スクスタ 15章 感想。 スクスタ運営だよりvol.5

スクスタの主人公が男で決闘者だったら

スクスタ 15章 感想

27人のきらきら輝く少女たちを, 一番近くで応援する。 ライブをRPGのように攻略していく, 最強で最高のアイドルゲーム。 スクールアイドルみんなの文化祭に向けて, あなたと叶える新しい物語。 そんな志しを胸に,スクールアイドルプロジェクト 「ラブライブ!」シリーズが新たに打ち出すスマホゲームが,このスクスタことだ。 本作は,ブシモが2019年9月26日に配信するリズムアクションRPGで,作中にはプロジェクトの立て役者,太陽のように元気いっぱいの,新進気鋭の(虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会)のスクールアイドルが登場し, 既存のTVアニメシリーズとは異なる世界観で,まさにオールスターな物語がくり広げられる。 さらに,高品質な3Dモデルを用いたライブパフォーマンスや, ノーツを叩くとスタミナが減る? 無謀な賭けを勝ちにきたリズムアクションなど,ゲームとしての意気込みも万全だ。 本稿ではこれらスクスタの内容を,先日行われた 試遊会での体験をもとにお伝えしていく。 大ボリュームで届けられるこの新規ストーリーは, サンライズによるプロデュース・監修のお墨つきで展開されるものだ。 ストーリーは完全フルボイス。 イベントスチルも用意されている あなたとスクールアイドルたちの物語は,ニジガク同好会の立ち上げからはじまる。 ここに所属する9名の少女は,同じグループの仲間だが, 活動区分やその目的がそれぞれ異なるという,一風変わったものだ。 これまでifとして想像するしかなかった組み合わせ,かけ合いも含め,シリーズファンなら必見だ。 原作時間軸が馴染み深くても,プレイ後,胸に聞いたら「YES!! 」と答えるだろう。 またメインストーリーだけでなく,各スクールアイドルに焦点を合わせた 「キズナエピソード」や,彼女たちを育成すると開放される 「サイドエピソード」なども存在し,これらもすべてフルボイスで楽しめる。 ホーム画面からはストーリーやライブ,育成やガチャにアクセスできるほか,スタミナや有料通貨などの表示が。 「お気に入りのキャラクター」を設定すれば,その子をタップしてキズナを深められるようだ。 スマホゲームの作りとして煩雑さを感じることはなく,誰でも問題なく遊べる出来だ。 ただし,リズムアクション面に関してはリズムゲームに慣れている人にとっても, なかなかの新機軸が用意されている。 ただし,一般的なリズムゲームとは異なる,かなり奇抜なシステムが採用されている。 ライブが始まると画面内にタップ,ホールド,フリック,同時押しなどのノーツが流れてくる。 レーン式ではなく,画面全体を活用するスタイルだが, ノーツ自体をタップする必要はなく,画面のどこを押してもいい。 判定ラインと重なったタイミングで好きな場所を打鍵しよう。 つまり,楽曲の進行に合わせてノーツを叩いていると,スタミナがなくなっていき,そのままではライブ失敗に終わってしまうのだ。 そのためプレイヤーは, 3つの作戦(編成内の区分け)を切り替え操作しながら,ライブを成功に導いていく。 ボルテージ稼ぎなら「ボルテージ増加」の作戦に,スタミナ確保なら「特技発動率増加」や「ダメージ減少」にと,ライブ中に次々と作戦をチェンジするのだ。 画面左右のアイコンで作戦チェンジ。 ノーツを処理しつつ,状況に応じて作戦も変更しよう。 リズムアクションだけに留まらない,マネジメント力が問われる。 といっても難しすぎることはない。 あなたが応援するから,最高のライブになる。 その気持ちがカギなのだ スクールアイドルたちは各々スキルを保有しており,回復重視でクリアを目指したり,ボルテージ重視でハイスコアを狙ったりと,組み合わせが生まれている。 またライブ中は 「NICEを4回取ろう」などとアピールチャンスが発生することもあるので,特定楽曲の特化編成もありえそう。 なお, 一度クリアした楽曲はオートプレイに対応する。 