のページをご参照ください。 電源ランプが消えるよう、電源を完全に切ります。 セーフモードで起動します。 セーフモードの起動は「ピッ」という音が2回するまで電源ボタンを押し続けます。 テレビ画面左上に「セーフモード」と表示されたら完了です。 コントローラーをケーブルで接続して、PSボタンを押します。 画面のメニューから「データベースを再構築する」を選択します。 「OK」を選択します。 再構築が始まるので、しばらく待ちます。 再起動直後のような状態になれば、再構築は完了です。 なお、この操作を行ってもゲームのデータ自体は消去されません。 ただしフォルダ機能を使っている場合、フォルダがクリアされてしまうためご注意下さい。 対処9: コントローラーを変更してみる 長期間、同じコントローラーを使用している場合、そのコントローラーが原因で動作が重い場合があります。 特にキャラクターを動かすアナログスティックに不具合があると、キャラクターが思うように動かせず、動作が重いと感じてしまいます。 そのため別のコントローラーがある場合は、そちらに接続し直して様子を見ましょう。 もし別のコントローラーで動作の重さを感じないなら、原因は今まで使用していたコントローラーということになります。 その場合はコントローラーの買い替えも検討してみましょう。 機能画面から「設定」を選択します。 「初期化」を選択します。 「PS4を初期化する」を選択します。 「フル」を選択します。 初期化が完了したら、先ほどバックアップしたデータの復元を行います。 復元作業が完了したら、動作が改善されたか確認して下さい。 対処11: PS4本体を買い替える PS4を初期化しても動作が改善しない場合、PS4本体のハードが故障していることが考えられます。 まずはPS4が保証期間内か確認して下さい。 保証期間内であれば無償でPS4を交換できます。 保証外の場合は、PS4の修理、もしくは買い替えを検討して下さい。 PS4の修理は、SONYのオンライン修理受付サービスから申し込むことができます。

次の