この場合,いっさい操作せずとも自動でノーツを叩いてくれるので,手軽に遊ぶにせよ,周回するにせよ,個々人のプレイスタイルをカバーできる。 そして,いくつか楽曲をプレイしてみたところ,単に高難度のノーツをさばいていくタイトルよりも,やはり編成方針やライブ中の作戦といった, それこそRPG的要素が印象深かった。 とくに作戦変更はノーツ処理と並行していることで,慣れるとさまざまな遊びが生まれそうだ。 ライブ中にゲージをためると 「SP特技」が発動可能に。 その際,編成したスクールアイドルごとの特殊な演出を見られる 育成面に関しても,経験値を稼いで,スクールアイドルをレベルアップさせて強くする,などといったポピュラーな形ではなく, 素材を消費して強化パネルを開放していくものとなる。 育てていくと個別エピソードや新規衣装がアンロックされるほか,スキルも強化されていくようだ。 ほかにも,9名のスクールアイドルを選んで送り出す 「合宿」では,参加者に新たな 「ひらめきスキル」を覚えさせられるなど,育成要素に横幅が設けられている。 いずれも思考すべき点はあるが,意味が分かりづらいものではないので,ゲームを進めていれば自然と身につくはずだ。 スクールアイドルたちを育てて,最適なメンバーを編成し,最高のライブに臨む。 そうすれば,スクスタのストーリーも進んでいく。 RPG的なゲームサイクル自体が,ラブライブ!らしい物語進行とさえ思える。 当然だが, 魅力的な3Dモデルを使用したライブ演出も見ものだ。 グループを問わない組み合わせ,オリジナルの新規衣装,複雑なフォーメーションダンスなど,見ているだけで楽しめる。 MV(ミュージックビデオ)の鑑賞も可能なので,ローンチ時は「私の考えた最強の組み合わせ」があっちこっちで飛び交うかもしれない。 最後に,今回の試遊会にはニジガクのキャスト陣より, 大西亜玖璃さん, 前田佳織里さん, 村上奈津実さん, 指出毬亜さん, 田中ちえ美さんの計5名が姿を見せくれた。 次いで,スクスタへのそれぞれの想いもコメントをしてくれたので,そちらもあわせて紹介しておこう。 大西亜玖璃さん(上原歩夢 役): 収録は2年ほど前にスタートしていたので,当時のことを思い出しながら,不思議な気持ちでプレイしていました。 ゲーム画面をタップするとメンバーのいろんな反応が見られて,とっても楽しかったです! 前田佳織里さん(桜坂しずく 役): 先ほど,私たちも初めてゲームを遊ばせていただきました。 発表からこれまで,ライブやCDリリースなどで活動させてもらってきましたが,実際にアプリを遊んでみると,クオリティ以外にも新しい発見がありました。 ライブ演出の見応えもあり,多くの方々に楽しんでいただけるゲームになっていますので,ぜひ楽しんでプレイしてもらえればと思います。 村上奈津実さん(宮下 愛 役): 私はスクスタをとおして「ラブライブ!」に関われると決まったときから,このゲームをプレイするのをずっと楽しみにしていました。 今は,早く自分のスマホでもプレイしたい気持ちでいっぱいです。 指出毬亜さん(エマ・ヴェルデ 役): スクスタが発表されてから,この日をずっと楽しみに待っていました。 私たち虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の楽曲もたくさん入っているので,ゲームを遊びながら聴いていただければうれしいです。 田中ちえ美さん(天王寺璃奈 役): 「ラブライブ!」シリーズの楽曲がたくさん入っているので,人それぞれのいろんな楽しみ方がある,そんな新しいゲームに感じられました。 アプリがリリースされたらもっと遊びたいです。 「ラブライブ!」。 この言葉に馴染みのある人には言うまでもないが,中にはこの言葉を聞いたことしかない人もいたかもしれない。 スクスタが配信されたその日。 ゲームを遊ぶかどうするか,それでどうなるかはあなた次第ではあるが,なぜかこの記事をクリックして,本文を読んでみて,ワクワクしたのなら話は早い。 これも縁だと思って,ぜひとも遊んでみてほしい。 出会いってそれだけで奇跡と思うんだよ。

次の

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」ストーリー16章追加、新規アップデート内容のお知らせ

スクスタ 15章 感想

第2章 第2話 前編 俺「現れろ、未来を導くサーキット!アローヘッド確認!召喚条件は効果モンスター2体以上!俺はリンクスパイダーとリンク2のハニーボットをリンクマーカーにセット!サーキットコンバイン!リンク召喚!現れろ、リンク3、デコード・トーカー!」 千歌「すごい!これがリンク召喚なんだね!」 曜「聞いたことはあったけど実際に見るのは初めてだよ!」 俺「ふぅ、これでいいかな?」 千歌「うん!ありがとう!とっても参考になったよ!」 Aqoursのところにスクールアイドルの勉強をしにきた俺は千歌たちに頼まれてリンク召喚を披露していた。 ところでニジガクのみんなは元気でやってるかな…。 でもみんななら大丈夫か…。 一方… 愛「そういえば、今日しずくはー?」 せつ菜「しずくさんなら、演劇部の練習のあと来るそうですよ」 愛「そうなんだー、えらいねーしずくは」 果林「そうね、しずくはたしか鎌倉から毎朝5時起きで通ってるんだっけ?それで演劇部と同好会を掛け持ちしてるなんてすごいわね。 」 彼方「そうだねー、毎朝エマちゃんに起こしてもらってる果林ちゃんからしたら考えられないね〜」 果林「ちょ、彼方、何言ってるの!?そんなことないわよ!?」 エマ「そうだよ、彼方ちゃん、毎日は言いすぎたよ、起こしてるのは学校がある日だけだよ」 果林「ちょっと、エマそれ全然フォローになってないわよ!」 かすみ「ふっふ、いいことを聞きました、これも果林さんの弱点っと」 果林「かすみちゃん?今何をメモしたのかしら?」 かすみ「えー、かすみん何もメモしてないですよー」 その時、部室にしずくが入ってくる。 しずく「遅くなってすいません!演劇部の練習が遅くなってしまって…」 歩夢「全然気にしないで、しずくちゃん。 それより今みんなでしずくちゃんは偉いってちょうど話してたところなの」 しずく「私がえらいですか…?」 愛「そうそう!しずくは毎日朝5時に起きてー、演劇部と同好会掛け持ちしてー、おまけに容姿端麗、成績優秀、運動神経抜群で、ちょーえらいじゃん!」 しずく「そんな、面と向かって言われると恥ずかしいです…」 せつ菜「はっ、照れてるしずくさんもすごくかわいいです!」 かすみ「せつ菜さん、やっぱり生徒会長の時とキャラ変わりすぎ…。 」 果林「それじゃ練習を始めましょうか」 練習中 しずく「せつ菜先輩いつも見てもダンスも歌も、それにデュエルも完璧ですね。 一体どんな練習をしてるんでしょうか…。 」 果林「気になるなら、直接せつ菜に聞いて見れば?多分答えは決まってると思うけど…」 しずく「それがいいですね!ちょっと私聞いてきます!」 しずく「せつ菜さん!」 せつ菜「どうしました?しずくさん」 しずく「せつ菜はいつもどんな練習をしているのでしょうか?」 せつ菜「どんな練習ですか…うーん、あんまり考えたことないですね。 」 しずく「そうなんですか!?」 せつ菜「はい、私はいつも思ったように練習しているだけですよ。 例えばデュエルでしたらいろんな人とデュエルして改善点を見つけて改良していく、これの繰り返しですね」 しずく「それであんなに完璧なデュエルを」 せつ菜「いえいえ、私なんてまだまだですよ。 実際、まだ部長には一度も勝てたことありませんし、完璧だったら勝ててるはずじゃないですか?だから日々勉強なんです!でもそれが楽しいんです!」 しずく「わかりました、ありがとうございます…。 」 果林「どうだった?」 しずく「なんというか、せつ菜さんらしいと言えばらしいというか…。 」 果林「ふふ、やっぱりね。 ねぇしずくあんまりそんなに思いつめなくてもいいんじゃない?」 しずく「え?」 果林「あなたは十分頑張ってるし、今のままでも十分素敵だと思うけど」 しずく「それでも…やるからにはもっともっと上を目指したいんです…それに…」 果林「それに?」 しずく「私は皆さんのように素晴らしい個性がらないから…果林さんのようにスタイルがよくなければ、せつ菜さんのようなカリスマ性もないんです…。 」 果林「そうかしら?」 しずく「え?」 果林「あなたは十分素敵な個性があると思うわよ。 例えば演劇部で培われた順応力、曲によってガラッと印象を一番変えられるのはあなただと思うし、何よりこうみんなより透き通った綺麗さがあると思うの…。 」 しずく「そ、そんなことないです!」 果林「ふふ、でもそんな照れてる純粋なところもあなたの魅力だと思うけど…」 しずく「そ、そんなこと言われるとは、恥ずかしいです…私あっちで休憩してきます!」 果林「ふふ相変わらず可愛いのね」 彼方「果林ちゃんがまた後輩いじめしてる〜」 果林「してないわよ、ていうかなんでいつも私の話盗み聞きしてるのよ!」 彼方「え〜だって彼方ちゃん、果林ちゃんのこと好きだから〜」 果林「もう、またからかって」 しずくが休憩をしてると、エマがやってくる。 エマ「しずくちゃん、一緒に休憩してもいい?」 しずく「え、はい!もちろんです!」 エマ「ありがとう。 そういえばしずくちゃんは鎌倉から通ってるんだっけ?」 しずく「えぇそうですけど」 エマ「そっか毎朝早起きして大変だね」 しずく「えぇ、ですがだいぶ慣れました。 」 エマ「そっかーえらいね」 しずく「そんなことないですよ、私の中ではそれが当たり前というか…。 」 エマ「そうだ、しずくちゃん、明日の練習はたしか午後からだからよかったら私の部屋に泊まらない?」 しずく「エマさんの部屋にですか?そういえばエマさんは学校の寮暮らしでしたね。 」 エマ「うん、そう!学校からすぐのところだからしずくちゃん朝はゆっくりしてられるし、しずくちゃんといろいろお話もしたいと思って。 着替えは私の貸すから心配いらないよ。 」 しずく「エマさんの着替えをですか…(ぶかぶかにならないかな…特に…この辺…)」 エマ「うん、嫌…かな?」 しずく「いえ!是非お願いします!」 エマ「うん!ありがとう、それじゃ練習後にね」 〜練習後〜 果林「あれ?しずく今日はこっち方面?」 しずく「え、えぇ」 エマ「ふふ、実は今日しずくちゃん、私の部屋に泊まるんだ」 果林「へぇそうだったの。 まぁしずくの家は遠いからね」 エマ「果林ちゃんも遊びにくる?」 果林「え?私?……いや、やめておくわ。 ちょっとやることあるから二人でガールズトークに花を咲かせて頂戴」 エマ「ガールズトーク?」 果林「えぇっと、とにかく楽しんでってこと!」 エマ「そういうことね、うん!いっぱいお話ししようね!しずくちゃん!」 しずく「は、はい!」 果林「それじゃあ私の部屋こっちだからまた明日」 エマ「うん、また明日」 しずく「お疲れ様です。 」 彼方「ねぇねぇ、果林ちゃん」 果林「彼方、全く…寮にまでついてきて…」 彼方「今日さ、遥ちゃん友達の家に泊まってて彼方ちゃん寂しいから果林ちゃんの部屋に泊まってもいい?」 果林「えぇ!?まぁ…別にいいけど…」 彼方「ありがとう〜果林ちゃん、果林ちゃん大〜好き」 果林「わ、わかったからそんなにくっつかないでよ!」 〜夕食後〜 エマ「ごちそうさまでした〜」 しずく「すいません、エマさん。 泊めてもらったに夕食まで作ってもらって」 エマ「気にしないで、しずくちゃんは今日はお客さんなんだからゆっくりしてて」 しずく「その…エマさんはどうして今日私を泊めてくださったんですか?」 エマ「え?うーん、そうだなー、なんかスイスの妹を見てるみたいだっからかな」 しずく「妹…そういえばエマさんは8人姉弟の長女でしたっけ?」 エマ「うん、そうそう。 私にもちょうど2個下の妹がいてさ、よく悩んでたりしてたんだよね」 しずく「もしかして果林さんとの会話聞こえてました?」 エマ「うん、ごめんね、盗み聞きするつもりはなかったんだけどね。 聞こえちゃったからついね。 」 しずく「そうでしたか、恥ずかしいところを見れてしまいましたね。 」 エマ「そう?しずくちゃんはすごい真面目でいい子だなって思ったよ」 しずく「え?」 エマ「私はあんまり物事を深く考えるのが苦手でよく果林ちゃんからも注意されるんだよね。 だからしずくちゃんは年下なのに自分のことをしっかり考えていてすごいなって思うの」 しずく「そんな、私は…」 エマ「しずくちゃんはとっても可愛いし、歌だって演劇の時の経験がすごい生かされていてとっても上手だと思うよ。 それに勉強も運動もできて羨ましいよ。 」 しずく「買いかぶり過ぎですよ」 エマ「そうかな?そんなことないと思うよ。 みんなそう言ってるし、しずくちゃんだったからきっとかすみちゃんも一緒にスクールアイドルやろうって言ったんじゃないかな。 では何からお話しすればいいでしょうか?」 エマ「なんでもいいよ、しずくちゃんから話したいことで」 その日、夜遅くまでエマとしずくの会話は続いた…。 〜翌日〜 しずく「昨日はありがとうございました!」 エマ「うん、こちらこそすごい楽しかったよ」 しずく「その…また泊まりにきてもいいですか?」 エマ「うん!もちろん!しずくちゃんならいつでも大歓迎だよ!」 一方… 果林「彼方、もう朝よ、起きなさい」 彼方「果林ちゃんのベット気持ちよくて彼方ちゃんまだ寝てたい〜」 果林「だめよ、そろそろ準備しないと練習に遅れるわよ」 彼方「あと5分〜」 果林「だーめ、ほら立たせてあげるから支度してきて」 彼方「はーい、彼方ちゃんまだまだネムネム〜」 果林「全く、彼方がくると起こすのが大変なのよね〜。 でも結構話聞いてくるしまぁいっか。 」 〜練習中〜 せつ菜「今日はまず誰がデュエルしましょうか」 しずく「それなら私がしたいです。 」 愛「おぉ、しずく今日は積極的だねー」 せつ菜「ではお相手はどなたが」 彼方「なら〜エマちゃんがいいんじゃな〜い」 エマ「え?私?」 彼方「うん、師弟対決〜」 かすみ「しず子いつのまにエマさんに弟子入りを」 しずく「弟子入りはしてませんが、ですがエマさんがよければお願いしたいです!」 エマ「うん、もちろんいいよ。 楽しいデュエルにしようね。

次の

『スクスタ』ストーリー16章追加!ボランティア募集の行方は!?UR高海千歌、UR星空凛が登場♫

スクスタ 15章 感想

いつもプレイいただき、誠にありがとうございます。 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』運営チームです。 サービス開始直後から、バランスの調整にお時間を頂いてしまい ご心配をおかけいたしました。 これからも更に皆様に楽しんでいただけるように努力してまいります。 スクスタ運営だよりでは、 これからのアップデート内容や企画検討段階のものまでお伝えしていこうと思います。 今回は、今後のアップデート内容等をお伝えさせて頂きます。 なお、アカウント停止などの措置は告知を行わずに実施する可能性がございます。 不具合を利用した不正行為は利用規約にて禁止されております。 お客様におかれましては、利用規約を遵守のうえプレイいただけますようお願いいたします。 不正行為につながるゲーム内の不具合を発見されました場合は、 お手数ですがFAQのお問い合わせ窓口よりご報告をいただけますようお願いいたします。 27人のスクールアイドルと紡ぐ「あなたと叶える物語」。 「スクスタ」のストーリーをお楽しみください。 スクスタ内でのHAPPY PARTY TRAINは、メンバーたちのダンスと共に移りゆく季節の変化を感じることが出来るステージ演出になっていますので、ぜひ 公開を楽しみにお待ちいただければと思います。 ぜひ、コラボシングルのCGアニメーションPVとあわせて演出をお楽しみください。 」も今後スクスタに登場することが決まっております。 登場まで、お待ちいただけると幸いです。 こちらは今後も定期的に行ってまいります。 詳細は今後のお知らせをお待ちいただけると幸いです。 キャンペーン内では「ニジガク」メンバーのキズナエピソードを一気に追加します! エピソード内では各メンバーの挿入歌として2ndアルバム 「Love U my friends」収録のソロ楽曲が追加されます。 今から「ニジガク」メンバーとのキズナを深めて、エピソード追加に備えてくださいね。 そして「ニジガク」メンバーのエピソードや、それぞれの楽曲を予習してからライブにお越し頂けると、よりライブをお楽しみ頂けます。 ぜひご期待ください。 詳細は 今後のお知らせをお待ちいただけると幸いです。 もっと『スクスタ』を皆様に楽しんでいただけるよう、運営チーム共に全力で取り組んでまいります! 今後ともよろしくお願いいたします。 ご意見やご感想がございましたら、 ぜひゲーム内のお問い合わせフォーム(メニュー>お問い合わせ>ご意見・ご要望)からお寄せください。 「スクスタ」をもっと良くするための皆様のご要望、ご意見もお待ちしております。 SHARE•

次の